パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(天皇賞・春編)

マイノリティ


POGりんに限らず、これまでPOGであまり他人と被ることがなかった(初POGでセイウンスカイ指名したり)関係で人と違った馬ばかりになっていた。
特に気にしていないし獲りたい馬を獲れるわけだからむしろ得じゃね?と思っていたが、先日に当たったPOG本を読んで納得した。
最終リストに残した馬が本当に載ってない。
エース馬に予定してる馬ですら載ってない。


天皇賞・春
◎レインボーライン
昨秋は王道路線を突き進んだが天皇賞・秋3着が最高成績でキタサンブラックには歯が立たず。まぁ、アレに真っ向勝負で勝てるようなら既にGIの一つや二つ勝てるだろうさ。
年明けからここを目標にして阪神大賞典も快勝。菊花賞2着と距離適性も見せているステイゴールド産駒ならいよいよ戴冠の準備は整った。
○サトノクロニクル
大雨に祟られた昨年の菊花賞は着順こそ大敗だが、勝負所で置いていかれて巻き返しながら直線で順位を上げたもの。潜在的なスタミナで言えばやる気を削がれてもおかしくない展開で最後まで伸びたのは評価できる。
京都新聞杯2着に白百合S勝ちと京都適性はあるだろうし、過去4年連続で馬券に絡んでいるハーツクライの血統を信じて。
▲ガンコ
ダートの条件戦を使っていた馬が芝のGIへ、なんてフィーチャーされてるが新馬戦に至っては芝1200でデビューしている。しかも2着なんだから訳がわからないよステイゴールド系。
ここ10年で初GI挑戦で勝てたのはマイネルキッツとアドマイヤジュピタの2頭。無理やり共通点を探せば複数回重賞で馬券圏内があるくらいなので、チェスナットコートよりはこちらを上に取る。
△トーセンバジル
昨年までは煮え切らないハービンジャー産駒と言うイメージしかなかったが、新潟記念で何かのスイッチが入ったのか香港ヴァーズでも3着に頑張ってひょっとしたら本格化してきたか?
昨年の阪神大賞典3着があってマイルCSでペルシアンナイトが京都を克服したし、今春もハービンジャー旋風を巻き起こすか注目。


青葉賞までの成績【3/55 ―46810円】


九州産なんて載ってねぇ>胴長熊猫
スポンサーサイト

今日のボックス(青葉賞編)

また会う日まで


こたつ撤収。
ゴールデンウィークにやることと言ったら、まずはこれですな。
ここを面倒臭がって時期を逃すとダラダラ7月まで出しっぱなしになるなんてことも有り得るので、少し肌寒いかしら?なんて思う頃に撤去するのが一番。


青葉賞
◎オブセッション
弥生賞では4コーナーでまさかの逃避行動を見せてしまい直線では遥か外を走りながら7着。気性的に幼い面が出てしまったらしく金を賭ける側としては何とも心許ないのは確か。
ただ、シクラメンSでの脚はまともに使えればダノンプレミアムに対抗できるのはこの馬だけだと思わせるものだったし、広い東京に替わって能力を出し切れるか。
○ダノンマジェスティ
きさらぎ賞をスローペースに泣いて大敗したが、すぐに大寒桜賞ではグレートウォリアーを追い込みで差し切り快勝。先行から押し切るような行儀の良い競馬は不向きで、愚直に後ろから構えるのがしばらくは最善手になりそう。
18頭立てで逃げ馬もそれなりに揃ったが、みんな権利を欲しがって早めの勝負に出るだろうし仕掛けが遅れないようにだけは気を付けたい。
▲ダブルフラット
こちらは逆に後方から切れ味鋭く追い込んでくる競馬では勝ちきれず、逃げてスタミナ勝負に持ち込んで結果を出してきたマンハッタンカフェ産駒。ルージュバックもそうだったが、前からか後ろからかどちらで勝負して良いのかわかりにくいのがマンハッタンカフェ産駒の難しいところ。
ここ2走は逃げているが枠も内側に入れたし、無理に逃げるような馬がいるならうまくポケットに入って溜める競馬で埒沿いスルスルを見せてほしい。
△エタリオウ
ノーザンF生産馬だがデビュー前はあまり騒がれるような存在ではなかったが、使われるごとに力を付けていきここ2走も連続2着。前走はマクリで抜け出したところをサトノワルキューレにやられたものだし運がなかっただけだろう。
東京なのでマクリをカマすのは難しいかもしれないが、レースを動かしていく力はあるので単純な直線だけの上がり勝負にはしたくない。


フローラSまでの成績【3/54 ―44410円】


冬までしまっちゃおうねぇ>胴長熊猫

04/27のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

これまで懸賞的な応募で当たったことがなかったから「どうせ個人情報収集が目的だろう」と余り参加していなかったが、JRA-VANのPOG本が当たったらしく届いていた。黄本。どうしよう。もうほぼリスト固まったのに…。GWに読ませて余計な情報を入れさせる気やな!
04-27 23:25

04/26のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は笠松で伝統の長距離重賞・オグリキャップ記念。新鋭か古豪から入るか迷うところですが◎メイジン。南関東遠征で馬体重を大きく減らしてしまい惨敗し、前走もまだプラス3キロでは良化途上。間隔を空けて馬体さえ回復すればグルームアイランドを完封するだけの地力はある。
04-26 12:34

04/25のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は浦和で牝馬限定重賞・しらさぎ賞。南関東転入初戦となるコーリンベリーに注目が集まるが◎ファイトユアソング。内枠と大外枠に入った以上、行かざるを得ないコーリンベリーとニシノラピードがハイペースで飛ばせば前崩れに乗じてまとめて差し切る可能性も。
04-25 12:35

04/24のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

鉄人・衣笠が亡くなったとかマジか!?この間の巨人VS横浜戦の解説がヤバい感じの声だったが、本当にアカンやつだったか…。星野さんもそうだけど、知ってたプロ野球関係者が亡くなると時間は過ぎるものだと実感する。
04-24 17:42

仕事中に階段から派手に滑り落ちて、良い感じに怪我したのでスプラッタ嫌いの後輩に見せてたら怒られた。『体は壊しても機械は壊すなよ!』だって(´・ω・`) https://t.co/A2Ow982WDe
04-24 17:17

04/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

パルス藍住は高知・水沢の2場開催。佐賀皐月賞あるのに売ってないのか、非情。
04-22 16:29

今日のボックス(フローラS&マイラーズC編)

しびしび


仕事の配置転換で新しい機械を使うようになったが、まだ操作と仕事の速さに対応しきれていないせいか無駄な力が入っているようで右手が痺れる。
肘から指先までジンジン来ているので、うっかり寝返りで右手を下にすると感覚がなくなってヒヤリとする。


フローラS
◎サトノワルキューレ
牝馬にしては珍しく芝1800でデビューすると芝2400の500万条件に向かい、前走ゆきやなぎ賞でOP入り。牡馬の長距離砲が揃いやすい条件を崩れることなく走れたのは評価も高い。
そうなると2000への距離短縮は気掛かりだが、ベスト条件であろうオークスに出るためには連対が必須なのでスタミナにモノを言わす競馬で。
○オハナ
石橋脩も良い馬に乗せてもらえるようになりましたなぁ。権利を取ってもラッキーライラックだろうから本番は乗り替わりか。
2連勝で挑んだクイーンCは4着だったが、10着だったレッドベルローズがミモザ賞ですぐに巻き返していたし血統的にマイラー色は強いが母系はトニービンからのラインだし東京なら2000まで。
▲ノームコア
長期休養明けだったフラワーCは先行して粘り込む競馬で3着。久々でも中山1800を牡馬相手に勝ち上がってきた実力は伊達ではなかった。
今回は東京に替わって同じように走れるかだが、これといった逃げ馬が不在で楽に先行できそうだし昨年もハービンジャー産駒でワンツーを決めているので極端な上がり勝負にならなければ。
△ノーブルカリナン
エルフィンS2着でクラシックに出るにはトライアルを使わざるを得なくなり、厳しい日程のなかフラワーCに出走したが7着。騎手を確保できず出遅れて見せ場もなしでは割り切って忘れな草賞あたりが良かったような…と思わせる敗戦だった。
再び関東遠征だがディープインパクト産駒らしい広いコースで直線勝負に持ち込むのがベターだろうし、まずはスタートを決めて好位で立ち回りたい。


マイラーズC
◎モズアスコット
高松宮記念でも見たかった馬だが、阪急杯で賞金を加算できなかったからか最初から目標は安田記念一本なのかここへ回ってきた。フランケル自体は晩成型だったし、こういうタイプのほうが実際は父系の特徴が出ているのかも。
開幕週は無茶苦茶な時計が出やすい京都開催だが、土曜日はいずれも上がり34秒台と適度に掛かっていたし意外と差しも届いてくるのでは。
○サングレーザー
昨年は一気の上昇を見せるとスワンSで重賞も制覇してマイルCSでも3着。2歳時にはホープフルSにも出ていた馬だし、今年はGIにも期待が掛かる。
休養明けで追い込み一手なので人気も落ちているが、何も考えずに後ろから追い込めばいいやで突っ込んできてくれたら。
▲ベルキャニオン
ディープインパクト産駒にしては珍しく京都芝1600以上を使われたことのない馬。関東馬だが割りと適性で遠征してくる堀厩舎だけに珍しさはアップする。
7歳になったが休み明けから使われるごとに内容も良化しているし、内枠から先行して雪崩れ込む競馬でコソッと滑り込めば。
△ブラックムーン
それまでは1200~1600で適性も計りあぐねていた感じだったが、昨秋に馬が変わってきたのか3戦連続で上がり最速を出して前走でも京都金杯を勝利。ここから好長期に入ってくれば無視できない存在になりそう。
目標は安田記念なのでこちらも叩き台だろうが、ここで惨敗するようだと本番も危ういだけに見せ場は作ってほしい。


福島牝馬Sまでの成績【3/52 ―39610円】


早く慣れねば>胴長熊猫

今日のボックス(福島牝馬S編)

スルスル


配置転換されてから2週間、何が良いって慣れない仕事に取り組むと余裕がなくなるからすぐに時間が過ぎること。
時計を見ながら仕事するとなかなか休憩にならないが、時計を見る暇さえないといつの間にか休憩時間になってるから得した気分。


福島牝馬S
◎ロッカフラベイビー
血統的に期待されて過ごしてきた馬だが、どうもズルさを身に付けてしまったのか追い込んで直線だけ頑張れば良いんでしょ?みたいな競馬ばかり。それで中途半端に結果を出すから相手が強くなって何もできない感じ。
集中力が持続しないタイプだけに少頭数にコーナー4つの小回りコースで直線が短く平坦、この春に見切りを付けられなかっただけに好走できるならスポットを絞って狙いたい。
○デンコウアンジュ
昨年は4着だったが3コーナーからマクリ一発で飛び込んでくる見せ場たっぷりの競馬。メイショウサムソン産駒だが追い込み一手で、器用だった父らしくない豪胆さが売り。
昨秋の休み明けから馬体重が増え続けているし、好走時には440キロ台で走ることが多いので福島遠征で絞れれば。
▲カワキタエンカ
クラシックでも一員として戦えてはいたが、勝ち負けするには展開の助け以上のものが必要な感じで足りなさを痛感した。年明け初戦は叩き台で前走の中山牝馬Sは稍重馬場にスローペースを持ち込んで上手く逃げ切り。明けて地力を増してきた。
やることは今回も変わらないだろうが、中山牝馬Sの再戦と言ったメンバー構成だけに簡単に逃がしてくれるかがカギ。
△トーセンビクトリー
連覇を目指した中山牝馬S
は4着に終わったが、AJCCでは牡馬に混じって上がり最速を叩き出すなど充実して古馬牝馬戦線に今年も顔を出してきた。この血統だけに何とか勲章を嫁入り道具にしたいところ。
芝1800は東西や重賞を問わず常に掲示板を外さない舞台で得意にしているし、もう一押しあれば連対圏内まで。


皐月賞までの成績【3/51 ―37210円】


いつまで続くやら>胴長熊猫

04/19のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

松坂が投げるの見たいし、阪神戦ならサンテレビやってるやろと思って帰ってきたが中継なくてショボン。時代劇には勝てなかったか…。
04-19 20:10

04/18のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井で交流重賞・東京スプリント。断然本命不在で人気も割れ加減だし◎キタサンミカヅキ。ここ3走は1400~1600で一息だが、転入初戦には1200で1分11秒6とJBCスプリントとコンマ2秒差の競馬をしているし差しが届く展開なら東京盃の再現も。
04-18 12:28

04/17のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井で今年から重賞に格上げされたブリリアントC。リッカルドが距離延長でも連勝を伸ばせるかが気になりますが◎タービランス。長期休養明けから1→9→1着で9着だった東京大賞典も地方馬では2番手。復調すれば南関東勢の中では能力上位だろうしトライアルとは言え全開で。
04-17 12:37

04/16のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

後輩が健康のためにと休憩中に飲んでた缶コーヒーを野菜ジュースに切り替えたが、煙草吸いながら野菜ジュース飲むのは体に良いのか?
04-16 19:34

04/15のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は高知で二十四万石賞。1900なので距離適性がカギを握るが◎サクラビクトワール。逃げ馬が見当たらない上に距離を意識してスローになれば意外とスンナリ押し切れたりしないだろうか。
04-15 13:54

今日のボックス(皐月賞&アンタレスS編)

浮かれすぎ


さぁクラシックや!と張り切って家を出て、高速まで使ってウインズ来たら開館前でやんの。
ダービーや有馬記念は少し早く開館したりするから気が付かなかったが、開館時間は9:10なのね。


皐月賞
◎タイムフライヤー
ハーツクライ産駒で中山GIはどうだろうか?と言われたホープフルSを後方から追い込み一気で戴冠。普通のハーツクライ産駒なら2~3着までの競馬になるところを勝ち切れたのは普通じゃない証明。
前走も道中から追い通して動く気配すら見せない不可解な敗戦だったが、お行儀よく纏めるタイプの馬じゃなさそうだし評価を落とした人間を嘲笑うような末脚で返り咲く。
○ワグネリアン
ダノンプレミアムの皐月賞回避で混戦ムードが高まったが、蓋を開けてみれば押し出されるように1番人気になったのはこいつか。キャリア2戦のキタノコマンドールが3番人気になるくらいだから、異常事態と言えばそうなるが。
馬の能力だけならもっと評価しているしダノンプレミアムがいたとしても上に取っていた可能性もあるが、如何せんディープインパクト産駒の福永と言うとワールドエースの影がちらついて。
▲オウケンムーン
名前だけ聞くとアドマイヤムーン産駒だと勘違いしそうだがトニービン系オウケンブルースリ産駒。ロジのオーナーが所有すればブルースリーまで名前は入るけど、ブルースリで止めるのかな?
何せ彼しかオウケンブルースリ産駒のOPがいないので血統の額面通りに東京>中山なのか判断しにくい部分もあるし、買ってみてどうなるか楽しみなオッズでもある。
△エポカドーロ
ここまで堅実には走っているが派手にぶっちぎったり鮮やかに追い込んだりするわけではないせいか、イマイチ話題に上がってこないオルフェーヴル産駒。レッドヴェイロンやスーパーフェザー辺りに先着したりもしてるのにね。
あすなろ賞では雨の馬場を経験して勝っているし母ダイワパッションは4連勝でクラシックに参戦した早熟タイプでもあったので、追い込み馬たちが馬場に脚を取られるようならその隙に押し切りを狙いたい。


アンタレスS
◎トップディーヴォ
OPにも何度か挑戦をして重賞にも出ていたが、昨夏に新潟で勝ったのを切っ掛けに重賞でも好走できるようになりここ2走は地方交流重賞で連続2着。母母父がブロードブラッシュだけに、ようやくエンジンが掛かってきただろうか。
久々に中央でのレースになるが逃げ馬も少なくあまりペースは上がりそうにないので、追走さえ楽に行けたらここでも。
○ディアデルレイ
師走Sを楽勝したことで重賞でも人気に推されていたが、東海Sはテイエムジンソク相手で逃げられず・マーチSは行き脚が付くまでに時間が掛かり先行勢に突つかれる展開と、この母系らしい脆さを見せた。
それでもタイム差はコンマ7秒と大敗でもないし、今回は同型不在で馬場も渋りそうだし粘りも増せば巻き返せるはず。
▲マイネルバサラ
ダイオライト記念は上位2頭のマッチレースに付いていけず3着だったが、相手はいずれもGI馬だったし仕方ない面もあるだろう。普通はかしわ記念かドバイに行くから出てこないもの。
水の浮くような馬場だった浦和記念を圧勝していて馬場適性は大丈夫だろうから、大外枠からマクリ一発で再現できるか。
△アルタイル
かつてはユニコーンSでノンコノユメの3着にも入ったことのある馬だったが、随分と差が付きましたな。いつの間にやらあっちはオネェになってるし。
それも含めてマーチS3着など重賞でも戦える能力は秘めているので、スタミナを問われない上がりの競馬になれば1800でも対応可能。


中山GJまでの成績【3/49 ―32410円】


寒~い>胴長熊猫

今日のボックス(中山GJ&アーリントンC編)

配置転換1週間


引き継ぎをする予定だったが、5日間のうち3日で欠員が出たためそちらの応援に行ってしまい2日だけ。
月曜は見てただけで火曜~木曜が応援で実質金曜だけの引き継ぎ期間。
来週から大丈夫か…?


中山GJ
◎アップトゥデイト
これまでは溜め逃げを打つ感じで、スローの上がり勝負に持ち込もうとしたが体勢は変わらず。それを思い切った大逃げに切り替えた昨年の中山大障害では、最後の最後まで粘り通してあわやの2着と新しい境地を拓いた。
年明けも阪神スプリングJで同様の大逃げからスンナリ逃げ切り状態も万全。今度こそ王者に土を付けたい。
○オジュウチョウサン
昨年はJRAの障害重賞年間勝利記録を更新する活躍で、最後の中山大障害でも大接戦を制して見事王者に君臨。最優秀障害馬に投票しなかった記者は最低脳障害記者として表彰したいので名乗り出ろ。
本来なら本命にしたいところだが、前哨戦を使わなかったのではなく使えなかったと言う点を考慮して少し評価は下げたい。
▲マイネルクロップ
平地時代はダートでマーチSも勝った重賞ウィナーだったが、近年は追走一杯になりがちで障害に矛先を向けてきた。初戦こそ4着だったがスピードコースの中京で負けて襷コースの中山で連勝する辺り飛越能力の高さが窺える。
前走では長期休養明けとは言えニホンピロバロンに勝っているし、いきなりJ・GIでも通用する可能性は秘めているはず。
△ルペールノエル
先行でも差しでも競馬ができる障害では珍しいタイプの馬だが、上位人気の2頭に競りかけるには足りないようで前走も追い掛けて逆に交わされる始末。
今回は素直に差しに回りそうなだけに、上位進出を狙うならオジュウチョウサンより早く仕掛けてアップトゥデイトを交わしに行く競馬を見せてほしい。


アーリントンC
◎ピースユニヴァース
新馬戦は1800を使ったが徐々に距離を短縮していって1400で勝ち上がり。その後も短距離に照準を絞っており、母系のサニングデール×サクラユタカオーが存在感をここまでは示している。
ただ、クラスが上がるにつれて後方寄りの競馬になりつつあるし、本質的には追走が楽になる中距離あたりで終いを活かす競馬が合うのでは。
○ダノンスマッシュ
1番人気に推されたファルコンSだったが、後方から脚を伸ばしても掲示板を先行勢が独占する流れでは太刀打ちできず。もみじSでは番手競馬もできていたわけだから嫌な後方癖が付く前に修正したい。
朝日杯FS5着と距離を苦にしないのはわかっているので、人気を落として気楽な立場になったことで改めて見直し。
▲インディチャンプ
年明けからクラシック戦線で活躍の目立つシルクレーシング馬だが、アーモンドアイが桜花賞を制していよいよ魂を売った分を回収し出した。キャロットだけの一口会員辺り、苦虫を噛み潰したような顔をしてそうだ。
ステイゴールド産駒だが近年はウインガニオンやグランシルクのようなマイル重賞での勝ち馬も出てくるようになったし、もう父血統だけで1600を短いと判断するのは危険か。
△ラセット
きさらぎ賞はドスローで逃げた馬たちの一騎打ちになってしまい、3着に追い込むのが精一杯。それでもニュージーランドTを勝ったカツジに先着しており、使える脚は世代でも上位であることを証明した。
今回はラブカンプーあたりが飛ばしてくれればペースは上がりそうだし、京都よりは力のいる阪神芝で長く脚を使うような展開になれば再度浮上。


桜花賞までの成績【3/47 ―27610円】


理不尽が人を育てる>胴長熊猫

04/13のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

SFCの競馬予想ソフトが10円だったから買ったけど、説明書がないと打ち込みかたがさっぱりだったり既に廃刊になった某競馬新聞のスピード指数を打ち込んでくださいとか使えないにも程があった。
04-13 21:16

04/12のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ガミでも2→7→8があるところに貧窮ぶりが窺える1枚ですな…。
04-12 21:41

RT @sunnydaycamel: 給料日2日前。口座の残高900円で鈍くしぶとく的中。明日の小遣い2000円上等! https://t.co/THyx0Pvg2X
04-12 21:40

部署内の配置転換にをした結果、長老的な立ち位置の二人が同じ場所で仕事をするようになり、商品の選別基準の違いをお互いに一歩も引かないもんだから前に進まない。でも、休憩時間には二人で一つのデカビタと饅頭を半分こして食べてる。これ知ってる。ツンデレってヤツなんだ。
04-12 18:51

04/11のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は船橋で牝馬による交流重賞・マリーンC。JRA勢3頭で三つ巴戦の様相だが◎ニシノラピード。ここ2走は逃げ潰れたが、シンデレラマイルでの勝ち時計はスパーキングレディーCより上。川崎と大井の馬場の違いはあるが、ペースに困るタイプではなさそうだし早め抜け出して一角崩し。
04-11 12:29

04/10のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は名古屋で牡馬も出られる東海桜花賞。カツゲキキトキトが巻き返すかに注目だが桜花賞だし人馬とも牝だぞ◎ポルタディソーニ。昨秋に秋の鞍賞で今回人気のコスモラヴモアと同じタイムを叩き出しており、成長分を考慮すれば上がり目は一番。
04-10 12:27

04/09のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

この春から新学期、新生活のかたも多そうですが、私も朝礼が終わってから配置転換になりました。部署の西端から東端になります。担当機械は変わりますか、いつもどこで働いてるんですか?と経理のおばちゃんたち聞かれる生活は変わりそうにありません。
04-09 19:38

04/08のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ダノングレース僅差の2着か…。サトノシリウスが除外覚悟で青葉賞とか言ってるので、POGりんはリョーノテソーロがNHKマイルCに出たら終戦かなぁ。暇すぎて来シーズンのリストが完成しつつある。
04-08 14:26

今日のボックス(桜花賞編)

春の交通安全運動週間


毎年恒例、新人ポリスに小遣い徴収の仕方を教える週間がスタート。
大体、同じ場所でやってるのでみんな近辺を通るとスローダウンするのですが、やはり如何にも飛ばしそうなヤンキーカーが捕まってるのを見ると「あっちも社会人1年目なのかな」と思ったり。


桜花賞
◎ラッキーライラック
いいか、もう。
近年は断然人気の馬が桜花賞では飛んでいるが、サンデーサイレンス系で阪神JF→チューリップ賞と王道路線を走られたらブエナビスタの再来までは固そう。
1枠とか父オルフェーヴルも断然人気でやらかしたとか、重箱の隅を突ついて穴馬を探すくらいなら黙って流すほうが時間の浪費もなく建設的。
○アンコールプリュ
新馬戦を人気に応えて快勝すると中1週でつわぶき賞を勝てたのが大きく、トライアルを賞金で弾かれることなく臨めたのはローテ的にも楽になった。使えるかわからず仕上げないといけない上に権利を取れなかったでは元も子もない。
母オイスターチケットはクラシック出走は叶ったがお客さんで終わっただけに、見せ場以上の活躍で喜ばせてほしい。
▲マウレア
阪神JF3着からのクイーンC5着で「あれ?」と思ったが、チューリップ賞で再び2着に滑り込み本番に何とか繋がった。関東馬はどうしても輸送が絡むので馬体重を減らさずに戦えるかがカギになる。
前走も8キロ減っていて走る度に細くなっているだけに、440キロ台まで回復していればもう一丁。
△トーセンブレス
デビュー戦で見せた直線のごぼう抜きが忘れられない馬ですが、破った相手がプリモシーンだけになおさら印を外せないでいる。善臣
先生だと言うのに。
挫石でトライアルもギリギリのフラワーCまで延びたが、2着賞金で無事に出走へ漕ぎ着けたし爆発力なら世代屈指なので後は展開を待つだけ。

ニュージーランドTまでの成績【3/46 ―25210円】


やーいやーい>胴長熊猫

今日のボックス(ニュージーランドT&阪神牝馬S編)

跡地にできるもの


大型ショッピングセンターができるようになって昔からの小さな商店が潰れていくのですが、空いた店舗が何になるのか見ていたらうどん屋。
コンビニ・コインランドリー・葬儀屋のどれかか、うどん屋ばっかり乱立されていく近所。


ニュージーランドT
◎ケイアイノーテック
デイリー杯2歳Sや朝日杯FSでも好走するだけの実力は持っていたが、賞金を加算できなかったがために年明けから条件戦へ。それだけにこぶし賞2着が痛かった。
タラレバになるがダノンプレミアムが皐月賞回避でフルゲート揃わず、抽選もないなら思いきって…と考えられなくもない素質だけにここで最低でも権利はほしい。
○ファストアプローチ
前走は出遅れがすべてで、直線でも最後に届かなかった分だけ道中に力を使ってしまったのが敗因だろう。アーモンドアイに勝てたとは思わないが、2着争いには加われたはず。
そこからは間隔を空けてゆったりローテでここを狙ってきたし、スタート五分なら今度は勝ち負けまでもつれ込める。
▲アンブロジオ
2連勝でOP入りを果たしたがその後はクロッカスS→ファルコンSで2・4着。いずれもダートで勝ち上がった初芝の馬に敗れたのが興味深い。
ただ、どちらも1400の距離短縮が合わなかったかもしれないし、2連勝した1600に戻れば巻き返してきても不思議ない。
△ペイシャルアス
ストロングリターンはシンボリクリスエス産駒のマイラーだったが、子供も芝1800以上ではまだ勝ち鞍がなく完全な1200~1600種牡馬になっている。母父タイキシャトルだし今後も権利を取れなかったら葵Sか橘Sになるだろう。
牝馬だし本来ならフィリーズレビュー辺りから始動したかっただろうが、延びた分だけ乗り込めたと考えたら権利のためにメイチに仕上がっているかも。


阪神牝馬S
◎リスグラシュー
牝馬クラシックではあと一歩届かずに戴冠を逃し続けたが、古馬になっての初戦でいきなり牡馬を退けて東京新聞杯を制覇。やはりGⅢクラスに留まる器ではないことを証明した。
一つ使って更に上昇ムードで来ているし、悲願のGIに向けて勝ち癖を付けていきたい。
○ジュールポレール
昨年のこのレースは3着で、秋にはエリザベス女王杯にも出走したが16着。母はエリシオ産駒ながら1400以下にしか勝ち鞍がなく、兄もサダムパテックだから1600が限界と見たほうが良いかも。
OPならスパッと勝ち切れる脚を持っているので、重賞でも同じような脚を使えるかがカギ。
▲ラビットラン
ローズSでは後方から驚くような末脚で一気に重賞勝ちを収めたが、秋華賞では届かずに4着まで。ただ、負けたのは平坦な京都と関東遠征だったターコイズSなので気にしなくても良さそう。
折からの雨で馬場も渋りそうだし、ダート経験もあるこの馬にとってはコース替わりともども好材料。
△エテルナミノル
愛知杯を勝ったのに前走も人気がなく、今回は一気に人気を落として12番人気。エンパイアメーカー産駒と言うのもあるかもしれないが、見限るのがえらい早いなぁ。
メンバーを見渡しても誰が逃げるのか分かりにくい状況だし、それなら八坂Sの時のようなスローの先行から押し切りを狙う形で一泡吹かせられるかも。


大阪杯までの成績【3/44 ―20410円】


粉もんは儲かるから…>胴長熊猫

04/05のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

あんバターデニッシュが復活してて小躍りしながら買ったが、縮んだ…?ヤマザキパンさん…?
04-05 19:38

04/04のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は川崎で羽田盃へのトライアル・クラウンC。最後の切符を賭けてどの程度、仕上げていくかだが◎ミスマンマミーア。ここ数戦は中央の芝で大敗したが、門別フローラルCでは浦和桜花賞5着のフォローハートに完勝。牡馬相手と大外枠を克服できれば。
04-04 12:25

04/03のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

パピコを独り占めできる人生と、分けあえる相手がいる人生、どちらが幸せか。今んとこ前者。うめぇ。
04-03 22:29

04/02のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ドクターペッパーが投げ売りされていたので大人買い。巷では人権を得られていない飲み物ナンバーワンだが、コーラよりこっちが好きです。
04-02 20:54

04/01のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ちょっと競馬に目をやってる間に甲子園がグロ動画に…。
04-01 16:29

やっぱり日本人騎手にできないことをして結果を出すんだよなぁ。学校で競馬を習ってるうちは永遠にパートⅡ国だわ。
04-01 15:49

今日のボックス(大阪杯編)

桁違い異国の脚


日本馬が勝つならドバイターフかシーマクラシックだけだろうな、と思っていたが前に付けてインコースを回らないと勝負にもならない馬場ではレイデオロみたいな負けかたをする馬は増えそうだ。
ダート路線は相変わらず世界との差は埋まる気配すら見せられなかったし、いい加減ダートでも芝コーススタートとか軽すぎる東京ダートでケンタッキーダービーのトライアルをやるのは止めたほうが良いのでは。


大阪杯
◎ウインブライト
昨年のクラシックではスプリングSを勝って参戦したが、皐月賞→東京優駿とフルゲートの8枠で形を作れずに終わった。―12キロで走った反動もあっただろうし、秋は無理をせずGIを使わなかったのも正解だったか。
ステイゴールド産駒だが母系はアドマイヤコジーン×ジェイドロバリーで、距離としては2000までと言う印象だし勲章を狙うなら天皇賞よりはここか。
○ミッキースワロー
セントライト記念で重賞を初制覇すると、キセキとともに夏の上がり馬として菊花賞に出走して6着。結果としては明暗別れたが、4コーナーで見せたマクリ脚なら例年通りの芝であれば勝ち負けまであっただろう。
年明け初戦のAJCCも疲労を懸念していたが同様のマクリ脚で見せ場たっぷりの2着。久々になるがスローになっても早めのマクリで乱戦に持ち込めば今度は粘り込める。
▲サトノダイヤモンド
昨秋のフランス遠征では明らかに欧州の芝に脚を取られて勝負にならず。やっぱり東京芝2400で強い馬じゃ重たい欧州の芝だとF1でグラスレースに出るようなものなんだろう。
帰国初戦の金鯱賞では仕上がりを不安視されたが上がり最速を計時して3着。一つ叩かれて気配も上向きだし、強いダービー馬を見せられるか。
△シュヴァルグラン
宝塚記念を逃げて惨敗するとオーナーの逆鱗にでも触れたのか秋は福永を乗り替わり。それでジャパンCを勝たれたら何も言い訳ができない。
ヴィブロスがドバイターフに出るからてっきり便乗してシーマクラシックのほうに出るのかと思ってたら国内専念。結果次第では海外遠征もあるだろうから、休み明けでも能力全開で行きたい。


ドバイWCデーまでの成績【3/43 ―18010円】


大井2000でやろうぜ>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク