パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今年のパンダらボックス

祝プラス計上


今年からちゃんと成績を明記することで自分にプレッシャーをかけつつ閲覧者の皆様にもわかりやすいよう頑張った結果、めでたく収益。
集計していて思ったのは無理に1番人気を嫌ったり妙な騎手が乗った馬を贔屓してみたりと我ながら書いてある文章も含めてうんざりしたので来年は文章力も頑張りたい。


【一番、多く印を打ったで賞】
関西・全体、岩田騎手
関東・内田博騎手


【一番、多かったフレーズ賞】
「今回は~」


2012年の全成績
【12/145 +390670円】返還1800円


めでたしめでたし>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(東京大賞典編)

さぁ、ラスト予想


長いようであっという間だった今年のボックス予想もいよいよ最終週。最後はバシッと決めて気持ち良く金杯を迎えたいのでホント頑張りたい。
ちょっと後半戦の尻すぼみ具合がひどすぎてだいぶ凹んでます。


東京大賞典
◎ローマンレジェンド
誰でも乗せればいいわけじゃないというのはJCダートでみんなわかったはず。ダートGIに勝ち鞍の無い欧州騎手を乗せるのがそもそもの間違い。
今回は手が戻って鞍上強化。消極的だった前走を考えたらむしろよく走ったと思えるし、今度こそ。
○ワンダーアキュート
JBCクラシックでGIを勝てたが今思えば相手が軽すぎた。それを思えば前走は健闘した部類。
常に自分の力を出すタイプなので大崩れは考えにくいが、再び突き抜けるなら工夫は必要。
▲エスポワールシチー
誰でも乗せれば(ry
とはいえ松岡なら全幅の信頼が置けるか?と言えば嘘になる。ただ、南部杯の競馬を見れば馬の力が落ちたとは言い難く、普通に乗ればまだまだ勝ち負けできるはず。
△フリオーソ
もう全盛期の力はない。状態も順調ではないのは十分承知。
だが、彼を完全に終わったトランセンドと古馬相手に頭打ちのハタノヴァンクールにマイラーのナムラタイタンと天秤に掛けたら今まで戦ってきた相手に失礼。何とか最後に輝きを見せてほしい。


阪神Cまでの成績
【12/144 +390070円】


終わり良ければ全てよし!>胴長熊猫

いつかのメリークリスマス


ちょいと前の話し


土曜日に会社の忘年会でして、だいたい余興で会社に来たお歳暮に社長のポケットマネーで追加された景品(日用品から大人のおもちゃまで)をくじ引きで奪い合います。
この会社に入ってから、テイッシュ10箱→コーヒー豆の詰め合わせ→トイレットペーパー24ロール→洗濯用粉洗剤4箱と来ていて、何とか面白いものが当たらないかなぁと思っていたら今年は野菜ジュースの詰め合わせでした。
そろそろ痩せろという天からのメッセージでしょうか?(チーズケーキをホール喰いしながら)。


19歳の女性社員に紫色のブルブルするやつが…!>胴長熊猫

今日のボックス(阪神C編)

蛇足


世の中にはイブと後夜祭があるから別に有馬記念の後に開催を入れたって悪くはないけど、何て言うか日本ではあまり根付かない習慣というか祭りの本番にすべてを出し切る気質というか今一つ乗り気になれないけど来るウインズ。


阪神C
◎ファイナルフォーム
マイルCSは道中でピンボール状態になってしまいうまく追い出せなかったのがすべて。実力はまだ見限れない。
ただディープインパクト産駒をどこでも買ってたら切り時を見極められなくなるからどこかでセーブしたいのだがなぁ。
○オリービン
ここ2戦は馬券に絡めていませんが、もともと阪神>京都タイプで勝ち上がりも阪神だった。ダイワメジャーも1400は得意の部類に入りそうな成績なので後はどうしても気になってしまう武豊。
▲スプリングサンダー
昨冬にOP入りしてから散々、色々な条件を使われましたが一番の得意コースは阪神1400。ようやく最適なレースに出られたし人気も最低クラスなので直線まで死んだ振りで。
△アドマイヤセプター
やっぱり1番人気かぁ。
エンジンが掛かりだしたら一気に強くなる系統だけに、ここ数戦のレースぶりを考えたら最右翼なんだけどなぜか勝つイメージが湧かない。掲示板は外さないけど…みたいなイメージ。


有馬記念までの成績
【12/143 +392470円】


昼からは名古屋グランプリ>胴長熊猫

今日のボックス(有馬記念スペシャル編)

あなたの夢、わたしの夢


有馬記念
1枠1番
ローズキングダム
鞍上に岩田を迎えて体勢は整えてきたが、いかんせん最近の走りを見たらピークを過ぎたと言わざるをえない。
JC勝ちもタナボタだし種牡馬のアテがあるうちに引退したほうがいい気もするが。


1枠2番
エイシンフラッシュ
天皇賞・秋で復活勝利を挙げたがかなり展開に恵まれた上に騎手の力がモノを言った勝ち方だったし前走が現状の実力ではないか。
枠順はいいところに入ったがデムーロから三浦に乗り替わりで内側スルスルを敢行できるか。


2枠3番
▲スカイディグニティ
今や古臭い血統とも言われるようになったブライアンズタイム×ノーザンテースト。だが、使って良くなる父系に荒れ馬場に強い母系なら条件的には悪くないはずなので菊花賞同様にマクリが効けば。


2枠4番
アーネストリー
いつかは勝てるんじゃないかと見続けていたけど勝てないままここまで来てしまった。
重賞でも掲示板が怪しくなってきたし、さすがに。


3枠5番
ネヴァブション
10歳のトウカイトリックはステイヤーズSをブッコ抜いたが、この馬も条件を選べばもう一花咲かせられないかと思うがそれがこことは思わない。


3枠6番
オーシャンブルー
前走の金鯱賞で嬉しい重賞制覇。アルゼンチン共和国杯は後ろすぎたが溜める競馬が合うのを陣営も知ってか作戦は変えなかった。
今回も後ろから構えるだろうから人気馬と同じタイミングで動いていけばあるいは。


4枠7番
ダイワファルコン
隠れ中山巧者だが福島記念を勝ったことで注目度が上がったのが残念。
それでもこういうベタベタな穴馬が走るのも有馬記念。どうせ人気はこれ以上、上がらないだろうから気楽に回ってくれたら。


4枠8番
トレイルブレイザー
BCターフは直線に向いたときは勝ち負けを期待させたが思ったほど伸びず。ただ来年以降、挑戦する陣営が増えそうな敗戦だった。
メンバーとしては驚くほど上がるわけではないが、ラシックスの使えない日本でGIだとどうだろうか。


5枠9番
○ルーラーシップ
海外GIを獲っていよいよ本格化したと思ったら国内だと今一歩。まぁ負けた相手がいずれも3冠馬だから恥ずかしい競馬とは言わないが。
今まで戦った馬を考えたら相手は楽になったので出遅れ対策が逆に引っ掛かる原因とかにならなければいいが。


5枠10番
ダークシャドウ
持っているものは確かに良いのだがダンスインザダーク産駒らしいエンジンの掛かりがネック。個人的には来年の天皇賞・春に出てほしい。
血統は2500が長いとは思えないので前々勝負とか考えてないかな?


6枠11番
トゥザグローリー
平成のナイスネイチャへ王手を賭けた今年。3連単の3着固定が思いの外、売れてないからあんまり話題になってないのかな。
ちょっと前までルーラーシップと混同してたのにいつの間にこんな差が。


6枠12番
オウケンブルースリ
一時期、話題になったオウケンもすっかりブームが過ぎ去った感が。ロジといいGI制覇が早い馬主は消えるのも早いな。
やっぱり上を一度でも知ると中堅クラスでは満足できなくて相馬眼が狂うんだろうな。


7枠13番
◎ゴールドシップ
秋競馬が始まる前は3歳勢が席巻するのでは…なんて思っていたが蓋を開ければ古馬相手に勝てたのはジェンティルドンナだけ。正直、この馬もそんなに強くないのでは?と思いだしてる。
とはいえ菊花賞が消耗するほどキツイ競馬には見えなかったしフェノーメノを基準にしたら惨敗は避けられるのではないか。


7枠14番
ビートブラック
ジャパンカップの逃げっぷりは気持ちのいいものがあって、スズカマンボイングランディーレマイネルキッツヒルノダムールらうっかり天皇賞春勝ち馬よりは面白い存在だが、今の中山で逃げ馬を楽に逃がしたら四位以上の油断騎乗だから早めに来られてツインターボが関の山か。


8枠15番
ナカヤマナイト
狙っていた馬が揃って8枠に入ってしまい、しょぼん。
まぁ、この馬はみんな狙っていただろうから外枠になって取捨が難しいほうが楽しいか。柴田善が一年に2回もGIを勝てたら事件だよな。


8枠16番
△ルルーシュ
本当はこの馬に本命を打ちたかったが、こういう枠になると間違いなく横山典はポツン最後方から南無三追込みをするだろうからハイハイ頑張ってね。
藤沢和厩舎ならジャパンカップに出そうなのにこちらを選択したのは不気味なのだが…。


中山大障害までの成績
【12/142 +394870円】返還1800円


前置きは省略じゃ!>胴長熊猫
続きを読む

今日のボックス(中山大障害&ラジオNIKKEI杯2歳S編)

地球滅亡せず


やっぱりマヤ文明の人が面倒臭くなったから昨日でカレンダーを作るのやめただけじゃね?
ただ、希望を言うなら滅亡するのは惑星爆発や隕石衝突より宇宙人襲来がいいなぁ。昔、妄想でマシンガン片手に単身宇宙人の基地に乗り込み一掃して地球を救うみたいな魂斗羅チックなこと考えてたから。


中山大障害
◎マジェスティバイオ
休み明けはあれっ?と思わせたが2戦目は楽勝。単に仕上がりの問題なら柴田大を降ろすのはお門違いじゃないかなぁ…。
とはいえ山本からしてみれば転がってきたチャンス。一気にJGI制覇と行きたいところ。
○マーベラスカイザー
ここまでオール馬券圏内だが、ここ数戦に関しては着順ほど印象は良くなくそろそろクラスの壁に悩まされそう。
それでもまだ4歳で伸びしろはあるだろうからここで能力全開なるか。
▲スプリングゲント
まだ走ってたんだねぇ。12歳、ロマンがある。
障害に出る前は必ず平地を使ってから出てくるのでメルシーエイタイム同様、仕上がりが難しいが走ってくれたら泣いちゃうかも。
△ナリタシャトル
今年は軌道に乗れたのか人気より良い着順を確保してきたが前走は一歩後退。期待されすぎると良くないのは平地でもタイキシャトルらしいが。
大一番で突き抜ける血統でもないのでコッソリ付いていって着を拾えるか。


ラジオNIKKEI杯2歳S
◎ラウンドワールド
7頭…?
このままだとトリガミ必至だが仕方ない。
最近、本命を打った馬がことごとく飛んでて笑えなくなってきているので何とかしたいのだが。
○キズナ
キャットクイルの仔がまだ走ってくるとは。名前も実に今の日本に相応しい。
ただ、武豊がねぇ…。
▲エピファネイア
やや母シーザリオということで話題先行した感があったがデビューから2戦はこれといった悪さもなく素直な仔。無事ならかなり走りそうだが福永がねぇ…。
△アドマイヤドバイ
もう上の3頭だけでいいんじゃない?希望的観測。


全日本2歳優駿までの成績
【12/140 +397870円】


戦場の狼でも可>胴長熊猫

今日のボックス(全日本2歳優駿編)

そう、あのお方


大物政治家キラーの胴長熊猫です。
まぁ落ちないでしょーなんて言いながら入れたらアレだもんね。速報を見ながら笑っちゃったよ。
選挙をやるたびに戦後最低投票率を更新する一方で外国人が替え玉投票で捕まってたり、どっちが真面目に生活を託してるんだかなぁ。まぁあの国から稼ぎに来た人たちのほうが日本に慣れたら帰りたくなくなるらしいから必死やね。


全日本2歳優駿
◎アルムダプタ
前走は人気薄ながら好位から抜け出す正攻法で圧倒。新馬戦で距離を克服していたし単純に不当人気だったのだろう。
ただ、この秋の記事でも何度か書いたけど、スペシャルウィークは人気で不可解な敗戦がたびたびあるので注意は必要。
○アウトジェネラル
北海道2歳優駿は1番人気ということもあったが大事に乗りすぎた感じ。ティンバーカントリーの系統だし強気に出していく競馬のほうが合ってそう。
メンバーがさらに強化されて前進しなければならないが南関東のエース戸崎なら何とかしてくれないか。
▲アップトゥデイト
兵庫ジュニアグランプリは後ろからになってしまい、よく追い上げたが先に抜け出した勝ち馬を捕らえるまでにはならなかった。
今回は真ん中に入って前に行きたい馬が少ないので、また脚比べになりそうだが追ってバテないスタミナはありそうなので前走の分までブチ抜けるか。
△ドコフクカゼ
前走は差し・追い込み勢が上位を占める中、自分からハイペースに持ち込んで後続を完封。見た目以上に強い勝ち方だった。
引き続き鞍上に竹之下を配したので知らない人には地味に映るが、人気どころが後ろにいる間にサッと逃げたら面白い。


朝日杯FSまでの成績
【12/139 +400270円】


職場のあの国出身社員さんも言ってた>胴長熊猫

今日のボックス(朝日杯FS編)

選挙ですよ


昔から生徒会役員選挙とかは割と楽しみにしているほうで、誰が当選したかと言うよりも自分が投票した奴がどうなるかを見るほうが楽しみというひねくれた見方をしてます。
それというのも僕が入れた奴はことごとく落ちることが多くて、選挙権を得てからというもの僕が投票した比例区の政党が政権を取れないジンクスが続いているのが面白い。え?今回は?………。


朝日杯FS
◎コディーノ
あれよあれよの活躍で一気に主役にまで上り詰めてきて、改めてキングカメハメハ×サンデーサイレンスの相性の良さを再認識。母親はクラシックに乗れそうで乗り切れなかっただけに期待は大きい。
大外から追い込み一手の食わせものタイプではないだけに出遅れなければ普通に勝ち負け。
○フラムドグロワール
藤沢和厩舎は皐月賞を軽視する割に朝日杯には積極的で何が違うねん。
芙蓉Sで負けたサンブルエミューズがもう一つだったので不安は残るが新馬戦で倒したモグモグパクパクは2勝を挙げたしレースレベルは低くないと思うが。
▲ネオウィズダム
POGりんで2年連続最終候補に残る母ゴレラ。どうせ誰かに取られるだろうからと2年連続最終候補止まりの母ゴレラ。
萩Sがちょっとガッカリな内容だったが、からまつ賞では問題なくてゆったりした競馬が合わないか?中山1600ならペースも上がるだろうしうまく折り合えば。
△ゴットフリート
中山で先行してしぶとく、新潟で中団からキレキレの鬼脚。ホントにローエングリンの仔か?
何せ経験の浅い馬ばかりのGIなので騎手の力がある程度、能力をカバーできるのではないか。


愛知杯までの成績
【12/138 +402670円】


そう、その政党です>胴長熊猫

今日のボックス(愛知杯編)

棒茄子


今年はかなり成績が悪くてひょっとしたら出ないのではないかと騒がれていたボーナス。
組合に10日には回答が来ると言われていたが来ず、ようやく昨日になって送られてきたFAXには僕がこの会社に入ってから一番良い金額。
この5年でも一番。


一同「………」


あぁ、少ないと文句が出るし多いと後ろめたい!


愛知杯
◎アイスフォーリス
オークス3着から見せ場がないが紫苑Sが出遅れ、秋華賞は相手が悪くターコイズSは中山1600開幕週で大外枠と敗因はわかっている。
今回は枠の有利不利が少ない中京2000に替わるし人気のないほうが大野も乗りやすそう。
○マイネオーチャード
まだ準オープンの身ながらエ女王杯では4着に健闘。条件戦でもなかなか大崩れしない本当のステイゴールドっぽい馬。
変に緩いペースの牝馬限定戦よりは緩急の厳しい混合戦向きだと思うが安定した末脚は一考。
▲ピクシープリンセス
前走はアッと驚くデムーロ・マジック炸裂であわやの3着。リベルタスを差し切った脚はフロックではなかった。
メンバーは変わらないが今度は受けて立つ番なのと、鞍上が秋山に替わって同じような競馬ができるか。
△アカンサス
中山でも東京でも好走したのは1800が多くて1ハロン延長が課題になりますが、牝馬相手ならすでに重賞も経験して力だけなら上位なのであとは前からか後ろからか。


阪神JFまでの成績
【12/137 +405070円】


素直に喜べない面々>胴長熊猫

今日のボックス(阪神JF&カペラS編)

うっかり


連日の寒さのおかげで快眠続きだったのですが、そいつが仇となって大幅なお寝坊。
だいたいウインズ高松まで1時間半くらいかかるから1Rに間に合うように8時には家を出ているのが本日は起きたら9時前。メインに間に合えば問題はないのだろうけど何か自分の中で朝一からいないとリズムに乗れないそんなルール。


阪神JF
◎サンブルエミューズ
津村て…ステキやん。関西GIで岩田も空いてるのにテン乗りで津村を乗せる根性は見事。
評判牡馬相手をなで切った芙蓉Sを考えたら牝馬相手にGIでもヒケは取らないだろうからあとは乗り方次第。
○アユサン
アルテミスSは最速の上がりで飛び込んできたがさすがに後ろすぎた。でもスタートがもっさりでどのみち後ろからになるだろうから大外枠でも位置取りは同じか。
これで結果を出せば来年はアルテミスSの出走馬が凄まじい数になるんだろうな…。
▲ローブティサージュ
最近シルクの馬は冠を付けなくなったんだね。何で?ネタ切れ?
牝馬ながら1800でデビューして距離短縮でファンタジーS。もう一つ狙いどころがわからないがある程度は長い方がいいタイプだろうか。
△メイショウマンボ
近年は新馬や未勝利を勝ち上がった馬でも割とこのレースで好走することが多く、育成牧場などの技術向上が著しいということか。
1400でテンが速くても中団で折り合えたし似たような展開になりやすい阪神1600ならコッソリ馬券圏内まで。


カペラS
◎ティアップワイルド
1年に1度だけのお楽しみ。
中山ダートを走るのは知っていても関西遠征で骨っぽいところを相手に押し切っていて順調そのもの。昔ほどではないにしても有利な外枠。ちょっと揃いすぎた気がするけど条件は良いはず。
○エーシンウェズン
この血統で芝を使うのはアフリートと一緒で1000万クラスまで。やっぱりダートに戻って安定してきた。
馬体重が戻った前走といい夏場は苦手なのかもしれないし多少、湿り気のある馬場のほうがいいかも。
▲セイクリムズン
地方交流重賞組は中央に帰ってきたときにどれだけできるか測りづらいのが難点。とりあえず前に行く脚は衰えていないのでさほど心配しなくてもいいだろうが、兵庫ゴールドTのほうが良かったのでは…。
△マルカバッケン
どんな相手でも関東でも関西でも2~6着に収まる堅実タイプで本来のデピュティミニスター系らしい成績。重賞でもその能力をいかんなく発揮してくれれば掲示板の上の方まで顔を出してくれるのでは。


朝日CCまでの成績
【12/135 +409870円】


会社に遅刻するよりいいか>胴長熊猫

今日のボックス(朝日CC編)

ラストスパート


今年から明確にブログ予想の成績を付けるようになっていよいよあと3週ですが何とかプラス計上で終われそう。
ただ数にするとおよそ一ケ月に一本のペースで、多いか少ないかで言えばやっぱり少ない。素人の三連単予想だからあまり高望みをするのはアレかもしれないがどうにか一つでも増やして締めたいココロ。


朝日CC
◎リルダヴァル
血統的な面から言えばモタモタした感はあったがこの休み明けからはようやくOPでも戦えるようになった。重賞も何度か惜しいレースがあったようにいつ勝ってもおかしくないところまで来ていると思うのでもう一押し。
○アドマイヤタイシ
良くも悪くもシングスピール産駒らしい力強さと詰めの甘さを兼ね備えた馬。
福島記念も条件戦とは違うペースで置いていかれそうになりながら巻き返したようにスタミナ比べになれば頑張るのでペース慣れすれば。
▲デルフォイ
超長期休養明けでいきなり勝利したあとに重賞だった前走はさすがに厳しかったが最後まで競馬になっていたし着順ほど悪くはなかった。
今回は前走ほど出入りの激しい競馬になるとは思えないしスマートな展開になれば。
△ネオヴァンドーム
関西馬ながら阪神では2回しか走ったことのない珍しいタイプ。京都は勝ち鞍もあるが2着も多いし実は坂のあるコースの方が向いていたとかないかね?


JCダートまでの成績
【12/134 +412270円】


的中率1割に乗せたい>胴長熊猫

今日のボックス(JCダート編)

すげぇなぁ10歳馬


競馬ゲームですら10歳で現役を続けられることができないにも関わらず実際の競馬でそれも重賞を勝ってしまうわけだからまさに真実は小説より奇なり…まぁ、この路線にろくな馬がいないことを実証しただけで長距離軽視の風潮が顕在化しただけなんだが。
ナリタブライアンを超える高松宮記念→天皇賞春連勝みたいな化け物を見てみたいな。あ、ダービー、安田記念のウォッカみたいなのはダメだぞ。あくまで菊花賞・天皇賞春とスプリントGIだ。


JCダート
◎ローマンレジェンド
ダートに替わって2着が1回だけで8勝。阪神コースも連対率100%。現在重賞2つを含む6連勝中。
休み明けから大事に使われてローテも遵守。あとはメンバーとテン乗りになったデムーロが気になる材料だが跳ね返すだけの自力が今はあると思う。
○ワンダーアキュート
JBCクラシックは東海Sの結果を受けて低評価に甘んじていたが嘲笑うような楽勝劇。念願のGIに手が届いた。
メンバーが揃って中央場所なのであとは展開に戸惑わないかだが母父プレザントタップだし前走で能力開花したならここでも。
▲イジゲン
武蔵野Sは名前の通り異次元の走りで古馬を圧倒。クロフネを思い出した人も多かったのでは。
相手がいかにもGⅢレベルだったことと父がエンパイアメーカーなのでGIで、となるとまだ半信半疑な部分が多いがマクリ一閃で突き抜けても驚かない。
△ニホンピロアワーズ
血統のせいなのか堅実に走る割りには評価されないタイプ。前走もしっかりローマンレジェンドに付いていけたのに。
重賞クラスに上がってから馬券圏外に敗れたのがこのコースなのと相手強化が課題ですが逃げ馬が多くてマクリ合戦になればスタミナも活きるのでは。


金鯱賞までの成績
【12/133 +414670円】


アイビスSDとステイヤーズSでもいい>胴長熊猫

今日のボックス(ステイヤーズS&金鯱賞編)

なに、12月!?


ついこの間まで暑くて汗を掻くから背中が痒いと呻いていたのに寒くなったら乾燥して肌がカサカサになりやっぱり背中が痒いとボリボリしてたら人様に見せられない体に。
かさぶたを剥ぐのが楽しくて楽しくて。血が出たところで我に返る。そんな28の夜。


ステイヤーズS
◎ネオブラックダイヤ
準OPクラスとかつての重賞常連組と使うところのなくなったOP馬ばかりの実質1600万条件に成り下がったこのレース。昔はテイエムオペラオーも出ていたのに。
もう昔の名前で出ていますより新しい力の台頭を見たいので三浦は昨年の神騎乗を思い出せ。
○メイショウウズシオ
まさか21世紀に飯田が1番人気で重賞を乗る日が来るなんて…。
それだけでも印を打つ価値があるし外人たちにも飯田祐史ここにあり!を見せてやれ。
▲ケイアイドウソジン
ダイヤモンドSのうっかりから早10ヶ月。実力以外で重賞を勝っちゃうと出るところがなくなる典型的な例。
ただ、久しぶりに単騎逃げが見込めそうなメンバーで、中山の方が成績が良い蛯名へのスイッチは好感なのでダイヤモンドSの再現なるか。
△グラスゴッド
ダートから芝に替わって成績が上向いてきたのに長期休養を2回も余儀なくされて思うように使えなかったのが痛かった。今回は1年4ヶ月ぶりを一つ叩いて2戦目だが行き脚も付いていたし何とか見せ場まで。


金鯱賞
◎ダノンバラード
まーたしょっぱい時期変更を…。鳴尾記念も泣いているぞ。
池江厩舎が北村友しか用意できなかった時点で期待値はお察しなのだが本人にとっては死活問題。長谷川があの成績でスパッと辞めちゃうご時世だけにここらで結果を残さないと川須や国分兄弟に喰われるのも時間の問題。
○アドマイヤラクティ
重賞でもと期待されながら詰めの甘い末脚で周囲をヤキモキさせつつOPでもメドを立てた前走。引き続きデムーロが騎乗してくれるのは強味なのでしっかり仕掛け所を見極めてくれれば弾けるだけの力はある。
▲ダイワマッジョーレ
普段は先行タイプなのに何故か重賞になると後ろからになる変な馬。別に周りが速いから付いていけないわけではないが2000に距離が延びる今回ならそこまでテンが速くなることもなさそうだし、同じ3歳馬が人気でも位置取りの差で立ち回れたら。
△アスカクリチャン
福島記念でも期待したけど思ったより走らなかったのは馬場か右回りか。休み明けからテレンコに来ていてそれで行けば今回は来る順番なのでしばらくは追い掛けてみようかしら。


ジャパンカップまでの成績
【12/131 +419470円】


もうお嫁に行けない体に>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク