FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

01/23のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

一口馬主を始めたいと思い、あちこち資料請求して眺めていたら「マイナンバーを提示」と書かれており。あれ?自分のマイナンバーなんだっけ?と物置を漁ったら証明写真まで用意したところで止まってた。後回しにする癖がこんなところにまで波及。
01-23 12:31

スポンサーサイト



01/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井で交流重賞・TCK女王盃。JBCレディスCが1400だったので絶対女王不在。中距離では誰が頭一つ抜けていくのか注目されますが◎マドラスチェック。クレイジーアクセルにファッショニスタとサルサディオーネが絡めばハイペース必至。大外からゆったり運べば差しきるチャンスも。
01-22 12:28

01/19のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

まさか…!?
01-19 13:45

RT @sunnydaycamel: 今週はサロンにおいて、小倉1200で100万馬券を獲るぞ作戦を展開している。明日は仕事なので夜のうちに馬券を仕込むわけだが、何せまだ売り出し直後で3連単も0票ばかり。10000倍超えのところを20〜30点ほど買うつもりだが、それがままならん…
01-19 13:45

酷く後ろ向きな馬単。負けが込むと…ね。 https://t.co/a6t7JFmRrZ
01-19 12:58

本日は高知で大高坂賞。ケイマの南関東移籍でエースはサクラレグナムに戻りそうだが◎ツクバクロオー。JRA時代も1200が主戦場で、ここ2走は距離が長かった印象だし距離短縮は好材料。時計勝負でも見劣らないだけに先手をスンナリ取れれば簡単には捉えられないはず。
01-19 11:36

今日のボックス(京成杯&日経新春杯編)

あと1頭


POGりん指名馬のトーセンチェイサーが新馬戦に出てきたので、これで9頭デビュー。
全頭デビューのボーナスポイントは毎年のように1頭デビューできずに貰えず終いなので何とかならないかヤキモキしてますが、残る1頭がダーレー馬だから情報が表に出て来ないんだよなぁ…。


京成杯
◎クリスタルブラック
ここまで得意距離がハッキリ分かれているキズナ産駒だが、この馬は母父タイキシャトルでも1800で勝ち上がり。スローペースを内で溜め、上がりながら差しきる正攻法とディープインパクト系らしい競馬を見せた。
ホープフルSの影響か上級サンデーサイレンス系が軒並み参戦しなくなったので近3年の馬券に絡んだ種牡馬はカオスだが、それなりに種牡馬が揃ってきた今回は割と2歳リーディング上位で決まったりしないか。
○ロールオブサンダー
エピファネイア産駒もパッとしないな~と思っていたが、勝ち上がり総数は30頭を超えて新種牡馬1位。そんなに居たっけ?と、おったまげた。
逃げて2連勝のあと京都2歳Sでも粘って3着とOPでも上々の競馬ができたし、ヒュッゲとの先行争いがあまり激化しなければ今回も好勝負。
▲キングオブドラゴン
何故かこの馬の兄弟は牝馬ばかりで、数少ない牡馬がアメリカズカップと言う皮肉。そしてこの馬も2戦目でアッサリ勝ち上がるなど、牡馬に出ると成績が良い一族のよう。
ハーツクライ産駒の関西馬ながらわざわざ福島→中山2000と転戦しているのも矢作調教師が意識して使っているように見えるし、中山得意のハーツクライをまた作ってきたならここは要注意。
△スカイグルーヴ
ダイナカール一族で脈々と結果を受け継ぎながらエピファネイアでこの馬が出たか。正直、エピファネイア産駒の勝ち上がりはロールオブサンダーとこの馬だけだと思ってた(笑)。
確かに新馬戦の勝ち方は出色で騒ぎたくなるところだが、牝馬なのにここなの?とか東京で圧勝なら共同通信杯じゃないの?とかノーザンFの使い分け被害に遭っているような気がしてならない。


日経新春杯
◎アフリカンゴールド
昨年はこのレースで15着に大敗したが、そこからキ○タマを取って軽量化を果たしアルゼンチン共和国杯でも3着と健闘。ようやくエンジンが掛かったような兆しも見えるし、ここからがステイゴールド産駒らしい本領発揮の1年になるだろう。
あとは外枠に入ったので行きたがる気性が再発しないことと、道中で内に入れて直線で福永しないかだけ心配。
○レッドジェニアル
京都新聞杯を制してダービー最終切符を手にしたが、本番ではロジャーバローズに先を越され秋はワールドプレミア・サートゥルナーリアに歯が立たず。GIで勝ち負けを狙うならもう一皮剥けないと苦しい状況だろう。
まずはGⅡレベルを相手に安定して勝負できるかが課題だが、勝ち味に遅い部分があるだけに頭まで突き抜けられるか。
▲サトノガーネット
俺もこの馬が好きだねぇ、ずっと印を打ってる気がする。
中日新聞杯を後方からの追い込み一気で遂に重賞制覇を果たしたが、これで昨年の5月から上がり2位以内も継続。好調期に入っている間にGIを使えるか気になるところ。
今回はサイモンラムセス辺りが大逃げを打てば隊列もバラけて捌きやすくなるし、再び追い込みが届く展開にもなるのでは。
△レッドレオン
新馬戦を勝ち上がってすぐにきさらぎ賞で重賞挑戦した素質馬だったが、その後は思うように使えず長期休養が重なった。前走も半年ぶりながら1600万クラスを卒業し、やっとOPまで返り咲いたしGIへの足掛かりが欲しいところ。
まだ体質的に不安の残る馬ではあるが、デビュー戦も雨の重馬場をこなしていたので今の京都芝なら走りやすいのでは。


愛知杯までの成績【1/5 +81230円】


チョゴリザテソーロ密かに勝ち上がったな>胴長熊猫

今日のボックス(愛知杯編)

意外に最近


中京競馬場が改修工事中なので小倉開催に替わっているのを珍しいと思っていたが、2010,11年の愛知杯も小倉開催だったのを調べていて気付く。
あれ、そんなことあったかなぁ…?


愛知杯
◎アルメリアブルーム
ドリームジャーニー×ネオユニヴァースと言うサンデーサイレンスの強いインブリードが掛かった馬だが、あまり影響があるようには見えずステイゴールド産駒に近いような体型と成績。430キロの馬体重からか勝ち鞍も平坦芝ばかりで、現状は軽い芝で乱戦をモノにするイメージ。
今回は小回り平坦小倉のフルゲートでランドネにリリックドラマにモルフェオルフェと逃げ馬が揃ったし、乱戦になる条件は満たされたのであとは捌いてこれたら。
○フェアリーポルカ
デビューから1番人気になったことのない馬で、フローラS5着や紫苑S2着など世代でも中堅レベルの実力を持ちながらGIでは派手に惨敗するので人気も上がりにくい性質。逆に最低人気でも平気で3着に来たことがあるのでなかなか切りづらい馬でもある。
ルーラーシップ産駒らしい先行からのなだれ込みで押し切る戦法がベストなので、逃げ馬たちの後ろに構えて前が落ちてきたところを抜けていく競馬ができたら。
▲パッシングスルー
新馬戦でワイドファラオを下して勝ち上がった素質馬だがクラシック戦線では順調さを欠き、紫苑S勝ちから何とか秋華賞にコマを進めたが見せ場なく10着に終わった。飛び飛びにしか使えない退室の関東馬だが、積極的に遠征するのは大丈夫なんだろうか?
例年なら中京なのが小倉開催なので今回も久々と輸送がネックになるが、それでも中山牝馬Sまで待たないところで狙ってみたい。
△センテュリオ
オーストラリアGI2着もあったトーセンスターダムの下で期待されていたが、出世にはやや手間取り昨春にようやく1600万を卒業した。その後は新潟記念→エリザベス女王杯と、結果こそ出なかったが一線級を相手に実力を試せたのは繋がってくるだろう。
数少ない小倉芝2000での勝ち鞍があり、持ち時計も1位なので人気なのは頷けるがマクリ不発で2着までも多いだけにスタミナ比べにならなければ。


フェアリーSまでの成績【1/4 +83630円】


ガバガバ脳ミソ>胴長熊猫

01/16のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

高知競馬が賞金増額したり、ばんえい競馬が売上レコードを更新したり、姫路競馬の再開に長蛇の列ができたりしたのを聞くと、福山競馬もあと一踏ん張りできていたら存続ワンチャンあったかなぁ…と思ったり。
01-16 12:24

01/14のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

小倉で愛知杯なことに今気付く。
01-14 17:53

01/13のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

シンザン記念は10頭立てで4つ印を打って全滅。フェアリーSは16頭立てで4つ印を打って1~4着独占。なんでやねん。いや、初日が出て何より。
01-13 16:19

今日のボックス(フェアリーS編)

ほら


昨日の予想で◎は来てるから悪くない!とか書いたら1頭も来ないだろ?
知ってんねん!自分のこと!
もちろん忘れて今日も馬券を買うよ。


フェアリーS
◎スマイルカナ
新潟芝1600を逃げで勝ち上がったディープインパクト産駒だが、東京で差し損ねて敗退すると中山ひいらぎ賞を再び逃げて押し切り。母エイシンクールディはダート短距離で似たような競馬をしていたし、娘もそういう前々勝負が合うのだろう。
今回は1枠に入って腹も括りやすいし、好発進を決めて粘り込む得意のスタイルに持ち込めたら。
○ポレンティア
ハーツクライ牝馬だが札幌芝1500と言う条件を器用に立ち回って3馬身差の完勝で勝ち上がり。血統だけ見れば東京芝1800でも使いたくなるが復帰戦をここに合わせてきた。
右回り重賞のハーツクライを軽視するのもリスグラシューで散々痛い目に遭ってきたので改めたいところだが、彼女が例外なのか傾向が変わったのかは慎重に見定めたい。
▲シャインガーネット
オルフェーヴル産駒にしては珍しく、デビューから中山→東京と異なる競馬場で連勝を飾りOP入りしてきた。最近のマイブームはオルフェーヴル産駒ダート替わりを狙い撃ちだから、ポンポン勝ち上がられると困るなぁ。
重賞で信用したい血統ではないが、ステイゴールドと違ってオルフェーヴルは重賞だと人気の時しか走らない気がするので騙されながら買うしかないか。
△チェーンオブラブ
ここまで左回りの競馬場でしか使われていないが1400で2→1着と来て勝ち上がり、前走は1600で4着。ただ、出遅れて後方からになったものだしノーカウントで良いだろう。
これまでの成績からすれば東京開催を待っても良さそうだが、わざわざここを使ってきたのも何か勝機があってのものだろうし先行から叩き合いで勝負したい。


シンザン記念までの成績【0/3 -7200円】


プロじゃないし>胴長熊猫

今日のボックス(シンザン記念編)

出だし好調?


金杯は予想こそ外したものの◎が両方とも来てくれる珍しい外し方。
とは言え4つ印を打って1つも3着以内に来ないこともザラなので、本命の馬だけでも思った通りなら悪くないと感じてしまう。


シンザン記念
◎カバジェーロ
デビュー戦では話題のドナブリーニ産駒・ダブルアンコールとの一騎打ちを制して勝ち上がり。1400内回りで3着馬を3馬身半ちぎっており、2頭が抜けたスピード能力を持っていたことを裏付けている。
2年連続でロードカナロア×サンデー系配合の産駒が勝っている縁起の良い舞台でもあるし、今年も先輩に続けるか。
○タガノビューティー
朝日杯FSでも期待して印を打っていた馬だが、クビ差の4着と馬券圏内まであと僅かの惜しい競馬だった。まぁ、勝ち馬とは明らかな差が付いていたので悔しさはないだろうけど。
その前走が評価されて押し出されるような人気になってから買う馬ではないが、3歳春のGI前までは芝でも戦える血統だけに消費期限には注意しつつ貪りたい。
▲ルーツドール
新馬戦はノーザンF&サンデーRのゴルトベルグと人気を分け合う形になったが、5馬身突き放す完勝。重賞では使い分けをしてくるクラブだが新馬戦はあまり気にしないのか。
早くからここに照準を合わせて乗り込んでいるだけに状態は良いだろうし、兄は3000以上GI馬だが下はどうだろうか。
△ヴァルナ
1400~1600で好走して1800~2000で惨敗と、ハッキリ距離の壁が見てとれる馬。エピファネイア産駒はまだ傾向を掴みあぐねている使われ方をしているが、やっぱりシンボリクリスエスだから1400~1800がスイートスポットだろう。
それだけに距離短縮は好材料だし内枠を利用して前々から粘り込む競馬で勝負したい。


中山金杯までの成績【0/2 -4800円】


初日を出したい>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク