パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ラジオNIKKEI賞&CBC賞編)

寝坊した!


前置きは省略。
朝飯用カップ麺が切れた。買いに行こう。
あとシャンプーと卵と飲み水。


ラジオNIKKEI賞
◎ミエノワンダー
プリンシパルSは長い叩き合いになったが最後に脱落。トライアルの出走権が厳しくなったのが痛い。
父が気分屋グラスワンダーだけに全幅の信頼は置けないが距離やコースに左右されるタイプでもないし。
○ガイヤーズウェルト
NHKマイルCでは直線半ばまで粘って見せ場を作った。ダートで勝ち上がったが脚下を考慮して使っていただけかも。
押し出されるような1番人気だが先行してしぶといしダート1800でも問題ないならスタミナ面の心配もないはず。
▲ケイアイチョウサン
クラシック路線ではあまりいいところがなかったがエンジンの掛かりが遅いタイプで一度減速する展開は苦手だろう。横山典なら向正面から一マクリみたいな作戦も考えられるしまさに穴馬。
△ダイワストリーム
前走は18頭立てで逃げ・先行馬が上位を占める中、1頭だけ差し込んでゴボウ抜き。かなり見所のある競馬だったと思う。
それでいてハンデ51キロは何かの冗談か減量特典を重賞にまで適用してるんじゃなかろうかと思えるほどだし恵まれれば。


CBC賞
◎サドンストーム
俺もこの馬が好きだなぁ…。
よく考えたらストーミングホームってマキャヴェリアンだから芝1200というツラじゃねぇだろと思いつつ逃げ馬が揃っていて展開が向きそうだとついつい本命にしてしまう。これが恋…!?
○ザッハトルテ
準OPを勝ったばかりでGIは厳しかったが着順の割に1秒以内に収まったので良いほうか。
関西馬だが意識して東京や中京を使っているので陣営がサウスポーと睨んでいるかもしれないし、大して人気でもないならお紅茶受けに。
▲マジンプロスパー
ドリームバレンチノが盛大にやらかしていたのでロードカナロア以外のスプリンターはそろそろ上がり馬と3歳馬に駆逐される日が近付いているかも。
この条件にフルゲート揃わないのは珍しいしメンバーも片手落ちばかりなのでGⅢマイスター福永が「GIで見せろよ」というドヤ顔で駆け抜けそう。
△バーバラ
数少ない上がり馬で前走は案外だったがディープインパクト産駒のスプリンターはマイルがメインで1200もOK程度と考えたほうがいい。牡馬ならスペシャリストが出るかもしれないけど。
前でも後ろでも競馬はできるがこの枠で逃げ馬がいるなら内埒沿いで死んだ振りからスルスル抜けてくる芹沢スペシャルが炸裂すれば。


帝王賞までの成績
【4/71 ‐144330円】


雨で涼しいから…>胴長熊猫
スポンサーサイト

キシャー!


せっかく帝王賞を獲ったのに、こういう外し方をするからセンスが無いんだよなぁ…。

今日のボックス(帝王賞編)

ゲームだからこそ


飽きずにウイポをシコシコ進めていて「ダビスタみたいにスティールハート産駒が天皇賞春を勝つとかないからなー」と苦手な4000m級GIを長距離適性の高い種牡馬で狙っていたが勝てず、短距離と思っていたダイタクヤマト産駒で仕留めてしまったときの脱力感。


帝王賞
◎ニホンピロアワーズ
ある意味、近年の中で一番のメンバーが揃った帝王賞だと思う。
上がり馬が出やすい短距離芝と中距離ダート路線だが中央場所で既存と新勢力を59キロで連続連対できるのは本格化の好調ぶりを持続できている証。外から周りを見ながら進められるしスタミナ比べに負けない血統なら2つ目のGIも。
○ホッコータルマエ
昨年のJDDでは5着に敗れたがそこからは夏を越えて上昇一途。前走でかしわ記念も制して充実期に入ったのだろう。
今回はさらにメンバーが強化されたのと2回目の大井のダートが気掛かりだが今の力なら。
▲ローマンレジェンド
休み明けの前走はいかにも叩き台という感じで反応も今一つだった。スペシャルウィークだし1600も短かっただろう。
一つ使ったことで上向いてきているだろうが強烈な逃げ馬がいない今回は今までのように前を可愛がりすぎると3コーナーで押して押しての展開にもなりかねないので早めに前を捕まえに行きたい。
△ワンダーアキュート
とうとう和田を降ろしたがそれで替わるのが武豊というのが終わった感がして何だかなぁ。
安定感は買えるが正直な話、四位よりはマシかなってだけ。地方交流重賞で中途半端な馬に乗ると中途半端なことしかできないから嫌い。


宝塚記念までの成績
【3/70 ‐145780円】


母父オペラオーだけどさぁ…>胴長熊猫

今日のボックス(宝塚記念編)

よし3着


最下位からの巻き返しを計った今シーズンのPOGりんだったが初出走になったサリレモンドが3着でまずはポイントを獲得。
ただ彼は地方交流重賞を目指してほしかったので勝ち馬との二の足の差はちょっと開きがあるし、1000m戦で終いバタバタでは勝ち上がりに苦労しそう。と言うかローゼクヴァルツが東京開催でデビューと聞いていたのに出て来なかったな…。


宝塚記念
◎ゴールドシップ
正直、フェノーメノを本命にしたかったが「天皇賞春が初GIだった馬にロクな奴はいない」を声高に提唱しているので心を鬼にして無印。
前走は高速馬場と不利がすべて。捌いてきていたら2着はあった。京都よりは阪神のほうが合いそうだし少頭数なら安全策でも間に合うはず。
○ジェンティルドンナ
ジャパンCと言い安田記念と言い岩田の降着スレスレGI専用騎乗は馬券を買う側からすると憎いね。もう。
ドバイシーマCは通ったところの差が出ただけでそれこそ位置取り次第で勝てたレース。スイープトウショウやブエナビスタ、古くはエアグルーヴなど牡馬相手に勝ち負けできるなら普通に通用してもいい。
▲トーセンラー
もうさ、▲なんて打ってるけど3着争いだと思うんだ。
京都でばかり結果が出ているがそもそも阪神であんまり走ってないし最近ノリノリの武豊なら案外。
△ダノンバラード
人気馬だらけの予想大会ポロリが多いよこのブログ!前半戦2つ獲ってるけど2つともトリガミだし!
荒れろ少しは、当たれたまには!


東京ジャンプSまでの成績
【2/69 ‐166800円】


贅沢は言うまいか>胴長熊猫

今日のボックス(東京ジャンプS編)

雨です


お嬢「あっめあっめ降れ降れ母さんが」
胴長「ん?」
お嬢「あっめあっめ降れ降れ母さんが」
胴長「あぁ…。ブラザーでお迎え嬉しいな」
お嬢「何それ」
胴長「ミシン業界なら爆笑なのになぁ」
お嬢「どういう意味?」
胴長「今の子はジャノメと言われてもわかんないんだなぁ」
お嬢「?」


東京ジャンプS
◎タマモユニヴァース
障害入りしてから順調に来ていたが落馬で1年4ヶ月の長期休養。
休み明けは馬体重大幅増で最内枠から後方に置かれながらしっかり走って3着。あれだけ走れればダメージは完全に拭えたと思うし外枠なら楽に出られるのでスムーズなら。
○メイショウヨウドウ
前走は逃げた勝ち馬を見ながら2・3着馬と一緒になだれ込んだが最後に振り切られて4着。人気を裏切る形になったが重賞初挑戦にしては悪くなかった。
上のクラスでは何かもう一つ力を付けないと厳しい感じだがきっかけを掴むレースになってくれれば。
▲スナークスペイン
すごい昔に獲らせてもらった記憶があるな…と調べたら3歳時のゆきやなぎ賞。ハートビートソングが勝ち馬。
それから地方に飛ばされたり再転入したりしながら障害の重賞に出てくるとはなぁ。勝つか負けるか極端なので来る番なら。
△ハクサン
中山GJは果敢に先行して見せ場は作ったがマクリ組の強襲で後退。着順は7着だがむしろ健闘したと言っていい。
仕切り直しの一戦になるがここも前に行くのは同じだろうしハイペースで飛ばしたい馬が見当たらないのでスローに落とせたら。


ユニコーンSまでの成績
【2/68 ‐164400円】


シンガーとかさぁ>胴長熊猫

今日のボックス(ユニコーンS&函館SS編)

雨上がり


昨日が雨だったからある程度、覚悟していたが濡れたグラウンドが乾いてきたときの湿度はサウナなんか目じゃねぇ。
そんな草野球の外野。


ユニコーンS
◎ベストウォーリア
前走の兵庫チャンピオンシップは勝ち馬をスイスイ逃がしてしまい1秒差を付けられたが2着は確保。もう少し鈴を付ける展開にしたかった。
父はエーピーインディ×シーキングザゴールドだし東京ダ1600あたりがベストっぽいのでGⅢでも。
○エーシンレンジャー
今年は初顔のマル外が多く出走していて、この馬も父はスモークグラッケンでミスタープロスペクター系。OPでは2走ともやや水を空けられたがこの系統にしては大敗をしないタイプなので相手なりに。
▲サウンドトゥルー
500万を勝ち上がったばかりだがダート路線で頑張っている連中とも対戦があり急にメンバー強化されたわけにならないのが強みになる。負けたレースでは真ん中より後ろからの位置取りになったときなので差し馬とはいえあまり後ろ過ぎないポジションで競馬をしたい。
△サマリーズ
昨年の全日本2歳優駿勝ち馬だが芝に挑戦して2戦連続シンガリ負け。UAEダービーはケイアイレオーネよりお前が行くべきじゃね?
ダートに帰ってきてどうかだが芝スタートにやる気を削がれなければ。


函館SS
◎ドリームバレンチノ
高松宮記念は王者ロードカナロアと一騎打ちまで行きたかったがまだ一歩足りなかった。安田記念を制したので秋は流動的だろうが少なくともスプリンターズSには出てくるだろうからここらで取りこぼすわけにはいかない。
○フォーエバーマーク
昨夏に函館で2勝を挙げてOPに再昇格。オーシャンSは歯が立たなかったがそれを見てここに照準を絞った感じ。
無理をせず使ってきているので調子をうまく合わせていれば。
▲テイエムオオタカ
安田記念は逃げるというより前で流れに乗ろうとしていた感じで、結果には繋がらなかったが距離の融通が利いたのは収穫だったかも。
本来の得意な前が残りやすい開幕週、直線平坦の1200というベスト条件なのでガツガツしない松岡だけに前々で勝負できるか。
△シュプリームギフト
牡馬相手でもいい競馬はできるけどなかなか勝ち切るには何か武器がないと難しい。前でも後ろからでも攻める器用さはあるだけに一工夫ほしいが。


エプソムCまでの成績
【2/66 ‐159600円】


何もしてないのに汗が吹き出す>胴長熊猫

今日のボックス(エプソムC&マーメイドS編)

処理


先月に新調したIHクッキングヒーターと炊飯器を資源ゴミに出してやろうと引っ張りだしていたら過去に捨てようと思っていたPCモニタや電気あんかやらがわらわら出てきてアレもコレもと固めたら捨てるものだけで一部屋分くらいできてしまい「引っ越しか疎開やな…」とつぶやくのだった。


エプソムC
◎クラレント
安田記念を目指していたが除外対象。GⅢ2勝しているのに寂しいのぉ。
マイラーズCは着順ほど差があったわけではないし得意の東京なら1ハロン延長でも克服可能。1600~2000はライバルが多いから秋に向けても賞金が欲しい。
○アドマイヤタイシ
もうホント呆れるほどの安定感というか詰めの甘さというか。
競馬場・距離を問わず走っているがシングスピールなら東京1800はベスト条件だと思っているので一押しあれば。
▲リルダヴァル
何度もGI戦線に乗りそうで乗れないもどかしい競馬が続いていたがOP特別なら大将格。とにかく気難しいのか重賞になると思ったような走りができていないのでうまくウィリアムズがやる気を引き出してくれれば。
△ファイナルフォーム
関西遠征ではなかなか結果が出ない中で阪神Cでようやく3着でマイル路線でのメドを立てたと思ったらマイラーズCはうーん。
とりあえず勝ち上がった東京に戻ってきたしラジオNIKKEI賞勝ちがあるなら距離もいけるはず。


マーメイドS
◎ピクシープリンセス
ディープ牝馬ながら1800以下は不振で2400では牡馬を圧倒するほどのスタミナの持ち主。グチャグチャ馬場のエリザベス女王杯を見ての通り時計が掛かる道悪も気にしない。
前が残りそうで差しも決まる今の芝なら最後の最後に突っ込んでくるかも。
○マイファーストラブ
昨冬に1000万に上がってから2・4・4・4・4・5着というコマンダーインチーフらしい煮え切らなさ。何とか工夫しようとしている気配は感じられるが現状は後方から気ままに直線勝負が合うみたい。
こういうのは緩い条件戦より厳しい流れの重賞のほうが気合いが入って良さそうなので流れが向けば。
▲エーシンメンフィス
逃げ馬だったが京都牝馬Sでいきなり追い込みに脚質変換して、ヴィクトリアMでも後方から脚を伸ばしていた。川須がどちらの作戦を取るのか気になるところ。
逃げそうな馬は揃ったがスローに落としたいタイプの逃げ馬ばかりなので今回は思い切って行ってみても面白いと思うが。
△ピュアブリーゼ
オークス以降、精彩を欠いていたがこの休み明けから復調してきたのか福島牝馬S3着でパールSも4着だが差し馬が上位を占める中で唯一、先行から粘っていた。
前に行くタイプだがガンガン逃げる馬ではないので周りがどんな展開にするかがカギ。


安田記念までの成績
【2/64 ‐154800円】


冷蔵庫か洗濯機を買い替えたい>胴長熊猫

今日のボックス(安田記念編)

どちらにしろテカテカ


去年の冬くらいから皮膚がボロボロカサカサで人には見せられない体になっていて、服を着ていたからバレなかったが夏を前に半袖にしたらバレバレでさらにおでこまでパラパラと皮膚の欠けらが落ちる始末。
さすがに見た目でキモイので「おクスリ強くしましょうね~」をしぶしぶ受け入れたらアッサリ治りやがる。くそっ、医学の力に負けた!


安田記念
◎ロードカナロア
随分と距離に関して難癖を付けられているが、過去の高松宮記念馬と違ってポッと出のスプリンターではなく世界レベルで通用した馬だけに2400に出るならまだしも1600までなら普通にこなしても驚かない。
○カレンブラックヒル
フェブラリーSのダメージが心配された前走だったが、今までのようにサッと先行して直線で早めに抜け出す競馬ができていたからひとまず安心。
マイラーズCでは差されたが今の東京なら完全に抜け出せば止まらないので枠も味方に前々勝負で。
▲ダイワマッジョーレ
昨年から前進一途で重賞でも掲示板を外さない安定感。京王杯SCもうまく中団から流れに乗って差し込んできて折り合い面に課題はなさそうだし外枠も気にならなそう。
兄のハイアーゲームはGIに手が届かなかったが弟は果たして。
△ヘレンスピリット
中山GJとか天皇賞春で外国馬は日本特有の高速競馬には付いていけないだろうとたかを括っていたら何のことはなく対応されてしまいショボン。
やっぱり遠征するならするだけの馬を連れてくるというか適性を考えた人選ならぬ馬選なんだろう。


鳴尾記念までの成績
【2/63 ‐152400円】


薬でおでこがテカるテカる>胴長熊猫

今日のボックス(鳴尾記念編)

月初恒例棚卸し


胴長(機械のメンテナンス中)
H田「胴長~ちょっとこっち手伝ってくれね?」
胴長「えー…」
S藤「じゃあ俺が代わりにやっとくわ」
胴長「そうですか。それじゃよろしく」


~数分後~


胴長「あれ~S藤さんは~?」
おびただしい血痕
H田「これは…?」
胴長「まさか…?」
手洗い場で傷を洗う人影
S藤「へっ、ハードラックとダンスっちまったぜ」


鳴尾記念
◎パッションダンス
前走で見限ったら頭まで突き抜けやがってこいつとは相性が悪い。ウィリアムズに乗り替わりだが昨冬にこの条件で騎乗経験があるしあまり不利にはならないだろう。
問題は1着か4着以下かという成績なので軸にしづらいところ。
○ダノンバラード
この馬なりに走ってはいるが当初の期待値から言えば今週は安田記念に出ていなければならない。関西馬にしては珍しく阪神コースは2歳以来なのでどうかだが先行タイプが揃ったし久しぶりに後ろからカマシても面白い。
▲トランスワープ
日経賞は休み明けに走った反動かマイナス12キロでいいところなくズルズル後退。仕切り直しの一戦になるがこの後の北海道シリーズで狙いたいようなファルブラヴ産駒だから阪神は得意かもしれないしみたいな。
△ロードオブザリング
重賞クラスに上がってからは物足りない成績が続いていますが前走でようやくOPでもやれる力が付いてきた感じ。京都で勝ち上がったせいか阪神はあまり経験がないが準OP勝ちはこのコースだし一発があっても。


東京優駿までの成績
【2/62 ‐150000円】


救急車!>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク