パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(産経大阪杯&ダービー卿CT編)

都会への一歩


いつも競馬へ行く前にコンビニに寄って軍資金と朝飯を調達してくのですが、そういえばセブンイレブンが四国に進出してるなぁと思い入店。
かつて広島でセブンイレブンのATMでお金を下ろそうとしたら阿波銀行カードが弾かれるという悲惨な事件があったが無事出金。
「やるじゃないか、江守~」と中尾もご満悦。


産経大阪杯
◎オルフェーヴル
昨年は世界を見据えて大人びた競馬を目指してリズムを崩しかけたが、後半は持ち直してさすがの競馬は見せてくれた。
それでもGIは宝塚記念だけだったのは陣営も不満だったろうし、ゴールドシップを見ても前哨戦とはいえ落とせない。
○ヴィルシーナ
牝馬クラシックでは徐々に差を詰めたものの届かず辛酸を舐めたがどんな条件でも確実に走る精神力の強さはたいしたもの。
今回は古馬牡馬と対戦になり相手のレベルは格段に上がるがジェンティルドンナとの再戦まで下手な競馬は見せられない。
▲ショウナンマイティ
人気馬ばっかりじゃないか!(机バーン!)
京都記念は折り合いを欠くように向正面からマクリ気味に上がってしまい終いに響かせてしまった。しっかり溜めていく今までの競馬になれば昨年のような脚も使えるだろうから再現になるか。
△タガノエルシコ
目立たない存在だが今年の2戦はともに上がり最速を計時していて、まだまだ老け込むようではない。高齢でもしぶといマヤノトップガン産駒だし後ろから行く人気馬の背後から同じタイミングで仕掛けていけたら。


ダービー卿CT
◎ダイワファルコン
GIでなければ得意条件で走る一昔前のダイワの馬ってイメージ。カーリアンとかオーシュウとかテキサスみたいな。
メイショウもテイエムも似たような感じだったのに…。どこで差が付いた。
○トウケイヘイロー
忘れられていそうだが朝日杯FS4着やシンザン記念でジェンティルドンナと接戦もある実力馬。
その後、出世が遅れていたがようやく準OPを脱出。GⅢだが出戻りの形だし力関係からしても見劣らないのでいきなり。
▲ドナウブルー
調子がいいと思った頃に二桁着順に沈む大敗を挟む困ったちゃん。勝ち鞍も左回りに偏っているのでゴチャつきやすい中山はマイナスかもしれないがマイルまでならすぐに巻き返せる切り替えの早さがあるので前走が隠れ蓑になれば。
△ホーカーテンペスト
藤沢和厩舎には珍しい中山が得意なタイプで、広いコースでのびのび走らせたいとか宣う師の言葉なんかどこ吹く風というロックさは見習うべき。
作戦もこの厩舎の馬にありがちなスローで行って最後にピュッみたいなのが多いが、もっと破天荒に行ってもいいんだぜ…?


高松宮記念までの成績
【1/38 ‐90650円】


そんな田舎者的発想>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(高松宮記念&マーチS編)

むぅ


スーツを着て仕事をしなくなってから4年が経つのだが、その間に休日出勤は3日。残業は5時間。
そりゃあ日々、仕事に追われて連休?なにそれおいしいの?みたいなかたのほうが多いのでしょうが、たまにしかやらない人間がよりによって福山競馬の最後を見届けられないのは!


高松宮記念
◎ロードカナロア
香港スプリントを快勝して帰国緒戦の阪急杯も問題なく圧勝。
昨年からの成長著しく欠点は見当たらない。まぁ、欠点がないのが欠点かもしれないが重箱の隅を突くようなことはしない。
○ツルマルレオン
平坦芝では軽快な逃げ馬に苦杯を嘗めさせられてきたが、めげずに後方からの脚を磨いてきて最近は追い込みが板に付いた。
逃げ馬が多く乱戦になりそうなここは最大のチャンスだしバルジューも何も考えずに乗れるからひょっとしたら。
▲サクラゴスペル
1200路線をありがちな逃げ一辺倒ではない勝ち上がり方できて、重賞でも力強く抜け出して勢いも脅威。
まさかサクラプレジデンド産駒を1200GIで印を打つ日が来るなんて思わなかった。
△サンカルロ
終わったかな?と思いきや阪神Cで復活して前走も4着。シンボリクリスエス産駒はクラシックよりもこの丈夫で長持ちする体質を売りにしたほうがいいんじゃないかな?
作戦はいつも通りなのであとは展開が向くことを祈るのみ。


マーチS
◎ドラゴンフォルテ
東京では13着なんて惨敗をこいたのに中山では涼しい顔で巻き返し。京都でしか走らなかったスマートボーイを思い出す。
サンデー種牡馬はダートGI馬が出たら没落の始まりという持論はあるが頑張ってほしい。
○ナイトフッド
お母さんはマルカキャンディってのが懐かしい。マルカ牝馬には何かと振り回された記憶しかない。
OP入りしたばかりだが4走前にイジゲンと好勝負をしていたしGⅢなら。
▲グランドシチー
とことん津村とは相性が悪いが、それなら地の果てまで追い掛けて潰れるまで買ってやろうか。
ダート路線で追い込むのはかなり難しい気がするがロマンはあるからいいよね。ブロードアピールとか。
△フレイムオブピース
芝からまたダートに戻してOPに上がってきた。体質の関係もあるが単純にダートが合うのかも。
ウォーエンブレム産駒だけに内枠で砂をかぶると嫌気を差さないか心配だが。


日経賞までの成績
【1/36 ‐85850円】


仕事しながら更新したら遅れた!>胴長熊猫

今日のボックス(日経賞&毎日杯編)

センバツやぁ


何度この時期が来ても自然と体がムズムズしてくる打球音。
僕らの頃にバットに規制が出て細身の飛距離が出にくいものになったが、結局は力のある打者は何を使っても打てるんだよ。


日経賞
◎オーシャンブルー
昨年、一気に能力開花して有馬記念でも2着。一息入れてどうかだが本格化した今ならメンバーが揃ったここでも見劣らない。
あとはデムーロを兄貴ほど信用していいかどうか。
○タッチミーノット
最近は馬券圏内に入れなくても掲示板は外さないこの父にしては堅実な成績で、中山記念も僅差だったし競馬場を問わず走れている。
突き抜けられるかが今回の焦点だが好調な横山典が一発やるのではないか。
▲トランスワープ
重賞連勝から天皇賞・秋はド惨敗。ありがちなローカル番長の臭いがプンプンする。ここよりも新潟大賞典あたりに出てほしい。
こういうタイプは前哨戦で押さえて本番ガン無視するのが吉。
△カポーティスター
京都記念は日経新春杯と同じ戦法で行ったが、グリーンベルトの有無くらいは考慮に入れて乗ってほしかった。馬の個性もわかるが、上のクラスで出し抜くには藤田みたいな良くも悪くも汚さが必要。
今回はネコパンチが逃げるのでさらに位置取りが難しくなるが、試練じゃ。


毎日杯
◎キズナ
弥生賞で権利を取れなかったのが痛すぎるが、通ったところの差が出たと思えば負け方としては悪くない。
たいしたメンバーではないので普通に乗れたら連軸視だが、押せ押せローテでお釣りがあるか心配。
○オメガキングティー
軽い上がりを要求される東京・新潟で負けて、最後に力が要求される中山で2連勝。坂のあるコースで脚が活きるタイプのようだし多少ゴチャつく展開のほうがスタミナ比べで優位だろうから流れに乗れたら。
▲ピュアソルジャー
デビューからコンスタントに使われて毎回、中団より後ろからいい脚を使ってくる。
水仙賞みたいな超スローのよーいドンは苦手みたいなのである程度、流れが厳しくなる重賞のほうが終いを伸ばしやすいかも。
△コメットシーカー
新馬戦を勝ったあとに500万を使うことなくここへ。負けてもまた5月の東京開催があるから気楽に走らせられるし、恐らく賞金を加算できたら青葉賞の可能性もある。
1戦しかしていないので何とも言えないが、新味に期待。


阪神大賞典までの成績
【1/34 ‐81050円】


高校通算本塁打1本>胴長熊猫

愚痴

だから


高知競馬よ
ナイターやるんだったら
黒船賞はメインでやれ
昼間に組まれたら馬券が買えん


ここ何年か連続の愚痴>胴長熊猫

今日のボックス(スプリングS&阪神大賞典編)

2週連続草野球


先週に続いてまた広島に帰ってまいりました。
人によってはわざわざ高速代とガソリン代をかけてまで草野球に行くか?と言われますが、どうせ草野球に行かなきゃ競馬で同じくらいの金額を捨てるわけだから健康的な分、建設的。とわけのわからない言い分で煙に巻く。


スプリングS
◎ロゴタイプ
朝日杯FSは番手から先に抜け出す競馬。外を回すか内埒ピッタリを突いてくるかの極端な形でなければGIが獲れないほど近年のクラシックは実力が拮抗しているといえる。
2歳王者がこちらに回るとロクな結果にならないことが多いが、さて。
○タマモベストプレイ
きさらぎ賞は距離を不安視されていたが、それを嘲笑うような完勝。兄たちよりも折り合いがいいのか。
今回はさらに坂のあるコースに替わってどうかだが、いい枠に入ったし馬ごみを気にするようなタイプでもなさそうなので。
▲フェイムゲーム
振替開催になった京成杯を勝って兄同様、中山は走るところを見せ付けた。
あとは兄が届かなかったらGIだが、どちらかというとトライアル大将の雰囲気がプンプンするのでここいらが見極め所か。
△アクションスター
まだ1勝馬ながら先行しても差しても上位の上がりを使えていてとても乗りやすそう。中山だけに悠長な競馬はできないがフラワーCでも外を回して届いていたので池添らしい腹を括った後方待機で。


阪神大賞典
◎ゴールドシップ
昔はこういう馬が出てくると馬券は面白くないから見てるだけなんてレースになりがちだったが近年はやや荒れ気味。
とはいえ昨年以上にメンバーがひどいので逸走しても勝つような気はする。
○ベールドインパクト
菊花賞から馬がグンと良くなって連続連対。クラシックがイマイチだった馬の上昇カーブに乗りだした。
母系がアホヌーラ×ミスタープロスペクターでも長距離をこなすんだなぁ…。
▲ピエナファンタスト
長らく馬券圏内から遠ざかっているが昨夏の休み明けから着順はひどいがしっかり脚は動いていて順調ではある模様。勝負するにはもう一押し必要だろうが母がいま話題のコンクラーベだしひょっとしたら。
△マカニビスティー
デスペラードにするとトリガミになりそうだから仕方ない。AJCCを見たら芝でもまだ何とかやれそうな気配なので自分から動かず漁夫の利で着を拾ってくれれば。


フラワーCまでの成績
【1/32 ‐76250円】


↑の成績が全てを物語る>胴長熊猫

今日のボックス(フラワーC&ファルコンS編)

ガラガラ


毎日スギの木を相手に仕事をしているので花粉症なんかとは縁のない人間でとても楽なのですが、また一昨日くらいから寒さが返ってきたせいか風邪をぶり返してしまい、マスクにメガネとヘルメットというそのままコンビニでも入ろうものなら確実にスメルライスものの変質者。


フラワーC
◎カラフルブラッサム
やや押し出されたような1番人気で、前走も勝ちきれないように詰めの甘さも目立つ。
ただ、例年以上にメンバー構成が貧弱だし、これだけ恵まれたらアッサリも考えられるが。
○ダイワポライト
ダイワメジャー産駒だが1600苦手で1800得意の変わり種。そもそも脚質も追い込みだから父とまるっきり正反対だが。
今回も後ろからだろうが1枠でのんびり構えていたら脚を余して負ける図も浮かぶのでうまく捌いてほしいが。
▲リラコサージュ
未勝利を勝ち上がったばかりだが芝でも掲示板は外していないし、ブライアンズタイム産駒なら短い距離に融通が利くほうがテンに置いていかれなくて良さそう。
あとは、このレースで前走を勝ち上がったばかりの馬が来ないのが気がかり。
△ブリリアントアスク
後方から届かなかったら仕方ないの競馬で着を拾うタイプで、前走も上がり最速で迫ったが4着まで。
展開に注文は付くが、誰かが玉砕逃げを打ってペースが速くなれば台頭も。


ファルコンS
◎プレイズエターナル
クロッカスSは休み明けでもあり大事に後ろから回して届かなかっただけで叩き台としては上々だった。これで調子が上がってきたらここは狙い目。
アドマイヤムーン産駒は1着か着外かという馬が多いので複では買いにくいんだよね。
○モグモグパクパク
1200ばかりで好走していて距離を疑われるが、京王杯2歳Sでも下げる不利がありながら7着まで押し上げたしそこまで気にするほどではない。
あとは少しレース感覚が開いているのと輸送をクリアできるかだが、名前通りなら輸送減りはしそうにないが。
▲ラインミーティア
これまで馬券圏外に敗れたのが1回だけで、それも4着。クロフネ産駒らしい芝・ダート兼用で距離さえ合えば今後もこの路線でお世話になりそう。
17頭だった前走も番手からキッチリ抜け出す快勝で、むしろ何でここまで人気がないのか。
△カシノランナウェイ
POGりんも最下位に転落したし全馬デビューもなさそうで上がり目のある馬が見当たらない今、彼だけが心の支え。


フィリーズレビューまでの成績
【1/30 ‐71450円】


普段から不審者ツラだが>胴長熊猫

今日のボックス(中山牝馬S&フィリーズレビュー編)

球春到来


また今年も草野球のシーズンがやってまいりました。さっそく今週、来週と2連戦。
WBCのお陰で野球熱が上がりっぱなしのため早くプレーしたくてウズウズしてるところですが、三十路を前にして腕が上がらなかったり太ももが上がらなかったりと怠惰にかまけた体は悲しいほど正直なのだ。


中山牝馬S
◎ダイワズーム
昨年のスイートピーS以降、強敵相手とはいえ大体1秒以内の競馬を続けていて大敗ではないが善戦でもなく評価の難しい馬。
小倉大賞典も出入りの激しい競馬の中、上がったり下がったりしながら伸びようとしていたしスムーズならもう少しやれても。
○サンシャイン
ぶっつけだった秋華賞でコンマ4秒差に粘り、前走の愛知杯も番手から長くいい脚を使って2着。だいぶ復調の兆しが見えてきたし先行タイプなのでまたスローな流れになれば再現も。
テン乗りの藤岡康がやや気がかりだが今のウチパクよりはマシか?
▲アカンサス
OPクラスに定着してからは重賞での好走は一度だけ。三浦も前から行く競馬を試してみたりしているがなかなか結果には結び付かない。
ただ、このコースは1600万時代に勝ち上がった舞台だし調子が悪いというわけではなさそうだから展開一つ。
△メイショウデイム
休み明けから芝に戻って馬がガラッと変わった。これまでは1200を中心に使われているがマンハッタンカフェ×ヘクタープロテクターなら中山1800はピッタリだし短距離で付いていけるならペースに戸惑うことはないだろうから息が持てば。


フィリーズレビュー
◎サンブルエミューズ
津村に乗り替わりだった阪神JFは論外として、前走のフェアリーSが僅差の3着。勝ったクラウンロゼがアネモネSも制したしレベルは低くはなかった。
輸送も課題だが祖母がキョウエイマーチだから相性は良さそうだし人気だが本命に。
○サウンドリアーナ
阪神JFは不可解な敗戦だったが大敗したのが1600だけだから単に距離が長かったと考えてもいい。うまく立て直してくればメンバー唯一の重賞ウィナーだしここは相手に恵まれたと言えるがどうか。
▲ナンシーシャイン
ここまであまり目立つ存在ではなかったが重賞でも掲示板、自己条件でも上がり最速で来たり逃げて粘ったりと作戦の幅は広く見た目以上に器用みたい。
最内枠に入ったので大野がどちらの作戦に打って出るか。
△シーブリーズライフ
新馬戦を勝ったあとはピリッとしない競馬ばかりだったが、1200を使って気合いが入ったのか牡馬混合のOPを勝利。朝日杯FS5着のティーハーフをしのぐ末脚は見所十分だった。
1400で8枠はあまり嬉しい条件ではないが前走くらいやれればここでも馬券圏内。


中日新聞杯までの成績
【1/28 ‐66650円】


バット重いねん>胴長熊猫

今日のボックス(阪神スプリングJ&中日新聞杯編)

もうなんか暑い


先週なんて寒い寒いとボヤいてたくせに週のなかばから春を通り越して初夏の勢いでポカポカ陽気。
こんなもん着てられるかとジャンパーを脱ぎ捨て、腕まくりをし、扇風機を回して仕事してたら花粉か黄砂かPM2・5かクシャミが止まらねぇっての。


阪神スプリングJ
◎マーベラスカイザー
頭数こそ少ないが骨っぽいメンバーが揃い、障害の阪神大賞典的な存在になったこのレース。
昨年は強い相手に勝ち負けを繰り返して最後の大一番で勝ち切った。似たようなメンバーの今回は周りを見ながらどう本番につながる飛越を見せるか。
○バアゼルリバー
昨年のこのレースからGI戦線で活躍したが勝利には一歩届かず、フジキセキらしさは障害でも通ずるところなのか。
休み明けをあまり気にしないタイプで展開も前から後ろから関係ないので番手から付いていけるか。
▲テイエムハリアー
順調に上昇カーブを描きながら本番前に脱落。仕切り直しの前走はしっかり勝っていて楽に逃がしたらやっぱり怖い。
今回は最内枠に入ったので間違いなく押して出ていくだろうから追い掛けられた時にどれくらいのラップで逃げられるか。
△ナリタシャトル
馬体重がかなり乱高下する馬で、平気で10キロ前後増減する。ただ結果にはあまり関わらないので気分の方が大事なのかも。
これまた休み明けだがタイキシャトルならそこまで嫌う必要はなさそうだが。


中日新聞杯
◎パッションダンス
重賞初戦の前走は先行して折り合ったが、外を回してマクって行った馬たちが上がるのを内で見ることになり結果として仕掛け遅れが響いた。
中京に替わって捌きやすくなるが再び内枠なのでうまく動きやすい位置で運べるか。
○ジャスタウェイ
蓄めればいい脚を使うのだがなかなか流れと使いどころが合わないのかチグハグなレースぶり。
とうとうウチパクさんも降ろされちゃってバルジューだが、追える展開になればテン乗りでも。
▲サトノアポロ
芝ではこれまで掲示板を外したのが1回だけという堅実さで、AJCCでも力の差は見せられたがメドは立ちそうな気配。
まだ突き抜ける爆発力は疑問だがキッチリこのクラスに留まりたい。
△セイクリッドバレー
左回りの芝2000になるとお馴染みの顔。いつかGIでも…と考えていた時期が僕にもありました。
仕掛けの反応にもだいぶズブくなっているが乗り慣れた丸山がやる気を引き出してくれれば。


弥生賞までの成績
【1/26 ‐61850円】


扁桃腺も痛い>胴長熊猫

今日のボックス(弥生賞編)


サプライズ、福山競馬


2回くらい聞き直した。
馬券は外した。現地に行けば良かった。
今は反芻している。


弥生賞
◎コディーノ
チューリップ賞があんなだったので何があるか分からないが、スムーズさを欠いた朝日杯FSで盛り返して2着まで踏ん張っていたし距離の融通は効きそう。
札幌2歳Sを勝てるわけだから小回り適性も問題なさそうだが。
○エピファネイア
福永のうっかりでビュイックに乗り替わったのが心配。
ここまでは周囲の期待通りに走っているが、やっぱりシンボリクリスエスだけにどこかで盛大なポカをやらかすような気がしてならない。
▲ヘミングウェイ
前に行った馬が有利だったシンザン記念で唯一、差してきて好走。3・4着馬がきさらぎ賞とアーリントンCですぐに巻き返したようにレースレベルも低くはなかった。
デビューから2着がやたら多いが毎年いる最強の1勝馬の称号をめざして頑張ってほしい。
△マイネルクロップ
ダートの500万を勝って芝重賞だが若駒Sでは馬体重を大きく減らしながら番手の競馬でリヤンドファミユとコンマ2秒差。芝の新馬戦も4着だったが掲示板に載った馬はすべて勝ち上がるレベルだったし父クロフネでも展開一つで権利まで。


オーシャンSまでの成績
【1/25 ‐59450円】


ニヤニヤが止まらない実況放送>胴長熊猫

今日のボックス(オーシャンS&チューリップ賞編)

春一番


なんだコノヤロー(顎をしゃくれさせつつ)
さて、お馴染みのボケも済んだところで。
四国地方に春一番が吹きましたなんてニュースが流れて、確かに風が生ぬるいなぁなんて思ってたら土砂降りの春の嵐に変わって「どこが春だ!」と半切れで機械の修理をする平和な棚卸し。


オーシャンS
◎ダッシャーゴーゴー
毎年このレースは多士済々の難解なものになるのだが、エアポケットのように既存勢力と新興勢力の間に微妙な空間ができてしまいレベルが測りにくい。
1番人気ではあるが休み明けのパフォーマンスを見たら衰えは感じさせないし、とりあえず本命。
○サクラアドニス
いつからサクラプレジデントはスプリンター種牡馬になったんだ?
追い込み一手だったのが先行を覚えて勝ち上がれるようになり中山でも1分7秒台での勝ち鞍もあって時計勝負になっても見劣らない。あとはクラスが上がるごとに先行ができなくなっているので外枠からだからかぶされる前に出していきたい。
▲サドンストーム
グリーンベルトの餌食になった京都開催は仕方ないとしてもやっぱり後ろから行って届かなかったらごめんなさいは体に悪い。
とはいえ、中団あたりから構えて今までのような脚を繰り出せるか分からないので俺が買うと来ない津村に何ができるか。
△ケイアイアストン
前走は着順こそ悪いが着差は僅か。もともと好走したときは番手の競馬をしていたし少し気合いを付けて行く方がいいのかも。
重賞ではことごとく弾かれているが最後に勝利を挙げたのがこのコースだし最低人気だから気楽に回ってくれば。


チューリップ賞
◎ウリウリ
変則的なレースになった白菊賞を除けば常にメンバー最速の上がりを使える切れ味型で、権利欲しさに前々で勝負する馬が増えれば前崩れの可能性も上がる。
気になるところは名前。牝馬で「うりうり~」とかエロすぎ(病気)
○ローブティサージュ
阪神JFは内埒沿いをうまく捌いて抜け出した味のある勝ち方。もう一回やれと言われてもなかなかできない。
ウォーエンブレムは繊細な産駒が多くて一度でも精神的ダメージを受ける敗戦をするとズルズル落ちていくので休み明けでもきっちり連対したい。
▲レッドオーヴァル
やっぱり考えることはみんな同じか。阪神JFが圧倒的な力での快勝ではなかったから目新しい馬を探すだろうと思っていたがこちらが一番人気とは。
今回は1ハロン延長が課題になるが新馬戦で負けたスズノネイロがすぐOPクラスに勝ち上がったしまだ壁になるようなことはないと思うが。
△プリンセスジャック
重賞での2戦は人気ほど走らなかったが阪神JFは3コーナーで下げて外を回す間に勝ち馬は内へ潜り込んでいて騎手の腕が露骨に出た。
松山に手が替わってどうかだが母のゴールデンジャックもトライアルホースだったしここまでなら期待しても。


中山記念までの成績
【1/23 ‐54650円】


大概、ネジを無くす>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク