パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

10/30のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

天皇賞・秋が久しぶりに印通りの結果になったのに興奮しすぎ、配当で角煮ステーキハンバーグ乗せ下にナポリタンのチキンピラフオムライスを作ってしまい軽く後悔。19時に食べ始めたから4時間半の晩ごはん。どこのジャイアント白田だ。
10-30 23:23

スポンサーサイト

今日のボックス(天皇賞・秋編)

カープ残念


と言っても、前に公言した通り日本シリーズは見ないようにしていたので内容もスコアも知りません。
昨日のハイライトは、青木さやかがダマテンでドラを引いて入れ替えテンパイできるのに、アッサリ捨てて他家から「それ捨てるんですか!?」とツッコミが入ってようやくドラを切ったことに気付いた瞬間でした。
その後、あまりの動揺で振り込みまくる青木さやかはアカギあたりの噛ませ犬みたいな負け方して普段のネタより面白かった。


天皇賞・秋
◎モーリス
海外帰りの安田記念ではスロー過ぎたロゴタイプに押し切られ、続く札幌記念もふざけたペースのネオリアリズムに逃げ切られるなど不完全燃焼。あれならジュライCとかムーラン・ド・ロンシャン賞とか何ならチャンピオンSで2000挑戦を見たかった。
今回もエイシンヒカリが逃げ馬でいるが今年は海外帰りの馬が復帰緒戦をやらかすことが多いし、ルージュバックは馬体重が戻るかどうかで調整軽めなのを考慮したらヤマニンゼファー理論で距離克服可能では。
○ステファノス
3歳春までは煮え切らない決め手に欠けるディープインパクト産駒だったが、重賞を1つ勝って軌道に乗ると昨年の2着のようにGIでも戦える力を付けてきた。
前走は内に拘りすぎて行き場をなくしていたのが敗因だし、外枠不利と言われるがここ5年の内4年で12番より外が馬券に絡んでいるならむしろ嫌われているときに買いたい。
▲リアルスティール
かつてはドゥラメンテを共同通信杯で差し切った豪脚でダービー候補にも挙がったがやはり本番では戴冠ならず。福永に牡馬クラシックを乗られるとキングヘイローを筆頭に悲惨な目に遭う。
その代わり違う騎手が乗ると海外まで勝っちゃうんだからやっぱり違うんだな…と思うし、安田記念はすべてが特殊なレースだったから完全にノーカウントにして再度期待。
△ラブリーデイ
いくら今回は外枠を気にせず印を打っているとは言え、さすがに先行馬が大外枠に入ったら…と思っていたがエイシンヒカリが飛ばしていけば枠は関係なくなるだろうと想定した。
東京芝はダービー7着以外はすべて掲示板に載っている隠れ得意コースだし、連覇は厳しい感じだがどれくらい上位争いに加わって来るか。


スワンSまでの成績【4/114 -179250円】返還1800円 トリガミ2


あと、浅香唯さん老けないな~>胴長熊猫

10/29のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

個人的に大谷VS黒田で日本シリーズ7戦をして、大谷のサヨナラホームランで黒田から世代交代みたいな終わりかたが商業的にもおいしいと睨んでいたが。明日はシャウエッセン買いにいこう。
10-29 22:45

今日のボックス(スワンS&アルテミスS編)

32年前


凱旋門賞の馬券を買いたくてPATに手を出そうとしたが、結局いろいろ手を尽くしたが繋げることができずに断念した苦い過去。
ただ、メルボルンCやアメリカBCを発売するし、どこかで加入したいなと思っていたがどうにも本人確認ができませんと言うエラー。
仕方なく窓口で本人確認をしてもらい、個人情報を見てみたら生年月日が盛大に間違っていた。
ゆうちょ口座は私が産まれたときに母が作ったものなのですが、昭和59年を56年と間違えたのはうっかりなのかそれとも…?


スワンS
◎ダンスディレクター
シルクロードSで重賞初制覇を果たしたが、そこから休養に。休み明けからは2戦連続で行き脚が付かずに後方ままに敗れているが、本来はもう少し中団で競馬をしていただけにまずはスタートがカギになりそう。
京都はこれまで3着を外したことのない得意舞台だし、ミスタープロスペクター系のアルデバラン2産駒なら少し荒れてきた馬場の方が走りやすいはず。
○フィエロ
7歳馬だが途中で何度も長期休養を挟んでいることもありまだ20戦しかしてないのね。ここ2年は成績をコピペしたみたいな結果になっているし、あとはGIに手が届くかどうか。
能力は申し分ないが、目標は先にあるのであまり無理をするよりは足慣らしで後ろから伸ばす競馬に終始しそうなのでペース次第。
▲エイシンスパルタン
前走は重賞ながら1番人気に推されて目標にされてしまい前崩れを誘発。ハナを叩かれて強引な競馬になってしまったのも痛かった。
今回は7ヶ月ぶりだが強力な逃げ馬が見当たらず、1200でもハナを切れるこの馬がテンから飛ばしていけば他が控えそうなメンバー構成なので、あまり速すぎず直線を向くことができれば。
△ティーハーフ
毎度、後方に構えて追い込むだけの競馬が続いていて、馬群を捌くのに一杯になって掲示板がやっとになってきている。それでも上がりの脚は際立っているのでなかなか人気が落ちないのももどかしい。
GIの常連になってからリーディング上位の騎手が乗っているが、かつて3連勝で重賞を制したときの国分優に手戻りして輝きを取り戻せるか。


アルテミスS
◎リスグラシュー
新馬戦は中団から差し損ねて2着だったが、負けた相手はサウジアラビアRC5着でまずまず。物差しで考えれば重賞でもやれる能力はありそう。
未勝利は先行した馬たちが悉く二桁着順に沈む中で4番手から押し切る強い内容。外枠から邪魔されずに好位に付ければ前走の再現があっても。
○パフォーム
勝ち上がりには時間を要したが1800から距離を短縮され、逃げても差しても2着に入るなど展開不問。割と不器用な産駒が見受けられるマツリダゴッホ産駒だが、この馬はまだこなせるほう。
姉のペルソナリテはデビューから2連勝、母のマイネアルデュールも2歳OP4着があるなど仕上がりは早いし、未勝利のタイムがサフラン賞とコンマ1秒差なら見劣りしないはず。
▲メローブリーズ
新馬戦は6頭立てだったこともあり楽にスタートを切れたが、さすがに同じようなタイプが揃う函館2歳Sではテンのダッシュ力で短距離血統に分があった。
スクリーンヒーロー×エルコンドルパサーで、字面だけならオークスで本命を打ちたいような血統だし1ハロンでも長くなる方が競馬もしやすいはず。
△コーラルプリンセス
まだ今の時期の2歳限定重賞は新馬戦を勝ち上がったばかりの馬が半数を占めることもザラなので判断に困る。大体は2着以下の馬が次走で勝ち上がれたかとか、新馬戦と同じ騎手が出張してまで乗りに来るかみたいなところだと思う。
この馬の新馬戦はききょうSの勝ち時計からコンマ1秒遅れ、りんどう賞から1秒以上も速いと言うなかなかのタイムだし、兄も2歳戦からOPで活躍したセイクリッドバレーならクロフネ産駒で1600は少し長そうでも最後まで粘れるか。


菊花賞までの成績【4/112 -174450円】返還1800円 トリガミ2


ミステリー小説っぽく>胴長熊猫

10/28のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

文化勲章のニュースを見ててアナウンサーが「杉良太郎さん・本名~」と、芸名と本名を分けて読んでいたのでつい「デーモン小暮閣下が受章したらどうなるんだろ…」みたいな邪推。
10-28 17:27

10/27のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

1日遅れながら会社で誕生日ケーキを振る舞っていただき、「作りすぎたから飲んで」と後輩女子にミルクティーを淹れてもらい、何だか普段と同じ3時の休憩が優雅なティータイム。ケーキの写メ忘れてた。
10-27 19:44

10/26のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は私の32回目の誕生日ですが、同時に大井で23回マイルグランプリでもございます。◎はハッピースプリント。今年は順調さを欠いて本来の競馬ができていないが、7分仕上げの前走を叩いて仕上がっていれば59キロでも中央1600万レベルには負けられない。
10-26 18:22

10/25のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

系列会社の制服を統一するからと、新しく渡された。今まで黄色だったのがこれに変わっての第一声は「有野課長みたいや…」 https://t.co/kovT8iqZ8Y
10-25 19:41

10/24のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

来月に2件ある従姉妹の結婚式に続いて来年の2月にも更に違う従姉妹の結婚式があると言う。ガクガクブルブル(((;゚д゚ )))))
10-24 22:27

今日のボックス(菊花賞編)

まだまだ


パルス藍住も中央の馬券が買えるようになって久しいが、やっぱりGIの日になると混雑具合を考慮してウインズ高松に来てしまう。
自動発払い機が4つとおばちゃん3人では3場開催に盛岡を発売して2時から高知競馬も始まると5場開催になってしまい、たびたび買えない人が出ているのはやはりいただけない。
あと、個人的にはレープロをウインズ・競馬場と同じやつにしていただけないか。


菊花賞
◎レッドエルディスト
毎年、このレースと天皇賞・春はディープインパクト産駒が頭まで来ないと言うデータが乱れ飛び、個人的にもそういう見解の立場にいる人間なので2強を本命にはしない。そうなると近年はトライアルで権利を獲るか、1000万条件で1着かのどちらしかいないので悩んで、これ。
ゼンノロブロイ産駒をクラシックで本命にするか~?と言う違和感は半端ないのですが、母父ダルシャーンのスタミナにすべてを託すしかできない。
○サトノダイヤモンド
皐月賞が少し不利を受けた3着・ダービーがハナ差の2着で、前走もギリギリで勝ったように見えるが追い出しを待ってから叩き合いを制した横綱相撲。能力は世代の中でも一枚上手かなと言う印象。
普通なら1番人気でも黙って買うべきなんだろうけど、どうしても母系がダンチヒ系のオーペンにサウザンドヘイローでバックパサーでその下にようやくフェアウェイ系のタタンだからスタミナの下地は…どうかなぁ…。
▲ジュンヴァルカン
6月の1000万特別からダイレクトにGIへ挑戦すると言うなかなか珍しいローテだが、そこで倒した相手がヤマカツライデン。500万で2着に負けた相手も青葉賞勝ち馬ヴァンキッシュランと隠れた実力馬みたいで魅力的。
こちらも母父はエンドスウィープだが、その後はニジンスキーとテディ系のスタミナ型・アーギュメントならサトノダイヤモンドよりはまだ見れるか…な?
△コスモジャーベ
抽選を突破して出走に漕ぎ着けたが、ソングオブウインド×モルフェデスペクタのこの馬がGIに出走するなんて誰が予想できただろうか。
実はディーマジェスティが勝ち上がった未勝利でコンマ7秒差に走っていて、レースを動かす大マクリを見せた燕特別のような競馬をしてくれたら淀の下り坂を一気に駆け降りて面白いことにならないだろうか。


富士Sまでの成績【4/111 -172050円】返還1800円 トリガミ2


あとタダ茶とマルチ対応マークカードと…>胴長熊猫

今日のボックス(富士S編)

途中経過


先月から始めた晩飯をプロテインにするダイエット。
およそ1ヶ月経った現在、マイナス4キロ。
元が太すぎるのと、数字だけではショボい感じだが、会社の仕事以外に運動はせず、おやつはいつも通りバクバク食べてこの数字ならまぁ効果はあるか。
確かに足元の物を取るときにお腹のつっかえがなくなってきたのが実感できるので、ひとまず年内は続けてみようと思います。


富士S
◎ブラックスピネル
例年フルゲートになることが多い重賞なのですが、今年はやけに寂しい頭数で。それでも近走好調な馬が揃って、なかなか難解なレースなのは変わりない。
不器用な追い込み型だが、若駒Sではマカヒキのコンマ3秒差、ラジオNIKKEI賞ではゼーヴィントの上がりを上回る脚を使っているし、休み明けを一つ叩いた今回は古馬相手でも好勝負になっていい。
○ダノンプラチナ
半年ぶりの実戦になった前走は、58キロ背負って馬体重マイナス18キロにも関わらず3着。仕上がりに半信半疑ながらむしろよく頑張ったと言える。
調教の動きを見る限りはまだ仕上がり途上と言う印象だが、相手なりに力を出してくるタイプなので突き抜けられるかが課題。
▲ロードクエスト
新潟2歳Sを勝った時には翌年のダービー馬は決まったみたいな雰囲気を出していましたが、まさかマイラーとして強かったとは。マツリダゴッホ産駒は上に行くほど1400~1800がスイートスポットなんだろうか。
NHKマイルC2着があるように左回りの1600は絶好の舞台だが、頭数が12頭を下回ると差し損ねるレースがあるのでここも仕掛けどころに注意したい。
△ガリバルディ
それまでずっと先行して結果を出していたのが、重賞でいきなり追い込みに脚質変換してぶった切り。出来るんじゃねぇか、ディープインパクト産駒。
切れ味は前走ですでに折り込み済みだが、何せこの血統に福永を乗せるとマルカの一族を思い出して善戦までのイメージしか湧かないのが…。


秋華賞までの成績【4/110 -169650円】返還1800円 トリガミ2


まず間食をやめ…アーアー聞こえない>胴長熊猫

跳ねろ若鯉

悲喜こもごも


今年もドキドキのドラフト会議でしたが、昨日アップした後に我らがカープが田中投手指名を公言したりしてこっ恥ずかしい限り。


1位
加藤 拓也(慶応大)
田中・佐々木と連続で外して内心「カープはそういう選手を指名する柄ちゃうやろ」と思ってましたが、そこから加藤選手に行くとは夢にも思わず。
近年はパワーピッチャーがカープで活躍してるので、その流れで来たのかもしれないが同世代にも被弾するなど少しボールの甘さは気掛かり。
イメージとしては小林幹を思い出すダイナミックフォームだし、大瀬良を先発に戻すなら空いた勝ちパターンに1年目から入り込んでも。


2位
高橋 昂也(花咲徳栄)
よく2順目の最後まで残っていたなと素直に驚いた。
サウスポーとして世間の評判は履正社の寺島くんの方が上だと見る傾向があったものの、スカウトの評価は一貫して高橋くんの方を上だとしていたので残っているならそりゃ獲る。
これで3年連続で高校生左腕を獲得したわけだが、塹江くんは今年デビューしたが、彼も焦らずまずは下積みを重ねてほしい。


3位
床田 寛樹(中部学院大)
野間や菊地を獲得してから近年は地方リーグながら目が離せない東海地区。特に今年は目玉の一人に中京学院大の吉川がいたのでアピールする機会に恵まれたのも良かった。
左腕が欲しいと言う情報があったが、高橋くんとは違ってこちらは1年目からローテ争いをしてもらいたいイメージだろうし、長身左腕としてまずは河内越えを果たして欲しい。


4位
坂倉 将吾(日大三)
4年に1度のタイミングくらいで捕手を補充するので、来年辺りかな?と思っていましたが今年でしたか。倉選手が引退したし1枚増やすのは合点が行く。
これで20代の捕手が會澤に中村、磯村にルーキーの船越、多田と育成の松浦。うーん…グッバイ、白濱…。
捕手こそ育てるのには10年スパンで見ていく必要があるから、まずは2軍で永川のフォークを止められるように頑張ろう。


5位
アドゥワ 誠(松山聖陵)
出たー!カープが大好きロマン枠!個人的には山崎(敦賀気比)だと思ってたけど。
甲子園の行進を見て「デカっ!」と驚いたのも記憶に新しいが、実力はきっとこれからだろう。
長身選手にしては意外と機敏にゴロを捌いたり、牽制やクイックも普通レベルにこなしていたので、カープ式スパルタ教育で体重100キロでも細身を維持するダルビッシュを目指してくれ。


6位
長井 良太(つくば秀英)
ここ数年、最後は高校生を指名して終わっていたのでアドゥワくんで終わりかと思いきや。と言うか今年はバッテリーの指名だけなんだね。桃太郎は指名漏れか?
カープが指名しそうなタイプの中では、キツい練習に耐えられそうなガッチリ体型の選手と言う印象なので、完成としては中崎を狙っていくだろうか。


来年もやるよ。できたら。たぶん。>胴長熊猫

プロ野球ドラフト予想2016

競馬以上に当たらないでおなじみ


今年もやっちゃいますが、わたくしはアマチュア野球にそれほど関心を持って観戦をしないので選手の良し悪しなんざわかりませぬ。
プロのスカウトですらやらかすわけだから素人に5年後の選手像なんて描けませんよ。ただ、面白から、やる。


まずはパ・リーグ


オリックス
◎柳 裕也(明治大)
一年を通じて上位争いにも加われず、投手・野手ともに不振に喘ぎ続けたシーズンだった。さらに糸井がFA権の行使を匂わせるなど今年のドラフトは例年以上に重要さを増している。
高校生を悠長に育てている時間はなさそうで、1位も競合覚悟なのは致し方なし。チームの軸になる選手も大半が大学・社会人出身で、高卒選手となるとT-岡田か若月くらいしか出てきていないことを考えても即戦力投手だろう。
抽選を外した場合は誰が残っているかによるが、進藤(JR東日本)や平井(Honda鈴鹿)あたりが候補か。
大砲に関してはフロント自体お金に糸目はつけない羨ましい体質なので外国人くじを引くだろうから、糸井が出て行くと仮定して左打ちの外野手で久保田(國學院大)、若月の下を育てる意味を込めて坂倉(日大三)を下位で指名できれば。


楽天
◎柳 裕也(明治大)
毎年、高校生の素材型を指名しつつ1位は入札覚悟というスタンスを貫き、昨年はあっと驚くオコエの指名に漕ぎ着けた。将来的にどうなるかは本人次第だろうが、チーム方針として間違っていない指名ではないか。
とにかく長打力不足に泣いたシーズンだったが、ここも大砲に関しては外国人を大枚はたいて買ってくるチームカラーなのでやはり先発投手。星野SDが後輩の指名を見送るとも思えないし1位は柳で決まってそう。
あとは昨年、茂木と足立が1年目から見れる成績を残したので、強打を期待できる外野手を補強する意味でもお膝元の井沢(東北福祉大)や何故かある九州枠から岩重(シティライト岡山)かも。
そろそろファンから生え抜きの大砲を望む声が聞こえているから大山(白鴎大)とか森山(専修大)が欲しいところだけど、昨年もフェルナンドを採ってるから鍛えて欲しいような気もしてる。


西武
◎藤平 尚真(横浜)
かつての常勝軍団も3年連続のBクラスに沈んでしまい、打線は秋山・浅村・中村を筆頭に森や山川と言ったスラッガーが育つのに、勝ちパターンが形成できず接戦を落とすのが多かった。牧田を中継ぎで使っている場合じゃない。
さらに岸がFAでの移籍を考えているため、とにかく先発型の選手の補強が急務。だが、このチームは何故か高校生のほうがすぐに戦力になるし、横浜高出身者をよく獲得することを念頭に入れると藤平の指名は自然か。
もちろん、競合の可能性もあるがここのスカウトは僕以上にどこから見つけてくるのかと言う選手を指名してくるので、昨年同様に小野(富士大)とか生田目(流通経済大)や沼田(群馬ダイヤモンドペガサス)まで注意がいるかも。
野手は高卒組の内野がいないし地元の岡崎(花咲徳栄)か、星を引退させたし高校生捕手として内村(有明)らか。


ロッテ
◎田中 正義(創価大)
飛びぬけた戦力はないものの常にチーム力で上位争いを続けていて、おそらくCSの恩恵を一番受けたチームだろう。ファンとしては優勝していないのが不満かもしれないが、ルールはルールなので安定したチームを作るのもひとつの作戦だと言える。
田村が順調に育ち、鈴木が独り立ち、角中が充実期に入ってまずは一安心。監督の進退も補強を約束して不安要素もなくなり万全の体制で臨める。12球団で唯一、ドラフト前に1位を宣言しあとはくじを祈るのみか。
くじを外した場合は左右関係なくスライドして選んでくるイメージなので、日本新薬の補強選手で都市対抗でも活躍した森原(新日鉄住金広畑)や地元千葉出身の小林(日本生命)が候補だろうか。
野手では鈴木のところに平沢、中村、三木、高浜といずれ劣らぬ素質を持った選手があぶれているので、高齢の清田や岡田を脅かすのを期待して左なら鈴木(静岡)や森山(専修大)、右なら水野(トヨタ自動車)。


ソフトバンク
◎田中 正義(創価大)
シーズン序盤は圧倒的な戦力と選手層の厚さで独走。さすがに磐石かと思われたがまさかの柳田の故障やリリーフ陣の疲労が見えてきて大失速してしまいまさかのV逸となってしまった。正直、僕は広島が巨人に大逆転をやられると思っていたので驚きです。
ここ数年、怪我を心配された高校生でも焦らず育てられる下地があるので関係なく指名し、今年は東浜がようやくブレイクの兆しを見せ、松本・高橋の高校生二人もウエスタンで力の違いを見せるような球を放っていて、これに笠原と島袋が加わったらシャレにならない。
田中も春先には故障を心配されていたが、どうせソフトバンクなら2・3年陸上部でも構わないスタンスだろうし、オーナーと同じ名前の選手を無碍にはしないような気がする(笑)。
外した場合でもせっかく大量に指名した高校生がベテランのおかげで出番がなく糞詰まり状態なので、ベテランを黙らせるくらいの即戦力を指名する意味でも本多・今宮に吉川(中京学院大)か京田(日大)をぶつけてみたい。


日本ハム
◎今井 達也(作新学院)
最大11.5ゲーム開いていて、中田の調子が上がらず、大谷がマメの心配から打者に専念することになり、吉川を抑えに持っていって増井を先発に回すなんて聞いたら、普通は上よりも4位以下に落ちないことを考えて采配するだろうに。これもマジックですか?
チームカラーとして戦力の補強というよりも常に世代ナンバーワン選手を指名するスタンスは変えておらず、今年も田中との二択を迫られそうだがまずは投げられそうなほうを優先しそう。1年おきにドラフト1位のくじ引きに成功してるし、今年はうまくいく・・・かな。
外れた場合にもあまり奇をてらった選手の指名はしないチームなので、意外とはずれ1位に残りそうな堀(広島新庄)か高橋(花咲徳栄)。
野手はまず陽がFAで移籍することを前提にすると外野手を補強しないと岡と浅間、いよいよ大谷を外野で固定しないといけなくなりそうなので佐藤(立教大)や鈴木(静岡)といった即戦力が候補になりそう。内野は西川・杉谷・中島・田中賢の枠に渡辺・平沼や横尾が揃っていて焦る必要はないので、やはり高校生の素材型で地元の古谷(江陵)や大谷に続いて二刀流も狙えそうな藤嶋(東邦)を。



続きましてセ・リーグ


中日
◎柳 裕也(明治大)
落合政権時代には考えられなかったような悲惨なシーズンで、5月までの勢いで言うと失礼ながら「カープみたい・・・」。
でも現実として、野手は育つのに投手は育たない・即戦力を酷使して1、2年で使い潰す・戦力が整ってきたと思ったら主戦力がFAでいなくなるの流れは98~07くらいまでの広島にそっくりなので平田・大島の残留や早めのリリーフケアをおすすめします。
投手王国時代なら少々待ってでも田中で行きそうだが、今はそんなこと言っていられないしひとまず投げられることを考えたらかつて川上を引き当てたときと同じように明治大から指名してくるのでは。落合さんなら谷岡(東芝)とか行きそうだけど。
ここを外すといよいよ待ったなしだが、中塚(白鴎大)や地元出身の丸山(東海大)といった使える投手にシフトしそう。
野手は最年少が高橋周らという近年の社会人偏重ドラフトの関係で高齢化が進んでいるし、高校生の松尾(秀岳館)や地元の中尾(名経大)、1位を外したらいっそのこと吉川(中京学院大)でもいいかもしれない。


ヤクルト
◎山岡 泰輔(東京ガス)
一時は3位争いに加わっていたもののジリジリと離されていき、山田の故障とともに終戦。結局4位も守れずに5位でシーズンを終えた。やはりクローザーのオンドルセク途中退団の穴は埋め切れなかったのと川端・畠山・高井と主力の怪我は順位に直結する。
小川が孤軍奮闘状態で山中がいなかったら最下位も見えていたシーズンだけに、中日同様に投げられなければどうしようもない。田中や今井を外した場合に次が残っているか・・・と考えたら少しでも手薄なほうへ流れるのが心理だろう。
何せ近年のヤクルトは1位の選手が当たろうがハズレ1位だろうが驚くほど働かないので弱るところだが、外した場合は加藤(慶応大)か小柄でも気にしないチームなので森脇(セガサミー)・尾仲(広経大)あたりが候補になりそう。
野手は球団職員を回さないと2軍の試合も事欠く状況なので、各ポジションを埋める意味でも三森(青森山田)、溝井(福島光南)、田城(八戸学院光星)、金子(法政大)の4点セットとかどうですかね。


阪神
◎佐々木 千隼(桜美林大)
金本監督のもと「超変革」の旗印を掲げて戦った1年。確かに優勝争いという点では物足りないかもしれないが、向こう5年を見据えたときに花が開きそうな期待を抱かせる1年でもあった。特に原口・北条・高山でセンターラインを強化できたのは確実に収穫。
ゴメスの去就が確定しないないが、甲子園を本拠地にしてスラッガーを育成するのは大変なのでやはり4番は外国人と福留を併用しながら出てきた新顔を試していく形になりそう。
そうなると補強ポイントとしては先発5人目と頼れる勝ちパターンで、大学生同士とはいえ53イニング連続無失点というのはそれだけバットに当てられる確率が低いということ。先発としてはもちろん、セットアッパーやクローザーの資質も兼ね備えているし阪神の欲しい人材として理に適っていると言える。
大本営のデイリー新聞があれこれ記事を書きまくるせいでハズレ1位候補だけでも30人はいるので、予想するのも面倒くさいが事前評判の高い生田目(流通経済大)や大学2部ながら奪三振率の高い黒木(立正大)、同タイプの酒居(大阪ガス)だろうか。


DeNA
◎寺島 成輝(履正社)
広島とともに長らく5・6位を一緒にしてきたベイスターズもようやく初のCS進出。ドラフトで獲得した選手がじわじわと力を付けてきたし、やっぱり良い素材を引き当てないと10年先もAクラスは見えてこないということか。
懸念だったセンターラインは戸柱・倉本・桑原が目処を立てて石川がバックアップに控え、外野は筒香と梶谷に荒波が控える形ができたことで終盤の守備にも安定感が出てきた。投手陣も田中・須田・三上の勝ちパターンに山崎が復調してきたので、後は勤続疲労を抑える若い力が出てくることを期待したい。
これまでは下位に沈んでいたこともあってどうしても大学・社会人の即戦力に頼らざるを得なかったが、ここに来て日本人投手だけでもローテを組めるほどの人数になってきたし、そろそろ素材型の高校生を指名してもいい頃ではないかと言うことで寺島。本当に単独なら左投手王国だなぁ。
外した場合にそれでも高校生に行くか、今までどおり大学・社会人に流れるかはわからないが、投手であることは間違いなさそうなので加藤(慶応大)か星(明治大)。高校生はハズレ1位になりそうにないし社会人なら谷岡(東芝)。


読売
◎佐々木 千隼(桜美林大)
毎年あれこれ言われるけどもやっぱり優勝争いに食い込んでくるのはジャイアンツ。先発としては菅野・田口・マイコラスが柱となって回り、勝ちパターンに田原とマシソン・山口で澤村に繋げる形は一貫して変えなかった。
それだけに最終的に広島とこれだけゲーム差を付けられたのは打線によるところが大きく、坂本が奮闘したが長野・村田のエンジンが掛かるのに時間を要し、外国人も当たりのようなハズレのような微妙な成績。阿部・村田・ギャレットがシングルヒットだと無得点という走塁部分も1点をどれだけ損してきたかという問題だろう。
とは言え、攻撃力を飛躍的に上げそうな1位選手が見当たらないのでおそらく投手。さらに近年は王道からそれた隠し玉系を多く指名しているので田中(創価大)と見せかけてやっぱり佐々木に来るような気がする。
外したらヤケクソで二塁を埋めるために吉川(中京学院大)に強行するかもしれないが、そこでまさかの九鬼(秀岳館)や才木(須磨翔風)みたいな素材にも程があるだろという選手を指名するのもジャイアンツ・プライド。


広島
◎高橋 昂也(花咲徳栄)
タナキクマルの1~3番を1年間固定し、ルナ・エルドレッド・新井がかわるがわる4番を務め、神ってる鈴木の大ブレイクで打線が底上げされ、守備で石原・攻撃で会沢の捕手に松山・安部・赤松らが控え、野村・ジョンソン・黒田の3本柱にカピバラ3兄弟とジャクソン・ヘーゲンズから中崎に流れる勝ちパターンと、何もかもがうまく噛み合ったシーズン。ファンが勝手に都合のいい妄想をしてシーズンに入るが、それすらも越える成績を残せばそりゃ優勝する。開幕前なら「マエケンがいないし良くて4位だろ」と普通は思うもの。
当初は山岡(東京ガス)の1本釣りで間違いないと思っていたが、最近になって大学生投手を欲しいと言い出し。今シーズンは何度も良い意味で裏切られてきたし、広島特有の「タッパのある選手は伸びる」理論を炸裂させて山岡を回避してくると見た。どうせ堀も取らない。
あくまで予想なので普通に山岡かもしれないが、外れた場合は長身大好きなので中塚(白鴎大)とか山崎(敦賀気比)、左が欲しいと言う情報もあったので土肥(大阪ガス)とかなんだろうな。ともあれ黒田が引退を宣言してさらに来年は1枚ローテ投手が減るわけだから、まずはキャンプでスタートラインに立てる投手を指名したいところ。
野手としては若い世代が育っているが、第2の鈴木を目指して天本(秀岳館)か。個人的には新井さん2世で大山(白鴎大)みたいな露骨なスラッガーも欲しいんだけどなぁ・・・。


明日はササッと定時に帰るぞ>胴長熊猫

10/18のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

現役引退を決めた我らが黒田に敬礼!(;o;ゞ
10-18 19:02

10/17のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

鼻の穴の入り口にできた出来物を潰したが、中から出て来た汁が乾いたときの妙な臭いが一日中つきまとって不快なことこの上なし。
10-17 17:59

今日のボックス(秋華賞&東京ハイジャンプ編)

やったぜカープ!


     |
   / ̄ ̄ ̄\
  /     \
 |   ∧   |
 |  /川\  |
  \/┏┷┓\/
   。┃祝┃。
  ゙#゚┃!!┃:。
  : 。・┃セ┃・ #
  。:゙#┃界┃# 。
 ゙・#: ┃一┃。 : 。
 # ゙。゚┃!┃ ゚。#
 。:゙:。┗┯┛。# : #
 ゙∧_∧ │
 (`・ω・)│ オメデタス
 /  つΦ



秋華賞
◎カイザーバル
まだ1000万下クラスの馬だが、チューリップ賞ではクラシック上位馬と互角の脚を繰り出して6着。前走もシンハライトには及ばなかったが2位の上がりを繰り出しており、確実に叩かれて前進してきた。
エンパイアメーカーはダート型のファピアノ系らしく軽い平坦芝を得意にしているし、混戦模様の大外からまとめて面倒見る可能性もある。
○ビッシュ
デビューこそ年明け2月の東京だったが、そこから連勝でフローラS5着からオークス3着と一気に素質を開花させた。押せ押せローテだったにも関わらずオークスでは馬体重を二桁増加させるなど、使い減りしないタフさも見せてくれた。
今回はオークス馬が不在で桜花賞馬が順調さを欠いていることもあり押し出されるような1番人気だが、前走のようなマクリを京都でできれば多少ロングスパートになっても押し切れるはず。
▲レッドアヴァンセ
どう足掻いてもこの一族は京都でしか結果が出ないようで、しかも重賞となると本格的に短距離しかこなせない。リファールの血はどこまでも色濃い。
2000をこなすなら内回りの京都しか考えられないだろうし、GIならなおさらここしか太刀打ちできそうにないのでピッタリ経済コースを回って文字通り一発に期待。
△エンジェルフェイス
春のクラシックでは未勝利から連勝でフラワーCの重賞勝ちを果たし、桜花賞をパスしてオークス1本に絞ったが惨敗。福永で逃げて重賞を勝った馬はGIで大敗するのだろうか?
前走は10キロ増に18頭立ての16番枠で逃げられず何もできず。すべてノーカウントにして気楽な立場で今の馬場を走られたら枠も含めて脅威。


東京ハイジャンプ
◎マキオボーラー
やっぱり中山大障害のようなトリッキーコースは苦手のようで、スピード勝負のハードルコースでないとこの馬の持ち味は活かせない。まぁ、それだと永遠にGIは取れないが。
テンのダッシュ力はオースミムーンに勝るだけに、ここも先手を取って王者を相手にどこまで。
○ウインヤード
障害転入初戦を勝ち上がる飛越センスを見せたが、初勝利後はクラスの壁にぶち当たって伸び悩み。最低人気クラスまで落ち込んだこともあった。
ところがマクリ脚質を覚えてから成績が一変。大江原も脚の使いどころを心得てきたようで、ここも仕掛けのタイミングを間違えなければ勝負になるのでは。
▲オジュウチョウサン
中山GJを勝って返す刀で出走した東京ジャンプSも快勝。年末の大一番へ向けて前走と同じコースのここから復帰してきた。
現状は死角らしい死角は見当たらないが、好調馬が揃って春ほど楽に競馬をさせてもらえるかと言うのと、昨年も差し損ねているように脚を余す危険性を孕むコースであることには注意したい。
△ラグジードライブ
平地・障害を含めて休み明けは大敗が多い典型的な叩き良化型。去勢放牧を含めてコンスタントに使えないのも成績が安定しない要因になっている。
ただ、前走で半年の休み明けながら3着に好走。これで行き脚が付いてくればメンバーは強化されたここでも上位争いに加わっていける可能性はある。


府中牝馬Sまでの成績【4/108 -164850円】返還1800円 トリガミ2


次は日本シリーズ!>胴長熊猫

今日のボックス(府中牝馬S編)

通り越して、冬


先週くらいまで寝るときに扇風機を付けて寝るくらいの暑がりなのですが、今週に入ってから一気に気温が下がってきてむしろ寒いくらい。
急遽、毛布を引っ張り出してきて2枚重ねにしたが結局、暑くなってきたから扇風機を付けて毛布にくるまると言う矛盾っぷり。


府中牝馬S
◎ハピネスダンサー
昨秋にOP入りし、今年は重賞戦線に挑戦してきたが掲示板まで。何度か印を打ってきたが、ちょっとディープインパクトを始めとしたサンデー系種牡馬たちの切れ味に屈してきた。
ただ、京都で連勝してきたがその後は小回りだったり急坂コースだったりして力を発揮できなかったとも言えるし、広いコースの中山よりは平坦な東京なら前進できるはず。
○スマートレイアー
それまで追い込み一辺倒だったのが東京新聞杯を逃げ切ると脚質をガラッと変えて2連勝。ヴィクトリアMは逃げられず4着だったがGIに期待を抱かせる所まで来ている。
先行馬は多そうだが逃げ馬は他に見当たらず、先手を主張すれば逃げられそうなのでうまくスローに落として粘りたい。
▲カフェブリリアント
スプリンターズSでもそうだけど、何で福永は本番で使わない作戦をトライアルで試して結果を出してしまうのか。岩田や池添とGI勝利の差はこういう所に出てる気がする。
全6勝中5勝が左回りの隠れサウスポーで、ブライアンズタイム産駒で1800が長いとは思えないので本番に繋がる形で競馬をできたら。
△シングウィズジョイ
昨年はフローラSを勝ってオークスにも出た素質馬だったがGIでは今一つ。馬体重が減り続けたしギリギリの状態だったのだろう。
休み明けになるが、開幕週の中山1600で8枠から重賞を勝つなど力は間違いなくあるし、仕上がってさえあればここでもヒケは取らない。


南部杯までの成績【4/107 -162450円】返還1800円 トリガミ2


頭寒足熱>胴長熊猫

10/14のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

CS中継がなくて拗ねてます。カリオストロがあるからいいもん。
10-14 20:31

10/13のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

リエノテソーロ強すぎ了徳寺オーナー、もうケンタッキーダービー行きましょ!ね! https://t.co/1tzyl45j8y
10-13 20:01

本日は門別で交流GⅢエーデルワイス賞。POGりん指名馬・リエノテソーロが出て来てくれたが単勝1倍台に若干、引いてる。僕が馬券を買うと来ないから、呪いの意味を込めて◎アイルキャッチユー
10-13 19:28

10/12のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

大逃げを打った瞬間「うわ…」と思ったが、驚くほどの粘りで2着。でも三連単の頭で買ってたから…。
10-12 20:35

本日は大井で東京記念。ケイアイレオーネVSユーロビートの一騎討ちムードだが◎ストゥディウム。昨年のダービーGP以降は不振だが、前走で短距離を使われて走る気を取り戻せば羽田盃の脚も復活するはず。
10-12 19:54

10/11のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

明日の大井を検討してる間にサッカー終わってたが、BSのあの音楽に合わせたミニハイライトでドローだなとわかる内容の薄さだったのだろう。惜しいシーンが両者ともに少なかったんだろうな。
10-11 21:00

今日のボックス(京都大賞典&南部杯編)

間延び


先月は三連休に台風が来て、今月は三連休が普通に悪天候。石鎚山にリベンジしたかったが、平地でこの天気だと山頂はさらにまずいこと受け合い。
意外とガタガタの山道より、丸太の階段が組まれた歩道の方が滑りやすいので本降りよりも雨上がりや晴れでも湿度の高い状況の方が歩きにくかったりする。


京都大賞典
◎キタサンブラック
春の天皇賞馬がここから始動。話ではジャパンカップに直行するらしいが、春秋制覇には向かわないのはエイシンヒカリとの兼ね合いのせいか。
武豊がGIなのにコパノリッキーを蹴ってまでこちらに乗ってきたし、逃げ馬天国の今なら1枠からスイスイ行かれたら敵はいなさそう。
○ヤマカツライデン
ダートで勝ち上がったが500万ではまるで相手にならず、再び芝に戻って脚質を逃げに変えたところ大変身。前走もアッサリ押し切ってOP入りを果たした。
今回は初めての重賞挑戦で同じ逃げ馬が断然人気だが、胸を借りるつもりでバシッとハナを叩いて行けるところまで位って欲しい。
▲ファタモルガーナ
1年以上の休養明けから長距離路線でもまずまずの競馬はしていたが、勝つには至らずとうとう8歳。今年は追い込む競馬にもトライしたが、如何せん相手が悪かった。
さすがにディープインパクト産駒と言えども往年の切れ味はなさそうなので、気持ち前で競馬をしてくれたら雪崩れ込むことも可能では。
△ラブリーデイ
昨秋の勢いは凄まじいものがあったが、有馬記念以降はやや尻すぼみ。テイエムオペラオーの偉大さがわかるような気がする。
人気は上位だが少しオッズ的には水を空けられているので、昨年の勢いを取り戻すためにも勝ち癖を付けていきたい。


南部杯
◎ホッコータルマエ
年齢と共にだいぶズブくなっていて最近は地方交流でもハナを切れなくなってきた。昨年のチャンピオンズSみたいな競馬は本来なら不本意な形だろう。
衰えも囁かれるが、今年も川崎記念を制していてドバイWCは世界戦、帝王賞は海外帰りと敗因ははっきりしているし、国内でしっかり仕上げた今回なら復権があってもおかしくない。
○ベストウォーリア
この路線の王者になれそうでなれないままエアポケットに入り込んだ感じ。ソルテを交わしきれなくなっており、こちらも引退の二文字がちらつく。
それでも初GIを飾った縁起の良い舞台だし、終いの脚は堅実なのでここも上位争いに加わって欲しい。
▲レーザーバレット
オーバルスプリントで本命を打ったが、まさかあんなうまく行く競馬になるとは思わなかった。マクリの利きやすい浦和コースだが鞍上込みでさすがと言う内容だった。
今回は相手が一気に強化され試金石の一戦になるが、コパノリッキーとホッコータルマエがやり合えば前走のように最後に出番が回ってきても。
△ライズライン
前走のトライアル青藍賞は3着に破れたが、9頭立てのスローペースに合わせてしまい瞬発力の差が出てしまった。血統的にも前でガンガン勝負する方がチャンスはありそう。
盛岡1600では良馬場で1分37秒8の持ち時計があり、昨年の勝ち時計が稍重で1分36秒8だからタイムだけならもう少し詰められる余地はありそうなので中央勢に一泡吹かせたい。


毎日王冠までの成績【4/105 -157650円】返還1800円 トリガミ2


昨年は2回コケたし>胴長熊猫

今日のボックス(毎日王冠編)

がんばれー(棒)


いつもとは違うファミマに入ったらカフェラッペのキャラメル味があったので購入。
ロリ系の店員さんが「開けましょうか~?」と聞いてくるのでお願いしたが、一向に開かない。
凍って固い上にキャラメルが粘って引っ付いているのか「うん!うん!」と唸って捻っても開かず。
結局、蓋ごと外れたのでスプーンで削ぎとって申し訳なさそうに渡される。
味は好みではないが、あの店員がいたらまた買うかもしれない。


毎日王冠
◎ロゴタイプ
前走の安田記念では逃げ馬不在を味方にまんまと逃げ切ってモーリスから大金星。まぁ、この馬もGI馬だから金星と言うと失礼かもしれないが。
今回は少頭数ながら逃げ馬が揃ったが、もともと逃げないとダメな馬ではないし前を壁にしながら好位から抜け出す競馬ができれば連チャンも。
○ロサギガンティア
昨冬に阪神Cを勝って久々に重賞制覇を果たし、今春はGIでの飛躍を期待されたが脇役止まり。フジキセキ産駒らしいと言えば間違いないが、後ろからまとめて差し切るような馬ではないだろう。
関屋記念では先行して前崩れに巻き込まれたが5着に踏ん張っていたし、前走の内容が今回に活きてくれば一角崩しまで。
▲ステファノス
クイーンエリザベス二世Cや天皇賞・秋での2着があり、地力だけなら既に世界でも通じるものは持っているが何とももどかしい。誰が乗っても大崩れしない安定感は買えるのだが。
母父がクロフネ、祖母がダート路線で活躍したゴールドティアラだし、雨で渋った今の馬場なら切れ味も削がれないはず。
△ディサイファ
色々な距離や条件を使われているが、結局のところ芝で連対したのは1800~2200だけ。単にスイートスポットがかなり小さいパワプロで言うミートFパワーCみたいな感じか。
前から行くのか後ろに控えるのか作戦が難しいが、武豊を配置してきたし本番で勝ち負けするならあまり酷い競馬は見せたくない。


サウジアラビアRCまでの成績【4/104 -155250円】返還1800円 トリガミ2


笑いが堪えられない>胴長熊猫

今日のボックス(サウジアラビアRC編)

とんでも


夢の中で東京五輪のマラソンに出場し、35キロ地点まで独走したが40キロ地点で足がつって棄権。その痛みで目が覚めるリアルさ加減。
昔から短距離も長距離も苦手なのでいくらなんでも五輪に出られるとは思わないが、外国人ランナーを置き去りにする感覚はなかなか味わえないものでした。


サウジアラビアRC
◎ダンビュライト
新馬戦は雨の不良馬場をものともせず好位から早めに進出して押し切る内容。2歳馬らしからぬお行儀の良い競馬をしてくれる。
東京も開幕週であまり後ろから構えすぎてもよくないだろうから、まずは自分から位置を取りに行く競馬を続けて欲しい。
○ロジムーン
東京開催の新馬戦から登場したが連続2着。その後、新潟に転戦して未勝利を勝ち上がり。
相手なりに走るゼンノロブロイ丸出しの馬だし、内枠から埒沿いピッタリを回ってくる競馬をすれば着を拾うところまで可能なはず。
▲ウィンドライジズ
1200でデビューしたが勝ち切れず、1500に距離延長して勝ち上がり。ダイワメジャー産駒だし、1800までは十分に守備範囲になりそう。
母系がテンビー×サクラユタカオーで粘りの強そうなタイプだし、開幕週の芝をスイスイ逃げれば最後まで通せても。
△バリンジャー
1200で新馬戦を勝つと函館2歳Sに挑戦して6着。テンに置いていかれる展開から最後だけ脚を使う内容で、完全に距離が短すぎる印象だった。
兄のメテオロロジストも佐賀記念勝ち馬だし、父ステイゴールドでマイルが適距離でもないだろうが少しでも追走が楽になれば違ってくるはず。


スプリンターズSまでの成績【4/103 -152850円】返還1800円 トリガミ2


夢の中なら疲れないし>胴長熊猫

10/07のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

メインの機械が壊れたため本日は皆で他部署の手伝い。車でまとまって移動する組に入ったはずの新人が忘れられて右往左往。漫画にありがちな展開だが、実際にあるもんだな。
10-07 20:42

10/06のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

サッカー。晩御飯の間に先制。国分太一のビリを見届けている間に追い付かれ。横手焼きそばを見てる間に勝ち越し。洗濯物を干してる間に終わってた。カープもそうだけど、僕が見ない方が良い結果になる。CSも日本シリーズも見ないぞ。
10-06 21:34

10/05のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

昨日の白山大賞典をうっかり忘れていたが、中央勢で掲示板独占だったし忘れていてむしろ良かった。本日は川崎で2歳SⅢ鎌倉記念。何を材料にするか悩ましいが、◎マルボルクシチー。外からすんなり番手に付ければ1400の前走くらいの脚を使ってマクリも可能と見る。
10-05 20:06

10/04のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

新しく買ったヨーグルトがバニラヨーグルト。プロテインはバニラ味もあるので「おいおいWホエイにWバニラかよ」とか、「しまった…バニラが被ってしまった…」などと独りで静かに豊かな晩御飯。
10-04 21:39

10/03のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

私が徳島に来てから高知ナイターにハマり出した時にトップに君臨していたエプソムアーロン。12歳と言う年齢もあり衰えていくのを見ると、時間が過ぎたなぁ…と。 https://t.co/7yBosfadeh
10-03 18:56

10/02のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

マカヒキひっでぇ!
10-02 23:17

凱旋門賞が買えなくてもワイには珊瑚冠賞があるもん! https://t.co/3VQJt507cp
10-02 18:15

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク