パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(高松宮記念&マーチS編)

疑問な機能


ここの予想が当たると「拍手」とかいうものをしてくれる方がいて、一体なにが起こるのかさっぱりわからなかったが先週の予想が当たった後に、せつな大僧正からコメント付きの拍手を賜り「おぉ、こういうものか!」と感心した後
「じゃあ、下のコメントの存在意義は…?」と思い返す。


高松宮記念
◎ロードカナロア
また福永か…。こいつだけはデムーロに乗っ取られても文句言えない。
今の中京が馬場の3分所より外を通った時点でノーチャンスという超絶内枠有利なら黙って買うしかない。不利があれば別だが。
○エーシンダックマン
イケイケで走ったオーシャンSは真ん中より後ろにいた馬たちが馬券圏内を占める中、最後まで抵抗して6着。見た目ほどひどい競馬でもなかったし人気も落ちた今回は気楽に逃げられるはず。
▲カレンチャン
絶対王者不在のスプリント路線はその時の調子でコロコロ結果が変わるので安易に衰えを口にしないほうが良いだろうがそれにしても3歳のフィリーズレビュー以降、掲示板外が無いのは立派。多くの勘違いが秋のGIを勝って香港挑戦で化けの皮を剥がされるのに前走もまずまずだったので更に上昇できれば。
△ジョーカプチーノ
休み明けだった前走は馬体重を減らしたうえにスタートもイマイチで何とも競馬にならなかった。16番枠の今回はなるべく先手を取りに行くだろうからうまく押し切る形になれば。


マーチS
◎マイネルオベリスク
上総Sは頭数こそ少なかったが1600万にしてはレベルの高いメンバーで、その中でキッチリ勝てたのは評価できる。外人騎手ばかり乗っているが休む前に丹内で勝ったレースもあるのでさほど気にはならないか。
○トーセンアレス
ティンバーカントリーの系統らしい安定感のなさがモロに見て取れる馬で、気分次第でアッサリ最後方まで下がることもしばしば。ただエンジンが掛かればいい脚を見せる系統でもあるのでうまく運べれば。
▲ナムラタイタン
ずっと1400を中心に使っていたのに1800のここへ。スーニが高知黒船賞に出ていたから回避したのかもしれないが距離は気になる。
能力は一枚上になるので追走が楽な展開なら。
△シルクシュナイダー
4歳世代のダート路線になかなか面白い存在が出てこず、ボレアスも古馬に跳ね返されているのでレベルは低そうだがアベレージならいい勝負をしているので近走の好調さとアグネスデジタル産駒らしいGⅢ大将を見せれば。


毎日杯までの成績
【5/36 +271760円】


カゼ継続中>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(日経賞&毎日杯編)

グェホグェホ


季節の変わり目になると毎年のように体調を崩すのですが、今年も無事に木曜日から発熱・嘔吐下痢を繰り返し「春か…」と便座でつぶやいたりしてます。


日経賞
◎ルーラーシップ
このところ絶対本命みたいな馬がポンポン飛んでいるし、このレース自体が昔から断然人気鬼門の舞台だったりするがAJCCは1頭だけ別次元の競馬をしていたしメンバーも手ごろなので。
○トーセンラー
京都記念はスローのよーいドンで位置取りが後ろだった分、切れ味負けした。きさらぎ賞を勝っているがセントライト記念2着があるように中山が悪いわけではないので前進できれば。
▲ヤングアットハート
普通、この血統ならマーチSを使いたくなるものだが競馬は分からない。
最近は東京で良績を残しているが1600万を勝ったときはいずれも中山で片方は2500だったから条件は問題ないはず。
△ケイアイドウソジン
ダイヤモンドSはアッと驚く逃走劇。その後のここをすぐ狙うのはやや恥ずかしい気がするが今回もこれといった逃げ馬がおらず人気どころが後ろからなので早めにマクられなければ。


毎日杯
◎ヒストリカル
兄たちがどちらかというと晩成タイプが多い中、早い時期から走っていて丈夫そうだし長く付き合うことになるかも。ワールドエースが反則的な若葉S勝ちをしたのでこちらもインパクトのあるレースを期待。
○エアソミュール
どうせ本番で岩田は乗ってくれないわけだから和田で行けば良いのに。
デビューからジャングルポケット産駒らしい終いを伸ばす競馬を続けて、届かない場面もあるが先々を見据えたらそれも良いか。今回も後ろからだろうがうまく前崩れになれば。
▲フジマサエンペラー
冠に騙されそうだがチューニーの子供。馬主さんもエンペラーなんて名付ける辺りに期待の大きさが窺えます。
東スポ杯2歳Sはディープブリランテの2着。この母らしいしぶとさが見えたので前に行って我慢比べに持ち込めれば。
△エロイカ
なぜ牝馬じゃない!?
侵略できないじゃないか、あんなコトやこんなコトで!
新馬戦はキチッと中団から脚を伸ばして上がり最速でまとめて快勝。ディープ産駒は先行でも差しでも速い上がりが使えるかが良し悪しの基準な気がするから能力がバレる前に買う。


阪神大賞典までの成績
【5/34 +276560円】


明日までには治したい>胴長熊猫

人生初失態

財布落とした


昼間、警察から電話が掛かってきて気が付くという間抜けぶり。いつもとは違い上着のポケットに入れていたから落ちたのにまったく気が付かなかった。
幸い224円しか入っていなかったお陰で拾った人も連絡先を伝えずに去っていったとか。
うん、224円じゃない。
昨日の
ボックス予想の
当たり馬券が
バッチリ入ってた…!


セーーーフ!>胴長熊猫

今日のボックス(スプリングS&阪神大賞典編)

もらったら返す


会社の女性陣からバレンタインデーにチョコを貰っていたのを忘れていたので返していなかったら「何か買って」と催促されたのでチロルチョコ(10円)の3倍返しということでブラックサンダー(30円)で返す。
しょっぱい顔をされたので「仕方ない、俺の体で…」とパンツを脱ごうとして嫌がられるそんなアフターホワイトデー。


スプリングS
◎ディープブリランテ
まだ、うにゅうにゅ引きずってますよ。
共同通信杯はまさかの逃げる形になって苦しい展開だったが2着に粘った。結果的に脚質の幅を広げられたか。今回は逃げ馬が多いし前に壁を作りながら走れるだろうから本番につながるレースを。
○グランデッツァ
ラジオNIKKEI杯は久々が堪えたか直線で思ったほど弾けず。秋山には申し訳ないが乗り替わりは仕方ない。
外枠が課題なのと賞金が足りているのでどこまで無理をするかわからないが脚の使いどころを試すくらいの競馬はしてくれたら。
▲ロジメジャー
前走はマイナス12キロだったがハナ差の接戦だったので絞った方が良かったのかも。ダイワメジャー産駒らしい先行タイプだし枠をうまく活かせれば。
△サトノギャラント
話題先行しがちな血統馬のなかではしっかり競馬をしていて初勝利を挙げた後に逃げと追い込みで結果を出した。休養後はここを目標にしてきて仕上がりも良さそうなので権利まで。


阪神大賞典
◎オルフェーヴル
まぁ、そうなるわな。
特に嫌う要素もないし1番人気が最近来ないと言ってもまともなGI馬が1番人気になるのも久しぶりなので無事に走ってくれたらいいか。
○ヒルノダムール
海外遠征から帰ってきて2戦でいずれもしっかりと脚を使い体調も上向き。一発かましてやろうという陣営の意気込みも感じられる。お互い目標が先なのであまりメイチとまでは仕上げていないだろうが完敗は喫したくないはず。
▲ギュスターヴクライ
うーん…。
3着は妙な馬が入ることが多いが、やっぱり2強に割って入ってほしい。うまく頭まで来れば元返しにはならいので。
△ナムラクレセント
トウカイトリックが何度も馬券になっているように3000という妙な距離が味方するレースでもある。3年前が3着で昨年が1着なので今年は2着か?


ファルコンSまでの成績
【3/32 +217740円】


遠慮すんな>胴長熊猫

今日のボックス(フラワーC&ファルコンS編)

素晴らしいスポーツ


何気なく始めたスノボーだったが、基礎を固めて練習をこなすうちに上からコケることなく滑ることができるようになり「あれ、オレ天才じゃね?」と勘違いするようになった頃に見事エッジが掛かってヘッドスライディングする競技。


フラワーC
◎チャーチクワイア
何が悔しいって昨年のPOGりんでこの馬の上を指名していてろくすっぽ走らず、この馬は北海道シリーズでデビューして早くも2勝。中山での走りがどうなるか気になるけどオークスまでは見たい。
○ブリッジクライム
新馬戦は低評価にも関わらず牡馬に混じって勝利。2戦目は東京で切れ味負けした感じだったから中山で巻き返した前走が本当の力か。どちらかというとやっぱりオークスで見たい。
▲ミヤコマンハッタン
デビューから徐々に距離を延ばして成績が安定。父マンハッタンカフェが少しずつ出てきた感じ。
休み明けの菜の花賞でも対応できるスピードがあるなら前々から勝負もできるはず。
△オメガハートランド
重賞での2戦ですっかり懲りたのか人気急落。ただ今回、福永→石橋脩への乗り替わりはかなりプラスで前進できる要素は揃ったので一押しあれば。


ファルコンS
◎サドンストーム
一部ではT1というダービーより大レースだとか。
中京の芝短距離ならまだまだ内枠が有利かもしれないが外枠がまったく来ないわけではないので朝日杯FS6着はここなら威張れる成績なので地力で。
○ネオヴァンクル
地味にききょうSの勝ち馬でその後は重賞に挑戦するもこれといった見せ場も作れず敗退した。とりあえずどんな状況でも自分の力は出せるタイプでうまく流れに乗れたら。
▲レオアクティブ
一応、今回のメンバーでは頭一つ抜けた存在ではあるのだが、どうしても追い込み脚質だと今の中京で届くのか心配になる。
横山典も末脚に賭ける騎乗を涼しい顔でするだろうから本当に一か八か。
△ローレルブレット
こういう血統の馬を買ってくる相馬眼を鍛えたい。だれもがいいなと思うような社台系のお馬さんに騙されるようではやっぱりまだまだだと感じる。


フィリーズレビューまでの成績
【3/30 +222540円】


初心忘るるべからず>胴長熊猫

今日のボックス(中山牝馬S&フィリーズレビュー編)

取り急ぎ


朝の1時にスキーから徳島に帰ってきて仮眠を取ってから4時に広島へ出発。
8時から草野球をして一眠りしたらこんな時間だ!適当に並べて遁走だアンニョン!


中山牝馬S
◎ドナウブルー
○アカンサス
▲アニメイトバイオ
△ホエールキャプチャ


フィリーズレビュー
◎イチオクノホシ
○ファインチョイス
▲プレノタート
△アイムユアーズ


阪神スプリングJまでの成績
【3/28 +227340円】


全力睡眠>胴長熊猫

明日のボックス(阪神スプリングJ編)

再び


性懲りもなくスノボーです。
今回は前回とは違い少し本格的なスキー場へ行こうということで今から出て車中泊。
何がまずいって、明日の夜中に帰ってきたら日曜日は広島で草野球ということ。いい加減、学習しようぜ、若くないんだ。


阪神スプリングJ
◎ディアマジェスティ
中山大障害は本当にあと少しでGIに手が届いたと思ったら最後にスルリと抜けられた。ただ、その後も順調に来ているしメンバーも楽な今回は連軸視。
○ヒカリアライブ
オープンでは好走するものの重賞になると一押し足りない競馬が続きどうにももどかしい。中山グランドJへ向けての一叩きにしている馬が多いので何とか賞金を加算してJGIへ。
▲ナムラチェンジ
未勝利の後は思うような競馬ができていませんが、とりあえず後ろから脚を溜めて平地の勝負にしたいという作戦は見えるので引き続き騎乗の難波がうまく仕掛けていけるか。
△ヤマイチコマンド
南関東・川崎から転厩して障害2戦目で初勝利を挙げるあたり地味な血統に隠れてはいるが飛越センスがいいのかも。何せ頭数が少ないので考えずにホームランか三振で。


中日新聞杯までの成績
【3/27 +229740円】


全力週末>胴長熊猫

今日のボックス(弥生賞&中日新聞杯)編

頑張れ明日のスターたち


去る人もいれば来る人もいる。
ということで今年も5人の新人騎手がデビューしました。中京では早くも中井騎手が初勝利を挙げるなど先々が楽しみなメンバーが揃ったと思います。
しかし、もし手元にレーシングプログラムがある方は分かりますが、新人騎手紹介ページの長岡クンの写真は他に無かったのか。どうしても笑ってしまう。顔が変とかではなく、こう…何というか…。


弥生賞
◎アダムスピーク
ラジオNIKKEI杯は前々から押し切る競馬でゴールドシップ以下を完封。個人的にはこれがディープインパクト産駒の正しい姿だと思うので中山の2000はベスト条件のはず。
おそらく内田が中団から差しの競馬を試しそうなので脚を余す危険性はあるがまともに走れば。
○アーデント
3ヶ月ぶりとなった京成杯はうまく流れに乗って傾れ込んだものの4着まで。ただOPクラスにメドを立てたし重賞2戦目ならさらに前進して良いはず。
横山典→藤田なのはやや気になるが。
▲エキストラランド
いかん!ディープ産駒ばっかりだ!
小倉のあすなろ賞で2勝目を挙げて中央場所というのはあまり過去に好走歴がないのだが小回りの2000で最後に坂があるかないかの違いなので外枠をうまく捌ければ。
△コスモオオゾラ
新馬戦は最低人気ながらアルフレードの4着。そこから中谷でOPクラスに上り詰めたのは立派の一言。
今回はコスモの主戦・柴田大に乗り替わりで新味を出せるか。しかし、この乗り替わりってプラスか?


中日新聞杯
◎コスモファントム
どう予想すればいいやら。
中日新聞杯連覇がかかる大一番なので頑張ってほしいものです。
○マイネルスターリー
着順の割に悪い競馬はしていないのに人気が落ちるのは早いこと。追い込みが決まるかは展開次第だが早めに仕掛ける馬が多いと漁夫の利を得られるかも。
▲スマートギア
休み明けから徐々に復調してようやく馬券圏内。前走から松山が継続騎乗で脚の使いどころを心得ただろうからもう一丁。
△コロンバスサークル
せっかく昨秋から調子を上げてきたのに体重を大幅に減らし立て直しに2戦を費やした。前走で再び感触は良くなったし52キロの軽量で一発。


チューリップ賞までの成績
【3/25 +234540円】


福笑いというか…>胴長熊猫

今日のボックス(オーシャンS&チューリップ賞)編

中京競馬場オープン


早速、どうなるか見ていたけどテレビ画面から見てもわかるくらい坂の傾斜がキツそうで下級条件だとゴールまで脚が一緒になって案外差しが決まらないかもしれない。逆にGⅢ以上だと思わぬ伏兵たちのズブズブ決着で溢れかえりそう。
とりあえず今月は逃げ馬だけ買っていればいいだろうなぁ。


オーシャンS
◎ワンカラット
淀短距離Sはあの展開ではやむなし。もともと好走は先行したときに限られるし手綱も藤岡に戻った今回は前で勝負するはず。
京都牝馬Sや中山牝馬Sでなくここを使うのもこの路線で戦うという決意の表れか。
○ダッシャーゴーゴー
JBCスプリントは苦し紛れの奇策に思われたが3着にまで押し上げた。レースレベルは甚だ疑問だがまだ走る気力は残っていたと見ていい。
このコースはGIじゃなければ走るので久々さえ苦にしなければ。
▲エーシンダックマン
デビューから一貫して逃げの戦法を取っており今回もなにがなんでもハナを主張しそう。この枠からだけに最後まで我慢できるか疑問ですが後ろの馬がなし崩しに脚を使わされる展開になれば。
△アポロフェニックス
除外のあとに3ヶ月ぶりになった前走は前に行ったもののズルズル失速。2着馬以外は差し馬が台頭したし仕方ないか。
中山1200が得意のコースだし父アフリートなら前走大敗を度外視して買ってみても。


チューリップ賞
◎ジョワドヴィーヴル
GI馬とは言えまだ2戦しかしていないので何とも言えませんが力があるのは間違いない。
やっぱり気になるのは福永で、いい加減ふざけた騎乗をするなら本番でアンカツにでも頼んで干すべき。
○ジェンティルドンナ
POGりんはどうも今シーズンに重賞を使ってくれそうな馬が見当たらないのでサラブレPOGの指名馬である彼女とその下の娘に頑張っていただきたい。
よく考えたらPOG期間内に重賞勝ち馬を2頭も持っていたのは初めてだな。
▲エピセアローム
阪神JF8着は久々だったのが災いしたと信じたい信じてる。できれば内枠から前に壁を作る感じで先行してほしかったがこの枠をどうするか。
POGりんで指名が被ると踏んで回避したけど頑張れば取れたよなぁ…(ウジウジ)。
△イントゥザストーム
ディープインパクト産駒にしては珍しく1200ばかりを使われた牝馬。母父ストームバードの方が強く出ているのかね?
いずれのレースも前から粘り強く押し切る競馬を試みているし1200の忙しい展開に慣れていれば重賞のペースにも戸惑わないだろうから3着までに。


阪急杯までの成績
【3/23 +239340円】


1Rを取れた!>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク