パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(川崎記念編)

有給


GIがあるけどナイター競馬はやってないのでわざわざ有給を取ってまで馬券を買いに行く。
と言っても病欠や親類の冠婚葬祭を除けば年に2回、ますざぶオフ会とこれのためだけにしか使わない有給なので特に怪しまれず使える人徳。
政府が有給使えーって言っても競馬の重賞すらない平日を休みにされても困る人間なのだよ。


川崎記念
◎ホッコータルマエ
ドバイでの心の傷は完全に癒えたようで、東京大賞典では突き放す一方の横綱相撲。ライバルが東海Sに逃げる気持ちもわかる。
そのコパノリッキーが順当に勝っただけにこちらもここは落とせない。
○ハッピースプリント
南関東2冠馬も古馬相手には簡単にマクリを決めさせてはもらえず、勝島王冠では先行も試したが不発。現状は追い込み一手か。
今回はかなりメンバーが楽になったが後ろからの馬には不利な川崎コースだけに1枠をどうやって克服するかがカギ。
▲サミットストーン
東京大賞典でも期待していたが、2着に迫る3着まで飛び込んで期待以上の走りを見せてくれた。馬券を取れなかったのが痛恨の極み。
こちらもメンバー弱化でチャンスは増えそうだが、逃げ馬が大本命馬だけというスロー必至の状況だけにどこで仕掛けていくかが課題。
△ムスカテール
昨年の2着馬だがダイオライト記念で惨敗すると再び芝路線に戻って微妙な成績。白山大賞典とかなら勝てそうだけどね。
オールカマー以来なのが少し気になるところだがバカみたいな最後方待機しかできないカゼノコや、けたぐりで勝ち上がったイッシンドウタイよりは経験がある分を評価したい。


東海Sまでの成績 【0/9 ‐21600円】


夕方まですることがない>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(AJCC&東海S編)

オグリ強ぇ


昨日から始めたウイポ7だがオグリキャップがイギリスダービーを勝ったので調子に乗ってキングジョージ→チャンピオンS→凱旋門賞→BCクラシック→香港C→フェブラリーS→ドバイWCと使ったら全楽勝。追い込み指示したのに直線先頭でぶっちぎる姿はまさに怪物。
でもUAEダービーでグッバイヘイローに負けたのは内緒だ。


AJCC
◎ゴールドシップ
調子が良いから出す…って他の陣営からすればいい迷惑だろうなぁ。バチバチのGI馬が出るなんてスペシャルウィーク以来か?
普通に走ればこのメンバーに負けるわけがないだろうが、阪神大賞典のオルフェーヴルだってあり得ないやらかしをしたわけだから競馬に絶対はないということで。
○ダークシャドウ
この馬なりに頑張ってはいるがさすがにGI戦線で戦うだけの上がり目は残っていないか着差以上に負けた印象がある。
今のところロスなくピッタリ回ってズブズブの差し決着になれば出番がある感じなので、中山最終週の荒れ馬場を味方にすれば。
▲エアソミュール
フェイムゲームとどちらかを買うなら…と迷ったがこっち。ジャングルポケット産駒と言えば東京得意をイメージしがちだが、実はここ2・3年なら中山の方が倍近く成績がいい。
実際、トーセンジョーダンが馬券になってるしデムーロ頼みの所はあるけど負かすならこいつか。
△フラガラッハ
追い込み一手なのは相変わらずだが今回は横山典を乗せてきて、もう何をさせるのかミエミエ。世界のホースマンよこれが日本の伝統芸能ノリポツンだ。
デュランダル自身は短距離馬だったがオークス馬を出しているし、2200で何度も掲示板に載る惜しい競馬もしているので案外ここが適鞍かも。


東海S
◎ナムラビクター
絶対王者不在と思われたチャンピオンズCだったが、東京大賞典も含めて世代交代はまだまだと知らしめたダート路線。高齢馬が本当に長持ちする。
昨年の上がり馬としてチャンピオンズCではあわやの場面を作り出していて上昇一途、今後の交流GIに安全に出るためにもここは負けられない。
○インカンテーション
なぜかGIとなると外枠に入って何もできずに終わる馬。先行もできるがテンがあまり速くないので外枠に入ると自然に後方に下がるのが難点。
今回は内目の枠に入れたし3歳時に2勝を挙げた中京1800で今度こそ一泡吹かせたい。
▲グランドシチー
昨年のこのレース2着を最後にスランプに陥っていたが、昨秋に幾分前で競馬をするようになって復調の兆し。浦和記念は南関東勢に不覚を取ったがサミットストーンのその後を見れば別に悪いわけではない。
出遅れたくないコパノリッキーがテンから飛ばしていけばペースは速くなるだろうし、うまく前崩れの展開になれば。
△ランウェイワルツ
カゼノコ・アジアエクスプレス・ハッピースプリントらがパッとせずレベルの低さを指摘される4歳勢だが、この馬は古馬相手にも安定して力を出す性能の高さを見せている。
母系がアフリート×リアルシャダイで大一番には物足りなそうだが、前哨戦なら買えるタイプだろうから一角崩しまで。


京都牝馬Sまでの成績 【0/7 ‐16800円】


タマモクロスより速ーい>胴長熊猫

今日のボックス(京都牝馬S編)

古きよき


ダビスタで新作が出たりスマホゲーで競馬ゲームがポコポコ出てきた波動に触発されて僕もダビスタ03ぶりにゲーム購入。ウイポ7、2005年無印980円。
僕の生まれた1984年から史実に沿って展開していくのが楽しいのだが、史実に沿った馬がGIを持っていくのでちょっと不満。
悔しいのでオグリキャップでイギリスダービー勝ったりホクトヘリオスで年度代表馬になったり。


京都牝馬S
◎ウリウリ
昨年の勝ち馬でここをステップにしてヴィクトリアマイル路線に参戦したがGIでは歯が立たず。母父がデピュティミニスター系のディープインパクト産駒は前哨戦までタイプが多い気がする。
昨秋もポツポツとしか使えなかっただけに、ジックリ乗り込んでGⅢのここなら昨年の再現も。
○ベルルミエール
スウェプトオーヴァーボード産駒に川島という組み合わせが地味すぎるのか、成績は悪くないのに1番人気に一度もなったことがない馬。単勝を買う人には嬉しいかも。
勝ち鞍は1400以下ばかりだがNZT3着と牡馬相手に1600重賞で健闘した実績もあるし牝馬だけならもう少しやれるはず。
▲ダンスアミーガ
サクラバクシンオー産駒だが昨春には2000の忘れな草賞を使われたりして出世が遅れた短距離型。と言うか一部の障害馬を除けば芝1200~1600を使う以外の選択肢は存在しない種牡馬だと思うんだ。
個人的には夏にアイビスSDか函館SSに出てきたら本命にしたいので1600で結果を残してほしくないな。
△パワースポット
毎度、後方から脚を伸ばすだけの競馬を続けて着を拾うだけ。展開と馬場が向いた上で自分よりも切れ味が鋭い馬がいないことが勝利条件ではさすがに重賞だと苦しい。
今回も愚直に後からだろうが、外をブン回すよりは内で我慢して捌くほうが好走率は高そうなのでうまく前が開けば。


日経新春杯までの成績 【0/6 ‐14400円】


天皇賞春を勝ったトレードマークって誰…?>胴長熊猫

今日のボックス(京成杯&日経新春杯編)

復活


月曜に動かなくなったお車様を修理に出して無事帰還。
走ってたらボンネット方向から「コココココ…ズコン!」って聞こえた瞬間、パワステとブレーキが効かなくなってハンドブレーキで緊急停止。前後に車がいなかったのと傍にローソンがあってすぐに避難できたのが幸い。
親父が秋華賞のティコティコタック‐ヤマカツスズランを当てて、カローラで出ていったのに今の車で帰ってきて「買っちゃった(笑)」と言った曰く付きの車だから15年も経つんだなぁ。
もう17万kmも乗ってるが、この修理で25万kmは乗れるかな(笑)。


京成杯
◎タケルラムセス
なかなかいい仔が出なかったヒシピナクルだったけど、8番仔にしてようやくOPクラスが出た。前走も人気はなかったが後方から豪快に差し切り2連勝と、クラシックに頭を出してくることができた。
今回は頭数とレベル的にも全馬の試金石になるが、ここで結果を出せばディープ軍団に一矢報いるチャンスも出てくるはず。
○ブラックバゴ
名前で判る通りのバゴ産駒だが、今までのバゴ産駒とは思えない切れ味でデビューから常に上がり1位を繰り出している。母父もステイゴールド×ホリスキーだから菊花賞まで見ていたい感じ。
差し脚はいいものを持っているがホープフルSでも先行馬を捉えきれなかったし、頭数が増えて捌き切れるか。
▲クラージュシチー
新馬戦で負けたネオルミエールは朝日杯FS4着とレベルの高さも頷ける一戦だったが、この馬も東スポ杯2歳Sで5着に来て能力の高さを見せてくれた。
勝ち上がりは多いがOPクラスで苦戦の続くハービンジャー産駒だけに、突破口になるような条件を早く見つけだしたい。
△ナスノセイカン
父ハーツクライで母はホワイトマズル産駒で芝の勝ち鞍しかなかったのに何故かダートデビュー。しかも2秒近い大敗で2連敗したあと芝に切り替えて未勝利脱出。なんでダート走らせてたの…?
それでもいきなり重賞は厳しい条件だと思うが、大外で中山2000をこなせたなら距離はもう少し延びても大丈夫だろうから今回も外枠から同じように競馬ができたら。


日経新春杯
◎フーラブライド
昨秋は3戦していずれも目立ったレースができなかったが、休み明けだった京都大賞典以外はこの馬なりに走っているのであとは展開だろう。
牝馬で55キロはやや見込まれた感があるけど昨年3着の相性を活かして今年も勝負したい。
○アクションスター
アグネスタキオン産駒で母系がルーソリテール×フォーティナイナーなことから1600~2000を中心に使われてきたがイマイチ弾け切れず。数少ないタキオン産駒の生き残りになってしまった。
血統のイメージはマイラーだが、神戸新聞杯4着があってルーソリテールは1600しか勝ててないがロベルト系。2400をこなせる下地は十分あると思うのだが。
▲ダコール
前走を見てもわかるように、OPなら敵はいないが重賞になると途端に不安定になるという見えない壁にぶち当たってる馬。そんなに?と思うが実際だからそうなんでしょう。
この馬も気付けばもう7歳で、ディープインパクトの血も飽和状態にあるので生き残るためにも勲章は得ておきたい。
△タマモベストプレイ
なかなか1400を使わないのは調教師の意地なのかそれとも本当に適性なのか。まぁ札幌2600を勝つフジキセキ産駒なんて希少価値は高そうだけど。
個人的に早く阪急杯あたり使ってほしいけど兄弟ともども得意な京都コースなので好走もアリかと。


フェアリーSまでの成績 【0/4 ‐9600円】


新車を買う金なんか無ぇ>胴長熊猫

今日のボックス(フェアリーS編)

(´・ω・)


車のエンジンが掛からなくなった。
1回休み。


フェアリーS
◎カービングパス
札幌でデビュー勝ちしたあとは11月に500万で3着。藤沢和厩舎らしいゆったりローテで無理にGIも使わずここに照準を合わせてきた。
鞍上が柴山なのとお姉さんがこのレース2番人気16着なのは気掛かりだが、現状は東京よりも中山寄りのハービンジャー産駒だし初めての多頭数に戸惑わなければ。
○オーミアリス
毎年そこが打ち止めになる小倉2歳Sの勝ち馬だが、今年は(去年か)阪神JFでもそれなりに脚を使えていて例年よりは長持ちしそうな雰囲気。
ホワイトマズル産駒はどこか一つの競馬場に抜群の適性を見せるので、それが中山だったら。
▲アドマイヤピンク
ひいらぎ賞は前半1000mが58秒7という2歳戦としては異常なハイペースだったこともあり最後方から追い込み勝ち。赤松賞が1分1秒だったから3秒は速かったわけだ。
今回も同じようなハイペースになるかだが、重賞ともなると奇襲を仕掛ける馬がいたりするのでそれによって展開が向いたら。
△テンダリーヴォイス
差しに回ったアルテミスSでは何もできず、先行したレースでは全て馬券圏内。今のところビュンビュン斬れるディープインパクト産駒ではなさそう。
それだけにインコースに入れたのは好材料だし、昨日騎乗停止を食らった北村宏が欝憤を晴らすような乗り方をしてくれたら。


シンザン記念までの成績 【0/3 ‐7200円】


おぉ…もぅ…>胴長熊猫

今日のボックス(シンザン記念編)

出ろー


新年2発目。
さっそく金杯を外した(そんな甘くはないのはわかってるけど)が、昨日はJRAガン無視して高知競馬に出向いたがボウズ負け。
まだ初日が出ていないのでこの予想ブログともども初笑いがほしいところ。


シンザン記念
◎クイーンズターフ
ディープインパクト産駒ながらダートの新馬戦でデビューしたが、逃げ粘る馬たちを撫で斬る切れ味で差し切り。母系がブライアンズタイム×ミスタープロスペクターで、ダートもイケる口か。
それでも先週エキストラエンドが馬券に絡んでいたし、京都1600ならディープインパクト産駒は黙って買うべきか。
○ナヴィオン
どう足掻いても後ろからしか競馬ができない高倉健も真っ青な不器用。誰か先行を教えて差し上げろ。
新馬戦を除けばフルゲートで惨敗→頭数減で好走を繰り返しているので、12頭とはいえ少しでも捌きやすくなるのはプラスだろうから何とか届く展開になってくれたら。
▲メイショウマサカゼ
ダートと芝の両方で勝ち鞍があるが、いずれも先手を取れたときが好走パターン。小倉2歳Sとヤマボウシ賞は出遅れてのものだからノーカウントと考えたら、大敗はGIの朝日杯FSだけ。
今回は何が何でも逃げたい馬が見当たらず、人気どころが牽制しあえば500万勝ちの時のようなスイスイ先行も。
△サトノフラム
新馬戦勝ちをしたときは大物候補にも挙げられていたが、その後は2戦連続で見せ場も作れず大敗していて500万で頭打ちの感もある。
それでも重賞に出てきたのは調教師が能力を買ってのものだろうから、新馬戦のようなしぶとい先行をしてくれたら。


中山金杯までの成績 【0/2 ‐4800円】


本人は到って真面目>胴長熊猫

今日のボックス(中山金杯&京都金杯編)

賭け初め


さぁ2015年も中央競馬が始まりました。一年の計は金杯にあり、と言われるようにスタートダッシュを決めたいところです。
今年も特にルール変更はせず
1・◎○▲△の3連単ボックス24点買い
2・トリガミになった場合は負け扱い。
3・当ブログの予想に乗っかってハズレても泣かない
で、お願いします。


中山金杯
◎マイネルミラノ
未勝利を勝ち上がってからはしばらく1600を中心に使われていたが、距離を延ばされて逃げるようになってから成績も安定。5ヶ月ぶりだった前走も人気に応えてOP入りした。
父ステイ「ゴールド」、母「パール」バーリーという貴金属と宝石のおめでたい組み合わせなら金杯に相応しい走りをしてくれるはず。
○ラブイズブーシェ
昨年は天皇賞・秋4着から有馬記念一本に絞ったがまさかの除外。有馬記念を引退レースにして香港遠征組が少なかったのが響いた感じ。
でもその分、他の馬よりも仕上げてきただろうしまさにGⅢみたいなメンバー構成のここで変な競馬はできない。
▲メイショウナルト
ひとまず田辺に乗り替わってから「逃げ」を徹底することで重賞でも戦えるようになった。かつて新潟1000に出ていた馬とは思えない。
今回は同型のマイネルミラノとの兼ね合いが鍵だが、下手に抑えても良いことはないだろうからガンガン飛ばしてダメなら仕方ないという競馬で。
△ロゴタイプ
3歳になってから馬券に絡んだのはスプリングS・皐月賞・中山記念だけで、生粋の中山巧者。昨年の秋は新潟開催だったのが悔やまれる。
久しぶりにデムーロに手が戻って得意の舞台に帰ってきたし、少しは違う面が出てもいいはず。


京都金杯
◎シェルビー
5ヶ月ぶりだった富士Sは仕方ないが、キャピタルSではロサギガンティアを差し切ってOP勝ち。昨年の京都1600でフィエロとタイム差なしの接戦だっただけに実力はもう重賞級か。
あとは重賞の1600をこなせるかだが、この馬も馬名がシェ「ルビー」という事で…お後がよろしいようで。
○フルーキー
試金石と睨んでいた前走はエイシンヒカリの作り出した乱ペースに惑わされることなく2着。負けたのがディープインパクト産駒だったと考えたら重賞にもメドが立ったと言えそう。
あとは高松宮記念を目指すのか安田記念を目指すのかハッキリ路線を組み立てないと二兎追うものは…になりそう。
▲エキストラエンド
マイルCSは掲示板5頭中4頭がディープインパクト産駒という非常事態。この馬も12番人気ながら5着で、どんだけ得意やねんな。
明けて6歳になるだけに上がり目は考えにくいが、今年もまたディープインパクト産駒の力を見せ付けられそう。
△アズマシャトル
カシオペアSでは後ろからで逃げ馬を差し切れず、鳴尾記念では先行して追い込み馬に差し切られるチグハグな内容。和田からバルジューに替わったが、やむなし。
母父マルゼンスキーだからダートに行ったらかなりやれるような気がするんだけど、佐賀記念とか出ませんかね?


成績 【0/0 円】


目標は二桁勝利とプラス計上>胴長熊猫

ビアンヴェニュー2015

明けましておめでとうございます


本年もよろしくお願いします。
ブログ的には2年連続赤字の競馬予想を今年こそプラス計上したい。と言うかメインコンテンツなんだから一番頑張れよ俺。


小吉でした>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク