パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

08/30のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

大容量洗濯洗剤が安かったので買ったが一つも泡立たない。どこのメーカーだよ、と確認しようとしたら【柔軟剤】。あー。バスタオルふっかふか。
08-30 18:07

スポンサーサイト

08/29のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は朝2時に発作で救急車沙汰。覚醒したのち、事切れた時に抱き締めていたと言うポカリを作ったポットの中身を飲んだら回復したので入院4時間で退院。その後、素知らぬ顔で通勤。無事、勤務終了。サンキュー、ポカリ。
08-29 22:02

08/28のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

台風の関係で風が強くて涼しいが、すっかり体調を崩す。特に吐き気が酷いが、昨夜の高菜ピラフが臭っていたのと今の風邪、どちらが原因だろうか。
08-28 16:01

今日のボックス(キーンランドC&新潟2歳S編)

ポケモン


みんながGOで珍しいポケモンを獲るためにあちこち出掛けているので、対抗して家でゲームボーイを引っ張り出してポケモン青をプレイ。
ただ、度重なるミュウバグのやりすぎでROMがやられているせいかフラグが所々で破綻しており、最初の御三家を選ぶ場面ではゼニガメのボールが表示されず選べないため2択なのです。


キーンランドC
◎ソルヴェイグ
函館スプリントSでは久々と前走の大敗を受けて人気がなかったが、番手から抜け出す競馬で快勝。伊達にGⅡの勝ち馬ではないところを見せ付けた。
今回は似たようなメンバーに同世代の馬が引っ付いたような状況で、同じく強力な逃げ馬も見当たらないので前走の再現があるかも。
○ナックビーナス
ダートで勝ち上がってすぐに挑戦したクイーンCはメジャーエンブレムに歯が立たなかったが芝1200路線に替わって3連勝。葵Sを勝ってもNHKマイルCには見向きもせず短距離に絞ってきた。
ダイワメジャー産駒で母系がモアザンレディー×パインブラフと言う1200御用達みたいな血統だし、51キロの斤量を活かせればいきなりでも。
▲ホッコーサラスター
ヨハネスブルグ産駒ながらダートで走ったことがないと言う変わり種で、血統の字面通り上級クラスになるほど平坦小回りだけしか結果が出なくなってきた。そろそろダート1200も視野に入れてみては。
函館巧者だが札幌も3着なら実績があるし、差しが届くようになってきた今の芝なら連勝の勢いも借りて通用しても。
△エポワス
函館スプリントSでも印を打ったが5着、その後は2着を一つ叩いて順調に調子を上げてきた。藤沢和厩舎お得意の外国人騎手で勝負駆け気配も伺える。
実はデビューから田面木騎手で2連勝していたと言うレアな実績がある馬なので、種馬にもなれないし走れるだけ走っていただきたい。


新潟2歳S
◎キャスパリーグ
昨年のロードクエストや3年前のハープスターみたいな飛び抜けた1番人気がおらず、単勝オッズも割れに割れた。
それならディープインパクト産駒で母父ストームキャットのベタな良血馬から入れば良いんじゃね?みたいな安易な考え。
○モーヴサファイヤ
今年は牝馬がやけに多く出走していて、さらに普段はマイル重賞では見掛けないような血統の馬も多い。
この馬もハービンジャー産駒の関西馬で中京デビューながら石橋脩が手綱を取ると言う珍しい状況だし、それだけ期待して乗りに行ってるなら注目。
▲オーバースペック
こちらはプリサイスエンド×キャプテンスティーヴと言うバリバリのアメリカン血統なのに芝の中距離でデビュー。普通ならダート1700くらいの番組を待ちそうなイメージ。
それでもサンデーサイレンス系の産駒かと思わせるような末脚でスローペースを撫で切っているし、上がり勝負でも見劣りしない能力がありそう。
△ウインシトリン
夏場の2歳新馬戦はマイルでも1分38秒台の決着タイムになったりする調教レベルのスローも当たり前なので、評価の優劣も単なる時計比較だけでは難しい。
逃げ馬がその展開を活かして単純に逃げ切ることが多い中、この馬は中団から差しきると言う味な競馬を見せてくれたのでウインのステイゴールド牝馬なのも含めて注意。


新潟ジャンプSまでの成績【4/87 -116270円】返還1800円 トリガミ1


フシギダネ1人旅>胴長熊猫

08/27のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

札幌5R新馬戦、POGりん指名馬のリエノテソーロちゃんが先行から押し切って今シーズン初勝利。嬉しい反面、これだとエーデルワイス賞には出てくれないかな…。
08-27 12:19

今日のボックス(新潟ジャンプS編)

ツイッター導入


日々の更新が競馬予想ばかりでは味気なく、かといって毎日長文を書けるほどの文才も出来事も有りはしないので、短文でも日記風味になるのでは?と入れてみました。
ただ、イマイチ使い方がわからないと言うか使いこなせていないので、フォロワーだとかリツイートだとかまるでわからず放置してますので悪しからずご了承下さい。


新潟ジャンプS
◎アップトゥデイト
昨年の障害王だったが阪神スプリングJで2着に敗れると中山GJも回避して休養。平地でもよくある、GIを勝った途端に慎重になって順調に使えなくなる症候群。
負荷の掛かる襷コースではなくスピード勝負のハードルコースを選んだ辺りも陣営の丁重に扱ってる感が伝わってくるが、この相手に不覚を取るようではオジュウチョウサンの牙城は崩せない。
○アロヒラニ
2連勝して挑んだ東京ハイジャンプは思ったよりも後ろからのレースになってしまい、後方からよく追い上げたが5着まで。高速コースの障害は小回りコースと別物と考えた方が良い。
その意味で今回は前走より前の位置から競馬をするだろうし、今年障害でブレイク中の石神ならもう一押し効いても。
▲ゴールデンヒーロー
今年は1月に二桁着順があった他は勝てないまでも掲示板は確保していて、前走も休み明けながら2着に入ってだいぶクラスにも慣れてきた。
重賞は初めてだが未勝利を勝ち上がったのも含めて新潟障害コースは連対率100%なので、相性の良さを活かして前進できれば。
△エーシンホワイティ
平地時代のスピードからすぐに重賞でも通用して、ひょっとしたら天下も取れるんじゃないかと思ったらバンケットコースには出ない小物っぷり。よほど腰が甘いのか強敵にはぶつけたくないだけか。
9ヶ月ぶりになるものの父サクラバクシンオーは言わずと知れた休み明けの鬼だし、年末の大一番を使う気がないならここと東京AJくらいしかなさそうなのでいきなりでも全力投球。


札幌記念までの成績【4/86 -113870円】返還1800円 トリガミ1


若者御用達ツールに疎くて>胴長熊猫

08/26のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

自分の中で久々にヒットだったチャルメラのとんこつラーメン。また買おうと思ってたらなくなっててショボンとしたが、パッケージが派手になって帰ってきた。確かに味はチャルメラっぽくなかったし袋も地味だったけども、だ。
08-26 23:20

08/25のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

仕事中、野地板をロジータと聞き間違える。競馬脳、ここに極まるか。
08-25 17:42

08/24のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は川崎ナイター競馬でスパーキングサマーC。SⅢにしてはメンバーも揃ったが◎グランディオーソ。大外枠のブルーチッパーが大逃げ気味に飛ばしそうだし、前崩れなら怖い1頭。
08-24 18:51

08/23のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

餃子の王将と大阪王将、どちらが旨いかで議論をする上司と先輩。心底どうでもいい上に3人揃って餃子を注文していない。天津チャーハンしか食べない我々。
08-23 21:02

08/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

桧の香りは一般的に良い香りに分類されるだろうが、製材所では別。丸太を切り出した瞬間の匂いは1日中、嗅いでると胸焼けしそうな激臭。頭が痛いし今日はうどんでいいや。
08-22 17:37

08/21のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

今日は3場とも1~3Rに鉄板レベルの軸馬がいたので「2つは固いな」なんて軽口を叩いてたら案の定、坊主ンモー
08-21 11:26

今日のボックス(札幌記念&北九州記念編)

克明に国名


オリンピック見てたらグルジアがやっぱりジョージアに変更されてて、国旗があまり見慣れないのと缶コーヒーのせいもあって「南米の国だろうか」と思うことしきり。
たぶんグルジアでコーヒー栽培はやってなさそうなので、商品名が先行するイメージとかけ離れる地理。
グルジアで「ニッポン」と言う名前のウオッカを販売するようなものか。


札幌記念
◎メイショウスザンナ
中山牝馬Sは3着に差し込んだが、ここ2戦は逃げ馬が馬券に絡む展開で追い込みきれず。他力本願なのは仕方ないが運もなかった。
今回は牡馬混合で絶対王者もいる特殊なGⅡとも言えるし、厳しい流れでこそ脚が活きるタイプなので上がり最速の前走のような走りができたら。
○スーパームーン
今年緒戦となったAJCCで2着に入り、いよいよ本格化してきたかと思ったが間が空いてしまい目黒記念までお休み。その目黒記念も後方からの上がり勝負では分が悪く、見せ場も作れなかった。
ブライアンズタイム×サドラーズウェルズと言う洋芝なら任せとけみたいな配合だし、大物食いもありそうな血統なので。
▲ヌーヴォレコルト
昨年末に香港Cに遠征して、帰って来て産経大阪杯を使ってまた香港。マイレージが貯まる貯まる。
ちょっとお疲れなのか宝塚記念も出ずにここからの始動になったが、1600が短いなら秋も使えるところが少ないだけに牡馬相手でも戦えるように持っていきたい。
△ネオリアリズム
馬場を考慮して先行した中山金杯は惨敗だったが、今まで通りの後方待機からマクリの競馬で3着。少し我慢をしてでも後ろに構える方が合っている。
前走は逃げ馬が勝ちきる展開で明らかに向かなかったし、昨夏に連勝を飾った舞台に戻れば前進できるはず。


北九州記念
◎ベルカント
アイビスSDは人気に応えて堂々と抜け出して完勝。年齢的にそろそろ下の世代からの突き上げが気になる路線ではあるが存在感を見せつけた。
一昨年に6着に敗れたときが18頭立ての8枠だったし、13頭立てと1200で少頭数ならスンナリ先頭に立って押し切りも。
○オウノミチ
かつては笠松でも負けていた馬だったが、中央に再転入してから徐々に頭角を現し始めてとうとうOPまでやってきた。
父オレハマッテルゼも母ナゾも平坦1200を得意にしていたし、重賞を勝つなら今回の条件がベストの舞台のはず。
▲プリンセスムーン
前走は得意にしていたし新潟1000で重賞だったが、前半から付いていくのにやっとで捌くのにも時間を要して3着確保が精一杯。それでも最後まで粘れたのは収穫だろう。
古馬になって以降、1200に良績がないのは気掛かりだが、前走くらい最後まで頑張れたら残せてもいい。
△ローズミラクル
OPに入ってからは1000の直線競馬を使われていたが、テンに置いていかれがち。やはり距離は最低でも1200は欲しい。
関東馬だが一度だけ小倉で走って1分7秒台の時計を持っているし、力を付けた今ならもう少し短縮も可能だろうから距離延長で追走が楽になれば。


エルムSまでの成績【4/84 -109070円】返還1800円 トリガミ1


相撲でもいるよね>胴長熊猫

今日のボックス(関屋記念&エルムS編)

実家に寄生虫


もとい帰省。
今週は何もしなかったが世間は五輪に高校野球にSMAPに忙しいようですが、競馬的にはターフの魔術師・武邦先生が亡くなられたことだろうか。
豊の孫を見たかっただろうし(ゲス顔)、幸四郎の身持ちも心残りでしょう(真顔)。


関屋記念
◎ラングレー
OPに再昇級して久々の重賞になった前走は、悪くない形で直線を向いたが直線では伸びず9着。やっぱりディープインパクト×ストームキャットは最終的にマイル以下に落ち着くのか。
新潟芝にまだ3着以内はないが、いずれも重賞で1秒以内の5着なら苦手とは言わないだろうし能力もGⅢならそろそろ通用しても良い。
○マジックタイム
クラシックでは本番で良いところなく終わったが、昨春になってから掲示板を外したのは休み明けと1400と前走のGIだけ。牡馬相手の重賞でも勝ち鞍はあるし、今が充実期なのだろう。
こちらは新潟芝で2着を外したことのない得意舞台だし、GⅢに戻れば普通に見直せる。
▲ケントオー
これまでずっと先行で結果を残していたが、前走は後方からになってしまった展開から上がり最速の末脚を繰り出して3着に滑り込んだ。
ダンスインザダーク×トウカイテイオーとは思えない切れ味だが、今の新潟なら後方から突っ込む方が合うかもしれないしあとは展開頼み。
△ヤングマンパワー
アーリントンCで重賞勝ちしたが、その後は1年間連対することもできず。ところが今春に帰って来てようやく2着になったと思ったら3連続連対で一気に息を吹き替えしてきた。
好調馬が多く取捨が難しい一戦だが、昨年の3着馬だし8枠を克服できれば。


エルムS
◎クリノスターオー
一昨年に重賞を勝ち、昨年は王道路線に挑戦したがGIではいずれも掲示板には載れず。今年は地方交流に舵を切ったが上がり馬たちにやられて2着までが多くなっている。
今回は同型も多く先行争いがカギを握りそうだが、人気がないときに買いたい馬なのでこれくらいの注目度が最適。
○モンドクラッセ
ダートに転向してから大敗したのが東京と京都で、いわゆる芝向きの軽いダートが苦手な本格派ダート馬。アグネスデジタル×ラグビーボールだから言われてみれば確かにと頷ける。
OPまでは順調に来ていたが重賞で少し躓いているし、秋に向けていよいよここが試金石。
▲ナリタスーパーワン
ウォーエンブレムはミスタープロスペクター系なのだがイメージ的に芝でもやれると思われてやたら使われる。1000万クラスが壁になりやすいし、兼用でもないと個人的には思っている。
ダート重賞は初めてだが、気性で走るのがこの系統の常だから最近の成績は度外視して狙ってみたい。
△リッカルド
キン○マを引っこ抜かれてから成績も安定し、今春はブチコに負けた以外は3着以内で走れている。フサイチリシャール産駒にしては1800を主戦場なのも母父オペラハウスが活きている。
1600万を卒業してすぐだから仕方ないとは言え、これで人気がないなら青田買いで押さえてみるのも。


レパードSまでの成績【3/82 -172540円】返還1800円 トリガミ1


合掌>胴長熊猫

今日のボックス(レパードS&小倉記念編)

甲子園開幕


今年も始まった夏のドラマ。
昔は毎年なぜか現れる10年に1度の逸材なんていましたが、最近はBIG3がトレンドのようで微妙なレベルでも無理に3人を作って盛り上げているような気がする。
そういう時に限って甲子園に出なかった選手がプロで一番活躍したりするんだよなぁ。


レパードS
◎グレンツェント
ユニコーンSでは3着に破れたが、前で勝負した1・2着馬を無理に追い掛けず直線勝負に徹した結果であり悲観する内容ではなかった。実際、ジャパンダートダービーでは共倒れに終わっていたし、この経験は活きてくるはず。
今回もケイティブレイブがいて引っ張っていく展開になりそうだが、我慢して終いに駆ければ今度は差しきってくれる。
○ネクストムーブ
ここまでダートでは連対を外していない馬で、3月デビューからゆったりローテで重賞に間に合わせてきた。唯一2着に負けたのが新潟1800だが、エンパイアメーカーにフレンチデピュティとカポウティなんてバリバリのアメリカン配合だし、スローの番手から上がり勝負なんて柄ではないだろう。
デムーロなら「武豊についていけば間違いない」みたいな競馬をやりそうだし、それでいて美味しいところだけ持っていく騎手でもあるので要注意。
▲オーシャンビュー
芝でデビューはしたが徐々にダート路線に寄ってきておりマヤノトップガン×フジキセキの裏の部分が強調された馬。前走は1400だったがフジキセキの次がサドラーズウェルズだし1800も守備範囲だろう。
昨年のカトレア賞ではラニとコンマ3秒差の競馬をしているし、ダートスタートコースのほうが走りやすそうなので文字通り一発があれば。
△マイネルバサラ
前走は逃げて早めに潰されて何もできずに終わったが、そもそもそれまで差ししか経験のない馬でなぜ逃げた?と言うレースだったのでノーカウント。芝スタートで引っ掛かるなら今回は見直しもできる。
ジャパンダートダービー勝ちのキョウエイギアと勝ち負けをして能力は証明済みなので、あとはしっかりそれを発揮できる展開に持ち込みたい。


小倉記念
◎メイショウナルト
3年前に1着、一昨年に3着に来た経験のある馬で、最近は良いところなく逃げては沈むばかり。もともと人気に応えて堂々勝利何て言うタイプでもないし、それほど気にすることでもないが。
今回は同型どころか先行馬すら見当たらない珍しいレースで、恐らく単騎逃げが見込めるメンバーならそろそろ一発があっても。
○サトノラーゼン
ダービーまでは3着以下がない馬だったが、それ以降はすべて5着以下に破れるなどあの安定感はどこに行ったと聞きたくなる。
GIを勝ってもないのにゆるゆるローテで甘やかされたのが原因かもしれないし、ローカルどさ回りでビシッと気合いを入れ直せばもっとやれてもいいはず。
▲アングライフェン
昨夏の小倉でようやく勝ち上がった遅咲きの1頭だったがそこからはトントン拍子に出世して2月にOP入り。その後の重賞では跳ね返されたがすぐに1600万条件で巻き返してOPに帰ってきた。
下ではマクリも決まるが重賞クラスともなると似たような作戦を取る馬も増えてくるし、使える脚をしっかり吟味して仕掛けのタイミングを見計りたい。
△マーティンボロ
今年に入ってからのレースは着順こそ二桁に負けることも多いが、大抵は逃げ馬が楽に押しきるか内枠絶対有利の開幕週で外に入るかして力を出しきれていないだけで割とこの馬なりに走れている。
順調に使えているし、少頭数で捌きやすい展開にもなるだろうから順番が回ってきたら案外アッサリと差し切るかも。


アイビスSDまでの成績【3/80 -167740円】返還1800円 トリガミ1


敦賀気比の山崎投手とか>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク