パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(アーリントンC編)

後藤騎手自殺!?


昨日ニュースで聞いたときはタチの悪いジョークだと思ったが、ヤフーのトップニュースにまで上がってきていて「何で!?」と。
確かに度重なる落馬事故でリハビリが辛かったのもあるだろうがそのたびにターフへ帰ってくる強靱さもあったし、どうも前日に笑顔でツイートしていたという情報もあっただけに何が引き金になったのか…。
ただ、もう元には戻れないだけに本人がどれだけ他人には言えない心の闇を抱えていたのか推し量るしかないのが残念なところ。
アブトロニック巻いてインタビューするほどの男がまさか…です。


アーリントンC
◎アルマワイオリ
今回もさほど人気はないが同条件の朝日杯FS2着で実績は一番手。これが中山1600時代なら真っ先に切るところ。
デイリー杯2歳S4着や札幌2歳S僅差の6着など力負けしているわけではないし、父マツリダゴッホもサンデー系なら開幕週での時計勝負になってもマイナスはないはず。
○ナイトフォックス
サクラバクシンオー産駒を1800でデビューさせる神経が僕には理解できない。実際、距離短縮で勝ち上がってマイルのジュニアC勝ちならベストは1200~1600までだろう。
クリスタルCがあれば黙って本命にしたいくらいだが、橘Sか葵Sだと人気になりすぎそうか。ここで賞金を加算できるかで次走も変わりそう。
▲ナリタスターワン
新馬戦は中団から鮮やかな差し切り、白菊賞は番手から上がり2位の脚を使ってペガサスボスらを完封。逃げ馬が最下位に沈むなかをラスト3ハロンすべて11秒台で上がってみせた。
ショウナンカンプ産駒で地味な分、オッズは動いていないが内容はかなり濃かったし外枠から好発を決めたらアッサリも。
△マテンロウハピネス
新馬戦はダッシュ良くハナに立つと直線では1秒以上突き放す圧勝劇。芝1400で追い込み馬と同じ上がりを使われては後続も為す術が無かった。
今回はいきなりの重賞になるが、福永は番手から行きたいだろうしナヴィオンは後方に構えるだろうから周りがゆったり逃がしてしまうと捕まえるのに苦労しそう。


フェブラリーSまでの成績 【0/20 ‐48000円】


次は北村宏がヤバそう>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(フェブラリーS&小倉大賞典編)

国内やら海外やら


というわけで昨日は京都へ社員旅行だったのですが行く先、行く先いるのは外国人さらには中国人ばかりでアウェー感がすごい。
店員も言葉が通じなければ商売にもならないので、呼び込みも中国語だったり看板にルビ振ったり。
とりあえず観光地にありがちな土産物屋の前でわけわからんものを欲しがって泣き喚く子供が出るのは万国共通なんだなぁと学びました。


フェブラリーS
◎レッドアルヴィス
昨年のユニコーンSの勝ち馬で1800ではやや終いの脚に不安がある感じのゴールドアリュール産駒。ベストは1400という気がしないでもない。
それでも王者を蹴落とすのはサンデーサイレンス系でないと無理なのではないかと考えたら、番手から上がり最速が使えるこの馬が逆転候補では。
○コパノリッキー
東海Sはポンと飛び出すと後はマイペースに飛ばして突き放す一方の楽勝。スマートファルコンを彷彿とさせる逃げ脚だった。
昨年はノーマークで逃げられたが今年はマークされる形になるのが課題。でも武豊ならその辺に抜かりはないと思うのだが。
▲カゼノコ
前走はさすがに後方ままでは格好がつかないとマクリ合戦に加わって3着。古馬相手に勝ち負けしようと思ったら自分から動かないとやっぱり話にならない。
コパノリッキーのペース次第だが、人気馬がみんな差し馬ばかりなのであまりモタモタしないようにしてほしい。
△インカンテーション
前走でコパノリッキーに手も足も出なかったのを内田博に乗り替わったところで何が変わるわけでもなさそうだけど、馬主からしたら一発を期待したい騎手選択なのだろう。大野の方が人気薄だと怖い気がするけど。
どうにも自力勝負は目が無さそうなので最後に差して着を拾うような競馬ができたら。


小倉大賞典
◎レッドレイヴン
藤沢和厩舎にしては珍しく小倉に遠征してきた。今まで福島や函館はあったが、昔なら中山記念に行くところだったはず。
それだけ勝負気配なのか柴田善が継続騎乗で、悪天候も元々スマートストライクがダート向きの血統だと考えたらプラスなはず。
○キャトルフィーユ
とうとう流れ着いて小倉。こちらも普通なら中山牝馬Sなんだろうけどここを使うのはラストランで繁殖に間に合わせるためか?
それなら無理はさせないかもしれないが、勝ち負けを意識しているならこのメンバーでも実績尊重。
▲ダコール
これまで何度も重賞で掲示板に載ってきたが、大崩れしたときは必ず逃げ馬が残る展開か自分が先行したときで後ろ有利なら確実に伸びてくる。
前が残りにくい馬場だが末脚も削がれそうなだけにこの天気がどちらに味方するか。
△ミッキードリーム
着順だけ見たら昨秋は惨敗ばかりだが着差はすべてコンマ5秒差前後でこの馬なりに力は出せている。むしろその前はほとんど1秒以上負けているわけだから上昇気配。
ただ勝ち切るほどの力が残っているかは疑問で今回は休み明けだし次の中京記念あたりが狙い目のような気はするが。


ダイヤモンドSまでの成績 【0/18 ‐43200円】


ピロピロ笛は中国にもあるんじゃないかな…?>胴長熊猫

今日のボックス(ダイヤモンドS編)

社員旅行


近年は赤字続きでとても行ける雰囲気ではなかったが久しぶりに黒字になったし行けるときに行ってしまおうと言う事で。
行き先が清水寺。修学旅行か!?
マッサンの工場見学をしたかったけど予約が取れなかったそうな。


ダイヤモンドS
◎カムフィー
この2月で定年になる鈴木康調教師に最後の花道を飾るべく柴田善大先生が51キロで乗るために絞ったとか。
それはもう蛇口をロープで固定して水が出ないようにし、それでも水を飲もうとする先生に後ろから奥さんがサッと白湯を差し出す減量を行った男気に本命。
○ステラウインド
かつてオルフェーヴルの帯同馬としてフランスに渡った彼ももう6歳。月日の経つのは早いもので。
ゼンノロブロイ×スピニングワールドならマイラーじゃね?と思ったら万葉Sを勝ったりして案外、さらに母系のバンブーアトラスが効いていれば距離もこなせるんじゃなかろうか。
▲メジャープレゼンス
デビューからずっとダートの1600~1800を中心に使われていたが前走で初めて芝を使って先行押し切り。何で今まで使わなかったのか疑問なほどアッサリとした勝ち方だった。
父はダイワメジャーだが母父サドラーズウェルズだし、ひょっとしたら3000mくらいがベストだったりして。
△シャンパーニュ
3歳春にはサトノアラジンから逃げ切ってOP入りしたりする逃げ馬だったがクラシックではいいところなし。自分の形に持ち込めないのはクラスが上がるほどに厳しくなる。
今回は軽ハンデに酒井を配して大逃げを感じさせる布陣なのでスローに持ち込んで粘りたい。


共同通信杯までの成績 【0/17 ‐40800円】


昔は海外もあったらしい>胴長熊猫

今日のボックス(共同通信杯&京都記念編)

首の皮一枚


クイーンCのミッキークイーン2着でどうにかPOGりん終戦記念日にならず。ただ、クラシックには賞金が足りないのでもう一つ使わざるをえないのは痛いところ。
アドマイヤスターはダートで2勝目を挙げられるか。あわよくば兵庫CSに出られるか。
グラブザフラッグがまさか芝で3着になるとは思わなかったが勝つのは厳しそう。
ピックアンドポップは未勝利脱出、ロジャーズスーはまず初出走が目標。
グランデコマンドはもうポイントが取れそうなレースは見当たらず、パイオニアステップは故障で半年休養なのでアウト。
ここからは他の参加者の方々に抜かれる一方だろうから、いつもの15~20位の間に収まるかどうか。


共同通信杯
◎ソールインパクト
ホープフルS・京成杯と一押し足りない競馬が続いているが、ディープインパクト産駒が苦手な中山2000で連続して上がり上位なら頑張ったほう。
馬場的にも東京に替われば変わり身が見込めそうだし、上がり勝負になれば。
○アヴニールマルシェ
こちらは藤沢和厩舎らしい大事に飛び石しながら東京しか使わない馬で、少頭数も歓迎してそう。
久々になるが朝日杯もホープフルSもガン無視してここに焦点を合わせてきてるだろうし、仕上がりは問題ないだろう。
▲ダノンメジャー
スローの上がり勝負しか経験が無い中で挑んだ前走は中団から何もできないまま終了。先行馬が残る展開とはいえあまりにも無策すぎた。
これで失うものは無くなったし、待ってても上では通用しないことも分かったはずだから横山典にスイッチして積極的に仕掛けてくれたら。
△ドゥラメンテ
新馬戦こそ不覚を取ったが未勝利→500万と1秒の差を付ける快勝劇で一躍クラシックの話題馬に伸し上がった。
キングカメハメハ産駒が1600から1ハロン延びるごとに成績が落ちるのと、中1週での強行軍は果たして結果に響くか。


京都記念
◎キズナ
ダービー以降はコンスタントに使えず、怪我もあって苦労したが天皇賞・春も結果的に位置取りが後ろすぎただけで決め手に衰えはなかった。
9ヶ月ぶりで足慣らしの一戦になるが、それでも世界を狙うなら今回のメンバーで無様な競馬はしたくない。
○ハープスター
札幌記念の競馬っぷりは凱旋門賞でもひょっとしたら…と思わせたが動く気配ゼロのまま回ってきただけ。帰国後のジャパンCも案外で疲労が残ってたか。
この後に海外遠征を控えている状況は去年のジェンティルドンナと同じだし、どうも勝ちみに遅い点は気になるところ。
▲トウシンモンステラ
日経新春杯は後方からよく脚を伸ばしたが好位組が上位を独占する展開で作戦負け。それでも久しぶりの重賞で収穫はあったはず。
今回はメンバーに強力な2頭はいるが、頭数は減って捌きやすくなるだろうから勝つなら2頭より早くマクリで動きたい。
△ヒラボクディープ
青葉賞を勝ってクラシックでも期待されたが二桁続き。前から行くのか後ろから行くのか中途半端な競馬が続いてしまった。
菊花賞のダメージを引きずって休み休みになっているが、前走でようやく復調気配なので3着争いの一角に絡んでくれたら。


クイーンCまでの成績 【0/15 ‐36000円】


全馬デビューが無いのは痛い>胴長熊猫

今日のボックス(クイーンC編)

世界は広し


まだまだウイポ7。
怪物オグリキャップがイージーゴアにかなわず、砂の女王ホクトベガがシガーに手も足も出ず、トウケイニセイもライブリマウントでも取れなかったドバイワールドカップをアブクマポーロがスキップアウェイとシルヴァーチャームを向こうに回して勝つ。


クイーンC
◎キャットコイン
ひいらぎ賞は大外枠だったのがあって最後方からの競馬になったが豪快に追い込み勝ち。ハイペースにも助けられたが中山巧者のステイゴールド産駒らしい走りだった。
今回は新馬勝ちした東京1600だが、同条件過去3年500万以上でのステイゴールド3歳牝馬は1勝しかしてないのが気になる要素。
○カービングパス
赤松賞は休み明け、フェアリーSは紛れの多い中山1600。敗因は割とハッキリしてそうなのに人気急落。
それにしても藤沢和厩舎はやけに柴山に乗せてるけど、何の目的があるのだろうか?それとも何か弱味を握られて…深夜のエロ本購入を見つかったとか。
▲ダノングラシアス
りんどう賞→ファンタジーSと連続2着で阪神JFでも期待されたが見せ場なく13着。阪神1600の17番枠でテン乗りの外人がどうこうできるほど甘くはなかった。
一息入れた今回だが、マンハッタンカフェ3歳牝馬は東京1600で過去3年500万以上での勝ち鞍がないのはさらに気掛かり。
△ラクアミ
じゃあ東京1600でどの種牡馬が成績いいんだよ?という話だが、1位は意外にもダイワメジャー。勝ち鞍・勝率ともにディープやキンカメより上。
とはいえこの馬が勝つか?と言われると疑問符なのでとりあえず連下まで。


東京新聞杯までの成績 【0/14 ‐33600円】


南関東も広し>胴長熊猫

今日のボックス(東京新聞杯&きさらぎ賞編)

さらば黄金旅程


ステイゴールドが亡くなったというニュースを見たのが2chのまとめサイトだったから「どうせ釣りだろ?」と思ったらガチでビックリ。と言うかもう21歳だったのか。
割と現役時代前後はアンチ・サンデーサイレンスだった自分だが、彼とエガオヲミセテはファンだった(オダギラーと馬なりのせいだけど)だけに残念。
ディープインパクトとキングカメハメハに対抗する種牡馬になるなんてあの頃は考えもしてなかった。


東京新聞杯
◎アルフレード
かつての2歳王者もNHKマイルC2着以降は低迷していわゆる早熟型かと思っていたが、休み明けからここ2走はいずれも後方からでも上がり上位の脚を使えていて復調気配。
パンパンの良馬場だと切れ味勝負には向かないだろうし少し時計が掛かる今の東京なら復活しても。
○エキストラエンド
京都金杯はさすがに京都巧者だけあって2着。高齢のディープインパクト産駒と言うのが不安だったが兄もしぶとく活躍していたし長持ちしてる。
ビュンビュン飛ぶような馬場が合うイメージだが、昨年の重馬場でも好走したし母系がミルリーフ×ワイルドリスクだから少々荒れたほうが好都合なのかも。
▲マイネルメリエンダ
チーフベアハート産駒は京都に強いというのはマーブルチーフに教えてもらっていたが「新年早々、丹内なんか買えるか!」と無印にして大失敗。そりゃ走るのは馬だけどさ。
だからと言って柴田大に乗り替わったところで買うのもセンス無い奴の見本みたいで嫌だけど、先行してなだれ込めるのは展開的にも魅力。
△サトノギャラント
重賞戦線で常にいい脚を使ってはいるものの最後の一押しが足りないザ・シンボリクリスエス産駒。お母さんは割と勝ち負けがハッキリしてたんだがなぁ。
ニューイヤーSは人気を裏切ったが中山よりは東京のほうが合うだろうから前走が隠れ蓑になってくれたら。


きさらぎ賞
◎アッシュゴールド
個人的には間違いなく飛ぶような気がするが、状況が状況だけに父ステイゴールドに弔い星を届けるところが見たい。
競馬は何と言うか、時々あり得ないような神に導かれたような結果が出たりするのでひょっとしたら。それなら三冠を期待しろよと言われそうだが。
○ネオスターダム
未勝利を勝ち上がったばかりだが今回のメンバーは超スローをチンタラと調教まがいのレースしかしたことがない奴らばかり。数少ないフルゲート経験者。
相変わらず京都は前が残るレースが散見されるし、後ろで牽制しあう間にスイスイ逃げたら簡単には捕まらなさそう。
▲ルージュバック
この馬を入れちゃうとトリガミを食らうような気がするけど、去年はそうやって痛い目に逢い続けて来たので今年は素直に押さえる。トリガミなら仕方ない。
マンハッタンカフェ牝馬がレッドディザイア以来イマイチなのと関東牝馬がこのレースに実績がないので輸送がどちらに転ぶのかが焦点。
△レガッタ
池添くんはこっちにも乗りたいだろうなぁ。梅花賞に出てたら良かったのに。
ディープインパクト×スイープトウショウというベタベタな京都大好き良血馬配合だけにここらで一発があるかも。


根岸Sまでの成績 【0/12 ‐28800円】


合掌>胴長熊猫

今日のボックス(根岸S&シルクロードS編)

まだまだウイポ7


オグリキャップが30戦30勝という怪物にも程がある戦績で引退したら今度はトウカイテイオーが出てきて再び欧州3冠。でも距離適性のせいで英セントレジャーが勝てないのが悔しい。
それよりもトウケイニセイとハシルショウグンがドバイGSとゴドルフィンマイルをブッコ抜いたのに感動。これが現実だったらグレートホープもドラールオウカンも形なしだったろうなぁ。


根岸S
◎エアハリファ
古馬になると萎みやすいストームキャット系ながらしぶとくOPクラスで善戦を重ねていて、代を経れば少しは違う馬が出るということか。
条件的にはベターな部類の東京1400だし、3歳時にはホッコータルマエと接戦だったわけだからGⅢくらいなら通用していい。
○レーザーバレット
かつてはUAEダービーにまで出るほど期待されたがその後は尻すぼみ。再浮上するのに数年を要した。
それでも父ブライアンズタイムで年齢を重ねても使い減りせずに結果を出せているし、重賞の厳しい流れのほうが競馬もやりやすいはず。
▲キクノストーム
走るときはきまって人気薄でブービー人気で2着に来たこともある大穴馬。いつも追い込みで来るか来ないかがハッキリしているのがいっそ清々しい。
スタチューオブリバティもストームキャット系で、何だかイメージだけでは一括りにしづらくなった。
△ジョーメテオ
このレースに出てるサトノタイガーにしろサミットストーンやサクラシャイニーなど、交流重賞で好走する地方馬が最近また多くなってきた(と言っても半分JRAのお下がりではあるが)。
この馬も前走で兵庫ゴールドトロフィーで2着に入り、昨年のこのレースでもコンマ6秒差に走っているのであと一押しあれば馬券圏内も見えてくるはず。


シルクロードS
◎アンバルブライベン
よもや田中健を本命にする日がやってくるとは思いもしなかった。キョウワダッフィーも竹之下が乗れば面白いのに。
京都の芝がいつまで逃げ有利でいるのかによって結果がガラッと変わりそうだが、まだ綺麗なままなら前走のリプレイを見ることになっても。
○マジンプロスパー
このレースは3年連続で挑戦して8→4→4着と馬券圏内に入れていないが、いずれの年も1秒差以内に収めていてまったく走れないわけではなさそう。
本来なら狙いは次の阪急杯なのだろうが、昨年はそうやって次を狙おうとした一つ前のレースで走られたので今年は敢えて先取りしてみる。
▲カオスモス
東京1400でOPクラスに帰ってきて勢いに乗っていたのに何故か前走はダートに矛先を向けて惨敗。使うところがないわけでもないし除外を恐れてまで出すべきだったかと思うと考えを掴みあぐねる。
そこから芝1200の重賞というのも条件時代以来だしさらにうーん…というか東京新聞杯じゃないの?まぁ出すなら出すだけの勝算があるのかも。
△ヘニーハウンド
今週はストームキャット系ばっかり印を打ってるなぁ。ヘネシーは基本的に3歳春までで、その後はダート短距離でつぶしが効いたら長持ちするサンライズバッカスがお手本なのに。
差し馬が有利になるなら内枠は不利だが、前が残るならここからピッタリ回ってくればチャンスもありそうなので包まれないように捌きたい。


川崎記念までの成績 【0/10 ‐24000円】


自家生産馬が弱い弱い>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク