パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(新潟2歳S&キーンランドC編)

雨男


本日は広島で草野球の予定だったのですが、前日18時の時点で降水確率90%と中止が濃厚だったし人数も足りているという事で今回は欠席にしたのです。
で、21時の天気予報を見たら30%にまで下がってて今朝は晴れているそうで、予定通りプレイボールしたそうで。
何だかなぁ。


新潟2歳S
◎ウインミレーユ
この馬にね…POGりんの牡馬エースが負けたんですよね…。
これで惨敗とかされたら、それに負けたドラゴンテリーは?ということになるので頑張って。
○エポック
この馬にね…POGりんの今シーズン初陣で負けたんですよね…。
これで惨敗とかされたら、それに負けたゼンノサーベイヤーは?ということになるので頑張って。
▲ヒプノティスト
クロフネ産駒ながら1800の新馬戦を勝ち上がってきた変わり種。とはいえ中盤のラップに13秒台が並ぶスローだからスタミナを問われなかったとも考えられる。
それでも上がりは最速を繰り出して逃げ馬を捉えきったし、内が荒れてきた今の馬場なら大外枠もむしろ歓迎かも。
△キャプテンペリー
またクロフネ産駒か。まぁ、名前からしてペリー提督が絡んでいるわけだから想像は付くけど。
こちらはハイペースの1200を好位追走から前を捉えて上がり最速で抜け出すスマートな競馬。逃げたまんま押し切る一本調子とは違うし、2ハロン延長でも対応できそう。


キーンランドC
◎レッドオーヴァル
昨年のスプリンターズS以降、不振に喘いでいたが前走でようやく復調の兆し。あまり使われていないが意外と汗をかく季節のほうが合っているのでは。
このレースに実績もあり、重賞でノリノリの岩田なら久々の勝利まで期待。
○ティーハーフ
前走は1200では珍しく逃げ馬が総崩れで追い込み決着となり、うまく後方からブッコ抜いた感じで明らかな展開有利だった。
今回はこれといった逃げ馬が見当たらず、逆に人気馬は差し・追い込み馬ばかりなのであまり後ろすぎる位置取りだと届かない可能性も。
▲ペイシャオブロー
1200を中心に使われているが現状はダラッと先行して粘りこむ淡泊な競馬がマシな部類。特別、斬れる脚やテンのダッシュ力は持ち合わせてなさそう。
その分、外枠からポンと出れば内を見ながら付いていけるし、すずらん賞でヤマカツエースから逃げ切ったような競馬を再現できたら。
△レンイングランド
これまで好走歴があるのはダートと時計の掛かる芝1200だけで、まさに芝・ダート兼用のクロフネ産駒らしい成績。来年の今頃は新潟ダ1200のほうに出走してそう。
アイビスSDは明らかにテンに置かれる競馬で、スピードコース不得手が顕著なので未勝利勝ちした洋芝1200なら2走前くらいやれても。


新潟ジャンプSまでの成績 【4/89 ‐125380円】


真夏、戻ってこいや>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(新潟ジャンプS編)

寿司


僕はお腹を下しやすいのと歯ざわりがグニャグニャしたのが嫌いなので生魚を好んで食べないのです。
当然、シャリが増えるだけの寿司もそんなに好きではないが、タマゴやアナゴくらいなら食べれるのでお茶を濁していたのですがいい大人になってそんなもんばかり食べるのも恥ずかしいからスシローでおもしろ寿司を食うことで克服を目論む日々。
ところが僕が一番マトモに食べれていた鰹ユッケが少し見ない間にメニューからなくなっていてすっかり食欲をなくしたので、掛けうどんだけ食べてコンビニで弁当を買うのです。


新潟ジャンプS
◎グラッツィア
好調馬と不調馬のコントラストが色濃く出ているメンバー構成で、オッズにもそれがそのまま直結している感じ。
前走の勝ち方は派手だったが平地時代の実績で言えばダントツなのはわかっているのでさほど驚かず。むしろまだまだ地方交流GⅢくらいなら通用しそう。
エーシンホワイティが謎の大敗を喫してダメージが残っているようなら付け入る隙もあるはず。
○タナトス
2走前は1番人気に推されたこともあって自分からペースを作っていったが、逆にマークされる形になってしまい惨敗。やっぱり前走のように差すほうが競馬をしやすそう。
その分、重賞クラスになるとなかなか展開に恵まれなくなるが、前が崩れるようなら前走同様いいとこどりをしてくるはず。
▲タイタン
デビットジュニアはかなり珍しい種牡馬だがプレザントタップの系統。母系はリボー×ニジンスキーだから超晩成スタミナ型の極みみたいな馬。
人気はないが障害では4着以下なしという安定感は光るし、血統的にも重賞でこそというタイプなので一か八か。
△ティリアンパープル
障害ではあまり見ない典型的な追い込み馬で、終わった頃に少しだけ脚を使ってきては10着前後と重賞では今一つ何もできずにいた。
それがここ2戦は差し脚質に変換して、同じように差し込んで競馬ができるようになってきたので夏は牝馬の格言が障害でも通用するか。


札幌記念までの成績 【4/88 ‐120580円】


もう行かない>胴長熊猫

年々ひどく


カープ-タイガース雨天中止


台風には勝てないよねー仕方ないから大井ナイターを買うしかないよねーと、週末JRAに搾取されたにも関わらずパルス藍住に向かうのです。
以前は南関東も競馬新聞を買わなければピンと来なかったのも段々とクラス編成や馬券スタンスが理解できてきて「JRAより面白いのでは…?」と思うように。


当たれば楽しい>胴長熊猫

今日のボックス(札幌記念&北九州記念編)

人材


気が付けば甲子園も終わってて、早起きしてテレビを見る楽しみもなくなったのですが早くもプロ野球ファンの間では「どの選手が自分の応援しているチームに欲しいか?」という話題に。
それらを聞いていると大抵の場合、総合力の高さを競い合って過去の選手との比較から当たりハズレを予想して自分の贔屓の弱点を補おうとしているわけで。
まぁドラフトに掛かるような選手は光るものがたくさんあるから指名されると考えたら、逆にこの時期に開催される入団テストで未だに一律な50m走と遠投で篩にかけるのはどうなんだろうと思ったり。
左投手が足りないなら「左投手限定入団テスト」とか「足の早さ度外視でホームラン狙いのスラッガー限定入団テスト」とか開催してもいいんじゃないか。


札幌記念
◎ラキシス
宝塚記念は8着だったが1000m通過が1分2秒台という異例のスローペースに巻き込まれ、力を出し切れなかった。ゴールドシップに目が行きがちだが、割を食った馬は注目していきたい。
今回はトウケイヘイローが早々に逃げ宣言をしていて、ドスローになるとは思えないので差しが決まりやすい展開になれば。
○トーホウジャッカル
菊花賞を勝ってから順調さを欠いてなかなか思うように使えなかったが、ようやく使えた宝塚記念では見せ場十分の4着。陣営としてはできれば一つ叩いて臨みたかっただろうが、GI馬の底力は見せられた。
実績は1番だがメンバーも骨っぽいところが揃ったので、秋に向けての弾みを付けたい。
▲ヒットザターゲット
目黒記念はあっと驚く内埒添いスルスルで1着。確かに大敗続きだったが脚は使っていたし、衰えがあったわけではなかったがそれにしても重賞を勝てるまで残っていたとは。
距離的には2400以上がベストになりそうだが、札幌2000でも連対はあるのでもう一丁あるか。
△ステラウインド
前走も期待していたが先行したグランデッツァを捉え切れず2着。それでもようやくフランス遠征に帯同した実力馬が重賞戦線に返り咲いた。
この馬も2000はやや短いという印象だが、洋芝の時計が掛かる馬場ならスタミナ比べができるはず。


北九州記念
◎ビッグアーサー
残り少なくなったサクラバクシンオー産駒だが、まだまだスプリント路線で新星を出してくる。ロードカナロア産駒にも同じような活躍を期待したい。
単なるスピード任せのスプリンターではなく、溜めを効かせて上がり最速を繰り出す差し馬だし重賞初挑戦でも好勝負では。
○サドンストーム
追い込んで見せ場は作るんだけどいつも少し足りずに3~5着に収まる馬。本来はこういうのをブロコレ倶楽部に入会させるべきじゃないかね?単純に3着の多さではなく。
1枠に入ったので如何に馬群を捌いて来るかが課題だが、もうこの路線のヌシになりつつあるし、新興勢力にビシッと壁になってもらいたい。
▲マイネルエテルネル
この馬がイギリスダービーに登録していたことを一体どれだけの人が記憶しているのだろうか。いや、POGりん参加者なら意外と覚えているか。
小倉2歳S勝ち馬は出世しないというジンクスと向き合いながら地道に賞金を稼いでようやくOPに定着して最初の重賞が小倉1200と言うのも何かの縁。
△ドレッドノート
芝では1勝しかしていないが、ダートで水口が減量騎手時代から乗って勝ち上がってきた馬。当初は逃げ馬だったがクラスを上げるごとに脚質を変えて現在は追い込み一手。
それでもバーデンバーデンCでは上がり2位の脚を見せ、唯一の芝での勝ち鞍も小倉1200という舞台だけに最低人気でも一発まで。


関屋記念までの成績 【4/86 ‐115780円】


一芸入試みたいな>胴長熊猫

こんな静かな夜には


スパーキングサマーCですよね


直線でケイアイレオーネに捕らえられたので「あぁ…」と思ってたら残り100で盛り返す盛り返す。
そりゃ「真島ぁ!」なんて叫びたくなる。


蕎麦でも食べて帰りますかね>胴長熊猫

今日のボックス(関屋記念&エルムS編)

初盆


春に亡くなった祖父の初盆ということで珍しい親族の面々が久しぶりに揃ったのですが、久しぶりすぎて時の流れの速さに狼狽するのです。昔、見たときは乳飲み子だったのが小学生になり錦織くん目指してテニヌをやってたり。
そんなテニヌ少年は親にハンバーガーやカップラーメンのようなジャンクフードは禁止されているらしく「友達は食べてるのが羨ましい」などと言うので、花火を買いに行ったついででマックに寄り『男同士の内緒だ!』とハンバーガーを食わせることに。
ただ、てりやきとか食わせて虜になられても困るので『アボガドバーガーなら野菜たっぷりでセーフじゃね!?』といかにもマズそうな奴を選ばせ、食べた本人も「こんなもんか」という満足感と失望感を得られたみたいなので伯父さんはニヤッとした!


関屋記念
◎レッドアリオン
前走はそれまでの先行から中団で構える競馬に変えてきたが、逆に流れに乗り切れず3コーナーで置かれる展開。真ん中から揉まれるのも厳しかった。
今回は大外枠だが12頭立てで楽になるし、マイラーズC勝ちがあるように高速決着は望むところなので強気に出してくれたら。
○サトノギャラント
安田記念でも期待していたがいくらなんでも後ろすぎる位置から行ってて頭を抱えた。ゲームじゃないんだから。
とはいえ急に前から競馬ができるようにはならないだろうから、今回も後方から追い込んでどこまで。
▲マジェスティハーツ
昨年のこのレースからスランプに陥っていたが、一息入れられて叩きつつ調子を上げて鳴尾記念2着。ラブリーデイのその後を考えたら復調度合いも大きいと見える。
OPに上がってからは1600に良績が乏しいが、前に行きたい馬が揃ったので大外ブン回して届けば。
△シャイニープリンス
先行でも差しでも中山でも東京でも関東でも関西でも馬券に絡めるが、同時に人気も裏切れる困ったちゃん。得意条件より気分が問題なのかも。
乗り方が難しいので印を打つのも半信半疑だが、人気の時に買うような馬でもないだろうから。


エルムS
◎クリノスターオー
重賞で連続連対を果たして乗り込んだ帝王賞だったが、ホッコータルマエにアッサリとあしらわれて敗退。それは仕方ないが、クリソライトに負けたのはやや疑問な部分はあった。
秋の再戦に向けて仕切り直しの一戦だが、戦ってきた相手を考えたら力は抜けているはずなので勝ち負けには持ち込みたい。
○ジェベルムーサ
長期休養明けから20キロも馬体を増やしていたが問題なく1→3着。元が530キロだから今さら20キロ増えても誤差なんだろうか?
スタートが悪いのでどうしても後ろからになるのと、昨年もそれでマクリ不発だっただけに過度な期待は禁物。
▲ゴールスキー
最近はダ1400専門の馬になりつつあるがダートでの初勝利は小倉1700で別に短距離が得意というわけではないはず。現にオーバルスプリント4着だったりするし。
要は逃げ馬が残りにくく差しが決まりやすいペースになりやすければ距離は関係なさそうなので、ジェベルムーサと一緒にマクリ上がって行けたら。
△グレープブランデー
かつてのGI馬もすっかり第一線では戦えなくなり、短距離や地方ドサ回りに使役される日々。そこでも勝ちきれないし、そろそろ…という気もしてくる。
ただルメールの進言で距離延長して、父マンハッタンカフェが急逝したところだけに弔い星を捧げたいところ。


レパードSまでの成績 【4/84 ‐110980円】


自分はビッグマック頬張りつつ>胴長熊猫

今日のボックス(レパードS&小倉記念編)

夏、真っ盛り


誰だ、冷夏とか吐かした奴は。
気温もさることながら、今年は湿度もセットで高いのか何もせずジッと立っているだけで汗が吹き出してくる。
そんな暑さの中で地域のお祭りの準備をして、練習に焼そばやたこ焼きの試食会をしたら鉄板の熱さと気温でクラクラする方が続出…。


レパードS
◎クロスクリーガー
ジャパンダートダービーは馬場に水が浮く田んぼのような状況で、最後まで逃げていたがノンコノユメにお誂え向きの展開になってしまった。もう少しゆったり逃げたかったのが本音だろう。
今回はその前走組とユニコーンS組の対決になるが、実績上位だけに同世代相手には負けられない。
○ノボバカラ
ユニコーンSでは大外枠になったが果敢に先行して2着まで踏ん張り安定感のあるところを見せた。勝ち切れない弱さはあるが相手には外しにくい。
唯一の大敗が中山ダ1800だけに1ハロン延長がカギになるが、スピード決着になりやすい新潟ダートなら我慢が利いても。
▲カラパナビーチ
2歳時には北海道2歳優駿2着など世代のダート路線を引っ張っていく存在になるかと思われたが、春先から不振に陥り重賞には出られず。
それでも古馬相手に1000万で連続連対を果たし復調の兆しは見えてきたので今一度。
△オールブラッシュ
1400で勝ち上がったが距離を延ばしながら成績を上げてきて1800で500万勝ち。母系はダートなら距離不問という血統だし距離よりもペースが問題かも。
前走は逃げて勝ったが、その前は差して3着に来ていたし作戦は立てやすい馬のはず。


小倉記念
◎パッションダンス
1年半の休み明けからはコンスタントに使えるようになり、着順こそ奮わないが僅差で走り続けていて後はタイミング一つ。得意なのは広いコースかもしれないが。
条件馬レベルが人気に推されるレースならかつての栄光レベルでも胸を晴れるメンバーなので地力の高さを見せ付けたい。
○メイショウナルト
七夕賞ではトウケイヘイローが大逃げを打つ中で離れた2番手からの競馬になり、マクリ組に目標にされる展開だったのが響いた。前が残りやすい馬場だったし並走して逃げられたら馬券圏内だったろう。
今回も逃げるだろうし得意なコースだが、3年連続は無いようなアンブラスモアみたいに無いと見せ掛けてあるような。
▲ベルーフ
京成杯勝ちでハービンジャー産駒のクラシック制覇に期待が高まったがその後は頭打ち。例年通りの京成杯勝ち馬らしいと言えばらしいが。
平場条件では3歳馬が古馬に善戦していてレベルの高さを証明してきているので重賞クラスでも通用するのか力試し。
△アズマシャトル
鳴尾記念3着があるかと思えば1600万4着で人気を裏切ったりとザ・ゼンノロブロイ産駒と言える存在。GIでも500万でも掲示板まで。
あまりチンタラしたペースの下級条件を自分から勝ちに行って横綱相撲という馬ではないので、厳しい展開で上がりが掛かってくれたら前進も。


アイビスSDまでの成績 【4/82 ‐106180円】


だが焼そばは食う>胴長熊猫

今日のボックス(アイビスSD&クイーンS編)

一年一度のお楽しみ


狙って指名しているわけだからまずは出走してくれないことには始まらないが、今年も無事に九州産限定新馬戦にPOGりん指名馬カシノマリアが名を連ねてくれました。
前評判はカシノマイセルフ・キリシマオジョウ辺りでしょうが、こちらは九州産でもサンデー系アドマイヤマックス産駒。トレーニングセール出身だし時計はあまり出していませんが仕上がりの早さと牝馬の早熟さで勝負したい。


アイビスSD
◎サカジロロイヤル
バゴ産駒でスプリンターと言うのもなかなかレアだがマンハッタンカフェやスクリーンヒーローからも1200重賞ウイナーは出てるから別にいいか。
前走はダメだったが過去に2連対実績があり、春にスマートオリオンを下していて目下の充実ぶりなら大差のないメンバー構成だけにスンナリも。
○セイコーライコウ
昨年は1番人気に応えて新潟1000では珍しい差し切り勝ち。内枠だったので切ったら簡単に勝たれて呆然とした。
今年は逆に大外枠だが逃げ馬ではないのであまり気にならないだろうし、楽に構えすぎて行き場を失わなければ。
▲リトルゲルダ
香港遠征ですっかり調子を崩してしまったのか春はGI2戦で2惨敗。牝馬は格より調子と言われるように気分を損ねないように使うのが難しい。
牝馬が走りやすいレースなのと一昨年3着の適性で復調の兆しを掴んでもらいたいところ。
△アンゲネーム
未勝利勝ち以外はすべて勝ち鞍が新潟1000という生粋の原田泰造。曲がったことが大嫌い。
1200でもバテるのに2900の障害ではもっとダメってことですか。それとも海外みたいに直線1600のレースならアリなのか?誰か海外挑戦させてみてくれない?


クイーンS
◎フーラブライド
少頭数ながらクセの強いメンバーで、例えるなら経理のおばちゃんから新人の受付の女の子が職場での愚痴を言い合う飲み会みたいな。
主戦場は2400だが中山牝馬Sを勝っていて意外と小回り1800をこなす能力を兼ね備えているので、ここは貫禄を。
○ブランネージュ
勝ち味に遅いシンボリクリスエス産駒。何故か彼女をキングヘイロー産駒だと勘違いしていたのだが誰と混同してるんだろう?
前走は7頭立てという低レベルな一戦だったが、今は内容よりも結果で安全に重賞戦線に戻りたいところなので勝った勢いをそのままぶつけたい。
▲メイショウスザンナ
福島牝馬S3着があるが最近の馬券に絡んだレースは中山1600とか小回りばかり。1200とかダートとか使っているが道中で息を入れられる1600~2000がベターか。
フラワーC2着など重賞でも通用する力は備えているので人気の無いときにビシッと押さえたい。
△レーヌドネージュ
未勝利を脱出できなかったが500万で初勝利を挙げたという変わり種。地方で稼いで出戻りはよく聞くけど。
8頭立てでも最後方から競馬をする潔さで頭角を現し始めたが重賞でいきなり通用するかは微妙なところなので、まずは父親に先着できるよう頑張っていただきたい。


小倉サマーJまでの成績 【4/80 ‐101380円】


僕の九州産は二本柳厩舎率が高い>胴長熊猫

今日のボックス(小倉サマーJ編)

三回忌


もうそんなに時間が経ったのかと思わせる。
でも親戚の方々も慣れたのか、不慣れな田舎の細道でカーナビも表示してくれない古寺に時間どおりに集合する。
親父の兄弟様は揃いも揃って酒と煙草が人生の一部になってるのでお互いに「まだ死なないな(笑)」みたいな挨拶になってるが生きてる間は生きれるので大事になさってくだせぇ。


小倉サマーJ
◎アップトゥデイト
8頭立て!?
まぁ、その年の中山グランドジャンプ勝ち馬が出てくると聞いたら無理に遠征してまで出走したいとは思わないだろうな。
既に小倉コース経験もあるし落馬しなければ頭鉄板クラス。
○オースミムーン
仕方ない。
昨年のこのレースは4着だったが、ちょうど不振に陥る真っ只中でどちらかと言えば「それでも」4着だった。
一昨年には勝っているし、久々に手が戻った高田が前走で感触を掴んだだろうから一騎打ちムード。
▲メイショウゼロセン
テレビで永遠の0やってたから、スポーツ新聞でアホ記者が「サイン馬券!」なんて言ってそうだな。
前走は逃げられず後退したが最後まで頑張って追い込み勢に先着は許さなかった。今回も同型が多いが開幕週だしあまり後ろからでは勝負にならないだろうから付いていって踏ん張りたい。
△マイネルフィエスタ
2戦連続落馬中止だが前走は直線までいい競馬をしていたし2走前はスタート直後。怖がりなのか頭数が多いと成績が落ちる。
その意味で8頭しかいないのはバラけやすくて走りやすいだろうからメンバーは強いが実力は出せるだろう。


中京記念までの成績 【4/79 ‐98980円】


最近の寺は冷房完備>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク