パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

大台突破

ありがとう10000HIT


牛の歩みで6年。細々と続けてきたこのブログもこれだけの閲覧者が。
というか、今年の初めには9200くらいだったわけだからここ半年の間に急激な増加を見せているのは、やっぱり競馬予想の部分で明確に成績を載せかつプラス収支を計上しているからだろうなぁ。
まぁ、まだまだブログタイトルに騙された感じの女性来訪者が後を絶たないのですが、騙されたと思って読んでいってください。


1万HIT企画、何も考えてないな>胴長熊猫
スポンサーサイト

追悼

俊哉さん逝去


ますざぶ投稿者の方々ならご存じであろう俊哉さんが先月に亡くなられたというお知らせが小田切ロロさんから届きました。
実は7月のえふりんさん、せつなさんドッキリ企画の時に俊哉さんの病状をせつなさんより聞いていたのでサイトの更新が止まっていた時点で嫌な予感はしていました。実際の面識はありませんでしたが、一度は会ってみたかったことも含めて残念です。
とはいえ、明日は我が身。自分も体調が絶賛右肩下がり中で精密検査をまた受けに行くか検討中。何かなる前に少しでも多くのかたにお会いしたいと思う次第。お金があれば。


黙祷>胴長熊猫

一つのカタチ

日々の先にあるもの


役職つき以上の社員を対象にした研修があり、その中で「坂本龍馬記念館」にも立ち寄り記念撮影をしておりました。同所の外壁には我が社の商品が使われており、それはまごうことなき自分が塗装した特注商品なのです。
普段、工場の中のみで働いている従業員からすれば自分の手を離れた完成品が現場で使われているのを目にするのは稀で、なおかつそれが特注ならなおさら特定の場所へ行かなければ見られないこともあり、何だか教え子が頑張っているところを見る教師のような気分で写真を眺めていました。


現地で「汚ぇ」とかツッコまないで>胴長熊猫

身分なんて

あぁ、SMAP


まったく同じことを大学生がやっていれば説教だけですむのに、芸能人がやると仕事を取られるわけで。
この事件で思い出したのがその昔、読んだ漫画(何かは忘れた)で、偉い身分の人間がいきなり靴を脱いで靴下のまま土の地面を歩きだし、その場にスーツで寝転んでしまった。
そこに居合わせた部下が「どうしたんですか!?そのようなところに寝転んで!」と抱き起こそうとする。
そしてその人が言う『もし、私が浮浪者だったら君はこの行動に疑問を持ったかな?』と。
質問に対して答えあぐねる部下に向かって続けるに
地位や名誉があれば幾人もの人間を好きなように命令して動かせる、財産で好きなものを手に入れられる。一見、何でもできるようで実は地べたに寝転んで休むことすら許されない。
誰もが自分の地位を羨むが、本当は何をするにも許可のいて、分刻みのスケジュールによって君たちに動かされる何もできない人間だ、と。
これを読んだ時にはそういう考え方はなかったなぁと気付かされた小学生の自分。


でも、「裸で何が悪い」はまずいよな、人として>胴長熊猫

法則

珍しく工場にお偉いさんが


お偉いさんの法則
1:何故か超デブか痩せ型酒太り
2:日本武術の有段者
3:自分でネタを言って自分で突っ込んで大うけ


やっぱ日本武術をやってると忍耐力がつくからかなぁ>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク