パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中山記念&阪急杯編)

閏年


閉鎖空間だろうがいつもの日常だろうが気付かなかっただろうけど、今年は1日多かったんだね。
アルバイトとか日当で暮らしてる人はラッキーなのか、いや年俸で働いてる人にはマイナスなのか。
そんな卑しい一日分の賃金を思い浮べる毎日。


中山記念
◎ドゥラメンテ
馬券的には一番蹴り飛ばしたい条件ではある。骨折9ヶ月の休み明けで紛れやすい中山1800ならなおさら。
ただ、これから日本代表として世界と戦おうって言うレベルの馬がこんな相手に不覚を取るなら素直に安田記念を目指すべき。
○ロゴタイプ
近年の2歳GIで活躍した馬にしては珍しく高齢になっても重賞で堅実に走る孝行馬。あまり語られないが2年連続でこのレースの馬券に絡んでいる。
前走は実績の無い京都でモーリスが相手なら完全にノーカウントだし、得意のコースに替わればまだ一線級とも戦えるはず。
▲アンビシャス
プリンシパルS→ラジオNIKKEI賞と大事に使われながら秋は中距離王道路線に挑戦したが掲示板の下まで。世界のエイシンヒカリ、充実期のラブリーデイが相手なら頑張ったと言える方か。
福島1800で小回りには対応できているし、リアルスティールとも差のない競馬をしていたならここでも侮れない。
△フルーキー
1600~1800なら競馬場や展開を問わず常に好走できる安定感と、それでいて1つも勝てない勝負弱さを併せ持つ馬。それも3着ばっかりじゃなく2~5着を満遍なく。
メンバーも揃って簡単にはいかないレースではあるだろうが、格負けしない相手なりのタイプなのでうまく捌ければ。


阪急杯
◎レッツゴードンキ
橋口調教師最後の重賞でミッキーアイルに松山を乗せてまで敗退行為でミッキーラブソングに有終の美を飾らせようとする心意気。
それを空気読まずにブチ壊しそうなのは岩田。
○オメガヴェンデッタ
橋口調教師最後の重賞でミッキーアイルに松山を乗せてまで敗退行為でミッキーラブソングに有終の美を飾らせようとする心意気。
それを空気読まずにブチ壊しそうナンバー2なのは武豊。
▲ダノンシャーク
橋口調教師最後の重賞でミッキーアイルに松山を乗せてまで敗退行為でミッキーラブソングに有終の美を飾らせようとする心意気。
それを空気読まずにブチ壊しそうナンバー3なのは外人。
△マイネルアウラート
小倉大賞典の時も配慮したらアルバートドックが勝ってくれたんだから、ここまで来たらビシッと小牧には仕事してもらいたい。
でも、上記3人はマジでやらかしそうだからねぇ。


アーリントンCまでの成績 【0/21 -48600円】返還1800円


ほら、治療費…>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(アーリントンC編)

古いせいか


大学時代に買った携帯でだましだまし過ごしていましたが、最近は今まで見れたサイトが見れなくなったりSSL認証で弾かれたりして不便を感じるようになったのです。
そしてついには3月14日にYouTubeが見られなくなると言うことらしいので、いよいよ買い替えを検討しなくてはいけなくなり。
でもスマホに魅力は感じないしガラホと言うのも味気ない。っていうかアイフォンとスマホの違いがわかってない人間に必要なものなのか?


アーリントンC
◎メイショウカネサダ
デビューからダートで2連勝。1200ではあるが新馬戦では1秒差を付けるなどスピード能力はなかなかのもの。
タイキシャトル×チーフベアハート×ダンシングブレーヴで1600が長いとは思えないし、むしろダートより芝のほうが合っている血統だろうから一発まで期待。
○オデュッセウス
兵庫ジュニアでは大きく水を空けられてしまったが、年明けのクロッカスSではしっかり巻き返してきて2着。母系はダートでも走れそうだが、本質的には芝向きかも。
ファルブラウ産駒なので1ハロン延長がやや気掛かりだが、開幕週の前残りを狙って外枠からサッと先手を奪えれば。
▲シゲルノコギリザメ
シンザン記念では最後まで粘り通してあわやの3着。次走でも差し馬には屈したものの掲示板は外さない走りを見せていたしフロックではなさそう。
珍しいスーパーホーネット産駒だし、何とか結果を出してその血を守っていってほしい。
△マディディ
こうやまき賞は展開にも恵まれたがしっかりと叩き合いを制して1着。秋明菊賞で負けたアットザシーサイドの阪神JF5着を考えたら500万なら力上位に入るか。
あとは重賞で通用するかだが、父スキャットダディはヘネシーを通るストームキャット系と思えば芝での消費期限はこの4月のトライアルまでだろうから人気のないうちに買いたい。


フェブラリーSまでの成績 【0/20 -46200円】返還1800円


電話とメールと競馬新聞がわり>胴長熊猫

今日のボックス(フェブラリーS&小倉大賞典編)

いる…!


あれから5年ぶりに来てもやっぱりここの喫茶店にはサラブレが置いてあるのでジュース1杯で粘りながら眺めるのですが、昨日はまさかの不在。
くっ、やはりここにサラブレを置かせるだけの権力を持った奴が読むために用意してるんだ!


フェブラリーS
◎ホワイトフーガ
牝馬ダート路線に完全な世代交代を告げる圧勝でJBCレディスクラシックを勝つと、年明け緒戦のTCK女王杯もマークされる形ながら1着。まずは牝馬同士なら安泰であるところを見せ付けた。
昨春の伏竜Sでは逃げバテながら追い込んだノンコノユメとはコンマ3秒差。久々の混合戦になるがそこまでのレベル差は感じられない。
○コパノリッキー
この馬も3連覇が懸かっているがさすがに馬券を買う側はシビア。頭は無いとみんな思ってる感じの単勝オッズで、連複関係は売れてる。
実際、逃げ馬は揃ったが武豊が共倒れするような逃げを打つわけがないし、スーサンジョイを壁にして早めに直線で抜け出す姑息な手を用意してるに決まってる。
▲モーニン
昨年の武蔵野Sで「フェブラリーSに賞金が足りて出てこれたら本命を打とう」と思ってたが、やっぱり父ヘニーヒューズが引っ掛かって。ストームキャット系を見限る時期を完全に見誤ってる。
ゴチャつく先行争いを外から見つつ安全に回して直線を向きそうなので頭の中のシミュレーションとしてはパターン入ってるが、どうもうまくいきすぎて気持ちが悪い。
△ロワジャルダン
前走はまさかの直前乗り替わりで横山和。冗談も大概にしとけよと思ってたが3着で、誉められないが貶すほどでもなかったので単勝を買ってた人が御愁傷様だっただけか。
そして今回は親父にスイッチと言う狙い過ぎにも程がある乗り替わり。いいか息子よよく見ておけ、これが伝統芸能GI2着のノリポツンや。


小倉大賞典
◎マイネルフロスト
本来なら中山記念に出走するだろう関東馬を蛯名騎手全場重賞制覇のためだけに遠征させるという贅沢。安田富も武豊も最後の1つの獲り方がきな臭かったが同じ臭いしかしない。
そう簡単に決まるとは思わないが、GI捨ててまで小倉に来てボウズでは帰れまい。
○ダコール
前走は馬体重こそプラス22キロだったが体をしっかり戻していたもので、最後まで見せ場たっぷりに粘って4着だった。まさか逃げるとは思わなかったが作戦勝ちとも言える。
今回は58キロ背負って1枠なので行かざるを得ない様相だが、得意のコースならもう1踏ん張りできてもいいはず。
▲コスモソーンパーク
昨年の2着馬だがそれ以上に12月~2月に好走が集中していて寒い時期のほうが安定している。58キロを背負わされてもOPで連対できているし体調は問題なさそう。
都大路Sではエイシンヒカリと接戦だったし、スンナリ先行できればここでもうるさい存在のはず。
△メドウラーク
4連勝でOP入りしたが重賞クラスでは思うような走りができず簡単に壁に跳ね返された。あまり経験のないコーナー2つの高速コースだったから仕方ないと言えば仕方ない。
今回はコーナー4つで2000ながら勝ち鞍のある小倉なので、休み明けでも今までよりは太刀打ちできる状況にはある。


ダイヤモンドSまでの成績 【0/18 -41400円】返還1800円


さては、ますざばーだな!(偏見)>胴長熊猫

今日のボックス(ダイヤモンドS&京都牝馬S編)

忘れる


結局インフルエンザで1週間ほど隔離されたのですが、その間ノドが痛くてまったく喋らない喋れない生活を続けていたら話し方を忘れる。
引きこもった人が声の出し方がわからなくなるなんて言ってたけど、あながち冗談でもないんだなぁと感じることしきり。


ダイヤモンドS
◎モンドインテロ
脚元が弱かったからかダートでデビューしてその後、芝へ転戦。休み明け2戦は煮え切らない競馬だったが、そこから大事に使われながら連勝を飾った。
いきなりの重賞だが大したメンバー構成でもないし、相性の良い松藾S勝ち馬でディープインパクト産駒なら勢いのある今のうちに買いたい。
○フェイムゲーム
このレースを連覇中で今回は3連覇が懸かる一番。長距離は騎手、なんて言われるのも岡部さんがダイヤモンドSに強かったからと言う気がしないでもない。
実績は疑うまでもないが、AJCCを叩かず今年は海外遠征帰りぶっつけなのでやや不安は感じる。
▲マドリードカフェ
マンハッタンカフェ産駒だが母系がフォーティナイナー×ミスワキと言うバリバリのアメリカンダート血統だったこともあって長らくダート中距離路線にいたが目が出ず。ところが芝に帰ってきたところあれよあれよという間にOP勝ちを収めて長距離路線のホープになった。
2歳時にはキングスオブザサンと接戦をしていたし、新馬戦で1番人気に推された素質馬だと考えたら重賞でも通用していいはず。
△タンタアレグリア
明け4歳組が年始から人気で来ていたが先週は半信半疑だったリアルスティールまでもが快勝。徐々に世代の頭角を現してきて取捨選択が難しい。
菊花賞4着ならここでも胸を張れる成績だがゼンノロブロイ産駒は2200を境にガクッと成績が落ちる傾向にあるのであまり頭に据えたい感じはしない。


京都牝馬S
◎クイーンズリング
掲示板に載ったのはいずれも真ん中よりも外枠に入ったときだけで、勝ったときは8枠のみ。揉まれ弱いのか怖がりなのか。
今回は7枠なのでどちらとも取れるところだが、1400は阪神ながら重賞勝ちもあるので距離短縮でもこなせるはず。
○ウキヨノカゼ
1200を主戦場に変え、脚質も先行から追い込みに変えて結果を出した。オンファイア産駒で短距離なのは今一つイメージが湧かないが、気合いを付けられるほうが合うのだろう。
1ハロン延長になるが元々1600で重賞勝ちもあるし、スタミナよりも追い込みが届く展開になるか。
▲スナッチマインド
デビューから1度も掲示板を外したことがなく、3着を外したのも1度だけ。1400に限定したような使い方で、結果次第で次走は阪急杯かうずしおSになりそう。
愛知杯2着のあるリーサルウェポンに先着した能力もあるし、格より調子の牝馬なら菱田に片目を瞑って押さえてみたい。
△ウリウリ
GIに手が届きそうで届かないレースが続いていて今年も現役続行。ストレイトガールが引退を撤回したのでライバルは下の世代から増える一方。
京都1400は得意な条件だが、前哨戦で57キロ背負って無理はさせないだろうから実績上位は間違いないがどこまで仕上げているか。


共同通信杯までの成績 【0/16 -36600円】返還1800円


声もおかしい>胴長熊猫

今日のボックス(共同通信杯&京都記念編)

回るよ回る


前後左右の平行感覚がかなり怪しいのですがこれが頭のせいなのかインフルエンザのせいなのか測りかねます。
お酒も飲まずに酔った気分になれるよ。


共同通信杯
◎スマートオーディン
ハートレーに印を打つのはダービーが終わるまで心を鬼にして我慢します。
昨年の東スポ杯2歳Sの後は朝日杯FSもホープフルSもパスしてここ一本。久しぶりにNHKマイルC→ダービーのマツクニローテを受け継ぐものが現れた感じだし、勝とうが負けようが次はGIっぽい。
○メートルダール
いつも後方からいい脚を使って追い込んでくるが少し足りず。サンデー系らしい切れ味とゼンノロブロイ産駒らしい詰めの甘さが合わさった馬。
前走の走りができれば東京に替わって更に前進も期待できるが、あまり前崩れになりそうなメンバーではないだけに道中の位置取りには気を付けたい。
▲リスペクトアース
前走は勝ち馬と先行争いを最後まで演じたものの僅かに2着。ただ3着のアドマイヤエイカンには1馬身の差を付けていた。
そのアドマイヤがホープフルSで5着だったのを物差しにすればこの馬にもチャンスはありそうだし、最近いい馬が回ってくるようになった大野に代打で一発カマシて欲しい。
△ディーマジェスティ
ホープフルSでは直前に出走取消になってしまったが、その後は順調に乗り込んでいてまずは一安心。まだ力関係が計れない馬がいるほうがクラシックは面白くなる。
未勝利で倒したマウントロブソンが昨日500万を脱出したので、この馬もそれに続けるか。


京都記念
◎スズカマジェスティ
逃げられなかったステイヤーズSは見せ場もなく沈んだが、AJCCでは先行勢で唯一の1秒以内で走破。マイペースで行けたらやはり怖いところは見せた。
今回は人気馬が揃って追い込み馬しかいないメンバー構成の上に昨日からの大雨で馬場が渋れば状況を味方に付けて逃げ切りも。
○トーセンレーヴ
昨秋はOP特別を2連勝していよいよ復活してきたかな?というところでまさかの有馬記念。さすがにねーよなんて思っていたが、最速上がりで6着とまずまずの競馬だった。
兄弟の距離適性としてはやや長い気はするが京都は得意でもあるし、まだ人気のない内に買ってみたい。
▲アドマイヤデウス
昨年の日経新春杯で重賞ウィナーの仲間入りを果たすと、返す刀で日経賞も制してGIへ勇躍参戦したがすべて惨敗。父アドマイヤドンだし気付いたらダイオライト記念に出ているような予感も…。
ただ、馬場状態がダートに近い不良馬場なのでむしろ歓迎のクチなんじゃないかと思うし、いつの間にか白山大賞典を走っていないよう願いを込めて。
△ヒストリカル
この血統は高齢になってもなかなか衰えないどころか安定感を増している不思議な血統。前走も出遅れながら2着まで押し上げて地力の高さを見せてくれた。
言われるほどあまり距離に抵抗はないが、田中勝だと京都外回りの更に大外をブン回して安全に走るだけ~をやらかしそうなので頭からは買いづらい。


クイーンCまでの成績 【0/14 -31800円】返還1800円


腰が浮く>胴長熊猫

今日のボックス(クイーンC編)

インフル入ってる


プールから帰ってきて以降、体調がすぐれないなと思ってたらインフルエンザでしたよ。
結局、隔離部屋。


クイーンC
◎メジャーエンブレム
2歳女王が珍しくここから始動。他の馬より1キロ重いハンデを背負ってでも東京にこだわるのはオークスを見据えてだろうか?
阪神JF組とは勝負付けが済んだ感じなので、フェアリーS組とこれから上がってくる馬たちとの兼ね合いになりそう。
○ラブリーアモン
前走は今までの競馬と打って変わって後方から。上がり最速で詰め寄ったが逃げ馬が押し切る展開では為す術がなかった。
新馬戦以外なら常に上位の末脚を繰り出している馬だし、外枠に入った今回は内を見ながら先行できるだろうから改めて。
▲ビービーバーレル
逃げたときは1着、逃げられなかったら惨敗というわかりやすい逃げ馬。パイロ産駒が芝の重賞ウィナーをこんなに早く出すとは思わなかったね。
目下の懸念だったメジャーエンブレムが控えると宣言しているだけに、楽に逃げてしまえばスイスイ行き切る可能性も。
△ストライクショット
これまたPOGりんでは無いほうのPOG指名馬(こんなのばっかりだ!)。まぁ、被ったらシェアポイントルールなのでPOGりん以上に本来ならミーハー指名は危険なんだろう。
ずっと外人騎手を乗せてきて重賞でいきなり石川とかやる気あるのか無いのか難しいが、若手はこういうチャンスをモノにしないと消える運命なのでお手馬は自分で勝ち取ってほしい。


東京新聞杯までの成績 【0/13 -29400円】返還1800円


持ち込みはあり>胴長熊猫

海パン野郎があらわれた

プールもあるんですってよ奥様


正しくは少しバスに乗って移動したところにあるのですが。
ハイキングとの二択なんですが寒い中、外に出たくないのと剣山・石鎚山を制覇した私としては山登りはすでに実行済みのアクティビティですので久しぶりに水泳に興じてみたくなったのですよ。
ほら、こう見えてスイミングスクールに通わされていたせいでショボいながらもメドレーはできるし、小学校時代には何回泳いでもクロールだろうが平泳ぎだろうが25mを25秒でしか泳げないという不思議体質だったスイマーですよ?もう体力的に衰えたジジババに見せ付けてやろうってもんですよ!
うん、僕も衰えてた。
体調を舐めてた。
インストラクターの「いつも以上に顔が青白いですね~」ってやかましいわ。

5往復で吐き気が・・・>胴長熊猫

今日のボックス(東京新聞杯&きさらぎ賞編)

汚いさすが本社汚い


先週末は本社会議で、本来なら僕が出席する予定だったのです。ところがこういう事態なので部長だけが出たのですが、そりゃあ話題に上がるわけで。
時代が時代なら「そんな社員、辞めさせてしまえ」みたいなトーンでしょうが、海外支店もある本社であまりそんな話をしようものなら人づてに噂が伝わりお官僚様からマークされる企業になる昨今ですから当然、責任の押しつけ合い。
人事権のない人間は『そういう社員に責任あるポストに就かせるとは!』と、ここぞとばかりに責め立て、人事権のある人間は『このまま工場で飼い殺すのか!』と応戦して水掛け論。
後任も決まらぬまま定時になったと話す部長に、何とも言えない社会のどす黒さを感じ取ったのです。


東京新聞杯
◎ダイワリベラル
昨年は2000以上を中心に使われていたが、少しずつ距離を短縮していって1600に落ち着いた。ダイワメジャー産駒らしいと言えばらしいけど。
このレースの勝ち馬は既にGI馬か、勝ってもその後GIに縁が無く終わるかで縁起が悪いのが気になるところ。
○テイエムタイホー
京都金杯は枠と展開にも恵まれてスルスルと抜けてくることができたが、今までのような逃げ一辺倒ではなく好位から溜められたのは収穫。スパッと斬れるタイプではないだろうが、今後もパターンでの穴は出そう。
今回は8枠ながらフルゲートではないし、他に逃げたい馬が見当たらないメンバー構成ならスローに落とした粘りこみがあっても。
▲スマートレイアー
重賞では中団から好位で競馬をするのに、何故かGIになると最後方から競馬をして届かずに脚を余すばかり。一発を狙いすぎているのか単に後ろに置かれてしまうのか。
この時期なら京都牝馬Sもあるのに牡馬相手の重賞にぶつけてきたわけだし、ヤネが少し心許ないことを除けば通用するだけの力は持っているはず。
△グランシルク
NHKマイルCでは1番人気に推された素質馬だが重賞では掲示板止まり。父ステイゴールドならもう1つずつくらい順位を上げたいところ。
このレースはニューイヤーS組の相性が良いデータはあるが、ステイゴールト牡馬産駒は東京1600で勝率が低いので勝ち切るまではどうか。


きさらぎ賞
◎サトノダイヤモンド
もう少し人気を分け合ってくれないかなと思ったけど断然人気。まぁ、前走も追うところ無く上がり最速で突き抜けられたら今のところケチの付けようがないので仕方ない。
できれば本番前に惜敗あたりを挟むほうが陣営的にも楽に仕上げられるだろうが、果たして逆転できる馬が他にいるかしら。
○レプランシュ
実は…POGりんじゃないところのPOGのエース馬なんだ…(あぁ、言ってしまった)。
色々とイベント関連には首を突っ込む質なんですが、複コロに手を出さないのはひとえに僕の予想成績的に逆神になりかねないと言う予感がするからです。
▲ウルトラバロック
ロイカバードは?と聞かれそうですが、ほら…ガミるし…。
ヴィクトワールピサ産駒は京都の芝が成績が良く、阪神の芝はまだ1勝もしてないわけだから軽い上がり勝負のほうが対応できそうだから、あとは逃げてどこまで。
△ロワアブソリュー
サトノダイヤモンドが2着でロイカバードが勝つ組み合わせならトリガミ回避できるオッズもあるんだから…と思うけど、人気通りの予想なんか小学生でもできるし。
そういう捻くれた予想をすると大抵、足元を掬われるような外し方をするけど、別に自分の考え方を曲げてまで当てには行きませんよ。


根岸Sまでの成績 【0/11 -24600円】返還1800円


我が身が可愛いわな>胴長熊猫

黙々

暇の潰し方


周りの年齢はやっぱり高くて、今回も最年少っぽいのです。
各々、自由時間の過ごし方はあるのですが、勝負事を持ち込むと荒れる元になるのでこの年代にありそうな囲碁や将棋は御法度。もちろん麻雀もなし。
僕は一日中、携帯で動画でも観てれば退屈はしないのですが、妙齢の方々は物珍しそうに眺めるだけ。
そんな方々の暇潰し。僕は動画をイヤホンで聞いてるのでやけに静かな部屋中に響くのはクロスワードを解く鉛筆の音だけ。


トランプも無いな>胴長熊猫

言葉のトリック

場所柄、あんまり楽しい話題はないのですよ

爺A(プチッ、プチッ)
爺B「おい、あんまり白髪を抜くと増えるで」
爺A「おう、増えるなら禿も治るんじゃねぇかってな」
爺B「おぉーなるほど」
爺A(プチッ、プチッ)
爺B(プチッ、プチッ)
胴長「・・・?」

それは・・・?>胴長熊猫

始まりはいつも冬

暇をもらいまして


と言うか、また「アレ」がぶり返してきまして。
今回は以前から兆候を感じていたのと、上司も前回の事を把握していたため『大事に到る前に休め』と欠勤を勧めてくれたのです。
そう言えば5年前も冬だったなぁ…なんて珍しく過去ログを引っ張りだしてみたら2月。あの時はウインズ高松帰りの運転中で11号線の真ん中で立ち往生したな。
前回みたいに真っ白な部屋には行かずに済んだのが幸い。持ち込み不可だとつまらなくて。


しょっぱいなぁ、自分>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク