パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(高松宮記念&マーチS編)

草野球開幕~!


今年も無事にチーム存続。後輩たちが卒業・就職、先輩方の転勤などに脅かされるチーム編成ですが1試合でも多く勝ちたいものです。
個人的にはキチンとした球場でのホームランと肉離れなどの試合中に怪我しないを目標に頑張りたい。


高松宮記念
◎ミッキーアイル
古馬を相手にするようになってからはさすがに連戦連勝とは行かなくなったが、現役トップクラスのスピードは間違いなく持っている。
ディープインパクト産駒で1200がどうかと囁かれているが、中京が直線に坂を設定して距離も延びたことを考慮し「ディープインパクト牡馬産駒の初GIは高松宮記念だ!」と推測していた過去の持論に従いたい。
○エアロヴェロシティ
昨年の香港スプリント勝ち馬がいよいよガチで日本のGIを獲りに来た。ジャパンカップに来る魑魅魍魎よりはずっと見栄えのする馬だと思う。
父のピンズは2000のGIを勝った中距離馬だが祖父のスニペットは生粋のスプリンターでこちらの血が強く出ているのかも。この血統でセン馬なのがもったいねぇなぁ。
▲アンバルブライベン
逃げ馬が多いスプリント路線でもピカイチのダッシュ力を持つ馬で、分かっているのにポンと抜け出されて押し切られる速さは並大抵ではない。
今回はハクサンムーンとの兼ね合いがカギを握るが逃げなきゃ話にならない馬だし、田中健も潰れたら仕方ないという外連味のない競馬をして欲しい。
△トーホウアマポーラ
CBC賞を勝ってから相手が強くなったこともあり精彩を欠いているが、それまでコンスタントに使われていたのがGIを意識して飛び飛びになったのも影響していたかも。
だいぶ人気も落ちてきたし中京1200は連対率100%の相性を評価してコッソリ走ってくれたら。


マーチS
◎マイネルクロップ
クロフネ産駒だが若駒Sでリヤンドファミユの2着があったりする馬。最近はダートばかりだが中京記念とかに出てきたらうっかり買っちゃいそう。
佐賀記念を勝ったのにハンデ据え置きの56キロ、中山ダートは3着が最高だがその相手がコパノリッキーだったことを考えたら今の実力で克服可能なはず。
○ソロル
蛯名もGIより確実に稼げそうなGⅢに回ってきたか…。横山典までこっちだからサクラゴスペルに藤岡康が乗ってるんだな。
昨年の勝ち馬だがようやく前走でOP3着になったところなのにトップハンデはやや見込まれすぎじゃないかと思うが、復調気配の今回なら再び重賞戦線に返り咲いても。
▲イッシンドウタイ
ここ最近で馬券に絡めたのが中山3回函館1回。しかも中山はすべて1着という巧者ぶりでスマートボーイを彷彿とさせる。
中でもポルックスSはフィールザスマートやノースショアビーチなどのジャパンダートダービー組を相手に勝ち切る内容だったし、ここも一か八かの競馬で行ってくれたら。
△ベルゲンクライ
ハーツクライ産駒ということで長らく芝を使われていたがダートに矛先を向けたら3連勝。母父バルロイもカロから来るフォルティノ系で血統だけでは量れない能力があるのね。
前走は逃げ馬が残る展開で差しが届かなかったが、今回はサトノプリンシパルとサンバビーンがいて少しは速くなりそうなので最後に届くようなレースになってくれれば。


日経賞までの成績 【0/36 ‐86400円】


体カッチカチやぞ!>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(日経賞&毎日杯編)

プロ野球開幕~!


2015年シーズンもようやく開幕。
我らがカープは開幕戦こそ残念ながら延長戦で敗けたものの、せっかく黒田が帰ってきてくれたわけだし優勝を目指して戦ってほしいと言うかマエケンがいなくなる前に優勝して!
個人的には6番を打つ選手をどれだけ固定できるかがカギだと思ってます。ランナーに出るのは上手い選手は多いけど、それを確実に返せる期待を持てる選手は少ないので。


日経賞
◎アドマイヤデウス
ダービー以来の前走だったがサッと抜け出す競馬で快勝。ティンバーカントリーの系統とは思えない素軽さだった。
今月に入って岩田が重賞2つ勝っていよいよエンジンが掛かってきたのと、このレースはチーフベアハートやニューイングランドのような変わった種牡馬の仔が走るので。
○クリールカイザー
昨年から好調を持続させていてAJCCではゴールドシップを相手に逃げ切り勝ち。今年はGIでも出番があるか期待が掛かる。
今回もとにかく逃げたいような馬が見当たらず、過去にはネコパンチがスイスイ逃げ切ったこともあるのでノーマークで行けばまたしぶとく残りそう。
▲サウンズオブアース
昨シーズンのPOGりんではダービー出走まで頑張ってくれて菊花賞でも2着。有馬記念に出てほしかったなぁ。
トーホウジャッカルが先週、出なかったので世代の力関係が計りにくいがトゥザワールドが有馬記念で惜しい競馬をしていたならここで通用しても。
△ホッコーブレーヴ
昨年のこのレースから王道路線に挑戦したがイマイチ弾け切れず。ただマーベラスサンデー産駒だし今年も再挑戦できる成長力はありそう。
ベストは東京2400かもしれないが血統的には中山もこなせるだろうから人気の無いときに狙っていきたい。


毎日杯
◎アンビシャス
共同通信杯は先行から最後まで見せ場を作ったがゴール前で交わされて3着。後方からしか競馬ができないタイプが多い2~3歳戦ではこの先行力は大きな武器になる。
今回は大外になってしまったのが痛いが、スンナリ先手を取れれば前走のように粘りこめるだろうからペース次第。
○ナヴィオン
いやーもどかしい馬だねー。前から行くとだらしないが後ろからだと届かなくてハーツクライと言うよりはダンスインザダーク産駒に近い感じ。
世代屈指の末脚はあるが完成までには時間が掛かりそうで何だか3歳時のジャスタウェイみたい。
▲グリュイエール
勝ち上がった後は逃げて潰れ追い込んで届かないチグハグな競馬。展開に合わせて走る馬もいるが、器用な馬ではないのだろう。
できれば馬場状態を見て作戦を変えたいところだが、腹を括って後方から進めてみるのも一考。
△アルバートドッグ
デビュー前はどこのPOG媒体でも騒がれていた馬だが蓋を開けてみたらイマイチ走らず、正直GIレーシングってハズレなんじゃ…という雰囲気を作り出した。
それでも徐々に力を付けてどうにかクラシック戦線に踏みとどまったし権利を取りたいところ。でも、やっぱり勝ち切るまでは強くなさそう。


スプリングSまでの成績 【0/34 ‐81600円】


松山とか美間とか>胴長熊猫

今日のボックス(スプリングS&阪神大賞典編)

歴史が…


またまたウイポ7。
このゲーム史実に沿って展開していくためキチンと引退する年に引退させないと子供が産まれてこなかったりしてしまうので、3歳で引退しないといけないような馬は損だから買わずにプレイしていたらウオッカがいない。
タニノギムレットは3歳で引退したはず…と記憶を辿ったら
東スポ杯2歳S→朝日杯FS→共同通信杯→スプリングS→皐月賞→東京優駿→神戸新聞杯→菊花賞→ジャパンカップ→有馬記念をシンボリクリスエスに
デイリー杯2歳S→シンザン記念→NHKマイルCをファインモーションに敗れてまさかの14戦1勝で一介のOP馬として乗馬になっていたという。


スプリングS
◎リアルスティール
各方面の強豪が集った共同通信杯ではインをスルスル伸びてきて完勝。人気の盲点になっていたとはいえ見た目以上の強さだった。
今度はバチバチの1番人気に推された福永でいつもなら喜んで消すところだが、トライアルを無敗で勝つ馬が多いのでこの馬にも乗ってみよう。
○ダノンプラチナ
最近の2歳王者は弥生賞よりスプリングSを使うことが多くて、マイラー血統だからだと思ってたけどディープインパクト産駒でもこっちに出るのね。
朝日杯FSが阪神開催に替わったため中山経験がないのが少し気になるが、メンバーも手薄だし恥ずかしい競馬はしたくない。
▲ミュゼスルタン
新馬戦ではソールインパクト、新潟2歳Sではアヴニールマルシェに勝つなど2歳戦を引っ張りそうな存在になったところで故障。負かした相手を考えたら朝日杯でも見たかった。
7ヶ月ぶりの実戦だけに強気にはなれないが、この2強に割って入る可能性があるならこいつかなと。
△タケデンタイガー
函館2歳S2着でOP入りするといちょうSで惨敗して地方交流重賞でさらにボコられて年明け。普通はファルコンSかアーリントンCじゃね?
来そうというより1・2番人気が抜けすぎててトリガミ必至なので人気の無いところを押さえざるを得ないだけ。


阪神大賞典
◎ゴールドシップ
うーん…。
普通に考えたら負ける要素は見当たらないんだけど、AJCCもそれで7着だったしこんなハイリスクノーリターンは正直やりたくない。
○フーラブライド
日経新春杯で引退するって聞いてたのにまだ走るんだ。中山牝馬Sじゃなくてここに出てくるのは結果次第で現役続行も考えてるのか?
阪神は500万とマーメイドSでそれぞれ1・3着あって成績は良いし早めマクリがあれば面白いかも。
▲カレンミロティック
昨年は宝塚記念2着に香港ヴァーズ5着と惜しい競馬が続いた。去勢や長期休養もあったがようやく陣営が望んでいた力を出せるようになったのかも。
今回はその香港以来だが、元々このレースが緒戦になるのが一流馬の基本だと考えたら特に気にする必要はなさそう。
△ラストインパクト
有馬記念を菱田が乗ると聞いたときには何の冗談かと思っていたが継続なのね。こうして中堅騎手はお手馬を失っていく。
ディープインパクトもキングカメハメハもあまり2600以上に全幅の信頼は置けないけど1頭も来ないなんて言うのもない気がして。


ファルコンSまでの成績 【0/32 ‐76800円】


そう言えばダスカとロジックもいないな…>胴長熊猫

今日のボックス(フラワーC&ファルコンS編)

春はセンバツから


プロ野球もオープン戦が始まり打球音が聞こえだすといよいよだなぁという気分に動く心。思えばよく高校野球やってたよと感じる動かない今の体。


フラワーC
◎ノットフォーマル
まさか黛に本命を打つ日が来るなんて思いもしなかった。
フェアリーSは内枠からポンと出ると埒添いをスルスル逃げ切り。3~5着馬が桜花賞への権利を手にしていて単なるラッキーパンチと思わないほうが良さそう。
再度内枠に入れたし、同型が新馬・未勝利組ばかりなのでペース慣れしている強味を活かせれば。
○ローデッド
ディープインパクト産駒ということでデビューから差し競馬をしていたが結果は出ず。ところが川島が乗って先行したら初勝利、前走も出遅れたがすぐに先団に取り付いて粘り込み2着でお姉さんに似ているのかも。
今回もこの枠なら前での競馬になりそうだしインをロスなく回ってくれば素直に走ってくれるはず。
▲ディアマイダーリン
昨夏にデビューした当初はモタモタした感じだったが、秋に身が入ると2連勝。少頭数ながらレベルは高かった赤松賞を勝つなど派手さはないが堅実な脚は持ち味。
久々なのと小回りの札幌でダメだったのが気掛かりだが、クラシック出走には賞金が足りないので一発勝負に出たい。
△アフェクシオン
東京で2戦して惨敗、中山に替わって2連対で未勝利脱出。東京と京都に勝ち鞍がまだないコンデュイット産駒らしい成績。
いきなりの重賞は厳しいかもしれないが、これまた1800以上しかなかなか勝てない血統だけにスタミナ比べになれば。


ファルコンS
◎ワキノヒビキ
重賞では2戦していずれも大敗だが、京王杯2歳Sは逃げ馬が勝つ展開で朝日杯FSはマクリ勢の動きに仕掛けが遅れるなどスムーズさを欠いたのが響いた。
しっかり溜められたときは一番後ろからでも飛び込める脚を持っているので差し有利な中京になれば出番も。
○ヤマカツエース
アーリントンCは6着ながら上がり2位の脚で詰めてきていて、開幕週を考えたら悲観するような内容ではなかった。距離も母父グラスワンダーなら2000まで大丈夫そう。
決め手はあるが使いどころが難しそうなタイプなので、馬券の軸にしづらいが相手には押さえておきたいキャラになっていきそう。
▲ビヨンジオール
サクラプレジデント×ラムタラという血統から中距離でデビューしたが徐々に距離短縮していき最終的に中山1200で2連勝。サクラプレジデント産駒はなぜかスプリンターが多い不思議。
でもサクラバクシンオーみたいな高速決着には向いてないし、生粋のスプリンターではないから少しでも馬場が渋って時計が掛かるほうがベターだろう。
△ブリクスト
仕上がりが遅いチチカステナンゴ産駒にしては珍しく夏の中京デビューで勝ち上がり新潟2歳S5着。先行したもみじS以外は掲示板を外していないので現状は差しが良さそう。
大外に入ったのとマイル以下でチチカステナンゴ産駒の成績がイマイチなのが気になるところだが、左回りのほうが競馬がやりやすそうなので最後に届く展開になれば。


中山牝馬Sまでの成績 【0/30 ‐72000円】


体重は変わってない。体重"は">胴長熊猫

今日のボックス(中山牝馬S&フィリーズレビュー編)

忘れがち


川崎記念は有給を取って見に行っていたが明後日の黒船賞を見るための有給を取り忘れ。
高知競馬はナイターだから大丈夫という固定観念があるせいでつい発走時刻が4時30分なのを忘れてしまう。去年も終わった後に気付いた記憶がうっすらぼんやり。


中山牝馬S
◎サクラプレジール
デビュー2連勝でフラワーCを勝ち一躍クラシックの有力候補に挙がりながらその後はサッパリ。オークス以後はコンスタントにすら使えず1月には1200まで経験した。
それでもようやく叩き3戦目、結果は出ていないが順調に使えるようになってきたし実績のあるコースなら巻き返しもあるはず。
○アイスフォーリス
昨年は11回走って掲示板外が2回だけという安定感だったが馬券圏内も条件戦だけで重賞では4着までだった。ステイゴールド産駒らしいと言えばらしいけど。
ここがラストランだけに無理をさせるのか心配だが最後にタイトルを取って花嫁道具にしてもらいたい。
▲マイネグレヴィル
札幌2歳Sを皮切りに男馬相手の重賞にも参加して勝負をしていた男勝り。ブライアンズタイム×スペシャルウィークなら関東オークスでも出れば良かったのに。
この馬もフラワーC2着で中山1800実績はあるので馬場状態も含めて心配はないが来る来ないの波が激しいのが気がかり。
△シャトーブランシュ
キングヘイロー産駒にしては珍しく後方から鋭い末脚で突っ込んでくる馬。ただ先行でも結果を出していて決して単なる追い込み一手でもない。
外枠に入った割に人気になりすぎているような気がするがGIでも見せ場があるような馬だし、地力の高さを見せられたら。


フィリーズレビュー
◎ラッフォルツァート
何やら格好よさげな名前だが馬主はラフィアン。マイネルも名前が尽きたのかはたまたシルクをパクって冠を外したのか。
ロベルト系らしく先行してパワーで押し切るタイプなら京都より阪神向きだろうし、母もセントウルS3着があったので相性の良さを活かせれば。
○スマートプラネット
重賞では先行馬が残る展開で5着、総崩れの展開で6着以下と前半のペースがカギを握る馬。今回も逃げ馬が多く外枠になったので条件は厳しいところ。
それでも他の逃げ馬とは一つ高いレベルで戦ってきた馬だし、権利を取りたくて早仕掛けになるところを我慢して逃げられれば。
▲クイーンズリング
今年はマンハッタンカフェ牝馬の当たり年なのか次から次に活躍馬がでる。ルージュバックに続いて主役候補になれるか。
普通なら1800で勝ち上がるようなスタミナ色が強い牝馬をここで買うのはナンセンスだが、血の流行にはとりあえず乗ってみてから判断してみる。
△ペルフィカ
前走は7頭立てだったがそれでも最後方から追い込んで差し切り。見た目には鮮やかだが重賞クラスだと画面にすら映らない危険性もあるのが追い込み馬。
今回もあっという間に一番後ろからになるだろうが、前に行く馬もかなり飛ばしていくなら最後にこの馬の脚が活きる展開になってくれるかも。



中日新聞杯までの成績 【0/28 ‐67200円】


あー…風邪気味かな~>胴長熊猫

今日のボックス(阪神スプリングJ&中日新聞杯編)

大掃除


冬の間に動かさなかったコタツに埃が溜まってきたので、寒さを堪えてコタツ布団と敷き毛布を洗濯して掃除機かけて干そうとしたら雨。
普段やらないことをやろうとしてるからってあんまりじゃないかな?


阪神スプリングJ
◎マサライト
何とまぁ11歳ながら現役続行で重賞に出てくるんだから今の獣医技術の向上にはたまげるもんだ。ミスタートウジンやドージマムテキは目も当てられない成績だっただけに。
前走は中山大障害勝ち馬に大接戦だったし、阪神実績もあって休み明けも苦にしないなら思い切って攻めてみるのも手。
○サンレイデューク
昨秋は東京ハイJ勝ち→中山大障害3着とタイトルまで後一歩の走りを見せた。逃げ馬に有利な障害コースで追い込む珍しい馬。
今回もまずは後ろから行くだろうけど外枠だから邪魔されずに下げやすいしケイアイドウソジンが淀みない流れを作ってくれたら前崩れも。
▲タマモプラネット
ここ2連勝中でいずれも1秒以上突き放す派手な勝ち方なのが好印象なのかやけに人気。平地で重賞勝ってた馬に先着すればそれもそうか。
前走も勝ち方は凄いがメンバーがやや弱かったような気がしないでもないので、いきなり重賞でも突き抜けられるだろうか。
△ケイアイドウソジン
昨年は3連勝でこのレースを制したが次の京都ハイジャンプで落馬したのが運の尽き。歯車が狂ったのか2戦続けて見せ場も作れなかった。
再び一息入れて今回だが、鞍上を江田勇に戻してゲンのいいコースに戻ったなら復活の兆しくらい見えてこないだろうか。


中日新聞杯
◎ディサイファ
このところ道中の位置取りがそのまま順位になってしまうようなスローな展開にばかりハマってしまい結果が出ず。自分から仕掛けられない弱味が出てしまっている。
ただ今回は開幕週で逃げ馬が揃っているだけにガンガン飛ばしていく馬がいれば久しぶりにペースが向く可能性もあるので内枠でうまく脚を溜めたい。
○マイネルミラノ
逃げて結果を出していたが中山金杯で潰れたので小倉大賞典では控える競馬を試したらカレンブラックヒルに逃げ切られる始末。それでも馬体重が大幅に減るなかで我慢の競馬ができたのは収穫。
今回はどちらの戦法で行くかによって全体の流れが大きく変わりそうなのでまずは馬場の状態を見極めたい。
▲ミトラ
福島記念・AJCCと連続好走でいよいよ本格化の気配が漂ってきた。バルジュー→柴山で重賞2着なら文句もないだろう。
ハンデ57.5キロは最近の充実ぶりを考えたら致し方なしだが、57キロで2勝を挙げているならそこまで嫌う必要もないはず。
△パッションダンス
2度の長期休養がありながらそのたびにしっかり復活している息の長い馬。お姉さんはやや早熟ぽかったけど。
AJCCは特殊なスローでノーカウントでいいだろうし、中山金杯では怪我の後遺症を払拭できたような脚を使えていたので改めて期待。


弥生賞までの成績 【0/26 ‐62400円】


午後から晴れ予報>胴長熊猫

今日のボックス(弥生賞編)

春まだ遠く


ちょっと暖かくなったと思ったらまだまだ朝晩は冷えていたり寒暖の差が激しいこの頃ですが馬券は床冷え状態。
そろそろ初日が出ないかと買い続けていたがいよいよ節制が必要になっくるポキよ!
だが高知・黒船賞も近いぞ。ダメだ、手が!勝手にマークカードに!


弥生賞
◎シャイニングレイ
ホープフルSで「ディープインパクト産駒が冬の中山で1勝もしてない」なんて言ってたら見事に中山大障害と有馬記念を立て続けに勝たれて、もう!もう!となったのも懐かしい。
あとPOGりんで指名したかたったなぁなんて未練と。
○ベルラップ
ここまで負けたのが新馬戦と休み明けの野路菊Sで今回は休み明け。順番から言えば来ない番だが再び人気薄。
ハーツクライ産駒にしては先行してしぶとく粘る中山向きの走り方をしているので、スローに持ち込んで粘りこむ展開になれば。
▲タケルラムセス
前走も期待していたが、早く動いていって結果的にもっと後ろから仕掛けてきた組に交わされて惨敗。勝ち馬たちの流れに乗れていればという競馬だった。
今回はメンバー強化で厳しくはなるが頭数は減ってマクリやすくなるだろうから極端な上がり勝負にならなければ。
△トーセンバジル
ハービンジャーの代表産駒として2歳戦から活躍したが重賞ではどうなのかが未知数なまま。とりあえず距離は1800以上が良さそう。
ここ2戦は後方からの追い込みが続いているだけに今回も同じようにレースをすると差し損ねる危険性もあるような気が。


オーシャンSまでの成績 【0/25 ‐60000円】


昨日の反動>胴長熊猫

今日のボックス(オーシャンS&チューリップ賞編)

取り急ぎ


土曜出勤で昨日の予想を「今週の土曜はオーシャンSだけ」と思い込んでて慌ててチューリップ賞を予想する体たらく。
買えないレースの本気度が低い。


オーシャンS
◎リトルゲルダ
昨年はセントウルS勝ちで一気にスプリント路線の主役に躍り出たかと思われたが一頓挫ありスプリンターズSを回避。休み明けに海外遠征だった香港スプリント最下位と後半は散々だった。
さらに一息入れて今回だが、インリアリティ系のクロッシングアーギュメントなら高齢でもしぶとそうだしインコースから抜け出す競馬ができたら。
○ショウナンアチーヴ
ショウナンカンプ産駒ながら1600の重賞を得意にしていて、母父がサンデーサイレンスだともう何でもありなのか。
今回は半年ぶりの実戦になるがサクラバクシンオーの系統で休み明けが苦手とも思わないし、1200だってむしろベスト距離のはず。
▲ラインスピリット
とにかく勝つも敗けるも逃げてからのお楽しみという馬で、テンがべらぼうに速いわけではないが無理をしてでも押して出ていくほうが好成績。
ハクサンムーンとの逃げ合戦が問題だが、次を意識した酒井が共倒れを嫌がって控えてくれたらスンナリも。
△ベステゲシェング
ディープインパクト産駒らしく後方から鋭い差し脚で突っ込んでくるのが持味だが、なかなかそんな競馬だけでは通用しないのが重賞クラス。いいものは持ってるだけにあとは使いどころ。
外枠に入ったのが少し厳しいが、逃げ馬がハイペースで飛ばしていくほうの展開になれば上がり勝負に負けないだけの脚はある。


チューリップ賞
◎コンテッサトゥーレ
デビューから京都1400で2連勝。中団から構えて差し切るというお行儀の良いお嬢様みたいな競馬。
ただ、桜花賞へ向けて権利を取りたい馬ばかりなので少しくらいワルな部分を見せておくほうが本番に繋がるような気もするけど。
○クルミナル
こちらもデビュー2連勝だが新馬戦は牡馬相手に1800を勝ち上がり、距離短縮の前走も最後の決め手は出色だった。
年明けからポンポンと使ってきているのでそろそろ疲労を考慮に入れたいところだが、ここ次第で一息入れられるので権利へ向けて踏張りどころ。
▲ロカ
1枠に入って出遅れた阪神JFだったがその後すぐに3着に巻き返し、1番人気は伊達じゃないことを証明した。
今回は鞍上にデムーロを迎えて背水の陣。500万を使わないと今後は除外対象になる可能性が高いだけに2着以上が欲しい。
△ココロノアイ
阪神JFはスムーズに抜けてきて「勝った」と思ったところを勝ち馬にしてやられた感じ。素直な競馬で負けただけに仕方ない部分もあった。
そのライバルが直行するだけに一冬越して力を付けたところを見せたいが、阪神JF組が年明けから不振なのでレベル自体にやや疑問も。


中山記念までの成績 【0/23 ‐55200円】


こんな時に限って当たる>胴長熊猫

今日のボックス(中山記念&阪急杯編)


独占禁止法


まだまだまだまだウイポ7。
今まで狙ってはみても史実補正の掛かった馬の劇走に阻まれてきたGI独占でしたがようやく達成。
難しいのが天皇賞春・秋でしょっちゅう邪魔されたのが厳しかった。


中山記念
◎イスラボニータ
菊花賞路線をパスして古馬相手の中距離路線に挑戦した昨秋だったが戴冠までとは行かず、本当の一流どころとは実力の差を見せられた格好になった。
明けて復帰戦になるが、頭数も減って捌きやすいし今後GIを狙うなら今回のメンバーに取りこぼしはしたくない。
○ステファノス
クラシックでも皐月賞5着など見せ場はあったが、年明けから使い詰めになったこともありダービートライアルは回避。秋もセントライト記念は4着だったが富士Sを勝って世代の強さを証明した。
今回はそれ以来ということでどの程度、仕上げてきてるかが問題だが次につながる競馬にはしたい。
▲タガノグランパ
昨年の菊花賞4着もあるキングカメハメハ産駒。でもここ2走はマイルで連続10着。実はダンスインザダーク産駒とか?
母系がスペシャルウィーク×グルームダンサーなのが効いてるのかもしれないが、キンカメ産駒の弱点は距離に融通が利くほど上のクラスでは甘くなる点。
△マイネルフロスト
先行すると伸びず差しに回ると最後まで伸びるが、レースの有利不利は逆になる何だかなぁという馬。
今のところ最後に時計が掛かるコースが得意みたいだが、逃げ馬がタイキパーシヴァルだけなのでペースが遅いとまた差し損ねる可能性も。


阪急杯
◎コパノリチャード
JBCスプリント大敗のダメージを懸念された前走だったが、大外枠からポンと出て最後まで惜しい競馬をしての3着。香港スプリントでも目指せば良かったのに。風水的に香港は鬼門とか?
ミッキーアイルが今回は控える競馬を試すそうなので、開幕週の芝をスイスイ逃げられたら。
○ダノンシャーク
昨年は念願のGIを制覇しマイル王として迎え撃つ立場での復帰戦。目標は安田記念なのか結果次第で高松宮記念なのか。
OP入りしてからは阪神で良績がないが、1000万と1600万勝ちは阪神だったし充実した今なら前進も。
▲マジンプロスパー
2012・13年と2年連続で連対した相性の良いレースだが昨年は出走せず。同じ阪神1400でも阪神Cでは結果が出ておらず何が違うのか。
前走のシルクロードSは休み明けで馬体重も大幅増とが重なって見るところはなかったが、一つ叩かれて調子が上向けば得意の舞台で一発あるかも。
△オリービン
OPなら安定して力を出してくれるが重賞になると途端にひ弱な面を見せてしまうOP大将。GⅡまでという馬はよく見るけど。
一昨年にはこのレースでロードカナロアの3着に入ったこともあるし、数少ない重賞実績のある場所ならもう少しやれるはず。


アーリントンCまでの成績 【0/21 ‐50400円】


裏ではアドマイヤベガが凱旋門賞連覇>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク