FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

02/19のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ダンツブライト2着までかああああ!あ、3着が日刊競馬POGの指名馬ウマカモンだ。無理してでも記念ワイド買えばよかった。
02-19 17:29

本日は佐賀で九州産限定重賞・たんぽぽ賞。既に当地で勝ち星を挙げている2頭が人気を分け合う形ですが、本命は我がPOGりん指名馬◎ダンツブライト。ダート適性は前走だけだと未知数な部分は大きいが、曲がりなりにも中央1勝馬。能力で押し切ってくれないものか。
02-19 12:33

スポンサーサイト

今日のボックス(フェブラリーS&小倉大賞典編)

いよいよ中央GIも開幕


昨夜はGIに備えて早く寝ようとしたものの、何度か途中で予想を捻りたくなり起き出したり結局5時には目が冴えちゃってそのままウインズに来たり。
やっぱり好きなんすね~。


フェブラリーS
◎コパノキッキング
武豊と藤田菜七子のどちらに騙されたいか?と聞かれたら、そりゃ女に騙されたいに決まってる。子猫ちゃんに引っ掻かれても痛くないってやつだ。
根岸Sのインタビューでマーフィーから1600は厳しいと裁定が下されたが、父スプリングアットラストはクロフネと同じデピュティミニスター系だし1600までなら何とか守備範囲ではなかろうか。
○オメガパフューム
東京大賞典でゴールドドリームにキッチリ土を付けたのに4番人気。どこまで行ってもスウェプトオーヴァーボードの地味さは拭えないのか。
2000を克服しているので距離は問題なさそうだが、肝心の東京ダート1600ではグリムに先着を許しているので適性面で少し劣るかもしれない。
▲サンライズソア
根岸Sではノヴァのほうにすっかり騙された方も多かっただろうが、これも信じていいものか思案投げ首。このオーナーの馬は重賞になるといつも無印にしにくいイメージがある。
東京ダート1600は青竜S勝ちを含めて4着以下がない得意舞台。加えて先行馬も少ないメンバー構成なのでインティをピッタリとマークする形で叩き合いに持ち込めたら。
△クインズサターン
近走は短距離での好走が続いていますが、本来は東京ダート1600が大好物の追い込み馬。持ち時計がメンバー中4位だが、それも1600万条件戦でのものだから時計勝負にも対応できるだろう。
脚質的に1枠なのがどうにもネックだが、同厩舎2頭出しのときは人気のないほうを買うと言うセオリーで。


小倉大賞典
◎レトロロック
ディープインパクト産駒には珍しい小倉巧者で、2000で1度大敗があるが1800では100%連対と言う抜けた成績。シンボリクリスエス×シンコウラヴリイの肌馬にディープインパクトでどうしてこうなった?
3ヶ月ぶりになるが陣営ももうここを狙い撃ちしたかのようなローテだし、次は小倉記念で買うかどうかを悩めばいいか。
○エアアンセム
こちらも小倉は初めてになるが小回りコースなら安定して走れるシンボリクリスエス産駒で、普段は4、5番手から競馬をするのに中山だと何故か後手を踏む馬。オールカマーも中山金杯も弥生賞も後方からになって負けている。
今回はどんなスタートを切ろうが逃げ馬満載のメンバーなので中団からの競馬には違いないだろうから、インをスルスル上がってバテた逃げ馬をうまく捌ければ。
▲マルターズアポジー
一昨年のこのレースの勝ち馬だが、最近は逃げても簡単に沈む内容が増えてきて人気もそれを反映したかのようなオッズになっている。それでも小倉芝では1戦1勝だからか今回はさほど落ち込んでいない感じではあるが。
気になるのはわざわざ57.5キロを背負って小倉最終週のハンデ重賞に出てきたところ。1週待てば開幕週の中山記念があるのに日帰りしてまで遠征してくるなら勝負気配なのでは?
△ナイトオブナイツ
芝1200でデビューした馬だったが、徐々に距離を延ばされて1800で連勝を飾るなどした馬。ハービンジャー×サンデーサイレンスで祖母は芝2000で重賞勝ちもしたシャイニンレーサーなら本質は中距離馬だろう。
重賞・OPと4着に入って確実に実力を付けてきているし、そろそろ馬券圏内まで飛び込んできてもおかしくない。


ダイヤモンドSまでの成績【1/19 ―40020円】トリガミ1


依存症>胴長熊猫

今日のボックス(ダイヤモンドS&京都牝馬S編)

春眠、暁を覚えず


暦の上では春なので眠たくなるのも仕方ないんじゃないかな!
二度寝で寝過ごしてもやむを得ないよね!


ダイヤモンドS
◎ユーキャンスマイル
菊花賞3着の実績を買われて断然人気に推された前走は勝ち馬にまんまと逃げ切られる展開で2着。1000m通過は61秒でも2000mが68秒まで落とされては差しきるのは厳しかったか。
長距離戦らしく今回も頭数が揃わずスローペースは必至だが、逃げ馬は揃った印象だし本格化の兆しが見えてきたところで重賞初勝利を飾りたい。
○ルミナスウォリアー
メイショウサムソン産駒として数少ない重賞勝ちを果たした函館記念でいよいよ本領発揮かと思われた矢先に1年もの長期休養。安定して上位に食い込み続けていたところだったし痛い休みになった。
休み明けはいかにもと言う走りだったが、前走では体も絞れて5着と健闘し健在をアピール。メイショウサムソン産駒だけに上がり勝負は分が悪いだろうから早めに前を潰しにいく競馬で脚を使わせたい。
▲カフェブリッツ
デビュー当初は脚元を考慮されたのかダートからの出走になったが、昨年末に芝へ転戦してきて1600万1着→OP4着。逆瀬川特別ではスロー先行から坂をものともせず抜け出す辺り、かなり力を付けた感じを受けた。
ダートながら東京2400にも勝ち鞍があるマンハッタンカフェ産駒らしい長距離砲だし、いきなり重賞でも侮れない勢いがある。
△ソールインパクト
昨年のこのレースで3着に入り、アルゼンチン共和国杯2着と合わせて東京重賞では見れる成績になってきたところで何を思ったかオーストラリア遠征。コーフィールドC14着はGIだし仕方ないにしても、ホッサムHとか言う名も無きGⅢシンガリ負けは擁護もできない。
やはり餅は餅屋ではないがそれぞれの得意分野でしっかり成績を残してから別のカテゴリーに手を伸ばすべきでしょう。


京都牝馬S
◎ワントゥワン
昨年は芝1600重賞で牡馬に交じり2着を重ねてGIを狙える位置まで来たかと思ったがお預け。ヴィクトリアマイル辺りが春の目標になるだろうが、追い込み馬に不利な舞台なだけに何か新しい武器を身に付けたいところ。
前走は行った行ったの展開を追い込み7着。こういう展開になっても対応できるかどうかが課題だが、今回の京都最終週なら差しが届きやすい馬場になっているはず。
○ベルーガ
父キンシャサノキセキ自身は遅咲きだったが流石にフジキセキ系らしく仕上がりの速さでデビューから2連勝でファンタジーSを制覇。阪神JFも属望されたが無念の長期休養となってしまった。
休み明けからはまだ勝ち鞍こそないが終いの脚は着実に戻ってきているし、重賞勝ちのある京都芝1400で反撃の狼煙を上げたい。
▲カイザーバル
秋華賞3着など京都に良績があるイメージの馬だが、やたら阪神で使われることの多い馬。実際、京都芝で馬券に絡めなかったのは3歳春のこぶし賞だけで、あとはすべて3着以内。
更に京都芝1400に限れば1000万→1600万と連勝した舞台でもあるし、前走だけで見限れるほどの成績ではないはず。
△アルーシャ
ここまでの成績が示す通り、3歳までは善戦までだった馬がここへ来て3連勝。ただ、クイーンC3着も先行馬には厳しい流れを踏ん張ってのものだったし素質は既に重賞レベルだったのだろう。
無理して使わない藤沢和厩舎らしいゆるゆるローテで来ているが、GIを目指すなら賞金加算は必須なので久々で重賞ではあるが連対以上が欲しいところ。


クイーンCまでの成績【1/17 ―35220円】トリガミ1


遅刻寸前>胴長熊猫

02/14のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

会社の女の子からバレンタイン的なお菓子をいただいたので「カロリーで3倍返しするわ!」と言ったら『あ、それカロリーオフです』
02-14 21:14

02/13のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ウイニングポストで初めてシュンライイベントが発動。喜び勇んで自己所有して入厩。距離:クラシック←うん成長:遅め←まぁ…適性:ダート←おぉ、もう…ナリタタイシン×キャロルハウス×モガミと繋いで何でダートなん…?
02-13 19:05

本日は浦和で桜花賞トライアル・ユングフラウ賞。新興勢力か2歳の実績馬か迷うところですが◎ラブミーピンク。追い込み馬なので外枠に入った前走はノーカウント。前に壁を作れる展開なら東京2歳優駿牝馬のような末脚を炸裂させられるはず。
02-13 12:41

02/11のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は佐賀で交流重賞・佐賀記念。ここでも4歳世代が奮う猛威を移籍したグレイトパールが止められるかだが◎アスカノロマン。年を取って追い込み一辺倒の脚質に拍車が掛かっていますが、佐賀の馬場が差しも届いている状況なのでスーパージェットがハナを叩く速い展開になれば。
02-11 12:30

今日のボックス(クイーンC編)

四国も雪


東京でも積もるとか凄いなとか思ってたら、普通に朝ベランダから外を見たら雪でやんの。
と言っても通行に支障を来すほどではないので競馬はできるね(暗黒微笑)。


クイーンC
◎カレンブーケドール
新馬戦では昨日の共同通信杯を快勝したダノンキングリーに敗れはしたが、上がりは驚異の33秒0で最速を計時した。そのダノンキングリーは共同通信杯でも32秒9で上がっており、馬場状態はかなりの高速馬場なのは間違いなさそう。
GI上位馬が実績から人気になっているが、少頭数でスローになればバゴやクロフネよりはディープインパクト産駒に分がありそう。
○クロノジェネシス
この馬もアイビーSを32秒5と言う鬼脚で差しきっており、阪神JFでも長くいい脚を使えるところを見せた。バゴ産駒でデビュー前から話題にはなっていたが、ここまで速い時計に対応できるとは。
能力は上位だが賞金はオークスまで大丈夫なのと中間も大事を取るような調整なので、無理に仕上げてきてないだろうから評価は一枚落ち。
▲ジョディー
武藤が乗れば1着、それ以外だと4着以下と言うわかりやすく成績が変わる馬。外人が乗ったときだけ走る馬は時々見掛けるが、その反対は珍しい。
逃げて上がりも纏められるタイプで新馬戦でもウインゼノビアから逃げ切ったようにOPクラスで通用するレベルにはあるだろうから、あとは後ろが牽制しあってくれれば。
△レッドベルディエス
正直、POGりん馬でなければ無印。ブロンデルじゃねぇ…。
それ以外にも2戦して時計も上がりも同じような脚しか使えていないので、現状はここが一杯かなと思ったり。


共同通信杯までの成績【1/16 ―32820円】トリガミ1


ニヤニヤ>胴長熊猫

02/10のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

今年のJRA初的中。配当もさることながら、6がモズソノママだったので恥ずかしくて「そのまま!」と言えない展開。 https://t.co/W22sWIIAio
02-10 10:40

今日のボックス(共同通信杯&京都記念編)

時間繰り下げ


東京競馬場の雪は一段落したみたいで開催は何とかなりそう。ダート変更とかにならなくて何よりです。
しかし、ウイポにおいてエルコンドルパサーは馬場適性万能なのにタイキシャトルは芝なんだろうか。
ユニコーンS勝つのになぁ。


共同通信杯
◎アドマイヤマーズ
7頭立てじゃねぇ…。
2歳王者が出てきたのとOP馬の騎手と馬主がかち合い過ぎるので潰し合いを避けた結果だろうが、廃止寸前の福山競馬じゃないんだから…。
○クラージュゲリエ
小回りの札幌で負けて京都に替わって快勝。血統の字面通りに末脚が活きるコースほど有利な母父タニノギムレットを彷彿とさせる馬。
芝がどこまで回復したとしてもキングカメハメハ産駒ならダート変更されるくらいが丁度良いだろうし、ここも勝ち負け。
▲ダノンキングリー
デビュー戦は17番枠から先行して押し切る内容で、2~4着馬が勝ち上がっているように展開に恵まれたものではなかった。続くひいらぎ賞も完勝しており中山でも走れることを確認できたのは収穫だろう。
上2頭と違ってまだ賞金が危ういだけにトライアルを使わず本番へ向かいたいだろうし、ここで加算するために仕上げてきている可能性は高そう。


京都記念
◎ダンビュライト
なんだこのメンバーはぁ!?1600万条件かな?
天皇賞・秋でやらかして以降どうにも買いにくい1頭になってしまたが、単純に遠征を避けて観衆が少なそうな状況になれば走れるわけで。
今回はまさに天気の寒さとレースの寒さが重なって好走条件が揃ったし、能力は発揮してくれるのでは。
○ノーブルマーズ
昨年までは逃げて穴を出す大穴タイプ馬だったが、宝塚記念で差しでも3着に飛び込んだのを契機に脚質にも幅が広がった。勝ち切れないのは相変わらずだが重賞でも無視しにくい存在になりそう。
今回はどちらの作戦で行くかが焦点になりますが、京都コースは3歳シンザン記念以外で掲示板を外していない得意コースだし安定して走れる舞台ならどちらからでも大丈夫か。
▲タイムフライヤー
ホープフルSのラッキーパンチがクラシックでも使わざるを得ずにズルズルと下降線を辿っていましたが、前走でようやくマクリ脚から直線まで雪崩れ込んできて復調の気配。菊花賞でも上がりは使えていたし目黒記念がハンデ次第で目標になりそう。
ハーツクライ牡馬の右回りGI初勝利を飾った馬だけに京都でも何とかなりそうな、やっぱりハーツクライらしさで2着までのような…。
△パフォーマプロミス
有馬記念でも期待していたが調教がイマイチだったのに加えて大幅馬体重増で「こりゃダメだ」と思った通り14着の大敗。体質に気を使いながら走ってきた馬だけに、絞りにくい時期に追えないのは辛いものがあった。
今回も仕上がりがカギを握りますが休み明けは滅法強いタイプで気にならないし、大敗後でも平気で巻き返してくるステイゴールド産駒だけに注意は必要。


東京新聞杯までの成績【0/14 ―31990円】トリガミ1


成長遅いも謎>胴長熊猫

02/09のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

東京競馬が中止になるくらい雪って凄いな、都心の交通網マヒしてそう。さ、心置きなく二度寝すっぺ。
02-09 07:21

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク