FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(川崎記念編)

どつぼにハマる


仕事中、機械がうるさいことを良いことにカラオケに興じることが多々あるのですが、何故かin the soupの川が脳内でループしてしまい離れなくなる。
しかもフルバージョンで流れるならまだしも、中途半端にサビしか流れないのでもどかしいこと甚だしい。
そしてメロ部分が思い出せない始末。


川崎記念
◎サウンドトゥルー
昨年は有力馬がかなり回避した関係で手薄になり、この馬のタダ貰いかと思われたがオールブラッシュにまんまと逃げ切られ2着。ホッコータルマエみたいな強力すぎる逃げ馬がいても辛いが、スローになりすぎても厳しいのが追い込み馬の難点。
今回も少頭数で逃げ馬不在と展開は向きそうにないが、それをはね除ける地力も付いてきただろうから今年こそ。
○アポロケンタッキー
昨秋は日本テレビ盃を制して上々のスタートを切ったが、チャンピオンズCを出走取消し東京大賞典は出遅れて4着と散々な結果に終わった。過去最多馬体重だっただけに仕上がりにも注文が付くところ。
年明けは東海Sを回避して乗り込んできたし、さすがにいい加減まともな結果を出さないとこの路線は下の世代の突き上げが厳しくなるのでGI馬の意地を見せてほしい。
▲アウォーディー
悪い競馬はしていないのだが如何せん人気の分だけ物足りない内容で、弟ラニもそうだったが年齢を重ねると生ずるくなってしまうのだろうか。父ジャングルポケットでここまでダート馬なのが凄いのかもしれないけど。
川崎はJBCクラシック勝ちがあり、この父系らしく左回りは前走のチャンピオンズC5着が最低着順になるほど得意なのでそろそろ勝ち負けの競馬で王者復権を狙いたい。
△ディアドムス
全日本2歳優駿の勝ち馬もドバイ遠征に長期休養などを挟みながら紆余曲折の末、南関東に流れ着いた。ウイポみたいに海外遠征をポコポコ使って順調にこなせるほうがおかしいんだろうな。
移籍してからは当地の水にも慣れてここ2走で連勝。いよいよ地元勢として迎え撃つ立場になったわけだしここは一角崩しを果たしてほしい。


根岸Sまでの成績【2/11 +24950円】


グループの名前通りに>胴長熊猫
スポンサーサイト

01/30のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は名古屋で3歳牝馬重賞・梅桜賞。当地無敗のサムライドライブを止められるかが焦点になりそうだが◎スリルトサスペンス。兵庫ジュニアGPでは上がり2位で中央勢2頭に先着、芝を使われたりしたがようやく西日本に腰を落ち着けて前走でも好走したし慣れを見込んで。
01-30 12:40

01/29のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

何気なく抜いた眉毛が枝毛だったので全身の毛を適当に引っこ抜いたら髪の毛以外で枝毛が見付かる。脛毛に至っては足首付近が漏れなく枝毛。正直、楽しい。
01-29 21:00

01/28のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

早起きは5万の得。ばんじゃーい∩( ・ω・)∩ https://t.co/dIQWYjJk0Z
01-28 10:21

今日のボックス(根岸S&シルクロードS編)

嘘煮込み


流しの奥から賞味期限が8年過ぎたインスタント味噌汁が出てきて「前の事務員さんが『独り暮らししてるなら持っていき!』と渡された奴だな」なんて懐かしさに耽っていたが、さすがにさっさと消費しないと危険だなと考えた結果うどんを買ってきて味噌煮込みうどんに。
10食セットをすべてぶちこんで煮立てたので、色は似たような感じに仕上がったが辛いこと辛いこと。


根岸S
◎キングズガード
プロキオンSを勝利したあとは南部杯を皮切りに王道路線に突っ込んでいったが、やはり1800はやや長かったようで末脚は炸裂したものの馬券圏内には届かなかった。中距離ダートは逃げ馬のスターホースがいないとスローになりやすいから今後も使うのであればペースと付き合うことになりそう。
今回は得意の1400に戻り、逃げ馬も揃って藤岡兄に手戻りしたので仕上がりまともなら反撃可能。
○ノンコノユメ
去勢してからなかなか効果があるのかどうかわからない競馬が続いているが、元々が追い込み馬なので折り合いもクソもないような気がするのだが…。タマ2つ分のダウンフォースも気になるところ。
休み明けから馬券には絡めていないが上がりは上位の脚を繰り出せているので、叩き3走目でソロソロ走りごろでは。
▲ブラゾンドゥリス
昨年の高知・黒船賞まではこの路線の新鋭として期待されたが、かしわ記念でコパノリッキーに手も脚も出ずまさに馬脚を現した。これまでの成績を鑑みてもひょっとしたら暑さに弱いタイプなのかも。
休み明けだった武蔵野Sから使われて上昇気配だし、東京は得意なほうなので好位で構えてどこまで。
△ブルドックボス
南関東から出走してきたが、元が衰えたから地方に飛んだと言うより使える番組が少なくなるから枠を求めて移籍した口なので純粋な地方馬と考えないほうが良いだろう。実際、交流重賞でも崩れていないし。
中央時代に2歳戦ではあるが東京ダ1400での勝ち鞍はあるので、テンのペースにだけ気を付ければ好走しても不思議はない。


シルクロードS
◎ファインニードル
セントウルSを制して挑んだスプリンターズSは12着に敗れたが、先行勢が軒並み崩れた展開だったしノーカウント。無理に距離延長で阪神Cや京都金杯あたりを使わずここに絞ってきたのも好感が持てる。
古馬になってからは坂のあるコースに好走が偏っているので平坦な京都が気掛かりだが、楽に先行できれば1枠を利用してそのまま行き切れる。
○ナックビーナス
昨年同様ラピスラズリSとカーバンクルSを連続好走したが、今年はこちらに矛先を向けてきた。京都牝馬Sが1400になったからだろうけど、やっぱり1200がベストだろう。
関東馬だが京都1200は葵S勝ちがあり、得意条件とまで言えるかわからないが実績はあるのでここもスピードで押し切りたい。
▲セイウンコウセイ
昨年のこのレースを2着に好走して高松宮記念で一気にGI馬に登り詰めたが、そこからは1200に出ると斤量が重くなり距離延長すると適性が合わないなどイマイチな成績。天皇賞・春が初GIになる馬と同じで、特殊な条件しか勝てない馬はその後に苦労する典型。
それだけに58キロ背負うのは仕方ないので、人馬ともに昨年の頃を思い出して御祓の好走をしてほしいところ。
△グレイトチャーター
未勝利こそ1400で勝ち上がったがその後はサクラバクシンオー産駒らしく1200で好走を重ねてOPまで上がってきた。桂川Sを勝ってラピスラズリS大敗は如何にもと言う成績。
淀短距離Sが中1週になってしまい使いにくくなったローテだが、上がり最速で差し損ねたものだし同じ脚が使えるならペースの上がりそうな今回は不気味。


京成杯までの成績【2/9 +29750円】


汁まで飲めない>胴長熊猫

01/27のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

リョーノテソーロ芝でもイケるやん!馬券は外した!
01-27 15:14

人の家の庭にホールインワンしたからクロッカスS観てから回収にいく。
01-27 15:11

いかん、布団が吹っ飛んだ。真面目に。
01-27 15:06

01/26のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

社員旅行の行先を決める話し合いで、カニを食いに行こうとなり「松葉カニで島根か・越前カニで石川」になったのだが、何よりも新人くんの『島根って関東ですよね?』に一同、戦慄が走る。その後も『福島は九州』『宮城と仙台は東北』と言うワードに翻弄される我々。
01-26 21:10

01/25のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

最近、寝てて朝3時くらいに目が覚めるときと7時くらいまでぐっすりなことがあり、両極端な理由を色々試していたところどうやら窓を開けて寝ていた日は快眠のよう。部屋の気温が氷点下でもぐっすり!
01-25 20:27

01/24のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

つけ麺、油そば、焼きラーメンは名前の響きだけでつい買ってしまうが、あまり好きではない味がほとんど。だが、迷ったときに手に取るのは何だ、自分に試練を与えようとしているのか単に後悔した記憶が残らないスカポンタンな脳のためか。
01-24 20:31

本日は大井で交流重賞・TCK女王杯。何とか開催できそうでなにより。ここまで馬場が悪化すると枠に偏りが出てきそうだし◎ファイトユアソング。一昨年の東京盃でも田んぼ馬場のときは内枠が死枠になっていたし、普段は不利な外枠も今なら味方になりそう。
01-24 12:35

01/23のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

去就が注目されていた松坂大輔は中日のテストに合格か。何だかんだ1軍で投げられるなら見に行きたいが、如何せんカープキラーになりそうで怖いのよ。
01-23 19:44

01/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

先週は15℃もあった最高気温が、明後日には3℃まで下がるなんて。東京都心ですら雪で、大井競馬が雪で中止になる事態。TCK女王杯も開催できるかしら。
01-22 20:19

01/21のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は高知で黒船賞トライアル・大高坂賞。カイロス・カッサイの高知競馬を代表する快速馬がハナを争いそうだし◎マイネルバルビゾン。まだ重賞での好走はないが、常に一脚は使えているし内枠の先行争いを避けてマクリに賭けられるのは有利。外が伸びる馬場なら頭まで。
01-21 14:37

今日のボックス(AJCC&東海S編)

中身が


座椅子をL字のまま寝そべるように使っていたら繋ぎ目の部分が限界を迎えたようでバリッと剥がれる。
背もたれの金属が冷たいので毛布を被せてみたが、同じような体勢で寝そべるたびに毛布がずり落ちるのでかなりの力が掛かっているのだなと感じる冬。
炬燵に潜り込まないと寝そべる体勢にはならないから、冬期限定の難題ではある。


AJCC
◎ダンビュライト
サウジアラビアRC2着の賞金を盾にクラシックでも出走を続けていたが、菊花賞が終わってすぐに自己条件を勝ち上がり最強の1勝馬の称号を返上した。得てしてこういうタイプは緩い条件戦の流れに対応できなかったりするので、地力は世代でも上位だったと言うことか。
共に菊花賞で掲示板下までだったミッキースワローとGI馬・ゴールドアクターとの対戦になるが、12月に一つ使っている分だけこちらに有利に働きそう。
○ミッキースワロー
昨年のクラシック最大の上がり馬はキセキに軍配が上がったが、こちらは菊花賞の疲れを考慮してか年明け始動を選んだ。実際、菊花賞組は次走でコケる馬が多かったし負担は見た目以上だったのだろう。
休み明けにはなるが、小回りは福島で勝ち鞍を挙げていて中山2200はセントライト記念を制した舞台。今後も見据えた仕上がり具合でも適性で連軸視。
▲マイネルミラノ
前走は逃げられずに向正面から一気のマクリで場内は沸かせたが、単純に後ろ有利の展開を誘発してしまい大敗。最近はスタートが決まりにくくなっていて計算がしにくい馬になってしまった。
今回もまずはゲートがカギになりそうだが、相変わらず単騎逃げは叶いそうなメンバーだけに自分の競馬に持ち込みたい。
△シホウ
重賞挑戦となったここ2走は7→5着と徐々にクラス慣れしてきて、条件時代にシュヴァルグランと僅差の2着があるのは伊達ではないことを証明した。常に人気のない馬だが、好走時には上がり最速でまとめてくる辺りやはりキングカメハメハ産駒らしい。
再び単勝万馬券レベルの人気薄だが、力のいる馬場でこそダラッと先行して凌ぎきる競馬こそこの馬の真骨頂。


東海S
◎テイエムジンソク
アポロケンタッキーが自重して川崎記念に逃げると言う訳のわからない回避の仕方をしたが、それくらい今の同馬には勢いがあると言うことだろう。竹園オーナーだしできればこのまま古川で行ってほしいが。
能力と適性は前走で証明済みだし、あとは全馬がこの馬をマークしてくるのは目に見えているので絡まれる展開を捌けるか。
○ディアデルレイ
これまでの好走は秋冬に偏っていて、夏場は7月に3着が一度だけと言う冬馬。連勝中なのと母がディアデラノビアだからか2番人気まで推されたのはちょっとオッズ的に困る。
500キロを超える馬体で今までこの母系は切れ味不足に悩む馬が多かっただけに、ダートでガンガン先行する馬を生産していけばヘヴンリーロマンスの一族ともタメを張れるのでは。
▲サンマルデューク
明けて9歳となってさすがに行き脚は付かないようになってきたが、終いの脚なら未だに衰えない鋭さを見せてくれる。2年後くらいに高知競馬で見られるようにならないかしら。
中京ダ1800は関東馬だけに経験は少ないが【1-0-1-0】の複勝率100%コースなので、テイエムジンソクがレースを決めてしまったと思ったところに後方からブッ込んで来てくれたら。
△クインズサターン
新馬戦は札幌ダ1700だったが、それ以外の勝ち鞍は全て左回りで記録している典型的なサウスポー。陣営も分かっているのかわざとそういう条件ばかりを使っている。
重賞ではすでにユニコーンS5着と実績があるので、あとはこの馬も最後に届くような展開になるか。


京成杯までの成績【1/7 +9930円】


買い替えろよ>胴長熊猫

01/20のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

パルス藍住で帯広ばんえい競馬を発売してくれるのは嬉しいが、どうやって予想すればいいかサッパリわからん。金満ばんえい血統馬券王国とか無いか。
01-20 13:12

01/19のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

今夜はカリオストロの城か。昔はセリフを暗記するくらい見ていたが、ルパン三世も東京クライシスが最後に見たやつか。個人的にはこの作品のサンバ・テンペラードが一番好きな曲。
01-19 21:15

01/18のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

どういう繋がりか知らないが、うどん屋に飾られている巨人・内海哲也選手のサイン。向かいに阪神タイガースグッズショップ。それらを見ながらうどんをすする自分。
01-18 20:04

01/17のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は船橋で1000mの名物・船橋記念。快速系牝馬が出揃ったが◎フラットライナーズ。昨年のこのレースを勝ったあとは順調さを欠いたが、暮れに帰ってきたときも3コーナーまでは先手を奪えていた。叩き2走目、内から先マイでターンすれば押し切れる。
01-17 12:27

01/16のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

冬場は閑散期なので人員も分散して仕事をすることになることが多いが、秋に入社した新人に機械作業を覚えさせるために補助として残る結果、3人でやる作業が5人体制になるわけで。3人でやるから大変なわけだが2人雑用係が増えれば当然、楽。これで給料は同じ。
01-16 21:03

01/15のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

晩飯にクリームパンが食べたくなって買ったが、菓子パンだけじゃなぁと思ってチョイスしたのが巻き寿司。カレーパンとかピザパンとか残ってたけど巻き寿司。
01-15 21:26

今日のボックス(京成杯&日経新春杯編)

雪フェス終了


3日前にベランダで作ったミニ雪だるまが平気で前夜まで溶けずにいるくらい寒かったようですが、今朝には完全に水になってました。
会社で初めて人を刺せるんじゃないかというサイズのつららが出来ていて「これがインスタ栄えと言う奴だな」なんて思ったが、撮らずじまい。
寒冷地のはもっと凄いだろうし。


京成杯
◎サクステッド
新馬戦ではタニノフランケル以下を差し切ってフロックのような扱いだったが、7着までの馬のうち5頭が既に勝ち上がる地味にレベルの高い一戦だった。タートルボウル産駒がまだ浸透していないこともあり、今後も血統から人気の盲点になりそう。
前走はタイムフライヤーが突き抜けたため大敗に見えるが、2~5着はドングリの背比べ。ノーザンダンサー系のナイトシフトなら切れ味勝負の京都よりパワーが求められる中山でこそ買いたい。
○コズミックフォース
デビュー戦はありがちな調教ペースにハマってしまい上がり最速で追い込んだものの3着。続く未勝利では早めの勝負から馬群を縫うように捌いて押し切るなど素質はなかなかのモノを持っていることが窺える。
いきなりの重賞挑戦になるが、母ミクロコスモスも前哨戦では安定した末脚を披露する馬だったし年始から好調な戸崎が上手くエスコートできれば。
▲ロジティナ
オブセッションに惨敗したためここ2走は人気が全然なかったが、相手はシクラメンSを圧勝するほどの実力馬だったし仕方ない。雨の不良馬場も影響しただろうし理想は良馬場での脚比べだろう。
能力的にはここよりも共同通信杯かなと言う気がしないでもないが、ネオユニヴァース×シンボリクリスエスと考えたら中山でも問題なさそうだし溜める競馬でどこまで。
△ダブルシャープ
門別競馬所属ながら札幌2歳S3着と見せ場を作りJRA勢を脅かす存在になったが、秋の王道路線では歯が立たず。ダノンプレミアムが強かったとも言えるが上位との差もちょっと垣間見えた2戦だった。
それに比べればメンバーはかなり手薄になったはずだし、東京や阪神外回りよりはマクリの利きやすい中山が得意っぽいので強引な競馬で活路を見出だしたい。


日経新春杯
◎パフォーマプロミス
デビューは3歳9月と言うかなりの晩成型で、それこそダビスタならいきなり使えるレースがなくなる事態になりそうだったが危なげなく完勝。体質の弱さからコンスタントに使えなかったが5歳秋にようやく身が入ってきた印象で、前走を見ても本格化していると言って間違いなさそう。
相手は強化されるが父ステイゴールド自身も重賞で結果を出したのは晩年からだったし、今年のGI戦線の台風の目になってほしい。
○ロードヴァンドール
昨年は重賞でも好走できるようになり大阪杯や天皇賞・秋などにも参戦したが結果は出ず。逃げ馬の宿命ではあるが、やはりGIで逃げ切るには展開の綾か飛び抜けた能力がないと厳しいものがある。
今回はかなり単騎逃げが見込めそうなメンバー構成になったし、人気どころが後ろで牽制し合えば楽にスイスイ逃げる場面も作り出せるのでは。
▲ベルーフ
乗り難しい馬だと分かっているのに何故か騎手を固定していないのは、やらないのかそれとも断られるのか。ずっと上がりは上位の脚を使えているだけにあとは使い方だけだろう。
京都では雨の不良馬場以外なら菊花賞6着を含めて1秒以内の競馬ができているし、川田なら大外ダンシングブレーヴをカマして差し切れるか。
△ソールインパクト
通算成績を見てもわかるようにかなり煮え切らないディープインパクト産駒にあるまじきタイプの馬だが、弟も似たような成績を辿っているので母親との愛称があまり良くないのだろう。ダイワメジャーみたいなパワー型で先行するような種牡馬が向いてるかも。
七夕賞3着にアルゼンチン共和国杯2着と徐々に重賞でも通用する力は付いてきたので、ここも勝ち切れないまでも善戦だけなら十分に可能では。


愛知杯までの成績【1/5 +14730円】


犯罪のトリックに使えそう>胴長熊猫

今日のボックス(愛知杯編)

センター試験


毎年のように悪天候やリスニングなどでドラマが起こるセンター試験ですが、問題は大学に受かるよりもそこで何をして将来にどう繋げていくかなので躓いても人生の中では意外と些細なイベントですよ。
社会人になってから躓くよりは。


愛知杯
◎エテルナミノル
3歳時にはアドマイヤリードにも勝った経験のある馬だが、スンナリ先行できたときはしぶといが守勢に回ると競馬にならない脆さもあって足踏みが続いた。エンパイアメーカーはやっぱり兼用型に出るから得意なのは早めからの押し切りなのだろう。
エリザベス女王杯→ターコイズSと差しに回る展開と枠順に恵まれない感じだったし、久々に真ん中の枠から先行できれば重賞でも戦える地力はあるはず。
○レイホーロマンス
中央では勝ち上がれず初勝利は名古屋で飾った馬だが、再転入してからは一度も掲示板を外さない堅実さを見せている。兄スズカデヴィアスも昨年6歳にして重賞戦線で花開いたし遅咲きの系統なのだろう。
いきなり重賞で岩崎なのが気掛かりだが、牝馬は格よりも調子だけに具合が良い内に稼いでおきたい。
▲メイズオブオナー
ロードの馬だけど冠は付いていないのか。基準はよくわからないけど、シルクも冠を付けなくなったし拘る必要もないのかね。
初勝利は夏場のダートで挙げたが一つ勝つと勢いが付いたのかトントン拍子に出世してくる辺りがハーツクライ産駒らしい。まだ追い込み一辺倒っぽい面は見られるが、ハンデも50キロと恵まれたし愚直に直線勝負に賭けてどこまで。
△ワンブレスアウェイ
新馬戦では先週カーバンクルSを制したナックビーナスを差し切り、条件戦時代にはセイウンコウセイとも接戦をしていた馬。体質の関係かなかなか思うように使えなかったがジリジリと力を付けてOPクラスまで上がってきた。
府中牝馬Sは休み明け・ターコイズS出遅れと敗因はハッキリしているし、叩き3走目の今回こそ能力を出し切れるのでは。


シンザン記念までの成績【1/4 +17130円】


なぁ?>胴長熊猫

01/12のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

今朝は昨夜からの寒波で機械も凍りつく寒さ。その凍った機械をやかんのお湯で溶かして動かすアナログ工場。直すほうも直すほうなら、直るほうも直るほう。
01-12 17:49

01/11のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

徳島ですら雪だるま作り放題。日本海側と北国には一生、住める自信がない。ブルブル。
01-11 17:55

01/10のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は浦和で南関東クラシック開幕を告げるニューイヤーC。少頭数ながら精鋭が揃った感じだが◎ヤマノファイト。北海道2歳優駿以来で仕上がりがカギになりそうだが、JRA勢を相手に先行して5着に粘っていたし追い込み馬が揃ったここは早めに抜け出して押し切れる。
01-10 12:29

01/09のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

寝ぼけて朝トイレで盛大にOBしちゃったと女子社員が話題にしていて「男の人は良いですよね、外側に付いてるからOBとかないですもん」と言われたときのオッサン社員面々の苦笑いよ。
01-09 21:43

今日のボックス(シンザン記念編)

誤植か?


朝から風雨で冷え込む徳島ですが、最高気温が16℃とか出てる。
え、ここから沖縄並みに暖かくなるとかないだろ…?
いくら南国とは言えスキー場あるんだぞ、徳島。


シンザン記念
◎カフジバンガード
前走1600で2勝目を挙げたように本質的にはマイラーになりそうなハービンジャー産駒。そもそもデビュー戦が1200だったしデインヒルと言うよりはダンチヒなのかもしれない。
例年に比べて新馬・未勝利を勝ち上がったばかりの馬が多く揃ったし、キャリアと実績の差で一枚上か。
○カシアス
函館2歳Sの勝ち馬はそろそろ頭打ちになってくる頃合いで、フジキセキ×デインヒル×ゴーンウエストだから上手く行けば早熟鍋底・ダメなら既に消費期限切れ。まさに見極めの一戦。
前走は1600で敗れて距離に一抹の不安は残るが、むしろファルコンSや葵Sで人気を背負って飛ぶイメージしかないので距離を嫌われているここのほうが買いやすい。
▲アーモンドアイ
新馬戦ではニシノウララの逃げ切りを許して2着に敗れたが、同馬はサフラン賞と京王杯2歳Sで掲示板に入っていたし単純なフロックではなかった。やはり早い時期は前で競馬ができる組に有利な展開が多いので仕方ない面もある。
未勝利を圧勝してはいるもののいきなり重賞で1番人気はやりすぎじゃないかと思うが、ここを牝馬が連対するようなら未来は明るいので牡馬相手にどこまで。
△ツヅミモン
デビュー戦は1600で1000の通過が61秒と言う新馬戦らしいスローペースだったが、直線での一騎討ちを制して勝ち上がり。母父ダンスインザダークばりのロングスパートで叩き合いをモノにした。
調教を見てもどうやら他の馬に被せられるとカーッとなるタイプのようだし、外枠の少頭数でスンナリ番手を取れるようならいきなり通用しても。


フェアリーSまでの成績【0/3 ―7200円】


一度だけ行った腕山スキー場>胴長熊猫

今日のボックス(フェアリーS編)

角居厩舎解散ですか


実力的にも話題性でも存在感のある厩舎でしたが、実家を継ぐと言う珍しい理由で辞められるとか。
競馬サークル関係者は大体、身内同士で就職している人が多いからなおさら珍しく感じる。
そしてまた継ぐ家業が宗教なのも。


フェアリーS
◎プリモシーン
新馬戦こそトーセンブレスの大外一気に遭い2着に敗れたが、相手は阪神JFでも4着だったので悪い相手ではなかった。2戦目では順当に勝ち上がってきたし能力は重賞級だろう。
前走はディープインパクト産駒らしい差し切りだったが、新馬戦では番手から競馬もできていたので自在性を活かして外枠を克服したい。
○スカーレットカラー
デビューからずっと太宰が乗っているからか、強敵相手に善戦しているのに何故か人気のない馬。どこかで外人が乗ってりゃ前走あたり1番人気でもおかしくない。
アルテミスS5着に白菊賞では阪神JF2着のリリーノーブルと僅差ならここでも実力上位、人気のない内に買っておきたい。
▲グランドピルエット
中山の新馬戦を勝ち上がって東京のアルテミスSは惨敗、また中山のひいらぎ賞で3着と現状は坂のあるコースが良さそう。上がりも3位になったのが1度だけだし、スローの直線勝負は分が悪い。
母のザレマも関西馬ながら4勝中2勝をターコイズSと京成杯AHで挙げた中山巧者だったし、娘もそれに似ていればここは絶好の条件。
△サヤカチャン
逃げられたら重賞でも2着に粘れる能力はあるが、下手に控えると差すための脚は持っていない。父リーチザクラウンをそのまま牝馬にしたようなイメージ。
ここもハナを叩いてくる馬はいるだろうが、1枠なら行ききらないと包まれるし無理をしてでも逃げてあとはペース次第。


中山金杯までの成績【0/2 ―4800円】


神主かね>胴長熊猫

今日のボックス(中山金杯&京都金杯編)

始まりました


今年も予想していきます。
ルール
1、印の付いた馬の三連単ボックス24点
2、予想するのはJRA開催の重賞および地方交流GI、JRAが馬券を発売する海外GI。
3、ここの予想が当たったから何か寄越せとも言わないが、ハズレてても罵詈雑言を浴びせない。
4、本人はハズレると意外に気にしてる。
以上。


中山金杯
◎ブラックバゴ
ホープフルS3着や京成杯2着などクラシックでも活躍を期待されたが、使いすぎが仇になったのか本番では出番すら作れず。その後も条件戦をなかなか勝ち切れずに疲れを残したようなシーズンだった。
そこから完全な追い込み馬に脚質変更してOPに返り咲き、オールカマーは10着ながら上がり最速。マイネルミラノのペース次第では一発があってもおかしくない。
○セダブリランテス
無理に使わずクラシックは目指していなかったようなローテで、アルゼンチン共和国杯の後もチャレンジCやステイヤーズSにも行かずにダイレクトに年明けを待った。
ディープインパクト産駒だが福島で重賞勝ちがある馬だし、小回りの利くタイプならここでも好走は可能だろう。
▲カデナ
弥生賞を勝った時には「ついに福永にもダービーが」みたいな言われ方をしたが、蓋を開けてみればいつものこと。後から来たほうが強かったと言うオチに終わった。
同世代ですら交わせないのに距離適性だけで飛び込んだ天皇賞・秋は論外にしても、中山2000に実績があることは確かなので得意舞台で巻き返したい。
△デニムアンドルビー
ルージュバックですら嫁に行ったと言うのに、貴女はまだ走るんですか。競馬界の田中眞紀子と呼んでやろうか。
結果にはあまり出ていないが上がりだけは常に上位の脚を使えていて衰えは感じないので、あとは展開が向けば出番があっても。


京都金杯
◎ウインガニオン
マルターズアポジーとともに逃げて重賞で結果を残してきたが、GI挑戦となったマイルCSでは8枠で先行争いにも絡めず回ってきただけだった。大一番ではいきなり逃げを打つ馬もいるし勝手が違ったのも敗因だろう。
今回も8枠だがフルゲートとはならなかったし、ダノンメジャーとの兼ね合いさえクリアできれば再び粘り込みがあっても。
○マイネルアウラート
結構いろんな競馬場の重賞で見掛けるような気がしていたが、意外にも京都は初めて。阪神は逆に古馬になってから出ていない短距離重賞はセントウルSくらいなのに。
これまで逃げて結果を出していたのが前走では中団からの差しでも惜しい競馬ができたし、溜めて内からスパッと抜ける競馬が出来るようなら今後も警戒。
▲ストーミーシー
実はNHKマイルCでGI経験もある実績馬だが、追い込み一辺倒の脚質が災いしてなかなか条件戦を脱出できずにいた。ブービー人気で東京新聞杯4着があるように、素質だけなら重賞でも通用するもの持っているのだろう。
それが徐々に中団からでも競馬が出来るようになったことで安定して掲示板まで載るようになったし、ここらで一気にこの路線の主に躍り出ても驚かない。
△ラビットラン
タピット産駒らしくデビュー戦でもダートで大差勝ちを収めていたがローズSでまさかの芝重賞勝ち。秋華賞→ターコイズSで連続4着と、ボールドルーラー系らしからぬ活躍を見せている。
それでいてハンデも手頃なので食い付きたいところだが、角居厩舎が藤岡康を乗せるのはどうも3場臭がして本命には推せない。


2018年の成績【/ 円】


目標はプラス収支と二桁的中>胴長熊猫

01/05のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

仕事の技術アップが向上心からではなくミスを隠すためになりつつある仕事初め。やらかした部品にドリルで穴を空けてスプリュータップまで使いこなす日が来るなんて。ホウレンソウ、維持でもしないダメ社員【胴長熊猫】
01-05 20:35

01/04のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

あー帰宅ー。明日から仕事かー。10億当たってないかなー。
01-04 21:11

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク