FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(東京優駿スペシャル&目黒記念編)

思った以上に時間ががががが


前置きしてる場合じゃないぜ!


東京優駿
1枠1番
ロジャーバローズ
首尾よく新馬戦を快勝し紫菊賞2着までは順調そうに見えたが、角居調教師のアレに巻き込まれる形で年内は使わず年明けの福寿草特別でOP入り。スプリングS7着だったのは不可解な大敗だが、京都新聞杯2着で文字通り大一番に滑り込んできた。
母系がダンチヒ×ボールドルーラーでどちらかと言えば皐月賞向きのイメージだし、前走で逃げてしまったことでこの枠からだと行かざるを得ないのもやや不利か。
1枠2番
ヴィント
竹之下騎手22年目で初のダービー騎乗ですか。回避馬が出てきたことで抽選に通ったわけだし、あの雹がこんなところで影響を及ぼしてくるとは思わなかっただろう。
正直、勝ち負けとか考える必要はないと思うが、こういう馬だからと言ってシンガリ負けになる可能性も低い気がする。
2枠3番
エメラルファイト
個人的にはここじゃなくてNHKマイルCのほうに出てきてほしかったなぁ。クロフネ産駒で芝1800重賞を勝っているならちょっと一発あったような気がしてならない。
ただでさえ距離に疑問が残る中、久々も考慮すると運の強い馬が勝つレースで頓挫した馬が来るかな?と。
2枠4番
サトノルークス
3連勝で挑んだ皐月賞は特に見せ場もないままズルズルと下がっていき14着の惨敗。2番枠で先行できなかったのもあるが未勝利とすみれSはいずれも少頭数で、初めてのフルゲートに対応できなかったのが一番の敗因だろう。
今回は出していくことになるだろうが、リオンリオンが何が何でも行くと宣言しているだけに離れたポケットでどれだけ我慢できるかがカギ。
3枠5番
マイネルサーパス
きんもくせい特別では後のきさらぎ賞馬のダノンチェイサーに勝っている馬だが、朝日杯FS後に長期休養。さらに久々のプリンシパルSも中団ままで9着と休み明けを感じさせた。
母父タマモクロスだし将来を考えたらあまり無理をさせないほうが良いような気がするが、人生1度の舞台なら仕方ないか。
3枠6番
◎サートゥルナーリア
単勝1倍台ですかそうですか。
この馬がクラシックで負けるならぶっつけ本番の皐月賞で、そこを負けてダービーで巻き返すだろうな。なんて思っていたのに、火の出るような直線での叩き合いを制してまず1冠。
こうなるとトライアルを挟まなかった恩恵に預かれる形になるので有利なこと間違いないですが、あとはレーンに乗り替わる形になったしまったのがどこまで影響するか。
4枠7番
ダノンキングリー
オークスでカレンブーケドールが2着に来たことで更に評価を上げる形になったが、それがなくても共同通信杯勝ちがあるので東京に替わるのはプラスだと判断されるだろう。勝った相手もアドマイヤマーズなわけだから尚更だ。
少し気がかりなのは母父ストームキャットのディープインパクト産駒ラヴズオンリーユーがオークスを勝ったのでこの馬も!と言われているが、あちらは兄が菊花賞2着もあるサトノクラウンなのに対してこちらは姉2頭がいずれもディープインパクト産駒なのにダート1200を走っていること。気性的な問題を抱える一族なら2400は少し疑問が残る。
4枠8番
メイショウテンゲン
母父フレンチデピュティのディープインパクト産駒らしい阪神や中山で成績が良く、東京と京都では切れ味負けする典型的な馬。ロジユニヴァースの時みたいな雨でも降れば一考の余地はあったが、ここまでのピーカン照りでは2分21秒台までありそう。
武豊への乗り替わりが取り立たされていますが、乗り替わりでダービーは勝てない!とレーンに言って武豊に言わないのはおかしいよなぁ?
5枠9番
△ニシノデイジー
すっかり信用をなくしたなぁ。弥生賞ではやっと1番人気になれたのに人間って怖いね。
この馬も東スポ杯2歳Sを勝った後は中山だけで3連敗なんだから東京に戻るのは良いはずだし、前走は馬体重もマイナス10キロで明らかに仕上げをミスしていたわけだから巻き返す余地は重文あると思われるのに。
5枠10番
○クラージュゲリエ
キングカメハメハ×タニノギムレットの血統通り、この馬はやっぱり小回りよりも東京や京都の外回りみたいな広いコースでそれなりに流れる消耗戦が向いている気がする。必ず3コーナーで仕掛けるときに一度、置いていかれる形になるのもタニノギムレットのエンジンの掛かりの遅さが原因ではないか。
その代わりエンジンに点火すれば爆発力は秘めているはずだし、京都2歳Sから馬体重が増え続けているだけにここらでビシッと絞れてくれば皐月賞からもう一押しがあってもいいはず。
6枠11番
レッドジェニアル
新馬戦では評判馬だったサトノソロモンに敗れたが、3戦目で無事に勝ち上がると500万で4着になったあといきなり重賞に挑戦して京都新聞杯を制覇。11番人気だったように周りは懐疑的ながら陣営は素質を見出していたということだろう。
気になるのは年明けから使い続けて6戦目なのと、馬体重が減り続けていること。今回はさらに輸送が絡んでくるのでどこまで体調を維持できるかが重要だろう。
6枠12番
アドマイヤジャスタ
ジャスタウェイ産駒がクラシックでどれくらい台頭してくるか興味深く見ていましたが、無事に2頭のダービー出走馬を出してきて印象ほど晩成でもないところを見せてくれた。ただ、母父に関しては結構スタミナ寄りの血統でないと1600が限界のタイプが多いようなイメージは拭えない。
ホープフルS2着は評価できるものの年明けのすみれSで疑問符が付き皐月賞でも後方から脚を伸ばしたものの8着。4番人気とはいえ離されているし、デムーロ人気で押さえたいかと聞かれると…。
7枠13番
ヴェロックス
東スポ杯2歳Sではニシノデイジーに破れたものの若駒S→若葉Sと連勝して皐月賞でも大接戦の2着。これ以上ない展開で直線を向いただけにあれで勝てないのかと嘆きたくなる気持ちもわかる。
それだけにダービーであれ以上を求めるのは厳しいような気がするのと、唯一の着外が東京なのを考えると距離延長のこの舞台で一発まではないような。
7枠14番
▲ランフォザローゼス
この世代の「最強の1勝馬」の称号は今のところ彼が有していると言って良さそうだが、エタリオウとマッチレースとかしてほしいのでどこかで対戦してくれないものだろうか。共倒れの可能性すらありそうだけど。
キングカメハメハ×ディープインパクトという考えうるベストトゥベスト配合ではあるが、その割に切れ味と言うよりキングカメハメハのダート馬みたいなモッサリ感が否めないので将来はベルシャザールみたいになりそう。
7枠15番
リオンリオン
父の横山典が騎乗停止になってしまい誰が乗るのか注目されていましたが息子で来たか。それならサートゥルナーリアに藤田でも乗せたら面白いことになっていたのに。
レース前から逃げ宣言をして盛り上げるのは構わないのだが、逃げてダービーを勝つ馬は2冠馬になるくらいの実力がないと難しいだけに。
8枠16番
タガノディアマンテ
オルフェーヴルも2世代目がかなり勝ち上がりに苦労していて、まさかこの馬がこの世代唯一のダービー出走馬になるなんて思いもしなかった。ゴールドシップが今年からデビューしてくるが、事の次第では取って代わられるだけにこの後の世代にかかる負担はかなりのものだろう。
先行イマイチ差してソコソコと父のイメージより祖父のステイゴールドの化身みたいな馬なので、4歳以降に本格化したらまずは目黒記念から勝ってもらおう。
8枠17番
ナイママ
ここにアルママのほうも出走していたら腹を抱えて馬連1点勝負とか買っていたのに。まさかあそこまで勝ち上がるのに苦労するなんて思わなかった。
ここまでのレース振りからも頭打ちは否めないし、ここからダートに戻ったときにどれだけやれるか見てみたい。
8枠18番
シュヴァルツリーゼ
ハーツクライ産駒らしく東京で勝ち上がったが休み明けにいきなり弥生賞を使ってきて2着に健闘。その賞金を盾にそのままクラシック戦線を歩むことになるとは。
この馬が青葉賞を勝ってここに挑んできたらそれこそ3番人気だっただろうが、新馬戦も4着馬が勝ち上がったのみでレベル的に疑問だった弥生賞で2着なのが評価しづらく。


葵Sまでの成績【2/66 -142310円】トリガミ2取消1
目黒記念は追記に>胴長熊猫
続きを読む
スポンサーサイト

今日のボックス(葵S編)

夏日


まだ5月末だと言うのに早くも30℃超えの暑さとは。
我が家のボロアパートも2Fらしい熱気に包まれて蚊が嫌と言うほど湧いてます。
発生源はどこだ?


葵S
◎ケイアイサクソニー
1600からデビューしてきたがロードカナロア×タイキシャトル×ウォーニングだけあって1600でも長かった感じ。平坦1200で勝ち上がったあと坂のあるコースで負けて平坦1400で2勝目を挙げるわかりやすい適性の持ち主。
それだけに京都1200は数少ないベスト条件重賞だろうし、内枠からポンと出て粘り込む競馬でどこまで。
○タマモメイトウ
エイシンフラッシュはダービー馬なのにやたら1200で勝ち上がる馬が多いような気がする。もちろん2000前後で走る馬もいるのだが、キングマンボ系の先祖帰り的なものだろうか。
ここまで京都芝1200は【1-1-0-0】と地味ながら得意にしているコースだし、差し馬なら外枠でも気にならないだろうから気楽な立場で差し込めたら。
▲メイショウケイメイ
この馬の父ワークフォースもクラシックディスタンスのイメージがある馬なのだが、やっぱり1600以下に成績が偏っている気がする。ここまでの走りっぷりも先行してダラッとなだれ込む競馬が多く、切れ味とは無縁の芝ダート兼用型みたいな能力。
この馬も3勝中2勝が京都と言う巧者だし、紅梅Sのような前々勝負から押し切る展開になれば。
△ホープフルサイン
父モンテロッソと言うことでダートからデビューしたが二桁着順だらけ、その後は浦和で初勝利を挙げると何故か芝に転戦してアッサリ2勝目。芝→ダートで2勝目以降を挙げる馬は少なくないが、逆は珍しいだろう。
こう言うタイプは時計勝負に弱い馬が見られるが、元々の適性が血統と違っているならこの条件でも好勝負に持ち込めるかも。


優駿牝馬までの成績【2/65 ―139910円】トリガミ2取消1


殺虫剤ブシャー!>胴長熊猫

05/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井で帝王賞へのステップレース大井記念。南関東でも一筋縄で行かないメンバーが揃って難解な一戦ですが◎リッカルド。5ヶ月ぶりは気掛かりですがJRA時代に3ヶ月以上の休み明けで3勝と鉄砲駆けが利くタイプ。セン馬だけに気持ちをリセットできた今回は仕上げを気にせず買い。
05-22 17:47

今日のボックス(優駿牝馬編)

あと2週


18-19シーズンも残すところ牡・牝馬の大一番だけを控え、今年も微妙に盛り上がりに欠けながら迎えるPOG。
一応、エールヴォア(日刊競馬POG)とサートゥルナーリア(サラブレPOG)が出走するものの、何で1番手に構えているPOGりんで閑古鳥なんだ…。


優駿牝馬
◎エールヴォア
今シーズンのPOGで唯一のクラシック出走馬だからね。レッドベルディエスが春全休になったのが痛かった。
桜花賞は逃げ宣言をしながら後手を踏んでしまい、更に内枠で蓋をされる展開で試合終了。せめて外に出せる状況なら掲示板まで来ていたか。
2400になる今回は先行こそ叶いそうだが、ジョディーとコントラチェックがどれくらいのペースになるか次第では抑えてみるのも一考では。
○ダノンファンタジー
桜花賞までの人気ぶりからは一転して混戦ムードの人気に落ち着き、2400にどの陣営も強気になれない感じが伝わってくる。グランアレグリアがNHKマイルCでアドマイヤマーズに敵わなかったのも別路線組の人気に繋がっているのだろう。
前走では先行して残ったのがグランアレグリアとこの馬だけだったことからも元の能力は抜けていると判断できるし、早め抜け出しから押し切る競馬なら復権も。
▲コントラチェック
藤沢和厩舎ディープインパクト牝馬3本目の矢。この厩舎で東京を使ったことがないのはかなり珍しいことだろう。
逃げ馬が馬券に絡みにくいレースなのとフラワーC勝ち馬が意外にオークスと相性が悪いのもマイナス要因だが、ヴィクトリアマイルの高速タイムを見るとスピードに乗って直線を向かれたら捕らえる術がなくなる可能性も。
△ウィクトーリア
ヴィクトワールピサ産駒ではあるが、ここまでの成績を見ると逃げるか追い込んだ時にしか好走しておらず母父ウォーエンブレムの気難しさが前面に出ている感じ。爆発力は前走で見せているのであとは使いどころだけだろう。
さすがに逃げていくことはないだろうが、追い込んで届くような馬場ではなさそうだしある程度は付いていく競馬でも差し脚が鈍らなければ。


平安Sまでの成績【2/64 ―137510円】トリガミ2取消1


クイズ正解は1年後ってPOGだよね>胴長熊猫

今日のボックス(平安S編)

POG


サラブレを手に入れたので最後の詰め作業を開始したのですが、相変わらず最終リストに残した馬たちが載っておらずかなりのマイノリティっぷり。
取捨選択の意味…。


平安S
◎オメガパフューム
フェブラリーSの敗戦からか1600には見切りを付けてかしわ記念を回避してここへ。59キロ背負ってまで出てくるなら帝王賞に直行しても…と言う気がしないでもない。
1枠に入ったのであまり余裕を持って構えるわけには行かないだろうが、JBCクラシック2着のあるコースだけに半端な競馬だけは見せられない。
○アナザートゥルース
これまで中山ダート1800でしか勝ち鞍がなかった馬だったが、初めての関西圏遠征をこなしてアンタレスSを制覇。アイルハヴアナザーは分かりにくいがフォーティナイナー系と考えれば別に驚くほどではないか。
今回も京都への初遠征なので平坦ダートでも結果が出るかだが、舐められている内は平気で走ってくる系統なので人気になるまでは押さえたい。
▲サンライズソア
昨年のこのレースの勝ち馬だが、JBCクラシックでも3着と回数は少ないものの京都コースは得意にしている舞台。関西馬なのにあまり経験がないのは珍しいと言える。
中距離ダートにしては逃げ馬が少なくハイランドピークかマイネルユキツバキくらいしか同型がいないし、ペースが落ち着くようなら昨年のような押し切りまであり得る。
△ジョーダンキング
初勝利を園田で挙げてから中央に帰ってきたが、それからは休養を挟みながらオール連対で重賞挑戦。結果は6着だったが、初めての重賞ペースに戸惑っての後方からで力を出せなかったと言えるし巻き返す余地はあるだろう。
今回は真ん中の枠に入れたので内に閉じ込められて動けない可能性は下がるし、少しでも中団から仕掛ける競馬なら迫れるはず。


ヴィクトリアマイルまでの成績【2/63 ―137510円】トリガミ2取消1


選び放題>胴長熊猫

05/17のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

先週、砕けた銀歯を入れ替えてもらってヤッホイ。しかし、2回通って1度も麻酔を使われなかったので治療も変わったのかね?前回は歯の麻酔で2時間熟睡してしまい迷惑かけたのに。
05-17 17:21

05/15のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は川崎で川崎マイラーズ。ベンテンコゾウVSキャプテンキングの一騎討ちムードだが◎トキノパイレーツ。JRA2勝からユニコーンS6着のある実力馬。先行した報知オールスターC以外は差して安定しているし、インでじっくり脚を溜めて最後の最後で逆転を狙いたい。
05-15 12:26

05/12のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

牝馬マイルGIで1分30秒台て。そりゃ海外から来るわけないわな。
05-12 15:55

今日のボックス(ヴィクトリアマイル編)

チュイーン


昨日、割れた銀歯を直してもらうため何年かぶりに歯医者に行ったが、どうにもあのドリルの音だけは慣れない。
注射は予防接種や献血などで次第に痛みに慣れていくが、歯を削るだけは虫歯にならなければ経験しないのでいくつになっても鳥肌が立ちますな。


ヴィクトリアマイル
◎プリモシーン
フェアリーSや関屋記念での直線一気の競馬から追い込み馬のイメージがあるが、馬券に絡んだときはむしろ真ん中より前で競馬をした時が多く二桁後方からだと届かない。馬場の管理技術向上により前が残りやすくなったのも影響しているだろうが。
まずは位置取りが重要だが真ん中の枠に入って周りを見ながら出していけるのは有利だし、ラッキーライラックの出方次第では目標を作りながら仕掛けられるので展開がうまくハマれば。
○アマルフィコースト
2戦連続で穴を開けてもまだ二桁人気を背負うのは美味しいなぁ。2戦続けて印を打っているのに馬券を獲れていない人間ではあるけれど。
Bコース替わり1週目で1枠なら戦法も変わらないだろうし、内枠を利して最短コースを逃げる作戦でもう一丁。
▲ミエノサクシード
4歳くらいまではフラフラと安定しない競馬が目立って如何にもステイゴールド産駒らしい牝馬だったが、昨年くらいから重賞でも牡馬相手に食い下がるようになり京都金杯では3着まで押し上げた。旦那より使う金額は下でも回収率はどうなるかしらね?(暗黒微笑)
人気はないがどうせオッズなんかあってないような系統の馬なので、気楽に一発狙いをされるほうが人馬ともに不気味な存在。
△クロコスミア
年齢とともにズブくなってきたのか余り遮二無二逃げるような馬でなくなってきたが、結果を出しているのは逃げられた時なので主張した方が良さそう。それこそ出ムチを入れる振りをするだけでも周りへの圧力になるはず。
先行したい馬は揃ったが逃げで目標にされたくないタイプばかりだろうし、何とか単騎逃げに持ち込んで粘る展開になるなら。


京王杯SCまでの成績【2/62 ―135110円】トリガミ2取消1


違和感が凄い>胴長熊猫

今日のボックス(京王杯SC&京都ハイジャンプ編)

厄日


昼間の暑さと朝晩の寒さからか風邪をひいてしまい、熱のせいか鼻血が止まらず、薬を飲むために朝飯を食べようとおにぎりを噛んだら銀歯が割れるハプニング。


京王杯SC
◎トゥザクラウン
ここまで日本人騎手が乗ると全勝、外国人騎手が乗ると全敗。わかりやすいなぁまったく。
いきなりの重賞で人気を背負うのは厳しいものがありそうですが、メンバー的にGⅡを名乗るのも烏滸がましい相手だけに良血開花でいきなり通用しても。
○エントシャイデン
ディープインパクト産駒は3歳春までに完成してその後は貯金を食い潰しながら萎んでいくタイプが多いが、この馬は昨秋にブービー人気でいきなり激走すると3連勝でOPに返り咲いた。阪急杯は5着だったが1400に短縮して18番枠を考えたらむしろ上出来だろう。
今回も距離は同じだが慣れを見込めるし、東京コースも2勝を挙げた得意舞台なら前進があっても良いのでは。
▲ストーミーシー
前走でも印を打っていて惜しくない4着に悶えたのですが懲りずにまた印を打つ。と言うか、この馬が出てきたらほぼ押さえているが馬券は獲ったことがないんだよなぁ…。
東京芝1400は奥多摩S勝ちがあって【1-0-1-1】と地味ながら分の良いコースなので、前半で離れすぎず脚を溜められれば。
△サトノアレス
かつての朝日杯FS勝ち馬だがまさか1800も長いくらいのマイラーとは思わなかった。やっぱりサンデー系×ダンチヒ系は1600までなんだなと確信する切欠になった馬。
ついでに走らないのも休み明けと露骨な叩き上昇タイプだし、今年も順調なら上位争いに加わってくるのでは。


京都ハイジャンプ
◎タマモプラネット
牛若丸JS3連覇と言う凄まじく地味な快挙を達成したが、それくらいの京都巧者で大敗のほとんどが左回りコース。当初は平地力の高さでカバーしていたが、スピードが付きすぎると脚が合わないのだろうか。
久々になるがどちらかと言うと中山GJは諦めていた節がありそうだし、逃げ馬も少なくキークラッカーがどれだけ競り掛けてくるかだけだろう。
○ウインレーベン
前々で流れに乗れたときはしぶといが、早めに仕掛けられたり差しに回るとサッパリ走らない気分屋。ハーツクライ産駒と言うよりはステイゴールド産駒みたいなイメージがある。
今回もまずは出遅れないことが前提になるが、タマモプラネットが飛び出していくのは間違いないだろうから離れた番手を利用してマクリ組と一緒に上がっていけたら。
▲ピエナクルーズ
障害転入直後は2戦目ですぐに勝ち上がり、続くOPでも中山大障害・GJで3着に来たマイネルプロンプトの2着になるなど素質を見せていたが半年休養。帰ってきてからも特に見せ場もなく敗退したが、着順は上げてきて内容も徐々に良化傾向にある。
あとは叩き3戦目でボチボチ戦える体勢が整っているかだけだし、あまり人気になりすぎる前に買ってみたいところ。
△メイショウタンヅツ
勝ち上がりに9戦を要したものの障害では休み明け以外で掲示板を外したことがなく、堅実にマクリから見せ場を作ってくる馬。こういうタイプは買いやすい反面、固定しにくいので流しの軸にしづらいのが難点。
まずはOPクラスの流れでもマクリ脚が通用するかですが、スローでも競馬になるだろうから後ろすぎない位置で構えれば。


かしわ記念までの成績【2/60 ―132110円】トリガミ2


内科→歯医者のハシゴ>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク