パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(中京記念&函館2歳S編)

気持ち大事


組合「今回の西日本豪雨災害に会社から義援金を送りたいと思うのですが」
一同「いいんじゃない?」
組合「で、金額としては、本社・系列会社も含めて一律にしたいと思います」
一同「妥当ですな」
組合「では、金額を組合員全員で均等割りして…」
組合「一人100円を天引きで義援金にします」
一同「ちょ…少な…!?」


中京記念
◎スマートオーディン
毎日杯→京都新聞杯と連勝してダービーに挑んだが6着、更に故障で長期休養に入ってしまうなど踏んだり蹴ったり。血統的には1600辺りが良さそうだったし、マイルCSでも好勝負になりそうだっただけに痛いクラシックだった。
前走は久々に加えて逃げてしまう展開では苦しいものがあっただろうが、前向きな部分は萎えていないと考えれば一つ叩いた今回は要見直し。
○グレーターロンドン
昨年はGIでも人気になるなど遅れてきた大物のようなディープインパクト産駒として注目されたが戴冠には到らず。天皇賞・秋では果敢なマクリで一度は先頭に立つなど見せ場は作れただけに体調が今後もカギになりそう。
抜けた馬がいないので押し出されるように人気なのは仕方ないところだが、左回りの広いコースで末脚勝負がベストだろうから大外枠も関係無さそう。
▲ブラックムーン
昨年のこのレースで1番人気3着。アドマイヤムーン産駒はどうにも信頼されると脆く、年初の京都金杯みたいに少し見放された人気になると頭まで突き抜けるから信用ならない。
それでいて57.5キロは見込まれ過ぎじゃないかと思わなくもないが、少しでもメンバーが楽になる今回はいきなり突っ込んできても驚かない。
△ダイメイフジ
条件時代には安定して3着以内を続けていたが、OPに上がってきてからはテレンコ気味。と言うかデムーロを乗せると1番人気で飛び、それ以外を乗せたら人気薄で来るので騎手の人気があるだけか。
今回は酒井が乗るので再び人気がないし、こういう時にコソッと押さえておくのが良さそう。


函館2歳S
◎ナンヨーイザヨイ
かつてのPOGりん指名馬のシャルルヴォアからようやく重賞出走馬が出ましたなぁ。指名してないけど。
新馬戦の時計が評価されて人気になってるが、7月からは雨で時計が出にくくなったわけだからあまり評価しすぎるのもどうかな…?。
○アスターペガサス
ストームキャット系の父に母系はフォーティナイナー×シアトルスルーと言う2歳戦で走らなければいつ走るんだみたいな血統。むしろ秋には衰え出しそうなくらい。
調教も動いていて人気になるのも頷けるが、頭数が増えて揉まれる競馬になったときに対応できるか。
▲イチゴミルフィーユ
名前が可愛いだけで思わず単勝を買ったら当たった馬だが、これが8歳くらいになって高知競馬に移籍してきたら同じ理由で買えるだろうか。このロリコンどもめ。
デビュー戦は誰にも邪魔されず馬場の真ん中を突き抜けてきた競馬だったので、素直な展開になればここに入っても好走は可能なはず。
△ガイセン
一部の方には人気があり、更に一部の方には名前も聞きたくない馬名だろう。サトノのオーナーは舌打ちするかね?
新馬戦は外枠から先行して押し切る理想の展開だったので、内枠に入っても同じような競馬ができれば今後にも繋がるがどうだ。


函館記念までの成績【4/83 ―81140円】


金額の大小じゃないにしても…>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(函館記念編)

3連休


上司は機械を新しくする搬入の立ち合いで出勤しているそうです。
手当てが著しく増えるわけでもなく、管理職だから残業代や休日手当てが出るわけでもなく、責任だけは増えるなかで出世したくない若者が多いと言うのもわかる気がする。
こういう時は、無能で良かったと思わなくもない。


函館記念
◎ブレスジャーニー
昨年の菊花賞からチャレンジCを経て有馬記念と、かなりの過密ローテで来ていたが結果は出ず。年明けも金鯱賞から始動したが馬体重も減ったままだったし体調が戻りきらなかったのだろう。
前走も同じ馬体重だったが遠征から滞在競馬に臨めるし、久々に柴田善に手戻りしたので良さを引き出してくれたら。
○エアアンセム
デビューから2連勝でホープフルSも制した逸材だったが、条件戦に降級しながら7歳にして再びOPに戻ってきた。シンボリクリスエス産駒らしい飛び抜けないながら息の長い走りをしてくれる馬。
前走は重馬場に出遅れが重なりながら5着に飛び込むなど能力の高さを見せてくれたし、GⅢレベルが揃った今回なら上位争いも可能だろう。
▲サクラアンプルール
有馬記念で致命的な不利を受けて最下位に沈んだ精神的ダメージが心配されていたが、中山記念→日経賞と連続好走してまずは心配を払拭できた。GIを使えなかったのは残念だが、目標は今年も有馬記念だろう。
4ヶ月ぶりになるが昨年の札幌記念の勝ち馬でもあるし、洋芝2000と小回り適性なら一日の長があるのでは。
△マイネルハニー
これまで好走したのは10~4月が多く、夏場は意識して避けるような使い方をしていたが今年は夏競馬に参戦してきた。前走は休み明けで雨の重馬場に逃げられず、ズルズル後退していたしノーカウント。
今回も同型が揃っているので簡単には逃げられないかもしれないが、控えていい馬でもないし併せ馬の形で進んでいければ。


ジャパンダートダービーまでの成績【4/82 ―78740円】


思わなくも…ない!>胴長熊猫

今日のボックス(ジャパンダートダービー編)

溶ける


雨が続いて気温が下がっていたのが急に夏の太陽真っ盛りで完全に脳が腐り気味。
暑いのに鼻水とくしゃみが止まらなくなったら大体、神経系がやられてる合図なのでいっそのこと風邪薬を飲んでから寝る。
あなたの風邪はどこから?私は脳。


ジャパンダートダービー
◎グレートタイム
デビューからコロコロと騎手が乗り替わり、固定ができなかったせいもあるが2着が多く勝ち切れない競馬が続いた。末脚を余して逃げ切られたレースもあるだけに使いどころを心得た相棒を見つけるのも今後の課題だろう。
それらを考えたら連対を外していないルメールを確保できたのは心強いし、地元勢が早めに動いてくれれば今までのようなスローの前残りに遭う可能性も低いのでは。
○ドンフォルティス
ヘニーヒューズ×フジキセキと言う血統から1200で勝ち上がったが、何故か距離を延長されるごとに強さを発揮する変わり種。最終的にはサンライズバッカスのような得意距離よりペースが大事な困ったちゃんになりそう。
ユニコーンSや兵庫CSを使わずにここを狙ってきているし、妙なスタミナ比べにならなければここでも連軸視。
▲ハーベストムーン
ダート1800を中心に使って好走を続けていたが、前走は東京ダート1600で13着に大敗。芝適性を問われるダートでは力が出せなかっただけに、パワーを要求される大井でこそだろうか。
近走は逃げているが勝ち上がりは差す競馬でも結果を出しているし、外枠から出たなりで流れに乗っていければ。
△リコーワルサー
今年の地方ダービーは1番人気が勝てないレースが続いたが、それだけレベルが低かったと考えるか粒揃いだったと考えるか。個人的には前者だが南関東は全日本2歳優駿組が順当に走ったとも言える。
この馬も掲示板までのクラシックではあったがペースに付いていけない競馬はなかったし、距離を懸念してスローに落ちるようなら鎌倉記念の再現になる大マクリで一角崩しを狙ってほしい。


七夕賞までの成績【4/81 ―76340円】


そんなベンザブロック>胴長熊猫

今日のボックス(七夕賞&プロキオンS編)

大雨一過


これまでまぁよく降るなぁと言う豪雨でしたが、ようやく晴れ間も覗いて終息気配。
だが各地で被害も甚大だけに、まだまだ油断しちゃならねぇ。地盤が緩んでいるだけに山際にお住まいのかたは気を付けていただきたい。


七夕賞
◎プラチナムバレット
昨年の毎日杯でアルアインの4着に入り、京都新聞杯も制したが無念の骨折で休養に。復帰してからは順調に来ていたが、前走でシンガリ負けを喫したことで無理をせず夏競馬に備えてきた。
近走からトップハンデは見込まれた感じを受けるが、実績はここでも見劣らないし内埒沿いをスルスル上がっていけたら。
○ワンブレスアウェイ
マーメイドSで久々の重賞好走を見せてくれたが、ステイゴールド牝馬だけに信用しにくいのか人気はそれほど上がらない。まぁ、逆にこれで1番人気だったら喜んで消したろうけど。
まだ前が残りやすい馬場状態なので差し馬はマクリ気味に上がっていくだろうし、長く脚を使う展開ならこの馬の良さが出やすい状況になるのでは。
▲マイネルフロスト
昨年の2着馬だが今年もエプソムCを叩き台にしてここへ参戦してきた。前走も狙い目だと思っていたが、あまり無理をするような走りではなかったし目標はやっぱり2000シリーズか。
マイネルミラノとの2段駆けを狙いそうだが、このところテンの行き脚が今一つなのでシルクドリーマー辺りにハナを叩かれると作戦が狂わないか心配。
△メドウラーク
デビュー当初は2000以上を中心に使われていたが、1600に距離を短縮されて安定し出して1400の阪急杯5着。タニノギムレット×クロフネの限界距離がそのまま出てる感じ。
ここ最近の好走は昨秋の土砂降り馬場や稍重馬場ばかりなので、天気次第で馬場が悪化すれば出番が回ってきても。


プロキオンS
◎ウインムート
これまでの勝ち鞍は5~8月に偏っている夏馬で、芝もダートも冬場は走らないことから体の硬いタイプなのだろう。実際、休み明けからは見違えるような競馬をしているし好調を持続していると見てよさそう。
似たような脚質のメンバー構成だけにどこまで踏ん張れるかだが、控えて良さそうな馬ではないだけに行ききれば。
○キングズガード
一昨年が3着で昨年は1着とこのレースを得意としており、昨年はここから南部杯でもあわやの競馬を見せてくれた。ノンコノユメほどの末脚ではないが、確実に伸びてくる辺りはエーピーインディ系らしい。
このところは地方交流重賞でもテンに置いていかれるだけにここも後ろからになりそうだが、ハイペースになることは間違いないので最後に届いてくれたら。
▲ドライヴナイト
2歳時はOPで頭打ちになり1000万に格付けされてからも二桁着順が続いていたが、昨秋できっかけを掴んだのか連続好走をしてOP返り咲き。前走も休み明けながら4着とここへ向けて態勢は整った。
あとは初めての重賞挑戦になるので相手強化がカギになるが、地力を付けた今なら一気に重賞ウイナーの仲間入りを果たしても。
△ブラゾンドゥリス
高知・黒船賞で重賞を制したようにベストは1400のようで、条件時代には1600でも勝ち鞍はあったが前走からも1ハロン長い感じ。それだけに今回は1400に戻ってきたので見直しても良いだろう。
真ん中より内枠に逃げ馬が揃ってぶつかり合う可能性が高そうだし、外から内を見ながら先行できるこの枠でいい位置を取りたい。


CBC賞までの成績【4/79 ―71540円】


え、また台風…?>胴長熊猫

今日のボックス(ラジオNIKKEI賞&CBC賞編)

夏の装い


競馬に行くときはマークシートや購入した馬券を入れておくのに便利なサイドポケットのあるズボンを愛用しているのですが、とうとう股間のデブ穴が酷いことになり私のお稲荷さんがこんにちはしてしまったので新調。
何か似たようなズボンだなぁと購入したが、メーカーからサイズまでまったく同じ。このズボン、中学生の時から履いてるんだけど…。


ラジオNIKKEI賞
◎キューグレーダー
デビュー戦から1番人気に推されていた評判馬で、勝ちきれないまでも連対は外さずフジキセキ系らしい安定感はある。
前走は東京1400だったが勝ち上がりは中山1800だから距離の心配はないし、この系統の立ち回りの上手さで抜け出したい。
○マイハートビート
若駒Sでは後方から追い込んで2着に来たが、毎日杯では何故か先行して大敗。ここまでも好走したときは追い込みに徹したときだし、愚直に後ろからが正解かも。
結果が出ているのも札幌や京都など小回り平坦を得意にしているので、ここも展開が向いてくれれば。
▲グレンガリー
新馬戦は3着だったが4月に復帰すると2連勝で一気に軌道に乗せてきた。特に前走は古馬相手での500万を軽く突破してきたのも好感が持てる。
福島1800は未勝利勝ちを果たした舞台なので条件は問題ないだろうし、重賞経験馬を相手にどれだけ食らい付けるか。
△ロードアクシス
ブレイクランアウト産駒と言う地味さからかやたら人気はないものの好走する馬で、2000でも勝てるように意外と距離もこなす万能型。この血統だからコーナー4つのコースなら2000まではセーフなのかも。
開幕週なのであまり外を回すようだと厳しいだろうし、逃げ馬の多い今回はバラけるような隊列を内で我慢できれば。


CBC賞
◎ワンスインナムーン
昨年はGI出走に香港遠征など充実の1年だったが、悲願のタイトルには到らず悔しい1年でもあった。結局、高松宮記念には挑戦できずサマースプリントシリーズで立て直し。
前走は休み明けで他馬に接触する不利もあったしノーカウント。それで中1週なら馬体は問題ないだろうから今度こそ。
○セカンドテーブル
昨年のこのレースで2着に頑張ってOP入りしたが、頑張りすぎたのかそこから
休養に。帰ってきてからは勝ち鞍こそないものの順調に内容も良化しており照準を合わせてきた感じ。
開幕週を先行してなだれ込むのは昨年までと同じだろうし、真ん中の枠から周りを見ながら先行していければ。
▲ペイシャフェリシタ
下級条件ならまだしも1000万以上では珍しいハーツクライ産駒のスプリンター。更に古馬牝馬でOP勝ちとなるとこの馬が初めてなんじゃないだろうか?
阪急杯5着で重賞でも戦える能力は見せているので、この外枠を克服できれば。
△コウエイタケル
昨夏にはダイアナヘイローとも接戦をしていた馬だが、半年以上の長期休養を挟んでからは精細を欠いたレースが続いている。叩きつつ差は詰めてきているのでここ以降も小倉1200では侮れない。
久々の1200なのでペースに戸惑わないかだが、上手く流れに乗っていければ時計勝負でも見劣らない。


帝王賞までの成績【4/77 ―66740円】


デブ人間!>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク