パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

11/29のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

あまりの寒さに耐え兼ね、オコタ導入。もう一生出ねぇぞ。ぬくぬく。
11-29 18:19

スポンサーサイト

11/28のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

労働組合のボーナス交渉で何がイヤかって、子会社なんだから交渉の余地なんかないのに一々かしこまった文章の要求書を作成しないといけないこと。まぁ、親会社の組合委員長のほうが大変なんだろうけど。
11-28 21:15

11/27のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

U・ω・U足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん足りひん(ジャパンカップの配当を見ながら)遠いぞ新車!
11-27 19:59

今日のボックス(ジャパンカップ&京阪杯編)

2万5千円なり


昨日の修理代。
まぁ、新車で200万近く掛かることを考えれば0が2つ少ないだけで済んだとも受け取れるし、100万馬券2本獲れば良いわけだから前向きに行こう。
帯封なんて獲ったこと無いけど。


ジャパンカップ
◎キタサンブラック
例年は天皇賞・秋から転戦してくる馬が多いのに、今年は総大将クラス2騎が揃って前哨戦から直接ここに来た。まぁ、この馬は武豊を乗せるためにエイシンヒカリと棲み分けさせた感が強いけど。
1枠に入っても楽に逃がしてくれるわけはなさそうだが、反面じゃあ誰が競り掛けるのかとなると誰も嫌がりそうで案外あっさり逃げ切れそう。
○ディーマジェスティ
菊花賞はサトノダイヤモンドと世代の最強馬を巡る戦いになったが、やはりスローの京都では同じディープインパクト産駒でも母父ストームキャットに分があった。悪くない走りはできていたしまだ勝負付けは済んでないだろう。
今回は古馬と初対決になるが、皐月賞馬ながら東京もダービー3着を含めて複勝率100%の得意舞台だし堅実な母父ブライアンズタイムの血を活かしたい。
▲シュヴァルグラン
春の天皇賞でも期待された馬だったが戴冠までには至らず、一発がありそうでなかなか弾けないハーツクライ産駒にありがちな人気の裏切りかた。どうも狙いかたが難しい。
前走は鬼門のトップハンデを克服して重賞を勝ち充実一途。8枠を懸念しているが、ここ5年で4度は7枠より外が馬券に絡んでいるしこれで人気が落ちるようならむしろ買い。
△サウンズオブアース
まだ2勝しかしてないんだね…。と言うことは、あのはなみずき賞を最後に勝てていないわけか!
POGりんでお世話になったあとはあまりにも走らないので長らく無視してきたが、前走での勢いはなかなかのものがあったしデムーロ継続騎乗なら何とか圏内まで持ってこれないか。


京阪杯
◎ラインスピリット
2走前に最低人気でOPを逃げ切ると、返す刀でルミエールSも制して2連勝。一体どんな変わり身を見せる要素が加わったのか。
中間の調整も順調そのものだし、まずは激しくなりそうな先行争いを捌けるか。
○クリスマス
函館2歳S勝ち馬が5歳になって素直に1600万を勝ち上がる形で再びOPまで昇級してくるなんてかなりレアじゃなかろうか。大体1000万辺りで吹き溜まって地方に飛ばされるイメージ。
関東馬なので京都は初めてだが休み明けは過去に2勝していて問題ないし、来月になったら名前の関係で人気になるだろうから早いうちに予約はしておきたい。
▲セカンドテーブル
これまた2歳時に京王杯2歳Sを勝った経験のある馬。昔はあの辺をけたぐりみたいに勝っちゃうと逆に選択肢が狭くなって降級を待たないと相手も選べなくなったりするけどね。
京都1200はシルクロードS4着が一番悪い成績と言うほどの巧者で、京都での持ち時計も実は一番速いと言う実力なので水口がかなり隠れ蓑なんだな。
△ホッコーサラスター
北海道シリーズで2連勝して挑んだキーンランドCだったが、後手を踏んで後方からになってしまい上がり最速で飛び込んできたがさすがに遅すぎた。もう少し中団から競馬ができていれば少なくとも掲示板はあっただろう。
今回は仕切り直しの一戦になるが、これまでがあまり休み明けだと走らないのと京都での実績は1400に偏っているので1200での時計勝負にも対応できるか。


京都2歳Sまでの成績【5/132 -188250円】返還1800円 トリガミ2


90万円台が過去最高>胴長熊猫

今日のボックス(京都2歳S編)

オーマイカー


車、壊れる。
会社から帰ろうとキーを回しても一向にエンジンが掛からず、バッテリー上がりでもないしハンドルロックもギアが半分入ってたりもせず。
理由がわからないので取り敢えずJAFに引きずられていくマイカーを見ながら、いよいよ買い換えを覚悟しなければならないな…と。
帯封がいるぞ…!


京都2歳S
◎プラチナヴォイス
こういう馬がいるとやっぱり若手騎手とベテラン騎手の差を実感する。未勝利を勝ち上がるだけじゃないのが我々素人にはわからない技術かね。
前走はスローの番手から上がり2位の脚で押し切り。差してきた馬とコンマ1秒しか違わないし、今回も大差ない調教レベルのスローになるだろうからまんま再現まである。
○アダムバローズ
1400でデビューしたが距離を延ばされてから2連勝。前走が2000だったことを考えると、勝ち上がるためよりも短距離で馬に走らせる気合いを付けるためのような気がする。
今回は前走のように逃げるかが展開のカギを握っているが、控えてもあまり良さそうなメンバーじゃないし1000mを62秒台で行けば粘り込める。
▲マイネルザウバア
戦績が示す通り、2歳にしてマクリが作戦として固定された珍しい馬。これを生涯押し通せたら大したものだがどこまで行けるか。
コスモス賞では早く動きすぎ、百日草特別は元々マクリにくい東京だった。それを考慮すれば今回はマクリ御用達の京都だし、下り坂を利用してロングスパートを仕掛ければ面白い。
△ダノンディスタンス
この馬、血統だけ見たらキングカメハメハ×エアグルーヴにクロフネ×トゥザヴィクトリー。なんて豪華な配合だ。鼻血出そう。
新馬戦では話題の3代目ヒシマサルを下して勝ち上がったが、それ以上にルーラーシップ産駒が2歳戦から頑張っているし今後次第ではキングカメハメハ系の1番手種牡馬も目指せるのでは。


マイルCSまでの成績【5/131 -185850円】返還1800円 トリガミ2


ボーナス出たら決戦だ…ッ!>胴長熊猫

11/25のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

プロテインヨーグルトダイエット2ヶ月経過。前月比-2キロ。落ち方が緩やかになってきたし、食事制限だけで減らすのは限界がありそうなので運動を追加。腹筋を割ってみたいと言う願望から、取り敢えず1日30回。続きそうなら回数を増やしていく。
11-25 18:33

11/24のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は笠松で地方全国交流重賞・笠松グランプリ。割と多士済々のメンバーだが◎コウユーサムライ。中央の1600万で1200ながら戦えていたなら佐賀代表と考えない方がいい。
11-24 12:45

11/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は浦和で交流重賞浦和記念(GⅡ)。好メンバーと勝ち負けした実力もあるケイティブレイブが人気だが、毎年このレースの勝ち馬はその後がしょっぱいことになりがちだし◎ストロングサウザー。佐賀記念、マーキュリーCに続いて2000なら地方重賞3勝目も狙える。
11-22 12:35

11/21のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

結婚式でアルコールがダメなのを両家の親族にいちいち説明するのがダルいのでノンアルコールビールを飲むことで煩わしさから解放されたが、ゲップがまだビール臭い。誰だ、こんな謎の液体を開発した奴は。
11-21 12:42

11/20のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

その岩手・ダービーGPは地元エンパイアペガサスが1番人気じゃなくて南関東のバルダッサーレなのか。シビアね。四国の地から岩手三冠馬が出るように祈るため、◎はベルゼブブ。前走は謎の大敗を喫したが、楽に逃げられたら捕まえるのは厄介な1頭。マクリ合戦を尻目に悠々逃げたい。
11-20 15:41

2週連続の結婚式も無事に終了、今週は比較的普通で良かった。マイルCSもあるけど本日は土佐秋月賞。本命は岩手・ダービーGPを蹴ってまで(?)ここに回ってきた◎ディアマルコ。中央からいきなり降って沸いたようなライバルもいないしここは確勝を期す。
11-20 15:05

今日のボックス(マイルCS編)

右から左


先日のハイセイコー記念で無事に結婚式のご祝儀は確保できましたが文字どおり汚ない出所の金。
言わなきゃわからないがピン札じゃないと失礼なのでやっぱり新たに下ろしてきたので敢えて綺麗な金と言い張る。


マイルCS
◎ミッキーアイル
毎度、人気は集めるものの勝つまでには至らず松山の初GIも叶わないまま再び浜中にスイッチ。まぁ、高松宮記念で降ろされなかっただけ我慢してくれたと言える。
1200路線はどうしても新鋭は逃げ馬が多く、前に行くこの馬にとっては辛い展開になりがちなので比較的差し馬が多いマイル路線ならもう少し粘れてもいいはず。
○フィエロ
中団に構えると終いが甘く、後方に構えると最後に届かない不器用な馬。サンデーサイレンスもそうだったが、母父がダンチヒ系になると極端に使える脚が短くなるのは血統の宿命と考えるべきか。
戸崎が前走で脚の感覚を掴んだならば今回は仕掛けるタイミングに抜かりはないだろうし、モーリスにギリギリまで迫った昨年を再現できるか。
▲ロードクエスト
富士Sは11頭立てのスローを最後方から追い込むと言うさすがに無謀な展開。あれでまとめて差しきるようならダービーもぶっちぎってる。
それでも後ろからなのは変わらないだろうし、3歳馬がアグネスデジタルを最後に勝てていないが、人気で買うような人馬ではないので気楽な立場で直線に賭けてくれたら。
△イスラボニータ
弱いわけではないのだが、なかなか突き抜けられないままここまで来てしまった。ワンアンドオンリーのその後を考えたらあのダービーが一世一代のチャンスだったのかもしれない。
2番人気はちょっと見込まれ過ぎのような気がしないでもないが、フジキセキ魂で執念の2着に滑り込んできてほしい。


東スポ杯2歳Sまでの成績【5/130 -183450円】返還1800円 トリガミ2


受付するので早め>胴長熊猫

今日のボックス(東スポ杯2歳S編)

カラス、襲来


会社付近の野鳥どもは大体が逃げるかハクセキレイみたいに近付くとチョコチョコ歩いて距離を取るかなのだが、久しぶりに見たカラスはこっちに興味津々で寄ってきてはカーカー鳴いて足下まで来る。
しゃがんで撫でくりまわしても逃げないからかなり人間に慣れているのか、誰かが餌付けでもしてるのか。
それにしてもあそこまで人懐っこいカラスは初めて見たような気がする。


東スポ杯2歳S
◎トラスト
中央初挑戦のクローバー賞は大事に乗りすぎてしまい2着に敗れたが、続く札幌2歳Sでは今まで通り先手を取る競馬で逃げ切り。父スクリーンヒーローだしスローの上がり勝負よりは持久戦に持ち込んだほうが良いだろう。
スローになりやすい2歳中距離路線だが、切れ味鋭い差し馬が台頭しやすいレースだけにマークされる形になってどうなるか。
○キングズラッシュ
柴田善がどちらを選ぶか気になっていたが、重賞ウィナーを選んだか。
新馬戦→芙蓉Sと2000mで連勝したが、福島の小回りをマクリ上がったのと中山で先行して押しきったものと、自在性が売り。今回は東京だが広いコースで長く脚を使えるかが課題になりそう。
▲スワーヴリチャード
POGりんでハーツクライ牡馬を洗っていたときにこの馬にするかスピリットソウルにするか悩んで、被りそうで止めた馬。別のPOGではこちらを選んだがスピリットソウルのほうが2着大王の道を歩んでいるのに何か因縁を感じる。
まだピリッとしてこない感じがハーツクライ産駒らしく本格化はまだ先っぽいが
、ここらで本賞金を稼いでおけば春先に無茶なローテを使わずに済むので何とか連対まで。
△ブレスジャーニー
父のバトルプランと言う名前を聞くと何となくテディ系オジジアンのラインだと勘違いする。何と混同してるのか。
前走は東京1600でダイワメジャーとルーラーシップの評判馬を倒したし、今回はディープインパクトと地方馬の評判馬を相手にどこまで来るか。


エリザベス女王杯までの成績【5/129 -181050円】返還1800円 トリガミ2


野性どこ行った>胴長熊猫

11/18のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

何か今年はやけに吉原炎上を見る気がする。芸術ならゴールデンタイムでも乳放り出してOKだが、どこまでを線引きしているのか。仮にジブリがアニメ化すると言い出したらセーフだろうか。月9はセーフでもNHK朝の連ドラはアウトか。
11-18 20:32

11/17のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は名古屋で東海菊花賞。カツゲキキトキトが古馬を迎え撃つ構図だが◎コスモナーダム。強いとか弱いとかじゃなくて、3シーズン前のPOGりんにて4位指名だった縁で。
11-17 12:41

11/16のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

僕がマークシートを塗っている横から「サイバーエレキングや、堅いぞ。道営勢は来ぇへん」と囁いていった酒臭いオッサン。ありがとう。でも、誰? https://t.co/e4cYSz1pdG
11-16 20:31

本日は大井でSⅡハイセイコー記念。まだまだ距離適正に優劣を付けにくいが◎エニークラップス。前走ゴールドジュニアーは8頭立てながら特殊な展開。がっぷり4つの競馬になればこんなものではないはず。それにしてもハイセイコーを一発変換できないとは、時代かね。
11-16 19:53

11/15のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井で日韓交流戦インタラクションC。韓国馬と言っても血統を見る限りいわゆる○外や持ち込み馬っぽいですな。早く生粋の韓国馬で勝負を見たいところ。◎は前走で復活したラクテ。まさか完全なスプリンターとは思わなかったが、これくらいの相手なら好勝負してほしい。
11-15 18:36

11/14のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

山口六平太でお馴染みの漫画家・高井研一郎氏が逝去。親父が珍しく1巻から持っていた数少ない漫画で、買わなくなってからだいぶ経つけど今はどうなってるのか。桃子さんが結婚したところまでは読んだ気がする。
11-14 19:33

11/13のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ようやく結婚式終了~。中央の馬券は外したが、まだ高知・黒潮マイルチャンピオンシップがある!引退するエプソムアーロンへの手向けの勝ち星で、本命はライバルだった◎マウンテンダイヤ何とかして!来週も結婚式だから!
11-13 17:59

今日のボックス(エリザベス女王杯&福島記念編)

2週連続


従姉妹の結婚式でございます。
本日はまだ四国内なので自宅から通えますが、来週は九州なので前乗りしてトンボ返り。
ご祝儀を稼がないと…!


エリザベス女王杯
◎シュンドルボン
昨年は3連勝でこのレースに挑み7着。17番枠からコンマ2秒差なら上々だったし、その後の大外枠ラッシュの中で中山牝馬Sを制したしやはり力は付けている。
少しずつ枠は真ん中に近付いてきて今回は6枠まで来たので昨年よりも上に入ってくるチャンス。
○マリアライト
昨年のエリザベス女王杯と宝塚記念で牡馬を倒して2200のGIは2戦2勝。特殊な距離は適性がそのまま出るし、休み明けは前から走らないので前走もノーカウントにできる。
これまで前走が4着以下だったら次は必ず3着以内に来ているし、リピーターが多いレースなので今年も好勝負。
▲パールコード
今年から重賞に格上げされてレースレベルが上がるのか注目された紫苑Sだったが、春のクラシック馬が万全とは言えなかったがワンツーを飾り一定の成果を挙げた。
毎年3歳馬が勝ち負けするレースだが、今年はGI馬は不在。世代の能力を示すためにも上位に割り込んでいきたい。
△マキシマムドパリ
これまで掲示板を外したのは2400のオークスだけで、2200以下ならすべて5着以内と言う堅実派。勝ち身に遅いとも言えるが、秋華賞3着もあるし素質はヒケをとらない。
京都芝は複勝率100%の相性の良いコースだし、
一番勝ち星を挙げている武豊に戻ってどこまで。


福島記念
◎ゼーヴィント
なんと言うか…まぁ、菊花賞をパスしてまでこんなところに出てくるか?みたいな気分。会員様は歓喜だろうけどシュタルケまで用意しちゃって。
ラジオNIKKEI賞ですでに福島で重賞を勝っているし強力な古馬も見当たらないので、むしろこの相手に取り零すようなら将来はダコール2世。
○マルターズアポジー
数少ないゴスホークケン産駒だけど頑張ってるね~。もっと短距離馬が多いと思っていたが、意外と1800前後が得意な馬が見受けられて母系にスタミナがあれば中距離でもイケる。
逃げて連勝しているが、今回は同型が揃っただけにあまりテンから飛ばしていく展開にならないことを祈るのみ。
▲ダイワリベラル
年明けにマイルでOPを勝って重賞に挑戦したが掲示板まで。1400~1600だったが条件時代は2000を主戦場にしていたし、距離延長は歓迎だろう。
中でも福島2000は負けたことのない縁起の良い舞台だし、巧拙がハッキリ出る福島ならここで初重賞制覇を果たしても。
△マーティンボロ
最近、中谷くん結構いい馬に乗せてもらえていて、しかも3場で結果も出している気がする。次の田辺・柴田大枠は彼か!?
約1年の休養から帰ってきて見せ場も作れずにいたがようやく今夏あたりから走る気力を見せるようになってきたし、そろそろ重賞で再び上位に滑り込んできてもおかしくない。


武蔵野Sまでの成績【5/127 -176250円】返還1800円 トリガミ2


汚ない金でも>胴長熊猫

今日のボックス(武蔵野S&デイリー杯2歳S&京都ジャンプS編)

バードウォッチング


どうもアパートの軒間に雀が巣を作ったらしく、朝ドアを開けたら手すりに整列してたりする。
隣家の倉庫は椋鳥がねぐらにしているらしく夕方には屋根を埋める大量発生ぶり。
会社の鳩は二桁を越えて繁殖し、ハクセキレイも4組はカップルが見られて鳥類には困らない近所。


武蔵野S
◎ノボバカラ
トランプがアメリカ大統領になったから(笑)。これで勝てたらサイン馬券としては面白いが、たぶん芸人が一人は同じ事を言いそうで嫌だ。
前走は内埒沿いがグチャグチャの田んぼ馬場でルメールがアホみたいに飛ばしたのが全て。乗り替わりもやむを得ない所だろうが変わる相手がムーアってか。
○モーニン
出走条件とか優先順位とかあるのはわかるけど、その年のGI馬がJBCに出られないってのは何とかならんのかJRA?まぁ、あまり中央馬ばかりだと地方競馬の存在意義に関わるから出走枠を増やすなんてのは安易にできないんだろうけど。
元々JBCを予定して仕上げていただろうから間隔が開いても問題ないだろうし、あとは59キロを克服できるか。
▲ジェベルムーサ
昨年の夏にエルムSで重賞を制して新興勢力となるか期待されたがそこから故障続き。やはりアグネスタキオン産駒の怖さは脚元の弱さにある。
帰ってきてからもいいところなく来ているが順調に調教はこなしているし、東京ダート1600は複勝率100%の相性の良いコースならここらで復活への兆しを見せたい。
△メイショウスミトモ
これまではダートで勝ち上がっても何故か所々で芝を挟んでは惨敗を繰り返し、結局ダートに戻ってきてクラス慣れしながらまた勝ち上がると言う凡庸なゴールドアリュール産駒だった。ところが今夏に放牧から帰ってきて馬が一変、掲示板を外さずここ2走を連勝してOPも1発で卒業。
ゴールドアリュール×アジュディケーティングと言う軽い時計勝負のダートはお手の物血統だし、兄のロングプライドもユニコーンS勝ち馬ならいきなりの重賞でも上位争いできるかも。


デイリー杯2歳S
◎タイセイスターリー
ミッキーアイルの弟と言うことで新馬戦でも人気になっていたが難なく外枠から先手を奪い快勝。父がマンハッタンカフェに変わってもそのスピードは変わらずと言ったところか。
今回は1ハロン延長になるが、むしろ血統的には歓迎だろうから今度は1枠をうまく捌けるか。
○ディーパワンサ
初年度産駒がデビューしてどんな結果になるか注目していたディープブリランテだったが、今のところはまずまずの滑り出し。牝馬の勝ち上がりのほうが多いので仕上がりも2歳戦から戦える感じか。
中京で2連勝を飾ったが、今回は右回りに替わって同じような脚を使えるかがカギになりそう。
▲リナーテ
こちらはサトノダイヤモンドの妹。下はオルフェーヴル産駒が控えており、この母はかなり期待されているのがヒシヒシと伝わってくる。
まだ兄と比べるのは酷だろうが、牡馬に混じってこのレースにぶつけてくる陣営のためにも恥ずかしくない競馬をしたい。
△サンライズソア
新馬戦を勝って挑んだ新潟2歳Sだったが、アピールバイオが離して逃げる2番手から追走する形になり直線入り口で飲み込まれる苦しい展開だった。
それでもズルズル後退せず7着に粘っていたし、今回は10頭立てとペースはさらに落ち着きそうなのでもう一踏ん張り効けば。


京都ジャンプS
◎ニホンピロバロン
障害転入緒戦は2着に敗れたがそれ以降は6連勝。その間にオジュウチョウサン、前走でアップトゥデイトにも勝利しているし実力が既にGI級なのは間違い無さそう。
6頭立てながら逃げ馬は揃ってかなりバラけた展開になりそうなので、絡まれて落馬の危険性が低いなら普通に勝ち負け。
○メイショウアラワシ
前走は初めて1番人気に推されて動揺したのか大敗したが、中山GJで3着だったように舐められているときにコッソリ走るのがこの馬の真骨頂。
京都コースは単勝万馬券最低人気で5着に滑り込んだ牛若丸ジャンプSを含めて掲示板外がない隠れ得意コースだし、森に手が戻れば再び劇走も。
▲ウインアーマー
平地では2着が8回もある詰めが甘い善戦マンだったが、障害は転入緒戦をアッサリ勝って飛越能力の高さを見せつけた。
その後は重賞で歯が立たず平地に戻ったりしたが再転入して2戦目で2着。あまり起伏に富んだコースは苦手そうなので平坦な京都で更なる変わり身に期待。


みやこSまでの成績【5/124 -170850円】返還1800円 トリガミ2


カラス見ないな…>胴長熊猫

11/11のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

プロテインヨーグルトダイエット普段は375g90円のだが、飽きて色々と試したくなり4倍近い値段の安曇野食品や、らくれんのお高いやつを買ってきたがいつものよりしっかりしてるせいで粉が混ざらない。そのまま食べたかったなぁ…とか後悔しつつ混ぜ混ぜしてます。
11-11 18:19

11/10のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日はホッカイドウ競馬フィナーレを飾る道営記念。前走でオヤコダカとの勝負付けは済んだ感はあるけれど、父シルバーチャームに思いを乗せて◎スティールキング。ついでにブロッサムCはリエノテソーロに一番迫ったのを評価して◎オーブスプリング。
11-10 19:06

11/09のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

アメリカ国民が掴んだカードはエースかジョーカーか。そんなことより本日は船橋・平和賞。今年は南関東で猛威を奮う門別組のレベルが高いし◎キャンドルグラス。森が連続騎乗なら前走で脚を確認できただろうしここも好勝負。
11-09 19:09

11/08のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

明日の船橋・平和賞の検討をしようと「平和賞 過去」で検索したら、ノーベル平和賞の過去受賞者一覧が出てきて己の低俗さ加減に辟易して、秋。
11-08 18:53

11/07のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

寒くなってきたのでジャンパー出したらポケットからいつ買ったのか思い出せないぷっちょ。2つしか食べてなかったので勿体ない精神で1つ食べてみたらソフトキャンディ部分はイケたので「やるやん」と思ったが、グミの部分が石油の味でした。ゴムに劣化してるな。
11-07 18:30

今日のボックス(アルゼンチン共和国杯&みやこS編)

ヌーヴォレコルト残念


グリーンチャンネルに試聴予約を掛けて寝たがワクワクしすぎて2時くらいまで寝られず、ようやくウトウトしてきたところで合田さんの声に起こされてしまい最悪な寝起きの状態で惨敗を見せられたもんだから、朝から大盛りハンバーグハヤシライスを食べても仕方ないと思うんだ。


アルゼンチン共和国杯
◎ヴォルシェーブ
菊花賞に出たこともある実力馬だったが、その後は1600万クラスを勝ったところで脚部不安から1年5ヶ月の長期休養を余儀なくされた。よく戻ってきたなと言う印象。
休み明けからいきなり2着に入り2戦目でOPに上がってくるなどやはり能力はあるので、いよいよこのメンバーを相手に通じるか試金石。
○モンドインテロ
デビューは遅く、しかもダートからだったが勝ち上がると普通に芝でもやれたし単純に脚元が良くなるのを待っていたか。ブライアンズタイム×ファピアノだからダートでもやれる素地はあるけども。
OPで2勝して力があるのは分かっているが、2回の重賞挑戦でどちらも掲示板までなのに56.5キロ背負わされるのはちょっと可哀想な気も…。
▲クリールカイザー
重賞で何度も入着しているわけだから弱いわけではないだろうけど、どうにも買い時・消し時がわからない馬。結構この馬に注ぎ込んだ記憶はあるけど回収できた記憶はない。
春は一流どころに跳ね返されたが今回は似たようなメンバー構成だし、逃げ・先行馬もあまり見当たらないのでスローに落とせば一昨年の再現も。
△レコンダイト
条件戦を勝ち上がって目黒記念2着などGIへの期待も膨らんできたが、七夕賞で1番人気になりながら大敗して歯車が狂いだした。やっぱり広いコースでのびのび走らせるほうが良さそうな感じ。
休み明けを1つ叩いてどうなるかだが、最後に脚を伸ばす展開でどこまで上位に迫れるか。


みやこS
◎ラニ
アメリカ遠征から帰ってきた前走は正直ペースに付いていけるか心配し、3コーナーでは置いていかれる展開だったが直線でしぶとく盛り返して3着。OPであれだけ走れたらまずは大丈夫と言えるかもしれない。
今回は右回りに替わって軽いダートの1枠とまだまだ乗り越える壁は多いが、3歳だし伸び代は十分にあるだろうから年末へ向けて挑戦権を獲られるか。
○ロワジャルダン
昨年のこのレースの勝ち馬だが、GIでは掲示板までに終わって一流馬の仲間入りは果たせなかった。
休み明けから順調に使われながら着順も上がっているのに人気は下がっているし、こういう時にこっそり馬券に絡んでほしい。
▲キョウエイギア
ジャパンダートダービーを制したこの馬が中穴人気で、レパードS勝ち馬のグレンツェントが1番人気。なんかおかしいよなぁ?
人気を落とす原因となった前走は古馬初対戦でいつもより前目で出していったのが最後に響いた形だし、今まで通りの差しに徹すれば巻き返すだけの力はあるはず。
△インカンテーション
フェブラリーS2着もあってそろそろGIでも…と思われた矢先に順調さを欠き、骨折にも見舞われて9ヶ月の長期休養。ライバルも増えてきたしここらがいよいよ正念場。
休み明けでどれだけ仕上がっているかだが、あまり人気になってから買いたい馬ではないので骨折を嫌われている間に押さえたい。


京王杯2歳Sまでの成績【5/122 -166050円】返還1800円 トリガミ2


胸焼け上等>胴長熊猫

今日のボックス(京王杯2歳S&ファンタジーS&BC編)

省略


レース名をそのまま入れたら長すぎてタイトルに収まりきらなかったのでBCで。
ウイポだと割かしジャックするアメリカBCだけど、日本馬が挑戦するのって意外と少なかったりする。日本のほうが賞金も高かったりするからなぁ。


京王杯2歳S
◎ディバインコード
新馬戦こそ2着に敗れたが、負けた相手はアスター賞で雪辱して貸し借りなし。そのサルヴェレジーナもここに出て来て好勝負したらよしだみほ先生御用達の展開なんだが。
例年とは違い全馬が前走3着以内と言うなかなかハイレベルっぽい重賞だが、勝ち馬が翌年以降パッとしないのが気がかり。
○ジョーストリクトリ
種牡馬入りする前はあまり話題にされていなかったジョーカプチーノだが、意外に仔出しが良いようでPOG媒体でも何頭かグラビアに挙がっていた。実際、勝ち上がりも出ているし来年以降は中小牧場で人気が出そうだ。
あとは重賞でもやれるところを見せたいし、1400みたいな瞬発力と持続力が半々要求される半端な距離で良さを発揮しそう。
▲タイセイブレーク
デビュー戦は1番人気に応えて快勝し、もみじSではラスト3ハロンが全て11秒台の上がり勝負を切れ味負けして3着。マンハッタンカフェとディープインパクト産駒に当たってはダイワメジャーだと辛いものがあった。
特に悪いところは見当たらないのにこの低評価だし、5年で2回馬券に絡んでいる1番枠からスルスル抜けてくる競馬ができれば。
△レーヌミノル
小倉2歳Sは2番手から最速上がりを繰り出して6馬身差の圧勝。この時期は馬鹿っ速い快速馬が楽に勝ちやすいとは言え、ちょっと2着以下とは能力に違いを見た。
同じ距離でファンタジーSがあるにも関わらずわざわざ遠征までして牡馬にぶつける意図はまったく理解できないし、東京を経験したいならクイーンCで良かったんじゃ…?


ファンタジーS
◎ミスエルテ
フランケル産駒はPOGりんで1頭は指名したかったのだが、どうしても謎男さんの指名順位が読めないのとエーデルワイス賞には出てこないので泣く泣く見送った。まぁ、別のPOGで一本釣りしてるからドヤ顔はしてます。
来シーズンはフランケル産駒を指名したいような、注目度が上がりすぎてやっぱり見送ることになりそうな。
○ディアドラ
よそのPOGで指名している馬、その2。と言うかPOGりんでも補欠に入れてたけど、その前に確定しちゃって漏れたから補完しただけだが。
正直、ここまで人気になっているのは騎手のせいじゃないかと思うが、ワンツーとかされたらニヤニヤが止まらないかも。
▲モンロー
新馬戦では中京2歳S勝ち馬のディーパワンサと同等の脚を使って3着。さすがにそれだけの脚があれば未勝利を勝ち上がるのは時間の問題だった。
ダートでの勝ち上がりにはなったが、クロフネ×サンデーサイレンスで祖母は快速馬として鳴らしたニフティニース。むしろ平坦芝の時計勝負は望むところ。
△メイショウカリン
終いの切れ味は確かなものを持っているのだが、如何せんスタートが下手くそで新馬戦はとんでもない後方ままになっていた。
1200を使って気合を付けられて勝ち上がれたが前走はまた後方から。岩田にスイッチしたのもスパルタ教育でマクリをカマしてきそうだし、人気のない馬がたびたび来るレースなので気楽に追い込めたら。


BCフィリー&メアターフ
◎レディイーライ
2歳時にはBCジュヴェナイルターフを勝ち、翌年のベルモントオークスまで破竹の6連勝。欧州遠征や昨年のこのレースは勝利確実とまで目されていたが、蹄葉炎を発症して無念の長期休養。
1年ぶりの2走前は後ろから来た馬に差され、前走も勝つには勝ったが以前ほどの爆発力がないのは気掛かりだが名門ブラウン厩舎の手腕に賭けて。
○アベンジ
ウォーフロント×ウッドマンと言う血統通り、1300からデビューしてダート1200なども経験したが少しずつ距離延長されて芝2000で初GI制覇。母系を見ても母母父にニジンスキーがあるくらいで、あまりスタミナの下地があるようには見えないが。
サンタアニタは小回り1周1400mと先行有利なので、1300でも勝ち鞍のあるこの馬にはテンのダッシュ力が活きるかも。
▲アルズギャル
5歳牝馬だがデビューしたのは4歳秋と言うブロードアピールを思い出すような晩成型。割とスマートストライクの系統は早めに仕上がる印象があったんだがなぁ。
春先はモタモタしていたが夏ごろから急上昇して前走ではトライアル位置にあるEPテイラーSでGIも勝ったし、勢いで人気どころをまとめて面倒見る可能性も。
△キットキャット
ハブ・ア・ブレイク!のお菓子ではなく。きっと猫だから犬でもロバでもないチリからの遠征馬。
ファラベラBC1着とか言われてもわからんが、遠征緒戦のOPで取り敢えず2着に入ってスピードには対応しているしスキャットダディ×フライソーフリーなら2000までがギリギリかな。



JBCデーまでの成績【5/119 -158850円】返還1800円 トリガミ2


滞在費もネックだね>胴長熊猫

11/04のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

コンビニで買い物したらくじ引きできてハイチュウが当たる。久しぶりにハイチュウ食べたが、今はガワが色付きで中が真っ白なのか。味は変わったか分からないけど取り敢えずおいしい。
11-04 18:17

今日のボックス(JBCデー編)

うつつ


CS放送が無料で視聴できるお試し期間なのと、メジャーリーグのワールドシリーズが7戦までもつれ込む熱戦になっているのをザッピングしながら眺めてたら予想をするのを危うく忘れるところ。
半分の地方馬はいらないから消しやすい半面、まともに中央勢で独占されたらトリガミ必至なので一角崩しを誰にするか非常に悩ましい。


JBCクラシック
◎アウォーディー
ダート路線に矛先を向けてから負けなしの6連勝。日本テレビ盃ではモーニンを終始マークする形で競り落とし、いよいよGIレベルまで力を付けてきた。
相手はさらに強化されて今までのようなチンチラした流れには絶対ならないだろうが、王者を差し切る可能性がありそうなのは彼だけではないか。
○コパノリッキー
春の終了時点ではアメリカBCクラシック挑戦もあると報道されていましたが、体調不良を理由に国内専念を発表。南部杯を見るに、間に合ったんじゃないのか…?と思わなくもない。
その前走は自分から仕掛けて馬場の真ん中を突き抜けてレコード勝ちと言う内容で、昨秋の不振は何処に行ったと思わせる充実ぶりなのでここもまずはペースを握りたい。
▲サウンドトゥルー
昨年の東京大賞典を勝って世代交代かと思われたが今年に入ってからは勝ち星に恵まれず、テンに置いていかれて追走一杯から3着までと言う競馬が続いてしまっている。
今回もまずは有力どころがハナを主張するだろうが、2週目の向正面からマクって行くような競馬に活路を見出だしたい。
△ノンコノユメ
とうとうノンケノユメになっちゃいました。種牡馬になれないこんな世の中じゃポイズン。
今まで追い込み一辺倒だったのが気性のせいだと言うならば虚勢でいきなり競馬がガラッと変わる可能性もあるが、単純に5ヶ月ぶりの実戦でこのメンバー相手にどこまで迫れるか。


JBCスプリント
◎ソルテ
昨年までは南関東の重賞で小銭稼ぎばかりをしていたが、ようやく交流重賞に進出してかしわ記念2着。確実に勝ち負けできるような実力になってから出走すると言う参加賞狙いではないのが近年の地方馬とは一線を画する。
取り敢えず地方馬が一矢報えそうなのはここだけっぽいので、速い馬はいるが先手を取って粘り込む自分の形に持ち込みたい。
○ダノンレジェンド
本来ならこの馬が断然人気に推されていてもおかしくなかったが、前走がだらしない競馬に終わったので評価を下げているのだろう。
ただ、その前走はダートに水が浮くような田んぼ馬場で、内枠が軒並み来ないと言う極端な状態だったと考えればノーカウントにできる。むしろあれで人気を落とすなら買う側としてはおいしい部類。
▲ベストウォーリア
南部杯2連覇以外はGI勝ちこそないが堅実に走っていて、3連覇を目指した今年はちょっと相手が悪かった。まぁ、そんなこと言ってたら東京大賞典はどうするんだとなってしまうが。
中央・地方を含めて1400は連対率100%の縁起が良い距離だし、隣がポンと出た後ろを距離ロスなく回ってくれば十分に勝機もあるはず。
△レーザーバレット
3歳時にはUAEダービーにも出た馬だが8歳でもまだ重賞戦線に踏み止まって重賞勝ちまでするとは。ブライアンズタイムの血もなかなか衰えない。
前走は内埒沿いをスルスルと上がってきて見せ場はあったが最後の伸びを欠いて5着。1ハロン短縮される今回ならもう少し頑張れば連対まで。


JBCレディスクラシック
◎レッツゴードンキ
ラッキーパンチで桜花賞を勝ってしまってから長らくスランプに悩まされてきましたが、サマースプリントシリーズでようやく復活の兆し。マイルCSかと思っていたが今年は距離が1600だからかこちらに回ってきた。
ダートは初めてだが、母系はマーベラスサンデー×ジェイドロバリーだからミスタープロスペクターのインブリードが入るし、兄のマルトクスパートも園田で猛威を奮っているから地方の小回りも克服できそう。
○ホワイトフーガ
昨年のこのレースを勝って牡馬に挑戦したがいいところなく終わってしまい、やっぱり牝馬限定でも1000万クラスに対応できるレベルだと本物相手には辛いものがある。
ここに来て喉鳴りの症状が出ているらしく、前走は大雨が良かったようだが秋晴れで乾燥してきたときに息を保てるか。
▲アムールブリエ
ブリーダーズGCでは中央・地方の3歳小娘どもを大差で一蹴する大人げない競馬で圧勝。今年は1600なのに何故か白山大賞典に向かったのは少し首を傾げるところ。
父スマートストライクだからベストは1800なんだろうが、久々にテンから流れていく競馬に戸惑わなければ。
△ブルーチッパー
前走はハナを叩かれて番手からの競馬になってしまい、3コーナーからのスタミナ勝負になってさすがに中央馬相手で分が悪かった。できればスローの瞬発力勝負に持ち込みたいところだろう。
今回は何がなんでも逃げていくだろうし、中央勢に逃げ馬不在なのでスイスイ行けたらそのままも。


メルボルンCまでの成績【5/116 -151650円】返還1800円 トリガミ2


インディアンスと言えば石橋貴明>胴長熊猫

11/02のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

あーリンダリンダ押さえてないや三連単6→12↔3.4.5.8なんだよぉ~
11-02 20:22

明日のJBCレディスクラシックと被るのが惜しいロジータ記念。牝馬の2000mと言う条件だけに距離経験を重視して◎ミスミランダー。戸塚記念はベルゼブブを追い掛けた結果つぶれたものだし、関東オークス2着の時のようにゆったり前を見ながら進める展開を期待したい。
11-02 19:50

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク