パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

舞神楽

イブキマイカグラ逝去


名前を聞いてもピンと来ない世代も増えたのでしょうか?
リアルシャダイ産駒の数少ないGIウィナーであり、ヘイルトゥリーズン系×ノーザンテースト系のニックスを認められる以前の活躍馬。トウカイテイオーと同期だぞ。
弥生賞ではアサキチ・リンドシェーバーと走り、菊花賞は1番人気で2着、勝ち馬はレオダーバン。書いてて懐かしくなってきた。
合掌。


私が小学校に入学した頃の話>胴長熊猫
スポンサーサイト

あなたの、そして私の夢

このレース限定で杉本清節が聞きたい


一般競争じゃダメなんだよね。絶叫系のアナが朝一から叫んでも寒いのと一緒。
たぶんダート1000mの杉本節なんて味が出ないと思うんだ。
宝塚記念
◎サクラメガワンダー
前と内が圧倒的有利な金鯱賞で大外をブン回して快勝。同じ戦法を取れば阪神でも通用。
○ディープスカイ
吉田みほ先生の魔の手が迫ってると思われるので、2.3着になってネタを提供してあげて。
▲アルナスライン
春天組か別路線組かで迷うところ。マイネルキッツが立ち回りで勝つ中、真ん中から勝ちに行って2着。力付けた。
△スマートギア
金鯱賞は終わった頃に飛んできて5着。サクラメガワンダーより仕掛けが遅かったのが響いた感じ。ウォッカ回避のおかげでヤネも武豊。


スマートギアのシャドーロールは走りにくくなると思う>胴長熊猫

上半期総集編

早くも前半戦最終週


半年の競馬を振り返って、印象に残ったシーンをランキング化


3位:安田記念のウォッカ
直線であれだけピンボール状態になりながら、前が開いた瞬間に『どけやゴルァ!』という声が聞こえてきそうな豪脚。
牝馬はキレ味っていう認識を変えられた一戦。


2位:オークスのブエナビスタ
多くの人が『終わった』と思われた直線入り口、坂を登って残り200で四位が勝ったと諦めた刹那。
何あれ。
写真判定でしたが肉眼でハッキリ交わしたのがわかるハナ差。3歳牝馬にできる芸当じゃない。


1位:ダイヤモンドSのモンテクリスエス…の調教VTRを見る女の子2人
(併せた相手に3馬身4馬身と離されるモンテクリスエスを見ながら)
女A「えー、コイツ超弱いじゃん」
女B「でも1番人気だよー」
女A「マジで!?みんな頭悪いんじゃないの?」
女B「だね。絶対ないよ」
この会話を聞きながら、下のセリフを押し殺しました


『併せた相手、ダイワスカーレットだよ?』>胴長熊猫

ナイトメア・シティ競馬

下ネタは反応がいいな


「お馬さんは立ちバックが基本だから背上死だろ!」とか「何で貴様ごときが腎虚などという難しい単語を知っている?」というメールが。
2人とも正月以来のメールがソレか。
帝王賞
◎アロンダイト
JCダート自体、セコい勝ち方だったので評価しにくかったけれど、だいぶ復調してきたとみて
○ボンネビルレコード
やはり君は中央にいるべき馬じゃないのだよ。
▲フリオーソ
連覇は確かに簡単ではないが、バグパイプウインドやアンパサンドに遅れは取らないだろう
△スズノマグマ
最近の交流重賞は条件戦を勝ち上がった勢いで上位に食い込むことがあるので少し警戒


パルス藍住に直行>胴長熊猫

さらば音速の貴公子

アグネスタキオン逝去


今年のクラシックでもジェルミナルでお世話になったアグネスタキオンが亡くなられました。
颯爽とクラシック戦線に現れ、後のGI馬2頭を寄せ付けず無傷で皐月賞を制したものの故障で引退、種牡馬入りし、今日急逝。
その名の通り、人に考える時間も与えないかのような速さで駆け抜けた馬生でした。ただただ合掌
ちなみに、死因ははっきりしないらしいんですが、まさか…腹上Sゲフンゲフン!
腎きY…ゴホンゴホン!


下ネタかよ>胴長熊猫

何だかなぁ

土曜日から続いたカレーロード


最後のルゥを食べ尽くそうと火に掛ける途中、冷えて固くなったコロッケを発見。
『一緒に温めればいいか』と鍋に投入
うん。朝からアホだわ。
デロデロになったコロッケカレーが目の前に広がっています。


寝呆けてて…>胴長熊猫

そんな気がした

ウォッカ宝塚記念回避


海外で2戦、帰ってきてすぐGI2戦。
ヴィクトリアMは調教みたいなレースだったものの、安田記念はメイチ駆けの消耗戦(ウォッカのみだけど)だったから疲労も蓄まるってもんだ。
海外挑戦もなくなりそうだし、秋天→JC→香港・有馬→引退の流れかな?来年も走る噂もありましたがきっと今回の件で無理をさせない運びになるでしょう。


馬券的には悩みが減っていいんだが…>胴長熊猫

今日のボックス

あ~炊飯器


起きたら蓋が開いて生炊きの米が~
やっぱり8千円の安物じゃ1年が限界か
マーメイドS
◎マイネレーツェル
重賞2勝は阪神。追い込みにくい芝でも来るなら今でも届かないかと。
○ビエンナーレ
佐藤哲のことだから主張してハナへ。安藤勝が競り掛けるか次第で見せ場あり。
▲ムードインディゴ
ローズS2着を軽視してきたものの、汚い馬場も問題なさそうなので
△レインダンス
雨だし(笑)


丼で蓋して炊き直し>胴長熊猫

はじまりはじまり

今日から新馬戦スタート


え、メイクデビューじゃないかって?
細けぇことはいいんだよ!
いきなり絶対本命2頭が破れる波乱の幕開けとなった新馬戦。札幌はアドマイヤマックス産駒が勝ち上がり、早くも新種牡馬から1勝。
サラブレPOG・POGりんでの指名をどうするか悩んだアドマイヤマックス産駒ですが、いい意味で期待を裏切っていただきたい。


P-1では指名するかな>胴長熊猫

たまんねぇ

金も貯まらない


何か今月は支出が多いなぁと思ってたら、仕事が5時に終わるもんだから調子に乗ってクイーン賞やら関東オークスやらを買いにパルス藍住に行ってるからだ。
今日も来てます。門別ナイター競馬…。


夜さこい競馬も楽しみ>胴長熊猫

自信から確信

必然というか当然


先月はPOGのことで一杯になりネタ出しもせずにハガキを投稿しただけあって2P。
いや、むしろあの内容と量で2Pはすごいのかもしれない。出したコーナー全てで載った。


自分のネタが一番つまんねぇ…ふきだシアター>胴長熊猫

今日のボックス

爆睡


プロレスの三沢選手が亡くなったというニュースを見ながらウトウトしていたら10時間連続睡眠。
まだ日曜日で良かった…。
エプソムC
◎シンゲン
先週からノーザンダンサー、重たいSS系、ミスプロのどれかしか来ない東京芝。さらに前走上がり最速なら逆らわない。
○トウショウウェイブ
重たい:ステイゴールド、ゴールドアリュール、タヤスツヨシ、ジェニュイン、サクラプレジデント、ネオユニヴァース、バブルガムフェロー。
軽い:それ以外。
異論は認める。
▲ホッコーパドゥシャ
トップガンはロベルト系になるので本来は無視するはずだけど、トップガンジョーも過去にきていたから特別に。
他のロベルト系、タニノギムレットやシンボリクリスエスは人気ほど走らない。ウォッカが異常なだけ。
△チョウサンデイ
SS系はエイシンサンディもいたな。ニューイングランドとかサンプル数が少ないから一概に東京が苦手と言えないんだよね。


分類するだけでも大変>胴長熊猫

今日のボックス

立ち上がって頭から落ちた


東京2Rワンダーキング…自分にブレーンバスターを掛けてどうするよ?
馬もまさかあんな倒れ方をしたのは初めてだろうな
スーパーコータローは放馬するしやりたい放題か
東京JS
◎エイシンボストン
キャットシーフ産駒が日本の障害重賞に出てると聞いたらアメ公はどんな顔するのかな
○スズカスペンサー
もう阪神ファンも覚えてないんじゃない?スペンサー。
▲クールジョイ
9歳牝馬が重賞を勝つ時代。11歳馬が重賞勝っても驚かない
△リワードプレザン
マチカネフクキタル産駒も障害重賞を走ります。種牡馬展示会か


東京AJが変わったのね>胴長熊猫

戦略は無きに等しく

POGりん、完全単独指名


19人もいて、ある程度似たような所からの情報源で、10頭も指名するのに、誰とも重複しないなんてことが起きるなんて…。


今回の指名ポイント
1.雑誌に載る馬は指名しない
負けるとわかっている戦いには挑みません。
2.名牝・人気のあった馬の下に当たる仔は指名しない
前者で言えばトゥザヴィクトリー・スティルインラブの仔、後者なら安田ろろさんの指名馬を見れば納得かと。~の仔は指名する!という愛には勝てません
3.GI勝ち・重賞クラス常連厩舎・個人馬主は指名しない
松田国厩舎とか、藤沢和厩舎なんか。馬主ならアドマイヤとかフサイチとか。マイネルやシチーは勝ち上がり率で選択されるので同じ部類。最近ならダノン・トーセン・キャロットF
4.馬名が決まってる
未定の馬は管理が難しい(地方所属になると私の携帯版JRA-VANレベルでは対応できない)から。
5.勘
それが~1番大事~♪
途中まで頑張って考えてたけど、名前の決まってるノーザンF生産馬をメモしてたら膨大すぎて飽きたのでノーザンF縛りになっただけのこと。社台F生産馬に辿り着けなかったよ…。


まさかの事態>胴長熊猫

日香哩決戦

マイルって漢字、合ってるかな?


ユニコーンS3連単的中イエー
人気通りだよウゲー
いいもんいいもん24点買いで6070円だからプラスだもん(小学生か)
安田記念
◎アルマダ
2週連続で雨のなかレースをしたせいか、真ん中より外が伸びだした芝。
逃げ馬も真ん中を通りだして後ろからの馬はブン回されて届かないと見る
○ローレルゲレイロ
父も高松宮記念のあと安田記念も3着。同じ道を歩まないだろうか
▲ライブコンサート
買うと来ない切ると来る。今年はこいつに騙されっぱなしなので1年間騙されてみる。
△スズカコーズウェイ
京王杯SC組は軽視されるときほど2着までに飛び込む。カンパニーと迷ったけどオッズで


10万馬券以上でやんの>胴長熊猫

今日のボックス

久々、このスタイル


ダービーをようやく映像で見ましたが、何だか田んぼで競馬してるみたいだ。右回り時代の新潟みたいな(わかりにくい例え)
ユニコーンS
◎グロリアスノア
ダビスタでも乗せたことのない小林慎。こういう騎手に勝たせてあげたい。
○シルクメビウス
田中、多いねん。と言われていた彼もとうとう減量特典が終了。自力で馬を確保しなさい
▲ゲットフルマークス
芝1400で我慢できるならダ1600でもギリギリ持つでしょ?
△カネトシコウショウ
内枠・ローテが心配ですが、まぁ内田博だし。


安田記念も荒れ馬場かな>胴長熊猫

光る星屑を掻き分け

期待の星よ天まで走れ


わかる人にはわかる題名と冒頭の歌詞。
というわけで今年の指名馬5頭。


1.サルヴェレジーナ 牝
父:アグネスタキオン
母:アドマイヤハッピー
毎度のタキオン牝馬。この父からの桜花賞馬を指名するまでは!


2.クラシックセンス 牡
父:ジャングルポケット
母:ネオクラシック
全兄のジャンバルジャンも指名しましたが、今度こその期待を込めて。


3.未定 牡
父:デュランダル
母:ミスベルベール
新種牡馬から。お姉さん同様、クラシック戦線に乗ってほしい。NHKマイルあたりで来てくれないか。


4.ダイワバーバリアン 牡
父:マンハッタンカフェ
母:フェニックスバード
本当は去年指名しなかったネオユニヴァース産駒を選ぼうと思ったのですが、ピンと来る馬がいなかったので。この馬は直感。


5.リシアンサス 牝
父:ロージズインメイ
母:マグダヴィア
去年がネリネで今年はリシアンサスか…来年はプリシラじゃあるまいな?
冗談は抜きにして。
当初は予定のなかったロージズインメイ産駒ですが、やけに導入した方が自信有りげだったので。
個人的には勝ち上がりに苦労しそうな1200~1800の悪い意味で芝・ダート兼用型かな。


目標『新種牡馬からOP馬』>胴長熊猫

終わりは始まり

今期のPOG終~了


ちなみに目標だった『重賞に出走』は、出走どころかジェルミナルが重賞勝利。POGにおける過去最高成績となりました。
ブエナビスタには敵いませんでしたがクラシックを存分に盛り上げてくれたので満足です。
勝ち上がりは2頭。
オッキオディガットは夏の新潟で惜敗したものの年末に1勝。ラッキーポケットもPOG期間ギリギリのところで勝ち上がってくれました。
残念ながらチャームピースは未勝利のまま登録末梢。ドスライスも期間内にデビューできたものの未勝利でした。
来期はサラブレとP-1に加え、えふりんさんのところのPOGりんにも参加させていただき、全部で25頭を追い掛けられるわけですが何とか1頭でも勝ち上がってほしいなぁ。


指名馬はまた明日>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク