パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(キーンランドC&新潟記念編)

絶賛体調不良


折りからの雨で気温が下がった中、半裸で寝ていたのが災いし頭痛が痛くて仕方がないのですが、食べたいものを食べたい欲求が勝りケンタッキー。胸焼けしてでも食べたい。


キーンランドC


◎カレンチャン
過去の傾向から行くとかなりの確率で馬券圏内に収まりそうですが、そういう時に限って…という心配も。
ただ、枠を考えてもスンナリ先行ならスンナリ押し切りも。
○ショウナンカザン
逃げても差しても光の見えないレースばかりで狙えない感じですが、1600万時代ながら同コースで連対実績があり久々のこの舞台で一発も。
▲アンシェルブルー
前走は窮屈な競馬を強いられながらどうにか馬券圏内は確保。今回は真ん中寄りの枠も競馬がしやすくなりそうで前進必至。
△レジェトウショウ
ようやくOP入りということで、かなり相手は強化されますが東京1400でも粘り強く先行できた馬だし先日、残念ながら廃止の決まった荒尾競馬出身だけに恩返ししてほしい。


新潟記念
◎セイクリッドバレー
関屋記念は結果的に後ろすぎたことが敗因になった感じ。ただ下手に中団から競馬をすると終いが甘くなりそうなので今回も一か八か一番後ろから。
○ヤマニンキングリー
ブエナビスタにけたぐりで勝ったのを勘違いして不相応なレースばかり使っていましたが結局はG3ならソコソコやれる程度だということ。今回は同型に強力なライバルもいないし新潟得意の田中勝だし。
▲サンライズベガ
何だ安易な…と思われそう。
休み明けからはコンスタントに使われているものの、ここ2走は馬体重がプラスになっているように輸送と調整が噛み合っていないのが原因だと思われるので厩舎としても3回同じことはしてほしくない。
△エオリアンハープ
新潟実績もさることながらタイムもマズマズで走っていて再び少頭数ならもう一発ある可能性も。キングカメハメハ産駒で2000はどうかな?という気がしないでもないですが、狙い目が狭いタイプぽいので得意分野で。


おえっぷ>胴長熊猫
スポンサーサイト

紳助余波

別に


行列もヘキサゴンも見ないし感謝祭も気が付いたら終わってることが多いのでいなくなってもダメージはないなぁと思っていたら何でも鑑定団が見れない!
しまった、あれも紳助の番組か。後釜は…巨泉…は露骨か。


一郎太さんとかどうか>胴長熊猫

ものぐさブルー

夏休みもあと1週間


リハビリ期間として続いた夏休みも今月迄で9月からは復職予定。
さすがにここにきて仕事したくない病が発生しており、体中からでる液体をすべて垂れ流しながら『うわぁん、お仕事なんてしたくないポキー』とか泣き叫べば仕事しなくていいなら今すぐにでも実行する心持ちなんですが貯金がアレでソレなので観念したくもありまだ粘りたくもあり。


トト6億とか当たらないかな>胴長熊猫

今日のボックス(札幌記念&レパードS編)

待ち人来たらず


監視員の来訪を警戒しておとなしくしていたのですが結局、今週は一度も来ず。ひょっとして今日まで盆休みなんじゃないだろうな?それなら無理してでも行きたかったな。川崎競馬場。


札幌記念


◎ダンスインザモア
劣化したファストタテヤマ臭がプンプンする追い込み馬。ここ2走は着順だけを見ればそうでもないが着差はいずれも僅差で、適度に上がりのかかる洋芝が合うのかも。
気楽に後ろから。
○レッドディザイア
海外遠征に休み明けを挟みながら人間の勝手に振り回されているイメージがあって、ようやく落ち着いて国内路線に帰ってきた。実績を考えたらこのメンバーは2枚落ちレベルだけに本来なら圧勝すべきところですがやっぱり久々なので。
▲コスモネモシン
俺が丹内だったらこっちに乗るけどなぁ…。
牝馬限定重賞でなら安定しているので混合戦となる今回が実質試金石でしょうが、具合も良さそうだし連闘してまで津村でも出てくるなら。
△アクシオン
年齢とか仕上がりとかよりも大型馬ながら馬体重の変動にやたら敏感な面を見せていて、変動の大きい時期は成績もいまひとつなので滞在競馬になりやすい北海道開催が合っているのかも。内からうまく馬群を捌ければ。


レパードS
◎カラフルデイズ
関東オークスは距離がどうかと思われていましたがアッサリ克服して重賞制覇。
馬齢定量戦なので他牝馬と同じく54キロなのは断然有利なのであとは牡馬との兼ね合い次第。
○タカオノボル
プリンシパルS挑戦は惨敗に終わった辺り父ネオユニヴァースよりも母父タッチゴールドが強く出ているのかも。ここは同型が多いので無理に行くかどうかですが変に溜めるよりは後ろに済し崩し的に脚を使わせたい。
▲ボレアス
前走のJDDが自分か思っていた以上に勝負に行って2着だったのに驚いた。実力はあるだろうけど如何せん世代の物差し馬という臭いも…。
△コスタパルメーラ
田辺がタガノロックオンを選ぶのは仕方ないが、重賞ならロックオブジブラルタルよりはキングカメハメハかな。川須なら他のことは気にせず玉砕逃げに撤することができるし、文字通り死ぬ気で逃げれば。


お金のあるうちに>胴長熊猫

今日のボックス(新潟ジャンプS編)

盛りだくさん


セイウンスカイが亡くなったりヴィクトワールピサが凱旋門賞を回避したりアンライバルドが引退したりと話題に事欠かない競馬界。
武幸騎手が殴られたと聞いて『あぁ、とうとう藤田アニキに…』とか最初に考えたマイポンコツ脳みそに天罰あれ。


新潟ジャンプS


◎マジェスティバイオ
未勝利を勝ち上がってからあれよあれよの活躍で重賞ウィナーの仲間入り。前走も2着とはいえ負けてなお強しの内容で悪くない。
不安なことを言えば、この枠から差しの競馬になると最初の障害で挟まれて後方からになりすぎたり最悪、落馬の危険性があることか。
○タカラボス
障害に帰ってきてから2戦は大きく水を空けられたとはいえ掲示板をしっかりと確保して能力の高さを見せた。今回も相手が楽になるわけではありませんが長期休養明けの馬が多い中で順調に使われている強みを生かしたい。
▲エーシンディーエス
前走はさすがに長期休養明けが堪えたかズルズル後退したシンガリ負け。それでもビュンビュン飛ばしていく脚は衰えていなかったし、ここも展開一つで再び重賞でも上位を賑わしてくれるのでは。
△トリビュートソング
平地力の違いでゆったりと構えてスパートしていく展開不問型で、転入初戦こそマジェスティバイオに負けましたがその後は力の違いは見せた。どうしても後ろから行くと前がつぶれるか次第なので扱いが難しいところ。


日大三おめでとう>胴長熊猫

今日のボックス(北九州記念&クイーンS編)

作戦会議中


来週末に川崎競馬場で行われるアレなソレは金銭的にもフニャなので無理だと思っていたら、図書館が休みだった木曜日にうっかり(ここ重要)藍住まで散歩しちゃったので来たものは仕方ないよね~。
涼しいからフラフラとパルス藍住に入ったら『あら、今日はブリーダーズGCなのね。せっかく来たから馬券でも』なんて吉田豊→武豊→藤田の三連単にうっかり5000円もブチ込んだ結果、旅費ができてしまってオオゥ…。
今月一杯は夏休みだから時間はタップリある。ただ、県外に出たのがバレたらポリスが出動する身の上なのが口惜しい。


北九州記念


◎エーシンリジル
今春は体重の乱高下に悩まされながらも掲示板は外さない走りをしていて1200がベストの感じ。
昨夏の小倉1200で勝ち鞍もあるし、お母さんもエイシンルーデンスなので時期も合うのかも。
○エーシンヴァーゴウ
ファルブラヴにそんなまともな馬はいないだろうと軽視した前走で持ったまま先行して押し切り。ちょっと見誤った。
ただ今回も福永にポイされたし55.5キロは楽じゃないしやっぱりファルブラヴということで。対抗までに。
▲スカイノダン
休み明けから今一つ伸びきれない競馬で重賞でも弾き返されてきましたが昨年の同レース1番人気。もちろんこのコース実績もあるので。
△サンダルフォン
段々、年齢的なものでしょうが追走に苦労するようになっていますが終いの脚はそこまで衰えていないので展開次第。


クイーンS
◎レディアルバローザ
俺が福永だったら小倉へ行くけどなぁ…。
まぁ彼がこちらを選んだならそれなりの結果は残してくれるのでは?
○ブロードストリート
長らく人気になっては飛んでいく切るだけでオイシイ馬でしたが前走で久しぶりの好走。単純に今までの調子が悪かっただけでようやく復調したと見たい。
▲アスカトップレディ
さすがに前走は人気になりすぎたし思った以上に後ろの馬有利の展開にもなって苦しかった。それでもコンマ4秒差なら力負けしたわけではないし人気も程よく落ちた今回を狙う。
△ダイワジャンヌ
前に行こうか後ろからにしようか迷っている感じがヒシヒシと伝わってきますが、もうこのクラスで後方一気を決めるほどの脚は持ってないのは分かってるだろうからAJCCのときみたいに雪崩込みで。


日帰り…いや…ナイターでは…>胴長熊猫

今日のボックス(関屋記念&函館2歳S編)

リハビリ継続中


といってもやることは7時までに起きて朝食を摂り8時の始業時間に合わせてラジオ体操をして散歩に出かけて5時の終業時間まで図書館で本を読むだけ。
時間は大量に余っているわけだからお盆に行われるムフフなイベントとか今年で10回目を数えるフェバリットなナニにソレしたいのですが不定期に監視員が生存確認をしにくるので難しいポキよ。


関屋記念


◎マイネルクラリティ
休養明けから5戦して馬券に絡んだのは1回だけですがリディルを相手に最後まで踏張っていたし、昨年のこのレースも7着ながら僅差だっただけに昨年よりも頭数が少なくなる今年のほうが走りやすいか。
○セイクリッドバレー
前走は位置取りが後ろすぎたこともあって勝負に行けませんでしたが3着は確保。改めて重賞級の力があることは示せた。
今回も後ろからになるだろうからどこで仕掛けるか、突き抜けられるか、が焦点。
▲スズジュピター
先行タイプではあるけれども、このクラスに上がってきてからは少し差しに回ったほうが結果が出ていてここも出方次第。前走の負け方が少し気になるものの地力なら負けない。
△ガンダーラ
前走はOPクラス初挑戦ということもありやや壁に跳ね返された印象でしたが500万時代にはダノンヨーヨーを完封した実績もあるのでもう少し追い掛けてみても。


函館2歳S
◎ファインチョイス
全馬が1勝馬なので根拠を考えるのが大変なところ。父はミスプロ系で母父タイキシャトルなら時計のかかる芝1200あたりがスイートスポットになりそうだし、やや外寄りの枠も邪魔されずに先行できそうなので。
○エクセルシオール
逃げ馬には厳しいレースですが今年の夏競馬が福島ではなく中山で行われたことを考えたら直線に急坂のあるコースで逃げ切ったのは評価できる。あとは8枠からスムーズに進出できるか。
▲ニシノカチヅクシ
初戦は先に行った馬を見る形で直線では前を捕えるのに時間が掛かったもののしっかり差し切り。この馬も母父ラーイで洋芝の1200向きだと思われるので人気の無い間に狙いたい。
△コスモメガトロン
父サクラバクシンオーがまだバブルになっている状態ですが、元々バクシンオーの2歳馬は2勝目が遅い傾向にあるのでここも頭というより2~3着に堅いタイプか。


金銭的にもアレだ、オカーネ!>胴長熊猫

出所

無事帰還


5ヵ月に渡る長いバカンス期間を終え、ようやく我が家に帰ってきたポキよ!車に乗れないから電車と徒歩でみっちり9時間。
とはいえ、これで僕もはた目からは一般人、来月の復職に向けてリハビリが始まるのだよ諸君?
とりあえず怖いのは冷蔵庫と洗濯機の中身だ!


部屋の中が臭う!>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク