パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

痛恨


一瞬だけ、残り50mまで夢を見れた。


ピンと来たんだ。ピンナだけに>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(天皇賞・秋編)

ススッと


毎年のことながら、僕は大概1年に1度だけ大穴をブチ抜いてその利益でプラス収支を維持するスタイルが確立されてきていて、今年も小倉記念の三連単を最後まで盾にして踏張りそうな気配。理想は毎週少しずつ利益を上げて年間プラス収支になることですが、それができるなら競馬で生活できるか。


天皇賞・秋
◎ブエナビスタ
調整が今一つで太め残りになりそうという報道や、単純に衰えたという考え方もできますが結局のところドバイ以外では連対を外しておらず、他の馬に目が行って単勝1番人気でも3倍前後というのはかなりおいしいのでは。
○ペルーサ
藤沢和厩舎にしては珍しく天皇賞・春路線を真面目に走らせていましたが、秋はやっぱりここらしくぶっつけ挑戦できました。前哨戦を使っていないので仕上がり具合が問題ですが、期待馬にしかこういうローテも組まないので昨年のリベンジも兼ねて。
▲ダークシャドウ
前走の毎日王冠では完全に負けたかなと思うところから力強く抜け出してきて本格化した印象。少し反動が無いか心配なところと、父がダンスインザダーク産駒なのが引っ掛かるところですが混戦になれば。
△ローズキングタム
こちらも前走は斤量を克服できるかが焦点でしたが、相手もそれなりに揃う中で勝ち切れたことは評価できる。ただ、やはりこの一族だけに馬券としてはヒモまでというイメージは拭えない。


もう一つくらい大きいのを当てたい>胴長熊猫

今日のボックス(スワンS編)

やや成長


部署が変わって2ヶ月。一通り仕事をこなして大体の流れがわかってきたのですが、今まで以上の力仕事が待っている部署ゆえについ利き腕に頼って仕事をしていたら左腕に無かったはずの力瘤か付いてきて「うおぉ、高校の野球部時代よりも筋肉がついてる」と嬉しくなりましたが貧弱は貧弱。


スワンS
◎ショウナンカザン
何か気に入らないことがあると途端に走らなくなるのか極端な大敗をするようになりましたが、逆にやる気さえ出ればポンと走りだしてもおかしくない。血統的には1ハロン長そうなのでレースも極端に。
○エーシンブラン
兵庫CSを勝ったためにダート路線を走りましたが、東京ダ1600や大井ダ2000などスウェプトオーヴァーボード産駒には不向きな条件ばかりだった。
やっぱり直戦平坦の小回り戦がベストだと思うので立ち回り次第。
▲フラガラッハ
意外にも京都では未勝利のダート以来の出走。勝ち上がりが関東ばかりで、広いコースでばかり走っているのが不安ですが勢いがあるときのデュランダル産駒は分からないところで走るので注意。
△ロードバリオス
オープン入りしてからは少し相手の悪い条件を使われていましたが、OP特別なら上位に食い込める力は示していて伊達にディープスカイを抑えて逃げ切ってないと思わせた。Aコース4週目でそろそろ内の芝状態も厳しくなりそうですがハナに行き切れば。


手首が外れそう>胴長熊猫

輝け明日のスター達

ドラフト会議


今年もプロ志望届けを出していないので指名されませんでした。ところで、あれって誰でも出せるものなのかね?例えば「高校三年間手芸部だったけど指名されたら行くよ」とかアリなの?出すだけなら誰でもOKなら俺も出すけどなぁ。
さて、我らが広島は広陵高校出身の明治大学・野村投手を単独指名。この所はビッグネームを気にせず取るようになって前田健や今村、福井選手が活躍しているので是非とも続いてほしい。


藤岡選手はロッテかぁ>胴長熊猫

誕生日

おめでとう、自分


27回目のバースディということで26歳を振り返ると、間違いなく今までで最悪の一年だった。
ただ、とりあえず今は平穏無事に過ごせているので最悪と言えるうちは最悪ではないのかもしれない。
それでも先日の事情により手放しで祝える状況でもないので、とりあえずマイプレゼントに電子レンジ。


今まで無かったの?とか聞かない>胴長熊猫

祝・三冠

脱帽


福永がハナを叩いたのに爆笑して柴田善のマークっぷりに少し動揺し安藤勝の位置取りに不安を覚えて見守っていましたが何の事はないオルフェーヴルの楽勝ぶりにただただため息が漏れるばかり。この次はJCになるのか有馬になるのかわかりませんが個人的にはJCでヴィクトワールピサVSデインドリームVSブエナビスタにぶつけてほしい!


怪我だけは、怪我だけは…!>胴長熊猫

今日のボックス(菊花賞編)

言いたい


ウインズにいると色んな人の馬券術や血統蘊蓄などを聞くことが多いのですが、時々どうしてもツッコミを入れたい内容があり悶々としています。
例えばコレ
「フォーティナイナーズサンってことは父がフォーティナイナーだからダートの方がいいって」


菊花賞
◎フェイトフルウォー
オルフェーヴルは?なんて言われそうですが、昨日の富士Sみたいな本命を打って沈んだら妙に責任を感じるので敢えてここでは「ないね(パクった!)」と思う馬だけに印を打つ。
○フレールジャック
ディープインパクト産駒マイラー説がまことしやかに囁かれていますが、僕はダンシングブレーヴ説を推しているので「2400以上の重賞を勝てるのは菊花賞トライアルまで、以後は1200~1600がベスト。スタミナ危険と思われたほうが長距離も走る」を言い続けたい。
▲サンビーム
大逃げがあまり期待できない秋山に乗り替わり、マイネルデスポットの目は無さそうですが露骨な内有利の馬場ならコッソリ走って3角マクリの集団に早めに潰されるはず。
△トーセンラー
今年はトライアルに異常ありで、関西馬が何故か神戸新聞杯を回避してセントライト記念に逃げ出すチキン権利取り作戦に出ていて、そんな陣営が「本番でも」なんて顔をしているとか笑わせる。これだけ外せば三冠あるだろう。


ディストーテッドヒューマ産駒だから孫…>胴長熊猫

今日のボックス(富士S編)

まったく


三冠が懸かった今週に親父がまさかの緊急入院。呼吸ができないと暴れた挙げ句、原因は何と肺癌。
入院、即手術で肺にたまった水を抜いたら出るわ出るわ。医者からもリアル「何でこんなになるまで放っておいたんだ!」発言が飛び出し、常々タバコを吸いながら気味の悪い咳をしていながら自分は大丈夫と思い込んでいた根拠のない自信は脆くも崩れ去って「もうダメだ~」と呻く始末。
病院に行きなさいと口うるさく言っていた母を無視していた報いです。覚悟して治療に専念しなさい。


富士S
◎ゴールスキー
くっ…またピンナか…。
ただ去年のレース振りを見れば重賞で格負けするとは思えないし、賞金が危うくなったところで出走した前走もしっかり取りこぼすことなく突破したので。
○ライブコンサート
いつ走るのかまったく分からずテレンコな成績でOPクラスに居座る姿は同じシングスピール産駒のローエングリンに通じるものがある。
この所は後ろから行くと競馬になっていないので無理にでも出していくほうがいいのかも。
▲スズカコーズウェイ
2年前の京王杯SC以降馬券に絡めていませんが、その次走になった安田記念を除けば東京芝を走ったのは昨年の京王杯SCだけで、今回は久々にG3の東京1600に替わっているので本来の得意条件で。
△アブソリュート
この馬も2年前のこのレースが最後の馬券圏内で、その年の東京新聞杯が不良馬場のなか差し込んでいたりするので似たような馬場になりそうな今回はうまく内枠を捌ければ。


愛煙家の皆様も気を付けて!>胴長熊猫

今日のボックス(秋華賞&府中牝馬S編)

しつこくドルアーガ


前回、ちゃんと条件を満たして60階に行ったのにエンディングを迎えられなかったので今度は取れるアイテムはすべて取って(ポーションオブデス以外)60階に行ったもののやっぱりダメ。カセットが呪われているのかそれとも俺の顔か。


秋華賞
◎ホエールキャプチャ
本当ならこんなクロフネ産駒を2000のGIで本命にするなどというのは自分の中のセオリーを完全に無視しているわけですが、ローズSでのGI馬2頭のヘタレぶりや上がり馬が信用ならない配合であることを考えたら押し出されるようにこれしか残らなかった。渋々。
○カルマート
未勝利脱出後にオークスを選んだときは「何考えてんだ?」と首を傾げたくなりましたが、自己条件に戻ってからはしっかり力を発揮してOPを突破し陣営の判断があながち間違いではないことを証明した。安藤勝も福永に一発見せたいところもあるだろうし。
▲アヴェンチュラ
あまり露骨すぎる上がり馬を評価するのはヘボ新聞にありがちな間抜け予想な気がして嫌なのですが仕方ない。ジャンポケ×サンデーは死ぬほど痛い目に遭ってきたのにまだ信用するなんて…これが恋か(違)
△マイネイサベル
嫌いな血統もここまで来れば押し通す。父テレグノシスで馬主がマイネルで騎手が乗り替わりで格がGIで距離が2000の中途半端な人気馬。買う要素が微塵も見当たらない潔さは今の自分にピッタリだ。


府中牝馬S
◎レディアルバローザ
いつの間にG2に!?元々別定戦だからあまり意味が無いような…。
あ、理由?雨だし、キングマンボで。
○イタリアンレッド
今までアグネスタキオン×トニービン牝馬だと勘違いしていた。多分、似たようなイメージの馬と混同しているからだろうけど、はて何と混ざったか。
▲アニメイトバイオ
田辺は本当にいいポジションを確保したなぁ…。関東メインなら後藤・松岡のおこぼれにローカルなら関西有力厩舎の主戦。好きに乗らせたら確実に掲示板に持ってくる良い意味での汚さが最高だ。
△ブロードストリート
この厩舎はデキがイマイチでも平気で使って素知らぬ顔で連戦して人気だけ稼ぐ嫌いな厩舎の一つだが、常に押さえないといけないような状況を作り出すからなお腹が立つ。飛べ!いや来て!


面セレは使っておりません>胴長熊猫

今日のボックス(東京HJ&デイリー杯2歳S編)

冷え込んで、秋


ここのところグッと気温が下がったうえに雨が降ったこともあって仕事着の冬服をひっぱりだしてきたのです。普段は工場内でも一番汚い格好で仕事しているので上に一枚はおると汚れが見えなくなり「綺麗になった」と評判ですが中に着ているシャツは斑模様のままです。


東京HJ
◎マジェスティバイオ
前走は人気を背負って大事に行きすぎた分、道中から捌くのに追っ付け通しでスムーズさを欠きながら最後は3着を確保したように完全に障害OPの上位安定組になった。今回も大外枠を引いて中団からになるだろうが、得意のコースだし連軸視。
○クランエンブレム
山本騎手がどちらに乗るか少し気になりましたが、やっぱり重賞ウィナーでもG2のほうを取ってきて順当といえば順当。父の産駒も好調期にまとめて稼ぎ、壁にぶち当たると伸び悩むタイプだったので大ゴケするまでは。
▲ディアマジェスティ
障害転入後3連勝で前走も小倉サマーJで人気になったエムエスワールドを完封したのを物差しにすればG3でもヒケは取らないはずなので、初コースに対応できれば。
△クリーバレン
同母で障害重賞ウィナーを同年に出すなんてなかなか珍しいことではないだろうか。厩舎も同じということで作戦の兼ね合いもありそうで、うまくこちら側に展開が向けば。


デイリー杯2歳S
◎ダローネガ
距離を気にして新潟2歳Sに出たものの、枠のあやもあって今一つ力を出し切れなかった感じ。それを考えたら前走はあまりに楽な条件だったので、人気になってはいますが今後を考えても試金石の一戦。
○シンゼンレンジャー
ケイムホーム産駒ということもあって懐疑的な目で見られていた新馬戦でしたが評判馬以下を最速上がりでなで切った。まだそこまで評価を上げたとは言い難いので世間が目を向ける前に。
▲マコトリヴァーサル
タヤスツヨシ産駒で1200はどうかな?ということでしたが、勝った馬が少し抜けていただけで力はしっかり出せていた。血統を考えたら1600でもまだ短い気はするし、むしろ園田や川崎のダート重賞を狙ったほうがいいかもしれないが仕上がりの早さで。
△クラレント
新馬戦以来なので久々なのは仕方ないことですが、わさわざここを目標にする辺りに厩舎のこの血統に対するこだわりがあるのかもしれません。
2着馬が既に2勝を挙げているし、実力は上位なんだろうけど何だか鞍上が信用できなくて。


でも扇風機を付けて寝る>胴長熊猫

そして英雄にはなれなかった

ドルアーガの塔、完結編


4種類出てくるメイジを名前の頭文字のアルファベット順に倒せというフロアで17回。
出てくるナイトを強い順に倒せというフロアで8回。
敵を順に倒してドルアーガと対面するまでに22回。
有野課長も呆れるレベルの凡ミスを連発して全滅を繰り返しながらドルアーガを初対決で瞬殺し、とうとう60階に到達したのです。長かった旅を思い返しながらドルアーガに奪われたロッドを返還すると、ロードランナーの△みたいな塊が見事に巫女カイの姿に。
さぁ敵はいなくなった、一緒に帰ろう‐と爽やかに話し掛けたのですが、向こうはこちらの顔を見るとあからさまにガッカリした様子で「いえ、1人で帰れますので」とスタスタ階段を下りていき、ポツンと残された僕は真ん中に最後の1本を返還すると体育座りで「あぁ、良い事したなぁ」と呟くのでした。


本当にエンディングが始まらない>胴長熊猫

なるほど

最近のマイブーム


今日は1場開催だから負けても少額で済むんじゃない?ということでコソコソ鈍行とバスを乗り継いでウインズ高松へ。
すっかり競馬を見なくなった上に元々がパドック無視派なのでさっぱりどの馬がいいのかわからない。そこで活用するのが周りの知恵。
人様の予想を拝借して自分の予想にプラスアルファ作戦。時にはヒモ馬を総入れ替えしてまで予想を曲げた結果がこれ。






普段なら絶対頭では買わない怪しさ満点の武豊を頭に据えたり、逆に福永を2着までと割り切ったり「真面目に考えても当たらないし」もここまで来たか。


勝てば官軍>胴長熊猫

今日のボックス(マイルCS南部杯編)

凄い開催


南部杯のために東京だけを開場して競馬をするとは。一体どんな権力を持っていたらこんなことができるんだ!?
懐かしいのは地方交流元年となった1995年。地元期待の王者トウケイニセイが中央のライブリマウントに敗れて場内が静まり返った時。実力勝負の世界だから仕方ないとはいえ「空気読めよ」と思ったのは3回だけ(もう1つはハーツクライの有馬記念)。


マイルCS南部杯
◎エスポワールシチー
フェブラリーSには出てこない、フリオーソには歯が立たない、騎手も乗り替わり。これだけマイナスの要素が重なれば衰えた以上に来ない公算が立つのですが、どうしてもGIでワイルドラッシュがゴールドアリュールより強いというのが納得行かなくて。
○ボレアス
差し馬の大外枠がどちらに傾くか気になるところですがゴチャつかずに走れるのはプラスか。あとはあまり東京ダートで差しが決まっていないので自分から動く競馬で。
▲シルクフォーチュン
シリウスSはちょっと展開が向き過ぎて本来なら度外視すべき対象なのですが、万が一トランセンドが逃げつぶれる同じような展開になったら再現も。
△ランフォルセ
なかなか取捨が難しいシンボリクリスエス産駒2騎ですが、準OPでもこのコースで勝ち鞍のあるこちらをチョイス。ただ、ワイルドラッシュといいシンボリクリスエスといいGIで金を入れにくい馬ばかりだ。


あとは「ダ」で始まって「ル」で終わるアレ>胴長熊猫

今日のボックス(毎日王冠&京都大賞典編)

名馬が相次いで亡くなった今週


先日のルドルフの訃報に続いてサッカーボーイと悲しいニュースが多かった。サッカーボーイはGI馬を多く輩出しましたが日本の馬産もわけわかんねぇ南米血統やドイツ血統ばかり重用しないでこういう国内の珍しい血を使うことも学んでほしいな。
最近の競馬はスポーツでもギャンブルでもなく、一部の人間の勝手によるビジネスの一環でしかないようなやり方しか見えないから。ヴィクトワールピサ、お前だお前。


毎日王冠
◎セイクリッドバレー
新潟大賞典以後、煮え切らない競馬ばかりで丸山元気も頑張らないと外人騎手にパクられるのは時間の問題だ。ルメールとか乗せてアルゼンチン共和国杯に出ることになるぞ。
○リアルインパクト
2場開催だと地方交流500万がないから戸崎さんも来られないのか?まぁ、岩田騎手ならプラマイゼロか。
最強の1勝馬の称号をGIで返上したのは驚きましたが、3歳馬が中距離路線でどれだけ戦えるかの物差しになるかの1戦なので競馬はしてほしい。
▲シルポート
この頭数なら間違いなく奇襲を仕掛ける馬が1~2頭はいるはずで番手からの競馬になりそう。東京で逃げて33秒台でまとめたこともあるので無理に逃げた馬の金星もなさそう。
気になるのはデビューから1600以下に良績が偏っているところ。
△シンゲン
いくら鉄砲が効くといっても、さすがに長期休養が続いてコンスタントに使えず久々がGIで輸送によってマイナス12キロでは出番もなかった。今回は久々でも3ヶ月ぶりという他馬と似たような条件だし輸送のない関東なら。


京都大賞典
◎ローズキングダム
惨敗の天皇賞春は特殊すぎるレース展開で、これを除けば今回のメンバーでここまでまともな競馬をしているのは子の馬だけ。59キロの斤量が気になるもののいい加減、取りこぼしは許されない。
○マイネルキッツ
目黒記念に出てきたときは何をとち狂ったのかと思いましたが、それなりに走っていてまだ衰えたとまではいかないか。元々は直線平坦のコースの方が得意なタイプだし一角崩し。
▲オウケンブルースリ
昨年の有馬記念から歯車が狂いだして今年のレースではすべて1秒以上離された敗戦が続いていますが、京都記念と阪神大賞典ではソコソコ脚を使えていたのでうまく折り合いさえつけば得意条件で。
△ネコパンチ
1200と2600に勝ち鞍のある非常に変わった馬ですが、比較的クラシックディスタンスを得意にしているみたいだし北海道での2戦で中団マクリを見せていたのが今回鞍上の池添騎手にはピッタリの脚質なのでは?


ダービー勝利→種牡馬入りとかするから流行らないんだよ欧州競馬は>胴長熊猫

聖なる巫女を助けださんとす

まだまだ遠いぞ60階


とあるアドバイスにより死亡率が激減し、一気に最高到達地点を44階に伸ばすことができたのです。
というのが、そもそも僕は出てきたモンスターを片っ端から殲滅しようと追い掛け回しては逆襲を受けて自滅していたわけで、これを宝箱を空けたらカギを即座に入手して脱兎の如く逃げ出すようにし、ゴーストやメイジが出るフロアではタイムオーバー覚悟で真っ先に倒してから行動するようにしたわけです。
何だか文字にすると「それが普通なのでは?」とか言われそうですが、目の前をプルプルウロウロする有象無象を見ていたら右手が勝手に。


3連休中にはクリアしたい>胴長熊猫

深紅の盾を掲げ

高い高い壁


チビチビと合間を見つけては60階を目指して牛歩戦術並みのスピードで上達を見せた結果、安定して10階前後までノーミスで来ることができるようになったのです。
攻略サイト様のお陰でアイテムの出し方には苦労しないのですが、如何せん「歩きながら3回メイジの呪文を跳ね返せ」とか「いつ撃ってくるかわからないスライムの呪文を跳ね返せ」など、僕の不得意な呪文をどうにかしろ系の出し方に大苦戦を喫し、結局のところ15階が最高到達地点です。


壁を貫通するなんて卑怯だ>胴長熊猫

銀の剣を持ち

ドルアーガ侵攻中


引っ張りだしてきたファミコンのボタンの甘さと己のテクニックの低さから勇者・ギルの骸がそこらに散らばる地獄絵図。主な死因はどこからともなく飛んでくるゴーストの呪文、メイジに挟まれて放たれる呪文、剣を出し忘れてスライムと激突死で、要は未だに剣を出したまま呪文を受け止める技術を会得しておらず「これ、ずっと前にも同じことを書いたなぁ」と進歩の無さに乾いた笑いを発するのです。


胴長課長への道は遠いぞ>胴長熊猫

皇帝陥つ

シンボリルドルフ逝去


言わずと知れた3冠馬、それを達成した年に僕は生まれているのでさすがに生で走りを見ることはなかったし、競馬を見るようになってからも産駒が大量に活躍したわけではないのでどれくらい凄いのかを表現することはできませんが3冠馬と聞かれたら真っ先に思い浮かぶくらい凄いのかも知れません。
そんな今年に3冠馬に挑戦するオルフェーヴルというのも何か見えないものを感じます。


ダビスタのヒドイ能力のせいだとも思う>胴長熊猫

その者、金色の鎧を纏い

ファミコン熱、襲来


先月まではスタホ熱が占めていたのですが全国進出を果たして目下の目標を達成できたことでやや下火になってきたのです。
今朝、携帯のブックマークを整理していたらファミコンの攻略ページがいくつか残っており「そういえばキャッスルエクセレントはクリアできたけどドルアーガの塔は無理だったな」と思い出し、仕事中にムクムクとやる気が出てきたので今更になって奥からファミコンを引っ張りだしドルアーガに挑む騎士ギルとして電源を入れる…!


ボタンが柔らかすぎる!>胴長熊猫

こそこそ

| |そ~~・・・
| |∧_,,∧
|_|´・ω・`)
|桃|o□o
| ̄|―u′
""""""""""



| |
| | ∧_,,∧
|_|(´・ω・`)
|桃|o  ヾ
| ̄|―u′□ <コトッ
""""""""""""""""



| |
|_|  ピャッ!
|桃|ミ
| ̄|   □
""""""""""""""""


つい>胴長熊猫

今日のボックス(スプリンターズS&凱旋門賞編)

本日はGI2本立て


向こうは凱旋門賞という大一番ですら「馬場が向かない」でアッサリ回避する図太さを持っているのがすごい。日本から遠征したけど「芝が合わないので」なんて言って一つも走らず帰ってきたらどんなことになるだろうか。


スプリンターズS
◎ロケットマン
国内だけのお山の大将なら喜んで消しただろうけど、ドバイGSを勝ったということは下手に逆らわないほうがいいのか?
馬場の違いとか坂の有無とか重箱の隅をつつけばいくらでもマイナスデータは出てくるだろうけど、今の日本スプリント陣がドバイGSあたりで快速比べをしたら太刀打ちできるかと考えたらまだまだ人間と同じで世界との差はあるような気がする。
○ダッシャーゴーゴー
あぁ、つまんねぇ予想!
だって会社の先輩が「ロケットに乗ってゴーゴー!」なんてベタベタなギャグをぶちかましたあとに「まぁ、馬券はラッキーセブン…じゃねぇやナインからだがな」とか言ってたので。
▲フィフスペトル
予想外に成長していたと京成杯AHの時に発言したら頭まで来てビックリ。GIレベルではどうかなぁと思いつつ前が激しくなって差しに出番があれば1800もこなせるスタミナで最後の坂を味方に付けるのでは。
△ケイアイアストン
スプリンターズSと言えば高校生の時に友人のT君がタイキシャトルから勝負していて「夢がねぇんだよ!男なら単勝万馬券だぜ!」と言いながら買ったダイタクヤマトの単勝を思い出す。
ただ、その後の彼は公務員で嫁さんがいて子供も来年から小学校。どちらに夢があったかはこの際。


凱旋門賞
◎ソーユーシンク
日本馬は?とか聞かれそうだけど、ねぇ?
3歳馬が有利なこのレースですが今年はこれといった存在が見当たらないので距離不安を囁かれているこの馬でも実力でねじ伏せるのでは。
○サラフィナ
海外も日本と同じく近年は牝馬の台頭が目立っていて誰も口にしなくなったけど、このレースは牝馬が不振だった時代があった。単純に能力の差があるだけかもしれないが、やはりタフな芝になりやすいのが原因か。
安定感は買えるけど大一番にはその安定感が2着までになりやすいので突き抜けられるか。
▲トレジャービーチ
イギリスダービー2着のアイルランドダービー馬。ただ前哨戦ではナサニエルに接戦ながら勝っているし3歳馬の中から選ぶならこれか。父もバリバリの欧州血統でオブライエンだし。
△ヒルノダムール
恩情。
天皇賞春の勝ち馬と言われてもアレだし、元々は善戦マンだったことを考えれば掲示板までなら…程度。万が一があるなら、藤田騎手がまさかのフランス語&英語で恫喝によりインから先手を…


まさに観光目的みたいな感じでさ>胴長熊猫

今日のボックス(札幌2歳S&シリウスS)

こっそり全国進出


モソモソとスタホに勤しんでいたらまったく期待していなかったレベルのお馬さんが全国大会1回戦に進出するサプライズ。ケープクロス×シーキングザパールの初代配合馬が最低人気で店舗予選を通過したのには唖然としましたよ。


札幌2歳S
◎グランデッツァ
こういう評判馬に飛び付くのは主義ではないのですが、今のうちから印を打っておかないと来年のクラシック戦線になってから渋々評価するのが恥ずかしいので。
○ゴールドシップ
普通に行けば秋山騎手はこちらに乗るだろうと思ったけどアッサリ乗り替わったなぁ。厩舎の兼ね合いも見え隠れしつつ安藤勝なら見劣りはしないけど近年はヤリヤラズが激しいのでどうだろうか。
▲マカハ
一応グランデッツァに新馬戦では同じ上がりタイムで勝っているので水準の能力は持っていると思われるのですが鞍上の浜中騎手が阪神にいるのがやっぱり気になるところ。
△マイネルロブスト
例年と違い中山1800で行われた新馬戦を勝ったあと札幌1500という微妙な条件でも勝っていて、さすがにマイネルの馬だなぁという印象。デビューから3戦すべて騎手が違うという珍しい現象ですが逆に言えば誰が乗っても大丈夫な灰汁のない馬なのかも。


シリウスS
◎タガノロックオン
ロックオブジブラルタル産駒が重賞で来るか?とか言っていて4着だったので「まぁそんなもんだな」そしたらば簡単に自己条件をクリアするもんだからアリ?と。
騎手の起用がややムカツキますがレパードSで懲りたのかね?ダンチヒ系らしく頭かケツか。
○メイショウブンブク
この条件の1000万を勝って以来すっかり掲示板の下辺りをウロウロするキャラに。ただ毎回人気以上に走っているし格上挑戦で出てくるわけだしもう一押しあれば。
▲フサイチセブン
フサイチペガサス産駒らしく、連勝が止まると壁にぶつかる感じだったのが意外に早くOPを勝ったので再浮上のきっかけになったのかも。レースレベルが上がっても苦にしないのもフサイチペガサス産駒。
△タナトス
あまりこういう人気薄で走ったあとに人気になる馬を買いたくないのですが、前に行くようになって競馬が安定した上で小牧ならスタートは決めていきそう。


全国1回戦シンガリ負け>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク