パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(川崎記念編)

せっかくだから


今年、最初のGIだけどナイター開催じゃないから買いに行けないけどウチの会社はパチンコに行くという理由でも有給が取れるけどとりあえず真面目で通っているのでズル休みはしたくないけど見に行きたいので半日有給で手を打つ。


川崎記念
◎ホッコータルマエ
仕方ない。
JCダートこそ不覚を取ったが、東京大賞典ではキッチリ巻き返してきてやっぱり強い。東海Sでニホンピロアワーズが足慣らし程度で楽勝しただけにこちらも簡単には落とせない。
○トウショウフリーク
中距離ダート路線の逃げ馬として上がり馬を痛ぶる姿が板に付いてきた。
名古屋グランプリはうまく逃げていたように見えたが早めのマクリに屈して2着。2500も少し長かったと考えられるなら2ハロン短縮で粘りも増せば。
▲フリートストリート
エルムSで重賞を勝っていよいよエンジン再点火したように思ったが、エーシンモアオバー相手だとスタミナ比べに持ち込まれると厳しかったか。
できれば1800くらいまでが適鞍だろうけど、OPクラスでは四の五の言えないのでウチパクの手綱捌き次第。
△ムスカテール
芝重賞では頭打ちを感じたのかダートの中長距離路線に矛先を向けてきた。まぁ、ダートで勝ち上がってきた馬なので馬場に関しては不安はないと思うが。
今年からトリガミになったら負け扱いにしたので何とかヒモ荒れしてプラスが出てほしい。


AJCCまでの成績
【0/9 ‐21600円】


休みに変わりはないが>胴長熊猫
スポンサーサイト

あっれぇ?

POGりん話


月曜日の定例作業として指名馬達の入廐状況や抹消されていないか確認していて、勝ち上がるとクラスごとに馬が整頓されるので便利だなぁと思っていたら


500万下
サリレモンド
カシノレント←


ん…?
サリレモンドはわかるが、カシノレントはいつ勝ち上がった…?ポチッ
『笠松 睦月賞1着』
あ、あぁ…。


てっきり佐賀のたんぽぽ賞かと>胴長熊猫

今日のボックス(AJCC&東海S編)

薄い


いま使っている財布は数年前に大学の先輩の結婚式の引き出物としてカタログから戴いたものなのですが、長年ケツポケットに入れて使い続けたせいで僕のケツラインと同じ曲がり方をしてしまい、車を運転してピタッと張り付くと「あっ、財布を持ってない!?」と勘違いしてはポケットに手をやり「いや、あるわ」を繰り返すことしきり。


AJCC
◎ダノンバラード
宝塚記念2着で秋のGI獲りも期待されましたが、先行馬には厳しい流れのレースが続いてしまい結果は出ず。
かつて有馬記念を叩き台にこのレースを連覇していたネヴァブションみたいなのもいるし、中山マイスターの後藤がうまく乗ってくれれば。
○ヴェルデグリーン
オールカマーでは見事な追い込みが決まったもののさすがにレースレベルが上がると簡単には展開が向かないのも事実。やはりGIを勝つには一工夫いる。
長くいい脚を使えるのはわかっているのであとは自分から動いて勝ちに行く競馬ができるかどうか。
▲ダービーフィズ
クラシックには乗れそうで乗れないもどかしい競馬ばかり。この厩舎はもっとゆったりと言うか長いスパンで馬作りをすべきじゃない?何とかGIに出すためだけに行き当たりばったりな使い方をしているように見える。
結果うんぬんよりここがダメでも日経賞とかハンブルグCとか目標を決めたローテで行ってほしい。どうせ春天フルゲートにならないんだから。
△コスモファントム
中山金杯では最後の直線であわやの手応えを見せて一瞬、勝つんじゃないかとヒヤヒヤした。坂を上がったところで脚が止まったけどだいぶ具合もよくなってきているし人気もないからもう一回ドキッとさせてほしい。


東海S
◎サトノプリンシパル
前走の東京大賞典は無謀と思われたがけれんみのない逃げで1秒差。もっとバテバテになると思っていたので意外だった。
今回は脅威になりそうな同型が見当たらず、好位・差しタイプが人気馬に多いのでスローペースに持ち込めばしぶといはず。
○ニホンピロアワーズ
JCダートでのレースぶりから上昇カーブを描いた前走だったが叩き合いに破れて3着。思い通りの展開に持ち込めただけにちょっと悔しいところ。
川崎記念を使わずこちらに回るのもベルシャザールが最優秀ダート馬に選ばれたのが影響してそう。フェブラリーSへ向けて好発進できるか。
▲グラッツィア
先行したほうがいいけど逃げると脆い、差しに回ると自分で動けば甘くなり蓄めると弾けない。かなり気難しい馬のようだが、ベルシャザールに勝てるだけのポテンシャルは秘めていて父もキングカメハメハなんだから一発あっても。
△マイネルバイカ
ローカルダート1700では日常茶飯な向正面マクリで勝ち上がってきたが、上のクラスでは先手を奪って押し切る形のほうが合っているみたいなので強気に出していけば。
ペースが速くなったら落としてマクリに切り替えていけたらどちらでも対応できそう。


京都牝馬Sまでの成績
【0/7 ‐16800円】


買い換えかなぁ>胴長熊猫

今日のボックス(京都牝馬S編)

教える難しさ


先週、退職された先輩は会社でも数少ない30代の社員で、平成不況の時期に求人を出していなかったこともあり20代~40代の半ばの間に空間のある社員構成の結果、高卒前後の若手の面倒は僕が一手に見ることになり。
如何にいつも感覚で仕事をしていたか思い知るとともに、復習と予習をしてこないと長嶋語を連発しかねないので技術面も含めてレベルアップしそう。いや、間違いを教えてダウンさせる可能性も…。


京都牝馬S
◎ウリウリ
前売り1番人気とはたまげたなぁ…。
GIでは善戦止まりだったが、自己条件に戻った前走は難なく突破。500万も勝つときはアッサリで相手なりというタイプではなさそう。
後は格上げ緒戦がすぐに結果に繋がらない馬なので頭まで突き抜けられるか。
○ドナウブルー
1・2番人気の両方を入れてしまうとボックス予想という性質上あまりよろしくないのだが、牝馬限定戦の割に荒れないレースなので仕方ない。
常に掲示板は外さない走りで、印を打つほうとしては本命にしづらいが無印にするわけにもいかずという難儀な馬だった。ラストランだけに無理をするかどうか。
▲ミッドサマーフェア
昨春までは中団ままという競馬が続いていましたが休み明けを叩かれて3戦目でようやく3着に入り、復調の兆し。かつてはオークス候補にも挙げられた素質馬だけにまだ終われない。
マイル戦は東京よりも中山に良績があるだけに切れ味勝負では分が悪いので、内枠を利用して経済コースから差し込みたい。
△チャーチクワイア
3歳春には重賞にも出ていた馬だが、その後はネオユニヴァース牝馬らしい不安定ぶりで出世に時間が掛かった。
キャリア20戦目にして初めての関西遠征で輸送が心配だが、ひょっとしたら環境の変化で確変しても。


日経新春杯までの成績
【0/6 ‐14400円】


「適当に」は禁句>胴長熊猫

今日のボックス(京成杯&日経新春杯編)

お疲れ様


先日、先輩が一名退職いたしまして。
もともとケガ持ちの人だったんですが、手首のケガの状態が芳しくなく幼稚園に通う息子さんを抱き抱えることが困難なレベルなのと手術をしても完治は厳しいということから事務仕事を探すとか。
工場仕事はたいていの場合、誰でもどこかしら痛いところを抱えて仕事をしていますがさすがに梱包用のバンドをテーピング代わりにして固定していたのは痛々しかったので早くいい仕事が見つかるといいなぁ。


京成杯
◎ラングレー
矢作厩舎らしい評判馬を東京でデビューさせる作戦で1・4着。東スポ杯の後はラジオNIKKEI杯かホープフルSに出てくるかと思ったらここまで待って、かつ重賞に挑戦してくるわけだから勝算があるのかも。
あとはギュイヨンが日本向きの騎手かどうか。
○ウインマーレライ
東スポ杯で逃げて惨敗、ホープフルSは最後方から飛び込んで5着。今のところ父と同じようにマクリ差してくる競馬が合っている模様。
今回も後ろからになると思われるが前残りを警戒した早仕掛けでロングスパート合戦になれば。
▲ピオネロ
前走は久々ながら問題にせず快勝。札幌2歳S組は馬場がアレだっただけに評価が難しかったが上位に来た馬は素直に力があったと考えるべきか。
再び2ヶ月ぶりになりますが使い込まないほうがいいタイプならガス抜きができて良くなってるかも。
△キングズオブザサン
スティンガーの仔だけど父がチチカステナンゴだったのでデビュー前から御愁傷様、とか言ってたらアッサリ勝ち上がったうえに2勝目まで挙げやがって何だよもー。
極端な追い込み一手や逃げオンリーではない好位から押し切る正統派なのがすごい違和感。それだけに大外が課題。


日経新春杯
◎サトノノブレス
菊花賞は中団から真っ向勝負に出たが反応の差は大きく、2着を確保するのが精一杯だった。
こちらもJC、有馬記念をパスして年明けから再始動。相手が強かったとはいえ長らく勝利から遠ざかっているだけに春のGI戦線へ向けて勝ち方を思い出してほしい。
○ラブイズブーシェ
有馬記念は4着で、印を打っていた自分としては3着に来てくれたら馬券はハズレても「ほら、来ただろう」とドヤ顔できたのに。
時計の掛かる馬場のほうが良さそうなのでAJCCに出てきてほしかったが、荒れ馬場になってる今の京都なら何とか。
▲コウエイオトメ
前走は上がり2位の脚を使ったものの、超スローの乱戦で後方まま。完全にノーカウント。
昨年のこの時期には京都2400でOPクラスにいる牡馬相手に互角の競馬をしていたし軽ハンデを活かして追い込めれば。
△カワキタフウジン
明けて9歳になるというのにまだまだ元気。ミスタートウジンよりも期待の持てる高齢馬を目指してほしい。
前残りになるような展開にならなければ掲示板は外さない堅実な走りができるので他力本願にはなるが後ろ有利のペースになってくれたら。


フェアリーSまでの成績
【0/4 ‐9600円】

僕?年中、懐が痛い>胴長熊猫

初笑い


本年、初的中


JRAじゃなくて佐賀競馬な辺りが自分らしいというか、何というか。
あぁ今年もナイター競馬に一喜一憂しそう。


高知競馬も当てていくよ!>胴長熊猫

今日のボックス(フェアリーS編)

甘党の極み


何とか2キロの黒い三連星をやっつけたが二日間6食ぜんざいの結果、オシッコがほのかに甘い匂い。
いま健康診断をやらされたら間違いなく糖尿が出てくるんじゃないかと思いながら3年前に買ったきな粉を発見してどうしよう。


フェアリーS
◎エクセレントビュー
初年度は散々な成績で方々からチン○ステナンゴなどと言われたが2世代目は少し頑張った。でも当初の期待からすれば失敗だろうけど。
今のところ東京が苦手なトニービンという個人的なイメージだしクラシックに繋がらないこのレース辺りがお似合いかも。
○ホットランナー
新馬戦は中山1600で内枠に入って後ろからになりながら豪快にマクって差し切る競馬。デムーロじゃなきゃ絶対にやらないような破天荒ぶりだった。
それで石橋脩に替わるのは非常に心許ないが、どうせ春になったらまた外人を乗せるだろうから好きに乗り回してやれ。
▲イントロダクション
デビューから3→2→1着と階段を登るように成績を上げてきた馬。こういうリズムに合わせて三連単を固定して買えれば儲かりそうだが。
デュランダル産駒はまだ掴み所のない感じだが1200は少し短い印象なので、マイル前後が適性距離なのではないかと睨んでいます。
△シーロア
しかし500万特別みたいなメンバーしか集まらないならエルフィンSをここに持ってきてクイーンCを東京1週目、東京4週目にこのレースを動かして2000に変更してフラワーC→フローラSなどと連動するとか、桜花賞トライアルとしてアネモネSと交換で中京1600に時期と場所を変えるとかすればいいのに。
あ、柴田善先生頑張ってね。


シンザン記念までの成績
【0/3 ‐7200円】

しょっぱいもの食べにいこう>胴長熊猫

ちなみに


これで一杯分


少なく見えるけど普通ぜんざいは丼で食べるものじゃないと思うんだ。


お椀だと溢れる>胴長熊猫

今日のボックス(シンザン記念編)

鏡開き


正月に帰省した際、帰りに持たされる餅を毎年緑一色にしてしまうため今年こそは消費してしまおうとスーパーで餡子を物色していたが「餅8つに対し、どれくらい餡子が必要か」わからなかったのでとりあえず徳用1キロつぶあんを購入する。
帰ってぜんざいの作り方を見たら「餡子と同量の水を入れて炊く」と書いてありただいま我が家の鍋には2キロの餡子汁が…。


シンザン記念
◎ワイレアワヒネ
例年この時期の京都芝は露骨な前残りになりやすいのに、今年はやたら芝の痛みが激しく決め手がある馬が内外関係なく伸びてくるフラットな馬場。
新馬戦でPOGりんエース牝馬・ビジョナリーちゃんをあれだけちぎりやがったわけだから、「レースレベルが高かったから仕方ないね」と言わせて。
○ウインフルブルーム
朝日杯FSは逃げるように先行しながら行く馬がいたので控える競馬をして3着。逃げ一辺倒ではない面も見せていて成長を感じさせた。
スペシャルウィーク牡馬産駒でマイルはやや疑問ですが、過去にもマヤノトップガンやメイショウドトウ産駒が好走しているので今の時期ならこなせても。
▲カシノヒカル
逃げ馬が残るときは後方まま。前崩れになれば一気に浮上というグラスワンダー産駒らしい極端型。
新馬戦でハープスターの5着があったり前走の500万で3着があるのにこの人気なら思い切って狙ってみても。
△モーリス
6月にはあまり話題にならなかったものの数少ない勝ち上がり産駒から2勝馬が出て、スクリーンヒーローも滑り出しとしては上々かも。
1番人気でコケた京成杯2歳S以外は先手を取って押し切るロベルト系にありがちなパワー型っぽいので早めに前を潰しに行く競馬をして欲しい。


京都金杯までの成績
【0/2 ‐4800円】

3食ぜんざい>胴長熊猫

今日のボックス(中山金杯&京都金杯編)

賭け始め


また今年も1から予想を積み重ねていきます。
基本ルールは◎○▲△の3連単ボックス24点。予想するのはJRAの全重賞と地方交流GI。
変更点として今回からトリガミは的中に加えない。
目標はプラス収支、万馬券12本以上。


中山金杯
◎ユニバーサルバンク
春のGI戦線では見せ場まで作れなかったが休み明けから連続2着。相変わらずの2着大王だが復調気配が見受けられる。
関西馬ながら関東遠征が多く、なかなか騎手を固定できなかっただけにソロソロ相棒を得たい。
○ミッキーパンプキン
このところ順調に使えず飛び飛びになっていたが、久々の前走で6着ながら伸びは上々でこの一叩きで変わってくれば。
8歳になりましたがダンスインザダーク産駒だし突然の一発は今後も警戒。
▲ケイアイチョウサン
菊花賞は横山典らしい腹を括った勝負に出たがエピファネイアは強かった。
どこかを使うかと思ったが素直に年明けから始動。中山に勝ち鞍はないが、ステイゴールド産駒で苦手なわけはないだろうから外枠からうまく運べれば。
△コスモファントム
昨年は二桁着順を繰り返し、白山大賞典では地元馬に先着を許す始末。
完全に引退か地方移籍コースと思われたが前走は59キロ背負ってコンマ5秒差、やる気は見せているし今さら上がり勝負はできないだろうから時計の掛かる冬の中山なら。


京都金杯
◎シャイニープリンス
古馬相手の初戦こそ大敗だったが、東京での2戦はいずれも接戦で完全にOPのメドを立てた。
今回はさらにメンバーがマイル路線の2番手級が集まっているし、この辺の相手をいなせるようならGIでもという馬になるが。
○メイケイペガスター
2~3歳春までは折り合いに難のある暴れ馬だったがキャピタルSでもマクリ気味に上がっていきながら最後まで踏ん張って3着。父もフジキセキだし1200くらいがベストかも。
マクリ上がる脚があるなら前が残りやすい馬場でも3コーナーの下りを利用して早め先頭も。
▲サンライズメジャー
勝ち上がっては休んででなかなか出世できなかったがようやく2連勝。軌道に乗れてきた。
ダイワメジャー×デピュティミニスターで軽い馬場のほうが良さそうだし4勝を挙げている京都なら外枠でも。
△マイネルラクリマ
ローカル巡りが多いので中央場所に出てくると不安な面もあるがその安定感は見事。
チーフベアハート産駒と言えばマーブルチーフも京都に良績が偏っていたし、昨年同様この舞台で好走しても。


2014年の成績
【0/0 0円】


頑張りまーす>胴長熊猫

新年

絶賛喪中


なもんでご挨拶は控えさせていただきますが本年も「パンダらボックス」をよろしくお願いします。


今からこんぴらさんへ>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク