パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(ジャパンカップ&京阪杯編)

国内組か海外帰りか


GI馬が半数を占めるだけに人気も割れて楽しみも多いジャパンカップながら、やっぱりここに海外のトップホースがいれば…と思わずにはいられない。
香港Cには遠征してくる海外馬もいるし、ジャパンカップを2000m・天皇賞秋を2400mにしてアジアGI2連戦シリーズにしたら増えるかしら?
いや、有馬記念に出る日本馬が減るか。


ジャパンカップ
◎ジェンティルドンナ
終わった終わったと言われながら天皇賞・秋でも最後にスピルバーグに出し抜けを食らっただけの2着。一番強い競馬をしていたのは間違いない。
恐らくラストランになる公算が高いだけに得意の東京2400で有終の美を飾ってほしい。
○イスラボニータ
天皇賞・秋では先行して粘りこむいつもの競馬ができたが、いつもの通り一歩届かず。結局フジキセキ産駒そのものじゃないか!
こういう馬の取り扱いが非常に難解だが、ドリームパスポートでも2着に来ていたし再び見せ場があるかも。
▲ハープスター
凱旋門賞では1頭だけどこ通ってるんだという場所を爆走しててちょっと面白かった。川田もフランスまで行って体を張った笑いを取るとは、やるな。
冗談はこれくらいにして、今のジェンティルドンナを後方からぶった切ることができるのは彼女だけだと思う。
△アップウィズザバーズ
ストームキャット×シーキングザゴールドというバリバリのアメリカンダート血統だが、何故かGI勝ちは芝。
そろそろジャパンカップで穴を開けるのはカナダ馬じゃないかと思うのと、芝1800で1分44秒台の持ち時計なら日本特有の芝の速さに戸惑うこともないはず。


京阪杯
◎ヘニーハウンド
3歳春で消費期限を迎えるヘニーヒューズ産駒だけにもうほっといても問題ないだろうと思いきや、前走の勝ち時計1分6秒台!?何があった…。
連チャンで重賞でも出番があるのか微妙なところだが、内枠に入れたし中で我慢が利けば同じ脚が使えても。
○ワキノブレイブ
後方からになってしまった北九州記念を除けば1200路線のOPでも顔を出せるようになった新鋭。マイネルラヴ産駒らしい詰めの甘さは残るが、何とか安定感に変えたい。
前に行きたい馬が多いので出負けしないようスタートに気を付けたい。
▲アルマリンピア
最後に差してくる力はあるものの、OPクラスになるとうまく溜めを作れないと届かないマクられるで成績も安定しない。母父ブライアンズタイムだし前々勝負でもいいと思うが。
2着が多い成績だけに何か変わるような切っ掛けみたいなものがあれば。
△サドンストーム
すっかりこのクラスでは古参になりつつあるが、追い込み一手で時計が速くなるとすぐ出番がなくなるのがネック。好きな馬だけに頑張ってほしい。
前が速くなっても前崩れになりにくいコースなので、出遅れてでも内に潜るか大外ブンマクリで先頭に躍り出る競馬ができれば。


京都2歳Sまでの成績 4/128 ‐213360円】返還5400円


芝を海外に合わせるか>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(京都2歳S編)

ボーナス


ここ2年、会社は赤字続きなのにボーナスと昇給は上がり続けていておかしな感じだったが、今冬のボーナスは夏の半分以下。
帳尻を合わせたといえばまぁそんなもんだが、ボーナスって半期の成績を評価しての支給ではないかと考えるとやっぱりこの会社の経理はおかしい。


京都2歳S
◎ティルナノーグ
前走は直線半ばでトーセンバジルと一騎打ちになったが新馬戦同様に競り勝ってみせた。休み明け、プラス16キロと言う中での結果だけに内容も濃い。
母系がゴーンウエスト×ジルザルだけに3歳春までが一つの賞味期限になりそうなのでここも堅軸。
○シュヴァルグラン
ハーツクライ産駒ながらデビュー2戦とも番手からの競馬で2・1着。2歳戦は先行して上がり最速を叩きだせるかが出世への近道だけに、後ろからしか競馬ができないよりはずっといいのでは。
ただハーツクライ産駒は2着も多い血統なので、勝ち切るまでに到るか。
▲フローレスダンサー
新種牡馬ハービンジャー産駒として当たりかハズレかを見定める重要な馬。でもやっぱり社台の息が掛かった新種牡馬は失敗する時代じゃない気がする。他が弱すぎる。
アルテミスSはかかり気味に先行したココロノアイが押し切る流れで、これを最後方から4着ならむしろ上出来。牡馬相手に距離延長だが期待の方が大きい。
△ベルラップ
新馬戦は勝負所で置いていかれ、野路菊Sはスローのヨーイドンに反応遅れ。現状は自分から競馬を作りに行って競りかけられてから我慢するタイプ。
並ぶ間もなく交わされたら仕方ないが、馬体を接しての叩き合いになればもう少しやれてもいいのでビュイックがどう乗るか。


東スポ杯2歳Sまでの成績 4/127 ‐210960円】返還5400円


出ないよりは良いけど>胴長熊猫

今日のボックス(東スポ杯2歳S編)おまけプラス

蚊が


安いボロアパートの割に断熱がよいのか冬でもソコソコ暖かい我が家。
暑すぎるからか夏場にあまり見なかった蚊どもが毎日のように暴れ回って刺しに来るのでゴキジェットプロ二刀流で対処してます。


東スポ杯2歳S
◎ジャストドゥイング
新馬戦で僅差負けしたブライトエンブレムが札幌2歳Sを制しただけあって未勝利→芙蓉Sと連勝。スローとはいえ上がり32秒0はおかしくないか?
1戦1勝の馬が人気になりがちだが今年は大敗していても500万を使っている馬が重賞で強かったりするので人気の盲点を突けたら。
○サトノクラウン
父のマルジュは母父ではよく見かけるラストタイクーンから来るノーザンダンサー系。母系がミスワキ×ヴェットーリと書かれると時代の流れを感じずにはいられない。
日本の芝に合いそうな反面、叩き合いの勝負根性に乏しいイメージなのでサッと抜け出して押し切るか。
▲グリュイエール
今年の4月くらいまではPOGりんの1位指名馬候補だったが藤原英厩舎に決まったので競合確定を理由に消した馬。こんなのばっかだ俺のPOG。
6頭立ての新馬戦を落としたときは「やっぱ食わせ者か?」と思ったが、未勝利を簡単に勝ち上がれたし負けた相手も500万ですぐに2着に来ていたので力はあると思う。
△ストリートキャップ
母父オグリキャップで少し騒がれたが、父がこれまたダートのゴールドアリュール。その割に前走は上がりの競馬で最後まで粘っていたのは祖父譲りの根性かね?
派手さはないものの堅実に力を出せる馬が2歳の内は有利なので、番手から叩き合いに持ち込みたい。


マイルCSまでの成績 4/126 ‐208560円】返還5400円


嫌な目覚まし>胴長熊猫
続きを読む

今日のボックス(マイルCS編)

3連休


昨日は休日出勤したので気分的にはいつもの土日と変わらないが、土日で5つも重賞があるかと思えば3日開催して2つだけの日もあり。


マイルCS
◎ワールドエース
毎日王冠ではそれまでの行きっぷりが見られずズルズル後退してそのまま。過去に馬券圏外に負けたレースはすべて関東で、ひょっとしたら輸送に問題があるのかも。
今回は地元でできるうえにマイラーズCでは番手から33秒4で上がる脚を見せていたので、ブドーがやる気を引き出せるか。
○ホウライアキコ
春のクラシック路線ではあまり見せ場は作れなかったものの掲示板は外さない走りをしていて、展開一つで連対まで行けてもおかしくなかった。
半年ぶりなのが気になるが、過去にも二桁人気で持ってきた和田騎手が1枠を利して飛び込んできたら。
▲グランプリボス
安田記念ではジャスタウェイに最後まで食い下がり、スプリンターズSでは先行から見せ場たっぷりの4着。6歳とは思えない充実ぶりで本当にサクラバクシンオー産駒?
外枠に入ったのとGI勝ちはすべて外国人騎手が乗ったときなのはマイナス要素だが、ミッキーアイルのケツをつつく競馬ができれば。
△クラレント
こちらはダンスインザダーク産駒らしくここへ来て重賞連勝。同じ新潟1600なので得意なのは当たり前か。
兄弟がGIではイマイチなのと京都ではデビュー時にしか結果が出てないので強気にはなれないが、この血統で苦手とも思えないので。


エリザベス女王杯までの成績 4/125 ‐206160円】返還5400円


もちっと分けてよ>胴長熊猫

今日のボックス(エリザベス女王杯&福島記念編)

草野球


今シーズンも最終戦。
僕は活躍してないがチームは勝つ!
朝4時に起きていま終わって予想してアップ。


エリザベス女王杯
◎ショウナンパンドラ
秋華賞は「紫苑S組が今年は新潟開催だったから臭い」なんて言いながら無印。よく考えたら唯一のディープインパクト産駒を無視するのは無謀だった。
それを一転して本命にするのも恥ずかしい話だが、京都外回りになってマイナスな血統ではないし内が荒れてきて外差し気味の馬場も味方になりそうなので。
○ヌーヴォレコルト
前走は出遅れが全てで、外をブン回してよく2着まで届いたなという印象。スムーズな競馬ができていれば…と思ったファンも多いはず。
こちらも外回りになれば楽に捌けるようになるだろうからと1番人気になるのは頷けるが、ハーツクライ産駒には2着が多いコースなので再度の差し損ねにも注意。
▲キャトルフィーユ
ゴール前での大混戦になった府中牝馬Sでは4着だったが、それまでの先行から差しに回って切れ味負け。カロ×サーゲイロードの母系だしやっぱり前々で我慢する競馬のほうが合うのかも。
鞍上強化でルメールを配して来た辺りも、なりふり構わず結果を求めてきた感じで不気味。
△ラキシス
やっぱり2000以上なら走る。母はストームキャット×ファピアノなのにねぇ、血統って不思議。
何が何でも逃げたいような馬が見当たらず、例年以上にスローか、もしくは向正面からのマクリ合戦になりそうな気配だが、前者になれば昨年のように最後まで粘れるスタミナがものを言う形になるかも。


福島記念
◎メイショウナルト
だってばよ。ごめんなさい…。
NARUTO読んだことないの。
何かサイン馬券の臭いがするからさ、つい。
○マジェスティハーツ
色々な条件を使われているが、基本に立ち返ってハーツクライ産駒を考えたら1600は短いし後方すぎると詰めが甘い。
福島2000は馬場が荒れても悠長に外を回すと届かないし、内に拘ると前が開かないのでこういうコースでこそコンビを組む森が他のベテラン騎手とは違うというのを見せ付けてほしい。
▲ナカヤマナイト
中山記念を勝ったおかげでキツイ相手と対戦せざるを得なくなり成績を急落させたが、GIやダート戦を除けば新潟大賞典と前走のオールカマーくらいしか適鞍で走っておらずそのオールカマーもコンマ4秒差。
ようやくメンバーも楽になって背負い慣れた57キロなら力を出せばおのずと結果は付いてくるはず。
△ムーンリットレイク
3歳時にはプリンシパルS2着がある実力者だが、OPに上がってからは何故か福島巧者のディープインパクト産駒。と言うか上がりに限界があるから上のクラスだと時計の掛かる馬場じゃなきゃ通じないだけかも。
福島芝2000のディープインパクト産駒は1着が1回しかないわりに2着が10回もある「届かないコース」なので連下まで。


武蔵野Sまでの成績 4/123 ‐201360円】返還5400円


若いって羨ましい>胴長熊猫

今日のボックス(武蔵野S&デイリー杯2歳S編)

禁断症状


先週、土日とも休日出勤して競馬を一切見なかっただけで1ヶ月はやらなかったような気分。
そしてレープロを取った途端、別に先週いなかっただけだなと我に返る。


武蔵野S
◎エアハリファ
3歳時にはホッコータルマエらと接戦を演じていた馬で、休む前のアハルテケSではベストウォーリアを撃破。地方GIなら既に勝負できるだけの実力を有してると言っていい。
父がストームキャット系なので1800では頼りないが、芝よりの東京ダート1600ならスピードも活きるし鞍上以外は好材料だらけ。
○キョウワダッフィー
ダート替わりしてからずっと3着以内が続いている馬で前走では重賞でもいきなり2着。格が上がっても気にしないあたりキングカメハメハ産駒らしい。
1200~1400ばかり使われていて1600に距離延長なのが気になるが、母系はブライアンズタイム×イルドブルボンなら2800時代の東京大賞典でも走らせたいくらいなので克服も可能なはず。
▲タールタン
徹底した逃げ馬や追い込み馬が多いダート路線では珍しい好位抜け出しタイプで、それだけにここまで取りこぼしも散見されたがようやくOPに定着。
エーピーインディ系だが高齢になってもしぶといタピット産駒で、そろそろエンジンが掛かってきたなら正攻法で頑張ってきた成果が発揮されても。
△ロイヤルクレスト
マリーンSではサンビスタ、実は条件時代にもワイルドフラッパーに勝った実績があるレディキラー。書き方がエロイな。
芝でもセントライト記念に出ていた馬だが、JBCを見てもロージズインメイはやっぱりダート種牡馬なんじゃないですかね…。


デイリー杯2歳S
◎アルマワイオリ
だからJRAさんよぉ…作ればいいってもんじゃないんだよ、9頭立ての重賞とか存在させるな。
札幌2歳S敗戦組は500万を人気で吹っ飛ぶかしっかり勝ち切るかのどっちかで、こちらは勝ち切れたし母も2歳女王スエヒロジョウオーの娘とあれば注目されすぎない内が華。
○ナヴィオン
もう福永の馬になってやんの。的場も辛いな。
後方からの切れ味はメンバー屈指なのは間違いないが、このところ福永がやけに通るところに拘り過ぎて前が詰まって届かないみたいなことをよくやらかすのでここでも警戒。
▲ケツァルテナンゴ
チチカステナンゴ産駒の扱い方を調教師がわかってきた頃にいなくなる。死んだ種牡馬の仔は走るのもそういうところに原因があるのかも。
中京2歳Sはレベルが高いとは思わなかったが、馬体重マイナス16キロで勝てたわけだしこの馬自身の能力ならまだ見限らないほうが良さそう。
△グレイスフルワード
新馬戦は牝馬限定ながら先行して上がり最速にまとめる好内容。たいてい後方から追い込んだだけの馬が上がり最速になることが多い中でこれなら勝ち時計を無視しても評価できる。
いきなり重賞と言っても重賞と名乗っていいレースじゃないし連チャンがあっても。


みやこSまでの成績 4/121 ‐196560円】返還5400円


はぁはぁ>胴長熊猫

おみやげ


ネコ


ようやく晴れてサッサと仕事を見届けて帰宅。
雄琴に寄れなかったのは心残りですが、コヤツと存分に戯れたので満足。
野良なのに人間慣れしすぎてて、隣で電ノコ使おうが資材担いだ鳶の兄ちゃんが跨いで通ろうがお構いなしに日向ぼっこし、昼飯の塩さばを要求してくるので代替で煮物の椎茸を差し出しても食べる逞しさ。
ただ、携帯カメラを向けるとそっぽ向くクールな乙女(メスなんだと)。


里芋は拒否された>胴長熊猫

今日のボックス(アルゼンチン共和国杯&みやこS編)

雨が降る~


商品は来ない~
どのみち天気が悪いと仕事にならない業界ですので別に気にならないというか僕はほとんど見てるだけ。
職人の仕事場に素人が首突っ込んでも仕方ないんでさぁ。


アルゼンチン共和国杯
◎クリールカイザー
OPクラスに上がっては跳ね返されてを繰り返しながら1600万との壁に苦しんできた馬。だが、今年はここまで掲示板外がなくいよいよ本格化したかも。
新潟2200で3着だったようにジリジリとバテない末脚は半端な距離でこそ真価を発揮するので後ろすぎない中団でジックリ構えたい。
○アドマイヤケルソ
アドマイヤドン産駒だからダート得意と思いきや、芝に替わって追い込みで結果を出した変わり種。母がアドマイヤフジの半姉だし芝でもやれる下地があったということか。
テンが遅いので確実に後ろからになりそうなのが気掛かりだが、天気が悪くなれば台頭してもおかしくない。
▲スーパームーン
藤沢和厩舎とあって人気先行したり、長期休養があったりして出世に時間を掛けたがブライアンズタイム産駒だしここからが本番だと思いたい。
重賞は札幌記念で大敗したが、今回のメンバーとは条件戦時代に対戦したこともある顔馴染みに近いので気後れはしないはず。
△ネオブラックダイヤ
しばらく大敗が続いていたが着順ほどひどい負け方をしているわけではなく、展開のアヤで結果的に合わなかった感じか。
前走は逃げ切りだが、特別逃げなければ勝負にならない馬ではないので当日の馬場状態と相談しながら作戦を決められるのは強み。


みやこS
◎ニホンピロアワーズ
帝王賞では4着に敗れたが、上位2頭はJBCでも結果を出していてまだまだ世代交代には早すぎるといった雰囲気。
アンタレスSでも好位に取り付ける力を持っていたし中央の速い流れに対応できるなら普通に勝ち負け。
○ソロル
ここ2戦は中途半端な競馬なのと、馬体重のベストを陣営が計りかねて乱高下させてしまったのが重なって大敗してしまった。今まで通り溜める競馬と480キロ台なら巻き返せる。
雨が降って内枠だけに砂を被る形でやる気を削がれなければ。
▲クリノスターオー
今年のダート路線一番の上がり馬で、人気も徐々に上がっていきとうとう1番人気。
ただ、みんなが実力を認めて周りからもマークされる立場になったときに同じ走りができるのか。この血統だけに気楽な人気の時が走りやすそうだが。
△アスカノロマン
カゼノコはJBCで赤っ恥に終わったが、イスラボニータは天皇賞・秋で3着、ミッキーアイルがスワンSを制していて世代的には古馬相手でも申し分ない成績を残している。
この馬も同世代相手に取りこぼしたが古馬相手の1000万・1600万を突破したし、より厳しい流れのほうが競馬がしやすいのかも。あとは大外枠を太宰が乗りこなせるか。


京王杯2歳Sまでの成績 4/119 ‐191760円】返還5400円


メインは買い出し>胴長熊猫

今日のボックス(京都ジャンプS&ファンタジーS&京王杯2歳S編)

取り急ぎ


仕事でお出かけ中のときに限って3つも重賞がありやがる。


京都ジャンプS
◎メイショウブシドウ
夏の小倉を始動戦にして重賞連勝。前走も逃げる相手を最後にキッチリと差し切ってみせた。
現状、不安要素は落馬だけで、まともに走られたら今回のメンバーでは太刀打ちできなさそうなので無事に回ってきたら。
○オースミムーン
長らく続いていた不振からようやく脱出の兆しを見せて連続3着。以前のような軽快な逃げ脚よりは道中を静かに入る形がだいぶ板に付いてきた。
気分良く運びたいタイプなのでむしろ大外枠はプラスになりそうだし、このメンバーなら能力上位。
▲ホッコーゼニト
最近、障害のレースでやたら難波が来るような気がしてるんだが。昔は黒岩を無条件で押さえていたけど今の旬は難波か。
新潟ジャンプSでは大マクリでエイシンホワイティを慌てさせた脚は使いどころが合えば重賞でも通用するはず。
△レッドアーヴィング
スンナリ逃げられれば前走のような競馬もできるが、途中で絡まれると途端にやる気を無くしてしまう困ったちゃん。
マクリ型の馬が多いので向正面までリードを保っていられるかが課題だが、高速馬場を味方にハイペースの逃げを打てたら或いは。


ファンタジーS
◎レオパルディナ
どうしてもこの馬を見ると「レオ」の冠なのに関西馬なの?と勘違いしてしまう。
小倉2歳Sは勝ったと思ったところをオーミアリスに持っていかれてしまったが、前に行きたい馬だらけの中で番手から最後まで走っていたのは好感が持てる。父もデインヒル系なら時計勝負は望むところだろうしGI前までなら。
○ダノングラシアス
りんどう賞は後方から勝ち馬と同じように伸びてきたものの僅かに届かず。脚色が変わらなかっただけに一瞬の反応に差が出た。
マンハッタンカフェ産駒だけに1400の切れ味勝負は分が悪そうなので、インで蓄めるか早めに動くか工夫がほしい。
▲ニューエディション
今回のメンバーでは珍しく1600経験がある馬で、以前はデイリー杯2歳Sからの参戦があったので来年以降も距離短縮の馬は少なくなりそう。
未勝利戦はハイペースながら中が緩んでゴールまでラップが速くなる特殊レースに対応したし、重賞でいきなり厳しい展開になっても平気なのでは。
△ルアンジュ
新馬戦は11秒台が続いて最後は13秒台まで落っこちる消耗戦。こういう展開でこそ父マンハッタンカフェは活きる。
姉もブライアンズタイム産駒ながら1400以下を得意にしていたし、先手を奪ってスタミナ比べに持ち込みたい。


京王杯2歳S
◎ニシノラッシュ
新潟2歳S3着の実力は伊達ではなく、くるみ賞は並み居る追い込み馬たちを番手から押し切って完封してみせた。
今回もアクティブミノルが引っ張る展開を見ながらになりそうで、また追い込み馬も多いので前走の再現があっても。
○ロンバルディア
新馬戦は好位追走から抜け出せたが、休み明けの前走は馬体重もプラス14キロでスタートもモッサリとしてしまい4着だった。
一つ使ったことでピリッとしてくれば再び先行はできるだろうから、外から強気に割って入る競馬をしてみたい。
▲オープンザウェイ
いちょうSではゴール前の熾烈な2着争いの一角に加わって4着。さすが追い込み不利の函館1200を追い込みで勝ち上がっただけのことはある。
ヨハネスブルグ産駒なので1ハロンでも距離が短縮されるほうがいいだろうから、1400に替わることでテンに置いていかれなければ。
△コウソクコーナー
名前と父サクラバクシンオーらしく新馬戦は楽に突破したが、昇級してからの2戦はやや大事に乗りすぎてどっち付かずの内容。もっと派手に乗り回すくらいで丁度いいかも。
2歳重賞が乱立して頭数が揃わないのは欧州競馬で十分。来年はダート1600に変更しようぜ。


JBCデーまでの成績 4/116 ‐184560円】返還5400円


明日まで>胴長熊猫

今日のボックス(JBCデー編)

模様替え


コタツを出すのをいい機会にすべく部屋の整理整頓を行い、ついでに配置を換えていったらゴミ袋に4つも貯まるほど不用品。
まだ3年ほどしか住んでいないのに。こんなにいっぱいの抜け殻集めて、無駄なものに囲まれて暮らすのも気にならないと知った。


レディスクラシック
◎ワイルドフラッパー
ブリーダーズゴールドCでは不覚を取ったが、前走のレディスプレリュードでは雪辱。中央GⅢで牡馬相手に3着まで来る力はやはり伊達ではない。
JRA勢の新興勢力はいずれも勢いがありそうだがまだまだ牝馬ナンバーワンの座は譲れない。
○ブルーチッパー
デビューから一貫してダート中距離を逃げまくる牝馬で、3歳時と休み明けを除いて馬券圏内に入っている。
シーキングザゴールド×ティズナウというアメリカンな血統なら人気2頭が牽制する間にスルスル逃げ切る形も警戒すべき。
▲サンビスタ
一騎打ちを期待したレディスプレリュードだったが、逆に力の違いを見せ付けられる結果になった。撒き餌か本物か。
逃げようと思えば逃げられるだろうが、目標にされるのはお互いに嫌だろうから仕掛けどころに注意。
△マイネエレーナ
中央時代は500万の短距離で四苦八苦していた芝ダート兼用型だったが、地方に移籍してから距離延長にも少しずつ対応しはじめて埼玉栄冠賞では1900で大差勝ち。
交流重賞では行き脚で負けるところがありなかなか自分の形に持ち込めないが、地方代表として一角崩しがあれば。


JBCスプリント
◎コパノリチャード
今年も芝路線から転向してきた馬がいたが、昨年のドリームバレンチノよりは強力だとは思う。
道悪の高松宮記念を勝っているからダートでも走れそうな雰囲気はあるし、逃げ馬有利の盛岡ならポンと出たら押し切るだけの力もあるはず。
○ノーザンリバー
実績は今年のメンバーでも最右翼だが、地方勢に詰め寄られたり捕まえきれなかったりとやや不安定な部分が否めない。差しが届きにくいという面では盛岡はマイナス。
スタートも馬なりに出ていくタイプなので、隣のコパノリチャードが故意に幅寄せしてきて蓋をされたら厳しい展開も覚悟。
▲ドリームバレンチノ
地方交流重賞でもすっかりお馴染みの顔だが意外に勝ち鞍は1つだけで、2着が3回と芝の時と同じような成績に落ち着いている。
左回りは中央だけだが馬券圏内がないのは気掛かりだが、周りに速い馬がいないので位置を取りやすいのを味方に対応したい。
△サトノタイガー
キングカメハメハ産駒で中央時代はなぜか2000を中心に使われていたが勝ち鞍は1600ばかり。母系はサンデーサイレンス×ファバージだし1200を使うべきじゃね?
ちょっといい時期を逃していて勝ち切るには厳しそうだが、芝のOPでもやれていた地力はここでも上位のはず。


JBCクラシック
◎ホッコータルマエ
ドバイWCでは無様に散ったがオールウェザーはダートのようでダートじゃない馬場なのでやむなし。そのうちダートに戻ればまた面白そうだけど、スタホみたいに砂漠でやれ。
フェブラリーSでは慎重になりすぎて逃げ切りを許したが、今回は自力全開のけれんみのない先行押し切りを期待。
○ワンダーアキュート
勝ち切れないレースが続いていたが帝王賞で久々のGIゲット。中央だとテンに置いていかれるようになりそろそろ買えるのも東京大賞典が最後か。
もともと大崩れしないタイプで、今回も逃げ馬が揃っているのでピッタリ後ろに着いていって抜けだしを食らわせられるか。
▲コパノリッキー
フェブラリーSの勝利をフロックと言われないために尽力した春シーズンだったが、かしわ記念と帝王賞で力を見せたし来年以降もこの路線を賑わす存在になりそう。
力のいる大井では2000がギリギリの感じだったが、幾分は軽くなる盛岡ならもう一粘り利いても。
△ベストウォーリア
マイルCS南部杯はさすがにメンバーに恵まれたのもあって完勝。あれを落とすようならこの路線では生き残れない。
GIというより、まずは挑戦権を得たと言う状態だと思っているがエーピーインディ系なら勢いのあるうちに力のあるメンバーにぶつけたい。


天皇賞・秋までの成績 4/113 ‐177360円】返還5400円


箱を捨てられない性分>胴長熊猫

今日のボックス(天皇賞・秋編)

仕事も良し悪し


何やら係長が都合が悪く、後輩が昨日から出かけていて休日出勤のお鉢が回ってくる。
本来ならGIの日に出てくるなんてごめん被りたいが、財布の事情を考えたら手当てが出るのも嬉しいし、課長が部品をひん曲げて替わりがないので結局週明けでもう解散。
用意してる間の避難経路のペンキ塗りしかしてないけど日当は発生。


天皇賞・秋
◎スピルバーグ
デビュー直後からフェノーメノやゴールドシップらと鎬を削ってきたが勝つには至らず、プリンシパルSを勝ったが休養に入ってしまい出世には大きな時間を掛けてしまった。
それでも昇級初戦の毎日王冠は逃げ粘る相手に上がり2位の脚を使って3着。ダービーは勝てないが天皇賞・秋は勝てる藤沢和厩舎なら一気の大躍進も。
○フェノーメノ
天皇賞・春が初GIの馬はそれが生涯最初で最後のGIというマイジンクスを掲げていたがアッサリ連覇。同一GIだからジンクスは破れていないと言い張るべきか否か。
休み明けを苦にせず、東京も得意の舞台で、蛯名がこちらを選んだなら気にせず買ってみたい。
▲ディサイファ
前走は最内枠に開幕週と言う事で意識して好位のポジションを取りに行ったが、最後に一伸びを欠いて4着まで。本来の中団待機ならまた違ったかも。
馬場が悪化すると全馬が4コーナーで膨れていつも以上に外を回らされることもあるので、なるべく壁になるのを覚悟で内に留まりたい。
△エピファネイア
シンボリクリスエス×スペシャルウィークだが、母系のマルゼンスキー・ニジンスキーが出ているのか妙に2400以上で力を発揮する。知ったげに香港なんか行かず天皇賞・春なら勝てたんじゃね?
ウイポみたいにバーデン大賞→BCターフ→JCみたいなローテを組んでみたい馬なので2000は少し短そうだし3着に期待。


アルテミスSまでの成績 4/112 ‐174960円】返還5400円


さぁ競馬行こ>胴長熊猫

今日のボックス(アルテミスS&スワンS編)

残高ががが


今月は2回も草野球に行った上にGI戦線が始まって何かと物入りなところへ持ってきて明日が天皇賞・秋の明後日がJBCデー。
だが給料日は週明け。


アルテミスS
◎テンダリーヴォイス
前走のアスター賞は最後に飛び込んできたが惜しくも2着。負けた相手が先週3連勝を飾ったコスモナインボールだったしやはり素質はある。
今回は不利な大外枠でどんな競馬をするかだが、POGりんで最後まで悩んだ1頭だけに俺を大いに悔しがらせてほしい。
○トーセンラーク
この娘、POGりんの補欠馬だったんだが…。半年前のリスト作ってる自分に延髄斬りしたい。
クローバー賞では先行して勝利したが、東京1600は未勝利を後方から追い込んで勝ち上がった舞台で経験があるのは強み。この馬まで走られたら涙が止まらない。
▲メイショウメイゲツ
母スクービドゥー…。お前まで、あぁお前まで俺のPOGりんを笑うのか。いや、小島太嫌いだからいいんだけど。
まぁ、かつてのハブルバブル獲ってディープブリランテ獲らなかった事実に比べれば…と思いたい。
△スマートプラネット
何せ難しい2歳重賞。京都2歳SもいちょうSも重賞になるけど、一つくらい全日本2歳優駿トライアルにしてくれないかね?京王杯2歳Sをダート1600とかで。
逃げ馬には辛い枠順とコースながら、クラシックまで目を離せないファルブラウ牝馬だけに控える競馬が合えば粘り込みも。


スワンS
◎オリービン
重賞では少し足りずOPでは詰めが甘いダイワメジャー産駒だったが、ポートアイランドSではグイグイ伸びて1着。高速馬場の京都よりは阪神が得意なのは間違いない。
ただ後方から届かなかったらごめんなさいのサンデー系ではないし、雨で少し時計が掛かれば逃げ馬の脚が止まったところに襲い掛かるのも可能では。
○サダムパテック
こちらは逆にパンパンの京都でスピード勝負をやりたかったクチか。まぁ、年齢的なものもあるし1分19秒台で決められても困るだろうから湿った馬場くらいがちょうどいい。
1600でGIを勝っているがどちらかというと1400のほうが嬉しいタイプなので57キロなら好勝負。
▲サクラアドニス
条件戦では1200で通じたスピードもOPクラスになると追走で一杯に。そもそもサクラプレジデンド産駒でスプリンターやるなよって話。
ここから先だと1ハロンでも長いほうが追走にも楽だろうから、春先にディープインパクトCを押し切ったようなレースが再現できたら。
△フィエロ
マイラーズCの超高速決着に対応しOP入りを確定させて臨んだ安田記念だったが、雨の不良馬場に馬体重もマイナス10キロで500キロを割ってしまい不完全燃焼な経験になってしまった。
仕切りなおしの今回だが、雨でも引っ張っていく強力な逃げ馬がいて流れは厳しくなりそうなだけにマイラーズCのような時計勝負になってくれれば。


菊花賞までの成績 4/110 ‐170160円】返還5400円


ぐぬぬ…!>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク