パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(スプリンターズS編)

そんなもの


夏競馬の間なかなかボックス予想が当たらずに少なからず焦っていた部分があったのですが、先週のオールカマーでポンと的中したら続けざまに昨日も的中して「2・3・1番人気の順にゴールしたのに万馬券になるのは盲点だよなぁ…」とか呟き、難しく捻らないほうがいいのかなと思った次第。


スプリンターズS
◎パドトロワ
春先はモタモタするところがあったがアイビスSDを期にガラッと馬が変わった。やっぱり直線競馬で気合いを入れられたのが行きっぷりの良さに繋がったのかも。
安藤勝が騎乗数を絞っているのと中山が不得意なのが気になるところだがGIを獲るなら今回が絶好のチャンスと見る。
○エピセアローム
ここ2戦、POG馬の将来を考えて敢えて無印にし続けてきましたが、まさかスプリント戦線で開花するなんて…。北九州記念はハマった感じが強かったがセントウルSは好位押し切りだったので好調な3歳の勢いで。
▲ダッシャーゴーゴー
何度もGIに手が届きそうになりながら降着や出遅れが響いて結果が出なかったが、この馬もようやく好調を維持してやってきた。CMもサクラバクシンオーだしここは1200マイスターだった父の力を全力全開で。
△ロードカナロア
土曜日の2歳未勝利ですら1分8秒5という時計が出ているのでGIなら7秒台前半くらいが勝ち時計になりそう。そうなると明らかに持ち時計がない外国勢には分が悪い。
この馬も持ち時計に不安があったのに前走である程度克服しやがったので泣く泣く連下に。


オールカマーまでの成績
【10/104 +350370円】


競馬予想に無欲っておかしいよね?>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(シリウスS編)

誰だって


先輩「はぁ~やっと今週も金曜日やぁ」
胴長「あれ、何か予定でも?」
先輩「最近、肩こりがひどいから整骨院でも行こうかなって」
胴長「いいなぁ、明日は休みですか」
先輩「休みだろ?」
胴長「明日は稼働日ですよ?」
先輩「そんな情報、ワイは聞きとうなかった」


シリウスS
◎メイショウタメトモ
5ヶ月半ぶりの前走は少頭数であったことも幸いして僅差の3着。4着以下を2秒近くも引き離していてここが実力の線引になりそう。
脚質的になかなか重賞クラスになると楽に行かせてはもらえないだろうがうまくペースを落として逃げられたら。
○ナイスミーチュー
ダートに矛先を向けてから軌道に乗り、やっぱりキングカメハメハはどこで芝に見切りを付けるかで出世の度合いが変わるのではないか。
ここまでテレンコで来ているのがやや気掛かりですがしっかり蓄めればいい脚は持っているのであとは使いどころ。
▲グレープブランデー
前走は決してレベルが高いレースだったとは言い難いがようやく昨年のダート王者らしく積極的な競馬で復活をアピールした。
今回は今後に向けた試金石になるし、3歳勢がブイブイ言わしてきているので4歳の代表格として下手な競馬はできない。
△ヤマニンキングリー
アグネスデジタル・アドマイヤムーン・クロフネのように明らかなダート血統馬が芝のGIを勝ったせいで産駒にバラツキが出てしまうのはよくあること。この馬も芝だダートだと使われて結局わからないままこの年齢になったが、かつてはブエナビスタの海外遠征をおじゃんにした戦犯。リピーターが多いレースだし昨年の再現があっても。


オールカマーまでの成績
【9/103 +334740円】


来ないと無断欠勤だし…>胴長熊猫

今日のボックス(オールカマー&神戸新聞杯編)

効果の程や如何に


皮膚科へ行ったときにもらった軟膏を塗り塗りしていたら成分表のところに「ステロイド系」。
ということは、これを使い続けていたらバリー・ボンズのようなマッチョメンに…。いかん!禁止薬物違反でWBCへの出場が!


オールカマー
◎ナカヤマナイト
宝塚記念では勝ち馬と同じような位置から競馬をしたものの勝負所で反応が遅れて大敗した。本来は先行しても問題ない馬なので柴田善がどちらの作戦で行くかが見所。
○コスモファントム
逃げても番手でも競馬ができる馬ですが常に目標にされることが多くマクって来る展開になると脆さが出てしまう。今回は逃げ馬がいるので前を見ながら追走できるから今までやられたことをやり返したい。
▲ダイワファルコン
ジャングルポケット産駒には珍しい中山>東京というタイプでOPに上がってからは傾向も顕著に。ただ、中山なら何でも良いというわけではなく気難しい部分が出ることも多いので北村宏がどう乗るか。
△ユニバーサルバンク
3歳春までは重賞でも上位でしたが、その後は少し順調さを欠いて四苦八苦した。ここへ来て復調の兆しが見えたので再び休み明けになりますが天皇賞・秋路線に踏みとどまるためにもここで賞金を増やしておきたい。


神戸新聞杯
◎ゴールドシップ
皐月賞があまりにうまく行きすぎたのでダービーは危ないと危惧したとおり正攻法で行って届かなかった。それでも後方待機していた馬の中で一番の脚を使っていた辺りは流石だし、これくらいのメンバーなら仕上がり途上でも負けられない。
○ベールドインパクト
ダービーではゴールドシップやワールドエースらと同じような競馬をして仕掛けが遅れて9着まで。追い込み不利の展開では致し方がない。
一息入れて復帰戦だが阪神での勝ち鞍があり先週も権利を取らせた四位が今週もやるのではないか。
▲マウントシャスタ
宝塚記念は無謀と思っていたが見せ場たっぷりの5着に粘り込み世代の強さを印象付けた。それにしても人気になりすぎている気がするがゴールドシップが後方でモタモタしたら先行押し切りも。
△カポーティスター
ここまで目立つ存在ではなかったが新緑賞での脚は際立っていて青葉賞こそ力を発揮できませんでしたが、ハマれば前走のような小回りにも対応できるのでトライアル向きの血統カポゥティらしさでこっそり。


セントライト記念までの成績
【8/101 +307600円】


オリンピックにも出れない!>胴長熊猫

今日のボックス(セントライト記念編)

やるなぁ


凱旋門賞のステップレース・フォア賞をオルフェーヴルが快勝。正直、少頭数に初の海外レースで折り合いを欠いてズルズル後退を予想していたのでアヴェンティーノのナイスサポートがあったにせよ欧州特有の深い芝を苦にしなかったのは収穫ではないか。
しかし、これだけうまく乗られると池添の立場も無いな…。


セントライト記念
◎フェノーメノ
ダービーではうっかり軽視してしまい涙に暮れたわけですが、秋を迎えてGIを奪取するには少しでも苦手を無くすほうが良いだろう。東京では先行できるのに中山だと中団になってしまうのはステイゴールド産駒らしい不器用な所があるからだろうが、例年ほど露骨な前残り馬場でもないので。
○ダノンジェラート
まだ500万を勝ったばかりの実績から言うと5番人気はいささか見込まれ過ぎじゃないかと思いますが、初戦の中山1800で逃げ馬が上位を占める中、8枠の中団からただ1頭差してきた脚は出色だったので今回も流れに乗れば。
▲クリールカイザー
ラジオNIKKEI賞はそれまでの競馬ぶりを一新して後ろから行ったものの前が止まらない展開で掲示板を確保するのがやっとだった。おそらく今回は前目の位置から競馬をするだろうしこのコースも未勝利・500万で2着があるので距離も問題ないはず。
△カナロア
17頭中7頭がディープインパクト産駒という占有ぶりで、まぁ我が世の秋と言ったところか。ダートでの勝ち鞍があり芝の早い上がりにも対応できる辺り両親の良いところをうまく受け継いだ印象。
藤原英厩舎は2頭出しだからケンカしながら行くことはないだろうし前に付けそうなほうを買っておけばいいか。


ローズSまでの成績
【8/100 +310000円】


次に繋がれば良いが>胴長熊猫

今日のボックス(嫌々ローズS編)

迷う三連休


本来なら本日は広島で草野球の予定だったのだが、人数不足で中止になってしまい完全に手持ちぶさた。
お金があればどこかフラっと大阪辺りに繰り出すのだが夏競馬にすっかり搾り取られてカスも出ません。


ローズS
◎ジェンティルドンナ
本音を言えばこんなレース買うだけ無駄のような気がする。
○ディオジェーヌ
ただ、牝馬3冠が掛かった前哨戦では2冠牝馬が揃って負けているのでひょっとすれば。
▲スピークソフトリー
そう思ってハナズゴールを頭にした三連単を買おうと思っていたのに除外だなんて。
△キャトルフィーユ
3着に入ればGIに出られるんだから関東馬もビビらず紫苑Sじゃなくてこちらに出てきてほしい。


阪神ジャンプSまでの成績
【8/99 +312400円】


昼はうどんかな>胴長熊猫

今日のボックス(阪神ジャンプS編)

夏の余波


この夏に発生した汗疹をほったらかしにしてあまりに痒いもんだからバリバリ掻き毟ったあげく、癖でかさぶたや白くなった皮膚をペリペリ剥がすのが楽しくなっていたらとても人様に見せられる体ではなくなってきたので人生初の皮膚科に行ってきました。
医者も「うっわ…」と絶句する気持ち悪さみたいですがもらった薬を塗りながら一人バイオハザードごっこに勤しんでいます。


阪神ジャンプS
◎テイエムハリアー
ここ2戦続けて自分の競馬に持ち込んでいて、やっぱり無理してでも逃げていくほうが変に蓄めるよりいいのかも。当然、マークされる形になるわけだがそれでも押し切れるくらいのメンバーだと思う。
○カネスラファール
これまで障害での馬券圏外が1回しかないのに人気が上がらない不思議な馬。関東の厩舎で父がミシエロなのが要因か。
落馬の危険性がある障害レースだししっかり回ってくる力だけでも上位を維持する立派な能力。
▲デンコウオクトパス
前走は緩急のきついレース展開に付いていけず思わぬ結果に終わりましたが、阪神コースなら出入りの激しい展開にはなりにくいだろうし前に壁を作れる逃げ馬がいるので今度は流れに乗りたい。
△トウシンボルト
シンボリクリスエスにマルカの牝馬というどこまで行ってもGⅢまでと感じさせる配合。暮れの大障害では力不足だろうがこういう前哨戦ならしぶとく着を拾っていきそう。


京成杯AHまでの成績
【8/98 +314800円】


かゆい…うま…>胴長熊猫

今日のボックス(京成杯AH&セントウルS編)

疲れない週末


何だか今週は仕事が滞りすぎて何もしなかった感が強く少しも疲労感が無い。とりあえず雷が会社の電柱に落ちてまるごと停電したため休みとか、制御盤が一日で復旧しなくて手作業とか、雷が落ちた電柱が折れるなんてレアな場面を見れたりとかイベントとしては盛りだくさんではあった。


京成杯AH
◎エイシンリターンズ
2走前の中京記念は明らかに太過ぎるという敗因がハッキリしていて、キチッと絞れた前走は額面通りに巻き返した。この血統にしては前に行ってしぶといので開幕週の恩恵を受けて粘り込みたい。
○ドリームバスケット
マイラーズCは大敗しましたが元々が特殊なレースだったし気にしなくてよい。OP入りするときが中山1600を2連勝、ここ2走も1800を連続馬券圏内、枠が嫌な所に入りましたが1800でも堪えるスタミナで前進を期待。
▲レオアクティブ
今年はレベルが高いと評判の3歳世代。
休み明けの前走も後方からいい脚を使ってなで切っていてただの早熟型でないことを証明した。脚質的に今の中山で追い込みが届くか不安ですが朝日杯FSでも大外枠から3着まで来ているので内を捌いてこれたら。
△キョウエイストーム
言わずと知れた中山巧者で1年4ヶ月ぶりの前走はさすがに無理があった。ただ一つ叩いて順調に来ているし人気のある時に買うようなタイプでもないので疑われているほうが買いやすい。


セントウルS
◎エーシンヴァーゴウ
北九州記念は勝ち時計が1分6秒9というハイラップ。この馬に限らず普通なら好勝負になっていたはずの時計で走破はしていた。
阪神は開幕週ながら最後の坂があるので多少は時計が掛かるだろうし調子落ちというわけでもないだろうから改めて。
○マジンプロスパー
CBC賞はメンバーに恵まれたとはいえ番手から抜け出して押し切る横綱相撲。GIでも戦える力を付けていただけのことはある。
これまでテレンコで来ていて今回は順番で言えば来ない番だが人気馬に休み明けが多いので体調の良さでもう一丁。
▲マコトナワラタナ
前走は休み明け・大幅馬体重増・高速決着の三重苦で大敗も止む無し。仕切りなおしの一戦になるがファルブラウ産駒なら阪神コースのほうが相性がいいだろうし、この馬はデビューから完全テレンコで今回は来る番なのでうまく展開が向いたら。
△ロードカナロア
とうとう福永が降ろされたが前走を見れば残念でもないし当然。岩田への手替わりは好感だが岩田は岩田で大事に乗ると脚を余したり内に拘りすぎて包まれたまま何もできない競馬をするので頭を期待しないほうがオッズ的にも妙味。カレンチャンとのワンツーだけは勘弁してつかぁさい。


小倉2歳Sまでの成績
【8/96 +319600円】


電柱って砕けるんだぜ>胴長熊猫

今日のボックス(新潟記念&小倉2歳S編)

夏競馬最終盤


この予想も長らく的中が無いので何とかしたいのはやまやまなんですが、如何せん頭が夏休みを満喫しすぎたので気分はまだ盆前。そろそろ算数ドリルに手を付ける時期かな。


新潟記念
◎エクスペディション
前走で待望の重賞ゲット。小倉専用機の力を存分に見せ付けた。
これまで小倉ばかり走っていて左回りは中京ですら経験が無いがステイゴールド産駒で新潟が向かないということはないだろうし、古馬になって力を付けるとしぶといディクタスの血を考えたら新味に期待してみてもいいかも。
○トウカイパラダイス
函館記念では人気を裏切ることになりましたが勝ち馬が埒添いをピッタリ回ったのと壁を回避するため少し外を回した差でしょう。もともとOPに上がる際には中京で連勝しているし、重賞でも目黒記念2着があるなら今回こそ強気の競馬で。
▲マイネイサベル
どうにも煮え切らない競馬が続いていて馬券圏内まで届いていませんが、牡馬相手にでもヒケを取らないレース振りは評価できるし2000mも昨年の福島記念で経験済みなのであとは突き抜けられるか。
△ケイアイドウソジン
昔は走らなくても1番人気に推されることが多かったのにいつのまにやら走っても人気にならない馬になってしまった。天皇賞・春は仕方ないにしても七夕賞でしっかり巻き返してきたのにまた人気薄なあたりが逃げ馬の宿命なのかも。


小倉2歳S
◎マイネルエテルネル
何でもイギリスダービーに登録済みらしいですが、そんな馬を普通に考えて小倉1200で使うか…?
父のタマユズはガルチの系統だから仕上がりは早いだろうし新馬戦の内容からもここは好勝負していただいてグランクリテリウムでもBCジュヴナイルでも使ってください。
○エーシンセノーテ
フェニックス賞はあまりにもレベルが低すぎて参考にならないが、阪神から小回りの小倉への足慣らしと考えれば悪くはないか。同型が多いので出すのか控えるのかハッキリさせたいが、ポンと出たらアッサリもあるのでは。
▲スイートドーナッツ
可愛い名前だけど牡馬なのね。
新馬戦はとりあえず回ってきただけみたいなレースで押し切り。マイペースを保って一本調子に走るのはスウェプトオーヴァーボード産駒らしいし、そういうタイプなら外枠から揉まれずに行けるほうがスイスイ走れそう。
△ケイアイウィルゴー
2歳戦と言えば山内厩舎なんて死語になりつつありましたが今年はかなり盛り返してきていて、やっぱり多少は気にしていたのかも。タイキシャトル×ウォーニングなら平坦芝の1200はドンと来いだろうから多頭数に替わってどんな競馬ができるか。


札幌2歳Sまでの成績
【8/94 +324400円】


漢字の書き取りが嫌いだったな>胴長熊猫

今日のボックス(札幌2歳S編)

夏休み最終盤


なんかゲームセンターに行ったらやけに小学生が多くて、あぁ最後まで楽しんでるなと。
とりあえず読書感想文は小2から出さなくなったし、ポスターは動物園でオカンに描かせたらうっかり金賞に輝いてしまってバツが悪くなり出さなくなって、自由研究に関しては6年間ボクの中には存在しないものでした。


札幌2歳S
◎ラウンドワールド
新馬戦こそ敗れはしたものの上がりは32秒9。その後の2戦を見ても位置取りの差であったと思っていい。
コスモス賞はエンジンの掛かりが遅かったがしっかり差し切ったので今回はもう少し早めに仕掛けていくと思われるがどうか。
○コディーノ
藤沢和厩舎で母はハッピーパス。新馬戦も人気先行かな?と思ったが綺麗な競馬でそれこそ岡部さんが乗ったら「ルドルフみたいな~」と評価しそう。
キングカメハメハ産駒で1800を不安視するのも何ですが、まだマイルのほうが良さそうで。
▲グランデアモーレ
牝馬ながら1800の新馬戦に参戦して見事勝利。その4・5着馬が勝ち上がっているし割と揃ったレースだった。
逃げ馬が大挙を占める2歳重賞において勝負所で下がりながら盛り返す強さを見せたのも面白い。
△ジェネラルグラント
カク地なので騙されそうになるが、馬主はサンデーレーシングで生産もノーザンファーム。前走だってアットウィルと僅差の2着。
父がロージズインメイなので少しスピードが足りるか心配ですが1500のOPで付いていけるなら追走一杯はないはず。


キーンランドCまでの成績
【8/93 +326800円】


自由って困るよね>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク