パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(日本ダービー+α編)

さぁダービーだ


毎年このレースを境に衣替えしていたのですが、今年は朝から肌寒いのでパーカーに出動してもらっています。とりあえず草野球の前にウインズに寄らないとなぁ…。
日本ダービー
1枠1番エイシンフラッシュ
皐月賞はトライアルを叩けない誤算があったものの3着に滑り込み、中山適性の高さを見せた。それだけに東京の広いコースで瞬発力勝負になるとやや見劣るか。
1枠2番レーヴドリアン
皐月賞のあと賞金が足りないかもしれないと京都新聞杯に回ったが3着。結果としてダービーへの蛇足となった感は否めない。
今年ほどメンバーが揃わなければ主役級の脚は持っているだけに一工夫ほしいところ。
2枠3番ルーラーシップ
プリンシパルSを勝って勇躍ダービー挑戦となり良血開花……なんてどこかの血統屋あたり記事にしていそうだが、勝てる相手を選びながら番組を使っている気がするし、実際に毎日杯で力負けしていた割に過剰人気かなと。
2枠4番サンディエゴシチー
昨年の札幌2歳S以降、下り坂を転げ落ちているが東スポ杯2歳Sのようにスタミナに任せて直線先頭のような気風のいい競馬を見せてほしい。
3枠5番コスモファントム
京都新聞杯2着でここらはラジオNIKKEI杯2歳Sでヴィクトワールピサと接戦を演じただけのことはあると思わせてくれた。
ただ父ステファンゴッドイーヴンはシアトルスルー系で母はナスルーラ直系のスピード配合。2400は長いか。
3枠6番▲アリゼオ
皐月賞の敗退で評価を落としてしまったが、スプリングSや共同通信杯のように前からも後ろからも競馬になる完成度は武器になる。ウィリアムズのような外国人騎手も広いコースでの追い比べに持ち込んでこそ真価を発揮するはず。
4枠7番◎ヴィクトワールピサ
前売り1番人気を譲りはしたが仮にもこちらが皐月賞馬。期待値込みの馬券にせず今一番強いと思う馬に本命を打つ。
4枠8番ローズキングダム
ダービーはそもそも「運の良い馬が勝つ」と言われたレース。
スプリングSで地運、皐月賞で天運、そして小牧騎手騎乗停止で人運まで失った今回はあまりに辛い。
5枠9番○ペルーサ
若葉Sではヒルノダムールを寄せ付けず、青葉賞は能力の違いを見せ付け堂々の1番人気。
どうしても藤沢和厩舎が引っ掛かるのと、ダービーを勝つ馬は「中山は~とか小回りは~」と言い訳してほしくない。
5枠10番トーセンアレス
ユニコーンSを蹴ってダービーに出る気概は評価したいが、いかんせん今年はメンバーが悪すぎる。芝で頭打ちになったあとだけになおさら。
6枠11番ハンソデバンド
共同通信杯ではダノンシャンティ・アリゼオを下して一躍クラシック戦線の仲間入りを果たしたが、皐月賞は最下位。
東京のほうが競馬になるかもしれないが、最下位になるにはそれなりの理由があるだけにどれだけ建て直したのかが微妙。
6枠12番ヒルノダムール
皐月賞2着馬はダービーで舐められていたら買い、評価されていたら消し。
3番人気が評価されているのかは人それぞれかもしれないが、個人的には人気のチーフベアハートを東京で買う気はない。
7枠13番ゲシュタルト
皐月賞のレース振りから京都新聞杯では本命にしましたが、あくまでもトライアル的な考え方であって本番ではやはり一枚落ちると評価。何だかサンエイソロン(古い)の香りがするし。
7枠14番△リルダヴァル
最後までこの馬に印を打ち続けましたが、昨秋に「ダービー候補」として挙げられ骨折を挟みながらダービーまで駒を進めたわけですから当時発言した奴は責任持って買いなさい。
7枠15番メイショウウズシオ
誰?
調べたらフリージア賞の勝ち馬で京都新聞杯4着。それなりの相手にそれなりの結果で。ここも入賞を果たしてほしい。
8枠16番シャイン
去年の今頃、誰がメイショウドトウ産駒の彼がダービー出走を果たすと考えていたでしょう。それだけでも十分に価値がある。
和田騎手がコスモファントムじゃなくてシャインに乗ってるのもまた。
8枠17番トゥザグローリー
だからクラシックに地方騎手を代打で乗せるのは死亡フラグなんだって!ただでさえ経験の少ない東京芝2400で、GIなんて乗ったことがないわけだから地方で何回乗っていようが該当レース1回分にはならないって!
POGでこの馬を選んだ人は「よく間に合ったな」とか言いそう。
8枠18番取消ダノンシャンティ
松田国調教師は明日1日正座して反省すること。あと来シーズンからマツクニローテを禁ずる。


仕事より早起き>胴長熊猫
続きを読む
スポンサーサイト

今日のボックス(金鯱賞編)

怒濤の土曜日最終週


GWに端を発する土曜出勤も今週で最後。お盆まではずっと土曜日がお休みになります。まぁ、工場の特権かしら。
金鯱賞
◎ナムラクレセント
天皇賞・春はさすがに距離が長かったか、これといった見せ場もなく敗退。
やっぱりこの馬は京都が得意というより直線平坦の1800&2000なら安定するタイプじゃなかろうか。
○ドリームサンデー
前走はダートで、その前も道悪だったり放馬したりで実力を発揮できなかった原因がハッキリ。今回は久々にゆったりと先行できそうだしタイキシャトル産駒でも2000はギリギリOKという馬なので。
▲タスカータソルテ
海外遠征後、体調を崩したのか休みがちになっていましたが徐々に復調の気配を見せて叩き3戦目。人気どころが休み明けばかりなので順調度を活かして善戦以上まで。
△ホワイトピルグリム
昨年の3着馬。
今年の1月にOP復帰して中山記念は大雨にたたられ、中京記念は前残りのなか後ろから競馬をしてしまった。昨年のように好位から馬群を捌いてくる競馬ができれば今年も3着(ん?)。


明日…野球なんだよな……>胴長熊猫

妙な運の使い方

久々に麻雀


営業担当の方が「出先から大量にお酒やお菓子をもらったので麻雀やろうぜ」というので、フリコミ担当の胴長さんは半ば強制的に上に座らされるのです。


配牌
一萬一萬五萬五萬二筒二筒一索一索八索八索九索九索白


一巡目東家 捨て牌・白


胴長『あ、ロン。人和……?』


人間相手の4人打ちで初役満が人和>胴長熊猫

ようかん

金曜日に商品がいる


このブログでも何度か出てきた、特殊な塗料を使った商品。
一度、塗料の封を切ってしまうと固体になってしまうため先週に取り寄せてあったのです。

胴長『さて、計りましょうかね』
パキッ!カポン!(塗料の蓋を開ける音)
胴長『よっ。』(塗料を機械の塗料桶に移す作業)
シーン
胴長『……?』
ブンブン!
胴長『出てこない…?』


中を覗くと見事にプルンプルンの半固形物質が鎮座されておりましたよ。上司が許すならこの一斗缶を四方で切り取って中身を見たかったな…。きっと自立しただろう。


コーヒーゼリーかも>胴長熊猫

今日のボックス(オークス・スペシャル編)

体調、若干上向き


昨日ほどではないにしろまだ胃の中がズーンと重く、空腹時の胃痛が半端ないため常に水分で紛らわせていたらお腹を下した次第。
だが、これには正露丸が効く。
オークス
1枠1番コスモネモシン
フェアリーSの勝ち馬だが枠に恵まれた感は否めないし、東京でも2戦してオルレアンノオトメに競り負けるようでは。小回りなら今後も注意。
1枠2番アグネスワルツ
長期休養明けでフローラS2着と、伊達にワイルドラズベリーを破ってはいない。
ただ柴田善は大逃げを打つタイプの騎手でなく他に逃げる馬がいれば控えて折り合うため、GIで勝つためにはマイナス。
2枠3番◎アプリコットフィズ
ベタですいません。
それでもクイーンCの勝ち方はオークスを感じさせたし、桜花賞を叩き台にして望むようなローテなら買わざるをえない。
2枠4番ショウリュウムーン
何で1番人気なのか。
確かにアパパネに勝ってはいるし、桜花賞もあわやの展開だったが…。内田博への乗り替わり以外は買う要素は見当たらない。
3枠5番ギンザボナンザ
これまた謎の乗り替わり。
これまで乗っていた北村宏に替わり池添。GIで一発があるかもという目論みかもしれないが連続して乗せていた騎手を替えるのは牝馬のレースではどうだろうか?
3枠6番△オウケンサクラ
バゴ産駒がどの程度やれるか疑問だったが、ここまでのレースを見る限りやっぱり中距離以上を前で踏張るのがよさそう。
今回は前に行く馬がいるだろうから無理せず好位から抜け出す競馬で。気になるのはデビューから休みなく使われ8戦目で、上がり目があるかどうか。
4枠7番ニーマルオトメ
そしてこの馬に北村宏。
単純に余っていたからだろうし同型がいる今回はさすがに割引。
4枠8番プリンセスメモリー
クイーンC2着があり、毎回いい脚を使ってはいるがスウェプトオーヴァーボード産駒に2400は長すぎる印象。ダリア賞勝ちがあるように関屋記念あたりで狙ってみたい。
5枠9番モーニングフェイス
抽選を潜り抜けて出走を勝ち取り、血統も2400は問題なさそうだが、そもそもミモザ賞も忘れな草賞も敗者復活戦の色合いが濃く少頭数だったのもあってイマイチ評価できない。
実際、東京2400でも負けているし…。
5枠10番タガノエリザベート
ファンタジーSを勝っているが、あのレースの週は「前に行かないと競馬にならない」と人気どころが前に行きすぎて後ろ有利になっただけで、実力は個人的には疑問符。すみれSでもスローのヨーイドンで後れを取ったし今回もなし。
6枠11番ブルーミングアレー
アパパネやエイシンフラッシュなどと接戦をするものの実はまだ500万条件の身。
堅実なレースぶりは評価するが大舞台での一発までとなるとさすがに厳しいか。ヤネは好きだけど。
6枠12番トレノエンジェル
お母さんもオークスに出ていて、密かに母娘出走を達成(笑)。
父タイキシャトルで2400は苦しいかもしれないが、お母さんより上の着順を目指してほしい。
7枠13番アニメイトバイオ
桜花賞はまさかのマイナス20キロを計時して8着に大敗。しかも内田博を奪われた中での本番。
個人的に後藤騎手は距離が延びるほどGIでは買えない騎手なので何か企んでいそうだが敢えて無視で。
7枠14番▲シンメイフジ
フラワーCは馬場を考慮したのか突如として前に行き5着。桜花賞は今まで通り後方待機から鋭進して6着。
なかなか思うような競馬ができなかったが決して具合が悪いわけではないし、父フジキセキの呪いをダノンシャンティが取り払ってくれた気がするので。
7枠15番エーシンリターンズ
いい競馬をしても人気にならなかったが、ようやくそれなりの人気に納まってきた。
個人的には前走で品切れのように感じたし、母父キャロルハウスといってもスローの切れ味勝負になったら分が悪そうなので。
8枠16番ステラリード
昨夏の勢いはどこに行ってしまったのかと思えるような下降線。
オークスとは関係ないが、この厩舎はときどき無謀とも思う登録をするので誰か止めてあげてください。
8枠17番アパパネ
NHKマイルに行くと思っていたら見向きもせずここへ。
距離が不安とマスコミが言うときは得てして逆の結果に終わるものだが、母ソルティビットでその前もボールドルーラー系。スタミナの出所を説明できない血統構成だけに頼みは地力。
8枠18番○サンテミリオン
この枠は想定外だったかもしれないが、桜花賞をパスしてまでオークスに絞った陣営を信じたい。
もともとオークスはトライアル組を買わなかったきらいがあったが、今年の状況なら。


携帯で書くのがしんどかった>胴長熊猫

明日のボックス(東海S編)

激しい変調


妙な嘔吐感に襲われて飛び起きた今朝。
このところ胃のもたれ加減が半端なかったので胃薬を服用。効かず。困ったときの正露丸。効かず。
込み上げてくる胃液にどうにもならなくなりヤケクソでバファリン服用。効いた。
安堵感に満ちた脳みそが記憶を思い出させる『そういえば胃潰瘍で緊急入院したときも同じことをしたなぁ…(大学4年の3月)』再発か…?
東海S
◎マコトスパルビエロ
京都ダ1900は何故か1800と100mしか違わないにもかかわらず中盤から激しいマクリ合戦になることがある。
こうなると例えスローになっても逃げ馬には厳しいのでロングスパートに耐えられそうなタイプで。
○シルクメビウス
前走は展開が向いたように思えたが案外。やはり休み明けが堪えたか。
叩いて2走目の今回は今後ダート地方交流競争で安全に出走できるよう少しでも賞金がほしいところ。
▲フサイチセブン
フサイチペガサス産駒ながら2500もこなす長距離型。前述のような展開になったときにヤネが対応できるかが心配。
△ボランタス
昨年のこのレースで頑張っていたように、ロングスパートのスタミナ比べならドンと来いのティンバーカントリー産駒。
前走はやっぱり距離が短かったみたいなので、今回は人気もないし残り1000くらいからでも自分から動いて乱ペースを演出してほしい。


ストレス溜まってるのかなぁ?>胴長熊猫

さらば安息の日々

課長が出張


係長も出張。
主任は怪我中。(DMMのリズムで)

管理者がいないとノビノビ仕事します。別にサボるわけじゃないけど、監視されないほうが効率が上がる感じ。「仕事しろ!」と言われると逆にやる気が削がれる。小学生か。
だが、心穏やかに仕事ができていいなぁ。


ドカーーン!


うん……みっちゃん(先輩)溶接とスパナと六角レンチを用意……。


駆動シャフトが折れた>胴長熊猫

今日のボックス(ヴィクトリアマイル編)

寿司ならず


荒れるとは思っていたが、見当違いだったなぁ。
昨日の仕事中、ゴム手袋に穴が開いていたのを気付かず塗料桶に手を突っ込んだせいで……なんだろう?
赤いなら真っ赤、青いなら真っ青たが、灰色の場合は……?
ヴィクトリアマイル
◎ブエナビスタ
○レッドディザイア
どっちがどっちでもいいよ。もう。
穴党の人間は間違いなくこの2頭を除いた馬を全部ボックスで買ってるだろうけど、そういうときに限ってどちらかは3着に残ったりするんだよね。
▲ミクロコスモス
重賞級と言われながらなかなか開花しなかった昨年から、ようやくOP入り。勝負付けが済んだ気がしないでもないが、ひょっとしたら力を付けた今なら…?
△ベストロケーション
年明けから順調に来ていたが、前走で久々に掲示板外。
ただいい枠に入れたし無欲に先行からなだれ込んでくれれば。


真っグレ?>胴長熊猫

今日のボックス(京都HJ&京王杯SC編)

土曜仕事は嫌どす


GWのあおりを受けて今月は土曜日がすべて出勤日。いっそのこと携帯から馬券を買えるようにしたいけと、そうなると間違いなく船の中でカードじゃんけんやらされたり細い鉄骨の上を歩かされたりするのでやっぱり地道に働くことにします。
京都HJ
◎ゴールデンシャイン
2戦続けて人気を裏切る結果になっていますが、大崩れしたわけでもなくこの馬なりに走っているし初勝利を挙げた京都コースに戻るのも良さそう。
○エーシンディーエス
休む前の安定感はメンバー随一ながら、やはり5ヵ月ぶりは気になる。
最内枠を引いたので、スタートしてから最初の障害を飛ぶまでに絡まれなければ。
▲コウエイトライ
一時期の勢いが完全に失われていて前走も途中でレースをやめるようにズルズル後退したのは気掛かり。
それでも良い時を知っているだけに何とか上位争いできるところまで帰ってきてほしい。
△シースピアー
未勝利を脱出するまでかなり時間を要したものの、その後も相手なりに善戦をしていて要は自分のタイムとレースタイムが合えば好走するタイプか。


京王杯SC
◎エーシンフォワード
突出した馬が見当たらない今回は安田記念へ向けての足慣らし感が否めないところ。デキ自体は置いといて前で踏張ってどれだけ粘れるか。
○リキサンファイター
前走は後ろからになって展開も不向き。錦秋特別で2着があり、最近は1200が主戦場でも1400は守備範囲か。
▲ダブルウェッジ
前に行けば勝てるアーリントンCから1年。さすがに前走は無理があったがダートだし度外視していいか。
NHKマイルほどペースが上がらなければ再現も。
△グッドキララ
ここまで書いてて、これ万が一にも当たったらとてつもない配当が予想されるので2400円が痛くも痒くもないブルジョワの方はこの馬券を買い、僕に回ってない寿司とか奢ってくれると嬉しいです。


焼いた鉄板の上で土下座とか>胴長熊猫

5/9開催

唸るのみ


ダノンシャンティが強かったというのもさることながら、安藤勝は騎手心理を巧みに突いた好騎乗だったとも見えました。
東京9Rで横山典騎手が人気馬に乗りながら後方で脚を余して負けたのを見て『これは前に行かなければ勝負にならない』と多くの人が感じたはずで、結果としてコスモセンサーはハナを叩かれガルボやサンライズプリンスといった馬達が必要以上に押していったことがあのレコードに繋がったのでしょう。
ともあれ今年のダービーは近年稀に見る混戦が予想されて非常に面白くなってきたのが個人的にとても楽しい。やっぱり強い馬が強い勝ち方をして頂点でぶつかり合うのが一番ファンが望んでいる形なのかもしれません。


ダイワバーバリアン少しだけ夢を見たけどなぁ>胴長熊猫

今日のボックス(NHKマイル編)

POG馬2頭出し


サラブレPOGとPOGりんの両方からGIに出るのも今回で2回目。ジリジリと右肩上がりに成績が向上するのが嬉しい限り。
だが、キングレオポルドはアレだね…稽古といいヤネといい、その……いい思い出に……かね……?
NHKマイルC
◎ダイワバーバリアン
今年のPOG最後のあがき。
母父キングマンボだけに少しでも馬場が荒れてほしかったが、天気には勝てないので自分から動く競馬でカバーしてください。
○ダノンシャンティ
実力があるのはわかっているが、調教師がダービーのステップとしか考えていないことと、父フジキセキがどうしても引っ掛かるので本命は外す。
▲ニシノメイゲツ
去年の朝日杯FS以降、展開に恵まれなかったり出遅れたりとなかなか思ったような競馬ができませんでしたが、東京1600ならマギレも少ないだろうしようやく脚を使えるようになるかも。
△キョウエイアシュラ
2歳で燃え尽きる早熟型だと思っていたら、ここ2戦は意外にも走る気配を見せていて無下にできなくなった。
スウェプトオーヴァーボード産駒なので頭は期待できないが、3着なら。


POG初参加は誰もデビューしなかったなぁ>胴長熊猫

今日のボックス(京都新聞杯&新潟大賞典編)

この時間に更新


ということは、今日も出勤なのです。
朝食の味噌汁をすすりながら気付いたのは『油揚げと豆腐の味噌汁て、どんだけ大豆好きやねん』
京都新聞杯
◎コスモファントム
芝を使うようになって重賞級の馬達と好戦したように、単純能力なら一枚上。
4ヵ月ぶりは気になる材料だが、むしろ楽しみかもしれない。
○ゲシュタルト
差し馬に水を空けられた恰好の皐月賞でしたが、止まったわけではなく最後までしっかり粘れた。中山最終週よりは前で競馬はしやすいだろうからダービーに向けてもう一度。
▲アドマイヤテンクウ
弥生賞はマイナス20キロと完全に論外。
皐月賞を無理に狙わずに、仕切り直しの意味もこめてここを使うのも好感。距離はこれくらいが限界かもしれないが。
△ハードダダンダン
なんて実況しにくい馬名(笑)。
階段を一歩ずつ上がるように未勝利を勝ち上がってきていきなりの重賞ですが、ダンスインザダーク産駒ですしダービー云々は置いといて京都のここは狙ってみてもいいか。


新潟大賞典
◎セイクリッドバレー
OPクラスに入ってからも掲示板を確保してメドはたった様子。
昨年の夏にも信濃川特別を勝っており、同コース実績もあるここらで見せ場がほしい。
○マイネルスターリー
ここ数戦チグハグな競馬が続いていますが、広い直線の新潟コースで逃げ馬が揃った今回なら力通りの脚を見せてくれるのでは。
▲トリビュートソング
またウィリアムズかよぉ…。
前走はマイルが短いというより小回りを捌く器用さの優劣で負けた感じ。この馬も広いコースの脚比べのほうが力を発揮できそう。
△ニホンピロレガーロ
昨年と同じく大阪ハンブルグCからの臨戦。
7歳にして上がり33秒台の脚を使えるなら今年も狙ってみたいか。連続好走のあるタイプでもあるし。


さて、行くか…>胴長熊猫

今日のボックス(かしわ記念編)

地方もやるの?


とか声が聞こえてきそうですが、アレね。
『僕が買えるレース』を予想しているので、お近くに馬券売場のない方はハンカチの端を噛みながらイーッ!とか言ってください。
かしわ記念
◎エスポワールシチー
ドバイ蹴ってまで小金を稼ぐ根性は、したたかと言えばそうかもしれないがハッキリ言って今年からおまえはアンチじゃ。
呪いの意味もこめて本命にしてやる。
○ボランタス
いつのまにか川崎に移籍していた。
休む前は骨っぽい相手と互角に渡り合っていたし一つ叩いてどこまで。
▲サクセスブロッケン
船橋が初めてなのとマイル以下では分が悪そうなのでこの評価。
ただ、エスポワールシチーを倒せるのはこの馬くらいかなぁ…。
△アドマイヤスバル
人気になりそうな馬達がマイルが短かったり長かったりと難しそうなので、条件の似たオアシスSを勝っている彼で。
さすがに突き抜ける勢いがなさそうなので、前々で粘ってほしい。


ギャンブルで終わるGW>胴長熊猫

風に吹かれて


海風が心地よい


御覧のとおり宮島競艇に来ております。
天皇賞・春の馬券はオンボロコンバインの買い替えに使うことになりました(ママが預かっておきます的に)。
『まぁ自分も20年後くらいには使うことになるだろうから今のうちにイイやつを買おうぜ!』をマジに取られたわけですが、あぶく銭をいつまでも女々しく抱えててもロクなことにはならないので、なかったものとして来週も頑張るよ!


岩井繁が同級生の伯父さん>胴長熊猫

5/2開催

グワハハハ


  \ │ /
   / ̄\
 ─( ゚∀゚ )<マンケン!
   \_/
  / │ \ マンケン!
 マンケン~! ∩ ∧ ∧∩
∩ ∧ ∧∩丶( ゚∀゚)|
丶( ゚∀゚)/ |   ノ
 |  〈 |   |
 / /\」 / /\」
  ̄   / /


震えが止まらないよ>胴長熊猫

今日のボックス(天皇賞・春編)

そら見たことか棚卸し


終わったあとに、まさか板干しが待っていたなんて…。
皆様は経験ないと思われますが、製材したばかりの4m厚み12ミリの材は水をたっぷり含んだうえに木クズも大量に降ってくるので体の中がチクチクチクチク…5枚も持てば腰はプルプルプルプル…。
天皇賞・春
◎フォゲッタブル
強いというか消去法というか。
池添くん、年度代表馬は諦めて武豊や岩田に取られないように頑張ることを目標にしなさい。
○ジャガーメイル
なんでウィリアムズなんだ…?
外国人騎手なら誰でもいいとかなら石橋脩にでも乗せてあげなさい。
▲マイネルキッツ
連覇は難しいと思うけど、GIウィナーがいないような今回は仕方ない。
△メイショウドンタク
OPに入ってから力負けを繰り返していますが、この中から奇襲を仕掛けそうな馬がこれだけのような気がするから。
何もできない可能性も大。


肩が上がりませんよ>胴長熊猫

今日のボックス(青葉賞編)

ブロンズウィーク


会社によっては大型連休真っ只中かもしれませんが、我が社は例によって連休前の土曜日なので普通に稼働日です。
ゴールデンという特別感がまったくないのでブロンズにしてやりました。ハッピーマンデーなんかいらないから、ちゃんと記念日を守って祝日は組みなさい(命令)
青葉賞
◎ペルーサ
サンテミリオンがフローラSを勝ったように、今年は誰と戦ってきたかが重要なクラシック。
ヒルノダムールを物差しに考えたら普通は鉄板だが、賞金が十分なこととトライアルの優先出走権が厳しくなったことでメイチに仕上げた馬に足元を掬われないかが焦点。
○エクセルサス
デビュー頃はイメージの割にモタモタしている感が見られたものの、どうにか500万を突破してここへ。
OPでも善戦をしていたし下手に弱い相手を倒してきた馬よりは評価したい。
▲リリエンタール
藤沢和厩舎3本の矢。
ペルーサをダービーの予行演習にさせておいて残りの2頭に権利を…とかやりそうな気がしないでもない。
△ミッションモード
毎日杯は輸送が堪えたのかマイナス24キロと大きく馬体重を減らし惨敗。今回は輸送もなく調整しやすいだろうからなんとか仕上げてくるか。
強豪を倒したり条件戦でコロッと破れたりするのがいかにも藤沢和厩舎マル外といった感じだが。


棚卸しだから半分遊びだけども>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク