パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

一人上手

来週より職場復帰


あまりに暇を持て余したためパワプロ14のデータをひっぱりだしたところ、※1人で12チーム操作ペナントが9月の優勝争いの場面で止まっていたので一気に日本シリーズまで終わらせました。※(パワプロ98時代からやってる12チームの打撃・走塁・監督だけを操作する究極の一人遊び。投手・守備はパワフル、捕手ウインドゥ、ストライクゾーン表示はなし)
特に贔屓はしなかったがセは広島が初優勝・初日本一。パはソフトバンクが2位に32ゲームの大差で優勝。チーム打率.374とか目玉飛び出る。


12個で盗塁王の赤星が悲しい>胴長熊猫
スポンサーサイト

意地

帰ってまいりました


結果から言えば「気のせいでは済まされないが、命に別状はない程度」ということで、前兆を察知して駆け込んだのが正解でした。
手術とか大がかりな治療もなく、とりあえず養生して安定期に入ったので退院です。
完調とは行かないので100%中の100%になったら随時、各コーナー復活させていきますよ!
更新のない間コメントをしていただいた皆様、ご心配をおかけしましたが無事です。


命あっての物種>胴長熊猫

お知らせ

突然で申し訳ない


前々から兆候があったのですが、とうとう今日、脳に何らかの異常を来し緊急搬送となりました。
皆様には心配を掛けたくないためこの記事を載せるかどうか迷いましたが最悪の場合、何も伝えないままいなくなってしまう可能性がありそのほうが自分として嫌だったのでご連絡いたします。
ただの思い過しであってほしい反面、心当たりがあるため程度が軽いことを祈るばかりです。つきましては当ブログも閉鎖状態になるかもしれませんが数少ない閲覧者の皆様に感謝とお礼を述べてひとまず検査結果を待ちたいと思います。


『ありがとうございました。』


2010/7/18記>胴長熊猫

明日のために・その5

蝉の声


生乾きのパンツを嫌な顔しながらはいていた長雨が終わった途端、この仕打ち。夏なんてクソじゃよー!(扇風機を「強」にしながら)。


シンボリクリスエス編
・同馬の父クリスエスがもともとGⅢメーカーの中堅種牡馬だったように、安定感で勝負するため人気なら信頼し穴人気なら消す。
・芝、ダート、得意距離というより常に真面目に走るので実力が通用するクラスで勝ち負けを繰り返す。
・初芝、初ダートを買い、ダメだったら2戦目以降も切り続ける。
・今後として、GIではフジキセキと並んで一発に乏しいと睨んでいる。


エアコン欲しい>胴長熊猫

行くか、北海道

ススキノねぇ…


もうどの店にイクのかを決めるだけで大変なんだろうな(不適切な変換があったことをお詫びします)。
自分のなかの地図は最北端が福島なので是非とも一度は行ってみたいが旅費と現地でのムフフ費と馬券代ともろもろを考えたらボーナスだけじゃあ足りないな。もう1発、天皇賞・春くらいのビッグウェーブが来ないと。


飛行機、乗ったことない>胴長熊猫

今日のボックス(ジャパンダートダービー編)

油断禁物


何気ない日常に悪魔が潜むように、週末以外にも競馬は行われているのです。
UAEダービー・ケンタッキーダービー・こことがダートクラシック3冠なのだよ。(?)

ジャパンダートダービー
◎バーディバーディ
前走のユニコーンSは安全策を取りながら相手の追い出しを待ち残り100から突き放して完勝。同世代では抜けて強いところを見せ付けた。
○コスモファントム
まだダートは未勝利を勝った程度だが、父ステファンゴッドイーヴンでバリバリのアメリカ血統なのを考えたら今まで芝で活躍できたのが不思議なくらい。
内田博騎手も日大ダービー制覇が掛かってるし。
▲トーセンアレス
芝に色気を出して成績は安定しないように見えますがマイルだったヒヤシンスS以外は勝っていて、ティンバーカントリー系の父アドマイヤドンなら距離延長もむしろプラスのはず。
△ネオアサティス
大井では崩れず走っていてアサティス産駒に不得手な短距離よりも1800以上を走る今回のほうが条件は好転のはず。
力関係や騎手の知名度では劣るが、スタミナ比べならフジキセキやクロフネには負けない。


ダービーGPも含めるべきか…?>胴長熊猫

胴長熊猫の旅立ち・その4

前回までのあらすじ


暑さに負けて調理を怠るべく冷やしうどんばかり作っていたら今月だけで早くも30玉を食しており『生粋の香川県民でもこれはねぇべ』とゴミ袋を相手に呟くのだった…。


【第3章・デビルマウンテン】
この山を寝ぐらにする盗賊団を恐れてデビルマウンテンだそうですが、敵は前と変わらず山賊だけ。見かけ倒しもいいとこです。
スタートしていきなりシスターと盗賊が走ってきます。どうやら盗賊団に捕まっていたシスターを逃がしている模様。後ろから追っ手が迫っています。FEシリーズお約束のシーンですが護衛役が盗賊なので早めの救援に向かいましょう。
追っ手にイケメン傭兵が交ざっていますが、例によってシーダで会話しましょう。2ターン目で可能ですがあまり近づくと弓の餌食なので慌てずに待ちましょう。


この章で仲間になる人々
レナ:2章で言っていたシスター。ですが逃げる途中に回復の杖を置いてきてしまったため回復役にはなりません。成長率は可もなく不可もなく。速さがもう少し欲しかったかな…。
ジュリアン:盗賊団を裏切ってレナを助けた元盗賊。最近のFEはアサシンやらローグといった上級職があるらしいのですが、今作はクラスチェンジすらできないので出番はかなり限定されます。
ナバール:FC版のなごりを欠片も見せない顔に変わり、いかにもスゴ腕の剣士の風格。FEシリーズにありがちな非力さはなくオグマ隊長とツートップを組んでガンガンしばきましょう。武器レベルの伸びがいいのでオグマ隊長より使い勝手はいいです。


攻略
無理に部隊を2つに分けたりせず全力で北から逃げてくるレナたちを救出。ナバールはキルソードを持っていますが勿体ないのでSナイトのてつのつるぎでも渡して省エネに努めます。
あとはシーダが弓の一撃を食らわないよう気を付ければ問題なし。なるべくターンをかけてでも成長させたいキャラに戦闘させましょう。ボスを倒すと回復のリライブの杖が手に入りますがまだ回復の杖を使わないといけない場面には遭遇しないので預けておいても構いません。
さぁ山を越えたぞ!と思ったところでマルスの教育係的ジイが「盗賊団の砦に10000Gもの金貨がありましたぞ。これでまた装備を整えられますな」とおっしゃいます。

えー…、あの…、それって『略奪』というのでは…?
とマルスが言ったかは定かではありませんがありがたくいただきましょう。小さいことを気にしていては大きな人間になれませんからね。


いなりずしとちくわの磯辺揚げも同数…>胴長熊猫

今日のボックス(七夕賞&プロキオンS編)

野球の予定でした


折からの豪雨によりやっぱり中止。
まぁ仕方ないよねー、お天道様には適わないもんねー(超笑顔で)。
七夕賞
◎ブレーヴハート
年齢もあってか追走に苦労する面を見せていたものの、前走でも末は伸ばしていたのでここでもしっかり追われれば。
○サニーサンデー
福島最終週ということでだいぶ差し馬に有利な馬場になってきましたがペース次第では前が残るし、単騎逃げが見込めそうな今回はチャンスか。
▲ホッコーパドゥシャ
寒い時期が合わないのか暑い季節に合わせて調子が上がってくる馬。前に有利だった中京記念で唯一、後ろから飛んできたので調子落ちなどでもなさそう。
△サンライズベガ
勝てそうで勝てず飛びそうで飛ばず常に上位に来ていたが前走では惨敗。一息入れての今回、小回りのロングスパートでも反応できるか。


プロキオンS
◎サマーウインド
前走で破ったのがトーホウドルチェということで簡単に比較はできないが、少なくとも中央のGⅢレベルくらいには匹敵する実力が安定して発揮できるのではないだろうか。
個人的には1ハロン長い気がする。
○ケイアイガーベラ
同様に4着ではあったが僅差だしハナを切れるスピード能力は阪神ダートの外枠ではプラス。休み明けも5ヵ月ぶりで勝利実績があるので悪い材料でもないか。
▲マカニビスティー
ちょっとセコい裏技で東京ダービーを勝って再転入という離れ業を見せましたが、とりあえずバーディバーディと接戦をした能力通りに走ったということか。
3歳ダート路線の比較対照としても注目。
△ティアップワイルド
距離を短縮してから成績を上げて1400限定で納まった模様。重賞でもとりあえず1400の今回は買ってみてもいいだろうか。


雨だと競馬しかないよね>胴長熊猫

明日のために・その4

今週こそ


先週、オグリ馬券を狙おうと頑張り福島12Rでコーヒーゼリーの複勝を購入して撃沈。
しかし、追悼競争の組まれた今日ならば!阪神メイン・ジュライC。8番ギンゲイ、母父オグリキャップ、芦毛!今のところ1番人気!
だよねー。(棒読み)


キングカメハメハ編
・一握りの重賞級と大多数の500万レベルにわかれており、キングカメハメハが特別だっただけで産駒はキングマンボ系特有のバラツキが激しい。
・活躍する馬は2勝目が早く、1つ勝ったあとにコケた馬は割合コケ続ける。
・重賞級の馬が色々な条件で走るため調教師も過信して弱い馬を様々なカテゴリで使いたがるが、基本はジェイドロバリーのように芝はローカル、ダート短距離と芝2400以上。
・小回りを捌くより広いコースを好むので同じ2000でも小倉より新潟。


他に何かないかな…>胴長熊猫

星に願いを

七夕ですね


ある者はパチンコが7/7の日だからイベントがあると有給を使い、またある者はソ〇プのサービスの日だからと早々に帰り支度を始め、ある者は『スパンキングレディ…じゃなくてスパーキングレディーCがあるのでパルス藍住に行きます』と帰るのであった。


川崎競馬やってるよ>胴長熊猫

胴長熊猫の旅立ち・その3

前回のあらすじ


会社で話題になったス〇トロを係長は本気でネギトロとかビントロなどの寿司ネタと勘違いし「ス〇トロってある?」と回転寿司で注文したのだった…。


【第2章ガルダの海賊】
前回、与えてくれた戦力である4人の中から傭兵のオグマさんが自己紹介してくれました。ほか3人はFC版だと色が変わっただけの同じ顔でしたが、今回は少しずつ顔が違います。
しかし、このゲームでは戦士はクラスチェンジできず、FC版にはアーマーに有効だったハンマーが武器から削除されたため役たたず度は飛躍的にUP。それを受けてFC版なら説得して仲間にできた海賊のダレスさんも削除。
一人、敵のなかに顔グラフィックのあるキャラがいました。ハンターのカシム君。シーダで会話すれば仲間になりますが、彼もクラスチェンジすると騎馬タイプであるホースメンになってしまうので即2軍です。


この章で仲間になる人々
オグマ:腕利きの傭兵。ただシリーズ通じての剣斧槍3すくみが成立する前なので『海賊の斧?プスー!』とか言って前線に出すとあっという間に死ぬので注意しよう。
普通にプレイしていれば最初にクラスチェンジするキャラ。
バーツ:3戦士の中では強い。後期のシリーズみたいにバーサーカーになれればねぇ。
サジ・マジ:育てたことないから成長率すらわからない。たぶん双子。
カシム:幸薄そうな顔。年老いて病弱な母親のため仕方なく海賊の手下になっていたらしいが、シーダに金で買われてあっさり裏切る辺り仲間としても微妙。能力は速さはなかなかのものがあるがいかんせんHPと力が伸びない。


攻略
後ろから追っ手が来るが無視して前進。ナイトを引き付けて撃破したらカシムと会話して仲間に。こうしている間に後ろの敵が中洲まで来ているだろうから武器を外したジェイガンとドーガで壁を作ってゴードンやカシムで迎撃。
ボスは鋼の剣を持っているのでオグマで。買い物は次の章でもできるのであわてない。
街ではシスターが山に行ったまま帰らないそうで、城を解放してもこの先の山は危険だから気を付けるようにと助言をいただきました。さぁ次は山越えです。


もうウニの軍艦が食えない>胴長熊猫

今日のボックス(ラジオNIKKEI賞&函館スプリントS編)

ないなぁ


昨日のオグリキャップが亡くなったニュースのあとに『何かのサインか!?』と思って出馬表を見返してみたけど何も見つからず。
まぁ、こういうのは得てして終わったあとに気付くものだけど。
ラジオNIKKEI賞
◎レッドスパークル
GIでは強豪の壁に弾き返されたものの、京成杯ではエイシンフラッシュ、東スポ杯2歳Sではローズキングダムと接戦を演じた。
こういいタイプがいいのか、1000万を勝ち上がったタイプがいいのかを見定めるためにも個人的には大事な一戦。
○ジャングルハヤテ
逃げ切って勝ち上がったあとの重賞だが、鞍上の西田は七夕賞勝ちもありおそらく逃げるのは間違いない。
父ジャングルポケット、母父ダンシングブレーヴで遮二無二逃げてどこまで。
▲アロマカフェ
小島太厩舎は色気を出したときほど騎手の使い方がいやらしいと言うか、境調教師の真逆というか、まぁ女装した男のスカートの中を撮影する息子には乗せられないということか。
△トゥザグローリー
気持ちとしては本命タイプなんだけど、デビューからダービーへ半ば強行ローテだっただけに、果たして疲れが本当に取れているか。調教師の全競馬場重賞制覇のためなら切りたいのだが…うーん。


函館スプリントS
◎ラブミーチャン
前走に引き続き51キロの軽量は魅力。フィリーズレビューでもハナを奪えたならたいしてテンのダッシュ力があると思えないこのメンバーなら行き来ってしまえばもしかしたら。浜口騎手、笠松所属だし。
○アーバニティ
あまり得意とは思わなかった時計勝負でも3着に好走してかなり調子が上がってきた気運。ここは勝ち時計も速くはなりにくいので枠を活かして先行すれば。
▲キョウエイアシュラ
昨年、頑張った舞台に帰ってきての一戦。
餅は餅屋という言葉は、隣の枠の馬がよく知っている。
△ビービーガルダン
ほら、オグリキャップの主戦だったじゃない。安藤勝…。


芦毛は1頭いるけど…>胴長熊猫

黙祷

怪物・オグリキャップに哀悼の灯を捧げ


さらば>胴長熊猫

明日のために・その3

身離れの良さ


日本代表が負けたらW杯の話題が急速になくなった職場は、にわかどころではないくらいファンと呼べない人種の集まりのようです。昨日の話題の中心なんてスカ〇ロ。


クロフネ編
・芝もダートもマイルまでで、芝1800とダート1700以上をこなすのは一部な上に人気以上に走らない。
・この系統らしく徐々に力を付けながら勝ち上がるタイプで、それゆえに2~3着で煮え切らない競馬が続くことも多い。
・穴で買いたいのは初芝の方。中央、ローカルを問わず1000~1600なら人気がないときに押さえたい。
・クラス負けする程でもないので勢いを持って重賞に出てきたら馬券圏内の可能性も。


昼飯前にする話題じゃないよホント>胴長熊猫

胴長熊猫の旅立ち2

終われるのか…?


以前、予告したファイアーエムブレムのプレイ記を実行に。攻略と言えるほどうまくはないので上手な方は生暖かい目と、鼻で笑ってください。


基本事項
1.Sナイト、Pナイトは攻撃後、再行動はできない。室内では馬、天馬から降りて戦わなければならない。
2.戦士、盗賊はクラスチェンジできない。
3.失敗しても泣かない。
3が特に大事なことですね。
騎馬ユニットはクラスチェンジしたあと、室内戦になりナイトになるとその分だけ能力値が下がるうえに剣しか装備できないので非常にマイナスです。最強の槍であるグラディウスを扱える歩兵Aナイトのエースは何をおいてでも早めに育てましょう。


【第1章マルスの旅立ち】
いよいよスタートです。
いきなりペガサスに乗ったお姉ちゃんが助けを求めます。主人公のマルス君は自分の配下たちを『勇敢』と言いますが騙されてはいけません。『強い』とは一言も言っていないので3人以上を一度に相手にしないよう気を付けましょう。
↓その勇敢な人々
マルス:このゲームの主人公。彼の武器レイピアはアーマーや騎馬兵に有効なので温存しよう。
ジェイガン:いかにも守役といった老練な騎士。現時点では最強のキャラだが当然、お爺ちゃんなので成長は皆無。持っている武器は仲間に与えて買い物係にしよう。
カイン:赤髪の騎士。見た目からして熱血漢タイプの通り、力と守備が上がりやすい。
アベル:緑髪の騎士。見た目からして沈着冷静タイプの通り、技と素早さが上がりやすい。
ゴードン:軍唯一の弓兵。素早さがイマイチなので戦場に遅れがちだが育てれば力、技、速さも最大まで近づくので頑張ってスナイパーにしたい。
ドーガ:まさに大男といったアーマーナイト。基本事項の通り、彼をしっかり育てられるかどうかが後半に違ってくる。ボスチクしてでも育てる。
シーダ:マルスのフィアンセ的なポジションにいるが、FC版のせいでビッチの印象が抜けない。クラスチェンジさせると大事な魔法防御が下がるし室内では歩兵になるので前半戦でお払い箱になることもしばしば。


攻略
さすがに最初だけあって苦労するところはなし。街に入れるのはマルスのみなのでおいてけぼりにしないようゆっくり行軍。
残念ながらリフが出てこない。FC版からSFC版が出る間に亡くなられたのか……?
ボスの海賊を蹴散らすとシーダの父である王さまが見送ってくれ、しかも兵までくれるそうです。仲間も増えて心強くなったところで2章へ。


先は長い>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク