パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

03/30のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は名古屋で交流重賞・名古屋大賞典。地元で巻き返したいカツゲキキトキトだが、さらにメンバーが揃って厳しそうだし◎ピオネロ。川須に乗り替わった東海Sから歯車が狂ったが、ここ2戦でだいぶ盛り返してきたし継続騎乗の戸崎が前走で脚を計れたなら混戦を抜け出せる。
03-30 12:37

スポンサーサイト

03/29のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は南関東牝馬クラシック大一戦・浦和桜花賞。ピンクグッドウッドが左回りを嫌って回避したため、ユングフラウ賞の再戦色が強いが◎スターインパルス。前走の3ハロンが35秒4と言うハイペースを、マークされながら4着まで粘った地力はさすが。今回の方が緩みそうで逃げ切れる。
03-29 12:40

03/28のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

サッカー4-0で勝ちましたな。UAEのときはアルアインが毎日杯で勝つサインになってくれて助かったが、大阪杯の結果に繋がるようなサインはあるだろうか。そんな邪な考えをしながら見てました。川島すげー。
03-28 22:03

03/27のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

買い物してたらカップルの女が「足と胸、どっちが好き?」などと公衆の面前で破廉恥な質問をぶつけていたので、けしからん!と思って振り向いたら鶏肉の話。ちなみに、どっちも足が好きです。
03-27 18:37

03/26のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は高知で初見では読めない重賞ナンバーワン・御厨人窟賞。もちろん一発変換は不可能だった。黒船賞を回避してまでここに照準を絞ったサクラシャイニーには逆らえなさそうだが◎セトノプロミス。中央からの転入緒戦でマウンテンダイヤをアッサリ退けた能力なら一発まで。
03-26 17:45

ヴィブロスのモレイラを見ていると、果たして日本人騎手のレベルは本当に世界と比較して高いのかと疑いたくなる。福永ならあのまま内埒沿いで沈んでただろ。
03-26 00:57

今日のボックス(高松宮記念&マーチS編)

ヴィブロス勝ったねぇ


予想で1頭も日本馬を入れなかったように、雨が降って力のいる馬場になったら厳しいかなと予想したため。
それでもインコースから途中で進路を外に切り替えて伸びてくるわけだから4歳世代はかなり高いレベルで凌ぎを削っていたんだなぁ。


高松宮記念
◎メラグラーナ
デビュー当初はダートや中距離など適性を計るために色々な条件を使われていたが、やっぱりダンチヒ系らしく芝1200路線に落ち着いた。母系がダート型なのでパワーも補完され、坂のあるコースに負けないのも強み。
雨でグシャグシャだった京阪杯は大敗したように、時計勝負の芝でこその馬なので天気が持ってくれたら。
○レッツゴードンキ
桜花賞の勝利から長いスランプに陥っていたが、昨夏のサマースプリントシリーズで復活すると前走で久々の勝利。馬体重も500キロまで増えて、まさか身籠ってないよな?
昨年は見せ場もなく沈んだが、好調さを取り戻した今なら勝ち負けまで。
▲セイウンコウセイ
こちらも勝ち上がるまでに様々な条件を使われていたが、最終的に直線平坦な1200に目標を定めて躍進。関東馬だがわざわざ京都まで出向くあたり、かなり絞って狙ってきている。
昔の中京ならベストの条件だが、坂を設定された今の状況でどうなるかで今後の路線も変わりそう。
△ソルヴェイグ
クラシックで大敗を喫すると、桜花賞で早くも路線を1200に切り替えて立て直し復活。スプリンターズSでも3着に入って存在感を見せ付けた。
GIがギリギリの馬体重で頑張った後だし、休み明けで馬体重も増えすぎた前走は度外視。改めて仕上がれば再び浮上しても。


マーチS
◎ロンドンタウン
芝コーススタートの武蔵野Sと後方からになってしまった東海Sでは競馬にならなかったが、スムーズに先行できた佐賀記念では力強く押し切り重賞初勝利。カネヒキリも芝を無視すればもっと出世できる産駒を出してくれるだろう。
今回は中央の重賞に替わって同じような競馬ができるかだが、1600万を中山ダ1800で勝ち上がっているし不得意な舞台ではないはず。
○ショウナンアポロン
昨年の勝ち馬だが逃げ馬の宿命だけにマークされると厳しいレースが続く。地方交流のように付いていけない馬がバラけてスローに落とせるのと、中央のように誰かが付いてきて共倒れになるのでは大きく違う。
同型が何頭かいるのはいつも通りだが、逃げないと結果が出ていないので内枠からポンと飛び出したい。
▲メイショウスミトモ
ケイティブレイブに勝ってOP入りしたが、重賞ではなかなか出番が回ってこずOP特別なら何とか掲示板に載れる程度。勝ちきるにはもう少し工夫か作戦の変更がいるかも。
広いコースより小回りの集中力を切らさないコースのほうが良さそうなので、最後に差しが届くようなペースになれば。
△コスモカナディアン
地方交流重賞の出走形態が変わったお陰で川崎記念に出れて3着に飛び込んだが、続く仁川Sでも2着に入って充実著しい。インカンテーションやアスカノロマンには悪いが、勢いのある馬が挑戦できないとミスタートウジンやノボジャックが居座ってしまう。
能力は申し分ないが、人気に応えて快勝するようなタイプではなさそうなので少し評価は下げる。


ドバイワールドカップデーまでの成績【1/40 ―49080円】


エピカリスも惜しかった!>胴長熊猫

今日のボックス(ドバイワールドカップデー編)

おまっとさんでした


ドバイワールドカップ
◎アロゲート
デビューには時間を要したものの未勝利を勝ち上がってからは破竹の6連勝。ある意味トラヴァーズSの単勝を買っていた人間が一番の勝ち組かも。
BCクラシックにドンHの代わりに新設されたペガサスワールドカップも制して勢いは1番だが、初めての長距離遠征にメイダンの馬場で同じような力を発揮できるかどうか。
○ムブタヒージ
昨年の2着馬だがそれ以後は勝ち鞍に恵まれず、善戦はするが突き抜けられないのがドバウィ産駒と言うよりデピュティミニスター系みたい。
4ヶ月ぶりだった前走を2着に好走し調子も上がってきているだろうから、UAEダービー馬対決としてラニには先着したい。
▲ロングリバー
アメリカではジョッキークラブGC3着が最高着順だったが、UAEに移籍してからは環境に慣れなかったのか、更に1年以上馬券圏内から遠ざかることになった。必ずしも状況を変えればプラスになるとは限らないものだ。
それが今年になってからは2→8→1着とようやく結果を出してきたし、GI初勝利の勢いをそのままに本番も制するか。
△ホッパーチュニティ
6歳馬にして未だに掲示板を外したことがなく、昨年の3着も含めて1400~2000まで幅広い距離で安定して力を発揮しているのは魅力的。まぁ、日本みたいに16頭フルゲートみたいな競馬はなかなかないだろうけど。
休み明けは走らず叩き良化型なのが、前走も勝つようならかなり具合はいいだろうから昨年以上の成績も見込めるはず。


ドバイシーマクラシック
◎ポストポンド
6連勝で迎えた凱旋門賞でも2番人気に推されていたが5着、前走も直線で出しどころがなく2着とここ2戦は不完全燃焼な競馬が続いた。キングジョージやコロネーションCなどのレース振りを考えたらもっとやれていいはず。
昨年の勝ち馬で連覇はなかなか難しいかもしれないが、7頭立てとメンバーも手ごろならほぼ一騎打ちの様相。
○ハイランドリール
こちらもキングジョージの勝ち馬でBCターフや香港ヴァーズなど日本人でもおなじみのGIを勝っている一流馬。ときどき不可解な大敗も喫するが、そのときは乗り替わりが多いのでムーアの継続騎乗は心強い。
どちらを本命にするか悩んだが、雨の降り続いているメイダンの馬場を考慮してアメリカ芝の適性があるこの馬は少し不利かな。
▲プライズマネー
イギリス時代はGⅢ2着程度の馬だったのが、UAEに移籍してから緒戦こそ2着に敗れたがそこから2連勝。展開に恵まれたとはいえ、ポストポンドに土を付けたのは評価できる。
今回は少頭数ながらメンバーは強化されたし、簡単には行かないかもしれないが2頭を負かせるならこの馬か。
△ジャックホブス
アイルランドダービー馬だがダート2400でも勝ち鞍があり、アロゲートがいなければワールドカップのほうに出てきても面白かったかもしれない。イギリスチャンピオンSの後に順調さを欠いて思うように使えていないが3着を外さないあたりはさすが。
半年振り→半年振り→半年振りと仕上がりは不安だが、サウンズオブアースが人気しすぎだよもう。


ドバイターフ
◎デコレーテッドナイト
決定的な本命馬不在でリアルスティールの離脱が本当に惜しまれる。みんなわかっているのかオッズも均衡気味。
ガリレオ産駒だが母父がストームキャットということもありダートでの勝ち鞍もあるが、やはりサドラーズウェルズ系らしい古馬になってから本格化するタイミングならここが不気味。
○オパールティアラ
イギリスでGⅢを勝った後はここを目標に早くから遠征し、1月からコンスタントに使われて2→1着。徐々に現地の芝にも慣れてきているし上昇一途。
見慣れない血統だが大系統で見ればダンチヒ×ヌレイエフでノーザンダンサーのインブリードがかかる配合だし、少し渋った芝でこそ活きる血統のはず。
▲ザラック
フランスダービーこそアルマンゾルの2着に敗れたが、相手の強さを考えたら致し方なし。負けたのはいずれも1600だしドバウィのミスタープロスペクター系より母系のイルドブルボン×ミルリーフの重厚さがスタミナを伝えている感じ。
どちらかと言えばシーマクラシックのほうで見たい馬だが、距離さえ克服すればこのメンバーなら。
△ロングアイランドサウンド
今年も大挙してやってきたオブライエン勢の1頭。アイルランドの馬だが芝への適性を考慮されてかアメリカに舵を切ってセクレタリアトS2着にも食い込んだ。
昔から同厩舎で多頭数出しのときは人気のないほうを買えと言う格言の元、この馬を押さえてみよう。


日経賞までの成績【1/37 ―41880円】


思いのほか時間がかかった>胴長熊猫

今日のボックス(日経賞&毎日杯編)

忙しいな


てっきりドバイは日曜の夜中に発走だと思っていたが、今日の夜からなのね。
まだ予想も何も枠順すら見ていないので仕事をさっさと終わらせて検討に入らないと。高松宮記念もあるし時間も金も足りないぞ。


日経賞
◎ディーマジェスティ
母父ロベルト系のディープインパクト産駒はこれまで詰めの甘い善戦タイプが多かったが、この馬が皐月賞を勝ちジンクスを跳ね返した。秋にはサトノダイヤモンドにすべて持っていかれた感は強いが、まだ燃え尽きるには早いだろう。
菊花賞・ジャパンCの敗戦で人気を落としているが、やはり皐月賞馬だし軽い東京や京都よりは中山でこそ良さが活きるはず。
○ゴールドアクター
有馬記念を勝って王者として迎えた咋シーズンだったが、強いところも見せながら新たな勲章には手が届かず。どことなくマツリダゴッホを彷彿とさせる成績だった。
中山2500は彼に限らずウインバリアシオンやホッコーブレーヴのようなリピーターが走りやすいレースでもあるので、走りなれた舞台で今年も幸先の良いスタートを切りたい。
▲フェルメッツァ
中京記念を勝ったフラガラッハの弟で、長らく1600を中心に使われていたが1800にシフトしながらクラスを上げてOPに返り咲いた。恐らく素質を気性が邪魔するタイプなのかもしれない。
2歳時にはモーリスと接戦の2着、アーリントンCでもミッキーアイルの3着と重賞級の力は秘めているのでここらで一気に能力が開花すれば。
△ミライヘノツバサ
前走は先行勢が総崩れする中、唯一3着にまで粘って力を付けたところを見せてくれた。やはり伊達に菊花賞に出走した4歳世代だけある。
今回はさらにメンバー強化で厳しいレースが予想されるが、ステイゴールド産駒が得意な中山ならドリームジャーニー産駒も対応できるだろう。


毎日杯
◎アルアイン
8頭立てかぁ…。
かつては東上最終便とかNHKマイルC御用達レースだったが、どうしてこうなった?
先日のツイート通り、UAE戦で日本が勝ったのでサイン馬券に期待。
○トラスト
鳴り物入りで中央にやって来たが、今のところはコスモバルクの偉大さを痛感するばかり。もし、彼が道営所属に拘らず8分仕上げでトライアルから本番へ向かえていたらどうなっていたか。
8頭立てでかなりスローになるのはミエミエだが、テイエムヒッタマゲが玉砕逃げを打つ後ろに構えて早目に仕掛けなし崩しに脚を使わせる展開に持ち込んでいけたら。
▲ガンサリュート
京成杯では2着に食い込んだが、コマノインパルスの弥生賞を見る限り前崩れの展開に助けられた部分も大きそうで評価が難しい。
それでも未勝利を勝ち上がってすぐの重賞でいきなり上位に来れた実力は確かだし、気楽に後ろから溜めればもう一丁。
△クリアザトラック
サトノアーサーは強いかも知れないけどボックス予想に組み込んだらガミも多くてね。単勝1倍台の川田なら飛ばしてくれるはず。
ディープインパクト産駒だが母父のフレンチデピュティが色濃く出てるようで、上がりが速くなりすぎると弱るタイプだろうから京都よりも阪神で買いたい。


フラワーCまでの成績【1/35 ―37080円】


ドバイの予想は20時までには…>胴長熊猫

03/24のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ミルクフランスを奢ってもらったが、今のは完全にコッペパン。もっとこう、噛んだらこめかみが痛くなるくらいで、思い切り噛み付いてはクリームが脇からはみ出してきて慌てて舐めとるようなミルクフランスを希望。あとヤマザキは、あんバターデニッシュをもっと普及してくれ。
03-24 22:22

03/23のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

WBCは8-0の圧勝でアメリカが優勝。大会前に、どこが優勝するかと言う議論で「そろそろアメリカに優勝させないと拗ねて廃止にしそうだから」なんて理由でアメリカを本命にしてた。賞品は出ない上に、ひでー理由だ。
03-23 19:46

03/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井でトライアル重賞・京浜盃。と言うか、船橋はナイターで大井はデイ開催なのか。ローズジュレップが頭一つ抜けた人気だが◎カンムル。転入初戦はスタートで躓いたが、2戦目はキッチリ中団から差し切り楽勝。南関東の水に慣れてきた今回はさらに前進を見込める。
03-22 12:27

03/21のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

23日のサッカーUAE戦で日本が勝ったら毎日杯でアルアインも勝つサインにならないだろうかと適当なソロバンを弾いてみたが、同じ事を考えている人間がごまんと居るような気がしたので呟いておく。爆問カタタマ辺りが大スポ予想で言いそうだ。
03-21 22:51

03/20のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は高知競馬3歳クラシック開幕を告げる土佐春花賞。タッチスプリントの活躍でフリビオンの株が上がる形になったが◎メイソ。C-1戦で不利な1枠でも古馬相手に2着。休み明けの相手を出し抜くには外枠と使っている強みを活かしたい。
03-20 15:58

今日のボックス(フラワーC編)

怠惰極まる


グリーンチャンネルが無料放送で、朝から甲子園とザッピングしながらコンビニで買ってきた食料を貪りつつPCでゲームをしながらサラブレを読む。
あぁ、社会人としての3連休。


フラワーC
◎ファンディーナ
デビューこそ年明けにずれ込んだものの、いきなり大差勝ちを決める圧巻のパフォーマンス。続くつばき賞でも牡馬相手に1頭だけ違う脚で突き放すなど持っているエンジンは桁違い。
今回も少頭数なら外から楽に番手追走できるし、この時期の牝馬は揉まれない展開のほうが距離ロスより有利に働きそう。
○サンティール
未勝利を勝っていきなり挑んだ京成杯は、後方からになってしまい最後に詰め寄ってきたが7着まで。もう少し中団に付けられていたら掲示板以上もあった。
牝馬同士ならまだペースも落ち着くだろうし、今回は前に取り付いてくれるだろうから改めて見直し。
▲モリトシラユリ
クロフネ産駒らしくダートで勝ち上がったが芝でも連対があり、今回のメンバーの中にも対戦経験のある馬がチラホラしている。いわゆる500万で通用するかどうかの未勝利の物指し。
距離はダートながら1800をこなしているし、東京の上がり勝負よりは中山の我慢比べのほうが合うだろうから鞍上込みで大穴に期待。
△シーズララバイ
いい脚は使えているがどうにも使いどころが難しい馬のようで未勝利脱出にも少し手間取った。500万に上がってからも大敗はないが馬券圏内もなく、まだ適性を把握できない感じ。
ファルブラウ牝馬産駒はこの時期のトライアル重賞を得意にしているので、シレッと3着に飛び込んできてくれたら。


スプリングSまでの成績【1/34 ―34680円】


女っ気のない>胴長熊猫

今日のボックス(スプリングS&阪神大賞典編)

野球の時間だぁああああ!


センバツが開幕してWBCもあるし、テレビを見ていられるのは嬉しい。
清宮VS安田のスラッガー対決も楽しみですが、個人的に注目は不来方。
10人でも甲子園でやれるところを見せてくれたら。


スプリングS
◎サトノアレス
朝日杯の時に「今年の世代はディープインパクト産駒が手薄だな」なんて言ってたら唯一の出走馬だった彼に勝たれてしまい閉口。どこまでも呆れるほどに天下は続く。
2歳王者の復帰戦は賞金も足りているだけにあまり仕上げてこないが、まずは恥ずかしくない競馬で形は作りたい。
○モンドキャンノ
京王杯2歳Sの勝ち馬だが、キンシャサノキセキ×サクラバクシンオーと言う血統を1600で嫌われて人気がなかった朝日杯FSでも2着に入り能力の高さを見せてくれた。
今回はさらに1ハロン延長されてどうかだが、過去にもフジキセキ産駒が好走しているのでマイラー向きのレースになれば。
▲エトルディーニュ
重賞初挑戦だった共同通信杯はスワーヴリチャードにはちぎられたものの2着を死守。人気はなかったが、伊達にソウルスターリングやサトノアレスと接戦をしてきたわけではない。
またも人気薄だが、下手に注目されないときのほうが面白い存在だろうから今後も5番人気以下なら要注意。
△オールザゴー
先行したときは馬券圏内、後方からになったら7着とハッキリした結果になる馬。前走は番手に付けた馬が惨敗するなか、エルフィンS勝ち馬サロニカから逃げ切り2勝目を挙げた。
逃げるのか控えて番手からなのかでペースのカギを握ることになるが、賞金が足りないだけに半端な競馬はしてほしくない。


阪神大賞典
◎サトノダイヤモンド
仕方ない。
これがマカヒキやディーマジェスティならディープインパクト産駒だから3000は~と言えるのだが、いかんせん菊花賞馬にそのセリフは吐けない。
勝ち負けよりも着差に注目したい。
○シュヴァルグラン
トリガミ覚悟。
阪神3000と言う特殊な舞台だけにリピーターが強いレースでもある。
よほど仕上がりをマズってない限り一騎打ち。
▲スピリッツミノル
上記2頭に土を付けられる馬がいるとは毛頭思わないが、敢えて挙げるならこの馬。
最近は追い込みで競馬をしているが、3歳春には逃げて3連勝を飾りクラシックに駒を進めた実力馬。内枠から久々の逃げを決めたらすみれSの再現も。
△タマモベストプレイ
この兄弟はどんな適性を持っているんだい?現代のカミノクレッセか。
フジキセキ産駒だが万葉Sを勝っていて短距離志向の強いスローならこなすだろうから、誰も逃げなかった時の3着争いで。


ファルコンSまでの成績【1/32 ―29880円】


市立呉なんて学校あったんか…>胴長熊猫

03/18のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

しまった、3はPOGりん管理人の持ち馬だったか! https://t.co/OaNxx7D6ml
03-18 15:41

今日のボックス(ファルコンS編)

他人の空似


レープロの新人騎手紹介ページを見て思ったこと
木幡育→幼い頃の安倍晋三
川又→銀魂の方のジャスタウェイ
にしか見えなくて困る。


ファルコンS
◎ナイトバナレット
前走は中山1600と言うトリッキーなコースで最後方からブッコ抜く派手な追い込みを決めた。相手がアーリントンC3着のディバインコードだったのも価値がある。
現状は追い込み一手の不器用なタイプだが、そういう馬でも届きやすい展開になりやすいので再度期待。
○マイネルバールマン
デビュー前から意外と評判の良かったジョーカプチーノ産駒だが、父の勝ったこのレースに2頭の産駒を送り込んで来ており侮れない存在。先週もローエングリンが重賞勝ち馬を出しているし、こんな馬をPOGでも指名できるようになりたいものだ。
前走はスローの上がり勝負に泣いたように、ハイペースのズブズブ決着に活路を見出だす馬なので前が速くなりそうな今回は最後まで伸びてきそう。
▲ジョーストリクトリ
もう1頭のジョーカプチーノ産駒だが、こちらは前走で重賞を経験して5着。中団からうまく脚を溜めていた印象だったが流石に開幕週のパンパンな芝では分が悪かったように見える。
1ハロン短縮で内枠も引いたし、追走に戸惑わなければ巻き返しのチャンスは十分にある。
△エントリーチケット
チューリップ賞でも印を打ったが、1~3番手に付けた馬が見事にビリから3頭を占めると言う前崩れを誘発してしまいノーカウント。あれでソウルスターリングに勝てるならもう世界は獲れてる。
中京芝では中京2歳Sでディーパワンサの2着、つわぶき賞ではアネモネS2着だったディアドラを下しているし得意舞台に戻れば大外枠でも。


フィリーズレビューまでの成績【1/31 ―27480円】


(`v´)←横山武>胴長熊猫

03/17のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本社会議に行った上司からお土産に川通り餅を頂く。もみじまんじゅうの次に有名な奴をとリクエストしたらこれだったそうな。まだあの人形浄瑠璃みたいなCMやってるのかなぁ。懐かしい。
03-17 20:49

03/16のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は名古屋で地方全国交流・若草賞牝馬。条件が変わって3回目なので傾向が掴みづらいが◎コパノレイミー。佐賀からの遠征馬だが門別と南関東で1勝ずつ、人気のショルトとも持ち時計が互角なら輸送を克服すれば能力差はないはず。
03-16 12:29

03/15のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は船橋でダイオライト記念。と言うかナイター開催だったんだね、知らなかった。昨日の段階ではクリソライトの3連覇はないと思っていたが、メンバーを精査したら勝負付けが終わった地方古豪とビミョーなJRA新鋭だけなので泣く泣く◎クリソライト。もう3連覇してしまえ。
03-15 12:29

03/14のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は高知競馬の祭典・黒船賞。サクラシャイニーさんは何で出てないのさ◎ブラゾンドゥリス。揉まれない外枠から好発を決めればそのまま押し切りも。
03-14 12:47

03/13のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

成り行きでラム肉を貰う。かつてチチヤスハイパークでジンギスカンを食べたとき、あまりの臭さにリバースして以来これは食べられないと敬遠してきた代物。久々に食べたら臭さは相変わらずだが普通に食えたので、味覚が変わったのか耐性が付いたのか。
03-13 19:04

今日のボックス(中山牝馬S&フィリーズレビュー編)

法事


祖父の三回忌と言うことで方々から親戚・縁者が集合しているのですが、さすがに同世代のやつらも所帯を持ってやることはやっているので小さい子どもがワラワラワラ…。
聞き取れない金切り声を挙げながら庭を走り回り、家中を縦横無尽に探索するその姿はまごうことなき20数年前の我々でした。


中山牝馬S
◎マジックタイム
ターコイズSでは復活しつつあったレッツゴードンキを差し切り、いよいよGIも見えてきたかな?と思ったらここが引退レースだそうで。4歳世代にリタイアが多いしチャンスだと思うんだがなぁ。
前走は後方からだったが府中牝馬Sでは先行から結果を残しているし、トリッキーな中山コースなら自在性は強み。
○トーセンビクトリー
血統的にも大きな期待を背負ってデビューしたが、今のところは値段ほどの走りを見せられずにいる。案外ドバイに連れていったら覚醒したりして。
それまで差し脚質だったのが母同様の逃げになって戦えるようになったし、最近は休み明けで武幸四郎が乗ると勝っているので兄貴だとどうなるか。
▲パールコード
昨秋はビッシュと共に牝馬路線を盛り上げた世代の上位格だったが、勝ちきるまでには至らず。展開を問わず上手に競馬ができるのは武器だが決め手が弱い。
まずはビッシュとの同世代対決を制して層の薄いヴィクトリアマイルへ殴り込みをかけたい。
△サンソヴール
関東馬ながら意外にも中山は2走前が初めてで、血統もいわゆる本格派だからだろうから東京を中心に使われている。初勝利が園田で札幌芝で勝ち鞍もあるし、ダートも広目の大井より浦和のほうが良さそう。
前走は愛知杯で2着なのにハンデ据え置きの52キロだし、また人気のないところでこっそり抜け出して欲しい。


フィリーズレビュー
◎レーヌミノル
前走は押し出されるようにハナに立ってしまう展開で4着に敗れたが、先行勢の中で唯一掲示板に残った辺りやはり力は上位だったと言える。
ダイワメジャー牝馬産駒だけに1ハロンでも短縮されたのは楽になるだろうし、今度は前に馬を置く形で溜めていきたい。
○ジューヌエコール
デイリー杯2歳Sでは牡馬を退けて重賞を勝ったが、阪神JFでは歯が立たず敗退。ソウルスターリングのチューリップ賞を見る限り致し方ないと言っても言い過ぎではないだろう。
クロフネ牝馬も1600はあまり成績が良くないので、1400への距離短縮はプラスに働きそう。
▲アズールムーン
マリブムーン×アンブライドルド×リローンチと言う血統ながら芝で連勝しながらダートの兵庫ジュニアでは5着に敗退と、イメージとは違う適性を持っている珍しい馬。逆は時々いるから尚更。
あとは関東からの遠征でどうなるのかと、血統的に本当に芝向きなのか本番に向けて試金石。
△シグルーン
新馬戦ではカデナを下し、アルテミスSではリスグラシューの3着と順調に来ていたが阪神JFでは後方からになってしまい競馬にならず。もう少しスムーズに行っていたら結果も違っていたはず。
アイルハヴアナザー産駒は今のところダートに適性が高いが、3歳春のトライアルまでならまだ追い掛けても。


金鯱賞までの成績【1/29 ―22880円】


すくすく育て>胴長熊猫

今日のボックス(阪神スプリングJ&金鯱賞編)

3.11


なんですが、いかんせん当時は白いお部屋に隔離されていたので日本に居ながらリアルタイムで目撃していない珍しい人間。
解放されてから新聞や動画でようやく知ったよ。


阪神スプリングJ
◎オジュウチョウサン
一昨年まではステイゴールド産駒らしい安定感に欠ける一発屋だったのが、昨年の中山GJをきっかけに大変身。重賞4連勝で中山大障害も締めて見事に最優秀障害馬のタイトルを手に入れた。
今年は文字通り迎え撃つ立場になるが、これといって新味を感じるメンバーもいないしJGI連覇へ向けてまずは足慣らし。
○タイセイドリーム
昨夏に障害へ転入すると初戦こそ行き脚が付かず4着だったがその後はすべて馬券圏内。新潟ジャンプSではアップトゥデイトを破る金星も挙げた。
続くレースではオジュウチョウサンやサナシオンに敗れたものの、イルミネーションジャンプSで中山コースにも対応できたし充実著しい今なら逆転も可能。
▲オースミムーン
約1年ぶりの復帰戦だった前走は、輸送で大きく馬体を減らしながら中団から伸びて5着。勝ち馬が逃げ切る展開のなか頑張った方だろう。
距離が3200を越えると成績が落ちるのでここもあまり信用できないが、実績は十分なので叩き2走目で前進を期待。
△グッドスカイ
平地では1勝もできないどころか1秒以上負けたレースばかりだったのが障害に転入すると2連勝。OPでもいきなり結果を出して血統の能力を発揮した。
前走は10頭立てでスローペースだったのが明らかな敗因だし、同じ少頭数なら重賞のほうが流れが厳しい後ろ有利な展開になるだろうから無欲の追い込みでどこまで。


金鯱賞
◎プロディガルサン
マイルに転向した前走は、いくらなんでもと言うスローで2着まで。あの展開からよく追い上げてきたと誉めるべきだろう。
阪急杯やダービー卿CTなどの番組を蹴ってここに出てくる辺り陣営の色気が見え隠れするが、左回り2000は適性の範囲内だろうから次を楽に出走するためにも連対以上が欲しい。
○サトノノブレス
昨年の成績を見てて笑ったのが、前哨戦好走→GIで大敗→また前哨戦好走と繰り返していたこと。綺麗なテレンコは新聞の馬柱もシマシマで綺麗。
中京芝は4回走ってすべて馬券圏内の得意舞台だし、まさにGI前の前哨戦なら狙っても良いのでは。2着で。
▲タッチングスピーチ
すっかり追い込み一辺倒の不器用なディープインパクト産駒に成り下がって…。母父サドラーズウェルズはこれだから困る。
開幕週で経験の乏しい中京コースだが、それを見越して逃げ馬がハイペースで引っ張るかヤマカツエースを目標に早目に動く展開になれば最後に逆転も。
△ヒストリカル
明けて8歳だしもう終わったかなぁなんて考えていたが小倉大賞典2着。ここの兄弟はホント高齢になっても侮れない。
さすがに好位から鮮やかに差し切る競馬はできないだろうが、タッチングスピーチが届くような状況になれば引っ付いて3着に飛び込んでも。


弥生賞までの成績【1/27 ―18080円】


先に脳みそが風化してます>胴長熊猫

03/10のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

会社に入ってくるトラックにNTRだのBRSだの書いてあるので、勝手に「寝盗られ来ましたー」とか「バルス入ります」と心の中で呟いてます。特に前者は口に出さないよう気を付けたい。
03-10 18:12

03/09のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

WBC2試合で猛りに猛った野球魂を暴発させないためバッティングセンターで鎮めようとしたが、むしろ更に火が付いてしまい悶々。阪神―ロッテのOP戦再放送くらいじゃ収まりが付かないんだよ、な。
03-09 20:54

03/08のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井で勝ちすぎてレース名が変わったフジノウェーブ記念。ソルテが断然人気に推されているが◎サクラレグナム。相手の目標がまだ先にあるし、1400に距離延長すればもう少し競馬も楽にできるはず。
03-08 12:34

03/07のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

@flowertateyama 胴長熊猫さんのカレーライスチャレンジhttps://t.co/vzbggZZoUahttps://t.co/EtqeF0nZ2O仕方ない、交換しましょう
03-07 18:48

03/06のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

スタホをしていて、モンハンとコラボしたレースでキリンとハダカノオウサマがハナ差の写真判定になったのだが、キリンのツノは判定の基準じゃないのね。ハダカノオウサマ逃げ切っちゃった。
03-06 20:55

今日のボックス(弥生賞編)

優秀すぎるのも


昨日の休日出勤は自分と若手2人で行う予定だったのが、やっぱり我々だけでは心配になったのか上司も参加して4人体制。
それでも夜中まで掛かったので3人だったら2日ががりだったわけだが、上司は先週も出てきているから都合13連勤。出てきてもらって申し訳ない反面、いなけりゃ終わっていたか怪しいところで。


弥生賞
◎コマノインパルス
雪の影響で開催がズレた京成杯を人気に応えて快勝。バゴ産駒とは思えない鮮やかな差し切り勝ちで一躍クラシック候補の仲間入りを果たした。
朝日杯FS組がマイラー臭く、ホープフルS組から上位を賑わせる馬が出てきそうだし既に中山2000で重賞を勝っているアドバンテージは大きいはず。
○カデナ
新馬戦こそ3コーナーで下げる展開になってしまい2着。百日草特別で2着に敗れた相手もクイーンC勝ちのアドマイヤミヤビと、敗因は不利と重賞レベルの相手だっただけ。
まともに走れれば京都2歳Sのように確かな末脚を持っているし、ディープインパクト×フレンチデピュティの配合から過去5年で2頭の勝ち馬が出ている血統的な相性も後押しする。
▲ダンビュライト
朝日杯FSでは13着に大敗したが前走のきさらぎ賞では3着に巻き返していて、中間の調教でも遅れるなどまだ幼い面を残している感じ。広いコースでノビノビ走らせるより小回りで前に馬を置き、集中させながら走らせたい。
この馬自身は1600重賞で2着があるがルーラーシップ産駒はまだ1600で2勝しかできていないし、好走のほとんどは2000以上なので距離延長で見直したい。
△マイスタイル
今のところダラッと先行しながらなだれ込む、煮え切らないハーツクライ産駒の典型みたいな馬。シンザン記念の5→5→5着と言う通過順がすべてを物語っている。
ハーツクライ産駒の中山芝2000での成績はおよそ見れたものではないが(過去3年500万以上で勝ち鞍なし)、2~3着がないわけではないのでまさに連下ならと言う気分。


オーシャンSまでの成績【0/26 ―62400円】


手当は出るけども>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク