FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(菊花賞編)

また一人


従姉妹が結婚したためいよいよ親戚筋で残ったのは3人。
内、2人は我が兄妹なので実質1人。
そろそろ周りからの目も白くなりつつありますが、その気がないので今のアパートで孤独死は免れなさそう。


菊花賞
◎ジェネラーレウーノ
毎年のように実績馬が回避をすることが多く、本場のセントレジャー同様に長距離軽視の風潮なのが悲しいところ。どうしてもスローに流れて長距離と言うより1600×2みたいな競馬になってしまうのも理由の一つだろうか。
重賞勝ち→皐月賞3着→ダービー惨敗→セントライト記念1着→当日は4~5番人気の先行馬と言うのはキタサンブラックに通ずるところもあるし、エポカドーロをマークする形で一緒に抜け出していけたら。
○グロンディオーズ
デビューこそ1600で勝ち上がったが、そこから少しずつ距離を延ばされていって2400にも対応。前走では古馬相手に2000を勝利したがここへ向かってきており、長距離適性の高さを陣営も掴んでいるのだろうか。
兄のムスカテールも2400以上で活躍していたし、2年連続でルーラーシップ産駒が菊花賞を制するか。
▲アフリカンゴールド
昨冬にキタノコマンドールから1秒離される大敗を喫して始まった競争馬人生だったが、4月に未勝利を脱出するとトントン拍子の活躍で夏の上がり馬の1頭に数えられた。前走ではかつて怪物と讃えられたフォイヤーヴォルクを子供扱いしており、それを考えたらもはやゴジラか。
同じステイゴールド産駒のエタリオウが人気に推されているが、GIでより怖いのは人気のないほうのステイゴールド。
△シャルドネゴールド
人気はサッパリだがロックディスタウンやジェネラーレウーノとも接戦がありエタリオウにも勝ったことがある馬。引っ掛かる面が出た毎日杯は大敗したが、しっかり末脚勝負ができた京都新聞杯では上がり最速で3着など素質は重賞レベルにあるところを見せた。
今回は再び同世代との対戦になるが、少頭数のスローよりはフルゲートの乱戦が向いているだろうし外枠から行きたがる折り合いの難しさが出なければ。


富士Sまでの成績【4/119 ―167540円】


面倒臭さが先行して>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(富士S編)

カープ日本シリーズ出場決定


大体、自分が見ているとろくなことにならないので昨日も西武VSソフトバンク戦をメインに観戦していましたが、ザッピングした瞬間にゲレーロを三振に取ったので都合よく立ち会えました。
結局、得点シーンは見てないけど。


富士S
◎ワントゥワン
春先までは後方から構えて追い込んでくるだけの競馬で着を拾っていたが、サマーマイルシリーズで重賞連続2着と力を付けた。特にパワーを要する中山芝1600でも前を捕らえられるようになったのは収穫だろう。
今回もマルターズアポジーにウインガニオンがいて前は速くなりそうだし、外を回される展開でも最後に出番が回ってくるのでは。
○エアスピネル
デビュー以来、一度も掲示板を外したことがないと言う能力はさすがだが、GIにも手が届きそうで届かない超堅実型。血の宿命には抗えないのだろうか。
昨年のこのレースの勝ち馬で斤量は昨年と同じ、休み明けでも問題なく走るタイプだし特に嫌う要素はないが如何せん頭で買えるかと聞かれると悩むところ。
▲デンコウアンジュ
アルテミスS勝ちやヴィクトリアマイル2着などがあるサウスポーで、今年の東京新聞杯でも4着など牡馬に混じっても健闘が光る牝馬。メイショウサムソン産駒だが、イメージ的にはテレグノシス産駒と間違えそうになる。
やはりここも牡馬勢相手にどこまでやれるかが焦点になるが、府中牝馬Sではなくこちらに回ってきた辺りはこの後を見据えてのものだろうからメドを立てられるか。
△ペルシアンナイト
昨秋はディアドラとともにハービンジャー旋風の一翼を担ったが、今年は未だ未勝利。もちろん相手が強くなったのも理由だが、GI馬としては物足りない春シーズンだった。
今年は59キロを背負って調教もジャンダルムに遅れを取るなど万全とは言い難いが、毎日王冠→天皇賞・秋路線を蹴ってまでマイル1本に絞っている以上は結果でモノを見せたい。


秋華賞までの成績【4/118 ―165140円】


俺が見ててもホームラン打てる山川は凄い>胴長熊猫

今日のボックス(秋華賞&東京ハイジャンプ編)

そういうのもあるのか


土曜の新潟6Rで新人の山田騎手が騎乗停止になっているが、期間が未定になっているのを見て「?」と。
映像を見てなるほどと納得したが、馬券を買っている人からすればたまったもんじゃないだろうな。
一体ダート2500mを何と間違えたのか気になるところ。


秋華賞
◎アーモンドアイ
もういいか。
桜花賞では手前を変えるのに苦労しながら異次元の末脚を繰り出し、オークスは距離不安?何それ美味しいの?と言うレベル。
トライアルが春の勢力図を変えられずに終わったのを考慮しても、休み明けがハンデになるか微妙なところ。
○サラキア
シルクもよく恥ずかしげもなく池添に頼めたな。ノーザンFの息が掛かってたのが幸いしたか?
春はフローラS4着に見られたように詰めの甘いディープインパクト産駒の追い込み馬で、一夏を越えてローズSでも先に抜け出したカンタービレを捕らえきれず2着と相変わらず。
それでも安定して脚は使えているので、使いどころを心得た騎手が乗っている分だけ差を詰められないか。
▲オールフォーラヴ
デビューは年明けになったが評判馬のグレートウォリアーを退けて勝ち上がると、アルメリア賞では不利を受けながら精神的なダメージをモノともせず忘れな草賞を勝ってみせた。本番では見せ場なく9着だったが、押せ押せのローテーションではお釣りが残っていなかったのだろう。
マクリ気味に上がってしまう折り合いの難しさと前進気質を兼ね備えた馬だけに、京都の3コーナーから下りを利用すれば終いの脚が更に爆発力を増してもおかしくない。
△パイオニアバイオ
毎年のようにいる最強の1勝馬の称号は彼女に輝くか。
勝ち上がりには時間を要したがいきなりのフローラSで2着に入るなど格上げ挑戦でも力負けしないように、重賞のような厳しい展開のほうがルーラーシップ産駒だけにスタミナが活きるのだろう。
母アニメイトバイオもこのレース2着に好走しているし、娘も同じ舞台で勝負に絡めるか。


東京ハイジャンプ
◎タイセイドリーム
ここまで3着を外したのは転入初戦と中山GJだけで、前走にも見られたように左回りのハードルコースは平地のスピードを如何なく発揮できる絶好の舞台。
相手もそれなりに揃ったが外枠からなら第一障害の混雑に巻き込まれることもなさそうなので、行きたい馬を行かせてからポケットに潜り込んで抜け出したい。
○サーストンコラルド
こちらも障害では3着を外したのが1度だけと言う堅実型で、OPを1番人気5着に敗れただけなのにブービー人気に落ちて嘲笑うかのように重賞制覇。新聞を読む馬なんて昔は言われた馬もいたが、こいつも読んでたりして。
あまり速すぎる展開も追走に苦労するみたいなので、少し湿ったくらいの今の馬場のほうが脚を使いやすくて良いのかも。
▲ビットアレグロ
障害では昨年の5月から掲示板を外したことがない馬だが、9歳馬なのに平地時代を含めて単勝10倍未満で馬券に絡んだのは前走が初めてと言う超大穴タイプ。園田時代は1番人気もあったけど。
重賞も東京ジャンプSを最低人気で3着に来た経験があるし、休み明けで再び人気も落ちたので狙ってみるのも面白い。
△タマモプラネット
取捨の難しい大逃げ馬で、牛若丸ジャンプSのような押し切りもある馬だが東京ジャンプSのようなズルズル後退もある馬なので非常に厄介。ツインターボもこんな感じだったのだろうか。
今回は絡んできそうな逃げ馬が見当たらないのでスンナリ行けそうだし、マクリ組が仕掛けてくるタイミングでスパートできれば粘り込みも。


府中牝馬Sまでの成績【4/116 ―160340円】


コタシャーンもびっくり>胴長熊猫

今日のボックス(府中牝馬S編)

あれ、寒い?


先週まで台風一過で暑い暑い言ってたのに、いつの間にか布団にくるまって寝るように。
そろそろ寝過ごして遅刻の季節がやって来ますな。


府中牝馬S
◎ディアドラ
不良馬場に泣いた京都記念では切れ味を削がれて大敗したが、ドバイターフでは世界を相手に3位。帰国初戦となったクイーンSでは鮮やかな差し脚で他馬を一蹴し、正に充実期を迎えているようだ。
今回は少頭数ながらGI馬も参戦してきて一筋縄では行かないだろうが、休み明けが多いメンバー構成なので夏に使っているアドバンテージを活かしたい。
○カワキタエンカ
ディープインパクト産駒には珍しい逃げ馬で、今春には中山牝馬Sを逃げ切って嬉しい重賞初制覇。ヴィクトリアマイルでは歯が立たなかったが、血統を考えても1600は少し短いだろう。
今回は同型がクロコスミアくらいしか見当たらないが、あちらは海外遠征を境に行きっぷりが悪くなっているし主張して出て行けば楽にハナは切れるはず。
▲リスグラシュー
年明け緒戦の東京新聞杯を牡馬相手に勝利してGI奪取の気運も高まったが、いざ本番では人気に推されて脆くなるハーツクライ産駒を存分に見せ付けた。先週のシュヴァルグランと言い、ハーツクライはこれがあるから頭鉄板が信用できない。
東京実績は申し分ないしディアドラがいるお陰でオッズも二分されてプレッシャーも半分なので、ここで買って本番では消しのリズムで臨みたい。
△キョウワゼノビア
兄のキョウワロワリングは1200の北九州記念勝ち馬だったが姉のキョウワジャンヌは1400から距離を延ばされていって秋華賞2着と活躍した。同馬も父ハーツクライだし1400以下だけの馬ではないだろう。
前走ではスイートピーS2着のミュージアムヒルを撃破し、今週の調教でも自己ベストを更新と充実著しいし最低人気でも侮れない下地は付いてきている。


南部杯までの成績【4/115 ―157940円】


毛布は早いか>胴長熊猫

今日のボックス(京都大賞典&南部杯編)

クリンチャーお疲れ


昨日の凱旋門賞、あんだけ頭数がいても最後は人気馬2頭の一騎討ちになっちゃうんだからやっぱり最高峰のレースは違うんだな。
ちなみに、反省会での実況スレで一番笑ったのは
凱旋門賞は牝馬ばっかり勝つから、もう牝馬限定にしろよ→なら、牡馬限定のゲイ専門賞を設立しなきゃ!の流れ。


京都大賞典
◎ウインテンダネス
春までは煮え切らない条件馬だったのが、1600万を卒業するといきなりの重賞挑戦で目黒記念を制覇。父カンパニーらしく5歳秋にしてようやく素質が開花してきた。
夏場を休養に充て、狙いはアルゼンチン共和国杯→ジャパンC辺りになりそうなだけにGI級のメンバーが集まったここでどれだけやれるか試金石。
○シュヴァルグラン
昨年のジャパンCでテン乗りのボウマンに導かれて初GIをゲットしたが、やはりハーツクライ産駒なのか右回りのレースでは思うように走れず。そして天皇賞・春でボウマンにスイッチした途端2着と、わかりやすく騎手の能力差を見せ付けてくれた。
今回は乗り替わりで福永になるのはマイナス材料だし、ここでは力上位だが最後に詰めの甘さが出ないかだけが心配。
▲ブレスジャーニー
ここまで東京でしか勝ち鞍を挙げられていない馬で、器用さに欠ける追い込み馬なのにわざわざ小回り直線短い北海道シリーズに参戦したのは少し首を傾げる使い方。夏が苦手なら休養すればいいし、使うなら関屋記念や新潟記念と言う選択肢のほうが合ったはず。
ここも毎日王冠ではなくこちらに回ってきたのはやはり疑問符が付くが、意識して長距離を使うのはズブくなってきたからと言うなら使うなりの結果を求めたい。
△アルバート
もう長距離路線では見飽きた顔だが、本命は今年もステイヤーズSなんですかね?リッジマンが虎視眈々と狙ってきているので、そろそろ危なくなってきますが。
だいぶ末脚に陰りは見られるものの追ってバテないスタミナは健在なので、一昨年の2着馬アドマイヤデウスと同じアドマイヤドン産駒だしここらで復活の兆しを見たい。


南部杯
◎ルヴァンスレーヴ
2歳ダートチャンピオンだが今年はUAEダービーやケンタッキーダービーなどは使わず国内に専念。そのお陰かユニコーンS→ジャパンダートダービーと連勝を飾って世代のナンバーワンとして古馬との対戦になった。
既にシリウスSと白山大賞典で3歳馬が古馬を撃破しているし、現状の勢力図を一気に塗り替える可能性は十二分にあると見て良い。
○ノボバカラ
昨年の2着馬だが、その後は行けず差せずでダートに見切りを付け芝に転戦。ただ、テンのダッシュ力が芝では削がれるようで後方からチョロッと差を詰めて終わる競馬に終始した。
今回は久々のダートになるが昨年同様にハッキリした逃げ馬不在でオールブラッシュとの兼ね合いくらいだし、向こうが大外枠なのを考えたら注文を付けて逃げれば昨年の再現まで。
▲ゴールドドリーム
昨年のこのレースでは大敗してしまったが、明らかに体調面で問題がある状態だっただけに致し方なし。今年は比べ物にならない臨戦過程で来ているし、素直に見直すのが得策だろう。
既に賞金は足りているのでJBCクラシックやチャンピオンズCへ向けて足馴らし程度だろうが、3歳馬にデカい顔をさせないためにも先輩の意地を見せられるか。
△ノンコノユメ
キン○マを取って体が軽くなった分だけ能力が発揮しやすくなったのか、フェブラリーSでは一気の追い込みでゴールドドリームを下し中央GI初制覇。ちょっと勿体ないと思いつつ、ミスタープロスペクター×サンデーサイレンスだから種牡馬になっても苦労するだけかなと思ったり。
追い込むのはここも同じだろうが、1枠で砂を被る展開になったときに気性の悪さが出て来ないかだけ。


凱旋門賞までの成績【4/113 ―153140円】


セン馬大喜び>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク