FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(大阪杯編)

強かった


ドバイは勝つ可能性があるならアーモンドアイくらいだろうと踏んでいたが、その通りになったか。マテラスカイ2着もあわやと言うところまで迫っていたし、これまで日本馬が得意分野としていた中長距離芝路線以外でも好走できたのは来年以降にも繋がるでしょう。
しかし、アーモンドアイはもう下手なレースができない馬になってしまったな…。


大阪杯
◎ステルヴィオ
てっきりこの馬もドバイターフ辺りに出ると思っていたが、こちらを選択してきたか。結果論にはなるが、アーモンドアイにぶつける意味はまったくないわな。
スプリングSで好走→皐月賞→ダービーと惨敗したため距離を嫌われての人気落ちだろうが、雨で渋った皐月賞を後方から上がり最速で突っ込める脚があるなら2000もギリギリ守備範囲のはず。
○キセキ
昨年のジャパンCでは逃げて一杯まで粘り驚異的な世界レコードの立役者となった。疲労を心配された有馬記念でも5着に健闘し、改めてGI馬の実力を示してくれた。
今回も逃げるのは間違いなく、周りがこの馬を目標に仕掛けるだろうからなるべく後ろに脚を溜めさせない流れにして押し切りを狙いたい。
▲ブラストワンピース
あれだけクラシックで惜しい競馬を繰り返していたのが年末の大一番ですべてをチャラにする激走。最優秀3歳牡馬のタイトルも獲得し、今年はマークされる側でGI戦線を迎えることになった。
能力自体は気にならないが大型馬で休み明けいきなりGIなのと、宝塚記念や有馬記念のような半端な距離が初GIになった馬は根幹距離のGIでは走らなかったりするのでそこだけが不安材料。
△ダンビュライト
前走でも印を打って好走してくれたが、やっぱりこの馬は気性面に負担の掛からない条件で走ると言うことか。少頭数か外枠か地味な重賞か。
その意味でGI・14頭立てなのはマイナスだが揉まれない大外枠に入れたし、キセキのポケットに潜り込む形で進めていけたら大舞台でも。


ドバイWCデーまでの成績【1/43 ―97620円】トリガミ1


凱旋門賞まで行けるかな>胴長熊猫
スポンサーサイト

03/30のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ケイティブレイブさん…。
03-30 20:44

今日のボックス(ドバイワールドカップデー編)

GI4つは大変だ


ドバイワールドカップ
◎オーディブル
この開催のメインを務めるレースながら、今年のメンバーはちょっと貧相に映るのが悲しいところ。ジャスティファイやシティオブライト、日本からもせめてインティかルヴァンスレーヴが出ていればねぇ…。
イントゥミスチーフ×ギルデットタイムと言う字面だけならゴールデンシャヒーンのほうが合いそうな血統だが、メンバー的にスタミナを問われそうな厳しい流れになりそうにもないしスローの切れ味勝負ならマイラー血統のほうが有利なのでは。
○サンダースノー
UAEダービーを勝ってケンタッキーダービーから米国3冠路線に向かいながら頓挫し、芝のGIを勝って再びダートに戻ってきて昨年の覇者に。ウイニングポストならパワーも精神もSで馬場適性万能の76くらいは付きそう。
昨秋はどこを目標にするかで芝から入って2兎追うものになったが今年はひとまずダートから。前哨戦は足慣らし感が半端ないレース振りだったし、一叩きされて上昇カーブなら今年も好勝負。
▲ノースアメリカ
名前の割に英国デビューでUAE移籍とあまり関係のない馬名。母父ヤンキーヴィクターだけアメリカっぽいけど。
昨年はトライアルを快勝して10着に沈んだが、今年はその反省からかトライアルを2戦使ったところで本番に備えて休養。理由がアルマクトゥームC3はサンダースノーが出てくるから…とかでなければ今年こそ。
△シーキングザソウル
父パーフェクトソウルはサドラーズウェルズ系ながら芝1600のGIを勝つというマイラーであったが、この馬はさらにそこからダートに開花したと言う変り種。メダグリアドーロとか妙に突然変異的な馬を出すことのある系統だが、本質は芝2400だろう。
ここまで大敗がダート1800以上ばかりなので更に1ハロン延長は首を傾げたくなるが、GI勝ちも1800で収めているしサドラーズウェルズのスタミナでもう少しだけ堪えてくれたら。


シーマクラシック
◎シュヴァルグラン
なんだか国際GIと言うよりメイダン日経賞みたいな趣き。ジャパンCも別に海外から馬が来ないから無意味なんて言えなくなる頭数の少なさ。福山競馬かな?
昨年は精彩を欠いた1年だったが結局のところ崩れたのは右回りのGIだけでそれ以外は掲示板を外していないし、地味に左回りのメイダン競馬場ならハーツクライ産駒の望むところなのでは。
○レイデオロ
昨年のこのレースでは1着も期待されながら4着。惜しいと言うよりは何もできないまま1周してきただけみたいなレースに終わってしまった。
帰ってきてからも天皇賞・秋を勝って有馬記念でも2着と衰えは感じさせていないし、今年も日本馬の威信を背負って好勝負を期待したい。
▲デザートエンカウンター
この馬も昨年はブービー9着と結果を残せなかったが、GⅢを勝ったばかりで休み明けいきなりと流石に辛いものがあった。しかしカナディアン国際で嬉しい初GI勝利を飾り前哨戦を使って今年は胸を張って挑んできたあたり侮れない。
父ホーリングはダートのほうでドバイ勝ち鞍がありながら本番では結果を出せなかっただけに、カテゴリーは違えど息子が雪辱を晴らせるか見もの。
△マジックワンド
3歳クラシック戦線では英・愛・ヨークシャーオークスで掲示板までだったものの、秋にはヴェルメイユ賞とオペラ賞で2着。ガリレオ産駒だし本格化はこれからになりそうな牝馬。
欧州だけかと思ったがアメリカでもGI2着と軽い馬場にも対応できているし、使えるなら使うオブライエン厩舎だけに適正を見出しているのなら軽視禁物。


ドバイターフ
◎アーモンドアイ
恐らくは現地でも日本でも1番人気でしょう。あ、ドバイは馬券発売ないんだっけか。
ひとまず実力に関しては難癖をつける部分は見当たらないが、超高速レコードを叩き出した後の休み明けで海外遠征の牝馬。ゲームではないだけに能力以外の未知数な部分を差し引いて「勝って当たり前」は厳禁。
○センチュリードリーム
ケープクロス×エコーオブライトという芝1600のGI勝ち馬同士の配合で、デビュー時は2000を使われながら距離短縮していってGIを勝ったと言うのも同じ。この馬も2000で1勝とアーリントンミリオン4着があったりする。
1800はギリギリもつかどうかといったところだが、アーモンドアイと時計勝負になるならマイラー気質の馬でなければ対応も難しそうなので距離延長を嫌われていれば妙味も。
▲ドリームキャッスル
UAEの名伯楽ビン・スルール厩舎からの刺客。まぁ、成績的にもそりゃ人気になるだろう。
英国から移籍してきた当初は今ひとつの馬だったのが年明けからスミヨンが跨り3連勝でGI制覇。1600を中心に使われてきた馬が本番と同じ距離で覚醒してきたのだから日本馬にとっては脅威なことこの上ない。
△ディアドラ
ここで騎手が加藤だったら本命だったのにな(笑)。初勝利の騎手は誰でしょう?とか競馬マニアッククイズに加えられる逸材。
クイーンS辺りから更に馬が変わってきたようで、府中牝馬Sと連勝して牡馬相手の香港Cでも2着に健闘。前走を見せ場なく終わるのは昨年も同じことだし、本番で昨年以上の結果を残せるか注目。


ゴールデンシャヒーン
◎プロミシズフルフィルド
本番直前に本命候補の一角・ロイエイチがまさかの出走取消で混沌としてきたスプリント戦だが、これなら出走しとけば良かった~とか思ってる陣営が多そう。頭数は減ったが、カオスな消耗戦が楽しめそうなメンバーでもある。
一時はケンタッキーダービーを目指して中距離路線を歩んだがやはりデビュー時の短距離が合っているみたいだし、明けてまだ4歳の若さと伸び代で新しいスプリント王者の誕生とならないだろうか。
○テイトーキー
成績を見たときは驚いたが、ラプラタ競馬場ってどこよ?と調べてみたらアルゼンチン。父キーデピュティは名前のとおりデピュティミニスター系だが、UAEでボールドルーラーH2着があるくらいしか情報が出てこず、しかも調教師はアイルランド所属。
どこまでも謎の馬だが、メイダンで走るたびに時計を縮めてきているしこの系統は一発に乏しい代わりに本番でも崩れない安定感があるのでここでも上位争いをしてくれるのでは。
▲インペリアルヒント
父インペリアリズムはGⅡを3勝しながらとうとうGIには手が届かなかったローエングリンのような馬だが、ローエングリン同様にその子供が昨夏にGIを2連勝してBCスプリントでも3着に滑り込んだ。こういう親の無念を子供が晴らすようなストーリーは見ていて楽しいものがある。
前走は5頭立てのOP戦でいかにも本番前の叩き台だったし、目の上のたんこぶがいなくなったところで再び戴冠となるか。
△エックスワイジェット
せっかくロイエイチがいなくなったところだが、だからと言ってアッサリGIが転がり込んできそうにないメンバーでもあるのが難しいところ。入れ替わりが激しいスプリント路線において2年連続で2着に入るだけでもたいしたものなのに。
昨年の2着に入った後が順調さを欠いていたが、どうにか立て直されて地元のOP戦を2つ叩いて本番には間に合った。ただ、明けて7歳だけに更なる上積みがあるかと聞かれると…。


UAEダービーは売らないのね>胴長熊猫

今日のボックス(ダービー卿CT編)

プロ野球も開幕


開幕戦から見られない状況になったものの我らがカープは密かに開幕戦勝利。
やっぱり俺が見てなかったら勝つんだな!


ダービー卿CT
◎フィアーノロマーノ
オーストラリア産と言うこともありデビュー自体は遅れたが、ダンチヒ系らしい仕上がりの早さですぐに勝ち上がった。その後は休養を挟みながら出世してきたが昨年は京王杯SCにも出走、いよいよOP定着も見えてきた。
前走は阪神1400だったが中山1600でも1枠で勝利経験がありコース適性に問題はなさそうだし、休み明けさえ克服してくれたらいきなりでも。
○ギベオン
ボチボチ勝ち癖を付けていかないとGIに参加するだけのディープインパクト産駒になりかねない。種牡馬は飽和状態だし安田記念だけでは危ないぞ。
金鯱賞は番手競馬から失速して6着。先行と言うよりは好位で溜めて差す競馬が合うようなのでインの真ん中より前目で運べるかがカギになりそう。
▲プリモシーン
フェアリーSを豪快に追い込み、関屋記念では古馬相手に差しきって3歳世代の能力の高さを見せる先鋒となったが秋以降は尻すぼみ。人気馬の一角に見られるとどうにも自分の流れになってくれず取りこぼしやすい。
その意味では流れが落ち着きやすい牝馬同士よりは厳しい流れの牡馬相手のほうが追い込みやすいかもしれないし、一か八かの腹を括った作戦でどこまで。
△エイシンティンクル
かつてはアドマイヤリードやインディチャンプとも接戦を演じてきた馬だが、逃げ馬の宿命かクラスが上がるごとになかなか逃げられずにいる。今回も内枠にアポジーがいるので番手からになりそう。
ただ、相手がガンガン逃げるタイプなので離れた2番手からになれば実質先頭のようなものだし、直線で自然と交わせるような展開になれば。


高松宮記念までの成績【1/38 ―85620円】トリガミ1


スポーツニュースで満足>胴長熊猫

03/29のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

予想のすんごい斜め上な終わりかたしてますな。
03-29 21:41

RT @SETSUNA_NS: 今日の予想スコアは3-8でヤクルトの勝ちなんやで。
03-29 21:41

【ドバイ国際諸競走】ヴィブロス・佐々木オーナー来た(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/l1zsVCilSe @YahooNewsTopicsドバイ>横浜開幕3連戦解説の可能性…!?
03-29 17:34

03/27のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は浦和で南関東牝馬クラシック1戦目・浦和桜花賞。オッズ的には三つ巴と言った印象だが◎ダバイダバイ。ここまで勝ったときは真ん中より内枠を引いたときで、ローレル賞も2枠。差し馬だけにロスなく運べて逃げ馬を壁にできる5・6番手から競馬ができれば差はないはず。
03-27 12:26

03/26のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

あ、富岡西おつ。5回までしか見れなかったのが悔やまれる接戦だ(仕事しろ)。
03-26 17:21

密かに地方競馬情報の出馬表がグレードアップしとる…!当該距離成績と持ち時計が増えたか。
03-26 17:18

03/25のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

石岡一高みたいな幕切れを見ると、なんかこう胸の奥を掻きむしりたくなる。自分の高校野球はコールド勝ち2か:コールド負け8かみたいな試合ばっかりだったから。
03-25 17:15

03/24のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

結局、高松宮記念はイチローの日米通算安打4367本から三連単ボックス3・4・6・7で獲れたとか聞かされて「あ~」と納得。普段から三連単ボックスで買ってる身としては痛いのを見過ごしていたな…。
03-24 23:48

今日のボックス(高松宮記念&マーチS編)

隠れた能力


ウイニングポストで普段は使わない史実馬を使ったらどんなものかとやってみたらハクタイセイとサクラホクトオーが欧州マイル三冠、アラホウトクが欧州マイル牝馬三冠、サクラチヨノオー・レインボーアンバーが英ダービー勝ちと思わぬ成績。
逆にサッカーボーイやシャダイカグラはサッパリ海外では通用せずガッカリ。


高松宮記念
◎ダノンスマッシュ
モズスーパーフレアとどちらが1番人気になるか注目していましたが、こちらが人気になりましたか。ロードカナロアとスパイツタウンを比べられたかな?
新馬戦を含めて左回りで勝てていないのが引っ掛かるところですが、いずれも1400~1600で休み明けとGIなら度外視。本格化した今なら1200なのを味方に克服してくれるはず。
○レッツゴードンキ
何とか勲章を増やして嫁入りさせたいと使い続けてGIもあれこれ試したが2着まで。時代は違うがイクノディクタスを彷彿とさせるタフネスっぷり。
阪急杯は追い込み馬が掲示板を占める中で先行して粘るなど健在ぶりをアピール。逃げるモズスーパーフレアを壁にして早目の抜け出しを狙いたい。
▲アレスバローズ
前走は1200にも関わらず3角マクリと言う破天荒な競馬を見せたが5着まで。短距離であんなマクリを見られるのはスタホぐらいだと思っていたが、出来ないことはないのか。
ここまで中京芝はCBC賞勝ちを含めて3着を外したことがない得意舞台。前崩れが起きなくても前走のようなマクリ脚が使えれば坂がある分だけ逆転も可能では。
△ミスターメロディ
新馬戦でリョーノテソーロがぶっちぎられた時はたまげたが、芝で重賞を勝てるような馬だったわけだから仕方ないか。阪急杯じゃなくてフェブラリーSで見てみたかったけどなぁ。
内枠の福永なのでやらかす可能性も高いが、悠長に外を回して届くようなメンバーでもなさそうなので内を狙って詰まっちゃったらごめんなさいの競馬で。


マーチS
◎ハイランドピーク
前走は人気を背負って出遅れた分を取り返そうと、向正面から大マクリをカマしたものの逆に大波乱の引き金となってしまった。山田敬も大概だが、あの騎乗も負けず劣らず酷いと言っていいと思う。
GIと被ったお陰で外人がいなくなって再度チャンスを貰えているわけだし、昨年は親父が飛ばしているので息子が借りを返したい。
○ジョーダンキング
デビューは3歳8月と大きく遅れ、初勝利は未勝利が終了したため園田移籍で挙げたもの。中央に帰ってきてからも2度の長期休養と、順風満帆とは縁のない中でOPまで駆け上がってきた。
いきなりの重賞になるが突出した相手がいるわけでもないし、ダートでは連対を外したことがない安定感でここでも戦いたい。
▲リーゼントロック
調子の波が激しいながら波長が合えば人気関係なく走る辺りはダイワメジャー産駒らしい。前走のような小細工は抜きで馬力のみを全面に押し出す正攻法がベストだろう。
あまり目立たないが中山ダート1800は一番馬券に絡んでいる得意舞台だし、佐賀記念2着をフロックと思われている方が人気的にも妙味。
△センチュリオン
メンバーを見渡していて思ったが、ほとんどの馬が500キロ以上の馬体重なんだね。ダートでは馬格があるほうが有利だと言われているが、ここまで偏るものだろうか。
昨年のこのレースの勝ち馬だが、以後は様々な条件を使われて大敗を繰り返す散々な内容。ただ、コース適性は間違いなくここが最適だろうし、古馬になってからは休み明けのほうが走るので3ヶ月振りでも。


日経賞までの成績【1/36 ―80820円】トリガミ1


パワーBはダメだな!>胴長熊猫

03/23のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

高松宮記念やっぱり1スノードラゴン絡みの馬単オッズ1→6と5→1が抜けて人気じゃないか!イチロー馬券。
03-23 20:50

今日のボックス(日経賞&毎日杯編)

センバツ開幕


メジャーの開幕戦が行われてOP戦もたけなわ。
高校野球も始まるといよいよ球春到来を実感しますな。
仕事なんか投げ出して開会式から見ていたい。


日経賞
◎クリンチャー
昨年は結果も出ていないのにフランス遠征と言う、勇気と無謀は別を体現するかのような使い方。成績もお察しだったし、最後の有馬記念ですら使う意味があったかな?だった。
さすがに今年は地盤を固めてからになるだろうし、皐月賞の競馬なら中山がダメでもなさそうだから仕上がり次第。
○エタリオウ
サウンズオブアースが仲間に入れたそうに彼を見ている!
最強の1勝馬の称号を欲しいままにしていますが、これだけ賞金を稼ぐとOP特別に出るわけにもいかないだろうから重賞を勝てるかどうか。
▲ブラックバゴ
覚醒するわけでもないが素質切れを起こすわけでもなく、長く競争生活を過ごせるのはこの系統の良いような悪いような特徴。サクラローレルからはGI馬が出ると思ったのになぁ。
現状、平坦でも時計の掛かる馬場が好走の条件なのでAコース3週目ならボチボチ差しが届いても。
△カフェブリッツ
ダートでは完全に頭打ちの状態になっていたのに芝へ矛先を向けてから一気にOP→重賞3着。芝→ダート替わりで重賞レベルになる馬はよく見るが、その逆は珍しい。
今回は人気馬に差し馬が多い上メイショウテッコンが前走で下手を打っているだけに行かざるを得ないだろうし、その番手に息を潜めて溜めた時の中山競馬場・蛯名は不気味。


毎日杯
◎ヴァンドギャルド
北村友で勝ち上がったのにその後は違う外人3匹で3連敗。空いてるんだから北村友を乗せてやれば良いのに。
その新馬戦が阪神で、東京→中山→京都と使われてイマイチだったなかで阪神替わり。頭数も増えてきて逃げ馬が人気なら早めに捕まえる展開になるだろうからここは絶好の形になるのでは。
○ランスオブプラーナ
きさらぎ賞3着を懐疑的な目で見ていたが、アルメリア賞ではキッチリ逃げ切って難なくOP入り。1400から距離を延ばされるごとに成績が安定する辺りはサドラーズウェルズ系の面目躍如か。
ここも1枠を引いたので作戦は同じだろうし、血統的にも後続に脚を使わせる逃げかたが理想。ただ、やっぱり何世代経ようが日本の芝で父サドラーズウェルズ系に本命は打てない。
▲ケイデンスコール
で、こっちに北村友が乗ってるもんなぁ。新潟2歳S勝ちがあるから実績はこちらのほうが上位ではあるけれど。
朝日杯FSは先行していた馬が上位を占めたがアドマイヤマーズを含めて次走で勝ち切れておらず、やはり展開の綾が捨てきれない。逆に追い込み切れなかったエメラルファイトがスプリングSを制しているし、この馬も侮れないのでは。
△セントウル
10番人気でもこのオッズなのが混戦を物語っていますね。アーリントンCが移動したことで、中山最終便を使うか否かは陣営次第と言ったところでしょうか。
アイビーSは6着に敗れたが、1~5着馬はトーセンカンビーナを除いてその後に1勝以上を挙げている隠れハイレベルレース。久々に加えてハーツクライ産駒だけに右回りで不安は残るが穴ならこれか。


スプリングSまでの成績【1/34 ―76020円】トリガミ1


いや、仕事しますけど…>胴長熊猫

03/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

イチロー選手が引退したから高松宮記念は馬単1→6だろうかとか背番号で5→1にしようかとか考えていたが、どちらにせよ菜七子絡みなのが口惜しい。妙なオッズを産み出しそう。
03-22 17:26

03/21のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は高知で交流重賞・黒船賞。例年よりもメンバーが揃っていて難解な一戦ですが◎テーオーへリオス。北海道スプリントC勝ちなど1200を使われていますが、1600万までは1400を主戦場にしていた馬。サクセスエナジーとサイタスリーレッドが激しく先行争いをすれば差しも届くはず。
03-21 12:38

今日のボックス(スプリングS&阪神大賞典編)

寝坊


今日は徳島マラソンで混むだろうから早めにウインズ高松に逃げるぜー!と勇んでいたのにこんな時間だよ。
ほら、えふりんさんとこのライブ配信見てたから…。仕方ないね。仕方ないよ。


スプリングS
◎リーガルメイン
未勝利を勝ち上がってすぐに挑んだ京成杯は最後方から追い込んできたが5着。それでも先行勢が上位を占める中で1頭だけ掲示板に載ってきたのは評価できる。
フラワーCをコントラチェックが逃げ切ったのを見て権利を欲しがる馬は早めに仕掛ける展開が予想されるので、前総崩れが起きれば末脚も活きるはず。
○ヒシイグアス
ハーツクライ産駒にしては珍しく東京で負けたあとに中山で2連勝。とは言え新馬戦で負けた相手がラストドラフトだから、さほど気になる要素ではないか。
あとは逃げて連勝しているだけにここも前々勝負なのは間違いないだろうが、周りからマークされる形でハーツクライ産駒が中山重賞を勝ち切れるかどうか。
▲クリノガウディー
朝日杯FSでは低評価を覆して2着に激走。一部ではかなりの穴馬候補として取り上げられていたので美味しい思いをできた方も多かったのでは。
父スクリーンヒーローなので中山替わりは歓迎の口だろうし、内枠は朝日杯・1800も新馬戦で経験済みなので輸送をこなせれば。
△シークレットラン
この馬も東京で新馬戦を敗れたあと中山で2連勝を飾り、京成杯でも1番人気に推されたが4着。道中のマクリ組にリズムを崩されたのが痛かったし、人気で自分から動けなかったのも敗因だろう。
今回は追われる立場から追う立場になって気楽に立ち回れるし、思いきったマクリをこちらからカマしてやりたい。


阪神大賞典
◎ケントオー
ここのところ終いの脚はしっかりと使えているが、どうにも勝負所で置いていかれる癖は相変わらず。ケントオーと言うか健闘王…なんでもありません。
一癖も二癖もあるようなメンバー構成で、何から入っても結果は同じだろうから腹を括ってこの馬から。
○リッジマン
すっかり長距離戦線でもお馴染みの安定勢力に収まった感じがあるが、さすがに有馬記念のようなビッグレースでは能力不足か。ウイニングポストなら赤札で4000勝てれば金札殿堂まで狙えたりするけど。
人気になるのはそろそろ仕方ない立場になってきたが、サンデー系の骨っぽい相手にステイヤーズS以外で太刀打ちできるか。
▲アドマイヤエイカン
かつてはクラシックを期待された素質馬だったが、1年以上の長期休養など紆余曲折を経てどうにかOP馬に帰ってきた。最近はコンスタントに使えているが、内容はハーツクライ産駒らしい尻を押したくなるようなレース振り。
それだけにスパルタ騎乗の岩田に乗り替わるのは良さそうだし、鬼鞭に気合いを入れられたら一変も。
△ソールインパクト
煮え切らない系ディープインパクト産駒の見本みたいな馬で、20代の内は向こうから女が来たけど40が近付くに連れて消えていったみたいな感じ。POGで弟の方に騙されましたわ。
海外帰りの前走は静観していたが4着に好走。初勝利は東京だが残りが中山2勝と雨の東京だし雨で渋る阪神あたりは馬場も合うのでは。


フラワーCまでの成績【1/32 ―71220円】トリガミ1


中山1R飛んだなぁ>胴長熊猫

03/16のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

ファルコンSの結果を受けて自分の予想を見返したら△ヴァッシュモンの解説が隣のダノンジャスティスと混ざってた。父キングマンじゃねぇよ、ドバウィじゃん。
03-16 15:35

阪神2R三連複1-9-1212タゴム流しで9ハイロードシチーも押さえてるのになぁ…。 https://t.co/fMiXuIEFQR
03-16 10:53

今日のボックス(フラワーC&ファルコンS編)

センバツ組み合わせ


いきなり履正社VS星稜なんてカードが組まれるのもくじ引きの悪戯とでも言えますかね。
我らが徳島代表・富岡西は愛知代表・東邦と。
高校野球に興味がなくても「あぁ愛知相手じゃ無理だな」感が凄いが、知ってると更に悲壮感が凄いね。
いや、金属バットの内は番狂わせもあると思うけど…。


フラワーC
◎ミモザイエロー
この世代のオルフェーヴル産駒は全体的に勝ち上がるのに苦労している傾向が見られるが、この馬も11月にデビューしてから年明け3戦目で勝ち上がり。使い方や得意条件もまだ手探りと言った状況だけに、早くトニービン=東京みたいなわかりやすい特長を出せれば良いが。
1400~1600を使われてきたが母系はサドラーズウェルズを始めとした欧州スタミナ血統の塊。中山芝1800どころか3600ドンと来いだろうし延長歓迎。
○シャドウディーヴァ
こちらはハーツクライ産駒と言うことでデビューから一貫して東京芝だけを使われすべて3着以内。2着が多く勝ち切れない辺りもこの父らしい特徴が出ている。
前走は牡馬相手に芝2000の500万で3着。中山替わりに疑問を持たれて人気は落としているが、牝馬同士の1600よりは牡馬相手の2000実績を評価したい。
▲エールヴォア
未勝利の圧勝劇にアルテミスSは強敵相手の3着、阪神JFを回避したが牡馬相手の芝2000・エリカ賞を完勝。1600を嫌って優先出走権のないここでも使ってくる辺りは陣営の路線判断が見てとれる。
本来なら嫌う要素は見当たらないのだが、一番の危険要素は私の日刊競馬POG指名馬だと言うこと。
△コントラチェック
藤沢和厩舎のディープインパクト牝馬の中では序列が下なのか、グランアレグリアやシェーングランツに比べると使い方に隙間感が否めない。普段なら期待している馬をフルゲートの中山芝1600になんて使わない厩舎だもの。
ルメール騎乗停止で乗り替わりになるのは仕方ないが、逃げて結果を出しているだけに同型の多い今回は番手からでも頭まで来れるかが課題。


ファルコンS
◎ローゼンクリーガー
しつこく狙っている阪神JF先行大敗組ですが、先週も狙っていたプールヴィルがフィリーズレビューで来てくれてちょっとガッツポーズ。ノーワンは無印だったからどう足掻いてもハズレはハズレだったけど。
父ノヴェリスト牝馬で芝1400、しかも1400なら先週もフィリーズレビューがあるのにここ?と疑問はあるがマイルール的にこの馬も本命。
○ドゴール
サウジアラビアRCでの2着で評価が難しくなった馬の1頭ですが、年明け初戦のクロッカスS3着で更に訳がわからなく。それまでの追い込みから先行に替わっても競馬ができたのをプラスと思うか余計と思うか。
取り敢えず津村に手戻りしたので再び後ろからになりそうだが、終いの脚をどこまで信用していいやら。
▲ハッピーアワー
このレースは1600~2000を使っていたが、実はスプリンターでしたよ的な隠れ適性が露出する場。過去に馬券に絡んだ馬の父を見ていると、とても芝1400重賞の結果とは思えない。
この馬も1200~1400で2勝のあと1600重賞で2連敗。イメージ的にはバッチリの馬だが大外枠に入ってしまったのが少し痛い。
△ヴァッシュモン
父キングマンボと思いきや父キングマン。偽物かよ!?と言いたくなるが現役時代の成績もかなりのものなので文句も言えず。
1200→1400→1600と距離延長しながら成績も安定しているので守備範囲は父同様この辺りで間違いなさそうだし、あとは日本で重賞クラスを出せるかだけ。


フィリーズレビューまでの成績【1/30 ―66420円】トリガミ1


あるか?>胴長熊猫

03/15のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

@mm_seigi 「の」が競馬ファン
03-15 12:22

RT @mm_seigi: 「◯んこ」の◯に入れる文字が、「う」なのが小学生、「ち」なのが中学生、「ま」なのが高校生、「が」なのが親父、「え」なのがビッチ、「ぶ」なのが文学少女、「め」なのが昭和のスタイリッシュアクションゲーム、「き」なのが銀行、「わ」なのがめざましテレビ、「て…
03-15 12:21

03/14のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

フランケルVSコダマかぁ。生で観たかったものだ。
03-14 12:37

RT @umauma1987: 中央競馬も昭和30年代半ばまでは出走頭数が少なく、実力差の大きいレースが多々ありましたが、そういうレースほど少し狂うと大荒れとなり、3番人気で単勝50倍や、7頭立てで連単26万馬券など、現代では考えられない高配当が見られました。 https://…
03-14 12:37

本日は名古屋で交流重賞・名古屋大賞典。昨日に引き続きJRA勢5頭併せ馬みたいなメンバー構成で悲しいところですが◎キクノルア。休み明けから完全なテレンコ成績で今回は来る番。人気のグリムは1番人気だと何故か勝てない性質だし頭荒れを期待。
03-14 12:35

03/13のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

徳島県・和歌山県で震度4の地震発生 津波の心配なし(ウェザーニュース) - Yahoo!ニュース https://t.co/H8a9O8Mu4a @YahooNewsTopics職場の人間、誰一人気付かず。工場長「我々は南海トラフ来たら全滅だな!」と結論。
03-13 17:27

本日は船橋で交流重賞・ダイオライト記念。あれ、毎年ナイターだったっけ?あと名古屋大賞典と高知黒船賞の後にやってるイメージがこびりついて面喰らってますが◎ハセノパイロ。休み明け2戦目の前走で行き脚が付くようになった。極端なメンバー強化ではないし前々勝負でマクらせない競馬なら。
03-13 12:36

03/10のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

win5の金鯱賞ダノンプレミアムを入れてたら160万かぁ。160万ねぇ。160万…。
03-10 16:10

win5○5→○6→×1→1&○6→○12ああああああ!(号泣) https://t.co/of02VoMSQz
03-10 15:52

今日のボックス(フィリーズレビュー&金鯱賞編)

花粉症?


元々、年がら年中鼻炎持ちで鼻水をズルズル言わせてる体質なのですが、最近は朝方に声がでなくなるくらい喉が腫れるように。
ただ、うがいをしてしばらくすると何事もなかったように痛みも腫れも引いてしまうのであれは何なんだろうね?
皮膚も元からカサカサ肌なのでアレルギーも分かりにくいし原因を特定しにくいのが困ったもんだ。


フィリーズレビュー
◎プールヴィル
父ルアーブルは仏ダービー馬だが一族は仏1000・2000ギニーで活躍する馬が多いマイラー気質。母父ケンダルジャンはゼダーン系なのでイメージとしてトニービンとすると阪神芝1400では要注意の急ラップ得意型。
阪神JFは先行して沈んだが、あのレースで4角を真ん中より前で競馬していたジョディーはクイーンC3着・メイショウケイメイは紅梅S勝ち・シンガリ負けのスタークォーツですらマーガレットS4着とOPで結果を出しているしこの馬も続けるか。
○ココフィーユ
派手さはないものの堅実に走る先行タイプのロードカナロア産駒で、個人的にはこういう馬を量産する種牡馬のイメージを持っていたのになぁ。アーモンドアイとサートゥルナーリアがやりすぎなんや。
関東馬だけにここを使うと桜花賞まで遠征2回の間隔が厳しいのでクイーンCへ行ったりするだけに、1400を意識して使うなら本番より勝負気配なのでは。
▲アズマヘリテージ
小倉2歳S2着の賞金を盾にOPクラスを走ったが、アッサリ弾き返されて今回も人気薄。しかし、差して結果を残してきたのに何故か勝ち上がってから先行していた辺り1200が得意なのではなく行きたがる気性の問題なのかも。
前走は距離延長から溜める競馬で5着に健闘。やはり差す形なら競馬になるし内枠で前に壁を作る展開で我慢できれば最後に弾ける可能性も。
△ラブミーファイン
この馬も函館2歳S2着の賞金でOPクラスを戦っているが、こちらは新馬戦でニシノデイジーを倒したりファンタジーSで4着など実績も十分。やや器用貧乏的な能力を感じさせるので、使う側も買う側も難儀な馬になっていきそう。
この馬も阪神JF先行大敗馬の1頭でマークしていたが、18番枠に入った分だけ評価を下げた。


金鯱賞
◎エアウィンザー
とうとう1番人気ですか。そりゃ前走の勝ちっぷりとデムーロのはしゃぎっぷりを見れば納得か。
言わずと知れたGⅡ大将の一 族で大阪杯や安田記念ではヒモ扱いまでが妥当になるだろうし、本命を打てるのはここが終わったら今年は札幌記念~毎日王冠までお休みかな。
○リスグラシュー
ハーツクライ産駒のイメージから割と勝つか大敗の成績を思い浮かべるが、掲示板を外したのは2回だけの安定型。まぁ、2着が多くなるのもハーツクライらしさなのでイメージは間違っていないか。
それでも京都記念や中山記念に比べれば左回りの中京が良いだろうし、海外帰りでいきなり結果を出せるかだけ。
▲スズカデヴィアス
シンガリ人気にむしろ涎が出ますよ。
一昨年の白富士Sで差しを覚えてから競馬が一変し、昨年は新潟大賞典で念願の重賞勝ちをゲット。父も遅咲きだったがここまで逃げ馬が終わったと思わせた所から巻き返すとは。
このレースはサトノノブレスやヤマカツエースなどリピーターが活躍しやすい条件だし、人気関係なく押さえたい。
△ショウナンバッハ
更にこの馬がブービー人気か…。
この馬も中京芝2000ではいずれも重賞で3・4・11着。だが11着ですら勝ち馬とは0.3秒差で、かなりの中京巧者とも言える。
前走のようなUの字コースは苦手で、O型コースの前崩れが好走前提条件になるのでスズカデヴィアスと一緒に雪崩れ込んで来てくれたら。


中山牝馬Sまでの成績【1/28 ―61620円】トリガミ1


鼻血も出る>胴長熊猫

今日のボックス(中山牝馬S&阪神スプリングJ編)

RTA


先日、某動画でドラクエ・FFのRTAを見ていたら試しにどれくらいのタイムが出るのかやってみたくなり。
押入れのファミコンを引っ張り出したらドラクエ3があったので先人達様のチャートを見ながらやってみたら1時間ほどでピラミッドに到達し「やっぱりガチ勢の人達ってすげぇな」と感服していたら大王ガマ×4に奇襲され全滅したところで心折れました。
どんだけロスしても完走する忍耐力を身に付けたいです。


中山牝馬S
◎ノームコア
前走は後方から良い脚で突っ込んできたが、僅かに勝ち馬を捉えきれず2着。負けて強しと言える内容だったし、遠征の必要ない関東でのレースなら巻き返しは必至だろう。
コース適性も紫苑S勝ちで証明済みなので、あとは内枠を捌けるかどうか。
○フローレスマジック
ターコイズSはテンとラスト1ハロン以外がすべて11秒台のラップを刻む持久戦。この馬も上がり3位の脚を使いながら11着と沈んでおり、かなり特殊なレースだったと言わざるを得ない。
事実、上位2頭が京都牝馬Sで揃って負けているし、ペースの合わなかった組をもう一度狙う余地はあると思われる。
▲ランドネ
昔はこのレース、サンデーサイレンスの血を持たない馬を買えば儲かるレースだったんじゃよ…。まぁ、今では持ってない馬を探す方が無理のある話ではあるが。
全3勝中2勝が東京・京都なので一見、軽い馬場の方が良さそうな印象を受けるがいずれも辛勝。阪神2000では逃げて3馬身差の楽勝があるので実はパワー型コースのほうが得意な可能性も。
△アドマイヤリード
このレースを最後に嫁入りする馬が多いので、そういう馬の取り扱いが非常に難解。この馬もここが引退レースになるがGI馬だけにどの程度の仕上がりなのかは確認したい。
何故かここに来て中山巧者ぶりを発揮してきているので、最後に一花咲かせて種付けられに励んでほしい。


阪神スプリングJ
◎オジュウチョウサン
武豊乗らないのか(笑)。一応、障害も乗れるのにね。
約1年ぶりの障害戦に休み明けなので蹴飛ばすならここだろうけど、トラストが尻尾巻いて逃げ出すくらいだから中間の放馬がハンデくらいかな?
○タイセイドリーム
昨年の中山大障害はオジュウチョウサン不在の中でどんなレースになるかと思われたが、蓋を開ければニホンピロバロンとバチバチの叩き合いを演じて2着。主役不在を感じさせないレースで有馬記念より見応えがあった。
本来は打倒オジュウチョウサンの一番手だろうが、昨年は大差の3着。本来は東京や新潟などスピードを活かしたハードルコースでこそと言う馬だけに、阪神コースで強く推せないのが。
▲シゲルクロカジキ
初勝利はJRAで挙げられず佐賀競馬で3勝。中央に戻ってきてから障害入りした馬だが、まずまずの成績を収めている。
重賞ではまだ馬券圏内こそないものの、阪神コースは掲示板外もない比較的得意な舞台だし一発の魅力では人気どころよりこちらか。
△ヤマニンシルフ
平地時代から勝ち身に遅い馬だが、障害入りしてからも3着が続いていてダイワメジャーの煮え切らなさが存分に味わえる馬。芝1600でもダート1800でも走れるのを含めて使い勝手は抜群なんだけどね。
近走も安定しているが初勝利は阪神コースを逃げて6馬身ぶっちぎっているし、こちらも阪神に替わればもう少しやれても。


弥生賞までの成績【1/26 ―56820円】トリガミ1


アリアハンでアバカム覚えるタイプだから…>胴長熊猫

03/06のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

直線を向いた時はノブワイルド「おっ」と思ったけどな…。
03-06 17:12

本日は大井でフジノウェーブ記念。東京スプリントのような1200に行きたい馬と1600に行きたい馬で割れた感じのメンバーだが◎ノブワイルド。JBC以来なのが微妙だが、昨年3月の大井開催で不良馬場1600勝ちを挙げており、この馬場に泣かされる心配はなさそう。逃げ切りまで。
03-06 12:33

03/03のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

CS無料放送でカープ戦が観られるけど、観ると説教臭い一人言が増えるのでBSのソフトバンクVS阪神で我慢する。自分の体質の中で一番嫌いな癖だ。
03-03 14:03

今日のボックス(弥生賞編)

何故に


今週の競馬の予想をしていて「あれ、アーリントンCってやったっけ?」と。
カレンダーをめくったらレースが無くて、施行時期を変更したのか?と探したらNZTの前週にありやがんの。
また少頭数の重賞を作る気か。潰れかけの欧州競馬の真似事して自分等の首絞めるなよ。


弥生賞
◎サトノラディウス
ここまでの勝ち鞍が東京芝2000と5頭立てだった京都芝2400。間の中山芝2000の葉牡丹賞で3着だったこともあり、適性面でやや人気を落とした形か。
ただ、マクる形で差し届かず3着と言う内容は悪くなく、その時の2着馬は京成杯でも2着に入りレースレベルも低くない。上位人気2頭が賞金足りているだけにここはメイチの走りをしてくれるのでは。
○ニシノデイジー
条件問わず安定した走りを見せるハービンジャー産駒だが、前走は出すに出せずで包まれたまま不完全燃焼と言った競馬。今回も内枠に人気馬が集中したので、まずは位置取りがカギを握りそう。
あとは昨日のオーシャンSがあまりに速い時計だったので、上がり勝負になると辛いタイプだけに叩き合う形で直線を迎えたい。
▲ブレイキングドーン
新馬戦では単勝50倍と言う人気薄だったのにねぇ。
ホープフルSではスローペースを嫌って早めにマクって行く競馬で見せ場を作ったが、勝ち馬には全く通じず6着。それでも中山で使える脚を計れたのは陣営にとっても収穫だっただろう。
京都2歳S2着の賞金だけだとこの先で除外の憂き目に遭う可能性も捨てきれないだけに、前走のような勝ちに行く競馬で賞金加算を狙いたい。
△ラストドラフト
正直、ノヴェリストを輸入してきたときは「種牡馬としてじゃなく、ディープインパクト専用の肉壺を増やしたいだけなんじゃ…?」とか思ったり。まぁ、母父ドイツ血統のディープインパクトが尻すぼみ状態なのでシェリフズスターしないか心配です。
デビューから2連勝で京成杯も制して中山適性を示しているが、かなり速い馬場に変貌している今の状況でも同じように走れるか。


オーシャンSまでの成績【1/25 ―54420円】トリガミ1


天下り先が無くなるぞ>胴長熊猫

今日のボックス(オーシャンS&チューリップ賞編)

もう3月


会社の先輩から「もうすぐだね~」とバットを振るような仕草を見せられて『草野球か?』と思っていたらセンバツの話。
抽選会は2週間くらい先の気分でいたが、既に3月と言うこともあやふやになっていた自分としては『あっという間なんだろうな…』と思った次第。


オーシャンS
◎ペイシャフェリシタ
前走は1200にも関わらず3コーナーからのマクリ合戦に巻き込まれ一度は後方に置かれる展開ながら7着まで巻き返し。その流れに乗れた組が掲示板を占めていただけに勝ち馬以外は煽りを受けた組を狙い撃ちたいと考えていた。
中山では春雷S勝ちがあり重賞も時計の掛かる洋芝と阪神で良績のある内容ならここら辺りで一発も。
○モズスーパーフレア
この馬に限ったことでもないが、やはりゴーンウエスト系は稼げる時期にまとめて稼いだら萎む血統なのだろう。インティもゆるゆるローテにしたら持つかもしれないが、地方GIを詰め込んだら怪しくなるかも。
中山芝1200に絞ったような使い方で結果も出していて特に異論はないが、同型の多くなるスプリント路線だけに14番枠は少し気になるところ。
▲ダイメイプリンセス
デムーロがアッサリとラブカンプー捨ててこっちに乗ってるのは何なんだろうね?森田厩舎の中で期待値の高いほうに乗るような選択かな。
実際、良馬場の船橋Sは6着で重馬場だった初風Sは1着と馬場状態で結果が大きく変わる馬だし馬場が回復し過ぎなければ。
△ダイメイフジ
フルゲートの古馬混合戦の重賞にしては珍しく牡牝比が8:8。人気サイドもほぼ牝馬と言う偏り方もなかなか見ないメンバー構成ではなかろうか。合コンみたい。
意欲の連闘とか書かれているが、何で実績のない阪神芝1400に出て実績のある中山芝1200をわざわざ連闘する必要があるんですかね…?


チューリップ賞
◎ダノンファンタジー
まぁ、仕方ないか。
2歳女王が奇をてらわず素直に本番と同じ舞台、負かした2・3着馬がクイーンCでも結果を出してレースレベルの高さも証明した。
あとは後方で構えすぎて川田がダンシングブレーヴしなかったら。
○メイショウショウブ
芝では勝ち上がれずダートで初勝利を挙げた馬だったが、デイリー杯2歳Sではアドマイヤマーズの2着に好走。続く阪神JFは6着に敗れたが、追い込み馬が上位独占の中で先行してのものだから価値は高い。
人気2頭が間違いなくマークし合う展開で進んでいくだろうから、早めの進出から後続を完封する競馬をできれば。
▲ブランノワール
前走は勝ち馬にゴール前で掬われる形となって2着に敗れたが、3着馬には抜かせない根性を見せた。割と勝つときも負けるときもアッサリしているロードカナロア産駒にしては我慢の利くタイプなのかも。
勝ち上がりがこのコースで姉は阪神JF勝ち馬ローブティサージュ、兄2頭も阪神芝1600では掲示板を外したことがない阪神巧者一族だけに権利以上が欲しいところ。
△シゲルピンクダイヤ
新馬戦では道中で下げる不利がありながら盛り返してきて3着、折り返しの未勝利戦も人気は譲ったがしっかりと差しきって勝ち上がり。この馬主さんは数打ちゃ当たる的な買い方をするが、今年の当たりはこの馬か?
その後は除外の可能性が捨てきれない中、500万も使わずここに絞ってきているし素質の高さを見込まれたものならここでも侮れない。


中山記念までの成績【1/23 ―49620円】トリガミ1


3月は去る>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク