パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(オールカマー&神戸新聞杯編)

平パスタ


スパゲッティというか変な形のマカロニパスタを見つけるとつい買いたくなるのですが、ローソンの焼パスタがコンビニで手軽に買える風変わり麺なのでヘビーローテ状態。
ただ、なぜかこれを買うと10回中8回はスプーンを入れられる。気付いてフォークを頼めばいいが、いつ統一されるか楽しんでいる部分もあるのでほっといてる。
普通のスパゲッティだと「お箸とフォークどちらにしますか?」と聞かれるが、こいつに聞かれた試しもない。分類的にはドリアの仲間なのか?


オールカマー
◎サトノノブレス
休み明けの前走は好位早め先頭から押し切る強い内容。じっくり構えるよりも自分で競馬を作れるのは展開に左右されにくい点で何よりも武器になる。
小回りの小倉も克服したし坂のある中山2200での走りを見てみたかったが、新潟は新馬戦を勝った舞台で合わないことはないだろうからここも好勝負。
○クランモンタナ
勝ちみに遅い部分があって条件戦を突破するのに苦しんだが、一息入れて再上昇の兆し。いきなりの重賞でも力を出せた。
デビュー前から期待されてきた血統馬だし、兄弟を考えたらGⅢで終わるような馬ではないと思うので、このクラスでの安定勢力をまずは目指したい。
▲フェイムゲーム
春の長距離戦線で頭角を現してのGI挑戦だったが、天皇賞・春は追い込みきれず宝塚記念は前崩れに巻き込まれいずれも6着。作戦が逆だったらもう少し前進できていたかも。
あまり速い上がりには対応できそうにないので、ロングスパートして早めに取りつく競馬をしたい。
△セイクリッドバレー
若い頃の追い込みに拘りすぎて調子を崩していたが、後方より少し前目の中団から競馬をするようになって差のないレースができるようになった。
やはりこの馬もギンギンの上がり勝負には向かないので、インで我慢するかマクリ気味に進出するかで活路を見出だしたい。


神戸新聞杯
◎ワンアンドオンリー
ちょっとダービーでは疑って掛かる馬だったが突き抜けて快勝。昨年の未勝利で最低人気だった馬が勝つなんて誰が予想した。
阪神実績もあるし強いのは分かるけど、何か引っ掛かる部分はある。でもイスラボニータが菊花賞を目指すと明言しただけに下手な競馬はできない。
○サウンズオブアース
POGりん指名馬として春シーズンは頑張ってくれた。一夏越してどれだけジリ脚がマシになったのか見てみたい。
京都の上がり勝負でも2着に粘れたし、それほど上がりが速くならずパワーのいる阪神なら抵抗できてもいいはず。
▲ヴォルシェーブ
血統的にクラシックに何とか乗せたいという陣営の気持ちが伝わるような使い方をされていたが、まだまだ体に身が入ってなかったようで結果にはつながらなかった。
1000万をたいした相手ではないにしろ古馬初対戦でものともしなかったように素質は良いものを持っているのであとは開花を待つのみ。
△サトノアラジン
本音を言えばボックス予想で人気2頭を両方入れてしまうとトリガミの可能性が出てしまうのでわざと外していたが、かなり外した人気馬が馬券に絡んできてハズレることが多いので泣く泣く加えることに。
ディープインパクト産駒は阪神500万クラスより上で距離2200以上になると途端に勝率が落ちるので2~3着固定で買うのが良いかと。


ローズSまでの成績 4/97 ‐140880円】返還5400円


味は普通なんだけどねぇ>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(セントライト記念&ローズS編)

10月が近づくと


休憩所にお土産的なお菓子が置いてあったので誰かの旅行かと聞いたら「本社の課長が持ってきた」とのこと。
その割に工場内を見て回らなかった旨を聞いてみたらゴニョゴニョされたので「近いうちにトップ交替があるな…」と勘ぐる。
いや、閉鎖の可能性も。


セントライト記念
◎イスラボニータ
春のクラシック前にはフジキセキ産駒と言うことでスタミナや勝負根性を不安視する声が聞こえてきましたがこれを結果で封殺。遺伝子レベルの話を持ち出して距離不安を打ち消す事態に発展した。
中山2000をこなすなら新潟2200が長いということはないだろうが、近年の菊花賞でスタミナを問われる展開になるほうが珍しいわけだから天皇賞秋に行かずに菊花賞に出て来いや。
○ステファノス
ディープインパクト産駒だが母系からのパワーが強めに出ているのか、完全な切れ味型というより強引に自分のペースに持ち込みたいタイプ。
中山に比べて新潟なら周りも仕掛けに慎重になるだろうから早めに馬場のいいところを選んで抜け出したい。
▲ショウナンラグーン
できれば中山2200でやりたかった部類だろうが、半端な距離なら任せとけのシンボリクリスエス産駒だけにそこまでの心配はいらないか。
長くいい脚を使わせたら世代でも屈指だけに、東京ほど上がりが速くならないだろう今の新潟なら青葉賞の再現も。
△デルカイザー
新緑賞では馬体重を大きく減らしながらハギノハイブリッドと接戦をし、立て直した休み明けの前走では古馬を一蹴。500万で重賞クラスでも活躍した馬達と渡り合っただけのことはあった。
メンバー強化で試金石の一戦だが、兄はムスカテールで母系もスタミナ型トップヴィルなら本番でも見てみたい。


ローズS
◎ヌーヴォレコルト
ようやく僕の辞書にヌから始まる国内GI馬が出てくれた。今までヌエボトウショウでずっとお茶を濁してたから…。
レッドリヴェールとの一騎打ちムードだが、春に順調さを欠いた相手となら一強と見る。
○サングレアル
ただでさえ小さい馬体なのにオークスではマイナス14キロで400キロちょうど。走らせるのを躊躇うような状態だったし大敗もやむなし。
コンスタントに仕えない辺りも輸送や連戦に耐えられないことからもむしろ休み明けの地元はベスト条件だろうから権利まで。
▲ヒルノマテーラ
勝ち上がりは今年の5月と時間を要したが、そこからは順調にレースを使いながら上昇。距離も延びてから本領発揮してくる辺りがマンハッタンカフェ産駒らしい。
かったるいドスローよりは重賞の厳しい流れのほうがピリッとするタイプだろうから前が速くなるズブズブの展開になれば。
△リラヴァティ
未勝利を脱出するのに苦労しながら重賞でも3着に好走しつつ自己条件でコケる。実に正しいゼンノロブロイ産駒の姿。
いかなる時も自分の力は確実に出せるタイプなので、あとはそれが展開にうまくハマるか。


阪神ジャンプSまでの成績 4/95 ‐136080円】返還5400円


罰ゲームに近い徳島出向>胴長熊猫

今日のボックス(阪神ジャンプS編)

仕事のある土曜日


こういうときに限って馬券が当たって悔しいと思うかどうせ外れるから数千円使わずに得したと思うか。
その浮いた金でオータムジャンボを買うかtotoビッグを買うか。
やっぱ生活費に回すか。


阪神ジャンプS
◎メイショウブシドウ
復帰緒戦の小倉サマージャンプは好位追走から危なげなくマクリ上がって後は突き放す一方。休み明けとは思えない楽勝ぶり。
今回も特に強そうな相手は見当たらないし落馬がなければ普通に勝ち負け。
○マーリンシチー
前走はマイナス12キロと大きく馬体重を減らしていたが3着。障害転入後に掲示板を外したのも一度だけと安定感も光る。
久々なのとスタートがあまり良くないので最内枠をうまく乗り切りたい。
▲シゲルヘビザ
ここ2戦はOPで後方からソコソコの競馬を見せているがやや頭打ち。さすがに未勝利を除けば障害が逃げ馬総崩れになる可能性はかなり低い。
勝ち上がったときは番手から押し切る競馬ができたわけだから、父アドマイヤドンだし前でスタミナ勝負をしてくれたら。
△ドリームセーリング
逃げたときにはしぶといが逃げられないと非常に脆い淡泊なクロフネ産駒。潔いと言えば潔い。
ここはオースミムーンという強力な同型がいて展開がカギだが、相手も近況が今一つだけにハナを主張すれば行き切れるかも。


セントウルSまでの成績 4/94 ‐133680円】返還5400円


現実的>胴長熊猫

三連休の過ごし方


言わずものがな


最初は東京記念を買うためにパルス藍住に来てみたが、珍しく名古屋競馬を併用発売していたので手を出す。
10頭前後しかいないのに4頭は減量騎手という新人天国。いつの間にか友森の▲が取れていたり池田敏樹が乗っていたり。


ユーロビート頭で>胴長熊猫

今日のボックス(京成杯AH&セントウルS編)

嬉し恥ずかし


サラブレでやってた血統クイズでコッソリ8問正解で名前が載っていたので「おぉ!」と思ったものの、回答まで載ったので間違えた2問はサッパリわからなくて当てずっぽなのがバレバレ。
ついには海外馬は英語で書きなさいという注意書きを見てなかったせいで、全部カタカナで回答してしまうマヌケぶり。


京成杯AH
◎クラレント
今年は中山競馬場が改修工事の関係で新潟連続開催になっていて、小回りが苦手な馬達も残って滞在競馬を使うなど頭数が特に芝コースでフルゲートが多い気がする。
いつもなら関屋記念ちょい負け組を狙うのがセオリーだが、同じ舞台ならもう一丁あっても。
○サダムパテック
GIを勝ったことで斤量が増えて使えるレースが狭まったのが堪えてなかなか思うような結果が出せなかったが前走で久々の勝利。馬場が渋ったのもあるが、ずっと1秒以内の競馬をしていたわけだから具合は良かったということか。
ハンデを背負うのは仕方ないが、Aコース7週目なら1分31秒台にはならないだろうから馬群をロスなく捌ければ。
▲ウイングドウィール
お母さんは中山牝馬Sを勝ったが娘はどちらかというと左回りが得意なタイプ。前走はブービー人気だったが中団からしっかり伸びて差し切った。
骨っぽい相手が揃って重賞でもやれるかという試金石だが、ジャスタウェイの新馬戦で3着がある馬だしGⅢなら見劣らない。
△ブレイズアトレイル
ここ数戦は接戦に顔を出しているものの、ゴール前での一押しが足りずに掲示板までに終わっている。ダイワメジャー産駒らしいと言えばそれまでだが、もどかしい。
OPなら連対できるだけに重賞以上で勝ち負けするには何か思い切った作戦が必要かも。


セントウルS
◎ハクサンムーン
春はオーシャンSでは前崩れを誘発し、高松宮記念では大出遅れ。情けないほど競馬にならなかった。
立て直された今回はとうとう鞍上を戸崎にスイッチしたが、返し馬で暴れる癖のある同馬をいかになだめてレースに向かえるか。
○トーホウアマポーラ
条件戦レベルなら1400以上でも通用したがやっぱり1200がベストのようで、CBC賞でもスプリント力を発揮して重賞勝ちを果たした。
小倉1200を使う選択肢もある中でここまで待ったのもGIを意識したことだろうから、本番に向けた形でどこまで。
▲リトルゲルダ
昨夏も重賞に挑戦したが3着までで賞金を加算できなかった。冬場は苦手なのかOPクラスでは前に行っては潰れるだけというレースしかできなかったが、夏場に再び調子を上げて重賞勝ち。
阪神1200は1600万条件を勝ち上がったコースだし、少し涼しい程度ならまだ何とかなるはず。
△アルマリンピア
休む前はやや後ろから脚を伸ばしてくる競馬をしていたが前走は先行勢に絡んでいって早々と脱落。勝ち馬が早めから押し切る形だったから馬場を考慮した結果だろうがちょっともったいなかった。
今回は逃げ馬が揃って付いていくことはないだろうし溜める元々の形に戻って改めて。


新潟記念までの成績 4/92 ‐128880円】返還5400円


勉強になりました>胴長熊猫

今日のボックス(新潟記念&小倉2歳S編)

あぁ…


久しぶりに大学時代のバイト先の先輩に会ったら、お母様のアレがソレになったからブチ込んだみたいな近況を聞かされて。
どこどこにあるとか、最初は3ヵ月しか入れないとか「お前は知らないだろ?」的なトーンで話してくるが、経験者だし。「あぁ、あそこ入る道が狭くて分かりにくいですよね」と合わせるわけにもいかず。


新潟記念
◎アドマイヤタイシ
一年近い休養を経ての3戦だが、とりあえず先行する脚は衰えておらずシングスピール産駒らしく長く活躍できている。
特別調子が良いようには見えないが、似たような煮え切らないメンバー構成だし前々でうまく立ち回ってくれば。
○ステラウインド
海外遠征など色々な経験を積んできたが最終的に2000がベストの父ゼンノロブロイ同様の中距離馬。先々も2400は上がり勝負の東京だけになりそう。
意識的に中山を避けて使われているので、あまり馬場が悪くならなければ。
▲メイショウナルト
小倉記念は雨で悪化した馬場に脚を取られそうになる中で外差し馬を向こうに回して3着。七夕賞がフロックではないことを見せ付けた。
今回もハナに行けそうなメンバーだし、ハーツクライ産駒なら競馬場よりも状態が重要なのでイケイケの間は押さえたい。
△ニューダイナスティ
クラシックでは力不足を露呈したがジワジワと勝ち上がって重賞でもここ2戦は好内容。母系はダイナフォーマーとサーゲイロードだし、のんびり屋さんなのかも。
好位に付けるよりは中団後ろ辺りで待機するのが良さそうだし、そういう馬なら吉田豊も合いそう。


小倉2歳S
◎レオパルディナ
名前からしてレオの冠かと思ったらキャロット。それでいて生産はビービーの坂東牧場。紛らわしい。
新馬戦→フェニックス賞と1200に強いデインヒル系スニッツェルで、GIで買いたくない馬が上位によく来るのでこれくらいでいいんじゃね?
○タムロダイチ
新種牡馬エンパイアメーカー産駒だが、今のところ額面通りの芝ダート悪い意味で兼用の1200型。ギンギンの時計勝負はごめんなさいで、ダートも軽いほうがいい。
使いどころの難しい短距離型だし、来年の今頃にはダート1000に出る馬が多そう。
▲タガノヴェルリー
中京の新馬戦で勝ち上がったが2着馬が小倉で未勝利を脱出していたしソコソコレベルの高い一戦だったかも。
ホワイトマズル産駒で1200だが、オンファイアやタヤスツヨシ産駒にやられた過去があるので敢えて買ってみたい。
△オメガタックスマン
新馬戦ではレオパルディナに敗れたが、未勝利ですぐに巻き返してきて抽選も潜り抜けられた。
サクラバクシンオーはいなくなってもショウナンカンプからプリンスリーギフトの血は受け継がれていくし、そのうちミスターシービーみたいな馬も出てこないかしら?


札幌2歳Sまでの成績 4/90 ‐125880円】返還3600円


老人ホームじゃない何か>胴長熊猫

今日のボックス(札幌2歳S編)




さっきまで暑い暑いと呻いていたのに長雨で一辺に涼しさが訪れたと思ったらセミの鳴き声がスズムシに変わっていたという。
クーラーがなくてもグッスリ眠れる反面、8時始業の会社で7時50分に起きるという危機と隣り合わせの心地よさ。


札幌2歳S
◎ミュゼエイリアン
新馬戦は大外からモッサリとしたスタートだったが、向正面で気合いを入れられると一気のマクリを見せて独走。雨の馬場も気にすることなく走り切った。
いきなり重賞なのはどの馬も同じだが、中身がエイリアンなら強いはず。
○マイネルサクセサー
新馬戦こそ逃げ馬を捕まえきれなかったが、そこから未勝利とコスモス賞は2戦続けて上がり最速を繰り出して連勝。マイネル馬らしい完成度の高さだった。
他の馬に比べてコースやクラス経験があるのは有利だし、昨年もマイネルのブライアンズタイム産駒が馬券になっているので今年も注意。
▲アルマワイオリ
内枠有利の札幌1500を1枠で勝ち上がってきたが、評判馬のタマモホットポットを退けたのは評価できる。血統は地味だが侮れないスピードだった。
それを含めて距離延長に不安は無さそうな感じなので気楽に逃げられたら。
△アドマイヤガスト
それにしても、印を打ったのがスクリーンヒーロー、マツリダゴッホ、チチカステナンゴって何だ。有馬記念か。
大外枠に入ったのがやや気になるが、新馬戦も外枠から折り合いも付いていて素直そう。ずっと外を回ると突き抜けるまでは疑問だが連下なら。


キーンランドCまでの成績 4/89 ‐123480円】返還3600円


セーフ>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク