パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(帝王賞編)

記念日って


先日は中国で「犬を食う日」だったそうで、取材映像を見ながら「うわぁ…」なんて呟いたり。
職場の中国人であるソウさんに「わざわざそんな日を作らなくても」なんて言ったら
「向こうにいたときはほぼ毎日食べてたからそんな記念日は知らない」だとさ。


帝王賞
◎サウンドトゥルー
昨年の東京大賞典で見事な差し切りで現有戦力を下して世代交代になるかと思われたが、かしわ記念では大事に乗りすぎて画面にも映らず。マイル戦で逃げ馬をあれだけ楽に行かせたらそりゃ逃げ切られる。
今回は再び強豪2騎が揃い踏みでペースは流れそうだし、前走も具合が悪かったわけではないだろうからマクリ切れば昨年の再現も。
○ホッコータルマエ
往年の逃げ足は衰え気味で、地方競馬でも最近は番手からの競馬になりがち。ドバイWCでも何もできずに終わった感じだったし世界で戦えるかは微妙なところ。
ただ、川崎記念を見ても極端に衰えているわけではないしスンナリ先手を奪えればしぶとさは健在だろうから、まずはスタートで好発を決めたい。
▲ノンコノユメ
フェブラリーSでは1番人気にも推され、直線でも良い脚で突っ込んできたが先に抜け出したモーニンを捉えるには到らず。結果論にはなるが追い込み馬の宿命でもある。
今回も作戦は一緒だろうし、中央のGIに比べれば幾分かは捌きやすい展開になるだろうから直線勝負でどこまで。
△クリソライト
一時期はこの路線でも一枚落ちのGⅡくらいまでだったのが昨年の夏くらいから徐々に格上相手に善戦が増えてGIでも戦えるようになった。血統的にはあまり晩成型に見えないが、何か切っ掛けがあったと言うことか。
メンバーは揃ったものの内枠の人気馬を見ながら進められる位置から競馬ができそうだし、ここ最近よりは追走も楽になるだろうから前の潰れかた次第では勝ち負けまで。


宝塚記念までの成績【3/68 -138940円】返還1800円 トリガミ1


捕鯨>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(宝塚記念編)

忘れてたなぁ


選挙の投票は忘れても宝塚記念ファン投票は毎年やるようにしてきたが、今年はついにやりそびれた。
と言うのも今まではウインズ高松に必ず行くから投票用紙を見かけて「おぉ、そんな季節か」なんて思い出していたが、最近は財布の緊縮財政を行わざるを得ない事情もありパルス藍住でメインだけというのが常習化してしまったので。
アベノミクスの波及効果は一部の金持ちだけっていうのも頷けるなぁ。


宝塚記念
◎ドゥラメンテ
故障明けだった中山記念は9ヶ月ぶりでもしっかり勝ち切り、前走は道中で落鉄がありながら世界の舞台で2着に入るなど怪我の後遺症は完全に払拭されたようだ。
仕上がり具合にやや余裕残しを感じさせるが、地力の高さが段違いなのでここでも好勝負。
○ラブリーデイ
昨年は連勝中の勢いそのままに初GIを飾ったものの、マークされる形になった秋は少々尻すぼみに成績を下げてしまった。それでも掲示板を外さない辺りはさすがと言えるけども。
産経大阪杯はスローの行った行ったに泣き、シンガポールでは馬場に泣いただけに名前同様お日様の出た良い天気を望みたい。
▲フェイムゲーム
昨秋のオーストラリア遠征では期待に応えられなかったものの、帰国緒戦のダイヤモンドSではグチャドロの馬場で2着に入り前走の天皇賞(春)でも8着ながら上がり最速で迫るなど衰えは感じさせない。
距離が短縮されるのと兄がGIでは今一つと言う血統は気になるところだが、内枠からオースミロッチ戦法で抜けてくればあるいは。
△シュヴァルグラン
今年前半戦の上がり馬として長距離路線の主役になりかけたが一歩届かず。騎手と一緒でトップに登りきれないもどかしさ。
阪神コースは1600万条件と阪神大賞典で勝利を挙げているし、あまり上がりの速くならない馬場状態のほうが競馬をしやすいかも。


東京ジャンプSまでの成績【3/67 -136540円】返還1800円 トリガミ1


参院選は忘れずに>胴長熊猫

今日のボックス(東京ジャンプS編)

鳩も鳴かずば


小さいのは雀、大きいのは白鷺まで飛んでくる我が社の中でも鳩は比較的人間に慣れているせいか轟音鳴り響く工場内でも平気な顔してH鋼に止まるのです。
ただ止まってホーホー言うだけなら別に問題ないんですがさすがに商品の上に糞を落としてくると黙っておくわけにはいかず、脅かして追い払っていましたがそれにも慣れてしまい。
そしたらば誰かが昔なつかしお手製のパチンコを作りまして。これなら腕に自信のある工員なら誰でも作れると競うように余った材料の鉄筋やゴムチューブで試作品がどんどん作られていった結果、スチールのコーヒー缶に穴が開く威力になってしまい鳩も我々を見るや逃げ出す始末。


東京ジャンプS
◎タナトス
半年ぶりに復帰した2走前は仕方なく、前走でも着順は6着だったが差はコンマだったので確実に上昇は見込めそう。
昨年のこのレースで2着があり今回のメンバーで東京コース実績のある馬が少ないので、相性の良さを活かせれば上位に食い込んできても。
○ビップハテンコウ
平地時代からスタートの悪い馬で、障害転入以後も後ろから競馬をしていたが前走は意識して前目に出していくとそのまま押しきり。やればできるんじゃねぇかよ。
3ヶ月ぶりの実戦にはなるが、スタートを決めていけたらスピードコースには対応できそうな血統だしいきなりの重賞でも。
▲オジュウチョウサン
春の障害王者が早くも再起戦。この路線はGIを勝つと次のレースを選びにくいのが難点。
能力自体は疑いようもないが、ステイゴールド産駒らしく東京より中山向きのここまでの成績だけに前走のような競馬ができるかどうか。
△アロヒラニ
石神が馬を選ぶ立場になるなんて幸せよのぉ。気持ちとしては「使い分けてくれないかなぁ」なんて思ってそうだ。
前走ではすでに重賞実績のあるサンライズロイヤルやOP大将のダノンゴールドを下しているし、ここらで才能が開花したなら秋へ向けて連チャンが続いてもおかしくない。


ユニコーンSまでの成績【3/66 -134140円】返還1800円 トリガミ1


もはや兵器>胴長熊猫

今日のボックス(ユニコーンS&函館スプリントS編)

たまに行くなら


僕がよく行くバッティングセンターに行ったらデカデカと有野課長のパネルが飾ってあり
【ゲームセンターCX様ご来店!】だって。
課長のサインで「オススメは1F」と書いてあったが、そもそもここのはゲーセンと呼べるような規模じゃない気がするんだ…。
プライズゲームは1Fに2つだけだし2Fはボンバーマン5とメタスラ4とお手並み拝見だから…。


ユニコーンS
◎ゴールドドリーム
デビューから3連勝で挑んだ兵庫チャンピオンシップは逃げた勝ち馬を捉えきれずに大差を付けられたが、ヒヤシンスSでも4着だった馬だし力がないわけではなかったのだろう。むしろレースレベルが高かったと判断したい。
前走を勝ち上がってきた好調馬が半数を占める難解な一戦だが、ラニが世界で頑張っているだけに同世代相手に遅れを取るわけにはいかない。
○レッドウィズダム
芝での2戦はパッとしなかったがダートに替わってすぐに勝ち上がると、相手なりに走れる強みもあってここまで掲示板を外さない走り。キングカメハメハ×ペンタイアだが母系にはミスタープロスペクターが入っていてクロスが掛かるから案外ダート向きなのかも。
前走は豪快に追い込んだが前からでも競馬はできるし、大外枠から内を見ながら出していけば流れにも乗りやすいはず。
▲グレンツェント
新馬戦はイモータルに歯が立たなかったがすぐにダートに転戦してOP入り。こちらは母系がキングマンボこそいるもののアイリッシュリバー×リファールだし将来的には芝に戻ってくるかも。
父ネオユニヴァースだけに1600なのがやや気掛かりだが、追い比べになれば負けないだろうからなるべく早めに抜け出しを喰らわないよう付いていきたい。
△ヴェゼール
昨年の6月にデビューしてからずっとコンスタントに使われ続けるタフな馬。パイロ産駒は地方競馬の重賞でもよく見かけるしこういう馬主孝行な種牡馬は何だかんだ重宝される。
2走前は関東オークスでも4着だったディーズプラネットの3着に追い込んで前走は経験の薄い先行で5着だったから今回は控えるだろうし、短距離で逃げてきた馬が多いなら展開次第では届いても。


函館スプリントS
◎ローレルベローチェ
GI挑戦となった高松宮記念ではハクサンムーンのハナを叩いていくのに脚を使いすぎて失速。前有利のポケットを結果的に作る要因となってしまった。
その後はここを目標にサマースプリントシリーズに参戦してきたが、今回は1200では珍しくあまり同型が見当たらず楽に逃げられそうなので外枠でも狙ってみたい。
○ティソーナ
マーガレットSまでは先行して押し切る競馬をできていたが、NHKマイルCではさすがにメジャーエンブレムにサッと行かれてしまい流れを掴みきれなかった。一発勝負のGIではなかなか思い通りの競馬はできないと言うこと。
1200への距離短縮になるが、祖母は短距離でGI争いもしたレディブロンドだしスプリント適性は秘めているはず。
▲エポワス
昨夏の北海道シリーズでオメガウェンデッタやウキヨノカゼらと接戦を演じ、キーンランドCでも3番人気にまで推された素質馬。
その後、順調さを欠いて復帰戦が8ヶ月ほどずれ込んだが、明らかな叩き台のような前走を使って調子が上向くようなら得意の舞台で一発があっても。
△セイコーライコウ
2年連続でこのレースで4着になっていて、今年も韋駄天Sからお馴染みのローテーション。二桁着順が続いていたが前走で久々に掲示板に載って健在ぶりをアピールした。
まだこの条件に結果は出ていないが、ストレイトガールとも惜しい競馬も出来ているので1つでも上の順位を狙ってほしい。


エプソムCまでの成績【3/64 -129340円】返還1800円 トリガミ1


しかも見れない>胴長熊猫

今日のボックス(エプソムC&マーメイドS編)

ラニ惜しい!


アメリカ三冠の最終戦ベルモントSに挑戦してあわやの3着に飛び込む活躍。欧州でもエイシンヒカリが頑張っているし、今度はゴールドアリュール産駒とか何ならフリオーソ産駒で挑戦してほしい。
それにしても英国三冠はイギリスセントレジャーが形骸化して久しいし、日本でも菊花賞をパスするクラシック勝ち馬が散見され長距離の価値が下がってきていますが、もともとの馬の価値って長距離を如何に速く走れるかだったと思うんだけどなぁ。


エプソムC
◎ヒストリカル
昨秋から今年の京都記念まではようやく本格化の軌道に乗ったような競馬を見せてくれたがその後はまた惨敗。脚質が追い込み一手なのも災いしているか。
安田記念を回避して臨んできた馬が多く、メンバーはなかなか揃ったほうだが兄達を見れば高齢でもしぶとく走っていたしこの馬もGⅢくらいならもう少しやれても。
○フルーキー
あんたは安田記念に出てこいや。せっかくロゴタイプでも勝てるようなレースだったのに。
相変わらず競馬場や距離を問わず走れるのは強味だが、やっぱり相変わらず善戦までを繰り返しているのでここも突き抜けられるかがカギ。
▲ラングレー
古馬になってからはマイルで結果を残しているが、2400にも勝ち鞍はあるし距離よりも切れ味の活きる展開になるかが肝心なんだろう。
その3歳時のゆりかもめ賞ではゴールドアクターに勝っているし、重賞が壁になるような馬ではないと思うのだが。
△ロジチャリス
早めにデビューはしたがクラシック戦線には縁がなく、1600を中心に古馬と渡り合って最近は1800でも連勝。重賞で負けた相手もアンビシャスだったし世代の中でも上位の存在だろう。
人気馬は後ろから行くタイプが多いので先行して結果の出てる同馬にはチャンスだが、目標にもされるだろうから勝ちきることができるか。


マーメイドS
◎レッドオリヴィア
デビューは遅かったが500万を勝ち上がってすぐローズSに挑戦し、ヌーヴォレコルトとコンマ7秒差に健闘するなど素質は見せていた馬。その後は勝ち上がりに苦戦したが、ここ2戦で1600万脱出の目処は立った。
牝馬限定もあって重賞挑戦だが、1000万を勝ったときはシュンドルボンを抑えているし調子の良さそうな今なら。
○ゴールドテーラー
ステイゴールド×ガリレオらしい詰めの甘さが目立つ馬で、牝馬ながら2000以上を主戦場にしているのも頷ける。牡馬なら2600ばっかり走らされそう。
まだ1000万を勝ち上がったばかりとはいえ50キロは恵まれたと言えるし、厳しい展開のほうが向いている血統でもあるから逃げ馬の揃ったここのほうが意外とやれるかも。
▲シュンドルボン
前走は外枠から前残りの展開にも泣いて…って、この馬は昨年から重賞で5戦連続8枠なんだね。ある意味、連勝するよりも凄いような気がする。
数少ない重賞ウィナーでもあってトップハンデも致し方ないところだが、56キロならGIでも背負う斤量なので能力で克服できるか。
△リラヴァティ
昨年のこのレースは逃げつぶれて8着に沈んだが、逃げられなかったときはもっとひどい競馬をするので現状は無理をしてでも前に行くのが正解だろう。
今回は同型が多く、前走のような展開には持ち込めなさそうだが極端なマクリ合戦にならなければ粘り込みも。


安田記念までの成績【3/62 -126940円】返還1800円 トリガミ1


汗血馬とは言わないが>胴長熊猫

今日のボックス(安田記念編)

雨男


昨日は久しぶりに休日出勤でしたが、工場長を始め上司が軒並み休みを取っていたので実にユルユルとした仕事ぶり。
夕方になり様子を見に来た課長のトラックには単車が積まれており、どうやらパーツのチューンアップのため瀬戸大橋まで渡って競技用の改造をしてもらったとか。
「明日はツーリングじゃ!」と嬉しそうに帰っていきましたが本日の大雨。


安田記念
◎モーリス
よく出てきてくれたな。これがファーブルとかオブライエンなら問答無用でドタキャンかますだろう。
実力はもう疑いようのないレベルに達しているし、万全なら逆転の余地は残っていないだろうが如何せん仕上がりに一抹の不安が残るので付け入る隙があるかどうか。
○リアルスティール
菊花賞から負けた相手はすべてGIを勝っていて、むしろやむを得ないと今更になって言える。能力が劣っていただけじゃないんだ。
ドバイターフは鞍上の作戦もうまく嵌まった感じがあるだけに福永に戻って同じ競馬ができるか。
▲ダノンシャーク
一昨年のマイルCS馬だが、そもそも穴でGIを勝った馬が王者を気取ってはならぬ。人気でマークされながら尚且つ勝てて初めて強いと言えるのだ。
休み休みしか使えなかったのがここに来てコンスタントに走っているし、前残りだったマイラーズCを内枠からスルスル抜け出す競馬をここでもできれば前走の再現も。
△フィエロ
前走は前が有利な展開を7枠から大外ぶん回して4着。鮫島じゃなくたってあんな展開をどうしろと言いたくなるだろう。
ルメールに手替わりで鞍上強化と来たが、あのまま鮫島を乗せてここでも走らせない辺りが日本競馬の寒いところ。


鳴尾記念までの成績【3/61 -124540円】返還1800円 トリガミ1


行ったのかな…?>胴長熊猫

今日のボックス(鳴尾記念編)

大したもんだ


北海道で行方不明になってた小学生が無事に保護されたニュースを聞いて「よく生きてたな」と。
絶対「どうせ折檻死させたのを事故死に見せ掛けるために適当な崖から落としたんだろ」くらいにしか考えてなかったのでびっくり。
でも、俺がこの子ならもうこの親とは暮らしたくないなぁ…。


鳴尾記念
◎サトノノブレス
古馬になってからは2200以上のレースになると不安定な成績が多く、2000では重賞2勝とかなり好走できる距離が限定されている。天皇賞(春)も結果的に長かったということだろう。
ハンデ戦ではないだけに斤量が軽くなるのも嬉しい条件だけに、開幕週の芝で差し損ねないように気を付けたい。
○メイショウナルト
5ヶ月ぶりだった前走はさすがに厳しいものがあってブービーに沈んだが、もともと高速コースに実績もないし気にするところではないだろう。
今回は先行馬が多いものの、逃げたいまでの馬が見当たらず単騎逃げが見込めそうなので行けるところまで行ってどこまで。
▲クランモンタナ
重賞クラスでも戦える力は見せてきたが、なかなか見せ場まで作ることができずにこの歳に。作戦が一貫して来ないのも原因の一つかも。
福島民法杯の脚を繰り出せればまだ見限るほどではないだろうし、その時の鞍上・松若に手戻りするのもプラスのはず。
△マジェスティハーツ
昨年の2着馬だがその後は関屋記念を最後に再び不振に陥った。騎手もいろいろ試したが結局、森でファイナルアンサー。
前走は久々に加えてダート挑戦。1枠で砂も被って何もできなかったし、得意の阪神芝に戻ればもう少しやれてもいい。


東京優駿までの成績【3/60 -122140円】返還1800円 トリガミ1


将来は藤岡弘、>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク