パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今年のボックス

振り返りたくない


えー…
成績にありますように本年は144レース中4レースのみの的中。しかも最後の的中は8月の小倉記念ですから後半戦は全滅だったわけで。
それに伴い我が財政も大概な火の車で、自分の誕生日プレゼントすらためらう状態だったのですが最後の半月だけでトントンに戻す快進撃。
それこそ東京大賞典はサミットストーンが来てくれるくらい穴馬をビシッと指名できたわけで、後は人気だからというだけで根拠なく1・2番人気馬を切る癖を直したいと思う2014年末。


2014年の成績【4/144 ‐251760円】返還5400円


恥>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(東京大賞典編)


ラストぉ!


盛大にJRAの最終週をハズしていっそ清々しい気分。金の鞍賞も5が抜けてダメ。
そして何が悔しいって我がオカンが有馬記念3連複を当てたこと。
新聞の◎が付いてるのと付いてないのを組み合わせただけで取れたという簡単なお仕事。


東京大賞典
◎ホッコータルマエ
JBCクラシック4着を見たときはドバイのダメージを引き摺っているように感じたが、チャンピオンズCではキッチリ立て直して押し切る強い内容。GIを叩いてGIを獲るのは芝もダートも同じか。
コパノリッキーが2000にやや不安を感じてスローで行きたがればガンガン攻めて潰しに行くだけの勢いが戻ってきたし、ここも勝ち負けを期待。
○ワンダーアキュート
前走は久々の中央ダートGIということもあり、テンに置いていかれ加減で後方から。最後もよく詰めてきたが、さすがにあの流れでは差し馬には厳しい。
それに比べれば同じGIでも流れが落ち着く地方交流は楽な舞台だし、もともと善戦マンだったわけだから相手なりに連軸視。
▲ローマンレジェンド
長らくのスランプから脱出していきなりのGIだったので、やや懐疑的な部分があった前走だが見せ場タップリの3着。一瞬、マクリ切るかと思わせるような脚の速さだった。
エンジンは大きいが掛かるまでに時間が掛かる難点は残っているが、大外枠なら包まれる心配はないので向正面大マクリで場内を沸かせてほしい。
△サミットストーン
浦和記念は中央馬相手に勝てたとはいえメンバーの質はG3以下のレベル。むしろ評価したいのは白山大賞典で、負けたエーシンモアオバーがニホンピロアワーズに競り勝ったのを物差しにすれば3着争いに加われるのではないか?
地方代表はハッピースプリントの雰囲気だが、ここまで3歳ダート馬が体たらくならいっそのことこの馬に託したほうが面白そう。


有馬記念までの成績 4/143 ‐249360円】返還5400円


貧しさに負けた、いいえ欲望に負けた>胴長熊猫

今日のボックス(有馬記念スペシャル編)

あなたと私の夢


2014の競馬予想も残すところあと3レース。
オッズ期待値的に赤字を引っ繰り返すのは絶望的(ダイワマッジョーレを押さえておけば…!)ですが、少しでも見栄えを良くするためにトリガミ必至の東京大賞典よりはここに全てを託したい。


有馬記念
1枠1番トーセンラー
あれだけ京都に拘っていたくせに引退レースには中山を使うんだな。
ただ、このところで崩れたのが不良馬場の安田記念だけだし、実はセントライト記念2着の中山実績があるのでヒモに買ってみたい気はする。


1枠2番ヴィルシーナ
ヴィクトリアMと宝塚記念では低評価を覆して逃げ粘り穴を開けたが、エリザベス女王杯は同じようには行かず。逃げられないと厳しくなるディープインパクト産駒っぽくない馬。
今回は逃げ宣言も飛び出したが、中山初出走・2400以上未勝利と乗り越える壁は厚そう。


2枠3番ワンアンドオンリー
今年のダービー馬だが秋は神戸新聞杯を勝っただけでGIはいずれも1秒以上負け。JCは仕方ないが同世代相手の菊花賞での大敗はいただけない。
過去の有馬記念を勝った3歳牡馬はたいてい菊花賞を勝ってここに来ているだけにちょっと割引き。


2枠4番ジェンティルドンナ
ドバイSCでは見事な競馬を見せてくれたが帰国してからはイマイチの結果。騎手を固定できないのも安定感を欠いた一因かも。
ドラフト1巡目で1番理想の枠を引いたのはあるが、こちらも中山初出走で未知数なのは否めない。


3枠5番ラキシス
母父ストームキャットだが2000以上を得意にしているディープインパクト産駒。前走では昨年2着の借りを返す走りでGI初制覇を成し遂げた。
今年はオールカマーが新潟開催だったのが悔やまれるところで、あれが中山なら押さえたかっ…まぁ中山なら府中牝馬Sか京都大賞典に出てたか。


3枠6番トゥザワールド
今年の3月までは確実にこの馬にも天下を獲る可能性を見出だしていた人もいただろうが、やっぱりキングカメハメハ産駒は距離が延びるほどに成績は落ちていく。
むしろよく出てきたと誉め讃えたい、俺なら間違いなく京都金杯に出してる。


4枠7番△ラストインパクト
どういう力が働いたら川田の乗り替わりに菱田が指名されるんだろう?いや、だからと言って松田大作とか乗せられてもそれはそれで面白いが。
一昨年から注意の金鯱賞勝ち馬で、今年の日経賞3着もあるのでディープインパクト中山ダメ説を覆しそうなのは彼かも。


4枠8番メイショウマンボ
去年の3歳女王も今年はまだ未勝利。この秋は差しても先行しても見せ場にもならない有様でスランプ具合は相当。
武幸も何とかしたいという気持ちは伝わってくるが、いかんせん動けるのか微妙なところでまずは直線で名前を呼ばれたい。


5枠9番ウインバリアシオン
ドラフトの時みんな正装の中、1人だけウインの勝負服を着て浮きまくってた藤岡康に笑ってしまった。アホだろ、お前(誉め言葉)。
昨年の2着馬で昨年と同じローテだが今年は金鯱賞15着。いくら得意の舞台とはいえ故障明け2戦目で変われるのか不安。


5枠10番▲フェノーメノ
天皇賞・春が初GIになった馬はそれが最初で最後と自分的格言を言っていたがアッサリ連覇。餅は餅屋って言葉もあるね。
秋はGI2戦とも惨敗だが、もともとステイゴールド産駒に安定感を求めていないしむしろ惨敗くらいのほうが買いやすい。


6枠11番サトノノブレス
今年は1つ勝って2つ負けてを繰り返していて、前走で好走したから順番で行けば今回は来ない番。狙いは日経新春杯の次(笑)。
持ってる力は素晴らしいのだが、オールカマーみたいな不可解なポカがあるのが信用に値しないところ。


6枠12番デニムアンドルビー
昨年のJC2着が完全にこの馬の人生をねじ曲げたと言うか、むごい。普通なら愛知杯を使って来年の京都牝馬を目標にしてるよ。
それだけ調教師が実力を買ってるんだろうけど、まず同世代の牝馬相手に競馬になるかもう一度試したほうが身のため。


7枠13番◎エピファネイア
JCで無印にしながらヤケクソで3連単頭固定の馬券を買ったら取ってしまい(過去ログ参照)もうコイツのキャラが僕には見えない。
火が点くと止められないロベルト系だし、菊花賞を勝っていて距離も問題なし、皐月賞2着で中山実績もある、あー…来ないような気がしてきた…。


7枠14番○ゴールドシップ
凱旋門賞では世界のノリポツンを見せ付けるコントで日本のファンを沸かせたが、日本の恥なので来年からはムーアにでも頼むべきだと外人騎手嫌いの僕でも思った。井の中の蛙。
この枠だと腹を括って後方マクリに徹するだろうし、スローでもハイペースでもやることが変わらないのは大一番ではそれが1番大事。


8枠15番ジャスタウェイ
あー…真ん中くらいなら○くらい打ちたかったけど、ここで福永が乗りこなす絵が見えない。ひょっとしたら岩田のケツに付いていく姑息なマクリが最良か?
中山記念を勝っているが、あれは横山典お得意の開幕週逃げ戦法だし有馬記念でやっちゃったらスタンド前で引っ掛かること請け合い。ドバイの勝ちっぷりをもう一回見せてほしいが。


8枠16番オーシャンブルー
母のプアプーって何やねんとずっと思っていたが、どうやら音楽用語。
フランス語pue a pueで、イタリア語poco a pocoと同じ【ゆっくりと】なんだって。92へぇ。
ドイツ馬でもフランス語を馬名に使うんだなぁ。


阪神Cまでの成績 4/141 ‐244560円】返還5400円


データは覆すもの>胴長熊猫

今日のボックス(阪神C&明日のホープフルS編)

クリスマスプレゼント


黒田カープ復帰!?
もう単なるポーズだけの風物詩だと諦めていたが、まさか20億を蹴ってまで4億のカープを選ぶとは…。税金とか大丈夫なんだろうか?
とりあえずマエケンがカープにいる間に戻ってきてくれた…と言うか、マエケンが残留を決めたから優勝の目があると見て戻ってきてくれたような気がする。


阪神C
◎コパノリチャード
高松宮記念を勝ったことで下手な競馬ができなくなりGIにこだわるレース選択で不可解な大敗を喫したが、スプリンターズSはコンマ4秒差。前走は初めての地方ダートでやむを得ない感はあった。
過去にも3秒近い大敗からスワンSを制しているし、少しでも楽な条件に変わればガラリ一変も。
○ホエールキャプチャ
エリザベス女王杯は惨敗だったが、そもそもクロフネ産駒で1度も2200以上に馬券圏内実績がないわけだから使うほうが悪いわけで。本来はこの距離が仕事場のはず。
G2とは思えないメンバーで簡単ではなさそうだが、桜花賞2着などの阪神実績もあるし捌ければ。
▲クラレント
重賞を連勝した勢いで挑んだマイルCSは大敗。これといった見せ場すら作ることができず、やっぱりこの兄弟にGIは無理なのだろうか。
このレースは2回走って5・3着だが、逃げ馬が揃ってペースが速くなりそうな今回なら頭まで。
△リアルインパクト
半年ぶりだった前走は大幅馬体重増でいかにも休み明けという風体。それでも格好はつける形にするのは腐ってもGI馬。
一叩きされてどこまで変わったかだが、昨年の勝ち馬だしコース相性の良さを活かして今年も激走があれば。


ホープフルS
◎ソールインパクト
未勝利を勝ち上がったばかりの前走はいきなりの重賞ながら3着。新馬戦でミュゼスルタンと接戦だったわけだから地力の高さはやはり備わってる。
母系はダンチヒ×ダマスカスで、どちらかというとダマスカスの粘りが強めに出ている感じなので案外、中山のほうが競馬がしやすいかも。
○ティルナノーグ
京都2歳Sでは断然人気に推されながらブービー。呆気に取られたというか何があったのかと聞きたくなるような敗戦だった。
新馬戦よりも4秒も遅い決着だったし、馬がやる気を削がれていただけならノーカウントでも良さそうだからもう一回だけ騙されてみる。
▲タイセイアプローズ
黄菊賞はシンガリ負けに沈んだが、新馬戦とは真逆の先行を取ってマクリ組にペースを乱されるようでは騎手の責任。浜中にスイッチしたがやむを得ないところだろう。
今回はそれを考えて差しに回るだろうが、外枠の中山2000で悠長に構えていられないだろうから注文を付けた位置に持っていきたい。
△マサハヤドリーム
新馬戦では鮮やかに1番人気馬を差し切ったが、前走は後方まま5着。メイショウサムソン産駒で最後方待機はガラじゃない。
地味な血統から人気はないが中山2000にオペラハウスの血はドンと来いだろうし、人気に応えるようなタイプでもなさそうだから思い切って。


朝日杯FSまでの成績 4/140 ‐242160円】返還5400円


ハァハァ>胴長熊猫

今日のボックス(朝日杯FS編)

間違えるよなぁ


ウインズに入ったら看板にデカデカと「朝日杯FSは【阪神】11R」です!と。
そこかしこでマークシート塗り間違えた人を散見してやっぱ習慣はなかなか拭えないもんだ。
つい中山11Rを開いちゃうよね。


朝日杯FS
◎ナヴィオン
新馬戦ではショウナンアデラをブッコ抜く鬼脚を見せ付けたが、その後の新潟2歳S→ききょうS→デイリー杯2歳Sを見るかぎり、意外と時計の掛かる馬場のほうが合うのかも。
牝馬限定GIに強い福永だが、舞台が阪神に替わったなら牡馬でもやれるのでは。
○ペプチドウォヘッド
デビューからダート1800で2連勝して、てっきり全日本2歳優駿に出るのかと思ったらこちらに。去年もアジアエクスプレスが勝ったし、まだまだ格差を感じる限り。
キングカメハメハ×バブルガムフェローでややダート色は強いが、昨日の雨が残る馬場ならワンチャンスあるかも。
▲ダノンプラチナ
やっぱりみんなディープインパクト産駒には逆らえないのか。中山大障害まで持っていかれたらぐうの音も出ない。
阪神1600の成績は全体でも2~3歳限定戦でも安定して上位だし、無理に切らないほうが無難か。
△コスモナインボール
走っても走っても人気にならないハイアーゲーム産駒だが、ロジチャリスやテンダリーヴォイスといった評判馬を次々と撃破していてさすがにサンデー系種牡馬は侮れない。
母系もストームバード×ミスワキで早い時期に完成する血統だし、甘く見ていると足下を掬われるかも。


中山大障害までの成績 4/139 ‐239760円】返還5400円


いつ定着するかね>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク