パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

激闘の果てに

とうとう青田高校に勝利


やっとエンディングというので、風呂に入ってから別のゲームもしようと思ってたら


ウウーウゥゥ!(甲子園のサイレン音)
  VS 南波高校OB


藤村さん甲子園のライン引きになってたんじゃないんですか?くそっ、豆タンまで連れて来やがって!


ふぅーぅぅぅ…(ため息)>胴長熊猫
スポンサーサイト

快挙

ノーヒッター達成


投げたのは僕じゃないけど。後輩の子が四球2、失策1で安打0に抑えてくれました。5-0の快勝。

今日は1番レフトで先発出場、3打数1安打1得点。
三振・遊飛・中安
おそらく全世界の野球チームの中で一番脚の遅い1番バッターでしょう。50m7秒フラットの鈍速が駆ける!


早くも筋肉痛が…ッ!>胴長熊猫

今日のボックス(フローラS&アンタレスS編)

あっはっは


みんな僕の印を消して儲けてくれたかなー!?(ヤケ)
ちなみに胴長のお兄さん、今日は草野球で広島に来ているから馬券は買えないよ!試合時間とかぶりまくり!

フローラS
◎サンテミリオン
格差クラシック説を提唱している手前、いくら人気といえども外せない。
難癖を付けるなら初めての東京コースと母父ラストタイクーンだが、父はゼンノロブロイで前からも競馬ができるしやっぱり連軸はこれか。
○ブルーミングアレー
どの競馬場でもこの馬なりに力を発揮するタイプで、毎年いる「最強の1勝馬」は彼女かもしれない。
▲マシュケナーダ
トライアルになると権利を取るために馬場を考慮した逃げ馬が発生しやすいが、父アグネスタキオンなら切れ味も東京向きだろうしハイペースになれば飛んでくるかも。
△ベストクルーズ
できれば桜花賞を使いたかったのだろうが、前が有利なチューリップ賞やフラワーCは展開が苦しかったか。
上がりの脚がしっかりしているから調子が悪いわけではなさそうで、ここも展開一つ。クロフネ産駒なので評価は一枚落ち。


アンタレスS
◎ラッシュストリート
行くだけ行って後は野となれ山となれ。
好調時にまとめて稼ぐマーベラスサンデーだし、やりあいを懸念してペースが落ちれば。
○トランセンド
実力はあるのだろうが、中央の重賞に出るたびに跳ね返されてきたが相手も似たようなタイプが揃ってきたし世代の中心として頑張ってほしい。
▲フサイチピージェイ
前走はスタートがすべて。
同じあぶみの鉄は踏まないだろうし、この枠からならスタートしやすいだろうから。
△ダイシンオレンジ
平安S組がその後もう一つなのが気掛かりですが、安定感は買えるし京都実績もあるので。ただ連下までかな。


ド畜生>胴長熊猫

今日のボックス(福島牝馬S編)

本日は仕事なり


よって馬券が買えないわけだから予想の意味を成さないのだけれども、きっと世界に1人はいるかもしれない胴長熊猫の◎を消して儲けている人間のためだけにブログを書くのです。

福島牝馬S
◎ムードインディゴ
久々の競馬になりますが前走の愛知杯では前残りのなか後方からだったのが響いたのでノーカウント。
逃げ馬が外に入ったのでペースも緩みにくいだろうし今度こそ。
○ジェルミナル
中山牝馬Sは調教師も足慣らしの1戦という感触だったので惨敗も納得。
ただヴィクトリアMへ向かうなら2戦目のここは格好くらい付けてほしい。
▲コロンバスサークル
重賞初挑戦ながら4着に健闘して今回も人気を背負う形ですがホワイトマズルなら少々荒れた馬場の1800のほうが走りやすいのではないだろうか。
△ダノンベルベール
2歳時にはブエナビスタと接戦を演じていたわけだし、センスだけならここでもヒケは取らない。
問題は11ヵ月ぶり。


当たっても悔しい>胴長熊猫

あるまじき作戦

引き続き大甲子園


やっとのことでクリーンハイスクールを撃破したのも束の間、春夏連覇をめざして突き進む明訓高校に中西球道が…。
彼の超速球を当てられるのが岩鬼・殿馬・山田だけなのに下位打線の上下からでは……とか言ってられない!蛸田がホームラン打ちやがった!焼け石に水!


今川、上下、蛸田、高城くんたちに顔グラ用意してやれよ>胴長熊猫

懐かしきかな

壮観な絵図


会社の配送担当の方が「ファミコンとスーパーファミコンのソフトいらない?」と聞いてくるので『何があるんですか?』と聞き返したならば


「お望みのものがあるか知らないけど、とりあえず2000本あるから」


たくさんもらった中から今は水島新司の大甲子園をやってます。クリーンハイスクールが強すぎるぜ。谷津の顔がザコと同じなのが気に食わないぜ。
さとるボールより高めのボールから落とすカーブのほうが役に立つ。



フォアマン打ちすぎ!>胴長熊猫

4/18開催

そうかそうだったのか


散々『今年は格差クラシックだ!』と言ってきたのに、そのレースレベルの取捨を取り違えては意味がないわけで。
ヴィクトワールピサが強いのは間違いないと思っていたがヒルノダムールを物差しにしていたことと、NZTでスプリングS4着と弥生賞4着が対決して前者が完勝だったことで【スプリングS>弥生賞】と断定してしまったのが敗因でした。
となると、ヒルノダムールを競り落としたペルーサの評価は?とか色々と妄想が広がりますが、牡・牝ともに下位の馬には逆転の目が無さそうな一冠目だったのではないでしょうか。


エイシンはエイシンでもフラッシュのほうだー!>胴長熊猫

今日のボックス(皐月賞編)

正直、スマンかった


◎を打った馬がもう一つなのが…とか言っていたが、まさか落馬競争中止だなんて。2、3着がいい感じだっただけになぁ。
「メルシーはメルシーでもモンサンのほうだー!」って、やかましいわ。
皐月賞
◎ローズキングダム
前走で人気も少し落ち加減だが、権利を取り損ねたわけではなく仕上がり途上だった面を考えれば今回は買い。
調教師もクラシックをナメたような口を利いていただけに、あの敗戦がプラスになったはず。
○アリゼオ
本当はこの馬が本命の予定でしたが大外に入ったので少し評価を下げた。横山典のことだから何か考えて乗ってくるだろうが、ペースのカギを握っていると思われる。
▲ネオヴァンドーム
未勝利を勝つのに少し手間取ったものの、返す刀できさらぎ賞を取ったのは能力か。
直接対決の少ない組から穴を探したかったわけだが、逆にきさらぎ賞以来というのも引っ掛かるなぁ。
△エイシンフラッシュ
昨日の中山GJでも人気のないメルシーが来たし、ここも人気のないエイシンから(笑)。
だが、さすがに頭までは苦しいか。


頼むから怪我しないで>胴長熊猫

今日のボックス(中山GJ&マイラーズC編)

福島競馬が雪で中止


本当にここは日本かー!?いつのまにか北欧になってないか!?
やっぱり異常気象は温暖化とかが影響してるのかなぁ。寒い寒い。
中山GJ
◎メルシーエイタイム
今回は人気だけど、メンバーを考えれば仕方ないか。本番前に平地で叩くのもお馴染みなので相変わらず調子を掴みにくい馬ではある。
このところ自分が本命を打った馬がもう一つなので飛ばないか心配。障害だけに。
○オープンガーデン
他の競馬場では走らないが中山コースなら少々。ゴーカイ産駒には頑張ってほしいものです。
▲トーワベガ
勢いのあるうちは格上相手でも勝負になるアドマイヤベガ産駒だけに連勝してGIに挑める今回が一番のチャンス。6歳でも若い部類に入るメンバーだけに上がり目もあるはず。
△マヤノスターダム
休養前は重賞でもやれていたし、障害界の明日を背負う小坂騎手なら何とかしてくれないか。


マイラーズC
◎セイウンワンダー
正直、ちっとも予想が立たなかったので割りと適当です。
ここを見た方は僕の印を外して買えば当たるかも知れませんね。
○トライアンフマーチ
前走はチグハグな競馬になってしまい見せ場もありませんでしたが、広いコースに替われば脚も使い易いかも。
▲リトルアマポーラ
中京記念は展開自体が特殊だったため度外視。2、3着馬が大阪杯で飛んだのも納得。
阪神牝馬Sを回避して紅一点ながらこちらを選んだのを注視。
△ライブコンサート
金杯で来たのにビックリした後の2レースが案外だったのが引っ掛かるものの、馬場が渋れば父シングスピールのような切れ味よりも粘りのタイプが有利かも。


エコエコ>胴長熊猫

ヒドイとか言ってられない

念願のイラストネタが載ったどー


500万下のイラストは電波少年のアレ。
ポップロックが首を振ってますが当初は右の顔はコスモバルクで『ココどこですか?何でワタシこんなところにいるんですか?』の予定だったけども、描いてる最中にバルク回避したのを受けて変更したもの。いや、我ながらナイスリカバリー。
ロールシャッハテストは下書きもなしで描いていたらあんなことに。あわわ。


空間把握能力が著しく欠如>胴長熊猫

今日のボックス(桜花賞編)

知らぬところで


昨日のメインは散々だったものの、その後の花見山特別と姫路特別を3連単で取れたおかげで資金繰りは何とかなりました。いやぁ本当に……助かっ……た!
桜花賞
◎ラナンキュラス
前走は1ハロン短いかな?というイメージで、最後にやられたものの権利は死守。
父スペシャルウィークなら少しでも距離が長いほうがいいだろうし、母ファレノプシスだからね。
○アパパネ
2歳女王がしっかりトライアルでも走って、仕上がり良好そうで文句はないけれど母父ソルトレイクがどうしても引っ掛かって。
▲アプリコットフィズ
父ジャングルポケット、クイーンC以来と消す要素を差し引いても前走のレースぶりは目を引いた。
来るなら1着、来なかったらオークス(みんなそう思ってるだろうけど)。
△アニメイトバイオ
今回の人気馬は後ろから行く馬が多いので、前からでも競馬ができる馬は要注意。ただ奇襲を仕掛けて押し切れるレースでもないだろうから連下まで。


好事魔多し>胴長熊猫

今日のボックス(NZT&阪神牝馬S編)

思わぬ副収入


昨日の帰りにタイムカードと一緒に渡された封筒。これは何か?冬期賞与が出なかった分?


事務「去年は社内旅行がなかったから積み立ての旅費を返しますね」


別に給料から天引きされているわけだから儲かったわけでもないのになんだろう、この、幸福感。
NZT
◎キングレオポルド
次鋒・レオポルド行きます!グギャー!(違)
マンモスマンのいないここは負けられないぜ。
○コスモセンサー
石橋脩がGIを見据えて控える競馬とかアホなことを考えていなければ。
この枠からでは逃げる気持ちでいないと何もできないことくらいわかっているはず。
▲ダイワバーバリアン
やけに人気だけどそこまで強いか……?
弥生賞の時点でクラシックでは掲示板も怪しい実力というのがわかったからマイル路線というのは死亡フラグではあるのだが。
△エーシンホワイティ
ファルコンS限定かなと思っていたけど、この馬に限ればマイルでも競馬にならないわけじゃないし、無欲に差しに撤して3着くらいまで。


阪神牝馬S
◎ヒカルアマランサス
京都牝馬Sでは1頭だけありえない位置から追込みを決めていて、メンバーに逃げたい馬がいる今回も流れは向きそう。
○プロヴィナージュ
秋華賞をフロック視され続けていたものの、ようやくここにきて復調の兆し。牝馬は格より調子。
▲ブロードストリート
前走の六甲Sはいかにも足慣らしと言わんばかりの仕上げで、今回は多少なり状態も上向いて。
△コウユーキズナ
ダートで惨敗を喫しているが、昨春の阪神1400で人気薄ながら連続3着に入り続くレースではエイシンパンサーに勝利。得意コースなら前進があっても。


GWまで持つな>胴長熊猫

そして伝説へ

まさかな話


先日、入社された新人さんが早くも社史に残る伝説を残してくださいました。


胴長『大変です!新人さんが倒れました!』
課長「なにぃ!?何をやらかしたんだ!」
胴長『会社に来ていた献血に協力したら貧血で倒れました!』


事務所内、笑った笑った>胴長熊猫

4/4開催

ビバ・ボックス馬券


┌○┐
│大|ハハ
│勝|゚ω゚)
│利| //
└○┘ (⌒)
  し⌒


苗たちに除草剤を散布したあとにウインズへ。
ダービー卿は正直、皆目わからなかったが『前は残るみたいなのでマイネルファルケは堅いかな。産経大阪杯は当たっても池添が頭じゃ安いなぁ』
などと考えていたら見事にスタートから後方。Bコース替わりを利してテイエムが早めに抜け出して頭は決まった!2着争いで『幸ぃ!』の大絶叫。あれで1000倍。
根岸Sといい、当たるときはデカく外すときはサッパリなのが人としてどうかと思うけど、3月全敗だった汚名を返上。ボックス予想“だけ”ならまだプラス計上ですよ。


だが、逆に考えると今月は打ち止め……?>胴長熊猫

今日のボックス(ダービー卿CT&産経大阪杯編)

苗の養生中


モサモサした苗を見ていたら自分の髪の毛を感じますな。散髪もしないとなぁ。
米だけどターフとか言ってみる。
ダービー卿CT
◎マイネルファルケ
松岡騎手がセイクリットバレーに騎乗しますが今年は乗れている石橋脩。意地でも逃げたい馬が見当たらないしマイペースならギリギリ残してくれるかも。
○ファリダット
去年の今頃も周囲をヤキモキさせる競馬を続けていて前走も4着。ちょっとハンデが重すぎる気が……。
でもGIを考えたら賞金は加算しておきたいし、何より個人的に安田記念に出てきてほしいので。
▲トライアンフマーチ
高松宮記念に流れたい気持ちをグッと堪えて実を取りにきたなら。ハンデ戦のおかげで極端に人気にもならないし。
△アーバンストリート
スウェプトオーヴァーボード産駒は平坦向きだけど、前走で幾分復調の気配を見せていたしBコース替わり1週目なら差すには内枠からか。


産経大阪杯
◎ドリームジャーニー
まぁ仕方ないか。
過去にも人気で飛んだGI馬はいるけど、今回のメンバーで後れを取るようでは年度代表馬はまた牝馬に持っていかれるぜ。
○ゴールデンダリア
この馬も相変わらずよく買うなぁ……。
そのうち穴を開けてくれる気がするわけですよ。気が。
▲ヤマニンキングリー
柴山や赤木じゃなくて藤田を乗せてくる辺りがイヤラシイ。
奴は人気云々関係なしに大逃げを打ってくるから危険だ。
△テイエムアンコール
馬場や展開は問題なく自分の力は出すタイプで、ここも池添マークからどこまで。


風が強いと水が飛ぶ>胴長熊猫

天と地と

通常運転初日


新しく入ってきた主任は前にこの部署で仕事をしていたので何も教える必要がないというか自分がまだまだ教わる立場。代わりに出ていった主任は、いわゆる怒られ役で何かに付けては雑用を押しつけられていたのです。
それゆえ係長からすれば使い勝手のいい部下が、主任とはいえ年上で機械の知識も豊富で選別もできる人を顎で使うわけにも行かずフラストレーション溜まりっぱなしでした。係長とすれば次の標的は僕なんだろうけど、知識も技術も4分の1人前なので迂闊に頼めないことが奏功してる感じ。刃物なんて変えられないぜ。
昨日、出てきた新入社員さんにとりあえず年上だから敬語で挨拶したらより低い腰で挨拶された。日付が変わるまで仕事していた前の職場が嫌で工場を選んだらしいが、やっぱり子供の顔が見られないお父さんは淋しいものなのかね?


これで社内に同性が4組も>胴長熊猫

真実に目を

エイプリルフール


そこかしこで4月1日恒例のウソや冗談が飛び交っていますが、本当に困るのは真実を告げられることだと思うんだ。
そう。
隣で辞令を受けた先輩のように。
今年の新入社員が僕より年上なのに下に就くように。


敬語で呼ぶべきかタメ語で呼ぶべきか…>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク