パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(フローラS&マイラーズC編)

武田寿司


2chの野球関係でよく見られるクローザーが登板すると立てられるスレだが、最近あったタージ・マハルVSパットン戦車団が秀逸すぎて笑う。
贔屓のファンはハラハラしながら見てるんだろうけど、他所から見ていたら両方を応援したくなるから不思議。文才のなせる業だろうか。


フローラS
◎アドマイヤローザ
新馬戦は2着だったが負けた相手は弥生賞4着のベストアプローチ。前走も2着で負けた相手は桜花賞を直前に回避したサロニカと、人気よりも走っていて今回もまた上位ではあるが人気のないほう。
2ヶ月ぶりだが未勝利は2000で勝ち上がっているし、ハービンジャー産駒だが意外と距離延長したほうが合っているかも。
○レッドコルディス
取消を挟んだ前走は最速上がりで突っ込んできたものの5着まで。母系はスマートストライク×ダンチヒながら2400の500万に登録していたりとハーツクライらしさが全面に出ているのだろう。
このレースに相性の良い君子蘭賞組で、1ハロンでも長いほうが良さそうだし外枠を克服すれば。
▲タガノアスワド
つばき賞ではファンディーナのハナを叩いて行く積極的な競馬をして2着に健闘。相手はフラワーCも楽勝していたし仕方ない面もあったが、後続に抜かれない根性も称えるべき。
あまり東京2000の逃げ馬は力が抜けていないと頭までは苦しいが、無理に逃げたいような馬もいないしスローに落とせれば一発まで。
△フローレスマジック
アルテミスSやクイーンCでも好走のある実績馬だが、まだ自分のエンジンを伝えきれていない感じ。イメージとしては一番軽いギアで全力漕ぎする自転車みたいな。
桜花賞をパスしてオークス路線に絞ってきたが、果たして突き抜けるまではどうだろうか?


マイラーズC
◎ブラックスピネル
東京新聞杯はデムーロマジックと言うか他の騎手の怠慢と言うか、まんまと逃げ切るとはこのこと。あんな古馬1600重賞なんてなかなか見られないだろう。
なんて言ってたら今回も少頭数で逃げ馬不在と言う似たような状況で、安田記念に向けて無理をしないといけない馬も見当たらないし同じ競馬を見せられるような気がしてきた。
○フィエロ
高松宮記念は勝てるような雰囲気があったんだがなぁ…。初めての1200でテンの速さに付いていけずに終いだけ伸ばすと言うありがちな失敗パターンに嵌まってしまった。
仕切り直しの今回は内埒の鬼・福永を鞍上に配してインベタのインを突く気マンマンなので、前さえ開けば2着はある。2着は。
▲ダッシングブレイズ
昨年の東京新聞杯まではいいリズムで来ていたものの、競走中止を経験して精神的なダメージを負ったのかチクハグな競馬が続くようになった。別に展開が悪いとか相手が強すぎたとかではなく、単純に力負けしていく感じ。
それが半年の休養明けだった前走では見違えるような脚を使えていたし、スランプを脱した今ならパンパンの京都芝でも追い比べに参加できるのでは。
△イスラボニータ
1400~1600なら世界中どこに行っても2着は獲れるフジキセキクオリティ。せっかくだからムーランドロンシャン賞やBCマイルみたいにウイポローテに乗せてみたい。
京都1600はマイルCS2着があるように不得意ではないが勝ち切れてもいないコースだし、賞金も足りていて今年緒戦なら思い切る必要もないだろうし3着まで。


福島牝馬Sまでの成績【1/49 ―70680円】


カープは笑えねぇなぁ、中崎パンダよ>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(福島牝馬S編)

目がぁ


先月は携帯を使いすぎたようで、初めて通信制限を受けてしまったため東京スプリントでは久しぶりに競馬新聞を購入したのです。
仮にも金を取って紙を販売してる奴らが雁首揃えて無印の馬が来るのに腹が立って競馬新聞は買わない主義だったが、久々に見る競馬新聞はやっぱり読んでて楽しい。
あれこれ隅まで読んでたら締め切られる。


福島牝馬S
◎エテルナミノル
エンパイアメーカー×フジキセキと言う血統の字面通り芝・ダート兼用の中距離タイプで、1600は少し短い印象。そのなかで前走はGIレベル相手に5着と粘っており力を付けてきている。
堀川特別では桜花賞5着のアドマイヤリードに勝っているし、距離延長された今回は更に前進が見込める。
○ウインファビュラス
阪神JF2着の実績はあるもののクラシックでは見せ場すら作れず大敗。最強の1勝馬の称号を不名誉にも戴く結果となった。
明けてからはニューイヤーS3着が最高着順だが着順ほど負けてはいないし、父ステイゴールド・母父アドマイヤコジーンも2歳で活躍→クラシックで低迷→古馬で復活したのでこの馬もそろそろエンジンが掛かってきても。
▲ロッカフラベイビー
3歳春にはフラワーC4着やスイートピーS3着などがあったがクラシック出走には間に合わず。その後は名前のようなフラフラした走りでどっち付かずな成績に終始した。
昨秋に差し脚質を固定してから勝ち負けできるようになり、前走は休み明けながら中山2000を3角マクリで快勝。福島の小回りなら同じ競馬もできるだろうし再現を期待。
△クロコスミア
元々は差し・追い込み脚質で戦っていた馬だったが、ローズSで逃げて4着になると脚質を一変。結果には繋がっていないが前走も4着で戦える態勢は整いつつある。
今回は同型のペイシャフェリスとの兼ね合い次第だが、あちらは一昨年に逃げて惨敗しているし主張して行ききれば押し切りも狙えるのでは。


皐月賞までの成績【1/48 ―68280円】


当たるかどうかは別>胴長熊猫

今日のボックス(皐月賞編)

爽やか


冬の間、寒いのが嫌なので伸ばしっぱなしだった髪の毛をバッサリ切る。
ちょうど7:3分けのサラリーマンみたいな髪型になっていたので、いつもの角刈りを頼んだら床屋の兄ちゃんも少し戸惑う。
よく「床屋で髪を切られ過ぎた!」みたいな愚痴を聞いたりするが、長らく坊主頭しか経験のない人間からすると眉毛に前髪が当たると気持ち悪くて仕方ないのです。


皐月賞
◎アダムバローズ
牝馬が1番人気だったり出走馬の半分が前走勝利で、1頭を除いて前走重賞5着以内と言う例外まみれの難解なクラシック。トライアルの内容が何れも低調だったのもファンディーナ人気の拍車をかけた要因だろう。
今回のメンバーで唯一、1800m以上で1000m通過60秒を切りながら勝利した経験がある馬で、同型のクリンチャーやファンディーナが早めに仕掛けてくるのもむしろ歓迎だろうから今週も池添が大穴をぶち抜く。
○ダンビュライト
土砂降りの新馬戦を1頭だけ中団からマクリ上がったり、朝日杯FSやここ2走を見てもかなりステイヤータイプの馬。切れ味はないが追ってバテないスタミナが最大の武器。
キタサンブラック・サトノダイヤモンドと後の菊花賞馬が2年連続で3着に来ているし、スピードがあるだけの馬が潰れたところに坂を駆け上がって詰め寄れたら。
▲ペルシアンナイト
今年に入ってからはGⅢのマイル戦ばかり使われているが、新馬戦は1800で2戦目もアイビーSでソウルスターリングの2着など決して短距離型と言うわけでもない。むしろ1600に固執する必要もなかっただろうにとも思う。
出遅れ癖があるので信用しにくいが、サンデー系とキンカメ以外が勝つときはノーザンダンサー系くらいなので、バゴとエンパイアメーカーとスクリーンヒーローよりはハービンジャーかな。
△コマノインパルス
前走は過去の弥生賞でも群を抜いてタイムの遅い凡戦で、向正面から慌ててマクリ上がっていったが流石にディープインパクトやハーツクライ相手にバゴでは切れ味じゃ敵わない。もっと前半58秒台のズブズブ差し決着でダート血統と決まるくらいがベター。
今回は前走よりは流れるだろうし中山大穴マイスター江田照と、重賞勝ち→トライアル惨敗→本番単勝万馬券で巻き返しはサンツェッペリンを思い出すので内枠からスルスル抜けてくれば。


中山GJまでの成績【1/47 ―65880円】


イケメンになれるわけではない>胴長熊猫

今日のボックス(中山GJ&アンタレスS編)

10連勝でストップ


開幕戦こそ負けたものの、そこから引き分けを挟んで10連勝と言う鯉のぼりの季節を先取りしてロケットスタートを決めた我らがカープ。
いつかは止まるだろうと思っていたが、開幕戦と同じ阪神メッセンジャーに止められるあたり苦手な投手には通年で抑えられる癖は変わらないものかね。
ただ、ジョンソンと中崎の先発・抑えの要が抜けたなかで踏ん張ってるルーキー2人とカピバラ達には更なる奮起を促したい。


中山GJ
◎オジュウチョウサン
昨年の最優秀障害馬が前哨戦でも一騎討ちを制して本番に出てきた。かつてはカラジの3連覇やゴーカイのように長期政権を作りやすい路線だったが、近年は毎年のように平地からの刺客に晒される厳しい路線になっている。
既に大障害コースへの適性は疑う必要もないし、外枠でマークされにくいことを考えても敵は落馬。
○アップトゥデイト
まさに天下を取りかけてオジュウチョウサンにすべてを持っていかれた馬。それでも着外は2回だけなのは立派の一言。
前走でやや差を付けられた感は否めないが、作戦次第で日はまた昇る。
▲タイセイドリーム
平地からの上がり馬は昔だとオペラハウスみたいな長距離型かサクラバクシンオーみたいな短距離型の極端な距離適性を持っている馬だったが、最近は平地の芝で重賞を勝つような血統が時代を築きつつある。やはりグランドナショナルみたいな、完走させるだけで拍手喝采レベルの障害とは比べられないのだろう。
前走は2強を相手に消極的な内容で着を拾いに行った感じだったし、大一番ではどこかで自分からマクリ上がるシーンを演出してほしい。
△ワンダフルワールド
無欲の差しでペガサスジャンプSを勝ち挑戦した昨年は5着。その後も後方から構えて差す競馬に徹してきたがイマイチ弾ける気配がなく他力本願気味。
それでも大障害コースを経験しているアドバンテージはあるだろうし、先行激化で流れが向けば最後にチャンスが回ってきても。


アンタレスS
◎グレンツェント
東海Sを勝ちながらフェブラリーSやドバイWCには目もくれず休養。結果的にライバルだったゴールドドリームはクソほどにも見せ場なく沈んでいたし、日本と世界のダート路線は雲泥の差がある。
まだ追い込み一辺倒の不器用さはあるが、前走で逃げられなかったショウナンアポロンと復調気配のアスカノロマンがやりあえば展開も向くはず。
○ロワジャルダン
ここ2戦は案外な結果に終わっているが何れもダート中距離には珍しいペースのレースだったしノーカウント。厳しい流れの消耗戦でこそこの馬の能力は活きる。
その意味でも久々にスローは見込めないメンバー構成だし、うまく内埒沿いで我慢して捌いて来たら。
▲ミツバ
逃げても差しても競馬ができる器用さはあるが、どうにも決め手に欠けてモタモタしていたのが昨秋に2連勝して川崎記念でも4着。カネヒキリのフジキセキらしさはこんなところにも現れている。
最近は1か4着しか経験しておらず、鞍上もそんなイメージの横山典ならまさにピンかパァか。
△タガノエスプレッソ
デイリー杯2歳Sの勝ち馬で、過去にはキタサンブラックの菊花賞にも出走していた素質馬。気性に問題があるものの真面目に走った2走前はエイシンバッケンの強襲を凌いでいる。
とにかくやる気を引き出させるのが大事なので、一戦ごとに条件を替えて気合いを付けるためにも距離激変はプラスなのでは。


桜花賞までの成績【1/47 ―65880円】


中日・八木も打てないな>胴長熊猫

今日のボックス(桜花賞編)

やっぱり雨


お花見シーズンと言うこともあり、近所のコンビニが朝からお客さんで溢れかえり品薄状態。
ただ、どうにも時節柄この週末に合わせて雨が降って肌寒く、麗らかで優雅な花見には程遠そう。
残念ではあるが、短い時期のものを楽しめるから花見も成立するのかね。仮に6月くらいまで桜が満開だったらここまで固執しないだろうし。


桜花賞
◎ソウルスターリング
すごいな、1.1倍…。
これまで断然人気で裏切ったタイプは極端な追い込み馬だったり、知ったげにクイーンCなどの論外なローテを使ったりとクラシックを舐めている馬。負けるべくして負けたと言える。
関東馬で知ったげ大好きな藤沢和がわざわざチューリップ賞まで使って遠征してきたし、スティンガーの時とは本気度が違う。
○ライジングリーズン
本来はサロニカをここに据える予定だったが、無念の取り消しになってしまい。リエノテソーロも回避したし、そのアネモネS勝ち馬に代役を託す。
あまりローテとして相性の良い条件ではないが、父もディープインパクトの代役的なブラックタイドだし2着争いに加わりたい。
▲カラクレナイ
新馬戦は4着だったが上がりは一貫してメンバー1・2位を継続しており、ローエングリン産駒とは思えない切れ味の馬。母父のアグネスタキオンが強く出ているのかも。
さらに母のレッドチリペッパーもNHKマイルC3着があるし、早い時期のマイルGIなら太刀打ちできるはず。
△ディアドラ
ここまであまり目立つ存在ではないが、実はPOGりんの補欠馬であり他のPOGでミスエルテとともに指名している馬だったりする。みんな出ていたらソウルスターリングを無理やり難癖つけて無印にする予定だった。
ハービンジャー産駒にまだGIで戦えそうな雰囲気が感じられないが、相手なりに走るタイプなのでこっそり3着に来てくれたら。


ニュージーランドTまでの成績【1/46 ―63480円】


どちらかと言うと花びら大回転のほうが…>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク