パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(キーンランドC&新潟2歳S編)

汗だく


百姓訓練を兼ねて稲刈りしたたんぼの藁しまい。
曇ったり晴れたりで作業がはかどらない。お茶は友達。


キーンランドC
◎スマートオリオン
グラスワンダー産駒に限ったことではないが、スプリンター種牡馬ではないところから短距離型が出る場合は気性で走るタイプが多いので基本的に東京や京都では嫌いたい。
その意味では時計の掛かる洋芝のほうが走りやすいだろうから、叩き3戦目で更に前進できれば。
○スノードラゴン
久々の前走は真ん中で抜け出すのに手間取り2着。勝ち馬とは通ったところの差が大きかった。
この馬も芝で走るなら時計に注文が付くクチで1分9秒台になるようなら出番もありそう。
▲フクノドリーム
あまり奥のなさそうな血統だし早熟くさい雰囲気だったので軽視していたがアッサリ古馬相手に重賞で2着。ヨハネスブルグ産駒の切り時が難しくなる。
後追いで印を打つのはハッキリ言っていいことはないが、人気馬が揃って不利な外枠に入ったのでハンデを活かせれば。
△エイシンブルズアイ
春の重賞に出てきたときに「賞味期限は短そう」と言った手前ここで買うのは非常に心苦しいが、フクノドリームが好走しただけに「ひょっとして3歳馬のレベルが高い?」と思わなくもない。
父はゴーンウエストでも、母系は晩成型のホイストザフラッグならもう少し寿命が延びても。


新潟2歳S
◎ブリクスト
この時期に行われる2歳重賞を予想するのは非常に難しい。何せほとんどの馬が勝ち上がって勢いのある状態なのですべてが良く見えてしまう。
今までならチチカステナンゴ産駒だけで「はん!」と鼻で笑うレベルだったが、世代が進むに連れて使い方がわかってきたのか2歳から油断できなくなった。もう産駒はいなくなるけどそれまでに一度はお世話になりたい。
○ミュゼスルタン
母も夏の新潟でデビューしたが勝ち上がりには1年を要した。それでもエリザベス女王杯に出るまでになったし単に遅咲きだったのだろう。
そこにキングカメハメハという配合で芝もダートもこなせそうな血統だが、切れ味も両親から受け継いでいそうな感じなのでここも勝ち負けまで。
▲ハナモモ
昨年のハープスターは別格として毎年のように牝馬が馬券に絡むのはどの2歳重賞も同じ。さらに切れ味に勝る牝馬ならなおさら好走しやすいのだろう。
新馬戦は1200を中団から差し切り。逃げ馬が淡々と逃げ切りやすい条件で撫で切れるなら追走の楽になる今回はもっとやれるはず。
△テイケイラピッド
前走の中京2歳Sは勝ち時計が1分40秒台というレースの施行時期を変えたほうがいいだろうと言いたくなるようなスロー。それを後方から構えるわけだから勝てと言う方が無茶。
相手はかなり手強くなるがリダウツチョイスなら時計勝負のほうが歓迎だろうし、もう少し前から攻めても問題ないはず。


新潟ジャンプSまでの成績 4/87 ‐118680円】返還3600円


氷も友達>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(新潟ジャンプS編)

やるな


飲み物を買いに行った近所のドラッグストアー。
便秘薬のコーナーで妖怪ウオッチの曲をかけていた。なるほど、そういう使い方もあるのか。


新潟ジャンプS
◎メイショウヨウドウ
広いコースでゆったりと回って長く脚を使える競馬で重賞勝利。小回り障害コースでどうなるのかという疑問は残るが、この後に東京ハイジャンプまで出てくるなら堅そう。
頭数が増えて捌きにくくなりそうなので、早めにスパートしてスタミナ勝負に持ち込みたい。
○アムールクエスト
未勝利を勝ち上がってからはこれといった武器がなくただ先行してタレる競馬ばかりだったが、前走は少頭数を好位に付けて我慢比べに勝利。タヤスツヨシ産駒で行儀のいい競馬は似合わない。
ここも逃げ馬をつつくようなイヤらしい競馬で押し切りたい。
▲ネオレボルーション
ここのところ好調が目立つ藤沢和厩舎ですが、この馬も休み明けから連続連対。夏場がダメなのかタマタマか(セン馬だけに)。
何かこのタイミングで買うのは罠のような気分だけど、夏とは思えないような涼しさだし一足先に秋を満喫してるかも。
△アサティスボーイ
最近の小学生はアサティスなんて知ってるのか?ダビスタで同父系3代配合を気付かずにやっちゃって駄馬ばかり生産とか。
昨年に重賞を勝ったあとに競争中止。約一年ぶりで競馬になるかが鍵だが、バレる前に押さえたい。


札幌記念までの成績 4/86 ‐118080円】返還1800円


ヨー出るヨー出る>胴長熊猫

今日のボックス(札幌記念&北九州記念編)

稲刈り


雨模様が気になる中でブチブチやってますが、昨日みたいにいきなりドサッと来る可能性があるから侮れない。
それにしても、叔父さんが手伝ってくれてるからいいものの、1人でやるようになったらどうするか。この土地。売れそうにないし1人でできそうにないし。
無くしてわかる有難さ、親と健康とセロハンテープと倉義和。


札幌記念
◎ゴールドシップ
ちょっと役者が足りない感じだった宝塚記念だったが、難なく快勝。怪我や体調不良のライバル馬が多い中、順調に使えているのも強み。
凱旋門賞へのステップだけに横山典がどこまで無理をするかだが、下手な上がり馬よりは地力は上。
○ラブイズブーシェ
またまた印を打ちます。秋のGI以外は信用していいと思う。
昨年のズブズブ馬場は論外だが、上がりが掛かる上に間違いなく人気馬がトウケイヘイローを目標に潰しに行く競馬をしてロングスパート合戦になるだろうからそうなればマンハッタンカフェ産駒のスタミナが活きるはず。
▲エアソミュール
エアの馬は血統が派手で勝つときも鮮やかなのですぐ人気になってしまうが、個人的には人気の時ほど飛び付いて痛い目に遭うことが多い気がする。デジャヴーとかシャカールとかエミネムとか。
その意味では豪華な人気馬が他にもいるときのほうが隠れ蓑になってくれるのでコッソリ紛れ込んで来てくれたら。
△ロゴタイプ
村田が乗らなかったら走る外人騎手限定馬。角居厩舎の専売特許だと思ってたけど田中剛厩舎もアリなのかね。
ブエナビスタが差し損ねるならもっと不器用なハープスターはさらに疑問だし、札幌開催だと逃げ馬不利のこのレースでトウカイパラダイスが絡んできそうなトウケイヘイローも厳しそうで、消去法。


北九州記念
◎アルマリンピア
この路線は露骨に逃げ有利だったり差し有利だったりするので、自分の不得意な条件ばかり揃うとあっという間に連敗がかさむ。もちろんその逆もあり。
今年は雨にたたられた小倉開催だけに馬場もかなり渋ってきて単純な逃げ馬が残る展開にはなりそうにないので、来るときは連対までくるこの馬に出番があっても。
○エピセアローム
今年に入ってからは掲示板外がなく、調教師もわかってるのかGIも使わず勝てそうなレースを選んで使っている印象。
勝ちきれない割にハンデは55キロと見込まれたので突き抜けるまでは厳しいかもしれないが、安定感とコース実績で。
▲ニンジャ
ハープスターの帯同馬にしてムーラン・ド・ロンシャン賞あたり出したら名前で人気になりそう。返す刀でBCマイルに挑戦すればハリウッドも目じゃない(何の話だ)。
このレースは1200のスペシャリストか2400がベストみたいな種牡馬の産駒が走るのでドロンと一発あれば。
△メイショウスザンナ
前走でOP入りしたが、実はフラワーC2着から桜花賞5着もある実力馬。子役が下積みを経て女優に返り咲いた形か。
それもあって1600を中心に使われていたが初めての1200でアッサリ勝ち上がったように、実はスプリント力があったみたいな話は牝馬によくあることなので先物買い。


関屋記念までの成績 4/84 ‐113280円】返還1800円


ヒィヒィ>胴長熊猫

in川崎

ますざぶ夏の大オフ会


参加された皆様お疲れさまでした。
葛西さんの開催ネタがますざぶに載ったのを受けて、小保方・野々村・佐村河内のBIG3が来訪する盛大な会。天気にも恵まれたし見事な水鉄砲日和だったと思います。


今から帰って稲刈りの事実さえなければ>胴長熊猫

今日のボックス(関屋記念編)

もう?


お盆休みも満喫したようなしてないような気分のまま最終日。小学生の頃は夏休みがなかなか終わらなかったのに社会人になったら1週間の休みもあっという間に過ぎるなぁ。
甲子園とスタホと競馬しかしてないよ。


関屋記念
◎マジェスティハーツ
中京記念は間に合うか微妙なところから差を詰めたが3着。むしろよく走ったと思える展開だったがそういう馬なのかも。
とりあえず本命だが、昨年もジャスタウェイが取りこぼした舞台だけに頭まで来るかどうか。
○タガノブルグ
NHKマイルCはOP勝ちをしていながらブービー人気。それを嘲笑うような好走で穴を演出したが「あとで見直したら買えたな~」の定番だった。
今回は休み明けと古馬相手が課題になりますが世代の力を計る意味でどれくらいやれるのか注意したい。
▲ミトラ
1年7ヶ月振りの前走ではまさかの勝利。一度は頓挫したかに見られたが立て直してきた。
そこからいきなり重賞なのは厳しい条件だが、人気になる前に押さえたほうが面白そうなので。
△サトノギャラント
母スティンガーもサンデーサイレンス産駒で期待されながら距離に注文がつく馬だったが、息子も1800を超えるとイマイチなマイラーになった。
さらに後方一手の不器用なタイプだけに、内枠からうまく捌いて来れるか。


レパードSまでの成績 4/83 ‐110880円】返還1800円


あと3年はほしい>胴長熊猫

今日のボックス(レパードS&小倉記念編)

ざんざか降り


さすがに台風が直撃しただけあって雨風ともにすごいことになってます。
でもまぁ2階なので何かまずいことはないのですが、休みの日に来るのはやめてよ。競馬に行きにくいじゃない。


レパードS
◎ランウェイワルツ
ジャパンダートダービーではハッピースプリントを早めに捕まえに行ったが逆に脚が上がってしまい失速。馬場も悪かったが480キロ台と馬体重も戻り切らなかったのが影響したのかも。
再び関東遠征で馬体重が気になるところだが、先週重賞を勝った大先生の手腕に期待。
○アスカノロマン
カゼノコもGIを勝ったがアグネスデジタル産駒がやたら今年は目につく。芝でキングカメハメハほど実績は出ないが、ダートなら互角以上に戦える。ウイポだと毎回アグネスデジタル系が確立するんだがなぁ。
そのカゼノコやメイショウパワーズといったOP級の馬と接戦ができるならここでも力上位。
▲スピナッチ
牝馬ながら古馬混合戦の前走で1000万を突破。ゼンノロブロイ産駒は軽いダートならこなせるイメージだが、阪神で最後を流す余裕を見せたのは意外。
兄のインカンテーションは昨年の勝ち馬だし、少頭数しか経験がないだけに外枠も味方しそう。
△ノースショアビーチ
GIの前走はうまく前で競馬ができたが逃げる形には持ち込めず、捕らえきるには至らなかった。行き切れないと終い伸びるタイプではないだけに苦しかったか。
今回も同型はいるが探り合いになるようなら思い切って向正面から突き放す競馬も見てみたい。


小倉記念
◎メイショウナルト
お前といいマイネルラクリマといい、人が狙おうと思ってるレースの一つ前で好走するのは何故かな?
ハンデを見込まれたのと今回は簡単に逃がしてくれそうにないメンバー構成だが、アンブラスモアみたいにこの時期にしか走らない馬もいるのでもう一丁。
○サトノノブレス
天皇賞・春は思い切った逃げで場内を沸かせたが、後ろ有利の展開になっただけで堪え切れず。ノーマークで逃げるにはもっと地味な馬でないとダメか。
宝塚記念は回避して一から出直しとなる今回だが、新潟記念でなくここから狙ってくるなら押さえても。
▲ニューダイナスティ
距離を延ばしたりダートを使ったり迷走したが、やっぱりディープインパクト産駒は1600・2000・2400で見直したい。
新潟記念で買いたいと思ってた馬だが、そういうことだろ?
△マーティンボロ
ディープインパクト産駒ばっかりじゃないか!(机バーン)。昔は妙な父馬の母父トニービン買っとけば儲かったのに。
久々が気になりますが過去に3勝を挙げた小倉2000なら実績を加味して上位争いまで。


アイビスSDまでの成績 3/81 ‐132540円】返還1800円


行くんだ>胴長熊猫

今日のボックス(アイビスSD&クイーンS編)

珍プレー


いつものごとく高知競馬を楽しもうとパルス藍住に行ったら何かガラガラ。
盛岡を併用発売してるからもう少しお客さんがいてもおかしくないのに…と思ってたら台風の影響で2Rで開催中止とか。前が見えないくらい土砂降りじゃあいつかのバイオレットSになっちまうぜ。


アイビスSD
◎フォーエバーマーク
前走の函館SSは前崩れを誘発してしまい5着。それでも前に行った馬のなかでは最先着を果たしていてやはり地力は高い。
外枠が有利なコースではあるが開幕週になってから内枠の馬にも出番はあるし、リピーターが多いレースでもあるので今度こそ。
○アンバルブライベン
バーデンバーデンCでは関東遠征ながら馬体も戻してきて3着。ハンデにも恵まれたが馬場が良ければ条件は問わない。
メンバーも揃ってここが試金石だが、外枠からポンと出てしまえば時計勝負にも対応できるのでそのまま押し切りも。
▲リトルゲルダ
ちょこちょこ小さな休みはあったものの今回は半年ぶり。調教は積んできているから息が持つか。
リトルと言いながら馬体重は480キロあるのは何ぞや。雪の女王から名前を取ったのに夏の新潟1000が得意とは何ぞや。
△ブルーデジャヴ
昨秋まではダートを中心に使われていたが芝でも見せ場を作れたため今年から芝短距離路線にシフト。追い込みが信条だが2番手からでも競馬をしたことがありテンに行けないわけではない。
最内枠だが、差し馬が毎年1頭は馬券に絡むのでうまく捌けたら。


クイーンS
◎ディアデラマドレ
ずいぶんモタモタしていた時期を見ていたので前走は懐疑的だったが、人気に応えて快勝。人気泥棒だった今までが嘘のような差しきりだった。
小回り2週目で先行有利に見えて実は逃げ切りが少ないレースなので勢いに乗って連勝も。
○キャトルフィーユ
重賞連続連対と調子を上げて挑んだGIでは勝ち馬を見ながら進めたが決め手を欠いて5着。上のクラスで勝ち負けするにはワンランク実力をアップしたい。
恐らくこの後も府中牝馬Sやエリザベス女王杯で一緒になるメンバーだろうから下手な競馬だけはしたくないところ。
▲マコトブリジャール
垂水Sでは重賞でも好走があるアクションスターやトーセンソレイユを退けてOP入り。3歳時には定着できなかったがもともと力はあったのだろう。
400キロを割ることもある小柄な牝馬だけに揉まれない外枠のほうが良さそうだし、そこまで格負けしてるとも思えない。
△フィロパトール
福島牝馬S3着があると思えばパールS最下位もあるという走りだすまで何があるか分からない困ったちゃん。気分よく走れれば重賞でもやれるのは証明してるのであとは気持ち。
こういう馬は人気とか展開とか関係ないので気楽に穴を開けてくれたらラッキーな気持ちで。


小倉サマーJまでの成績 3/79 ‐127740円】返還1800円


そしてまだ雨なんだが…>胴長熊猫

今日のボックス(小倉サマーJ編)

一周忌


昨年、親父が亡くなってから早一年ということで法要を行ったのですが、一周忌で次が三回忌だから1年空くとばかり思っていたら仏教では偶数をあまり使わないので亡くなった年を一回忌と考えてそこから一周忌(ここは二回忌)。ほんでもって来年がすぐに三回忌なんだとか。


小倉サマーJ
◎メイショウブシドウ
もうディープインパクト産駒は何でもアリか。平地でダメでも障害で勝てるとかなったらキングカメハメハ同様、他の種牡馬の立場がねーや。
この路線はどこから始まったらちょうどいいのか分かりにくいけど、夏をわざわざ始動戦にするなら勝負気配かも。
○チョイワルグランパ
前走でも印を打ったが見せ場たっぷりの4着。行き切ればしぶとい血統だし馬もやる気を見せてくれた。
同型が揃うのはやむを得ないが控えて面白い馬ではないと思うので無理をしてでも先手を主張したい。
▲オースミムーン
うーん…。
ここ2戦は人気を裏切る形になっていて、敢えて原因を探すなら関東遠征が堪えている可能性があるくらいだが。
過去にも調子を落とした実績馬が復調したレースなので再浮上のキッカケを掴めれば。
△ドリームチャージ
シーキングザダイヤ産駒というのも珍しいが、父は2着が多かったのに子どもは3着が多いというお笑い要素も完備。もう少し出世すればよしだみほ先生にも扱ってもらえるはず。
あとは3着に来てくれたら。


中京記念までの成績 3/78 ‐125340円】返還1800円


これは間違えそう>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク