パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

サンキュー川島


゚i ・。i*i゜・。oi ・。i
。*。|゚o・ * ・|゚o|
・+o「\゚i。゚ 。o゚*。
゚i・。ヽ ) *・。 /~)。+
。|゜/ /・i ゚ ( / ・i
*。/ /。|゜*||゚。|
・i( \・o。゚・||。o
。o\ \゜。/ |*i
+i゚*\ ヽ/ /o・。
。| _|   /__o
*゚・  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄。゚
 |\∧MMM∧/|
<ヘ ブ ン 状 態!>
 |/VWWWV\|


1日遅い誕生日プレゼント>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(天皇賞・秋編)

始まらない


ウインズへ出かける前にメジャーリーグのワールドシリーズ中継をしていたのでちょっと見てから行こうと思ったのに、試合前のセレモニーとか選手紹介とか国家独唱とかやってたら遅れそうになったので出かける。野球中継なのにパツキン姉ちゃんばっかり見た気がする。


天皇賞・秋
◎ジェンティルドンナ
今回はトウケイヘイローの逃げがカギを握っていますが昨年のJCも似たような展開を番手から押し切っていて器用な部分があるのは強み。人気馬の休み明けが毎年、気になる性分だけどもう何回も来るから気にしなくてもいいか。
○ジャスタウェイ
追い込み一手だったが毎日王冠ではいつもよりやや前から競馬をして2着。唯一、差してきたのは評価できる。
なかなか本番で結果が出ていなかったが菊花賞で長距離GIでの弱さを克服した福永が一皮剥けて今週も持ってきたら。
▲エイシンフラッシュ
前走でも印を打って期待に応えてくれたが本当に一時期のスランプは何だったのかと思える充実ぶり。これまで連覇を達成したのがシンボリクリスエスくらいというのが引っ掛かるが前例があるわけだから2頭目の達成になっても。
△ダノンバラード
先行して粘り込むレースぶりが板に付いてきて母系がダート寄りなだけにこの方が良いのかも。
オールカマーは後ろから来た馬にやられたが休み明けなら上々だし、外枠もあまりハンデにはならないはず。


スワンSまでの成績
【7/110 ‐143380円】


あとはヒゲかハゲか>胴長熊猫

今日のボックス(スワンS編)

誕生日


29になりました。
子供の頃は30歳というと大人の中の大人みたいな感覚があったけど実際に近付いてみるとあまり大人になったという自覚もない。体力的な衰えとか味覚に関する好みの変化は多少あっても精神的には中2病をこじらせてる。
政府は成人式を40歳で行なうくらいに改革したほうがいい気がする。選挙権も。


スワンS
◎マジンプロスパー
スプリンターズSでは最後にようやく突っ込んできたが前と内側にいた馬で決まる展開。内枠なら2着争いにもう少し加われた。
また大外枠だが、このレースにしては珍しく頭数が揃わなかったのであまり気にしなくてもいいはず。
○ダイワマッジョーレ
ダイワメジャー産駒ですが1600以上ばっかりの経験なのは意外。母がファンジカなのが意識にあるからか。
休み明けでも前に行く馬がいるので淀みない流れになりそうだから気合いを付けやすいだろうし中団からうまくなだれ込めば。
▲グランプリボス
秋もここから始動すると思ったらいきなりGIを使ってきて7着。サクラバクシンオー産駒とはいえ初のスプリントGIに戸惑った部分があったかも。
それを考えたら一つ使っての臨戦となる今回は昨年より走りやすいだろうし大目標のマイルCSに向けて弾みを付けたいところ。
△シャイニーホーク
OPクラスに上がってからは頭打ちの感が否めないが、1600万を勝ち上がったのはこのコースで距離も1400以下でしか勝ち鞍がないことを考えたらようやくベスト条件が揃ったと言える。兄も京都が得意だったしソロソロ。


菊花賞までの成績
【7/109 ‐140980円】


永遠の15歳>胴長熊猫

結果

西武の森くんくらい


予想以上に松井くんの指名が多くてビックリ。そして下位チームばかりがクジを外す悲運。


さて我らが広島は5人の選手を指名。
1位 大瀬良大地(九共大)投手
思い切って指名してきたな~。一瞬「うわ、アカン外すわ」と思ったが当たって良かった。田村スカウト泣きそうだったね。
獲れると思わなかっただけに喜びもひとしお、地元が同じ今村もいるし教えあって高めてほしい。


2位 九里亜蓮(亜大)投手
ほら、やっぱり(笑)。でも田口くんをよりによって巨人に獲られたのは痛い。
ダルビッシュが成功したあとプチ流行したハーフ選手を遅ればせながら指名。とはいえ出身が岡山理大付だからほとんど地元だし戸惑いはなさそう。


3位 田中広輔(JR東日本)内野手
この選手を獲るということはソロソロ堂林くんも安泰ではなくなってきたわけか。梵サード菊地セカンドでショートを安部・木村らと競わせる伏線か。
守備でメシが食える人なのでヤクルト宮本みたいなタイプでいってほしい。


4位 西原圭大(ニチダイ)投手
「誰?どこ?」と二度見したよ。ニチダイって言われたら普通は日本大学を思い浮べるもの。金型とか鍛造の会社
力よりも技で打たせて取るタイプのスリークォーターで、間違いなくビハインドの場面で酷使する便利屋を取っただろ。ちょっと前までいた林のイメージ。


5位 中村祐太(関東一高)投手
また地味なところを…。東北枠じゃなくて東京枠だったか。
夏は準々決勝までで投げるボールも体もこれからの選手。負けん気の強さはあるので焦らず陸上部から始めてほしい。


左投手は…?>胴長熊猫

ドラフト予想(セリーグ編)

続きましてセリーグ


ヤクルト ◎松井祐樹(桐光学園)
1年間けが人に泣かされ続けたシーズンで、エースの館山・石川を筆頭に赤川や村中、佐藤が順調に育っていれば小川と石山で優勝の目もなぁ・・・と思うファンも多そう。
それだけに途中から大瀬良(九共大)の話題も出てきたがヤクルトの場合はこのところ1位よりも2~4位くらいに大当たりが混じっていたりするので侮れない。
外した場合もどうやら投手のようで、候補は秋吉(パナソニック)・相原(七十七銀行)みたいな感じだがどちらもタフネスっぽくてよさそうな気はする。


横浜 ◎松井祐樹(桐光学園)
一時は3位も見えていたところまで奮闘していたが最後に力尽きて5位。それでも最下位を脱出できたし来季に向けて戦力補強が大事になるドラフト。
候補は何人かいたが高田GMが「力が同じなら地元優先」と掲げているだけに競合でも松井選手を指名してきそう。外した場合も岩貞(横浜商大)っぽくここまでは確定か。
ハズレのハズレはさすがになさそうだが地元優先ならここへ来て評価を落としている白村(慶応大)も残っている可能性があり、あまり人選に困らないドラフトにはなりそう。


中日 ◎森友哉(大阪桐蔭)
高木監督の後任に誰が就任するのか不透明だったためドラフト情報がなかなか出てこなかった中日だがまさか谷繁監督・落合GMとは・・・。
当初は地元出身の浦野(セガサミー)あたりが有力じゃないかと思っていたが、何せ落合GMが直前になってどんな秘策を打ってくるかが不気味で仕方がない。普通なら昨年に杉山選手を獲得しているので捕手を2年連続で指名するか疑問だが、谷繁を監督として使いながら育てられる捕手を取りそうな気がしてきた。川上を再契約したのも先発投手を減らしたくなかった意味合いがありそうだし。


広島 ◎杉浦稔大(国学院大)
昨年、楽天に森を掻っ攫われてからあまり情報を外に出さなくなっちゃったわれらが広島。
ずいぶんとナーバスになっているが過去のドラフトを見ても社会人投手は川口・弦本・岩見・金丸とまるで戦力になっておらず、1位指名も分離ドラフトでの宮崎まで遡る上にその宮崎が・・・なら候補は大学生で間違いないと思う。
たぶん大瀬良とか吉田を怖がって杉浦1本釣りを狙い、またどこかと被って見事にくじを外す絵が見える。外したら素直に昨年取れなかった高校生左腕、田口(広島新庄)でいい。
でも広島が好きそうなのは鈴木(聖隷クリストファー)とか砂田(明桜)みたいな高校生なんだよなぁ・・・。大学生なら九里(亜細亜大)や高梨(山梨学院大)みたいな。
あ、高校生捕手で松本高の人質で石川(帝京)とかありそう。


阪神 ◎大瀬良大地(九共大)
夏から森だの吉田だの1位指名が二転三転してスポーツ新聞のおもちゃみたいな扱いを受けていたがようやく固まった模様。というかソフトバンクが松井に特攻→おっ大瀬良が単独でいけるぞ→じゃあ指名。みたいな流れだと思う。
でも本当に単独指名でいけるならこれほどおいしいことはないし先発は外国人投手に頼りっぱなしだった昨今だけに、藤浪に続く自前の投手で大学生を育てたいところ。
被るかどうかはわからないがハズレ1位なら東明(富士重工)か柿田(日本生命)だが社会人投手のドラフト1位と聞くと90年代を知る阪神ファンは「うっ、頭が・・・」となりそう。


巨人 ◎渡辺諒(東海大甲府高)
近年は「この選手を取ります」と完全にわかる指名選手がいたためさほど予想の意味をなしていなかったが今年は混沌としている中でこの球団だけはわからない。
強大な戦力で圧倒したシーズンだったが普通のチームなら澤村をリリーフに回す余裕なんてないし坂本を一塁で使ってまで出場というのもなさそう。さらに出てくるピッチャーがどいつもこいつも居場所を確保してきてうらやましい限り。青木返せ。
小林(日本生命)が逆指名という記事が出ていたが河野と市川に経験を積ませたい来シーズンに同世代の捕手が必要か?と考えれば1位指名してまでほしい選手じゃないだろうし左投手も今村・岸に松本竜と公文まで控えているから松井はなさそう。こういうときの巨人は高校生の素材型をしれっと指名してくるので腰に不安のある坂本の後ろ盾に打力のある渡辺選手を指名してくるような気がする。


異論は大歓迎>胴長熊猫

ドラフト予想(パリーグ編)

超楽しみ


いつもは結果を見て楽しんでいたけど周りにはどの球団が誰を指名するのか当てるような楽しみ方もあるようで、今年は特に目玉が分散していて面白そうなのでうんうん唸りながら考えてみました。
これのためだけに選手名鑑を買ったなんて口が裂けても言えない。


日本ハム ◎杉浦稔大(国学院大)
まさかの最下位に沈んだ今シーズンだったが一番はエース不在。吉川や武田勝といった選手はいたが全幅の信頼を置くには到らず自慢の中継ぎ陣に負担がかかった結果、ズルズルと息切れしたシーズンだった。
1位候補は投手だが高校生をいきなりフルシーズン投げさせるのはかなりのレベルに達していない限り厳しいものがあるし、そうなると足りなかったローテ投手を補うために大学・社会人から指名してきそう。候補は多いが高校が帯広大谷で今秋メキメキと頭角を現した杉浦選手が地元ということもあり有力かも。
ハズレ1位は誰が残っているかがまず難しいが、昨年も獲得した高岡第一高の卒業生になる金平(東海理科)か。


オリックス ◎吉田一将(JR東日本)
ここ数年はドラフト1位の選手が期待通りの活躍を見せてくれずにBクラスを続けていましたが、3年前から少しずつ当たりの選手が出てき始めて先発・リリーフに柱となってきている。打線がそれなりに計算できる状態まで来ているのであとは先発を任せられる選手が西のほかに出てくれば大きな連敗を避けられるので上位に顔も出せるはず。
1本釣りの作戦も出ていたが、今年のドラフトの場合くじを外しても目玉不在のおかげでそこまで大きなショックにならないだろうから思い切っていくべき。くじ運がないと嘆いても参加しなければ上がらない、宝くじと同じ。
外した場合は東明(富士重工)か岡本(かずさマジック)が候補になるかも。


ソフトバンク ◎松井祐樹(桐光学園)
意外だったのがソフトバンク。てっきり大瀬良選手1本で間違いないと思っていたのを直前で撤回して松井選手に絞ってきた。ブラフかもしれないけど。
確かに東浜・武田の右投手に比べて左投手で先発を期待できる選手が山田くらいと少なく(リリーフは多いけど)、和田・杉内の穴を埋められないのが響いているのを懸念したものかもしれないが果たして何球団競合になるかが問題になりそう。
外した場合は左にこだわるなら岩貞(横浜商大)か岩崎(京産大)だけどどうか。


ロッテ ◎松井祐樹(桐光学園)
早くから松井を1位指名することで決定していたロッテだが最後までブレずに当日を迎えそう。しかし伊東監督が「左だから」というのが少し引っかかる。成瀬・藤岡・古谷・松永・服部・木村・川満と、むしろ12球団随一じゃないかと思われるほど左は充実しているような気がするのだが。右のほうがいるのでは?唐川・西野くらいだよ?
まぁ、監督の意向なので別に心配するのはおせっかいだが外した場合はどうするのかが問題で左投手を置いといて内野手で河合(法政大)を獲っておいて2位以下で高橋(常葉橘)とか能間(東洋大)という作戦もアリかな。


西武 ◎森友哉(大阪桐蔭)
今年で石井一久が引退、西口が未勝利に終わり、オフには涌井がFAで移籍するのが濃厚となるとどうしても社会人投手に目がいきそうになるが捕手も炭谷以外が24歳以上になるだけにそろそろ高卒捕手がほしくなる時期。特に西武は他球団が驚くようなところからリストアップした選手を戦力としてくるので2位以下に社会人投手の隠し玉を秘めていてもおかしくない、そうなれば投手をほしがる他球団を尻目に単独指名の可能性もあるかもしれない。
とはいえ、先発能力のある選手も取らないわけにはいかないので吉田(JR東日本)を1位で競合覚悟の指名をし、下位で若月(花咲徳栄)という手も。


楽天 ◎吉田一将(JR東日本)
今シーズン悲願の初優勝を遂げた楽天だがオフには早くも田中がメジャー移籍という難題を抱えておりドラフトは即戦力狙いで必至。さすがに田中の穴を一人で埋めるのは不可能だが、未知なる高校生よりも確実にイニングを計算できる社会人選手のほうが星野監督は好きそう。意外と人選と采配は堅実タイプだし。
獲得できれば問題ないが、こちらもくじ引きがある以上はずしたときの対応を考えておかなければならないが人情家でもある星野監督なら意外とハズレ1位に福島・浪江町出身の横山(早稲田大)なんてこともあるかも。

今日のボックス(菊花賞編)

何だかんだ


別に特別狙っているレースでもないし、ものすごい豪華メンバーが揃っているわけでもないが、結局GIになると自然に早起きしてしまうのが少なからず期待してしまっているということなんだろうなぁ。


菊花賞
◎サトノノブレス
エピファネイアが強いのは百も承知だが、長距離GIでシンボリクリスエス産駒の単勝1倍台に騎手福永なんて買う要素が一つもない。
京都に勝ち鞍があって神戸新聞杯を先行して3着くらいなら早めに動いて完封できないものか。
○アドマイヤスピカ
関西馬なのにキャリアの半分が関東のレースという変わった馬。父はキングカメハメハでも母系がミルリーフ系でスタミナ型に出ているので距離も少しはこなせそう。
一番後ろから競馬をしそうなのが気になるけど気楽に走ってくれたら。
▲アクションスター
春は体調がなかなか整わずに馬体重の乱高下がひどかったが夏を越えてふっくら仕上がった前走は4着。状態次第で前進可能。
京都での重賞は京都新聞杯6着だがキズナが規格外の脚を使っただけでこの馬なりに走れたしアグネスタキオンで苦手という事もないだろう。
△ヤマイチパートナー
毎年、菊花賞はわけわからん種牡馬の産駒が馬券に絡んでいて今年はこいつの父でサムライハート。さらに母系がリアルシャダイにシーホーク。化石か?
切れ味勝負は完全に分が悪いので逃げ馬を潰しに行く競馬をしてほしいが。


富士Sまでの成績
【7/108 ‐138580円】


体は正直じゃねぇか>胴長熊猫

今日のボックス(富士S編)

まだ来るか


夏にダムの貯水率がピンチとか言ってたのはどこへやら。秋も押し迫ったところで台風に次ぐ台風。
もうちょっと梅雨の時期にしっかり降ってもらって秋はサラサラ降るような秋雨がよろしい。


富士S
◎インパルスヒーロー
左回りが得意なのは春の時点でわかっていたが中山であそこまで動かないとは…。
とりあえず一番相性のいいコースに替わったし斤量も有利な3歳馬なので見直し。
○レッドアリオン
ポートアイランドSは1枠に入ってインを突く競馬に徹していったがズルズル後退。馬群に入れられたのが堪えたか。
一叩きされた今回だが兄のクラレントが東京で重賞を勝っているし弟もこなせるはず。
▲リルダヴァル
アグネスタキオン産駒にしては珍しくコンスタントに使われながら力を付けていく一介の早熟馬ではなかった。ある程度、前からでも競馬をするようになって安定したのはズブさが良いほうに出ているからっぽいので、できればペースは上がってほしいが。
△ブリッツェン
逃げ馬だったが前走は一転して中団待機。終いもタレずに踏ん張っていたし自分のペースを守ればしぶとさは発揮する。
柴田善に手が戻ったがスローで逃がすと上手いだけにどれくらいのラップで逃げるか。


南部杯までの成績
【7/107 ‐136180円】


スズメが風に負けとる>胴長熊猫

今日のボックス(南部杯&府中牝馬S編)

与作


落葉のシーズンなので庭の木を剪定してとのこと。
小さなノコギリでキコキコやってます。


南部杯
◎エスポワールシチー
終わりそうで終わらない、シチーの馬らしいしぶとさ頑丈さ。
福山がなくなってから盛岡競馬を見る機会が増えたが、恐ろしいほど前残りがひどくて同じ左回りでも東京ダート1600のイメージとは真逆だった。差し馬がモタモタしてくれたら。
○ホッコータルマエ
絶対王者不在のダート路線だったが帝王賞で頭一つ抜け出した感はある。
ハタノヴァンクールが不覚を取り、ニホンピロアワーズがJBC回避の今なら負けられないがおまえ頭だと安いのが…。
▲グレープブランデー
フェブラリーSは勝ったがその後に出てこられなかったのがあって評価が難しい。
盛岡は差すなら外よりも内で我慢して捌いてくる馬でないと馬券に絡めないので勝ちたければ4角2列目までにはいたい。
△セイクリムズン
良績は1400以下に偏っているが今年のフェブラリーSで4着に来たし絶対ダメということもないはず。これまで岩田が乗ったら着外は1度だけだし何とか紛れてほしい。
四位を入れたら予想にならないんだよ。


府中牝馬S
◎アロマティコ
OPに挑戦しては4着、条件戦を勝ち上がって重賞に出てきては3着となかなか本賞金が稼げない困ったちゃん。GIだって3着があるわけだから力があるのはわかってる。
やや押し出されるような人気なのは気掛かりだけどソロソロ連対が欲しい。
○マイネイサベル
春は何が起こったのかと思わせる活躍ぶり。マイネ牝馬が高齢でも走るのはちょっと驚き。
得意条件なので人気なのは仕方ないが安田記念の走りができたら上位争いは必至。
▲ドナウブルー
ディープインパクト産駒と言うと後方から上がり最速で飛んでくる父そのままのイメージだがこの馬は先行タイプ。マイルを中心に使われていたがテンが速くて目標にされやすいので勝ち味に遅くなるのは仕方がない。
今回は同型不在でスローが予想されるし距離延長で楽になれば粘り込みも。
△スピードリッパー
前走はアッと驚く追い込みで2着に滑り込み。ファルブラヴ産駒とはいえ限度がある。
幸いケツ人気だしまた三浦が気楽に後ろからドカンを狙ってくれれば。


秋華賞までの成績
【6/106 ‐135470円】


かゆい>胴長熊猫

CS1ステージ突破!

カープやったぁ!


',:'. ,:゚; ,:' +,.゚
.:'+゚      ',:'
 .:゚ああ  ,:'゚ + 。
。:'       '゚.:',
: こんな幸せな    ;
,゚         。,
。:気持ちになったのは,:
'+。       。:'゚
゚:. 初めてです ,:'+
:.。      .,:' . ゚


最後ヒヤヒヤ>胴長熊猫

今日のボックス(秋華賞編)

奴らが来ると


先輩「あ、またメンディザバルとか来てるな」
胴長「外人が出稼ぎにくるとGIという気分になりますね」
先輩「東京ハイジャンプとかに障害専門の騎手とか来ないかね?」
胴長「で、障害未勝利を勝ちまくるわけで」
先輩「藤沢和とか角居なら天皇賞・秋とかJCにも乗せたりしてね」
胴長「負けたときの言い訳は『どこまで行っても障害がなかった』とか言うんでしょ」
先輩「ますざぶじゃねーんだから!(笑)」
二人「ハハハハ!」


秋華賞
◎メイショウマンボ
近年は断然人気のクラシックホースに春は辛酸を舐めさせられたライバルが挑戦する形が続いていたが、久々に牝馬クラシックらしい混戦ムード。
桜花賞馬は不在だがオークス組VS上がり馬組でどちらが上に来るか。そう言えば、いま乗っている親父の車はティコティコタックの秋華賞で儲かった金でウインズ帰りに買い替えてきやがったんだなぁ。
○ウリウリ
春先はモタモタしたレースぶりだったが暖かくなって動きも良くなった。
基本的に1800を越えると信頼性の下がるキングカメハメハ産駒だが同い年の牝馬同士ならごまかしも利くので経済コースをピッタリ回れば。
▲デニムアンドルビー
本来なら本命にするべき馬なのだが、どうしても先週のウチパク糞騎乗がチラついて離れない。
馬場を気にして前に行って差され、今週は腹を括って後ろから行って届かないなんてことになりそうだが現時点での能力なら一番だと思う。
△ノボリディアーナ
2歳時には差し脚質でイマイチ弾けなかったが、逃げに転換してから連勝。ローズSでも後方待機勢が上位を占める中で1秒以内なら善戦した部類。
セキショウが大逃げ宣言をしているので番手からコッソリ付いていって傾れ込めば。


東京ハイジャンプまでの成績
【6/105 ‐133070円】


ん…?>胴長熊猫

今日のボックス(東京ハイジャンプ編)

決まり?


先週から秋の東京・京都開催が始まって3場に新潟でスタートしたと思ったら今週は新潟がなし。
で、来週はあるけど同じ3回新潟で施行。3連休と関係があるのかないのか。


東京ハイジャンプ
◎オースミムーン
阪神ジャンプSは骨っぽいメンバーが揃ったレースだったが、好位から逃げ馬を見て抜け出す強い勝ち方。想像以上に力を付けてきた。
今回も関東で成績の良い馬はいるが今の勢いなら一蹴しても。
○バアゼルリバー
中山グランドジャンプはやや押し出されるような1番人気でイマイチ攻めきれない競馬になり大敗。やはり障害でもフジキセキだった。
半年ぶりになりますが過去にも休み明けで走っているし、この辺のGⅡくらいが狙い目かも。
▲アポロマーベリック
父のアポロキングダムは現役時代はパッとしなかったが、種牡馬としてはなかなか仕上がりの早いスプリンターを出してて腐ってもキングマンボ系ということか。
少頭数で行きたい馬は何頭かいるが芝の状態もいいしなるべく前で気分よく運びたい。
△アサティスボーイ
平地だと2・3着まみれの詰めが甘い馬だったが障害で連対を外したのは転入初戦だけ2着も出遅れた時だけで地力は高い。
ただあまり期待されすぎるとあの頃の脆さがひょっこり顔を出しそうなので頭固定は避けたい。


毎日王冠までの成績
【6/104 ‐130670円】


騎手の関係?>胴長熊猫

また4着

地方に夢託して


鎌倉記念、ニシノ1着流しで3着抜け。ちなみに4着馬は持ってた。
エーデルワイス賞、フクノ1着流しで3着抜け。やっぱり4着馬は持ってた。


 人人人人人人人人
< 天狗じゃ、   >
< 天狗の仕業じゃ!>
 YYYYYYYY
////<_ノ ヽ_ノ\//
/// (○) ッ(○) |/
/| (( ノ ヽ ))+|/
/| + ))Г ̄|(( |/
/|+ U |WWW| U |/
/∧   |WWW|  ///
///\__`ーイ_////


馬券を握り締める手も震える>胴長熊猫

また2着

父の血を発揮しなくても


去年の凱旋門賞でやりたかったレースをトレヴにやられて痛いなぁ。来年からも流行りそうだ早めマクリの直線先頭。
というか武豊はロンシャンまで行って邪魔するなや。オルフェを塞ぐわ伸びないわで何しに来た。
しかしトレヴの主戦がデットーリになる予定が怪我で元の主戦ジャルネに戻って勝たれると池添も…と思うところはあるなぁ。


まだしばらく勝てそうにないな>胴長熊猫

今日のボックス(毎日王冠&京都大賞典&凱旋門賞編)

わくわく


今夜の凱旋門賞に向けて早くもギンギン。
去年はゴール前で飛び跳ねた後に「あぁ~…あー!」なんて声にならない声が出たので今年こそ周りから苦情がくるくらい直線で叫びたいところ。


毎日王冠
◎ショウナンマイティ
このレース、昔からフルゲートか10頭前後の少頭数かと極端な数になりがちだが今年は少ないほうに出た。
ゴールドシップがジャパンカップを次走に選んでいるので天皇賞・秋が最大のGI奪取のチャンスだけに順調に前哨戦も戦いたい。
○エイシンフラッシュ
昨年の天皇賞・秋がいわゆるロウソクの消えかかる寸前の…と思ってたら春はオルフェーヴルに肉薄し、香港でも3着。なぜかここへ来て好調キープ。
東京は得意だがこのレースには縁なくだったが休み明けでも維持していたら。
▲クラレント
勝ち鞍のほとんどをマイル戦で挙げていたが前走はダービー以来の1800以上で先行押し切り。別にこの血統で中距離がダメなわけはないよなぁ。
今回はメンバー強化になったがガンガン飛ばしていくタイプもいないし好位から競馬ができれば。
△エキストラエンド
クラシックでも期待された素質馬だったがやや勝ち上がりにてこずり1年かかってOP再昇格。新潟記念でも使うかな?と思ったけどここまで待った。
兄も似たような感じの成長曲線を描いたし、この馬もソロソロ重賞常連の仲間入りをしても。


京都大賞典
◎ゴールドシップ
ジェンティルドンナも入れて凱旋門賞4頭出しなんて見たかったけどそれじゃあ国内がスカスカになりすぎるな。せめてBCターフでも獲りに行けば?
GⅡでもよく見る相手が揃ったしウチパクがよほどバカしなければ普通に勝ち負け。
○アドマイヤラクティ
大崩れせず走っていたが目黒記念ではよもやの大敗。案外カンカン泣きするタイプなのかも。
一度、立て直してどれほど戻ったかだが定量戦でフラットな競馬なら再び上位を賑わせても。
▲デスペラード
芝でもダートでも直線まで死んだ振りをして突っ込んでくる追い込み馬だけに重賞クラスになるとなかなか突き抜けられない。
ただ、こういう負けても大したダメージにならない馬に乗る武幸は不気味なので気楽にマクリとかやりそう。
△トゥザグローリー
昨年の有馬記念で引退だろうと思ったら現役続行でそんなに種牡馬のアテがないのだろうか。
池添も春にフランス遠征までしてあの仕打ちだし、鬱憤晴らしに一発カマしてほしい。


デイリー杯2歳Sまでの成績
【6/102 ‐125870円】


凱旋門賞は続きを読むに>胴長熊猫
続きを読む

今日のボックス(デイリー杯2歳S編)

日々勉強


なにやら工場内で怪我や故障が頻発しているので今一度、機械の操作手順やスイッチ操作のマニュアルを作り直せとお達しが来たため総出で各人の持ち場にある機械の点検に取り掛かったら
「あれ、このスイッチどの機械の?」
とか
「このスイッチ押しても何も動かないぞ」
みたいなのが出てきて、割と適当に仕事してたんだなぁ。


デイリー杯2歳S
◎アトム
新馬戦はスローのなかインで我慢して折り合い、少し下がりながらも最速上がりで差し切った。
ディープインパクト×ラーイだからどちらかというと平坦コースのほうが良さそうだし、前走のようにうまく折り合えば。
○ピークトラム
新潟2歳Sは勝ち馬が驚異的な脚を使っていただけで、この馬も33秒台で駆け抜けていた。
初年度がイマイチだったチチカステナンゴ産駒だが2年目はやや盛り返しの兆しが見えている。あとは京都芝で勝ち鞍がまだないのが気掛かり。
▲オトコギマサムネ
新馬戦ではちょっと厳しいかなと思えるような位置から外をブン回して豪快に追い込み。なかなか2歳戦では見られないレースだった。
今回は頭数が減るのと逃げ馬がどれだけ飛ばすかが問題だがエンジンが掛かれば持っているものはあるので。
△アグネスドリーム
平成のレインボーアンバーの称号を与えたくなるような雨男。サクラホクトオーでもいい。
最内枠で藤田が逃げ馬なら恫喝逃げは間違いないので開幕週の馬場を活かして上がり勝負にならないようなスタミナ比べに持ち込めたら。


スプリンターズSまでの成績
【6/101 ‐123470円】


おみくじ気分>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク