パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

真実はいつも


じっちゃんの名に


三連休の間にお金はなくても時間はあるので古本屋で買ってきた「シャーロックホームズ~伯爵令嬢誘拐事件~」。
クソゲーと名高い一品でしたがやってみたら意外とスンナリ入り込めて無事クリア。ホームズが次々とイギリス市民を蹴り殺し、宗教団体の幹部を拳銃で撃ち殺す様はもう探偵というよりヤクザのカチコミだったからかもしれません。


推理が難しい>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(ジャパンカップ編)

やったぜ


サンフレッチェ優勝~。
とか言ってどんな選手がいるのか全然知らない(佐藤寿くらいなら…)から中継を見ててもまるで盛り上がらなかった。選手の移籍が活発なのは別に悪くはないだろうけど今の日本代表を見てもチームが海外ばかりで誰が何者なのか。
サッカーに興味がない人間にも分かるほうがいいから国内組ももっと選んでほしいなぁ。


ジャパンカップ
◎ルーラーシップ
外国馬はどいつもこいつも天皇賞春に行けば良いのにと思わせるメンバーで、JCダートみたいにいないよりマシと思うかいないほうがマシと思うか。
海外GIを勝って帰ってきてから天皇賞秋をチョイ負けした父ミスプロ系でと考えるとアドマイヤムーンを思い出す。
○フェノーメノ
ヴィルシーナが渾身のネタ着順をブチかましたが、この馬もGIでは2着続き。陣営としては何とか一つ獲らせてあげたいだろうけどメンバーはこれまで以上に強化されたのでまた2着なら誉めてあげたい。
▲オルフェーヴル
本当は無印の予定だったけどとりあえず日本の総大将。試練の大外枠はハッキリ言って東京2400では厳しすぎるうえに池添は勝てないとまた降ろされるプレッシャー。これでエイシンフラッシュに勝たれたらGIで日本人が乗れなくなる日も来るな。
△ダークシャドウ
言ってるそばからデムーロじゃねぇか。
でも福永からデムーロだと長距離GIなら3ランクは能力が跳ね上がるから穴馬が本命クラスになってもおかしくない。


京阪杯までの成績
【12/130 +421870円】


WBC代表もそうだが>胴長熊猫

今日のボックス(京阪杯編)

意外に弱る


せっかくの三連休だし何かいつもと違うことでもしようかしらなんて考えていたものの、お外は雨だしお金もないし息をするのも面倒なので福山競馬。
廃止の足音が迫っているので少しでも。


京阪杯
◎エーシンヴァーゴウ
今年に入ってからは先行してもパンチに欠ける走りが目立ちますが、今回は鞍上に福永を迎えて久々に勝負気配。もともと京都1200は下級条件で何度も勝っている舞台だし前に行きたい馬も揃ったので今度こそ。
○サドンストーム
休み明けから人気以上の走りを見せていて3歳勢のレベルの高さを測る物差しになりつつある。ここ2走も続けて33秒台前半の上がりでまとめられるので内からスルスルと抜けてきたら。
▲オリービン
堅実に走ってはいるものの重賞になるともう一歩足りないのはダイワメジャー産駒の特徴になりそう。
スワンSの再戦となったメンバー構成でOP勝ちをしたときのような脚を使えるかが鍵ですが、武豊が先週のGI勝ちでノリノリになってたら怖い。
△マコトナワラタナ
後方からの追い込み一手でOPクラスともなるとなかなか思うような状態にならないのは仕方ないところ。今回も逃げ馬は多いが馬場状態がどちらに味方するかで出番の有無を決定しそう。
酒井から佐藤哲だから少しはアドリブの効いた騎乗をしてくれそうだが。


マイルCSまでの成績
【12/129 +424270円】


宝くじ当てて寄付するか>胴長熊猫

今日のボックス(マイルCS&福島記念編)

忍び寄る魔の手


全国各地かなり冷え込んできた昨今ですがニュースにもスキー場オープンのニュースがちらほらする季節。3月頃にスノボーを初体験してとりあえず下まで転ばず滑れるようになったが、今度はより良い雪を求めて北陸方面まで足を伸ばすのは時期尚早ではなかろうか。いわんやハーフパイプなんてもってのほか。


マイルCS
◎レオアクティブ
スワンSは最後方からの競馬でさすがに無理があったし馬体重も460キロといかにも本番前の一叩きですよ感が丸出しだった。
今回はキチッと絞ってくるだろうしおあつらえ向きに馬場が渋ってきたのでアドマイヤムーン産駒らしく一発まで。
○アイムユアーズ
これまで馬券圏外に敗れたのは2000以上のレースだけで1600もGIで2・3着と堅実。ヴィルシーナを物差しに考えると頭までは苦しそうだが3歳馬の実力を買って。
▲グランプリボス
とりあえずGI2勝してる馬なのに扱いがすごい。安田記念は13番人気なのに今回は堂々1番人気。
人気でホイホイ買うのも馬鹿らしい作戦だと思うがサクラバクシンオー産駒は2度目のエンジンが掛かるとまたGIを獲るまでに力を出してくるので。
△ダノンシャーク
出走したすべてのレースでコンマ5秒以上離されて負けたことがないという安定株で、前走で初めて京都競馬場の馬券圏外になったというがそれでも4着。
距離・馬場を問わず走る辺りがカーリアンの影響を受けているみたいでGIは初挑戦でもいい枠を引けたしこっそり2着まで。


福島記念
◎ヒットザターゲット
お帰り。
キミのいるべき場所は中央のガチンコ重賞ではなくローカルハンデグチャドロ馬場重賞なのだよ。お前は鯛じゃない鰈だ泥にまみれろよ。
○アスカクリチャン
七夕賞を買っているのでローカル巧者のイメージがあったが福島は意外にもその1戦だけ。むしろ新潟の切れ味勝負を得意にしているので今週の馬場はどちらに味方するか。
血統だけなら間違いなく渋るほどに実力を発揮するはずなのだが。
▲ダンツホウテイ
条件時代は短距離でも勝ち鞍はあったがOPクラスだとやっぱり2000は距離がほしい感じ。今回は過去に何度か騎乗しているものの一度も馬券に絡んだことのない太宰にスイッチなので乗り替わりは割引だが前走も着順ほど負けていないのでスタミナを問われる展開になれば。
△マイネルスターリー
7歳ということでかなり追走に苦労する面を見せているので好走する条件がかなり限られてくるが時計が掛かる外差し福島ならその数少ない条件を満たしているのでは。
どうせブービー人気だし適当に3コーナーと言わず向正面からロングスパートをブチかましてくれたら。


東スポ杯2歳Sまでの成績
【12/127 +429070円】


ビタァァンな未来しか見えない>胴長熊猫

今日のボックス(東スポ杯2歳S編)

ひょー


全国的に荒れた天気になっているみたいで木曜辺りから雨が降ったり快晴になったりと面倒臭い空模様だなぁと思っていたらヘルメットを叩く音が何だか大きくなってきて。
雹!?


東スポ杯2歳S
◎コディーノ
札幌2歳Sでは血統が先行した人気の分も考慮して半信半疑でしたが思った以上に強い勝ち方。後ろからスローでピュッではなく前に付けて早め先頭という味なレースぶりは完成度の高さが窺える。
今回はCコース替わりの1週目なので内枠も有利に運びそうなので横山典が「将来を見据えて」とか言ってふざけた競馬をしなければ。
○インプロヴァイズ
新馬戦はサトノノブレスに水を空けられましたが休み明けの未勝利でしっかり勝ち上がり。2戦とも脚の使いどころがわかりやすい、いわゆる乗りやすい馬だろうからムーアが初騎乗でも力を引き出してくれるのでは。
▲マイネルホウオウ
スズカフェニックス産駒だけど1800で勝ち上がり。現役時代の結果より割と血統の字面で考えたほうが無難かも。
新潟1600になったきんもくせい特別で上がり32秒9という破格の末脚は魅力的。勝負になる展開頼みなので肩の力を抜いて後ろから。
△サトノノブレス
1800になったので例年以上に好メンバーが揃ったいちょうSで2着。勝負所でブレーキをかける形になったのが痛かったが巻き返して追い上げていて地力はありそうだ。
内田博がレッドレイヴンを選んだが乗り替わりが岩田なら問題ないか。まったく豪華ね。


エリザベス女王杯までの成績
【12/126 +431470円】


少し痛いぞ!>胴長熊猫

新進気鋭


こいつは如何ともし難い程クールだぜ!


単にパソコンの打ち間違いなんだろうけど気付かないのかよ…。
ヘイ!ハイセイコー記念なんか見てる場合か、エリザベス女王杯も買えないほど貧窮してたんじゃないかって?いい質問だ、ケツ穴使っても良いぞ。


給料日を忘れて下ろしてなかっただけだぜ>胴長熊猫
続きを読む

今日のボックス(エリザベス女王杯&武蔵野S編)

イテテ


先月、新調した我が家の布団よりもさらにフッカフカな布団で寝た結果。
寝違え。
首が回りません。


エリザベス女王杯
◎ヴィルシーナ
まぁ…ねぇ…。
1000万を勝ち上がったばかりの馬が平気な顔で出てくるGIに価値も威厳もないし繰り上がりで勝てばいいんじゃないかな?
あとはエアメサイア警報に注意。
○フミノイマージン
まぁ…なぁ…。
今のところ2200以上に良績はないが父はマンハッタンカフェだし向かないわけがない。札幌記念でマクリ切った脚を考えたらヒシミラクル方式のロングスパートをすれば逆転も。
▲ラシンティランテ
1000万を勝ち上がった馬の中から選ぶと難しいが、2歳GIに挑戦し春にはクラシック戦線に乗り損ねて夏を越えてから力を徐々に見せだした辺りが上がり馬らしくて面白い。
△スマートシルエット
マーメイドSを除けば今年に入ってから大敗がなく重賞でも好走するだけの安定感が出た。ファルブラウ産駒はGIになると一枚割引きになる馬が多いのでGⅡくらいの気分で挑んでくれたら。


武蔵野S
◎ナムラビクター
これまで1800以上のレースにしか出ていないうえに前走も2100。初めてのマイル戦に戸惑わないか心配ですがスタミナなら問題ないので長い直線で届く展開になれば。
○ダノンカモン
何を血迷ったのか芝に矛先を向ける暴走。GIの勲章がほしいなら素直に地方交流重賞に出ていれば順番が回って来るのに。
大一番では届かないがGⅢレベルならまだ力はあるはずなのでダートに戻って前進を期待。
▲バーディバーディ
重賞クラスでこそしばらく勝ち鞍がないが負けたレースでも1秒以内で収めており具合は悪くないのかも。最近になって逃げだしてから成績が良くなったが今回は同型が強力なので北村宏がどう乗るか。
△アドマイヤロイヤル
南部杯はエスポワールシチーが強すぎただけでこの馬なりに力は出していてダート路線に絞ればダノンカモン同様、GIにも手が届いていたかもしれない。安藤勝が騎乗数を少なくしているので扱いが難しいがヤリであることを祈る。


京王杯2歳Sまでの成績
【12/124 +436270円】


馬券も当たらなくて回らない>胴長熊猫

今日のボックス(京都ジャンプS&ファンタジーS&京王杯2歳S編)

&多いな


障害重賞があるとはいえ3ついっぺんに予想するとタイトルが長いのなんの。JBCはデーとか付けて簡単に終わらせたけど3つ並べると過去ログ管理が妙なことに。
あと我が家にパソコンがないから(いい加減なんとかしろよ)携帯で更新すると文章が縦長になって推敲もままならねぇ。


京都ジャンプS
◎テイエムハリアー
休み明けから好調を維持して前走も番手から押し切る強い競馬。8頭立てとなって人気馬が軒並み真ん中から組み立てるタイプばかりなのでスイスイ逃げたら連勝も。
○ナリタシャトル
前走はうまく流れに乗れたが勝ち馬が落ちてこずに2着まで。休み明けから馬体重が減り続けているのがこの季節にしては気掛かりですが今回も前を見ながら進められるので。
▲バアゼルリバー
春はGIも期待されながら力の差を見せ付けられ、格下相手と思われた前走もそれまでの行きっぷりが影を潜めて惨敗。少々、精神面に影響しないか心配ですが地力だけならメンバー上位なので年末に向けて立て直せたら。
△アグネスハイヤー
平地時代は追い込み一手の脚質だったが障害に転入してからは先行で結果を出した。しかし、エムエスワールドを入れたらガミるから切ったけど最近そういう人気馬が走るから自信ないなぁ…。


ファンタジーS
◎ストークアンドレイ
これまで2歳Sを使った馬は休み明けになるからあまり好走しなかったが昨年はとうとう1着。川島が乗っても(失礼)重賞を勝てるので実は強いんじゃないかな?
○タガノミューチャン
せっかく田中健で勝ち上がったのにサフラン賞は内田博で今回が藤岡佑。浅見先生も乗せてあげてよ~広島出身。
東京で長い脚を使えるのはわかったので京都での瞬発力勝負でどこまで。
▲ローガンサファイア
新馬戦を勝ったあとは函館2歳S降着があってOPを2戦連続2着。ダイワメジャーは積極的に1200を使われているが、個人的には1600以上を先行して我慢比べに持ち込むのがベストだと思う。とりあえず堅実さでもう一丁。
△ディアマイベイビー
勝ち上がりに時間は掛かったが破れた相手は既に2勝目を挙げていたりOPクラスでも好走しているので鞍上強化していきなり重賞でも。


京王杯2歳S
◎マイネルエテルネル
距離延長が心配されたデイリー杯2歳Sは乱ペースの中、3コーナーで置いていかれそうになりながら盛り返して3着。惨敗も頭をよぎる内容だったがマイルは十分守備範囲だとわかった。
今回は東京に替わるので前走のようなマクリ合戦にはならないだろうしマイペースに持ち込めたら。
○アットウィル
函館2歳Sはさすがに展開が不味すぎてむしろ5着まで来たことを誉めたほうが良いくらい。次走クローバー賞で順当勝ちしたようにメンバーの揃う今回が試金石。姉は尻すぼみに成績が落ちてしまったが弟はどうか。
▲テイエムイナズマ
前走は破天荒な競馬で重賞勝利。出られれば勝つと吹いていた陣営の思惑通りだった。
今回は東京の直線ということで仕掛け所が課題になりますがひょっとしたら大欅からの大マクリが見られるかも。
まぁ、やっぱり小牧を乗せてたら出世しねぇわ。
△リメンバーメジロ
メジロベイリー×メジロライアン×メジロラモーヌという見る人が見たらおっ勃ちそうな血統にもかかわらず福島1200でデビューして東京1400で勝ち上がるスピードタイプ。
でもファンなら是非オークスに駒を進めてほしいと願うでしょう。つーかアルテミスSに出なさいよ。牝馬…。


JBCデーまでの成績
【12/121 +443470円】


お出かけなので早めの更新>胴長熊猫

今日のボックス(JBCデー編)

うぅ


日曜にだいぶ搾り取られた上にPOG馬もまるで走らなくてショボン。
買う金ないよぉ。


レディスクラシック
◎ミラクルレジェンド
前走はライバルの自滅により楽々と1着入選。ほとんど反則に近いレース選びといいまさに女スマートファルコン。
ただ川崎コースはかなり前が残りやすく、実際このコースで勝ち鞍が無いようにこの枠から岩田が力を過信して前を遊ばせたら脚を余す可能性も。
○クラーベセクレタ
その前走で馬体重を過去最多体重にしたうえにスタートで躓く痛恨のミス。負けるべくして負けた。
仕切り直しの一戦だけにメイチで仕上げてきただろうから今度こそ馬体を合わせた叩き合いにしたい。
▲クィーズバーン
ヴィクトリアM以来の競馬になるので久々が影響しないか心配ですがスペシャルウィーク×オジジアンだからダートは苦にしないだろうし芝でもハナを奪えるのでデムーロのいやらしい騎乗に期待。
△エーシンクールディ
前走はいい位置から競馬をしていましたが早めに潰されてしまい終いもバタバタ。4着ではあったが1ハロン長かったかも。
再度テンに行くだけのスピードがあるので次こそスローに逃げたいが。


JBCスプリント
◎セイクリムズン
もともと入れ替わりの激しい路線ではあるのだが今年は特に条件ごとに勝ち馬が変わって絶対王者不在。その中で安定感なら抜群なので何とか一枚抜け出してほしい。
1200に強い馬が多いので1400に延びたほうが有利に見えるが。
○タイセイレジェンド
中央OPでやや頭打ちになりそうだっただけに地方交流重賞はかなり甘い汁に思えて仕方ないだろう。内田博は地方時代に腐るほど南関東で乗っているので手綱さばきは気にならないが、どうも中央のスマートな競馬に染まっているのが気に入らない。
▲ラブミーチャン
東京盃はまんまと逃げ切って中央勢を一蹴。スプリント力なら日本屈指ということでトレイルブレイザーに便乗してBCスプリントに行けば良かったのに。
今回は1400なのがかなり痛い。たぶん800なら圧勝レベル。
△ダイショウジェット
マイルCS南部杯2着は個人的に嬉しかったが、この歳になって先行できるようになるのはどういうことだよ?
さすがに差し切るまでの脚がある気はしないが鞍上も気心知れた柴山だし無欲で。


JBCクラシック
◎ソリタリーキング
ローマンレジェンドもいないエスポワールシチーもいない…。地方GIをいくら勝っても無価値なのを証明してしまったスマートファルコンの罪は深い。
まぁ生産界はそうでも馬券を買う我々はドキドキするレースが見たいだけなので新たにヒーローが生まれて新旧対決にして大井で白黒付けてほしい。
○テスタマッタ
フェブラリーSを勝ったあとは惜敗が続いたが、本来の得意距離以外でも好走したのはそれだけ具合が良いのだろう。
今回はさらに100m延長になるが走り慣れたメンバーが相手になるのでうまく脚を蓄めたい。
▲トランセンド
うーん…。
実績は間違いなく上位なのだがフェブラリーSでの体たらくとドバイWCでの醜態を見ると終わったと思いたくなる。でもやっぱり立て直してハナを切らせればスンナリ逃げ切る可能性も捨てきれない。
△シビルウォー
この馬も最近になって成績が上向いていて実力なのか目の上のたんこぶが消えたから順番が回ってきたのか。どちらにしろチャンスなのは間違いないが如何せん勝負弱い時期を見すぎていて勝ち切るイメージが湧かない。


アルゼンチン共和国杯までの成績
【12/118 +450670円】


予想はするけど>胴長熊猫

今日のボックス(アルゼンチン共和国杯&みやこS編)

日本シリーズ終了


接戦か一方的かの極端な試合が多かったので、中田が3ランを打って同点になり日ハムバッテリーも逃げずに阿部と勝負して。審判のアレが無ければ面白かった。
今まで知名度なんか皆無だったのに一躍時の人になった加藤捕手。巨人には実に惜しい素材だ、加藤くん、いやカトケン!カープに来ないか?一緒に偽装デッドボールをしようじゃないか!


アルゼンチン共和国杯
◎ギュスターヴクライ
前走は馬場を考慮して早めのマクリに出たものの後ろから来た馬に差されて3着。休み明けにしては出来過ぎの結果だし、JCに狙いを定めているならここは勝ち負けを期待したい。
○ムスカテール
新潟記念ではあわやの競馬をして、前走も人気に応えて快勝。力を付けた。
マヤノトップガン産駒らしく距離を延ばすごとに成績も良くなっているので、同じくこの系統の弱点である切れ味勝負にならないようスタミナ比べに持ち込みたい。
▲フォゲッタブル
終わった終わったと言われながらしぶとく現役を続けてもう6歳。血統だけで種牡馬になれる時代でもなさそうだしできれば引退までに一花咲かせてほしいがどうか。
数は少ないが東京では頑張っているほうなので、相性の良い外人騎手で前進できるか。
△マイネルマーク
なんとまぁマイネルキッツの弟。ここまでなかなか使えなかったがようやく順調に走れるようになって結果も出てきた。
今回は試金石の一戦になるし、ハンデGⅡの割にメンバーは揃ったが今後も含めてメドが立てば。


みやこS
◎ローマンレジェンド
本当はJBCに出てほしかった。
小回りのエルムSでエスポワールシチーをキッチリ差し切った脚は今のダート路線ではちょっと抜けている。後はスペシャルウィーク産駒は連勝中に不可解なポカを犯してドツボにハマることがあるので厚めに買う人は注意。
○ハタノヴァンクール
ここまでの競馬を見たら正直、一騎打ちの様相を呈していて世代の上下を決める一戦になりそう。ここを制した馬はJCダートでも勝負になるので相手を意識せず自分の競馬に徹していけるか。
▲オースミイチバン
春先の未勝利勝ちから押せ押せローテで行ったもののJDDで息切れ。アグネスタキオン産駒だし使い詰めが祟った感じ。
出遅れ癖があるので毎度、信頼しにくいのがネックですが周りが早い仕掛けになれば前崩れになって展開利も。
△ナイスミーチュー
シリウスSは前が残りそうな中、最後まで追って何とか差し切り。たいしたメンバーとは言い難いが重賞を勝てたのは事実。
こういう強そうな相手がいるときのほうが小牧は臭いので牽制しあう間に早めのスパートができたら。


アルテミスSまでの成績
【12/116 +455470円】


試合中にコンタクトも探そう!>胴長熊猫

今日のボックス(アルテミスS編)

おこた出勤


連日の寒さに耐えかねて例年よりも早めにこたつ様がお目見えしました。夏にクーラーが効いた部屋に入るよりも冬にぬくぬくのこたつに入るほうが幸せ度が高いような気がするのだがあれは何だろう。
真夏のかき氷も割と終盤は飽きやすい。


アルテミスS
◎ネロディアマンテ
サフラン賞では流れに乗っていたものの4角で下げる不利を受けながら巻き返して3着。この時期の牝馬らしからぬ根性の持ち主のようだ。
第一回のレースだけに適性やデータがないので難しいがGⅢクラスの1600と考えたらシンボリクリスエス辺りがお似合いじゃないか。
○テンシンランマン
新潟の新馬戦ではいちょうSでも2着だったサトノノブレスと接戦をしており、キチッと絞れた前走は牡馬相手でも順当勝ちと言ったところか。逃げた経験があるが1800なのでマイル特有のテンに付いていけるかが課題ですが逆にポンと行けたら押し切れるだけの力はあると思う。
▲バリローチェ
人脈を増やしすぎて手詰まり感があった角居厩舎ですが今年はスッキリ仕上がった馬が多い印象。
新馬戦はありがちなスローを1頭だけ段違いの末脚でまとめる派手な勝ち方。こういうタイプは食わせものか大物か判断が難しいところですが岩田がコレクターアイテムを蹴ったならこちらで。
△ビリオネア
りんどう賞は後ろから伸びてきたものの3着まで。どうしても前残りになりやすい2歳戦は差し馬に不利になりやすい。今回も後ろからになりそうだが母タフネススターも後方一気の直線勝負でならした馬だし届かなかったらごめんなさいで。


天皇賞・秋までの成績
【12/115 +457870円】


でもおやつにアイス>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク