パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(優駿牝馬編)

オペラオーもか…


スペシャルウィークが先日、亡くなったところへテイエムオペラオーの訃報が。
芸能界でも球界でも一時代を築いた大スターが亡くなり、いよいよ平成が終わるんだなぁと言う気持ちと共に「それだけ歳とったか…」と愕然としたりする。


優駿牝馬
◎ラッキーライラック
桜花賞では今まで通りの先行から早めに抜け出して押し切る完璧な競馬をしたが、1頭だけおかしい脚を使って大外から強襲されてしまい2着。例年ならあのまま堂々と駆け抜けていただろうし、まさに展開のアヤ。
2ヶ月連続開催の7週目阪神芝とは違いBコース2週目の高速東京芝で悠長に外を回していたら間に合わないだろうから、変に気負わず経済コースを通って馬場の真ん中を走らせれば今度は先頭で突き抜ける。
○サトノワルキューレ
フローラSでは出遅れて後方からになった時点で終わったと思っていたが、いつの間にやら馬群を捌いて直線一気の末脚で勝利してみせた。これぞディープインパクト産駒と言う伸びだっただけに鞍上込みで3番人気なのも仕方ない。
それでもスタートに不安を残しているのは間違いないし、大観衆の前からスタートする東京芝2400でテンションが上がりすぎてしまわないか心配。
▲カンタービレ
母系がサドラーズウェルズ系のディープインパクト産駒は、切れ味を削がれるような形になるのか詰めの甘いタイプになりがち。この馬もデビューから2戦は勝負弱さを見せていたが、1つ勝てば重賞でも格負けしないのもサドラーズウェルズ系。
さらに相手を強化してGIに勝負してきたが、スタミナ比べならヒケを取らないだろうから早めの進出で後ろに脚を使わせたい。
△レッドサクヤ
桜花賞はラッキーライラックを意識していつもより前で競馬をしたが、結果的に最後の伸びを欠いた。これまでも連対は差すか追い込んだときなので、今回は腹を括って後方から脚を溜める競馬になりそう。
姉のエイジアンウインズはヴィクトリアマイル勝ち馬・エバーブロッサムもこのレースで3着と東京GIには相性が良いし、血統から来る大穴なら彼女か。


平安Sまでの成績【4/64 ―35540円】


あわわ…!>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(平安S編)

楽しい残業


工場内で残業していると自分の担当だろうが他の部署だろうがとりあえず首を突っ込んでメンバーに加わろうとする。
残業代が貰えるのはもちろんのこと、こういう場面だとどこもその部署のエース的な人物が人員に充てられるので彼らの腕を見ているのはとても楽しい。
自分でも出来るかどうかは別だが、やり方さえ知っておけば腕の立つ後輩に指示だけはできるし(鬼)。


平安S
◎グレイトパール
約1年ぶりだった前走は久々を懸念されていたが難なく差し切って6連勝。他の差し馬が伸びあぐねるなか1頭だけ違う脚を使っていたし、あとは帝王賞のような上位組とどれだけやれるかだけだろう。
昨年の勝ち馬なのでコース適性は語るまでもないし、前で粘るであろうテイエムジンソクを相手にどんな競馬をしてくれるか。
○ミツバ
アンタレスSでは早めのマクリから直線先頭の強気な競馬を見せたが、グレイトパールの露払いをさせられた感じで2着。それでも地方交流帰りで中央でもしっかり流れに乗れたのは心強い。
京都ダートは未勝利を勝って以降、勝ち鞍のない苦手なコースではあるが過去5年で3頭が馬券に絡んでいる1枠に入ったので道中でうまく折り合えれば。
▲ナムラアラシ
2番人気に推された前走だったが、ペースアップしたときに最後方で追い込んだのではいくら良い脚を使っても届かせるのは至難の技。重賞ともなると自分から動いていけるかも重要な能力になる。
今回は程よく人気も落ちて気楽な立場から競馬ができる状況になったし、100mでも距離が延びるほうが追い込み馬にはやりやすいはず。
△プリンシアコメータ
先行できれば中央でも牡馬相手に東京ダ2100の1000万を逃げ切る力は持っているが、スタートに失敗するとJBCレディスクラシックのような大敗もある難しいタイプ。息が合う乗り手を見付け出せればもっとやれるのでは。
今回もまずはゲートがカギになるだろうから、目標にされたくない人気の他馬が控えてくれたら。


ヴィクトリアマイルまでの成績【4/63 ―33140円】


自分、不器用ですから…>胴長熊猫

今日のボックス(ヴィクトリアマイル編)

ウキウキ


サラブレを手に入れるといよいよPOGの詰めの作業に入りながら来週は優駿牝馬で再来週は東京優駿。
合間にも地方各地でダービーが行われるので、1年間でも脳ミソフル回転で迎え撃つのが楽しみで楽しみで。


ヴィクトリアマイル
◎ソウルスターリング
桜花賞の借りをオークスで晴らしたが藤沢和厩舎の知ったげローテで再びスランプに。いい加減やめて差し上げろ。
牡馬相手に惨敗を繰り返したお陰で海外遠征プランもなくなって国内戦線に集中できる体勢が整ったし、前走をセオリー通りに叩いて本番に臨めば自ずと結果の付いてくる能力はある。
○カワキタエンカ
この馬に対する世間の評価が露骨すぎて笑える。前走1番人気にしておきながら本番では13番人気だもの。
ここ2走で結果を出してくれた池添からの乗り替わりは確かに痛いが、どちらにしろ逃げることに変わりはないだろうから単騎逃げに持ち込めばここでも要注意。
▲レッドアヴァンセ
この一族は何があってもGI出走まで漕ぎ着けてくるから凄いなぁ。ウイポではろくすっぽ良い子供が産まれないのにねエリモピクシー。
先週のレッドヴェイロンに続いて2週連続で穴を開けるのはムシが良い話ではあるが、同じくあまり人気もないしここで押さえてみる。
△エテルナミノル
何度も印を打ち続けてるんだけどなかなか馬券の恩恵に与れない。一昨年にはアドマイヤリードにも勝っているし重賞でも愛知杯を制しているわけだから力はあるんだ。
とにかくスタートが課題なので、後入れになる偶数枠でスンナリ先行できるかだけ。


京王杯SCまでの成績【4/62 ―30740円】


財布の中?知らんな>胴長熊猫

今日のボックス(京王杯SC&京都ハイジャンプ編)

あれ、寒い?


先月末まで夏日が~なんて言われていたのに雨が降った辺りから急に朝晩冷え込んでいる気が。
元来が暑がりなので扇風機を回して寝ていたが、朝方には布団にくるまって寝ていたからやっぱり寒いのか。
日中は快適だもの。


京王杯SC
◎セイウンコウセイ
昨年の高松宮記念を勝った関係で斤量を背負わされてしまいGⅢなどは気軽に出走しづらくなった。500キロを超える馬体重なのでカンカン泣きするタイプではないかもしれないが、やはり不利なものは不利。
今年は勝利こそ無いが行き脚も戻ってきて前走も僅差の6着。マイナス14キロと減らした馬体重を遠征で更に減らさなければ。
○グレーターロンドン
体質の弱さからなかなかコンスタントに使えなかったのが、ようやく昨年はGI挑戦するまでに成長。天皇賞・秋では一旦はマクリで先頭に躍り出るなど見せ場も作れた。
ただ、OPでの取りこぼしや脚質的にも追い込み一辺倒なのがここに来て弱点に変わりつつあるので、うまく前崩れの展開になってくれるか。
▲ダイメイフジ
デビューから安定して掲示板を外さない走りはできているが、スタートが極端に決まらなかったり逆にポンと飛び出したりと安定しない。どちらでも勝ち鞍はあるが、作戦を立てにくいのは今後も影響するだろう。
まずは出足がカギを握るだろうが、馬場状態を見ながら作戦を変えられるのは強味だろうから展開任せにならない競馬で一発まで。
△テオドール
ハービンジャー産駒と言うことで2000を中心に使われてきたが未勝利以来のマイルを使った前走は重賞でも5着に健闘。母アンブロワーズは函館2歳Sの勝ち馬だし更なる距離短縮はプラスになるかも。
あとは初めての1400になるのでスプリント的なテンの流れに乗っていけるかが焦点。


京都ハイジャンプ
◎アスターサムソン
やっぱりこの系統は障害でも潰しが効くのが良いですな。ダラッとしか先行できない長距離血統馬は飛越さえこなせればOPクラスでもすぐに結果を出せるし、折り合いとトモを鍛える意味でも多用して良いんじゃないか。
今回は障害にしては珍しく逃げ馬がこの馬しかおらず少頭数でもあるので、スンナリ逃げられれば最後まで粘れそう。
○ルペールノエル
さすがに抜けた人気になるのは仕方ないか。J・GIで馬券圏内まで来ている馬がほとんどいないので、オジュウチョウサン&アップトゥデイトのいない今回は当然ながら力上位。
京都コースは過去2回走って2回とも落馬しているのが気になる材料ではあるが、ここまでメンバーが楽になれば安全策でも連軸まで。
▲ヨカグラ
平地時代から後方マクリを信条としていた馬だが、障害転入してからも同じようにマクリ脚を見せて2連勝。前走はスローに泣いてシンガリ負けだったが、今後も似たような展開になる前に経験できたのは良かっただろう。
再び少頭数のスローペースになりそうなだけに、前走の教訓がどれだけ活かせるか試金石。
△タガノアーバニティ
未勝利では常に馬券圏内を確保していたがOPクラスでは熊沢騎手が乗れなかったここ2走とも大敗。道中からフラフラした走りで流れに翻弄されていたし、こちらは頭数が減るのは歓迎だろう。
先行脚質ではあるがメンバー構成が逃げ馬1頭だけだし、熊沢騎手なら逃げの手も。


NHKマイルCまでの成績【4/60 ―25940円】


これが春か>胴長熊猫

今日のボックス(NHKマイルC&新潟大賞典編)

ゴールデンウィーク最終日


競馬にお出掛けしてたら近所の奥様から「あら、若いわね~ウチのは最後の休みだから朝から寝るしかしないのよ」なんて言われる。
お子さんも小学生になったから大変ですよね~なんて返したが、そうか、世のお父様はそうなるのね。


NHKマイルC
◎ギベオン
社台F生産でこの血統で芝1800でデビューしておきながら毎日杯2着から皐月賞やダービートライアルには目もくれずここに照準を合わせてきた。デムーロを鞍上に配してきたあたりにも社台レースホースの本気度が感じられる。
最近は聞かれなくなったが1600のGIを勝つには距離短縮の臨戦過程を辿ってきた馬が有利でもあるし、ここの結果次第ではタニノギムレット・ディープスカイまである。
○ケイアイノーテック
最後の最後でサトノオンリーワンに流れたのがここまで響くとはなぁ。POGと言うのは人を狂わすぞ。
これまで掲示板を外したことがない上に負けた相手も重賞で結果を残しているし、当初からマイル路線に絞ってきたローテも本番で活きてくるはず。
▲ルーカス
ホープフルS→スプリングSと大敗したためすっかり人気を下げているが、この馬もワグネリアン同様に小回りの中山は苦手で東京の長い直線で脚比べになれば能力を発揮しそう。
追い込みだけしかできない不器用なタイプだけにうまく馬群を捌いて来れるか。
△カツジ
前走はそれまでの先行とは正反対の追い込む競馬を見せてきたがうまくスルスル抜けてきて快勝。ディープインパクト産駒なんだから本来はこういう競馬が得意なんだろうけど、いきなりあんな脚を見せられたら今までのは何なのさと言いたくなる。
ニュージーランドT勝ち馬は本番に繋がらないデータの関係で人気もないが、アーリントンCの施行時期が変わったわけだし過去のデータも一度リセットすべきでは。


新潟大賞典
◎トーセンマタコイヤ
先行タイプではあるが時たま逃げてしまうスタートの良さが仇になり前走は目標にされてしまい6着。詰めが甘くテレンコ気味な成績からも気分屋的な性格が見え隠れする。
今回は逃げ馬が揃ったので無理に先行することはないだろうし、かつてはゴールドアクターを差し切った末脚をここで発揮してもらいたい。
○トリオンフ
小倉大賞典を制した勢いで挑戦した大阪杯は、早めに進出したスワーヴリチャードを捕まえにいくマクリを見せたが直線では伸びず。最後は力負けした感じだったが、見せ場充分の内容で評価はできた。
それもあってか1番人気に推されているだけに、周りがマークしてくる展開で今までのような競馬をできるかどうか。
▲スズカデヴィアス
昨年の白富士Sで差しが決まってから後方競馬が定番になっていたが、ずんずん後ろからの位置が下がっていって最近はもう追い込みに近い位置からの競馬が続いている。極端な競馬に活路を見出だす馬は多いので別に悪いことではないが、馬券を買う側からすると何とも買いにくい。
1枠に入ってもやることは一緒だろうから、経済コースを進んで直線でスムーズに外へ出す理想の展開になれば。
△マイスタイル
半年ぶりだった前走はこれまで通りの逃げから2着に踏ん張り、さすがダービー4着馬と言う貫禄を見せた。クラシックで微妙な活躍をすると条件戦で躓く馬が多いだけにまずは一安心。
叩き2走目で上昇はしているだろうが、相手も簡単には逃がしてくれないだろうからスローペースに持ち込めるかどうか。


京都新聞杯までの成績【4/58 ―21140円】


独身貧族>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク