パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(川崎記念編)

平日の罠


TCK女王杯といい、てっきりナイター競馬をやっていると思ったらこの時期はどこもお昼からなんだなぁ。
やっぱり冬は凍結が恐いしお客さんも寒い中、出掛けるのは億劫だからね。いや、競馬野郎は暑い寒い関係なく馬券を買う。


川崎記念
◎ワンダーアキュート
東京大賞典は考えていた位置取りよりも後ろになったのか早めに前を捕まえに行った分、終いの脚をなくした感じだった。大将格が去って今回は受けて立つ番になるが外枠から相手を見て動けるのでやりやすいのでは。
○グラッツィア
ダートに入ってから見事なまでのテレンコで順番で言えば今回は走る番。みやこSの競馬を見れば変に紛れのある中央OPを使うより強敵のいるGⅢや地方交流GIのようなレースのほうがバラけるから捌きやすいはず。
▲ハタノヴァンクール
この馬を入れたらトリガミ必至で鞍上も四位なので切る要素は十分あるのだが、どうせ買えないしマッチレースになっても仕方ない気はしてる。
秋競馬の内容を見たら四位を乗せる理由は見当たらないがなぁ…。
△サクラロミオ
船橋所属だが昨夏まで中央OPで走っていたのでほとんど中央馬。2走前の浦和は休み明けに距離不足、前走は先行を試したが先に仕掛けられて付いていけないしズブさは相変わらず。
それでも中央重賞で掲示板があるなら実績は上位だしスタミナなら負けないはず。


根岸Sまでの成績
【0/11 ‐26400円】


ソースは俺>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(根岸S&シルクロードS編)

ピタゴラ残虐スイッチ


作業中、良品と不良品を分けるベルトの真ん中に商品が挟まったので取り除こうと力一杯引き抜いたら、挟まったのではなく隙間に落ちていただけだったのでスポーンと抜けた拍子に宙に浮き、不良品側のコロにケツから落ちてズルズルと下ってベルトコンベアに運ばれコンテナに不良品と一緒にIN。


根岸S
◎メイショウマシュウ
休み明けだった神無月Sを除けば安定して終いの脚を使えるタイプで、トシキャンディがハイペースの逃げに打って出れば再び楽な展開も。
有力どころが内枠に集まったのでうまく捌いてくれるか。
○エーシンウェズン
昨春からダートに替わって結果が出たが、父トリッピはエンドスウィープだから遅すぎたくらい。
東京1400にも実績はあるが最内枠で先行するか差しに回るか作戦が難しいところ。
▲ダイショウジェット
しぶとい…!
いつまで現役なんだと思っていたがまだ走る。前走も勝負所から追っ付け通しだったが2着まで押し上げて健在をアピール。この舞台は本来なら得意にしていたので番狂わせまで。
△タイセイレジェンド
久々に加えて59キロに騎手も乗り替わり。マイナス材料ばかりだが条件戦からOPを勝ったばかりのポッと出が1番人気てのはおかしくないか?
昨年のこのレースでも差し馬が上位を占める中、逃げて4着に粘っていたし前を見ながら強気の競馬をしたら簡単にはタレないと思うが。


シルクロードS
◎サドンストーム
散々、不公平な馬場に泣かされてきたがBコースに替われば上がりもかかるので今度こそ届くか。
そろそろ馬場の恩恵を受けた単純な逃げ馬たちがバカを見る番じゃないかと。
○ドリームバレンチノ
完全に不利だった外枠のキーンランドCをうまく隠れ蓑にしてスプリンターズSで穴を開けた。それ以来になるのでGIを前にしてどれくらい真面目に仕上げたのか測りにくいが劣化タイキシャトルのロージズインメイなら休み明けはむしろ走りそうだが。
▲メイショウデイム
3歳春に一度、芝で頭打ちになって古馬になってから再び1200で復活するのはマンハッタンカフェ産駒スプリンターにはよくあること。要は時計勝負には向かないからNHKマイルの頃の東京・京都では論外になるだけ。
今の時計が掛かりだした芝なら前走のように内側をスルスル捌ければもう一丁があっても。
△ニシノビークイック
京都金杯は何もできなかったが京都Aコースでの差し馬の負けはすべてノーカウント。
2歳~3歳春にヴィルシーナやカレンブラックヒルと接戦を演じていた力を見ればGⅢくらいならもう少しやれてもいい。


京成杯までの成績
【0/9 ‐21600円】


天井を見上げて笑った!>胴長熊猫

今日のボックス(京成杯編)再

て、手抜きじゃないんだから!


先週、延期になった京成杯ですが、出馬する馬は変わったが印を打った馬が変わらなかったのでそのまま予想を変えずに再掲載します。
ちょっと捻ってやろうと考えたけど、変えて外したら居たたまれないので。主に自分が。


京成杯
◎フラムドグロワール
朝日杯FSは勝負どころから仕掛けていこうとしていたが伸びなかった。条件としてはベストだと思ったが距離なのか実力なのか。
1番人気だが結果次第で路線が決定するし果たしてどちらに振れるか。
○アクションスター
前走は超スローで上がりもみんな同じようになって位置取りのまま順位も決まった。今回は馬場状態を見ても行った行ったで決まりそうな気配はないし逃げたい馬も揃ったので展開が向けば。
▲フェイムゲーム
デビュー戦は後方からになってしまい競馬にならなかったが未勝利2つで体勢は立て直せた。兄は中山が大得意だったバランスオブゲームだし格上げ挑戦でも適性の違いが出れば。
△マイネルマエストロ
エリカ賞はかなり骨っぽいメンバーが揃っていたが逃げて完封。開幕週の馬場とはいえ早めに捕まえに来た馬がタレるなか最後まで踏ん張った。
同型がいてどちらがハナを主張するか見物だが、スローの上がり勝負は分が悪そうな血統だし後ろがなし崩しに脚を使わされるペースに持ち込めたら。


AJCCまでの成績
【0/8 ‐19200円】


初日が欲しいよぉ>胴長熊猫

今日のボックス(AJCC&東海S編)

TRRR…


カチャ
胴長「はい…?」
班長「いやー昨日のようやくわかったわ!」
胴長「はぁ…?」
班長「嫁さんのお姉さんの旦那さんだった!」
胴長「へぇ…」
班長「じゃあね!」
カチャ


AJCC
◎ルルーシュ
有馬記念は大外枠て横山典もバクチに打って出たが惨敗。結果的に控えたほうがチャンスがあったのが悲しい。
年も明けて仕切り直し。アルゼンチン共和国杯組は高レベルの一戦だったと思うし、相手も恵まれたので騎手がバカしなければ。
○マルカボルト
前走は完璧なレース運びだったと見えたが最後の最後で差し切られた。ヴィクトワールピサの中山記念でコンマ6秒差だったりとこのコースは得意なので好調な今なら一角崩し。
▲ダノンバラード
北村友もあんな騎乗してたら降ろされても文句言えない。
人気こそ水を空けられているが、他の上位勢とは戦ってきた相手が違う。日本参戦2年目でコツをつかみはじめたベリーが変化を見せるか。
△ゲシュタルト
5ヶ月半ぶりですがこれまで重賞で好走したときはいずれも少頭数で半端な距離。今回は休み明けに目をつぶれば条件だけは揃ったので久々を苦にしなければ多少は。


東海S
◎グランドシチー
フェアウェルSを勝っての挑戦は昨年と同じだが、その間に交流重賞やエルムSで見せ場を作っていて勢いは昨年以上。キングカメハメハ産駒だがシチーの馬らしい長く走りながら力を付けた印象でソロソロ中央場所への階段を登りたい。
○ホッコータルマエ
JDDは何だったのかと思わせるような秋の善戦で世代を代表するダート馬になった。ただ勝てたわけではないし、実力が上がったわけでもないので、周りが引退したから順番が回ってきたと言われないためにも淡泊な競馬はしたくない。
▲ソリタリーキング
ここ2戦のせいですっかり人気を落としてしまいましたが、日本テレビ盃は相手が楽すぎたし、JBCが本来の位置付け、JCダートはあまり得意ではない深い砂。
本質は芝でもやれる血統だからダートはあくまで軽い方がベター。枠順の関係で砂をかぶるだろうから嫌がって走る気を削がれなければ。
△ミラクルレジェンド
この馬がこちらに出てきたの、えふりんさんはほくそ笑んでるだろうなぁ。
地方周りをしている馬の宿命で、斤量ばかり増えていって使うところが減るのは仕方ないが一線級の馬が出てこないなら前進も可能では。


京都牝馬Sまでの成績
【0/6 ‐14400円】


今朝、3時のこと>胴長熊猫

今日のボックス(京都牝馬S編)

難しい関係


胴長「あれ、T先輩は休み?」
班長「身内の不幸があったってさ」
胴長「へぇ、どの親戚の方が?」
班長「えーと…お姉さんの嫁さん」
胴長「??」
班長「あ、ゴメン。お姉さんの旦那さんの嫁さん」
胴長「????」
班長「あれ?」


京都牝馬S
◎エーシンメンフィス
愛知杯は展開に恵まれたとはいえこれまでのレースぶりからは想像できない粘り腰。メダグリアドーロはサドラーズウェルズ系だし無理にでも飛ばしていくほうが良さそう。
Aコース3週目でだいぶ差しも見られるが、スタミナなら負けないだろうから先手必勝。
○クィーンズバーン
休み明けからの2戦はいいところがなかったが、2走前はGI級で前走は2ハロン目から11秒台の続く息の入らない展開。絞り切れない馬体では厳しかったか。
今回は馬体さえ出来ていれば阪神1400でも逃げ切れる力はあるのでどこまで粘れるか。
▲ベストクルーズ
新春Sは先行馬が掲示板を占める中、上がり最速タイの末脚で3着。かなり復調してきた。
次の開催以降、前有利の馬場で差し届かなかった馬がどれだけ馬券になるのか計るためにも中途半端な競馬はしてほしくない。
△エーシンリターンズ
デビューから連続好走が少ない気まぐれやさんで二桁着順からでも平気で頭まで突っ込んでくる。
脚質は比較的前からだが、この枠に入ったからには何かしら工夫が必要。妙な事をさせたら関西でも指折りの曲者、和田なら。


日経新春杯までの成績
【0/5 ‐12000円】


誰なんだ…>胴長熊猫

拍子抜け


クソゲー探訪記


正月に中古ゲーム店でUSコーラ1本分の値段で投げ売りされていた摩訶摩訶を購入。
強烈なバグが有名なゲームだったので期待していたが、これといったバグも起こらずゲームクリア(相原コージのキャラ作画がバグと言えばバグだが…。)
ファミコンのドラクエ3をクリアする根気があれば普通にクリアできる難易度で、経験値稼ぎのトメさんと無駄にたくさん手に入る換金アイテムのインゴッドのおかげで煩わしいレベル上げも金稼ぎもなし。
うーん…これ、本当にクソゲーか…?(何かがおかしい感想)


エンディングが盛大なバグだった>胴長熊猫

今日のボックス(京成杯編)

何が大人か


成人の日ということで各地の会場では恒例の暴動に近い大騒ぎが行われているでしょう。まぁ、ここで説教じみたものを書く気はないけどあの国と大差ない民度だと思われない程度に弾けてください。
ちなみに僕は友達が少ないから同窓会みたいなのには出ずウインズ広島に直行。記念品も邪魔だったからポイした。


京成杯
◎フラムドグロワール
朝日杯FSは勝負どころから仕掛けていこうとしていたが伸びなかった。条件としてはベストだと思ったが距離なのか実力なのか。
1番人気だが結果次第で路線が決定するし果たしてどちらに振れるか。
○アクションスター
前走は超スローで上がりもみんな同じようになって位置取りのまま順位も決まった。今回は馬場状態を見ても行った行ったで決まりそうな気配はないし逃げたい馬も揃ったので展開が向けば。
▲フェイムゲーム
デビュー戦は後方からになってしまい競馬にならなかったが未勝利2つで体勢は立て直せた。兄は中山が大得意だったバランスオブゲームだし格上げ挑戦でも適性の違いが出れば。
△マイネルマエストロ
エリカ賞はかなり骨っぽいメンバーが揃っていたが逃げて完封。開幕週の馬場とはいえ早めに捕まえに来た馬がタレるなか最後まで踏ん張った。
同型がいてどちらがハナを主張するか見物だが、スローの上がり勝負は分が悪そうな血統だし後ろがなし崩しに脚を使わされるペースに持ち込めたら。


日経新春杯までの成績
【0/5 ‐12000円】


袴で来る奴は大概アレ>胴長熊猫

今日のボックス(日経新春杯編)

ちょいと感動


本日も出動やー!とウインズに向かっていたら黒塗りのタクシーが曲がってきて「ほぅ珍しい」なんて言ってたらまさかのプリウス。
大都市圏では割と普及しつつあるハイブリッドタクシーが早くも四国に進出してくるとは…。3月からはセブンイレブンもできるし都会っぽくなるなぁ。


日経新春杯
◎ムスカテール
アルゼンチン共和国杯は先に抜け出したルルーシュを捕らえるまでは到らなかったが上がり最速の脚は見せて重賞でもやれる手応えは掴んだ。押し出されたような人気だけに信頼しにくいがマヤノトップガン産駒でバンブーユベントスがこのレースを勝ったこともあるし向かないことはないはず。
○トウカイパラダイス
元々、末の甘い先行タイプだったがクラス慣れしつつ粘りも出てきた。まだまだ前が残る馬場で強力な逃げ馬が見当たらないし、番手追走から早めにスパートできれば面白いのだが。
▲ナムラオウドウ
休み明けから馬が変わったのかそれまでのフラフラした感じがなくなりビシッと追えるようになった。まだ準オープンの身だがチーフベアハートと言えばマーブルチーフやナムラマースがこの条件を得意にしていたし、レベルの低い今年なら出番があっても。
△カフナ
3歳春までは喰わせ者キンカメの臭いがプンプンしていたが、ようやく軌道に乗ったか。前走の除外がやや引っ掛かるが脚質に幅があるので作戦を立てやすいのとメンバーが重賞にしては軽いので騎手の腕が物を言いそう。


フェアリーSまでの成績
【0/4 ‐9600円】


考え方が田舎者>胴長熊猫

今日のボックス(フェアリーS編)

欲しいのは機能


普段から着るものはオカン任せで服を選ぶなどというファッショナボーな考えはビタイチ持ち合わせてないのですが、最近また寒くなってきたので「ここは一つヌクヌクなアイテムでも買ってやるぜ!」なんて軽い気持ちで店に入ったもののあまりのアウェー感に苛まれたのですぐさま退店。
庶民の味方、しまむら入店。


フェアリーS
◎サンブルエミューズ
阪神JFは思った以上に伸びなくて残念。関西遠征に戸惑ったか周りが広いコースで走りやすかったか。
仕切り直しの一戦になるが岩田に戻って芙蓉Sの再現になるか。
○スズノネイロ
スズノマーチとかの馬主さんかな?と思ったら違った。
東京→中京で連勝してきたがこちらへ。正直、クイーンCが適鞍では…?
まぁ、こちらに出すからには何か考えがあってのことだろうし、この後はファルコンSだろうからそこまでは追い掛けたい。
▲クラウンロゼ
例年以上に勝ち上がったばかりの馬が多くてレベルの高低が測りにくい。その中だと地味ながら中山が得意のロサード×ヒシアケボノであるこの馬が人気もないし面白い。
△エクスパーシヴ
牝馬にしては珍しく、キャリアを重ねるごとに着順を上げてきて前走でようやく馬券圏内。見た目ほど大敗したレースがないのもシンボリクリスエス産駒らしく、格負けしない部分が出ればコッソリ飛び込んでくる可能性も。


シンザン記念までの成績
【0/3 ‐7200円】


このニット帽、しまむらで買ったんだ>胴長熊猫

今日のボックス(シンザン記念編)

沸点


僕は人よりも笑いに対する耐性がかなり低いので、親戚が「つまんねー」と評価するような漫才でも大笑いしてしまう。詳しく言うと、そんなの関係ねぇでもまだ笑える。
そのせいか、お笑い特番が終わると反動でレギュラー番組のバラエティ部門が一向に楽しめなくなる。詳しく言うと、仮装大賞をここ数年ほど見てない。


シンザン記念
◎エーシントップ
京都金杯の結果を見てもわかるが内側から3頭目より外を通すと競馬にならない上、逃げたらどのレベルでも残る超絶前有利の馬場。GⅡですら逃げて勝てる馬なら普通に勝ち負け。
○アルバタックス
この母系はPOG期間内に勝ち上がることは多いがダートに適性が偏りがちなため芝のOPで頭打ちになりやすい。
未勝利脱出に手間取った辺りも将来的にはダートかもしれないがデムーロの継続騎乗は見逃せない。
▲ネオウィズダム
朝日杯FSではやや出負けしたのを挽回するように上がっていって終いの脚を無くしたが、五分のスタートを切っていればもう少し粘れたはず。
岩田に手替わりしても作戦は変えないだろうから次こそ先手を奪いたい。
△ヒルノクオリア
このレースに限らず京都1600は外枠不利だがこの馬は逃げ馬。同型が多くなりそうだが隣に速そうな馬がいないのでスンナリ前には付けられそうだから、後は内枠の先行タイプとの兼ね合い次第。


京都金杯までの成績
【0/2 ‐4800円】


年々、アメフトに詳しくなる>胴長熊猫

今日のボックス(中山金杯&京都金杯編)

賭け初め


さぁ今年も始まりましたボックス予想。
ルールは例年通り◎○▲△の3連単ボックス24点買い。目標はプラス収支。
あとは昨年が的中12レースだったので今年は勝率にして1割。14~15レースを目指して行きます。


中山金杯
◎ダイワマッジョーレ
菊花賞路線には乗れなかったがダイワメジャー産駒だしマイル前後で安定させる方が無難か。目標は中山記念~安田記念。
ただ安定する反面、突き抜けていく爆発力が騎手ともども不安なので頭までいけるか。
○アドマイヤタイシ
朝日CCは大激戦のなかしぶとく粘って2着を確保。小回りの福島記念でも好走してシングスピールらしい力を付けたらどこでも格負けしない強さが出てきた。
乗り替わりのベリーが外人にありがちな、広い東京>狭い中山なのが気になるところ。
▲テイエムアンコール
2走続けてシンガリ負けになったが、マイルCSは2年半ぶりで前走は仕掛け所で付いていけず。それでも差はコンマ6秒。
2つ叩いてどれだけ良化できたかが課題だが、オペラハウスだし使って使って大駆けまで。
△タガノエルシコ
OPに入ってからテレンコなように追い込み脚質なのがネック。今回も展開が向くかどうかですがハマってくれば上位に来るだけの力はあるので神頼み。


京都金杯
◎ショウリュウムーン
牝馬は格より調子という格言があるが、キングカメハメハ産駒の割に調子が乱高下してるような…。
でもまぁ牝馬産駒が比較的苦手だと思われる阪神芝1800以上の混合戦で重賞を勝てたなら今はかなり状態は良いはず。
○ダノンシャーク
昨秋は強敵相手に善戦したが馬券には絡めずちょっと悶々とした。マイルCSを見てもGIでもやれそうな気配だったので再度内枠からスルスルできたら。
▲ネオヴァンドーム
この馬にもかなり印を打った気がするけど、やっぱり京都だけで買えばいいかな。
重賞だと古馬になってから一枚足りないのとネオユニヴァース産駒のマイル成績を考えたら…。
△ダローネガ
休み明けにOPを勝ってから人気ほど走れずにいるが、京都コースはデイリー杯2歳S2着以来で平坦な競馬場のほうが結果が出そうだし先行有利の馬場状態なら前に行って粘りこむ可能性も。


2013年の成績
【0/0 0円】


頑張るぞー>胴長熊猫

お正月

明けましておめでとうございます


気が付いたら年越しをしていて、そばの代わりにうどんで飯を済ませて初詣に行き、帰ってきてから一眠りしたらこの時間。
とりあえず2013年の目標は…あー……
少しくらい婚活してる雰囲気を親に見せる。で。
30が近づくと何やら周囲の目が鋭くなってきたよ!?


嫁どころか彼女すらいねぇ>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク