パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

そんな祝日


福永洋一記念


を楽しむ予定が昼からやってた浦和開催にこっぴどく叩きのめされて資金が底を突く。
おおお!


ATMが来い>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(フローラS&マイラーズC編)

寝落ち


昨日は早めに予想してアップしたが、昨夜この予想をする途中で寝てしまった上に本日は草野球で広島へ出発していたので今頃になって慌てて書き出す体たらく。


フローラS
◎シングウィズジョイ
前走で先行して勝ったように、スローを後方からブッコ抜くような鬼脚よりはしぶとく粘りこむパワー勝負が良さそう。
開幕週だけに前が有利になりそうだが、権利を獲りに早仕掛けをする馬が増えそうなのでなし崩しに脚を使わせるペースで行ってほしい。
○マキシマムドパリ
デビューから3着以内を続けているがなかなか勝ち味に遅いのが難点。キロハナやクイーンズリングと接戦だったわけだから実力は重賞でも見劣らない。
ここも大崩れはなさそうだが勝ち切るまで至るかどうかが課題。
▲ロックキャンディ
デビューからの2戦は芝で大敗し、ダートに矛先を変えて成績は安定。ただ勝ち上がりには時間が掛かり、2月の東京までずれ込んだ。
それでもミモザ賞で2着だったようにハーツクライ×サドラーズウェルズでダートが向いているとは思えないし、距離も3000でもバテなさそうだからスタミナ勝負に持ち込みたい。
△エバーシャルマン
石橋脩で新馬戦を負けてデムーロで未勝利を脱出。もう皐月賞をプレイバックしたかのような結果。
ホント何とかしてくれよ、外国人ジョッキーがバンバン入ってきたら仕事無くなっちまうぞ。


マイラーズC
◎フィエロ
昨年の2着馬だがそれも含めて京都では馬券圏外がなくマイルCSでも惜しい競馬だった。
香港以来だが中枠に入れたしインコース有利な開幕週でも競馬にならないことはなさそう。
○サンライズメジャー
OP入りしてからなかなかコンスタントに使えず、昨秋もスワンS2着に入ったがそこから休養になってしまった。
今回はそこから半年ぶりだが京都1600は大外枠に入った京都金杯以外では崩れていないし、ラチ添いをスルスル抜け出す形になれば台頭も。
▲ヒストリカル
素質の高さはデビュー前から評判になっていたが出世しそうでしないのが兄弟ともどもこの血統らしい。
前走はテイエムタイホーに逃げ切りを許したが、大阪城Sでの大マクリを再現できれば本格化の兆しを見せている今なら一気に突き抜けても。
△フルーキー
高松宮記念を目指すのかな?と思っていたが東京新聞杯のあとは間を空けてマイル路線を目標にここへ。思わず阪急杯あたり使いたくなるだろうからローテ自体は好感。
高速上がりにも対応できるが逃げても差しても相手なりの面を重賞では見せているので頭まで来るかどうか。


福島牝馬Sまでの成績 【1/47 ‐96180円】


奥屋SAなう>胴長熊猫

今日のボックス(福島牝馬S編)

法事


先月、亡くなった祖父の49日のため本日は早めの更新です。


福島牝馬S
◎マイネグレヴィル
昨年はオークスと秋華賞にも出走したが、先行なのか差しなのかもう一つ作戦がハッキリしないまま終わってしまった。ブライアンズタイム産駒だからあまり切れ味はないとは思うが。
ここ数戦は見せ場なく来ているが前に行く脚は衰えてないし新馬戦を勝った舞台に戻って再出発を切れれば。
○オメガハートロック
デビューから2連勝でフェアリーSを勝ったがそれから順調さを欠いて秋まで休養。さすがにいきなりでGI2連戦では厳しいものがある。
さらに一息入れた前走はまだまだ周りに付いて走ってきた程度だったが、終いはしっかり伸びてきていたし叩かれて状態が上がってくれば重賞でもやれる力はあるはず。
▲ケイティバローズ
ダートでは交流重賞でも掲示板に載るようになったが勝ち負けするには上位の壁が厚い。先々を考えると選択肢が増えるのは使いやすさから言えば良いことだろうけど。
芝ではまだ実績はないが、お姉さんは芝重賞で健闘しているしマンハッタンカフェ産駒でダート専門でもないだろう。
△スイートサルサ
父デュランダルそっくりの追い込みをブチ込んでくる娘で、ベスト条件は直線の長いコースの中距離か。
前走は取り消しで一頓挫あったので今回は実質、休み明けになるので仕上がりが心配だが脚の鋭さはメンバー随一なので届くような展開なら。


皐月賞までの成績 【1/46 ‐93780円】


正座苦手>胴長熊猫

南関東牝馬2冠目


いざ2冠へ


しかし3冠目が交流重賞・関東オークスなのが厳しいね。
昔、ダート3冠がユニコーンS→JDD→ダービーGPと言われてた時代なら地方馬はまず1冠が鬼門だったろう。
3冠達成しても古馬になって力を付けた1000万クラスの中央馬に牛耳られるのも何か悲しい。


勝てるかな?>胴長熊猫

南関東1冠目


そうか…


そうだよな、羽田空港があるもんね。
ハタ盃なんて読まねぇよね。


恥>胴長熊猫

今日のボックス(皐月賞編)

競馬>疲れ


昨日は一日中ラインを改造して鉄骨と向き合ってたせいか晩飯も食わずに帰ってくるなりシャワーだけで就寝。
明日ウインズに朝から行けるかな?と思ったが早朝4時に目が覚める。
バッチリ朝シャンしてモーニングまで食べて1Rから博打。アホだろ。


皐月賞
◎サトノクラウン
父マルジュが得体の知れない種牡馬なおかげで前売り2番人気になっているが、もしこれがディープインパクト産駒だったら1倍台のお祭り騒ぎだろう。
その父系はラストタイクーンなので1200&2000が得意のタイプだろうから距離はベスト。鞍上も福永→ルメールなら期待値も3割増し。
○ブライトエンブレム
弥生賞は最後に後方から飛び込んできたが2着まで。でも朝日杯FSが大外枠から何もできずに終わったことを考えたら上出来か。
今度は最内枠に入ったので追い込み馬の彼にはこれはこれで厳しい条件かもしれないが、札幌2歳Sを追い込める脚があるなら中山でも勝負になるはず。
▲キタサンブラック
スプリングSは逃げ馬を先に行かせて番手から構える競馬で後続を振り切り3連勝。血統的な地味さを感じさせない素軽さで、ディープインパクトと同じブラックタイドなんだからと改めて考えさせられた。
サブちゃんも紅白歌合戦を辞退して馬主に専念(?)してきたし、いよいよGI獲りに本腰も入るはず。
△ベルラップ
これまで負けたのは新馬戦と休み明けだけで、2戦目以降は1着。前走もプラス10キロと明らかな調整で9着大敗でも陣営はそこまで気にしてないはず。
キングカメハメハ産駒にクラシック勝ち馬がいないし、ディープインパクト産駒が中山苦手なら怖いのはハーツクライ産駒。


中山GJまでの成績 【1/45 ‐91380円】


早起き得意>胴長熊猫

今日のボックス(中山GJ&アンタレスS編)

なーほーざわーるど


愛川欽也さんが亡くなって最初に思い浮かんだのがトランプマンやアド街じゃなくて
うつみ宮土理、愛川欽也をキンキンと呼ぶの禁止(たしか101匹一休さんのネタ)
あ、本日は階段作ってます。GI買えなくてガッデムガッデム。


中山GJ
◎レッドキングダム
長らく絶対王者不在だった障害路線も昨年から勢力図が固まってきつつあり、西の横綱はこの馬。
年明け緒戦のペガサスJSでは少頭数を強気に出していって押し切る内容。逃げ馬がいれば番手から、いなければ自分で競馬を作れるし落馬がなければ普通に勝ち負け。
○アポロマーベリック
こちらは東の横綱だが、休み明けがイマイチだったりテレンコ気味だったりして最近は掴みきれない部分がある。
それでも大障害コースでは崩れていないし、一つ叩かれて調子が上向きなら前走に目をつぶってマッチレースを期待。
▲ソンブレロ
障害転入後は常に掲示板を外さない走りを見せていて、最近は一気にマクリ差す競馬を覚えて重賞でも侮れなくなった。
その前走では早め先頭で最後に差されてしまったが、あまり気にせずやられたら仕方ないという一発勝負で行ってほしい。
△ショウナンカミング
障害では差しに回ると届かず、先行すると粘れないレースが続いていたがどうやら前に行くほうが競馬はしやすそう。
無理してでも逃げたい馬が見当たらないので、外枠から出方を見ながら進めればスローに持ち込んで粘りこみも。


アンタレスS
◎ローマンレジェンド
ここ2走はGIで連続5着だがいずれも後方から終わった頃に突っ込んできただけ。エルムSのようにテンをスンナリ入れるような展開がベスト。
近走好調馬が揃って、既存勢力とどちらが強いかを決める一戦になりそうだがまだまだ新興勢力には譲れない。
○ナムラビクター
昨年のこのレースでGI戦線に名乗りを挙げ、掲示板にも載る成績を残していたが勝ち切るには至らず。ゼンノロブロイ産駒はやっぱりトライアル血統なところがある。
東海Sは11着だったが勝負しに行ってのもので悲観するほどではないし、後は一息入れてどれだけ動けるか。
▲クリノスターオー
逃げて重賞を制し一線級に挑戦したがホッコータルマエには歯が立たず。自分の形に持ち込めているだけにもう一皮剥ける必要がある。
久々になるが元々ピンかパァの馬だから変に抑えたりせずパーッと行ってどこまで粘れるか。
△アスカノロマン
昨年は3歳世代のダート路線でレパードS5着などあったが重賞では定着できず。ただすぐ古馬相手に勝ち上がって今回人気のマルカプレジオにも2走前に休み明けで下しているし地力は上位。
問題は不利な大外枠に入ったのでやや展開に注文が付きそう。


桜花賞までの成績 【1/43 ‐86580円】


溶接苦手>胴長熊猫

今日のボックス(桜花賞編)

クラシック第一段


天気はイマイチでもやっぱりクラシックになるとお客さんの数も桁違い。駐車場一杯だよ。
GIは数あれど8大競争と他のGIの間には大きな壁があるんだなぁ。


桜花賞
◎ルージュバック
何度も重箱の隅を突こうと思ったが、1800までにしか経験がないが番手で競馬をできたので後方一手でもない。きさらぎ賞以来だが、そもそもこのローテの馬がいないので比較ができないなど無理やり感が否めない。
強いて言うならマンハッタンカフェ牝馬がレッドディザイアやトレンドハンターなど勝ち切れていないくらいか。
○レッツゴードンキ
阪神JF、チューリップ賞と2・3着で昨年から安定感はあるが一気に突き抜けられないもどかしさもある馬。前でも後ろでも競馬ができるのも器用貧乏なのが悲しい。
それでも札幌2歳Sで馬券に絡んだ牝馬はクラシックでも活躍しているのでもう一押し効けば。
▲キャットコイン
デビューから3連勝でクイーンCを制したがステイゴールドもマンハッタンカフェ産駒同様GIを勝った馬がいないのが気がかり。さらに鞍上が柴田善なのも気がかり(笑)。
でもミッキークイーンに勝った馬なのでGIに出られない悔しさを晴らしてほしい。
△メイショウメイゲツ
全兄メイショウチギリをPOGりんで指名しクラシックを前に離脱。その前もハブルバブルを指名して全弟のディープブリランテにダービーを勝たれてしまっていて、ひょっとしたら僕の血統先読みは一年早いのでは…?
それでこの馬に勝たれたらドヤ顔をしていいやら泣きたいやら。アネモネS組なんて普通なら無視でいいはずなんだけど心に引っ掛かる引っ掛かる。


阪神牝馬Sまでの成績 【1/42 ‐84180円】


ダービーと有馬記念は別格だけど>胴長熊猫

今日のボックス(阪神牝馬S&ニュージーランドT編)

流れが来ない


POGりん唯一の希望だったミッキークイーンが抽選を外してしまい桜花賞除外。マジでトーセンラークどけよ、ダート馬なんだから兵庫CSでも走ってくれよ。
しかし、明日の本命を含めて練り直しが必要なのが弱った…。ルージュバックをどうするべきか。


阪神牝馬S
◎ウリウリ
ディープインパクト産駒ということで京都を中心に使われているが阪神コースは昨年の2着にチューリップ賞6着と阪神C4着とこちらの方が合っている気がする。
重馬場も母父フレンチデピュティなら歓迎のクチだろうし昨年以上の成績を残せるか。
○サングレアル
クラシックでもフローラSを制してお姉さんと同じような活躍を期待されたがGIには手が届かず。押せ押せローテだったのも響いたか。
休み明けの前走は牡馬に混じって9着だったが上々の競馬をしていて、馬体重も増えてきたし復調気配の今なら馬券圏内も。
▲ホエールキャプチャ
昔は休み明けだとろくすっぽ走らなかったのに最近は素直に走るようになって、歳食って馬も変わるようになったということか。
7歳牝馬でまだ重賞でやれるのかが焦点だが、4歳勢がパッとしないし熟女の意地を見せてやったら。
△コナブリュワーズ
毎年、穴を出している前走条件戦組の中でも好走率の高いうずしおSの勝ち馬。重賞ウイナーが多いおかげで隠れ蓑になってる。
お母さんは阪神JF2着を初め桜花賞と阪急杯以外はオール連対という相性の良いコースだったし、今の勢いで格上にぶつかっていけたら。


ニュージーランドT
◎アルマワイオリ
朝日杯FS2着馬だけに同じコースだったアーリントンCでも2着だったのはさすがと言ったところ。マツリダゴッホ産駒もサンデー系だからマイルでスピード負けはしない。
今回は中山に替わって追い込みが届くかだが、重馬場でパワーがいるのは阪神と同じなので最後に差してくる展開になれば。
○マテンロウハピネス
重賞で3着に粘れる馬を500万で7頭立てとはいえドスローで行かせたら逃げ切るに決まってる。それにしても松田といい丹内といい日の当たらなかった騎手にいい馬が回るようになってきた。
このレースも逃げるだろうが、先々を考えたらそろそろ番手で控える競馬を試してみてもいい気はする。
▲ヤングマンパワー
アーリントンCの勝ち馬だが元々デビュー戦1着→ジュニアC3着と中山1600ですでに好走歴があり、むしろ得意条件に戻ってきたと言える。
問題は不利な大外枠に入ってしまったので、いかにして捌いて来るかで今後の試金石になるはず。
△ヤマカツエース
いつも最後にいい脚を使って突っ込んでくるがわずかに届かないレース続き。やっぱり重賞で勝ち負けするには一桁順位で追走しながら同じ脚を要求される。
と言っても池添が乗ってるから直線勝負しか頭にないだろうし、あまりお行儀のいい競馬のできる競馬場でもないので腹を括って飛び込んでくれたら。


産経大阪杯までの成績 【1/40 ‐79380円】


断然人気だけに>胴長熊猫

流れよ来い


ようやく初勝利


年始から惜しいどころかトリガミすらなくて連敗が続いていたこのブログ予想。割と本気で3着エアソミュールの応援に熱が入りましたが当たって良かった。
今年は他のレースを外しまくりで懐事情がかなり厳しかったため減量を兼ねて1日2食にした結果、1ヶ月で8キロのダイエットに成功したものの元が太すぎて誰にも気付かれない罠。
そんな中、パルス藍住のジュース自販機で今年2度目の当たりが出る。吉兆かね。


財布のダイエットは得意>胴長熊猫

今日のボックス(産経大阪杯&ダービー卿CT編)

桜が満開


毎年そんな気がしてるのだがこの満開の時期に必ず大雨が来るような。せっかくの桜が早めに散ってしまってもったいない。
「菊の季節に桜が満開」は有名な実況だが、キクノの冠の馬が桜花賞を勝ったら「桜の季節に菊が満開」になるんだろうか。


産経大阪杯
◎キズナ
昨年の天皇賞・春ぶりだった京都記念は馬体重22キロ増ながら3着。なかなか順調に使えない時期が続いていたがようやく安定してきた。
断然人気は仕方ないところだが、ゴールドシップが天皇賞・春を回避しそうなので日本のエース馬として競馬界を引っ張っていくようなレースを期待。
○エアソミュール
前走のAJCCは差して負けた馬が軒並み次のレースで巻き返す特殊な展開。その中でもこの馬は3着に届いていたし坂のあるコースでも簡単にはバテないスタミナがある。
相手はかなり強そうだが阪神コースは鳴尾記念を制した縁起の良い舞台だし勝負になっても。
▲カレンブラックヒル
昨秋の復帰から着順にはバラツキこそあるが僅差の競馬が続いていてようやく良い頃の感じが戻ってきた。無敗でGIを勝ったわけだからそんな弱い馬じゃないはず。
今週からコース替わりで内埒が移動するし、ロスなくインを突いてくれば再び一発があっても。
△ラキシス
エリザベス女王杯で悲願のGIを勝つと有馬記念でもマクリで先頭に並びかける脚を見せて場内を沸かせた。牡馬相手にも通用するだけの素地はある。
今回はGⅡではあるが一線級が集まったので有馬記念同様、簡単には行かないだろうがこちらも牝馬の代表格として頑張ってもらいたい。


ダービー卿CT
◎モーリス
7ヶ月ぶりだった2走前から1000万→1600万と2連勝。スプリングS4着の実績を考えたらまだ通過点だったか。
OP再昇級で1番人気は見込まれたのとスクリーンヒーロー産駒がスパッと人気に応えるキャラじゃないのが気になる。
○インパルスヒーロー
NHKマイルC2着を最後になかなか重賞では追い込みが決まらず、ダート路線や距離延長などしてきたがやっぱり得意なのは1600か。
今まで追い込み一手だったが、前走で外枠から先行して差し馬が上位を占める中で3着に粘れたのをきっかけにしてくれたら。
▲ラインスピリット
オーシャンSではハクサンムーンとハナ争いをして最後まで粘り4着。差されたものの見せ場たっぷりで最近の充実ぶりを感じさせた。
1600は洛陽Sで2着があり、中山も今週からコース替わりなのでインをピッタリ回ってくれば距離をごまかせるはず。
△シャイニープリンス
重賞でも掲示板に安定して載れるようになって力を付けているのは間違いないが勝ち切るまでは至っておらずキングヘイロー産駒にありがちなOP馬。
ここも内枠に入れたのと中山1600は相性がいいコースなのであと一押しが効いたら。


高松宮記念までの成績 【0/38 ‐91200円】


ダート馬が多い冠だけど>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク