パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ジャパンカップ)編

遅い


最近、極端に眠かったり体のダルさが残ったりお腹が減らなかったり下痢したりするのは薬の副作用だったなんて。
そりゃあルル3錠だって意味ないってば。


ジャパンカップ
◎ブエナビスタ
天皇賞・秋の結果を見れば仕方ないか。
日本馬に負けるシーンは思い浮かばないし、かといって外国馬は心許ないし。気になるのはスミヨンが吹いてること。「横山典が吹いた馬は消し」なんて言われたものだがさて。
○ローズキングダム
神戸新聞杯でエイシンフラッシュに勝ち、菊花賞も展開のあやとはいえ好走しているし武豊という点を除けば信頼できる。
最近、GIでは飛び付きにくい騎手になったよなぁ、武豊。
▲ペルーサ
スタンド前からの発走となれば出遅れる可能性は一段と高くなるが、東京2400で先に抜け出した馬をブッコ抜けるのはこの馬だけじゃないかと。
△ヴォワライシ
お笑い師(違)
エリザベス女王杯スノーフェアリーは勝っても納得の血統だったが、こちらはいかにも時計勝負ができそうにないサドラーズウェルズ系や、日本ではマイナーなアホヌーラやニアークティック系が揃っていて買う気なんて起こらなかったのですが、200歩譲ってデイラミ産駒ならということで。


説明書は読もうぜ>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(京阪杯)編

覚えられやすい?


月に2回の通院でほかにもたくさんの患者さんがいるなかで自分だけ年末年始の外来説明を月初に続いて2回も受けなかった不思議。(他の人は「前回のとき聞きましたよー」とかいうやりとりがあったのに)


京阪杯
◎ストリートスタイル
前走は不良馬場が堪えたのかいまひとつ伸びませんでしたが、休み明けの北九州記念や春のOPでは同条件で33.0の上がりも見せていて逃げ馬の揃った今回なら前崩れ次第で。
○エーシンタイガー
休み明けからは奮わないものの淀短距離Sのように形さえできれば重賞でもやれる力はあるはず。
復帰してから3走目だし、そろそろ走ってきてもいいのでは。
▲アーバンストリート
春先の重賞では届かない競馬が続きましたが、休み明けからはダノンヨーヨーと接戦して、前走もしっかり差し切った辺りペースの問題か。
気になるのは2場開催での太宰騎手。3場開催の福島なら買いに行くが。
△スプリングソング
長期休養明けだったにもかかわらずしっかり競馬になったのは自力の差か。
もともとはこのクラスで走っていた馬だし、2走ボケが心配ながらどれだけやれるか。


顔か、顔なんか!?>胴長熊猫

極端ね

ジャパンカップの外国馬


以前は外国馬が来なくて開催の意味がないようなことも囁かれていましたが、逆に今年は半数近くを占め騎手にいたっては12人が外人でどうなってんだか。
乗せるなとは言わないが、外人頼りの風潮は何とかならないものかなぁ。馬のレベルもそうだけど、騎手のレベルも世界と戦っていかないと上がらないわけだから。ヴィクトワールピサとか誰を乗せてんだよ角居、こら?


思わずタメ口>胴長熊猫

ウラウラウラ

浦和ー!(ケンシロウっぽく)


ということで祝日も地方競馬です。
あー福山の5~8頭でも当たらないのに浦和の12頭立てなんて予想が立たないよ。新聞買わなきゃ馬の情報が皆無なので仕方なく買ってます。今日は「勝馬」。
普段は「福山特報」ばっかりだからモノクロ紙面には慣れないというか、細かい文字が見にくく…イカン!30になる前から60代に近づいてる!


外れても楽すぃー>胴長熊猫

今日のボックス(マイルCS)編

昨晩のこと


晩飯の買い出しから戻ったら駐車場でもめ事。
どうやら来客が適当に空いていた場所に止めていたらその駐車場の車が帰ってきて、「誰だ!?」と。
気になったのは、その来客がパンツ一丁の半裸だったことであります。


マイルCS
◎キンシャサノキセキ
マイルに実績がないという点と京都1600は外枠不利なのを差し引いてもGIを勝っていて連続連対継続中の今なら何とかならないものか。
○ライブコンサート
同じレースで僅差だったダノンヨーヨーが前売り1番人気で2着で京都金杯も走ったこの馬が人気薄なのはおかしい。引っ掛かるのは父シングスピール。
▲ショウワモダン
何がしたかったのかよくわからない秋競馬のスタートでしたが、ひょっとしたらヒシミラクルのように叩いて叩いて本番で…の可能性があるような。ないような。
△サプレザ
どうしようか迷ったけど昨年3着で対応したわけだし相手も昨年より強力になったとも言い難いので。
外国馬にばかり勝たれても癪ではあるが。


さぁ、どの部屋の来客かな!?>胴長熊猫

今日のボックス(東スポ杯2歳S&福島記念)編

本日もパルス藍住


3レースが終わったところで携帯を持ってくるのを忘れたことに気付いて愉快なサザエさんです。


東スポ杯2歳S
◎ビップセレブアイ
新馬戦で倒した相手が強力だったにもかかわらず印象が薄かったのか人気も微妙な位置。
本当に前走のレベルが高かったならここは勝ち負けできるはず。
○マイネルラクリマ
クリスティー(違)
ダリア賞、新潟2歳と人気はないものの距離を延ばされながら好走しているし、注目される前が花か。
▲ダコール
多数の勝ち上がりに沸くディープインパクト産駒ですが、やはり本質は2000mを越えてからが本領発揮だと感じる。
ようやく中距離路線が増えてきた冬場に向けて稼ぎ場も増えそう。
△トーセンケィトゥー
新馬戦で2着だったメイショウオオゾラは萩Sでも好走。OPと重賞を比較はできないものの距離がダメというわけはないだろうからハーツクライ産駒としても頑張ってほしい。


福島記念
◎ダンスインザモア
後ろから行って大マクリを見せた小倉大賞典があっただけに、ロングスパートを仕掛けたら長くいい脚を使ってくれるのでは。
○メイショウクオリア
ダートの前走は参考外。札幌で骨っぽい相手に善戦を繰り返した辺り、かなり調子を戻したと見る。
▲アルコセニョーラ
得意の競馬場に出てこられたら人気でも、と思っていたらあまり人気になっていない。
七夕賞だって17着からの巻き返しだったし、前走の着順は考えないほうがいいのかもしれない。
△ニルヴァーナ
福島記念は逃げて失敗しただけに差しに撤するようになってからやや安定の兆し。
福島テレビOPのように競馬場が合わないわけではなさそうだし。


わざわざ帰宅>胴長熊猫

さて、どうなるか

無理難題


ブラウン色になる予定だった家にレッド色を間違えて貼っちゃったけど、上からブラウン色を塗ったら何とかならね?『なりません』染み込んだ塗料の上から塗ったら交ざるくらい大工じゃなくてもわかります。
『スーパーブラックなら真っ黒になるけどごまかせるんじゃないですか?』「なら、それで」


いいの!?>胴長熊猫

冗談だとばかり

ますざぶの例のネタ


あの2人が結婚すると知ったときに『ドッキリとかじゃなくて?』などと思っていたせいで出てきたネタ。本当に苦笑方面。
まぁ、地位も名誉も銭もあってイケメンだけど離婚の危機に瀕してるパチンコ喫煙投手がいるわけだから世の中は相性がすべてなんだろうな。セック…じゃないやニックスみたいに。


そう考えたらインブリードって卑猥>胴長熊猫

寒さの恩恵

冷え込みますね


夏場は近づくことも嫌な炉の前も寒い時期は格好の暖房とありみんなが寄ってきます。
さらに今年は別部署の方が鳴門金時のB品を30キロも親戚から貰ったからと会社に持参したため、今週は焼き芋フェスティバル。何年ぶりだろうか焼き芋。
クズ芋というには勿体ないようなサイズも大量にあり当分は楽しめそう。


蜜がすごいの>胴長熊猫

11/14開催

久々に惜しい


高校時代の友人から「スノーフェアリーどうよ?」とメールが来たので『欧州馬だけど血統は日本向き。頭か掲示板外じゃない?』と返したらレース後


「福永ぁ!」


帯封逃したらそうなるよね>胴長熊猫

今日のボックス(武蔵野S&エリザベス女王杯)編

稀少


中央競馬を蹴ってまでパルス藍住に行き福山競馬を買う僕は他の誰よりも一番センチメンタルだろう。


武蔵野S
◎ティアップワイルド
休む前は重賞でも期待されていた割りには久々を嫌われた印象。1ハロン延長が悪いという血統でもないし、人気の無さを利用した一発がないものか。
○グロリアスノア
海外遠征に芝に挑戦など本職以外に頑張りすぎた春競馬。根岸Sのように前が止まるか微妙な馬場状態ですが決め手なら上位かな。
▲ブラボーデイジー
エリザベス女王杯かマイルCSかなと思っていたらここに。芝スタートの東京ダ1600なら二の足がつけば勝負になるかも。
逆にスタートがダメなら画面から最初に消えていきそう。
△エーシンクールディ
条件ではティアップワイルドたちと勝ち負けを繰り返していたし、3歳勢が地方遠征を見る限りレベルに疑問点が出てきたので。


エリザベス女王杯
◎アパパネ
秋華賞は1頭だけ外を回す競馬で余裕の勝利。ひとまず同世代に敵はいないことを証明したか。
古馬はレベルが低いのと外国馬はプリキュアパワーに戸惑いそうなので。
○アーヴェイ
外国馬が2頭いるなら人気のないほうから買うのが常套手段。曲がりなりにもフラワーボウル招待ではレッドディザイアに勝っているわけだし時計に目をつぶれば。
▲メイショウベルーガ
ズブズブの差し決着になるとは思えないが、後ろ有利の展開になれば黙ってはいない。
前が残るなら出番もないだろうが。
△サンテミリオン
秋華賞はスタートがすべて。藤岡佑も降ろされてやむなし。
心配なのは馬が前走のダメージを引きずっていないかどうか。特にゲートを恐がらずに入るかが問題。


10頭立てに慣れちゃって>胴長熊猫

今日のボックス(京都ジャンプS&京王杯2歳S)編

気になる


車に貼ってある「赤ちゃんが乗ってます」ステッカー。
あれは何の意味があるのだろう?乗っていなくてもアオリや追越しはダメだし、運転に支障を起こす可能性があるならチャイルドシートに縛り付けるのが義務なのだから、特に意味をなさないと思うのだが。


京都ジャンプS
◎エイシンボストン
逃げ差し不明の脚質ながら2走前のレースではしぶとく食い下がっての4着で、見せ場はあった。今回は逃げ馬が揃ったことで真ん中からだろうが前崩れの展開なら。
○ショウリュウケン
坂のあるコースよりも平坦向きの印象があるのでコース替わりは歓迎。ただ同様に最後に叩かれることもしばしばなので注意。
▲トーワベガ
この2頭はスト2ネタを言われだしてから何回も対戦しているだけあってさすがに力関係はハッキリしてきた気がしますが、年末前の叩き台なら逆転される可能性もあるのでは。
△テイエムハリアー
相手は関係なくまずは逃げられるかが焦点。前でうまく競馬ができれば止まらない芝コースを利用してセーフティリードのまま…も考えられる。


京王杯2歳S
◎オルフェーヴル
前走は前を捕まえ切れませんでしたがその相手は重賞でも好走。決して力負けではないし、気性に問題があるならむしろ短縮はプラス材料になるかも。
○オースミイージー
逃げ切りで2連勝。外枠に入ったことで内を見ながら競馬をするでしょうが、ハーツクライ産駒だし先々を考えたら控える競馬も見てみたい。
▲エーシンブラン
崩れる事無く走るのはさすがにこの父の影響が大きいのかなと。突き抜けるまでは微妙ですが、カウントダウンみたいな着順なのでひょっとしたら。
△シゲルジュウヤク
福島で勝ち上がったので地味な印象ですが、阪神の多頭数でも前で競馬ができていたので積極性ならまずまず。重賞でやれる実力があるかは未知数ながら、人気が無いほうが楽しいグラスワンダー産駒でどこまで。


自己満足?>胴長熊猫

んを!?

早くね?


何気なく土日重賞の出馬表を見ていたら、【武蔵野S、ユノゾフィー・横山典】だと。
えぇい武豊といいリーディングジョッキーは化け物か!?武豊のときは武幸が「兄貴は人間じゃない」とコメントしたが、今回はやはり横山義が同じようなことを言うのだろうか。
まぁ、秋華賞と秋天を見せられたら「いつまでも休んでいられない!」という気分になるのでしょう。エリザベス女王杯も本当なら乗りたかっただろうなぁ。


ともあれ無事で何より>胴長熊猫
続きを読む

いいの?

三浦騎手、ほしのあき結婚!?


まさか騎乗していたのは馬だけじゃなかったとは…。
ハシッテホシーノからツクッテホシーノって朝から下ネタばかりで申し訳ない。


ヤシナッテホシーナ>胴長熊猫
続きを読む

妙な運の使い方

日曜は野球でした


1点リードの最終回、2死満塁でレフト線への当たりをクッション処理から振り向きざまにヤケクソでバックホームしたらワンバウンドの好返球で3点目を阻止。
その裏、2死3塁でピッチャーゴロを打ってしまったら目を離すのが早かったのか投手が弾いて同点打。
引き分けの9人ジャンケンをなぜか5連勝で通過。
敢えなく次の準決勝は惨敗でしたが、何か神掛かり的な7回の攻防でした。


太ももの裏がつりそう>胴長熊猫

今日のボックス(アルゼンチン共和国杯&みやこS)編

変な時間に更新


体が睡眠薬に慣れてしまったのか必ず8時間キッチリ効かなくなってきました。しかも難点は二度寝ができないところ。目が冴えた気分の悪さは表現のしようがない。


アルゼンチン共和国杯
◎トウショウウェイヴ
馬場が渋ると来ない馬で、前走はそれが影響したのかも。昨年は10着に破れたものの、中段からの競馬よりも一番後ろからのほうが合っているのがわかったと思うので。
○ジャミール
安藤勝から大庭騎手へ乗り替わりですが、東京の直線でインコース潜らせたら巧い騎手なのでコッソリ最後に差してきそう。
何より人気急落に期待。
▲スマートステージ
目黒記念では僅差の4着。その後は体重が減り続けるなかで夏を走って惨敗続きだったので一息入れた今回はまず馬体重がカギ。
ローカル開催での活躍が目立つものの関東馬にしては珍しく東京はこれが4戦目。まだ延びしろはあるとおもう。
△ドリームフライト
土曜日のレースでは前残りか内枠を引いた馬ばかりが馬券に絡んでいて、この馬も酒井騎手が乗るならダイヤモンドSのときのような逃げを打つはず。
来なくてもともとだが、人気所が後方タイプばかりなのでスイスイ逃げられれば。


みやこS
◎クリールパッション
新しい重賞にしても名前がダサイ。トパーズSでいいじゃないか。
エルムSでオーロマイスター以下をなで切った脚はなかなか。あとは展開が向いてくれれば。
○ダイシンオレンジ
JCダートへの叩き台かもしれないが、休み明けは苦にしないし京都ダート複勝率が100%ならむしろ今回が狙い目か。
▲アドマイヤシャトル
ジャングルポケット産駒をダート重賞で買うのはナンセンスかもしれないが、連勝中の勢いがあると怖い血統でもあるので。
乗り替わりだが、四位なら別に文句はないか。
△ナニハトモアレ
この馬も久々になりますがワンダースピードが大外枠に入ったことで無理をしてハナを主張すればハイペースになってアンタレスSの再現もあるのでは。
池添だし、見せ場タップリか後方ままのどちらか。


休みの日は退屈>胴長熊猫

今日のボックス(ファンタジーS)編

どうしてもツッコミたい


早稲田大学の斎藤投手が優勝インタビューで「持っている」ものを【仲間】と言っていたが、絶対あの場にいた人間は『ハンカチだろ?』と言いたかったはずだ。


ファンタジーS
◎サクラベル
今年の夏競馬は北海道組が強いのではないかと勝手に思い込んでいるので。クローバー賞もうまく番手から競馬ができていたし、真ん中くらいの枠が2歳牝馬にはちょうどいいのでは。
○ツルマルワンピース
負けた新馬戦も上がりは最速で、距離を延ばすごとに競馬もしやすい感じ。個人的には1400mは短いと思うけど、キングカメハメハ産駒ならこの辺りは守備範囲か。
▲ケイティーズジェム
福永騎手がこちらを選んだことで、ようやくヒシアマゾン以外に大物が出るのかな?と思わせる。
頭数が増えたことと距離がやはり不安材料。
△マイネイサベル
仮にも重賞ウィナーだし、トニービンの系統なら京都が不得意とまではいかないだろうから実力が本物かどうかの試金石。


福井君の省かれぶりは異常>胴長熊猫

追悼

俊哉さん逝去


ますざぶ投稿者の方々ならご存じであろう俊哉さんが先月に亡くなられたというお知らせが小田切ロロさんから届きました。
実は7月のえふりんさん、せつなさんドッキリ企画の時に俊哉さんの病状をせつなさんより聞いていたのでサイトの更新が止まっていた時点で嫌な予感はしていました。実際の面識はありませんでしたが、一度は会ってみたかったことも含めて残念です。
とはいえ、明日は我が身。自分も体調が絶賛右肩下がり中で精密検査をまた受けに行くか検討中。何かなる前に少しでも多くのかたにお会いしたいと思う次第。お金があれば。


黙祷>胴長熊猫

今日のボックス(JBCスプリント&クラシック)

不精者


引っ越しの忙しさにかまけて髭剃を忘れていたら3日で三国志の漫画に出てくる下っぱ山賊のような風貌に。髪の毛は頑張れゴエモンだし。


JBCスプリント
◎サマーウインド
船橋は大井の次に差しが決まりやすい(と思っている)ので、逃げ馬なのはどうかと感じたがポートジェネラルあたりがハナを主張すれば楽に番手から抜け出せるのではないか。
○スーニ
ここ2戦はこの馬らしさが見られなかったが、外枠からなら腹を括って直線勝負に賭けられるのであとは届くかどうか。
▲アイルラヴァゲイン
スプリンターズSは度外視としても、なぜか今頃になって復調の気配。GIの場数なら負けないので気楽な立場から強襲できたら。
△ナイキマドリード
東京盃では最後までサマーウインドに食い下がり、その前はヤサカファインと接戦を演じた辺り力を付けた印象。中央勢に一矢報いるには何か工夫がほしいが川島正騎手に策はあるか。


JBCクラシック
◎フリオーソ
この馬が強くなったというよりは、中央勢が衰えすぎていて相手にならなくなってきた感じ。しかも自分の土俵なら崩れないので新興勢力の見当たらないここも連軸視。
○オーロマイスター
7分仕上げのエスポワールシチーが相手だったとはいえ、完勝だったわけだから評価は必要か。
前回は相手が1頭だけだったが今回は自分も狙われる立場なので位置どりが気になる。
▲シルクメビウス
ブリターズGCからここを目標にしてきた点は評価できるが、当然ながら休み明けになるのでそのあたりが心配。
△グランシュバリエ
前走もあわやのレースを見せてくれたし、マクリ差しが板に付いてきた今回も出番があるなら。
今更の感は否めないが、もし2回も来て無印だと申し訳ないじゃない高知馬。


床屋だな。>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク