FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

07/09のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

パワプロ新作出るしウイポ2020も出てるし思い切ってプレステ4買うか~!と予約し、先ほど届いたところで喜び勇み設置しようとしたら我が家のテレビhdmi端子が無いでやんの。ゲーミングモニター買わなきゃならんとは。赤白黄色の端子で良いじゃない…。
07-09 14:53

スポンサーサイト



07/08のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

キタノオクトパスは無ぇ!ブラヴールなら持ってた!
07-08 20:09

本日は大井でジャパンダートダービー。すっかり忘れてたんだ、昨日が七夕とか今日がGIだとか。ファラオはファラオでも◎ダノンファラオ。3歳馬にしては珍しく、デビューからテレンコ続きで順番通りなら今回は来る番。前走惨敗が隠れ蓑ならJRA馬だけで決まっても高配当を狙える。
07-08 17:40

07/05のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

トラストワージー(最後のPOGりん牝馬エース)生きとったんかワレェ!しかも堂々1着とは…。
07-05 13:41

今日のボックス(ラジオNIKKEI&CBC賞編)

10万円


意外と早く給付金が到着。
これで競馬で負けても10万円までならノーダメージだな!


ラジオNIKKEI賞
◎グレイトオーサー
ここまで期待されながらイマイチ弾けた馬が出てこなかったディアデラノビアだったが、まさかノヴェリストでデビュー2連勝を飾るような産駒を産むとは。この馬以外はまたハービンジャーやロードカナロアだが、妙ちくりんな種牡馬をぶちこむほうが当たるんじゃなかろうか。
東京のスロー上がり勝負しか経験がないので小回りコーナー4つの福島に対応できるかだが、血統的にはこういうコースでこそと言う馬だろうから地力の高さを見せてほしい。
○ルリアン
新馬戦は後に京都2歳S勝ちのマイラプソディに敗れたが、3着馬も青葉賞4着のブルーミングスカイとなかなかメンバーの揃ったレースだった。休み明けからでも2連勝してきたように、やはりレベルの違いがあったのだろう。
それを考えたらこの馬も重賞で戦えるだけの素質は秘めているだろうから、12頭立てだが大外枠を克服できれば。
▲バビット
関西馬ながら京都→阪神では勝ち上がれずに福島→新潟と遠征したら2連勝とお出掛けが大好きな馬。3場開催だからレベルは下がりがちだが、人気を裏切りやすい系統だけに勝ち切れることが大事になる。
ステイゴールド系ならチンタラしたペースの条件戦より厳しい流れの重賞のほうが走りやすいだろうし、消耗戦になるほど台頭しやすくなるはず。
△コンドゥクシオン
ダイワメジャー産駒だが母系の強さが出ているのか1800以上で2勝を挙げている中距離型。前走は18番枠から何故か先行してバテたが、溜めれば斬れるタイプだけに乗り方には注文がつくものの終いは確実になる。
福島と雨の重馬場に勝ち鞍があるのは強味だし、距離を不安視されるなら面白いところ。


CBC賞
◎ロケット
何かダーレーがこの名前を付けるとどこか皮肉めいたところを感じるのは気のせいだろうか。別にさほど干渉をしている訳じゃないだろうけどさ。
昨夏に復帰してからずっとテレンコに来ていて今回は来る順番。1200は初めてだが4勝中3勝を挙げている阪神なら前半の追走さえ付いていけたら重賞でも好走できるのでは。
○クリノガウディー
高松宮記念ではあっと驚く激走を見せたが、無念の降着により4着に。馬主さんともどもGIを勝てるチャンスだっただけに悔しさもひとしおだろう。
中京から阪神になってしまったのは辛いところだが、道悪は前走で適性を見せているので58キロだけが懸念材料。
▲レッドアンシェル
昨年のこのレースで初重賞制覇を果たしたが、そこから順調さを欠き2惨敗。いずれも見せ場すら作れない内容だけに精神面での不安は付きまとう。
それでも時計の掛かる1200なら得意な条件だろうから、復活のきっかけを作るレースができたら。
△グランドロワ
やたら成績がテレンコになりやすい馬で、人気も落ちやすいタイプなので騙される人は延々と騙される。逆の人はしこたま儲けているだろうなぁ。
大阪―ハンブルグCの勝ち鞍も半信半疑みたいなオッズなら、押さえたほうが楽しみは大きい。


宝塚記念までの成績【4/70 +80,180円】トリガミ1


ちょっとなに言ってるかわからない>胴長熊猫

07/02のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ばんじゃーい∩( ・ω・)∩ https://t.co/s8Ms2lzmr1
07-02 18:27

06/28のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

キセキもモズベッロも無ぇ!
06-28 15:47

今日のボックス(宝塚記念編)

おぉ…


昨日からの風邪は鼻水が収まりつつあるものの下痢が最高潮に達しており源泉垂れ流し状態。
アメーバみたいなのが出る。


宝塚記念
◎クロノジェネシス
前走はラッキーライラックとの一騎打ちに僅か及ばず2着と敗れたが、京都記念ではカレンブーケドールを完封するなど着実にパワーアップを感じられる。古馬になってもしぶといブラッシンググルーム系だけに惨敗するまでは好調を持続しそう。
ここまでの勝ち鞍はクイーンCを除けば稍重~重馬場ばかりの道悪巧者だし、馬場が回復しないほど持ち味を発揮できるはず。
○グローリーヴェイズ
昨年は日経新春杯で重賞初制覇を飾ると年末には香港ヴァーズを勝利して初GIを海外レースで射止める快挙を達成。軽い芝の2400路線は日本勢の優位が続いていることを印象付けた1年だった。
年明けからはドバイが中止で天皇賞・春には間に合わずと不運だったが、ここまでの大敗は1枠か8枠に入ったときだけなので久々でも2枠なら。
▲カデナ
クラシックで活躍したディープインパクト産駒は大抵の場合、古馬になるとワグネリアンみたいな萎みかたをするのが多いが、この馬は謎成長で復活してきた。鮫島騎手を乗せてきたときは見切られたと感じた人間も少なからず居たのではなかろうか?
追い込み一辺倒なのは下り坂ディープインパクトの典型だが惜敗も増えてきたし、ペース1つで間違いが起きる可能性は否定できない。
△メイショウテンゲン
この馬もクラシックちょい活躍のディープインパクト産駒だが、年明けから長距離戦で安定した走りを見せて健在をアピール。晩年の産駒は精子にコクが出て来て妙なのが産まれると言うアレか。
これまで連対したときは前半3ハロンのほうが速い前傾ラップばかりなので、キセキを潰しにダンビュライトが早めに動く展開を作ってくれたら。


東京ジャンプSまでの成績【4/69 +82,580円】トリガミ1


もう…>胴長熊猫

今日のボックス(東京ジャンプS編)

あぁ、そっちか


年がら年中、鼻炎持ちなのでいつも鼻をジュルジュルさせているのですが、昨日から鼻水の量が酷いなとティッシュを鼻に詰め込んで対応。
それでもティッシュを突き破り鼻水が垂れてくるので何やねんもう!と思っていたが、普通に風邪ですね。
雨が降って冷えたから…。


東京ジャンプS
◎ケイティクレバー
平地時代には皐月賞にも出走した経験のある馬だったが、重賞では二桁着順ばかりで頭打ちになり障害に転入。しかし、緒戦を快勝すると5着を挟んでOP2連勝と思わぬ才能を発揮してきた。
平地での脚が自慢のタイプだろうからスピードコースの東京は得意だろうし、第一障害で絡まれにくい外枠から番手に付ければここでも勝ち負け。
○ハルキストン
昨年のこのレースでは落馬競争中止となり、その後に休養を余儀なくされた鬼門のレース。それでも立て直されて春先には今回人気のスプリングボックスに勝つなど巻き返しの兆しは見えてきた。
オジュウチョウサンには敵わなかったが平地を叩いて気合いを入れてきただろうし、ソロソロ重賞でも馬券圏内に飛び込みたい。
▲マンノグランプリ
スマートファルコン産駒と言うことで長らくダートを使われてきたが、障害に転入すると3走目で勝ち上がる素質の高さを見せた。500キロを超える馬体なのでダートのほうが良さそうなイメージだが、意外と軽快な面もあるのか。
前走や平地も含めて左回りは掲示板を外していない隠れサウスポーだし、いきなりの重賞でも侮れないのでは。
△ヤマニンシルフ
ダイワメジャー産駒ながらダート2500での勝ち鞍がある変わり種で、障害でも勝ち上がってからは重賞以外なら5着以内と言う堅実型。芝1200とかを使ってみるみたいなことがなかった辺り、母父エリシオが強く出ているのだろうか。
前走は落馬競争中止明けで8ヶ月ぶりだったが問題なく走り久々の勝利。勝ち癖が付くと連チャンが怖い血統だけに人気がないのも合わせて警戒したい。


帝王賞までの成績【4/68 +84,980円】トリガミ1


ついでに蓄膿症>胴長熊猫

今日のボックス(帝王賞編)

暇をもて余した凡人の遊び


会社がコロナの影響で来月まで隔週出勤になり、今週は図らずも休み。
ただ、自粛は続いているので出掛けるわけにもいかないし、各種アミューズメントも閉鎖ばかりなので仕方ないから地方競馬を楽しむしかない。
仕方ないよね。


帝王賞
◎チュウワウィザード
ここまで3着を外したのは昨年のチャンピオンズCだけで、それでも僅差の4着と抜群の安定感。距離も馬場も気にせず走れている辺りも充実している証拠だろう。
ドバイ遠征が中止になった関係で5ヶ月ぶりの実戦になるが、JBCクラシックも4ヶ月ぶりで制しているしフレッシュなほうが頭を期待できるのでは。
○オメガパフューム
こちらも同じくドバイがなくなった関係でローテ変更を迫られたが、1600路線には見向きもせずここを目標に平安Sを快勝。スウェプトオーヴァーボード産駒なのに大敗は1800以下ばかりなのはかなり意外。
ジャパンダートダービー以外は勝っている相性の良い舞台だし人気になるのも仕方ないが、1番人気で出走するのは初めてだけに追われる側になって同じように走れるか。
▲ワイドファラオ
かしわ記念は7頭立てと言う寂しいメンバー構成にスローペースが重なり、まんまの逃げ切り。とても誉められた内容ではなかったが、イングランディーレやクィーンスプマンテみたいな事例は度々あるので警戒は必要だと言うことか。
今回もヒカリオーソがどこまで絡んでくるかだが、アッサリ隊列が決まるようならスロー必至だけに連チャンには注意。
△ケイティブレイブ
長岡騎手が乗り続けると人気が上がらなくて良いかも。大井では昨年の東京大賞典以外は3着以内をキープしている舞台なんだけどなぁ。
それに加えてナイター競馬でも3着だったのは日本テレビ盃だけと言う苦手な西日を受けない条件でもあるし、番手からスルスル抜け出す競馬で穴を演出してほしい。


エプソムCまでの成績【4/67 +87,380円】トリガミ1


減る給料を補填しなきゃね>胴長熊猫

今日のボックス(ユニコーンS&函館スプリントS編)

祝・プロ野球開幕


紆余曲折ありましたが何とか開幕してくれて良かった良かった。これで多少はつまんねぇ再放送だらけのテレビを見る気分になれる。
ただ、開幕2戦とも見ていない間にカープが逆転していたので、今年もカープ戦以外を見るシーズンなのは変わらなそう。


ユニコーンS
◎レッチェバロック
外国産馬は購買後に検疫をしてから輸入されるので、精神的に幼い1~2歳馬は大きく体調を崩してデビューできなかったりする。この馬もデビューは2月と遅れたが、2連勝で2圧勝と鬱憤を晴らすかのような走りを見せてくれた。
今回は1ハロン延長に重賞と乗り越えるハードルは高くなったが、ポンとハナを切れたらスイスイ走られそうな末恐ろしさもあり。
○フルフラット
スパイツタウン×メダグリアドーロで芝デビューって何やねん、みたいなツッコミを入れたら初ダートをBCジュベナイルにする訳のわからなさ。更にサウジアラビアに遠征して勝つわけだから何を目指しているのだ森調教師。
海外帰りでJRAのOPレベルだと未知数と言う取捨選択の難しい馬だが、これで人気が一枚落ちなら狙ってみる価値はある。
▲メイショウベンガル
芝で頭打ちになった馬がダートに替わって出世するのはありがちな話だが、この馬も父クロフネに芝ばっかり使われたが結局ダートでしか勝ち鞍がなかったキンショーオトヒメの配合らしく初ダートで一変した。やっぱり適性って大事。
更にメンバー強化されて同じような競馬ができるのかが課題になりますが、芝スタートからダートになるコースならダッシュを効かせやすいだろうから先行して粘る展開に持ち込みたい。
△アポロアベリア
こちらも芝デビューからダートに替わって勝ち上がったタイプだが、母系がグランドオペラ×ブレイヴェストローマンらしくハイペースの乱戦でこそと言う馬。540キロの馬体重からも斬れないがバテない重戦車のイメージそのままみたいな競馬をする。
あとは東京ダ1600の軽快なスピードに付いていけるかだが、レッチェバロックを追い掛ける展開で上がりが掛かれば最後まで伸びる脚はあるはず。


函館スプリントS
◎フィアーノロマーノ
この馬も早く1200路線に出てくれないかな~と思っていて、ダンチヒ×ストームバードらしく仕上がり関係なく休み明けから走るのも魅力。1600の時も上がりが速くなると厳しい面があったので、洋芝も合うのでは。
あとはテンの入りで置いていかれるとさすがに辛いので、ダービー卿CTみたいな番手に付ける競馬ができれば。
○エイティーンガール
1600万を追い込みで勝ち上がりOP入りすると、シルクロードSでも後方一気の末脚で2着に好走。ただ、人気の前走は体勢が決した頃にようやく突っ込んできただけに今後も頭勝負ではハラハラする馬になりそうだ。
ヨハネスブルグ産駒だけに平坦小回りの前崩れでこその馬だろうから、周りが内枠と逃げに拘る中をうまく外に出して追い込みたい。
▲ジョーマンデリン
ここまで4勝中3勝が函館と言う函館巧者で、さすがにみんなわかっていると言わんばかりの単勝オッズ。
他での好走も新馬戦の稍重と雨の大阪―ハンブルグCだから傾向がわかりやすくて良い。
あとは北海道が好天続きで時計が速くなりそうなので付いていけるかだが、前走くらい走れたら勝ち負けに持ち込めるはず。
△ライトオンキュー
昨年はまさかの飼い葉事件に巻き込まれて除外となったが、京阪杯で嬉しい初重賞制覇を果たした。ダーレーも短距離戦線で社台系列を崩していくコツを掴んだかもしれない。
今回は久々に加えて勝ち鞍のない洋芝なので割り引いたが、一本調子で上がりの掛かる展開は得意なので真ん中の枠から包まれないように走れたら。


エプソムCまでの成績【4/65 +92,180円】トリガミ1


見てるとダメなんだ>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク