パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(オールカマー&神戸新聞杯編)

ドグッチャア


商品の梱包機が調子悪いな~と思って調整してやろうと手を持っていったら手を梱包されかける。
慌てて手を引っ込めたもののやや間に合わず親指の付け根から巻き込まれて挟まれるトラブル。
骨折こそしていなかったが紫色に腫れあがった親指がアメフラシみたいでキモーイ!


オールカマー
◎マイネルミラノ
新潟記念ではこちらの思惑通り大逃げを打った馬の2番手に付けて抜け出す競馬ができたが僅かに交わされて2着。勝てると思うような手応えだっただけに悔しさもひとしおだろう。
今回も同型のメイショウナルトがいて似たように大逃げを打ちそうなので前走の再現ができれば。
○ミトラ
昨年はマイル路線を進んでいたが番組が限られる中で出た福島記念で距離延長に対応。続くAJCCでも2着に入って中距離でも問題ないところを見せた。
今回は半年ぶりになるが数少ない中山重賞実績馬だし、適性の差が出るコースならこのメンバーでも。
▲マイネルフロスト
春にOPを勝つと勢いでシンガポールのGIに挑戦して4着。曲がりなりにもダービー3着の実力は伊達ではないことを証明してくれた。
実績は東京に偏っているが中山金杯→AJCCとペースがまるで違った重賞で両方とも掲示板に載れているし、実は隠れ巧者なのではと睨んでみる。
△ロゴタイプ
ちょっと人気になりすぎてるかな~?
中山は得意中の得意だし鞍上にデムーロを配して勝負気配なのはわかるが、あまりに条件が整いすぎて逆に気味が悪い。
本来は4・5番人気で買いたいレベルの馬だけに喜んで飛び付きたくはない。


神戸新聞杯
◎リアルスティール
この馬でもダービーで馬券圏外に負けるわけだから福永のダービー制覇は柴田政騎手どころの話じゃなくなりそうだ。バルジューも日本に来そうだし。
ディープインパクト×ストームキャットなので菊花賞では無印は確定だし、騎手ともどもトライアルまで頑張れば。
○バイガエシ
今どき。
名前を考えたらトライアルで負けておいて本番で倍返しするほうがしっくりくるけど。
地味ながら2歳時から話題のディープインパクト産駒と渡り合ったり、休み明けいきなりのプリンシパルSでも脚は見せたりと素質の片鱗は感じられるので夏競馬を一つ叩いてどれだけ上昇できるか。
▲ティルナノーグ
前走は石橋脩が奇襲の逃げを打って鮮やかに逃げ切り。馬鹿みたいに追い込んでは届かない武豊を嘲笑うような騎乗ぶりだった。
再び手が戻ってまた後ろからしょうもない構え方をするだろうが、幸い逃げ馬が揃ったのでお誂え向きの展開になるかも。
△ジュンスパーヒカル
初芝だった前走は勝負所で1度は後方に下がる展開ながら、そこから盛り返して差し切り。ファルブラヴ×サンデーサイレンスだから別にダート専門というわけでもないのだろう。
人気こそ最低クラスだがダートでは今回人気のリアファルと何度も接戦に持ち込んでいるわけだから地力にそこまで差はないはず。


セントライト記念までの成績 【4/99 ‐149380円】


労災>胴長熊猫
スポンサーサイト

そこに山があるから




ちょっと遠いけど


5連休を全部、競馬に費やすわけにはいかないとあまり金をかけずに行楽地へ行こうと言うことで徳島の屋根・剣山に登ってきました。
時節柄、観光客がヤバそうな気がしたので朝早く出て登ったのですが、空気は澄んでて気持ち良く、2時間ほどで頂上に到着するちょうどいい疲労感を楽しめたので年内に今度は石鎚山にでもトライしてみようと思います。
心残りなのは帰りにリフトで降りようと思ってたら所持金が足りず(1050円のところで900円しか持ってなかった)乗れなかったこと。


祖谷蕎麦を食べて帰りました>胴長熊猫

今日のボックス(セントライト記念編)

連休3日目


平成教育委員会で知ったが今度はお盆前に新たな祝日として「山の日」ができるそうで。
これで盆休みを1日長く設定してやろうという魂胆だろうが、それをやられると僕の会社は土曜出勤が増えるだけで更にますざぶオフ会に行きにくくなるので勘弁してほしいのです。


セントライト記念
◎ミュゼゴースト
ラジオNIKKEI賞は2着だったが、勝ち馬が抜けて強かった中で最後まで踏ん張って連対を確保しておりバゴ産駒らしい粘りが出てきた。
2000m以上に距離を延ばしてからは3着以下がないし、むしろ2200は歓迎だろうから先手を取って粘りたい。
○サトノラーゼン
春は善戦マンの印象だったが京都新聞杯を勝ってダービーでも2着。ディープインパクト×ヘイルトゥリーズン・ロベルト系だと詰めが甘くなるという通りを飛び越えた活躍を見せてくれた。
秋は主役級の立場で迎えるだけに善戦では満足できない状況だが、本番が先にあるので再び2・3着の可能性も。
▲ジュンツバサ
新馬戦は後方から何もできなかったが5月に復帰してから2連勝。遅ればせながら体が出来上がってきたお陰と考えたら休ませたのが良かった。
さらに夏を回避して条件馬だがここを目標に乗り込んできて、中山も初めてではあるが父ステイゴールドならむしろ得意かもしれないので一発まで。
△ベルーフ
ハービンジャー産駒初の重賞ウィナーとしてクラシックを期待されたが本番では見せ場も作れず。持っている脚は確かだがまだ展開に左右される。
小倉記念では古馬相手に2着まで差し込んで復調をアピールしたし、キタサンブラックが先行するために外からハイペースで逃げてくれたら差しが届いても。


ローズSまでの成績 【4/98 ‐146980円】


6月に祝日を作れや>胴長熊猫

今日のボックス(ローズS編)

連休2日目


特にこれといって何かをやるような予定を組んでいないので本日もウインズに来て馬券を買うのです。
でもせっかくだから競馬と野球とゲーム以外にも健全な趣味を持ってやろうかと画策中。できればあまり金のかからないやつ。


ローズS
◎ミッキークイーン
オークスでは桜花賞を除外された欝憤を晴らすかのごどく馬場の真ん中を突き抜けて完勝。馬体重を考えたらGI連戦にならなかったのは案外よかったかも。
今度は相手を迎え撃つ立場に変わったが、忘れな草賞でコース実績はあるしここは負けられない。
○ライトファンタジア
春には牡馬に混じって中長距離で連続2着に入るなどスタミナを活かしてオークスを目指したが頓挫。母父トニービンだけに東京2400で勝負させたかったところだろう。
一息入れられてからは1→3着で、前走も勝負どころで置いていかれながら盛り返すなどスタミナは健在なので早めの仕掛けをしてくる馬に合わせて動くことができたら。
▲クイーンズリング
デビューから3連勝でフィリーズレビューを制しルージュバックと共にマンハッタンカフェ旋風を巻き起こしかけたが本番は不発。マスコミの騒ぎ方を考えたら近年稀に見るピエロだった。
秋の雪辱に向けてまずはトライアルだが、ビュンビュン斬れるディープやキンカメ産駒には分が悪いのを証明しているのでマクリ気味に仕掛けてでも勝負に行く競馬をしたい。
△テルメディカラカラ
未勝利を勝ち上がってすぐにスイートピーS4着したり白藤Sではダノンシーザーやネオスターダムを相手に僅差の3着。それでこの人気なのは何が原因なのか。
前走も勝っていて母も阪神の重賞で活躍したジョリーダンス、距離も問題ない父ハービンジャーなんだから盲点なのかな。


阪神ジャンプSまでの成績 【4/97 ‐144580円】


ハガキ職人とか>胴長熊猫

今日のボックス(阪神ジャンプS編)

5連休


シルバーウィークを作られても休みが出てきたぶん土曜出勤が増えるだけなのであまりお得感がないどころか6連勤が続くほうが体力的に辛いのでお役所感覚で祝日を動かさないで欲しいというか動かすな。


阪神ジャンプS
◎オースミムーン
少頭数ながらメンバーも揃った前走は今まで通りの逃げを打ったが逆に目標にされる苦しい展開。もともと気分良く走れないと精神的に脆いタイプなのが顔を出した。
今回も少頭数だがメンバーはかなり手薄で力は抜けているのが明白なので、まずは馬の気分に合わせたレース運びをしたい。
○ワールドマッチ
父コンデュイットは海外に売却されて障害専門種牡馬になるそうだが、今の時代にダルシャーンの父系を輸入してきた場合の使い道はどう考えても繁殖牝馬作りとしか思えないので用途としても適当か。
未勝利ではあまり感じさせないスタミナぶりだったが、血統的な字面から行けば一番重厚なので逃げ合戦で最後まで粘れたら。
▲ダンツメガヒット
山内厩舎お得意の使いまくってダメなら障害転入させる感じの短距離血統馬。ここと森厩舎はすっかり障害専門厩舎になった気がする。
まだ3歳馬だけに未知数な部分も多いが、休み明けや頭打ちになった馬が大半なので新味に期待。
△ファイアーシチー
毎度、後ろから追走して追い込むだけの競馬が続いていたが前走はさすがに後ろすぎて追い上げるのにスタミナを使いきった。オープンクラスならもう少し自力で勝ちに行く競馬ができないと厳しい。
それだけに逃げ馬が揃った今回は状況次第では終いバタバタの可能性もあるし、漁夫の利で入着のおこぼれに与れるかも。


京成杯AHまでの成績 【4/96 ‐142180円】


予定もないし>胴長熊猫

今日のボックス(京成杯AH&セントウルS編)

わからん…


迷惑メール対策ができるみたいなのでアレコレ試行錯誤してみたらピタッと止まったので「やったぜ。」などと自己満足に浸っていたがサラブレからの良馬場通信ほかメールマガジン一式も届かなくなり。
URLが入ってるメールはストップさせるが、特定のアドレスからのメールは通す設定がイマイチ理解できずに悶々。


京成杯AH
◎スマートオリオン
この夏に1600路線を挑戦して○→×。逃げやすい開幕週と差されやすい後半の芝を考えたら妥当な結果で出し入れも楽だった。
今回は再び開幕週で内枠にも入れたし、アルビアーノやレッドアリオンがガンガン行けば壁も作れるので、最後にチョン差しできる展開になれば。
○レッドアリオン
前走は積極的に逃げて直線では何度も並びかけられる苦しい展開だったがギリギリ凌いで辛勝。大一番に弱い血統の底力とは思えない根性だった。
58キロを背負うので前回ほど強気には出していかないだろうから逆に終いは甘くなるかもしれないけど能力の差で。
▲ケイティープライド
条件戦とはいえ前走を勝っているディープインパクト産駒の割には人気がなく。角田厩舎だから?これ角居厩舎でデムーロなら2番人気じゃね?
ディープインパクト産駒ながら溜めると斬れない当たりは母父フレンチデピュティが強く出ている感じなので、府中牝馬Sよりはこっちで狙いたい。
△アルマディヴァン
この春にOP入りすると特殊なレースだったヴィクトリアマイルを除けばこの馬なりに力を出していて、今が充実期なのだろう。
ベストは新潟や中京のようなローカル平坦の左回りだろうが、1600万を勝ったのは中山1600だったしこなせないこともないはず。


セントウルS
◎ストレイトガール
スプリントGIにはあと少しのところで惜敗続きだったが、距離延長されたヴィクトリアマイルはそのスタミナを心配されながら戴冠。エイジアンウインズと言いフジキセキ産駒は東京1600で危険な血統。
1200路線に帰ってきたが意外にも阪神1200は初めてで、坂のあるコースだとどうなるのかという面はあるが1600をこなした今ならスタミナには心配ないか。
○ミッキーラブソング
準オープンを勝った勢いをそのままに挑戦した北九州記念は5着。重賞再挑戦だったがこのクラスでもやっていける手応えは掴んだ感じ。
今回はメンバーがかなり強化されて試金石となる一戦だが、先々を考えたら常に戦っていく相手だろうから自分の競馬でどこまで。
▲バーバラ
前々走で久々の勝利を挙げると前走も鋭い上がりを見せて4着。だいぶ復調してきたようだしGI戦線に出るためにも賞金を加算しておきたいところ。
問題は昨年、乗られた後からスランプに陥った武豊が手綱を握ることだが、とりあえず未勝利を脱出したときの鞍上だし相性が悪いわけではなさそうだが。
△ウリウリ
CBC賞では他馬が外を回して行く中、うまく内を掬って抜け出していく岩田のファインプレー。ああいうのを見せられると違いの良さが際立つ。
休み明けで目標が先にあって大外枠なのであまり無理はしないだろうが、酷すぎる敗戦だと精神的ダメージも大きくなるだろうから見せ場は最低限作りたい。


新潟記念までの成績 【4/94 ‐137380円】


機械オンチ>胴長熊猫

今日のボックス(新潟記念&小倉2歳S編)




気が付けばお盆も終わって9月に入り夏競馬も最終週。来週からは中山・阪神開催がスタートして秋のGI戦線に。
夏らしいことを何もしていないと同時に、この7・8月にJRAから1円も払い戻しを受けていない事実を確認して、自分をなじるなじる!


新潟記念
◎マイネルミラノ
前走はハナに行ききったが外から脚を使いすぎてしまい最後はバタバタ。スローに持ち込むにもマクリ組が多くて落としどころが見当たらなかった。
今回は広いコースに替わるからマクリ組は減るものの同型は増えたのでプラマイ0だが、ゆったり逃げられるか大逃げが出たらその番手競馬で自分のペースを保てそう。
○クランモンタナ
小倉記念では後方から上がり最速の追い込みを見せたが4着まで。七夕賞で減っていた馬体重もやや回復して何とか立て直された。
再び関東ローカル開催に遠征ということで体調面に不安は残るが、昨年の2着馬だけに実績のあるコースで再度期待。
▲パッションダンス
コンスタントに使われだして着順も安定して一桁を続けているものの馬券圏内にはもう一歩届かず。いよいよ奥の手でデムーロまで乗せてきた。
こういうのはきっかけ一つでアッサリ勝てたりするものだが、そのきっかけがデムーロなのかどうか。
△アルフレード
昨秋から復調の気配を見せていて今年に入ってからは重賞でも2着が2回などかつての輝きを完全に取り戻してきた。
前走は小回りコースで捌くのに手間取った感じなので、のびのびと走れる新潟コースなら改めて。


小倉2歳S
◎シュウジ
習字。
じゃなくて「人名より」になっているから知り合いの名前かね?
逃げて2連勝だが中京2歳Sは中盤のラップが緩む1600なので、最後までダラダラしたハイペースになる小倉1200で戸惑わないか心配なのとキンシャサノキセキ産駒は人気でだらしないので頭鉄板で考えると痛い目に遭いそう。
○ジュンゲル
河合純二オーナーの冠+ゲル(モンゴルの家)。違う、ジャングル(ドイツ語)。
新馬戦は内枠からモッサリ出てインコースをスルスル抜けながら3分どころを使って差し切り。逃げ一辺倒の争いになりがちなコースにしては味のある競馬を見せてくれた。
今度は大外枠になるが幸いフルゲートにならなかったので幾分かは付いていきやすいだろうから、どこかで内に潜り込みたい。
▲コウエイテンマ
カジノドライヴ産駒ということで芝での走りを疑問視されて人気がなかったが、3戦連続で上がり最速を繰り出していて意外にやれることがわかった。エーピーインディ系で芝重賞とか誰以来だろう。
7頭立てでも5番手から競馬をしてしまうようなテンのダッシュ力だけに、置いていかれないように気を付けながら進みたい。
△キンショーユキヒメ
タヤスツヨシやホワイトマズル産駒が平気な顔をして人気に応えていたりする1200とは思えない重賞ですが、今年はメイショウサムソン産駒の彼女か。メイショウサムソン×サンデーサイレンス×ハイエストオナーで何で1200デビューなんだろ…。
これが京都の1200とかだと話にならないだろうが、微妙にスタミナも問われる小倉1200だからこそ走れるのかもしれない。


新潟2歳Sまでの成績 【4/92 ‐132580円】


明日は川崎開催だよなぁ…>胴長熊猫

今日のボックス(札幌2歳S編)

真相


交差点の信号待ちで、ふと電光掲示板を見たら【国税調査がインターネットから回答できます】と流れてきて「あぁ、ニュースでやってたね」くらいにしか思ってなかったのです。
ところが昨日、同じ交差点の電光掲示板を見たら【国"勢"調査が~】に文言が変わっており「あれ、この間までは税のほうの国税だったような…?」とあやふやな記憶を辿ることに。
誰かが気付いて指摘したのか、それとも僕の見間違いか、元より国勢調査も国税調査も両方なのか。


札幌2歳S
◎スパーキングジョイ
2歳の中距離戦は調教レベルのチンタラしたスローが多い中、新馬戦では自分から動いていってマクリ一発。ディープインパクトやキングカメハメハ相手に勝つには瞬発力勝負にさせないお手本。
逃げ馬と言うより能力で逃げた馬が多いので展開が難しいが、外枠なら差しに撤するだろうから今回もロングスパートで。
○ラブアンドポップ
アドマイヤムーン×クワイエットアメリカンという完全なダート血統で、新馬戦が重馬場でコスモス賞も洋芝だったのが奏功した。東京・京都の切れ味合戦では分が悪いかもしれない。
週中で降った雨で馬場状態はパンパンの良馬場にはならないだろうから、時計が掛かればもう一丁。
▲アフターダーク
ワークフォース産駒がキングカメハメハとタメを張るような種牡馬になるかどうか見定めたい2歳戦ですが、早くも新馬戦で話題どころのディープインパクト産駒を撃破。まぁ、ハービンジャーも昨年は北海道開催で頑張っていたし、ディープの本線は10月の東京・京都から本格化するだろうけど。
福永のことだから半端な乗り方しかできないだろうけど、それで結果を残すなら来春まで期待が持てる。
△アラバスター
この血統でこの厩舎で菱田が乗ってることに笑いを禁じ得ない。いや、嘲笑ではなくルメールやデムーロを乗せるしか脳の無い連中へ向けてのもの。
まだ素質だけで走ってるのはみんな同じようなものでこの馬も早めに抜け出したせいでやや物見したが、力強く走れていたので今の馬場はプラスになるはず。


新潟2歳Sまでの成績 【4/91 ‐130180円】


教えて阿波市広報課>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク