パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(AJCC&平安S)編

ヤルキデネーゼ


このところ何をするにも億劫になってしまっていると医者に相談したところ、「薬の副作用かもね」と薬を変えてくれたのですが、多分に元々の無精体質が原因ではないかと思ったりもする。
いや、もう朝起きるのも勢いがいるくらい。寒さは関係ない。


AJCC
◎コスモファントム
前走は内を割って出る思った通りの競馬で勝利。今回も同じような戦法をとるだろうし距離も経験済みなので。
○ダイワジャンヌ
中山金杯で初めて中山競馬場の掲示板外に破れたもののその差はコンマ2秒。距離に不安はありますが中途半端な距離ならマギレもあるのでは。
▲マルカボルト
デビューから一貫して逃げていて、春にはクォークスターから逃げ切りを演じていた。問題はそろそろ中山芝は外も伸びるようになってきた点。
△サンライズベガ
少し間隔が開きましたがオールカマーではあわやの競馬をしていたし、この馬も先行すればしぶといのでベリーがどう乗るか。


平安S
◎ダイシンオレンジ
休み明けからは奮いませんがこの舞台は得意にしているし、行きっぷりが悪いわけでもないので。
○ナニハトモアレ
前走は急に逃げて潰れましたが、昨年のアンタレスSのように前が速くなれば面白いのでは。
▲トーホウオルビス
京都のダート1800に限れば好成績を残しているし、脚質的にもパサパサの今の時期のほうが合っているのでは。上の馬と真反対のペースになれば。
△タガノクリスエス
この馬も京都では10回走って4着が1回だけという京都巧者。ただ成績のように2着も多いのでここも突き抜けられるか。


ダルさも半端ない〉胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(京成杯&日経新春杯)編

雪ですね


日本海側の豪雪地帯にお住まいの方からすれば鼻で笑う程度でしょうが、車のドアが開けられないという事態は平地の人間からすると緊急事態なのです。


京成杯
◎プレイ
人によってはかなりアレな名前(笑)連呼厳禁。
逃げるようになってのOP2戦はもう少し足りないものの、柴田大がこのところ侮れないので。
○ジャービス
未勝利2着のときには今回1番人気のスマートロビンと同じタイムで走っていて、実力的には遜色ないだろうしゼンノロブロイ産駒なら東京より中山かなと。
▲コウヨウレジェンド
ひいらぎ賞は中団からの競馬でしたが、上の兄姉と同じく前々で競馬してこその馬だと思うので今回は押切を期待。
△ノヴァグロリア
前走は人気こそ最低でしたが脚を見せていました。未勝利脱出には逃げていて萩Sも先行していたので中館騎手を乗せたのもその辺りが狙いかと。


日経新春杯
◎ローズキングダム
有馬記念は残念でしたが、すぐにここへ出てきた辺り体調は悪くないか。58キロが軽いわけではないがGI馬がこれで出られるなら負けられない。
○ゲシュタルト
京都新聞杯を勝っていて前走の好走馬が軒並み次でも来ているのでこの馬も。
有力馬がドバイを行きを表明してるので国内で頑張る組は奮闘してほしい。
▲ビートブラック
菊花賞3着はフロックではないと言わんばかりの前走でしたが少し人気になりすぎかなぁという印象。京都より阪神向きかなと思わなくもないが。
△ホワイトピルグリム
昨秋は順調さを欠きましたが春には金鯱賞で4着があってこの条件なら。距離を嫌われて人気が落ちるようなら狙ってみたい。


天気はいいのだが〉胴長熊猫

今日のボックス(フェアリーS)編

初笑い


レッドデイヴィスが密かにサラブレPOGの指名馬だったので、今年も重賞連対に成功。ただ、力を入れたはずのPOGりんのほうは単独最下位でやっちまったなぁ。


◎イングリッド
まだ新馬を勝ったばかりで未知数な部分が多いですが、直線で見せた脚はなかなかのものだったし最後の坂を利用してギリギリ届くのでは。
○アドマイヤセプター
前走は流れに乗り切れず大敗を喫しましたが、新馬戦を見たかぎりではマイル前後のほうが合うのかな?という印象。枠もいいところに入ったし再度。
▲ビービーバカラ
前走4着もダンスファンタジアとはコンマ4秒差で、マギレやすい中山1600なら展開一つで逆転もあるのでは。
松岡騎手が中山金杯のときのようにインをこじ開ける競馬をしてくれれば。
△ピュアブリーゼ
Monsunって何者やねんと調べたらブランドフォード系。なんとまぁマニアックな血統。
牡馬相手に2000で先行して惜しい競馬だったし、新馬戦もこの舞台で2着だったのでどこまで。


エース馬が登録すらされない〉胴長熊猫

今日のボックス(シンザン記念)編

やっぱりブエナか


最後の2戦がややケチつくかなと思いましたが、大差で年度代表馬に。
個人的にはスノーフェアリーに入れる人間が何人いるか注目していましたが、案外みなさんまっとうな投票するのね。毎年ひねくれた奴がいるのになぁ。


◎アドマイヤサガス
朝日杯FSでは枠順もさることながら展開自体も競馬ができなかった感じ。今回は仕切り直しの一戦でどれだけやれるか。
○オルフェーヴル
前走は思った以上に走らなかったものの、あれが実力とは思わない。
距離もこの血統でマイルが長いということはないだろうから今回こそ。
▲ツルマルレオン
未勝利脱出に時間を要したが、大きく負けたわけでもなく前からでも後ろからでも競馬を経験したので藤田騎手あたり何か奇襲も考えられなくもない。
△マーベラスカイザー
しつこく印を打っていますが、前走は後ろすぎて無理矢理な競馬で、前が速くなる可能性が高い今回ならマクリ脚質が活きるかも。


笠松競馬のアレすごいなぁ〉胴長熊猫

明日のボックス(中山金杯&京都金杯)編

休みも今日まで


毎年、金杯と仕事始めが同じ日なので困りますなぁ。
とはいえ、明日が休みだったとしてもウインズには行かないというか行けないだろうけど。実家でパソコンが使えるうちに予想を更新。
仕事中は早く休みになってほしく、休み中は早く仕事になってほしい奇妙な脳みそ。


中山金杯
◎コスモファントム
天皇賞はいくらなんでも久々でメンバーも強すぎた。前走の中日新聞杯の通りG3レベルなら前に行く馬を見ながらインコースに潜り込んで抜け出せそうで。
○モエレビクトリー
開幕週だけに前が有利になると踏んでみんなが逃げに殺到しそうですが、この枠に入った以上は行かざるを得ないでしょうし、変に3番手あたりにつけるより母父オジジアンだし無理にでも前に行って粘りこむ方が合っているのではないか。
▲アクシオン
ここ2走は後ろから行きすぎて何もできずに終わっていましたが、札幌記念のように真ん中から競馬をしてさらに前が厳しい流れで上りがかかれば昨年の再現もあるのでは。馬体重の増減が激しいので当日の状態はチェックした方がいいかもしれません。
△マイネルスターリー
前走はマクるように上がって行ったものの不発。この馬がどうこうと言うよりも、今年から乗り始めたF.ベリーが早くも日本の競馬に順応してきた印象があるので新年早々やりやがるのではないかと。


京都金杯
◎リクエストソング
一度はクラシック路線でもと言われていた存在ですが、昨年の夏からコンスタントに成績を残せるようになっていて小回りのコースよりも広いコース向きの印象もあるので。
前から行くか後ろから行くかわかりませんが、正月から秋山に本命を打つとは。
○ガルボ
シンザン記念以来勝利から遠ざかっていますが、阪神Cで復調の兆しを見せていて逃げ馬のそろった今回は前に壁を作りながらという好走パターンにハマるのでは。
▲リーチザクラウン
この馬が単穴というのは微妙なところですが、京都では掲示板を外したことがなく唯一の馬券圏外も菊花賞の5着で、来る時は2着まで来るのでまさに頭か4着以下じゃないかと。
△マイネルファルケ
昨年の秋は精彩を欠きましたがマイルCSで2着があってまったくこのコースがダメということはないはず。
前が有利になるほどのペースで逃がしてもらえるかわかりませんが、シルポートとの兼ね合い次第。


あーやっぱり、仕事したくないかなー>胴長熊猫

ようこそ、2011

明けましておめでとうございます


さっそく毎年恒例、初詣に行きおみくじを引いてまいりました。
普段、神様なんてろくすっぽ信用していない人間でもこういうのに一喜一憂するあたり民族の中にはそういう血が流れているのだろうと感じたりします。
ひとまず、『病気:なおる、信心が第一』と書いてあったので、やっぱり気持ちが大事だなと。ここ最近は兆候も見られず体重も減る前の肥満体に戻りつつあるので一安心ですが、いつまた起こりだすかという心配で別の病気にもかかってしまっているので薬ばかり増えているこの頃です。
仕事に支障が出ないように付き合っていかないといけないなぁ、マジで。


今年もよろしくお願いします>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク