パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

ナイター連チャン

東京盃ですよ


仕事が終わったあと風呂もソコソコに小走りでパルス藍住に向かって2時間半か。やればできるものだ。
人気になっているドスライスは3年前のPOG指名馬。あの頃はまだマル外を1頭は入れていたな…ジェルミナルの時か懐かしい。


これも縁、頭にするか>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(オールカマー&神戸新聞杯編)

気が付けば来週はGI


相変わらずウインズ高松へは行けないので、この悶々とした競馬熱はスタホに転嫁されるわけなのですがシルバー馬主になってもまだウイニングラリーはどれも制覇しておらず桜花賞・オークスはホワイトショコラ、秋華賞はシュガーレスガール、皐月賞・菊花賞はスエキチテイオー、ダービーは自己生産馬で勝てたものの今までに一番メダルを稼いだ馬はエトランジェでSWBCを勝つ始末。
昔からポケモンとかたまごっちみたいな育成ゲームは苦手だったわけですが、こう記録に残る形で現われるといかに下手くそさ加減がわかるので角居さんはすごいなぁとかつぶやくのです。


オールカマー
◎アーネストリー
これだけ一本被りの人気馬を買うのはどうかな?ということで外そうと考えたらあまりにもメンバーがひどすぎるので。九分九厘勝つと思うけど、馬券としては2着とか4着以下のほうが面白いか。
○シャドウゲイト
オールカマーにふさわしい古豪。ジョージモナークとかハシルショウグンを思い出すね。ここへ来てなぜか重賞で安定した走りを見せていて逆転はなくても同型の若い者にはまだまだ負けないか。
▲マイネルラクリマ
逆に若さをアピールするならこの馬が。あまりにも人気に沿いすぎている帰来はあるけどもラジオNIKKEI賞からトライアルを使わずにここに来た心意気は買いたい。
△ゲシュタルト
クラシック以後なかなか馬券に絡めていなくて今回も天皇賞春以来なので実績はあるけれど…といった感じ。ただ条件上がりよりは実力は上位だと思うのでそろそろ。


神戸新聞杯
◎ウインバリアシオン
先週のローズSで大概懲りたので安易に見てもいないGI馬を信用するのは危険だと感じたので。だからと言って特殊な馬場だったダービー2着をどの程度評価していいのかもわからず…。
○オルフェーヴル
上記の理由からどこまで1番人気のステイゴールドを信用していいのか非常に悩ましい。実際に馬券が買えないからといって妙な予想ばかりしたらいざというときにフォームが崩れるので。
▲ステラロッサ
東京での2戦は見せ場なく沈んだものの阪神で行われたスプリングSではオルフェーヴル、アルメリア賞でもトーセンレーヴと同じ脚を使っていてコース替わりの今回なら。
△ショウナンマイティ
ラジオNIKKEI杯の頃は「はいはい、人気先行人気先行」という印象だったのがトライアルでは結果的に後ろすぎたというのもありながら頑張っていて、前走もあまり有利な条件とは言い難い中1着まで差してきたので。
ただ、ヤネがこういう場面で汚いくらい権利までの脚余しを平気でするので4~6着という臭いも。


全国は夢のまた夢>胴長熊猫

ビバ地方交流

フリオーソ回避!?


ウインズ高松は車を使えないので行けなくてもパルス藍住なら徒歩3時間で着くから問題なし。地方交流重賞でもないとなかなか歩く気分にはならないので当てて帰りはタクシーだ!
しかしフリオーソがいない今、ノーリーズンでも起こらないかぎりスマートファルコンの頭は堅そうだな…。


高知馬が来ないかな>胴長熊猫

今日のボックス(阪神ジャンプS&エルムS編)

えー


初めてマルセリーナとエリンコートが走るところを見たけどひどいな。本当にGIを勝ったのかと聞きたくなるほど。前者は騎手と折り合いがまるでついていないし後者は褒めるところを見つけられない体つき。前哨戦だからナメているのか実力か。来週はオルフェーヴルが見られるけど大丈夫かな?


阪神ジャンプS
◎ドングラシアス
前走はマイナス28キロと休み明けにも関わらず大幅に体重を減らしながら問題なく完勝。500キロを越える馬体なのが幸いしたか。
コウエイトライの巧者ぶりが取り上げられていますが、この馬も昨年の2着馬で阪神を得意にしているので。
○クランエンブレム
障害を11回走って2着が4回とウォーエンブレムらしい安定感と詰めの甘さが同居したタイプ。相手とかレース格とかではなく自分の力は出すので。
▲コウエイトライ
趣味。
△ヒカリアライブ
黒岩と佐久間が乗って結果を出していて、今回は佐久間が3頭くらい選べる中からこの馬を選んでいる辺りに当たりがあるのかも。バブルガムフェロー産駒だから京都開催まで待ちたかったが。


エルムS
◎バーディバーディ
世代の代表としてGI戦線でも期待されたものの先輩世代にはまったく歯が立たなかった春。勢いのある馬が多く一筋縄では行きそうもありませんが秋の飛躍を考えたらこのメンバーに負けるわけには行かない。
○メダリアビート
この系統らしいフラフラした成績の続いた頃からはだいぶしっかりしてきてダート1700なら回りを気にせず走っているので展開が向いたら。
▲ランフォルセ
3番人気くらいなら買いたいなと思っていたら断然の1番人気でそこまでするか?と。ただシンボリクリスエスはG3メーカーというイメージを持っているのでここくらいなら別に来てもおかしくないか。
△クリールパッション
コウエイトライが人気になっているわけだからこの馬がまた走っても別にいいわけで。鞍上も津村だし空気読まずに藤田辺りにケンカ売ってほしい。向正面マクリとか。


荒れると見せ掛けて堅くなるなよ>胴長熊猫

今日のボックス(セントライト記念&ローズS編)

暑さ2割増


ますざぶの「脳味噌くれ~」がツボに入ってのたうち回っていたらアバラがボクン!とか音を立てたあと冷や汗がとまらなくなってしまい病院に行ったら即ギブス。気候的には涼しくなってきましたが腹まわりだけ汗だくです。


セントライト記念
◎マイネルメダリスト
春の新潟500万以来のレースですが中山2200の水仙賞では前2頭が残る展開のなか後方から唯一、飛び込んできて3着がありスローの前残りの展開になっても差し込めそう。
○ハーキュリーズ
デビュー直後は追い込みの競馬も見られましたが母父アリダーで兄にもヒシアトラスがいる血統なら前で勝負して押し切る競馬のほうが向いているだろうから。
▲ターゲットマシン
弥生賞の玉砕逃げは不可解な競馬でしたが、前走のラジオNIKKEI賞を見るかぎりではやはりこの馬も東京より中山向き。今回は逃げ馬もいるのでよほどやりあわなければ。
△ヒットザターゲット
キングカメハメハ×タマモクロスでやや短距離寄りかな?と思っていたら2600もこなしていて時計のかかる芝でも走れるのは素直に母父の影響か。それなら中山2200あたりがダメということもないと思うので内からスルスルで。


ローズS
◎マルセリーナ
オークス4着は個人的によく走ったと思っているので世間一般の評価よりは上に見ています。乗り替わりがどちらに作用するか不明瞭ですが目下の勢いは無視できないのでコケるまで追い掛けても。
○エリンコート
前売りの雰囲気ではホエールキャプチャの安定感が買われている印象。ただあくまでもGIを勝ったのはこの2頭。忘れな草賞も勝っていて阪神芝中距離の経験があるのは貴重と見る。
▲リヴァーレ
本来なら人気馬3頭で堅いと思うところですが、そんな下らない予想なら新聞に腐るほど書いてある。
芝に替わってから馬券圏内を外しておらず前走もいやらしいメンバーを相手に競り勝った。母父キンググローリアスなんてまさにトライアルでこそ。
△ドナウブルー
初勝利の頃はクラシック有力馬の1頭に数えられ、重賞でも人気になりましたが展開や位置どりのマズさもあって結果が出ず。ただ無理をせずここへ照準を合わせたのは正解だと思うし、久々でも仕上がっていれば。


くしゃみが難敵>胴長熊猫

うっかり

夢幻桜花様へ


アバラ、折れました


笑いすぎて>胴長熊猫

今日のボックス(京成杯AH&セントウルS編)

土曜出勤も体験


新しい部署にある冷水機。やたら汚くコケも生えていてとても躊躇われたのですが、まぁ冷水機は冷水機だろうということで気にせず飲んでいたら先輩が「え、それ飲めんの?」


京成杯AH
◎レインボーペガサス
時々、不可解な大敗を喫することがありながらも今年に入ってからは順調そのものでクラシック路線で活躍した頃の勢いが戻ってきたか。おそらく母父デインヒルの影響を多分に受けているのでここも1着か掲示板外か。
○フィフスペトル
函館2歳Sを勝ったときには『はいはい、打ち止め打ち止め』と思っていたら意外に成長力もあり、1年のブランクがありながらOP勝ちも納めていてやっぱりキングカメハメハは別格なのかね。
▲タマモホットプレイ
前走は久しぶりに掲示板を外しましたが数は少ないものの1600でも勝ち鞍はあり、2年前のこのレースでもコンマ3秒差の6着に健闘していて血統や鞍上で人気にならない分、狙ってみたくなるところ。
△オセアニアボス
条件時代は善戦マンだったこともあり勝てても接戦だったり人気を食うだけの困ったちゃんでしたが、ようやく順番が回ってきたようで晴れてOP入り。父レッドランサムだし2000までならどんな状況でも自分の競馬はするのであとは足りるかどうか。


セントウルS
◎エーシンホワイティ
NHKマイルC路線で弾かれて古馬になってから1200中心に使われてから徐々に頭角を表すバクシンオーの典型タイプ。阪神で行われたCBC賞で勝負になって平坦1200で勝ち上がっているのでソロソロ前哨戦なら。
○エーシンリジル
準OPクラスで一度は頭打ちになったのかな?と思わせておいて最近になって調子があがってきて前走も重賞初連対。走るたびに騎手が替わる馬でも阪神で乗ったときは必ず勝っている岩田騎手なら。
▲トウカイミステリー
前走は何を根拠に人気になっていたのか不思議な感じでしたが勝ったということは何かしら得られるものがあったということか。引き続き人気も似たような位置なので流れに乗れるようなところから。
△ヘッドライナー
以前はハナを切れなければ競馬にならなかったのが久しぶりに先行から掲示板に載った。元々、酒井が乗り出してから逃げるようになっただけで幸のときは差しに回っていたことがあったので、その辺りのさじ加減なんでしょう。


ちょーい!>胴長熊猫

今日のボックス(朝日CC編)

復職1週間


帰ってきたものの塗装ラインはシンナーをはじめとした有機溶剤を使うため持ち場を変えなさいと白い人たちからの指導があったためチェーンソーを振り回す部署に替わったのですが、それはそれでキチ○イに刃物を地で行ってしまうので白い人たちも難色を示したためナビゲーション係になったものの、先輩たちは素人同然のナビなんかよりも己の勘でズンズン仕事をするので僕は汗一つかかず一日が終わるのです。


朝日CC
◎ミッキードリーム
長期休養明けからの2戦はGIレベルを相手にしていたのでノーカウント。自己条件をまったく問題にしなかった辺り毎日杯2着は伊達ではないか。
○レディアルバローザ
差し馬が掲示板を独占した前走で先行しながら僅差に粘っていたし力を付けた印象。実質準OP級のメンバーしかいないので馬券圏内は確保してほしい。
▲サンライズマックス
かなり行き脚がつかなくなってきているのか後方からばかりの競馬になっていますが常に掲示板には載っていて衰えたまでは言わないほうが良いか。開幕週ということで脚質の不安はありますが頭数も少ないのでうまく捌くかマクれたら。
△エーシンジーライン
体重を大きく減らした七夕賞は惨敗でもコンマ9秒差。ここ2走も逃げて接戦に持ち込んでいて、今回はホクトスルタンとの兼ね合いになりそうですが川田の性格と太宰の起用を考えたら逃げるのはこちらかな。


楽といえば楽>胴長熊猫

今日のボックス(新潟2歳S&小倉2歳S編)

台風一過


台風だからみんな出かけないだろうと朝からゲーセンに行ったら本当に貸し切り状態。スタホやってたら4年かかってようやくシルバー馬主に。まだ一度も店舗内予選すら通過したことはないけども。


新潟2歳S


◎トウケイヘイロー
最低人気に甘んじていますが新馬戦はしっかり中団から折り合って上がり最速でまとめていて、鞍上も引き続き柴山騎手で同じような作戦を取るなら。
○ロッソコルサ
父デュランダルが思ったよりも中距離型の産駒を多く出す中、この馬は1400を好スタートから前を見ながら最後もしっかり伸びて快勝。大外枠も新馬戦と同じなので今回も気持ち良く先行できたら。
▲メイショウハガクレ
未勝利の身ながらフェニックス賞に挑戦して勝ったのにこちらに遠征してきた辺りやはり父ジャングルポケットを意識してのことか。
鞍上に川田騎手を配置できなかったのは仕方ないものの唯一のOP勝ち馬なので見せ場は欲しい。
△ダンスインザマミー
新潟の直千で新馬勝ちしてダリア賞は控える形に戸惑ったのか少頭数ながらチグハグな競馬になってしまった。北村宏が継続騎乗なのでその辺りの作戦を徹底していただきたい。


小倉2歳S
◎エピセアローム
自分のPOG(サラブレの方)では珍しくこの時期に重賞挑戦。新潟の除外を嫌って距離不適ながら仕上がっているので使いますなんて死亡フラグ立ちまくりですが…。ほら、親心?
○アイラブリリ
新馬戦はマクリ組の進出に巻き込まれて一旦は置いていかれそうになりながら、もう一度盛り返して3着。前走は頭数も減ってスンナリ先行して勝っていたし、この血統らしく時計のかかるローカル1200重賞で今の時期なら戦える。
▲ゴーイングパワー
父サクラバクシンオーということでやっぱり人気になっていますが、京都1200をポンと出て上がり最速で来れば鞍上と厩舎次第で1番人気になってもおかしくない。ここも同型との兼ね合いになりそうで、変に差しに回ったりしなければ。
△マコトリヴァーサル
浜中騎手からすればエピセアロームにはききょうSとかりんどう賞なんかに出てほしかっただろうな。無理して使わないでくれよとか聞こえてきそう。
父タヤスツヨシで1200の重賞はどうかな?と思わなくもないけどマンハッタンカフェ産駒だって1200が得意な馬がいるわけだから何でもアリなんだろうな、この系統は。


まだクラシックも勝てない>胴長熊猫

一般人にやや復帰

仕事始め


いきなりはキツいだろうから金曜日からおいで(土曜が休みだから)ということで今日から無事に社会の歯車に帰ってきました。
知らない間に新入社員が4人も増えていて、しかも2人は女子高生ですよ。18ですよ!
4人からすれば僕とは初顔合わせなわけで彼らからすれば誰だよコイツなんだろうけども、僕は日本でおそらく一番汚い作業着で仕事をしている人間なので「初めて見る人なのになんでこんなに汚いんだろう」みたいな目で見られてました。


台風のため午前中で作業終了>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク