パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中京記念&函館2歳S編)

いよいよ決勝


夏の甲子園に向けた広島大会も大詰め。
決勝のカードは市立呉VS広島新庄という全国的には無名かもしれないが春のシード校が順当に駒を進めてきた。
以前は西地区か福山勢が行くものだったのが広陵一強になり、最近は県北と呉地区が台頭するようになって地域格差がかなり小さくなってきた印象。あとは全国で通用すれば完璧。


中京記念
◎エールブリーズ
今春の東京芝はかなり前が残りやすい特殊な馬場で、後方から進めた馬は軒並み大敗を喫した。最終週でも逃げ馬が仕事していたしもうちょっとなんとかならないものか。
その関係で近走の成績が見栄えしないが、昨秋以前のフラットな馬場なら重賞でも3着があるし展開次第で前進も。
○アルバタックス
前走は勝ち馬と同じような位置から追い込んで行ったが直線で息切れ。条件戦なら1800でも勝ち鞍はあるが、ベストはやっぱり1600かも。
外枠に入ってしまったが、逆に腹を括って後ろからの競馬に徹するだろうからこちらも展開次第。
▲スマートオリオン
パラダイスSは11番人気という低評価だったのを嘲笑う快勝。仮にも重賞ウィナーを簡単に見切るのはあまりにも危険だったか。
1200を中心に使っていって前走が1400で今回はさらに1ハロン延長。距離がカギになるがスクリーンヒーロー産駒で1600が長いということもなかろう。
△オリービン
昨年のこのレースは5着だったが、それを含めて重賞で何度も見せ場を作っておりあと一歩が足りないのが現状。典型的なダイワメジャー産駒と言えばらしいけど。
前走は逃げて2着に来たが、元々は先行・差しが得意な馬なのでここは小牧がどう乗るか。


函館2歳S
◎オデュッセウス
開催時期が変更されてから3年が経ったが相変わらず勝ち馬がクラシックでお客さん。やっぱり早い時期の洋芝1200重賞に適性がある馬は何にも繋がらないってことか。
新馬戦は逃げて辛勝だったが、下した馬が次の未勝利で上位を独占していてレベルは高かったと見る。みんな逃げて勝った馬ばかりなので溜めが利くか。
○ブランボヌール
ディープインパクト産駒はもう何でもアリなのか。いや、母父サクラバクシンオーだから1200に強いと言えるのか。
気持ちとしては本命にしたいが勝ち馬が出世せず2着にアイムユアーズがいるぐらいなので、彼女にも連対くらいで賞金だけ稼いでほしい。
▲レディトリス
母フランダース…ロジポケット…うっ、頭が…!
昨シーズンの新種牡馬エンパイアメーカーだが牡馬よりは牝馬、1200より1800以上、ダートより芝というイメージ。
その中で1000を先行して終いもしっかりと脚を伸ばしたのは珍しいケースだけに重賞で通用するエンパイアメーカー産駒のモデルになるか。
△ラプレシオーサ
道営所属だが生産は社台白老Fでバリバリの良血。ダノンシャンティは新種牡馬なので傾向はこれからだがフジキセキの系統なら芝ダートは兼用だろう。
1200でも1700でも圧勝で、ちょっと地方で走るのはプロフィール的にも卑怯なレベルに達しているので中央馬が相手でも一角崩しまで。


函館記念までの成績 【4/77 ‐94180円】


母校は3回戦コールド負け>胴長熊猫
スポンサーサイト

3場開催


盛岡・船橋・高知


中央が函館・福島・中京だからだいぶ似たような開催状態で頭数が中央に比べて少ないので予想もしやすいので楽なのだが、当たるかどうかは別問題。


マーキュリーCは戸崎から>胴長熊猫

今日のボックス(函館記念編)

マイカー


親父の遺品的に乗っていた車ですがいよいよタイヤのワイヤーが見えるようになってきて「履き替えないとなぁ」と思いながらズルズル走っていましたが、夢の中でハンドルが利かずに壁に激突するようになってきたので根性を決めてカーショップへ行こうかなと。
よく考えたらティコティコタック→ヤマカツスズランの馬連をウン万で獲った親父が現金で買ってきた車なんだよなぁ…。そりゃガタも来るよな。


函館記念
◎レッドレイヴン
前走は8頭立てで逃げ馬が大逃げを打つ中で後方から差してきたが2着まで。ただあの展開では届かないのも無理はない。
今回はフルゲートになるのでそんな簡単に大逃げにはならないだろうから今回はもう一押し利くはず。
○エックスマーク
OPでは毎度いい脚で上位争いをしてくるが、重賞だともう一つ弾け切れず。ディープインパクト×異系牝馬で人気を博した母父アカテナンゴだが今のところハズレ気味。
斬れる脚よりはパワー型の脚を求められるコースだが、その場合だと母系が異系統のほうが合っているイメージなので洋芝なら重賞でやれても。
▲ダービーフィズ
クラシックでもGIに挑戦するレベルまで迫ったが勝ち負けまでは遠く、逆に重賞戦線に帰ってくるまでに時間が掛かってしまった。元々アベレージタイプではないジャングルポケット産駒だけに気にするほどではないが、いい時期の波が激しい血統なので見極めも難しい。
最近は最後方からの競馬ばかりなので今回も届くかどうかが焦点だが、アーデントとマイネルミラノがやり合ってくれたら。
△サイモントルナーレ
ダートに見切りを付けて芝に来てから1度しか勝てていないが、その唯一が洋芝2600とダート血統らしい。しかしまたダートのほうが良いような気も。
新人・井上の初重賞だがそれを差し引いても内枠を引いたし埒添いをピッタリ回れば勝負になっても。


七夕賞までの成績 【4/76 ‐91780円】


新車は夢のまた夢>胴長熊猫

今日のボックス(七夕賞&プロキオンS編)

ここでも新馬戦


昨日は中央競馬に行くほどの財布の中身がなかったので、朝から7頭立てばっかりだった盛岡競馬を楽しもうとパルス藍住に行ったら高知競馬が1Rから5頭立て。
どんな条件だよ…と思ったらなんと2歳新馬戦。そう言えば遥か昔に見た記憶があるようなないような。
ただ、スタートした瞬間からあっちへフラフラこっちへフラフラしながら走っていく2歳馬は幼稚園のかけっこを見ているようで何か和む。


七夕賞
◎レコンダイト
サンテミリオンの弟ということで活躍を期待されたがクラシックではトライアルまで。母系はラストタイクーン×グランドロッジだし本質は晩成型か。
前走は2500だったが1800や小倉2000でも勝ち鞍はあるし、絶好調デムーロなら1番人気が勝てないと言われるこのレースでも持ってくるかも。
○フラアンジェリコ
ダートで1600の勝ち鞍が多いので芝でも1600を中心に使われたが、ネオユニヴァース産駒ならマイルはやや短いだろう。やっぱり2000以上で勝負したい。
昨年の福島記念2着があるし、トウケイヘイローとメイショウナルトがガンガンやり合えば後方待機からでも届く可能性も。
▲マイネルディーン
前走の新潟大賞典は6着だったが2走前には福島民放杯3着もあって見た目以上に人気になっている感じ。2歳時にディープブリランテやフェノーメノと接戦を演じていただけのことはある。
開催が進んで外差しも利くようになってきたが大外を回していては届かないだろうし、この内枠をうまく利用して差し込みたい。
△ステラウインド
万葉Sを勝ったことで長距離路線を試すことになったが、3コーナーまでの手応えの割には直線で伸びあぐねていて使える脚がかなり限定されている印象。
衰えている感じではないし使いどころさえ間違わなければまだまだ上位争いをできる力はあるはず。


プロキオンS
◎エアハリファ
根岸Sを勝っていよいよGI獲りを狙う段階に来たと思ったのに休養。かしわ記念を使えなかったのは痛かったかな。
重賞クラスに上がってからは1400前後が主戦場になっているだけに、休み明けでメンバーは揃ったがここも負けられない。
○コーリンベリー
フェブラリーSではよもやの出遅れで場内をどよめかせたが次走ではアッサリ巻き返して返す刀でかきつばた記念も完勝。もう何やねんなキミ。
昨年は逃げて大敗したが先行でも競馬ができるようになったし、芝コーススタートでまた出遅れなければ勝負になるはず。
▲ベストウォーリア
ここ数戦は交流GIでじれったい競馬が続いていたせいで取りこぼすイメージが付いてしまったが、仮にもGI馬にこの人気はないんじゃね?
と言いつつてめぇも本命じゃないじゃないかとツッコまれそうだが、59キロを背負ってこのメンバーに勝てるならかしわ記念を落とさないだろ。
△アドマイヤロイヤル
3年前と一昨年のこのレースで好走した馬だが、今年も年初の根岸Sと前走のアハルケテSで3着に入り順調をアピール。8歳になってもまだまだ盛ん。
できれば外枠からゆったり先行して傾れ込む競馬が理想だが、極端な競馬をする馬が隣に多いのでうまくポケットに入ってスルスル抜けてきたい。


ジャパンダートダービーまでの成績 【4/74 ‐86980円】


高知から全日本2歳優駿へ!>胴長熊猫

今日のボックス(ジャパンダートダービー編)

乞食


毎週、競馬で負けては職場でピーピー報告していたら周りから相当ひもじい生活をしていると思われたらしく「トマトやるわ」「玉ねぎ持っていけ」など兼業農家の方々から野菜をもらえるようになり
『これ、競馬に行ったフリして毎週、野菜をもらったら食費タダじゃね?』と考えつつその一番大前提の部分が無理じゃねぇかと諦めるのです。


ジャパンダートダービー
◎クロスクリーガー
ダートは芝の2軍と言われたのも今や昔、現在は血統的にダートの下地がない馬は1000万クラスあたりで壁にブチ当たる。
なんて言ってたらアドマイヤオーラ産駒からまさかダートの強豪が出てくるなんて。いや、母系がブライアンズタイム×ガルチ×ラジャババなんだから下地は十分あるか。
○ノンコノユメ
こちらはフォーティナイナーから来るトワイニング産駒だからバリバリのダート血統。この系統は極端な作戦が向いているだけに、追い込み一辺倒でも侮れない。
とにかく作戦が徹底されているので、後は昨年のカゼノコのように届く展開になってくれるか。
▲ライドオンウインド
年明けからダートでは3着以下がなく、変にNHKマイルCを目指さなければOP2勝で1番人気にだって推されてもおかしくない馬。フルキチ君が乗ってるのも人気を下げてるか。
このところ調子を上げてきたアグネスデジタル産駒だし、人気2頭がお互いを意識するペースを取る間にサッと直線先頭の競馬ができたら戴冠も。
△ストゥディウム
距離を延ばすごとに安定感が出てきたが京浜盃で正攻法を試して失敗したのが功を奏して羽田盃を勝利。続く東京ダービーは追い込み切れなかったが上がり2位の脚で面目は保った。
今回は同型にノンコノユメがいるので何とかうまくタイミングよく仕掛けて突っ込んで来てくれたら中央馬相手でも一角崩しまで。


CBC賞までの成績 【4/73 ‐84580円】


人生の主食、競馬>胴長熊猫

今日のボックス(ラジオNIKKEI賞&CBC賞編)

辛い


スパイシーのほう。
常々、カライ食べ物が苦手でカラシやワサビの類も避けたい人間なのが、昨日は朝カレー・昼レッドホットチキン・おやつドンタコス・晩担々麺という刺激物満載の食事でワタクシの黄門様がヒートアップしておる。


ラジオNIKKEI賞
◎アンビシャス
プリンシパルSを勝ったにも関わらずダービーを回避。出ないなら出走権をよこせ!と言いたい陣営も多いだろうが、ドゥラメンテ相手に勝ち負けできるかを考えたら素直な選択だっただろう。
1番人気とトップハンデに鬼門の重賞だが、今年はちょっとズレる馬が出てきているし取りこぼしがなければ。
○グリュイエール
1勝馬ながらクラシック戦線に果敢に挑戦したが重賞では掲示板に載るのが精一杯。きさらぎ賞での脚は見所があったが不器用な面は否めない。
それでも500万条件では格の違いを見せ付けたし、古馬相手でもやれそうなだけに同世代内での序列の中に食い込みたい。
▲ミュゼゴースト
地味なバゴ産駒ながら掲示板を外したのは新馬戦だけという堅実派。ミュゼエイリアンもそうだがこの馬主さんはかなりの相馬眼を持っているのかバックに誰か付いているのか。
白百合Sは3着だったが切れ味勝負では分が悪そうなので、小回りを利して早めにスパートする競馬をしたい。
△グランアルマダ
チンタラしたペースでは実力が出ないのかズブズブ沈んでいたのに、休み明けから自分で引っ張る競馬に切り替えて2連対。ダイワメジャー産駒はパワーで押すに限る。
ここは逃げ馬が多いのでどの程度、先手を主張するかだが下手に控えて良いことはないだろうから行くだけ行ってくれたら。


CBC賞
◎サドンストーム
後方の馬に不利だった高松宮記念で唯一、差してきて4着まで押し上げてきて最近の好調ぶりを示している。
後ろから行く馬が多いのでどれだけ展開が向いてくれるかだが、スローでも前走の走りができれば勝負になるはず。
○ウリウリ
GⅢなら安定した成績を残せるのだがそれ以上になると途端にどこにいたのかわからないような敗戦を喫する馬。思い切って無印にできないので何とも悩ましい。
OPなら問題なく勝ち上がれるし、今回もまだGⅢなので1200のペースに戸惑わなければ。
▲ジャストドゥイング
ゼンノロブロイ産駒で1800前後を主戦場にしていたが1200に矛先を変えたらあれよの圧勝。マイニング×フレンチデピュティ×ミスワキの母系が利いてるのだろうか?
今シーズンは3歳馬が普段より古馬に対して勝ち上がれるシーンが多い気がするし、世代のレベルを測る意味でも注目。
△ベルルミエール
前走のヴィクトリアマイルは大敗したが、超が付くほどの特殊なレースだっただけにノーカウントだろう。あんな芝でレースしてよく無事に走り終えたものだと感服する。
1200はあまり実績がないがスウェプトオーヴァーボード産駒なら守備範囲だろうし、同型が少ない今回は展開が向く可能性も高いのでスローになれば。


宝塚記念までの成績 【4/71 ‐79780円】


天気のせい>胴長熊猫

スパーキン!


へっちゃら(貧窮)


宝塚記念のスタートですべてを投げ出した…
と見せ掛けて実はこっそりラブリーデイから買いたかったからここで本命を打つと来ない気がしてわざと◎ゴールドシップにしていたらしいけど、ヒモは予想通りに買ったからかすりもしなくて天罰が下ったポキよ!


残高が怖くて確認できない>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク