パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(アイビスSD&クイーンS編)

いよいよ決勝


各地で甲子園出場校が決まっていますが広島大会も本日。
新庄と瀬戸内ですが桐光学園の松井くんが敗退しただけに田口くんには注目左腕として頑張ってほしい。あと、熱中症などで方々から言われていますがプレーしてる選手たちは自分もそうでしたが暑さなんて気にせずプレーに集中してしまうので周りの選手や監督さんがこまめに水分や塩分を摂らせるように注意してほしいところ。


アイビスSD
◎ハクサンムーン
下級条件だと行ったもん勝ちみたいなレースが散見されるが、さすがに重賞ともなると単純に逃げただけでは勝てないこのレース。
ただ開幕週の芝なら前に行けばかなり踏張れそうだし外枠から埒沿いを行けばアッサリも。
○フォーエバーマーク
前走は珍しくハナを主張して見せ場たっぷりの3着。得意の洋芝で力を存分に見せた。
今回は時計勝負の開幕週だけにどれだけ詰めてこれるかだが、かつては桜花賞5着もある実力馬だけに克服してほしいが。
▲ヤマニンパピオネ
スウェプトオーヴァーボード産駒らしい芝ダート兼用の短距離馬で、どちらでもハナを切れるようにテンのダッシュ力はなかなかのもの。
速い馬が揃っただけにここでも自分の競馬をさせてもらえるかだがあまり考えずにけれんみのない逃げを打ってくれれば。
△スギノエンデバー
追い込み脚質の宿命だが、やはりそう簡単に前崩れの展開にはさせてくれない。いい脚を持っているだけにもどかしい。
ここも条件としては厳しいが毎年1頭は差し馬が飛び込んでくるのでうまく捌いてきたら。


クイーンS
◎マルセリーナ
8頭立て…?
いつもフルゲートになるのがかなり寂しいなぁ。まぁヴィクトリアマイルが条件馬でも出られる現状だから単純に層が薄くなってるわけかな。
ようやく長いトンネルを抜けたしこのメンバーなら連勝可能。
○アイムユアーズ
力はあるんだろうけどこれといった作戦が無いから出たなり相手なりでしか走れずにズルズル来ている感じ。
おそらく戸崎は北海道シリーズの経験が少ないから周りに合わせて仕掛けるしかできないだろうし、調教まがいの展開で決めて勝負になると半端なことになりそう。
▲クィーンズバーン
夏場でも暑さに強いのか前走はプラス16キロ。その前もプラス6キロだからどんだけ食うんだ。
いくらなんでも絞ってくるだろうしスローに落とした逃げに持ち込めば。騎手の腕の見せ所。
△キャトルフィーユ
クラシックでも出番を期待された素質馬だが無理がたたったのか出世にはだいぶ時間が掛かった。形としては2段階格上挑戦だがOPでも実績はあるので牝馬は格よりも調子ということで。


小倉サマーJまでの成績
【4/80 ‐165930円】


グラウンドは意外と暑い>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(小倉サマーJ編)

某看護婦


ボウナース。
最近、売り上げが伸びてるとか言われる割には収支が赤で、厳しい数字になりそうと言われた割には昨年より多くなった夏のボーナス。大丈夫かここの経理。


小倉サマーJ
◎オースミムーン
随分と手薄なメンバーになってしまったが、他にガリガリ飛ばしていきたい馬が見当たらないうえ休み明けや未勝利を勝ち上がったばかりの馬ばかりなので押し出されるように先行しても開幕週の芝も相まって逃げ切れそう。
○コウエイキング
昨年の小倉開催で連勝して注目されたが中止のあと平地に戻って頭打ち。ここ2戦もいい頃の調子には程遠い内容。
それでも相手はかなり楽になったので得意の舞台で復活できれば。
▲ドングラシアス
この年になって長期休養が増えてきてなかなか思うように使えていないが実績で言えば最上位。一叩きでどれだけ変われたかだが、まともに走れるなら怖い存在。
△ジークジオン
これ絶対に名前で売れてるだろ…。ていうか良いのかね?意味合い的にはハイルヒトラーに近いものがある言葉だと思うのだが。
勝ち上がったばかりでいきなり重賞は厳しいだろうが熊沢なら何とかしてくれるのでは。


中京記念までの成績
【4/79 ‐163530円】


貰えるものは貰う>胴長熊猫

今日のボックス(中京記念&函館2歳S編)

選挙ですよ


投票率の低さが毎回のように嘆かれていますが個人的には大好きです。選挙。
ほら、僕の投票した政党とか個人が昔からパタパタ落選するから。


中京記念
◎シャイニーホーク
お兄さんはGIに手が届きそうなところまで行って勝てなかった。この馬も鋭い決め手は持っているが出しどころが難しいのかやや持て余し気味。
500キロを超える馬体だけに体調管理が大変そうだが京都金杯のときのような脚が使えたら勝負になっても。
○リルダヴァル
持っている力は早くから期待されていたがなかなか発揮できなかったりして出世が遅れたが、一時期のスランプを脱してからはOPなら勝ち負けできる状態にはなった。
あとは重賞でも同じように走れるかだがGⅢだと安定している福永なら。
▲サトノパンサー
デビューからなぜか1800~2400を中心に使われているがキンカメ×サンデー×ストームキャットなんだから1200がベストなのでは…?
その意味では距離短縮は歓迎だと思うし速い上がりが使えるのはわかっているので展開が向けば。
△オセアニアボス
もう8歳になるが昨年の阪神C、ダービー卿CTや京王杯SCを見るかぎりフルゲートで差し馬向きの乱戦になればまだまだ戦えるだけの脚はあるので内枠からスルスル抜け出るような競馬ができれば。


函館2歳S
◎クリスマス
夏だけど。豪州産なら冬だと言い張れるのに。
新馬戦は逃げてマイペース圧勝。スタートからずっと11秒台のラップを刻んだように一本調子に走れるなら平坦小回り1200がベストだろうから人気だけど。
○ファイトバック
新馬戦にしては珍しく逃げ馬が潰れて先行・差しタイプが上位に来たレースを制したが、二の足で追っ付け通しながら最後まで伸びてきたように出来ればもう少しゆったりしたペースで走らせたい感じ。
追ってバテることはないのでテンに置いていかれなければ。
▲ファソン
バゴ産駒が大活躍だな。
この血統ながら短距離で結果が出る馬は気性で走るスプリンターだろうから適度に時計の掛かる洋芝や坂のある中山1200とかで存在感を示すのかな。
△ハッピースプリント
地方馬だが1000と1700の両方でハナを奪って押し切るあたりちょっと力が違った感じ。
アッミラーレ×デイジュールと言われるとピンと来ないかもしれないがサンデーサイレンス×ダンチヒと考えたら芝がダメとは思えないので周りに付いていければ。


函館記念までの成績
【4/77 ‐158730円】


さて、どこにするかね>胴長熊猫

今日のボックス(函館記念編)

浸水注意


買い物などで車を駐車場にしばらく停めておくときに中が灼熱地獄にならないよう窓を少し開けてから離れたら前が見えないほどのにわか雨。
ファー!


函館記念
◎サトノギャラント
前走は開幕週の芝で内枠に入ったが後方からになってしまいマクリ上がってよく差し込んだが2着まで。勝ち馬とは完全に通ったところの差が出た。
それでも普通なら大敗してもおかしくない展開から伸びてきたし、次はもう少し前目で進めるだろうから勝ち負けまで。
○トウケイヘイロー
鳴尾記念は距離を心配されて6番人気だったが先行からアッサリ抜け出して完勝。父サンデー系の種牡馬と考えたら別に気にするほどではなかったか。
今回は逃げたい馬が何頭かいるので前を見ながらになるが洋芝でうまく走れるかがカギ。
▲アンコイルド
OP入りまでは順調に来ていたが重賞では簡単に思い通りの競馬ができず、休み明けの前走も中団から差してきたが際立った脚もなく8着。
どうも重賞では力不足の感が否めないがいい枠に入ったし、立ち回りで前進してほしいが。
△レインボーダリア
エリザベス女王杯を勝った関係で春は不得手な高速競馬に出ざるをえなかったが、元々は毎年夏場に北海道シリーズを使っていた夏女。準OP勝ちも函館2000だったしむしろ55.5キロは恵まれたほう。
後は牡馬相手でどこまでだがGI馬の意地を見せてほしい。


ジャパンダートダービーまでの成績
【4/76 ‐156330円】


シートが…>胴長熊猫

夏のドラマ開演

甲子園を目指して


広島大会をブロックごとに展望を。
1ブロック
広島新庄がシード校だが順当なら海田、隣の山にも廿日市と福山商がいて簡単にベスト8には行かせないブロック。打撃がいい学校が揃った印象。


2ブロック
高陽東がシード校。しかしいきなり盈進が待ち構えていて夏初戦の入り方によっては番狂わせも。
反対の山は沼田か国泰寺が有力だがやや劣る感じ。


3ブロック
シード校は尾道。
目立ったライバル校が見当たらないがあえて言うなら古豪・近大福山か山陽。
あまり波乱のなさそうなブロック。


4ブロック
如水館がシード校で断然の本命。
尾三地区の強豪・尾道商と三次がいるがどこまで。


5ブロック
瀬戸内がシード校。
開幕ゲームの広島商と崇徳の勝者(崇徳が勝ち上がり)との対戦がヤマ。
ネームバリューなら神辺旭と西条農がいるがいつの時代だ。


6ブロック
広陵がシード校。
こちらも2回戦で当たるであろう賀茂がカギ。ここを突破すればベスト8までは難敵も見当たらず勢いに乗れそう。


7ブロック
国際学院がシード校だが、ここが一番楽なブロックだろう。
毎年、1回戦で消える学校が顔を合わせていて相手になりそうなのは呉港ぐらい。


8ブロック
シード校は広島県工。
逆にここが一番きついブロックになりそう。3回戦は順当なら総合技術、反対の山からは宮島工と広島市工の勝者と似たような実力の学校が多くて絞りにくいブロック。


母校は…3回戦までかな…>胴長熊猫

今日のボックス(ジャパンダートダービー編)

付けたら離せない


暑い日だけ…なんて言い訳しながらクーラー付けたら毎日クッソ暑いから仕方ないよね~なんて言い出して涼しくなけりゃ部屋じゃないじゃんと寝る間はずっと付けてます。
クーラーとこたつを作った人にはノーベル賞を与えるべき。


ジャパンダートダービー
◎エーシンゴールド
まだダートでは底を見せておらず前走は古馬相手に1000万を勝ち上がり。新馬戦でもミヤジマッキーとの接戦を制すなど強い相手とやり合っている。
1ハロン延長だが父はサドラーズウェルズ系のメダグリアドーロだしスタミナ比べの大井の深い砂が味方するかも。
○ベストウォーリア
ユニコーンSでは本命を打ったが内をスルスルと抜け出る内容で期待に応えてくれた。
それだけに強さは認めつつベストパフォーマンスは軽いダートのマイル前後という疑念があるので直線で息切れしないか心配。
▲アウトジェネラル
東京ダービーは最内から馬群の中を我慢して追走していたが逆にそれが仇となり何もできずに敗退。羽田杯の時のような積極的な競馬をしていればと思わせる内容だった。
戸崎からバトンを受けて重圧のかかるところだが御神訓には大胆な騎乗でアッと言わせてほしい。
△クリソライト
エーシンゴールドと同じくダートでは連対を外しておらず、直接対決となった前走も差し切ってみせた。
ユニコーンSには目もくれずここ一本で万全の態勢だろうが、やや出遅れ癖があるのでこの枠から後手を踏むと巻き返すのが大変なのでまずは五分に出たい。


七夕賞までの成績
【4/75 ‐153930円】


幸せ…>胴長熊猫

今日のボックス(七夕賞&プロキオンS編)

もう限界


暑い
というか熱い
蒸す
クーラー様、出番です。


七夕賞
◎マイネルラクリマ
長期休養明けの惨敗は仕方ないがそこから今までの走りを取り戻した。
チーフベアハート産駒が京都得意なのは有名だが、福島でも速い上がりを使えているし開催2週目に移行した今回でも対応できるのでは。
○ダコール
一言でディープインパクト産駒と言っても中央場所で上がり勝負タイプからローカル大将みたいな馬まで出ていて、スプリンターやステイヤーみたいなスペシャリストが出ないのが最後の良心か。
▲モンテエン
このところ順調に使えておらず半年置きに飛び飛びで出走となっているが内容はそんなに酷いものではないし、先週さすがの騎乗をした横山典騎手に2週連続で乗っかってみる。
△トシザマキ
準OPを勝つまでは勢いがあったが一頓挫あって順調さを欠いた。東京の上がり勝負、牡馬相手のGⅡはさすがに敷居が高すぎたし中山牝馬Sも展開不向き、上位人気に癖のある馬が揃ったなら万が一も。


プロキオンS
◎アドマイヤサガス
好調馬が揃いやすい夏場のGⅢとして定着しつつあり帝王賞を使わない短距離路線でメンバーは強力。
人気馬は後方待機かあまりガリガリ逃げる性格の騎手ではないので自然と先行するタイプのこの馬に展開利も。
○シルクフォーチュン
芝路線に挑戦したが勝つまでには到らず。ブロードアピールみたい。
ダートに帰ってきたが追い込み脚質に内枠でうまく捌いてこれるか。
▲ガンジス
ネオユニヴァース産駒だが戦績は完全に母のジュメイラビーチ似。フェブラリーS挑戦はまだ力不足だったかもしれないが今後に何度も対戦する事になるであろうメンバーばかりなので変な競馬はしたくない。
△アドマイヤロイヤル
OP特別では強さを見せるのに重賞になると詰めの甘さを露呈する。崩れないだけに突き抜けるには一工夫ほしいが。
四位よりは福永が良かったかなぁ…。


CBC賞までの成績
【4/73 ‐149130円】


やむを得ない>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク