パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(根岸S&京都牝馬S編)

予想外


今月号のサラブレに付いてきた謎の箱。中身を確認していなかったのですがネックウォーマーが。
今までマフラーなどを装備したことが無かったのですが、ふきっ晒しの工場で働いていて風の強い日が続いたので寒さに耐えかねて試しに使ってみたら。
いい…!
とっても…!


根岸S
◎ダノンカモン
前走のJCダートは個人的に1ハロン長いと思っていたので5着と言えども褒められる内容だったと思う。シンボリクリスエス×オジジアンでいかにも前哨戦のGⅢならという配合だし人気でも。
○ヒラボクワイルド
1600以下に良績が集中しているのに何故かクラスが上がるたびに1700以上を使われる不憫な馬。番組だってあるだろうに。
中央なら1200&1400、ローカルなら1700だけの分かりやすいワイルドラッシュだろうし、ここでダメでも先々でお世話になるでしょう。
▲サクラシャイニー
毎年このレースは訳の分からない産駒が走っていて、エイシンサンディやらアドマイヤボスやらと妙なサンデー系の溜まり場となっている。誰がサクラプレジデント産駒がダート短距離で3連勝すると予想できただろうか。
△オオトリオオジャ
溜めれば斬れるゴールドアリュールの兼用タイプでイメージとしては母父ジェイドロバリーが強く出た感じ。意外と乗り役にうるさく、外人やリーディング上位の騎手の時しか走らない。
ちなみにアントニオバローズが1番人気だったプリンシパルSの2番人気がコイツ。ホント、どうかしてる。


京都牝馬S
◎アスカトップレディ
準OPクラスと重賞の間でややもたついた感のある時期が続きましたが、ようやくOP定着の足掛かりができた前走。京都の8枠で牡馬に混じって3着ならここでは威張れる部類だし、もう一歩。
○ドナウブルー
素質の高さは疑いようもなく、一つ間違えばクラシックでも…と思わせる競馬はしてきた。後ろ一辺倒だった脚質もようやく好位の競馬ができるようになったしまともに走れたらここはチャンス。
▲コスモネモシン
北海道シリーズでの接戦はGIでの活躍を期待したが賞金に泣いた。こちらも戦法に幅が出てから競馬が安定しており、この枠なら番手からでも押し切れるだけの力があるはず。丹内も川島になるか池添になるかの分水嶺、気合い入れていけ。
△ダンスファンタジア
昨年春先のモタモタした競馬も休みを挟んで一変。勝ち鞍こそないが内容が確実に良化しており結果的に中身が伴わないままGI戦線に出たのが厳しかっただけか。藤沢和厩舎人気も落ち着いてきたし、手ごろな人気での一発に期待。


シルクロードSまでの成績
【3/10 +270540円】


あたたかい…!>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(シルクロードS編)

太る元


最近、仕事の合間にポイッと口に入れられるおやつにハマっており、当初はメントスやハイチュウ、その次はハリボーやコリッのようなハードグミが流行ったのですが、このところはずっと「ひとくちさつまいも」なる商品ばかりになってます。
どう見てもクズ芋を角切りにして塩を振っただけにしか思えないのに鳴門金時の甘さと妙に合っていて、気付くと一日で一袋空けてます。難点はあまり売ってないこと。徳島でしか売ってないのかね?


シルクロードS
◎ロードカナロア
牝馬だとばかり思っていたけど牡馬なのね。
1200mは負けなし、京都でも負けなし、別に嫌う要素もないし枠も内側でマイナス点は見当たらない。この路線はポッと出の上がり馬が交代でGIを攫っていく状況だし今年はこの馬か。
○グランプリエンゼル
一頃の不振からは脱したようで、ここ数レースは安定して走っているものの突き抜けられないのはやはりアグネスデジタル産駒らしさか。今回は逃げ馬がべらぼうに多く、Bコース替わりとはいえテンが速くなれば外枠からでも届く可能性はある。
▲エーシンヴァーゴウ
サマースプリントシリーズの勢いそのままにスプリンターズSでも3着に飛び込みこの路線の強豪に名乗りを上げた。今回は4ヶ月ぶりなのと今まで冬に使った形跡がなく、ひょっとしたら寒い時期は固くなりやすいから意図的に避けていたと深読みもできるが。
△キョウワマグナム
京都1200に絞ったローテでここまで来ており、差し脚は割と問題なく繰り出せているものの展開に泣かされている印象。前に行く馬が多くなれば嬉しいのはこの馬も一緒なので後はうまく捌ければ。


川崎記念までの成績
【3/9 +272940円】


もそもそ>胴長熊猫

今日のボックス(川崎記念編)

えぇ…!?


小島貞調教師が逝去。しかも自殺。
厩舎の経営状態が悪かったようですが、それでもまさかそこまで追い込まれていたとは…。営業努力も最近ではできなければ馬が集まらない時代ですし、競争し合っている以上あれこれ口を挟むのはナンセンスかもしれませんが、これが今後の一端にならないことを祈ります。


川崎記念
◎スマートファルコン
東京大賞典はあわやの展開でしたが513キロと過去最多馬体重だったし、それが道中の行きっぷりの悪さに繋がったか。絞れていることが条件。
○キングスエンブレム
平安Sかと思っていたらこちらに。力関係を考えたら明らかに格上げ挑戦に思えるがそれを考慮してGIを選んだなら見せ場以上が欲しい。
▲フリオーソ
昨年はかしわ記念以降順調さを欠き、秋の復帰戦を迎える事なく終了。できれば昨年は東京大賞典かJCダートで見たかった。
それだけに今年に賭ける思いは強いだろうし、連対を外していない川崎ならアッサリ引き下がれない。
△ランフォルセ
マイルCS南部杯は思ったような競馬にならず苦いGI挑戦になりましたが結果的に距離が短かったのと芝スタートに戸惑ったかも。この枠をどう乗りこなすかが課題ながら、流れに乗れれば圏内まで。


AJCCまでの成績
【2/8 +272020円】


ミホノブルボン好きだったなぁ>胴長熊猫

今日のボックス(AJCC&平安S編)

7.5億かぁ


宝くじも売り上げアップのてこ入れとして1等の賞金を従来の3億円から7億5千万に増額するとか。単純な期待値でも100円で最高2億円のWIN5より上になる金額。個人的には300円~1万円までの当たりを排除して当たったら少なくとも100万円は返ってくるほうが魅力的だがどうだろう?


AJCC
◎ルーラーシップ
有馬記念ではさすがに休養明けで無理があると思っていたが4着に好走。地力の高さを窺えたしメンバーに恵まれたここは必勝態勢。
○ナカヤマナイト
海外遠征帰りの前走は体調も心配されましたが追い込み一閃、フランスでの惨敗を感じさせない力強さ。どちらかと言えば東京のほうが向いていると思いますが頭数も少ないのでうまく上がり勝負に持ち込めれば。
▲ネヴァブション
この馬もしぶといねぇ。
中山は走るというのは周知の事実だし有馬記念をダシにしてAJCCを勝つという荒技を使ったこともあるので人気の無いときが華。
△ミステリアスライト
長期休養明けを走って前走は2走ボケのような感じ。位置取りも後ろすぎたし追走が楽になる今回は前で競馬ができそうなので立ち回り次第。


平安S
◎エスポワールシチー
川崎記念じゃないのか。
やっぱり昨年のスマートファルコンが地方で無双しても最優秀ダート馬の投票であれだけ大差が付いたのは所詮、交流GIと思われているからか。オッズほど強いとは思わないが…さて。
○シルクシュナイダー
春先からダート路線での活躍を期待されながら重賞組に歯が立たなかった印象。それでも夏を越えて各クラスを一発でクリアしてきたのは評価できるしG3ならうるさいアグネスデジタル産駒なので。
▲インバルコ
近年のダートでは珍しい追い込みタイプで前走も絶望的な位置から突っ込んできて5着。今回も逃げ馬があまりに強力なので前崩れが起こるかどうか微妙なところですが、展開がむいたときの脚なら一番のはず。
△キクノアポロ
名古屋GPではニホンピロアワーズに大差を付けられましたが、休養明けで大幅体重増と苦しい条件が揃っていた。いずれも下級条件ながら京都では連対率100%だし、人気薄の間に狙いたい。


日経新春杯までの成績
【2/6 +276820円】


買わなきゃ当たらない>胴長熊猫

今日のボックス(日経新春杯&京成杯編)

品揃え


いつもならサラブレ発売日ということで近くの本屋によりつつ買い物して帰るルーティンになるところが、所用のためにお出掛けしていたら夜10時に。「普通の本屋は閉まるけどツ○ヤは遅くまでやってるのか」と入ってみたが優○とギャ○ップと競○王はあるのにサラブレは無し。


日経新春杯
◎ダノンバラード
前走も期待していたが、やっぱり小回りよりも広いコースの方が良かったか。それでも見せ場はたっぷりあったし叩き3戦目でさらに前進できれば。
○トゥザグローリー
戦ってきた相手が違うのでここは相手に恵まれたと言えるが58.5キロは見込まれたか。ただ今後を考えたらこれくらいはこなしてもらわなければ困る。
▲ナムラクレセント
長距離にシフトしてからマクリ脚質に切り替えて面白い存在になった昨年。芝の状態を考えたら末脚に賭けるよりも自分から動いていく方がいいだろうしうまくマクリ切れば。
△マカニビスティー
地方から移籍してきて、イメージとしては鈍重なダート馬かと思いきや昨年の天皇賞春でも最後に突っ込んできたりジャパンCダートでも上がり37.1の脚を使っていたりとここへ来て充実著しい。意外に高速上がりに対応できるのでスローでも状況次第。


京成杯
◎アドマイヤブルー
デビュー2連勝中で前走は橋田厩舎にも関わらずホープフルSへ向かい勝利。ここへ照準を合わせるとともに皐月賞へと賞金も加算できた。
コース実績があり、この時期の馬にありがちな東京や京都のスロー競馬しか経験が無い危険な人気馬タイプでもなさそう。気になるのは1番人気の後藤とアドマイヤ。
○アーデント
新馬戦こそ展開のアヤで後塵を拝したもののその後は2連勝。メンバーもそれなりに揃っていた中で勝ち切れたのは実力か。
中山は8枠に入るとやや不利なので今回はどの位置から競馬をするかが勝負の別れ目になりそう。
▲ベストディール
ハイレベルだった札幌2歳S組らしく前走は特別競争でも力が違った。それ自体は少頭数だったが、ゴチャつく札幌の1800をこなしてきていて馬群を嫌がる事はないだろうから正攻法でどこまで。
△ジョウノバッカス
ダートに替わって連勝したあと芝に戻って8着。さすがにGIは厳しかったし展開も苦しかったが上がりは最速タイ。アグネスタキオン×ウォーニングでダート一辺倒とは思えないし差し馬に出番があれば。


【1/4 +272370円】


もう!もう!>胴長熊猫

今日のボックス(フェアリーS編)

褒めて褒めて


何て言うか、昔からそうだけど追い込まれてから実力を発揮するタイプなんだよ。8月31日まで宿題をしない人間。
最初からコツコツする人間のほうが最終的には成功するから、こんな1月から大躍進するのはマズイんだけどほら、俺の才能が…


フェアリーS
◎ダイワミストレス
昨日の予告通り本命はこの馬。
正直、「ダートで新馬勝ち→500万で鞍が外れかけながら2着で芝に目処が立った」なんて怪しくて買っていられないけども、その脚が本物なら多少は。
○パストフォリア
ノリさんはこっちか…。と言うか元々は北村宏でデビューしてるわけだから交換してくれよ。
東京だけしか経験はないものの父シンボリクリスエスなら場所は不問だろうし母ハッピーパスもこの時期に活躍してクラシック戦線に乗ったので。
▲シャンボールフィズ
前走は前に行った馬が残る中、勝ち馬と一緒に上がっていって4着。現状は上がりに限界があるか?
例年なら中山マイルは内側から買うのが定石ながら、昨日の芝レースでは外枠の馬や差し馬が飛んできていて一概に外が不利だと言えないので。
△メイブリーズ
新馬戦ではラシンティランテに迫って2着。勝ち上がっての休み明けになった前走のホープフルSは牡馬に混じって9着ながらいい脚を使った。クロフネ産駒だし距離は短い方がいいだろうし前崩れの展開になれば。


【1/3 +274770円】


付け上がるのも昔から>胴長熊猫

今日のボックス(シンザン記念編)

逃げ道を消す


昨年もめでたく我が「パンダらボックス」はプラス収支で終われたわけですが、結局のところ一昨年は天皇賞春、昨年は小倉記念の一発だけを頼りに押し切っただけでアベレージ的には酷いものだったのでレース毎に成績も書きたいと思います。(1レース3連単4頭ボックス24点買い)


シンザン記念
◎ジェンティルドンナ
まさか1番人気とは…。
明日の本命も決まっていて、その馬はPOGりん指名馬。こちらはサラブレPOG指名馬であわよくばダブル重賞ゲットといきたいところですがさすがに未勝利を勝ったばかりでここは厳しいかな。
○マイネルアトラクト
アドマイヤマックスの一番馬という評判はどこへ?血統的にはNZTとかで買いたいような感じですが徐々にクラス慣れしてくれれば先々でも楽しめる馬だと思うので。
▲オリービン
早くもこの馬をグラスワンダー産駒と勘違いしている。ほら、ダローネガと被るんだよキャラが。
母父がジルザルとかザフォニックとかZから始まる馬だと何故か善戦マンになる気がする。
△プレミアムブルー
生産地ではやたら人気のサムライハート。どんなに現役時代が凡庸でも種牡馬になれるわけだからやっぱり血統だよな。
阪神の前走は6着でもデビューからの2戦は京都で好走、母父もタイキシャトルなら現状は平坦コースのほうがベターか。


【0/2 -4800円】

わー今年がどうなるか楽しみー(棒)>胴長熊猫

今日のボックス(中山金杯&京都金杯編)

仕事始め


なんで毎年のように金杯と同じ日に始まるのかな。30日から休みでいいから6日まで休みにして7日を体慣らしにして8・9日をまた2連休で……


中山金杯
◎アドマイヤコスモス
昇級戦の重賞でアドマイヤマックス産駒だけに2000は厳しいと思っていたが問題なく突破。広いコースを楽に走れたからかもしれないがG3でも小回り急坂をこなしていけば上まで狙える可能性もある。
○ネオヴァンドーム
3歳春までは順調だったがその後に調子を崩してからなかなか思うように走れなかった。ただ昨秋に復帰してからは段階を踏んで上がってきたし実績は負けていないので連対まで。
▲ダイワファルコン
前走は断然人気を背負って人気を裏切った。馬場を気にして早めに動いたのが影響していたように見えたし今回はブリンカーを装着して一変できれば。
△エクスペディション
小倉を得意にしていたので前走はそれも狙って出てきたのだろうが、結果論としては休み明けで重賞は苦しかったか。ただ小回りは苦にしないから後は仕掛けどころか。


京都金杯
◎マイネルラクリマ
2歳時はマイネルにありがちな早熟伸び悩みタイプと思っていたが、意外としぶとくOPクラスで生き残った。1800ながら京都に勝ち鞍はあるし前で傾れ込めたら。
○サダムパテック
やっぱり煮え切らないフジキセキ×エリシオらしい前走。ここらで頑張らないと気が付いたら安田記念や宝塚記念どころか東海SやプロキオンSあたりに出ることになりそうだから。
▲ショウリュウムーン
アパパネに勝ったけどGIではケツのほうばかりで何が良いのか分からないが、結局は単純に寒い時期が合っているだけなのでは。
△ブリッツェン
デビューから一貫して1600ばかりを使われていてスペシャルウィーク×カーリアンなら2000が良さそうな気も。
前走はGIで自分の競馬もできなかったしノーカウント。今回はシルポートもいるし、目標にされることもないだろうから気楽に番手から。


そもそも金杯を7日にすれば……>胴長熊猫

ようこそ2012

明けましておめでとうございます


今年最初の食事は雑煮でもなければ餅でもなくケバブだった胴長です。
良いことがあろうが悪いことがあろうがおみくじは大吉なので、遠慮せず大凶でもぶち込めばいいと思うのです。
目標は進歩。具体的には馬券で食えるくらい。
あけおめメールは車のディーラーから1通。広島ではそろそろ死亡説が出ているらしい。
昨年末に金を貸した同期が消息不明。大丈夫だろうか。嫁も子供もいるのに。


なんでもかんでも頑張る>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク