FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(スプリンターズS編)

世界の壁と壁


ラグビーが世界ランク2位のアイルランドを撃破し、女子バレーも世界ランク1位のセルビアを相手に大逆転勝利を挙げる大健闘。
しかしバスケットボール日本代表は厚い壁に阻まれ、陸上100mでサニブラウン選手を初めとした3人が初の決勝進出とはならず、準決勝で敗退となってしまった。
それでも数年前なら出ることに意義がある程度だったものをひょっとしたら…と思いながら観られるのは非常に嬉しく頼もしく感じるいい歳したおっさんの感想。


スプリンターズS
◎ディアンドル
初めての古馬対戦となった前走は好位からうまく抜け出せたものの最後にダイメイプリンセスに交わされてしまい2着。それでも1・3着馬が差し追い込み馬の中を2着に粘れたのは収穫だっただろう。
今回もモズスーパーフレアが逃げ宣言をしているがラブカンプーやマルターズアポジーも簡単には行かせないだろうから前のポケットが空きそうだし、先行勢の内側に付けて逃げ馬がタレてきたところを早めに抜け出す競馬で。
○タワーオブロンドン
セントウルSでは慌てず騒がず中団から構えて直線を向くと、ミスターメロディがもがく中を1頭だけ桁違いの脚で突き抜けてみせた。2~4着馬だって先行から速い上がりを使えているのに3馬身離すのは並大抵の所業ではない。
1番人気に推されるのも納得のパフォーマンスだったが、2歳時から前哨戦は勝つのに本番はサッパリと言う馬だけにここも不可解な敗戦も注意したい。
▲リナーテ
今年に入ってから京都牝馬Sを皮切りに4戦連続で重賞好走を見せていて、1600だったターコイズSを除けば1200~1400では1年間3着以内を確保し続けている。重賞だと2着までなのはステイゴールド産駒らしいが、格負けせず相手なりに走れる強みがこの血統の持ち味だろう。
馬体重が乱高下しやすい馬なので、輸送で前走から更に大きく減らしていないかだけはチェックしておきたい。
△ハッピーアワー
すずらん賞を追い込みで勝ってから後方待機を信条とする馬で、ファルコンSでは後に中京記念を制したグルーヴィットを鮮やかに差し切るなどハマった時の末脚は世代随一。GIレベルとなるとなかなか前が総崩れとはならないので厳しくなるが、下手に出していっても甘くなるだけだろうから腹を括るしかないか。
吉田隼→横山典へのスイッチも追い込みに徹する意思表示だろうし、忘れた頃の横山典GI2着に警戒。


シリウスSまでの成績【5/109 ―85150円】トリガミ2取消2


みんな年下なのに年上に見える>胴長熊猫
スポンサーサイト



今日のボックス(シリウスS編)

雨天決行


運動会シーズンもたけなわのようで、あちこちで学校の前を通ると保護者用のテントや陸上のラインが引かれていますな。
ただ、お天気下り坂だけにどこまで持ってくれるかでグラウンドの馬場状態が稍重~重馬場になりそう。
砂ぼこりが舞うような良馬場よりはマシだろうか。


シリウスS
◎ロードゴラッソ
芝からダートに替わって3連勝を達成し、OPクラスに昇格したが初重賞挑戦となったマーチSでは6着。一息いれて大沼S2着で勢いを付けたがマーキュリーCでは4着と、重賞では一歩足りない競馬が続いている。
それでも前走は勝ちに行って終いが甘くなったもので悲観するほどではないし、マークする側に回れればこのクラスでも勝ち負けできるだけの力はあるはず。
○モズアトラクション
ジャングルポケット産駒ながらダートで結果を出している馬で、アウォーディーと言いトニービン系も歳を取ると多様なタイプを出してくるのか。アドマイヤムーンは逆にエンドスウィープなのに芝馬ばかりだもの。
前走は追い込みが見事にハマって突き抜けたが今回は逃げ馬がメイショウワザシくらいしか見当たらずペースも落ちそうなので、気楽に後方で構えていたらレースが終わるだろうから仕掛け所を工夫したい。
▲ジョーダンキング
初勝利を園田で挙げた馬だったが、中央に帰ってきてからは堅実な走りでOPまで駆け上がると春には重賞にも出走。結果こそ出なかったが展開次第で戦えると思わせる競馬はできていた。
今回はここまで3勝を挙げている阪神ダ2000と絶好の舞台に替わるし、相性の良さを存分に活かせれば今度こそ。
△マッスルビーチ
メイショウサムソン×アグネスタキオンと言う配合にも関わらずダートでデビューすると人気薄をモノともせず勝ち上がり。500万では足踏みしたが一つ勝ち上がるとトントン拍子に出世して重賞までやってきた。
いきなり人気になりすぎでは?と言いたくなるオッズではあるが、50キロとハンデにも恵まれているだけにいきなり通用してもおかしくない。


オールカマーまでの成績【5/108 ―82750円】トリガミ2取消2


差せ~(リレー)>胴長熊猫

09/23のツイートまとめ

09/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は高知で珊瑚冠賞。転入してから無敗のケイマがどこまで連勝を飾れるかですが◎ファドーグ。前走ではケイマに敗れたが、JRA時代は1800を中心に走っていた馬で距離が短かったと言えるし1400→1900と距離延長の今回は逆転もあり得る。
09-22 14:00

今日のボックス(オールカマー&神戸新聞杯編)

ラグビー楽しい


プロ野球の楽しみは来月のドラフト会議まで特にないので、ラグビーW杯に興じています。
バスケもそうですが、自分ができないスポーツを見ると素直にビッグプレーに一喜一憂できるのがいいですね。
中途半端に経験してしまうと説教臭くなるから。


オールカマー
◎ミッキースワロー
今期はずっと使われてこなかったが、ようやく秋の初戦に中山を選んできた。とは言え中山記念か日経賞だとメンバーが揃いすぎるから嫌ったのかもしれないが。
前走を見てもやはり得意なのは小回りのO型コースで間違いなさそうだし、GI馬2頭に土を付けたいならここが最適か。
○レイデオロ
ドバイ→宝塚記念と不甲斐ない競馬が続いていて、ピークを過ぎた説もチラホラ聞こえてくる昨今。ただ、気性に難のある一族だけに遠征競馬に適性がないだけかもしれない。
ダービー馬ではあるが中山では皐月賞以外で連対を外したことがない堅実派だけに、有終へ向けてまずはどれだけ立て直されたか。
▲クレッシェンドラヴ
3歳秋まではモタモタしたところのあるステイゴールド産駒だったが、年明けからOP入りを果たすと七夕賞でも2着に好走して重賞への足掛かりを得た。この系統は強くなると一気にGIまで登り詰めるタイプだけに、ここからが正念場だろう。
少頭数ながらメンバーは強化されているので、胸を借りるつもりでマクリを狙ってみてどこまで。
△グレイル
クラシック3冠では皆勤賞を達成したが皐月賞6着が最高着順であとは見せ場もなし。京都2歳Sの勝ち馬だけに菊花賞ならと思わせたが、後方すぎてレースに参加できなかった。
7ヶ月ぶりだった前走も中団から脚を伸ばすだけの競馬だったが休み明けを考えたら上々の内容だったし、一つ叩いて上昇してくればこのメンバーが相手でも。


神戸新聞杯
◎ワールドプレミア
当初は持て囃されたディープインパクト×ドイツ牝馬の組み合わせだが、今や話題にすら挙がらなくなってきた。最近はチリとかアルゼンチンが注目されがちだが果たしてどうなるか。
春は若葉S2着を最後にお休みとなってしまったが相手もヴェロックスと強かったし、一夏越えてどれだけ成長できたかここで拝見したい。
○サートゥルナーリア
皐月賞を制したときにはロードカナロア産駒から3冠馬が出るのではないかと期待したが、ダービーでは上がり最速の脚を繰り出したものの4着。レーン騎手に乗り替わりと言う不運はあったが、一番運の良い馬が勝つと言われるダービーには似合わないと判断されたのだろう。
今回は仕切り直しの一戦になるが、実力は申し分ないだけに2400の敗因が乗り替わりだけなのか距離も関係あるのかを見定めたいところ。
▲レッドジェニアル
京都新聞杯を後方から差し切って重賞制覇を飾りダービーへの出走を果たしたが、本番ではサートゥルナーリアより後ろから追い込む展開になり8着。決め手は世代でも上位なだけに、あとは使える形に持ち込めるかがカギになる。
稍重で敗れたアザレア賞があるだけに、台風で馬場が悪化しないのがベストになるので何とか良馬場で持ちこたえてくれたら。
△ジョウショームード
新馬戦ではヴェロックスの7着と言う凡庸な成績だったが、未勝利をすぐに勝ち上がると紫菊賞ではロジャーバローズと0.2秒差の3着に好走。クラシックには縁がなかったが素質はOPクラスでも戦えるものを持っているだろう。
小倉で2連敗したことで人気は最低レベルだが、阪神芝は1戦1勝と意外に広いコースを得意にするタイプかもしれないので後方から構えて上位を狙いたい。


セントライト記念までの成績【5/106 ―77950円】トリガミ2取消2


だから高校野球も見てて面白いんだな>胴長熊猫

09/18のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井でJBCクラシックトライアル・東京記念。ダート2400と言う未知のレースだけに誰が一番適性があるのか不透明だが◎マルカンセンサー。TCK女王盃では2着とラビットランに先着し、前走もローレライ相手に完勝と本格化の兆し。距離と牡馬相手が課題になるが克服できたら。
09-18 12:34

09/16のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

最後の100円まで使ってスッテンテンになり、トボトボ高知競馬場から我が家まで高速道路で帰る途中「飲み物でも買うか」とサービスエリアに寄り自販機の前まで来たところで「だから最後の100円まで使ったんだっつーの!」と我に帰る。ダメな大人になったなぁ。
09-16 21:09

本日は高知で西日本ダービー。生え抜き馬しか出られない特殊な条件で行われるため比較が難しいが◎アンタエウス。砂が舞うほどに乾いたダートで1Rから外枠差し馬が台頭しているし、リリコとテツを目掛けてマクれば直線で逆転まで。○アルネゴー▲ディアレイカ△リリコ。
09-16 17:26

昼からボウズを続けて西日本ダービーの軍資金がヤバイので、GWでやったモツ煮込み注入。この暑いのに…と言う周りの視線が冷たい。 https://t.co/VAyU6BXlwx
09-16 16:19

唐揚げ祭りなんてやってたからザンギ、白から、どぶ漬け唐揚げ…と調子に乗りすぎたinパドック。どこの自販機もお茶だけ売り切れてやがる。 https://t.co/vWeZLsagA4
09-16 14:16

本日は高知競馬に。徳島に来てからパルス藍住で済ましていたからハルウララブーム以来だが、トイレが綺麗になってた。 https://t.co/KFEf37OnS1
09-16 13:18

今日のボックス(セントライト記念編)

3連休最終日


どこにも出掛けないまま終わるのも虚しいので、せっかくだから出掛けるか。
どこへ行くかは車に乗ってから考える。


セントライト記念
◎リオンリオン
週中までは上がり勝負になると分が悪いかなと思っていたのですが、折からの悪天候で重馬場に悪化したことで方針転向。キセキのせいでルーラーシップ=道悪巧者のイメージがあるが、統計的にはどうだろう。
キタサンブラックやジェネラーレウーノがダービー惨敗から逃げて巻き返しているので、横山典がまた逃げ切りをカマしてくれたら。
○サトノルークス
新馬戦では僅差の2着に敗れたが、そこから3連勝でクラシックに乗り込んだ。結果は2戦とも二桁着順の大敗だったが、すみれSの時点でお釣りがなくなっていたのかも。
ディープインパクト産駒だが母父サドラーズウェルズで切れ味を削いだ先行馬だし、パワー寄りの時計が掛かる馬場でこそ力を出せるのでは。
▲タガノディアマンテ
オルフェーヴル産駒としてきさらぎ賞2着の賞金を盾にクラシックに挑戦したが、後方から追い込むだけの競馬でダービー9着が最高成績。上がりは上位の脚を使えているが、後ろに構えると届かず中団からでは伸びずでもう少し成長が欲しいところ。
京都新聞杯を人気で飛んだように、注目されるとやらかす血統だろうから今回のような盲点のオッズの時が狙い目か。
△モズベッロ
若葉S5着→京都新聞杯9着と権利を得ることはできずクラシック出走はできなかったが、白百合S2着など世代のなかでもOPクラスなら何とかなる程度には実力を備える中堅馬。前走で重馬場を苦にしなかったように、ディープブリランテ産駒らしいダート的な脚を持っているのだろう。
クラシックではなかなか確保できなかったデムーロが空いていたのは幸運だし、2勝を挙げたコンビで走れるなら重賞でも。


ローズSまでの成績【5/105 ―75550円】トリガミ2取消2


迷子大好き>胴長熊猫

今日のボックス(ローズS編)

やはり強い


ディアドラが海外GI連勝を賭けて臨んだ愛チャンピオンSでしたが、やはり展開が向かないと勝ち負けまで飛び込んでくるのは厳しいと言うところか。
内に潜ると前が開くかは運になるし、外へ出せば距離ロスから捉えきれない可能性が高まる。
オルフェーヴルは最後にやられてしまったが、日本式のフォルスストレートマクリとか一発狙いで仕掛けても面白いか。


ローズS
◎ビックピクチャー
快速牝馬として鳴らしたストレイトガールの妹になるが、こちらはディープインパクト産駒らしく1800もこなす中距離型。ひょっとしたらビリーヴみたいに1200でいきなり才能開花みたいな将来があるかもしれないが。
2歳時にはラヴズオンリーユーとも接戦があった馬で溜めれば斬れる脚があるのを前走で掴んでいるだろうから、岩田ジュニアが親父譲りの鬼追いで突っ込んできてくれたら。
○ダノンファンタジー
阪神JFを勝たれた時にはPOG指名を直前で見送った悔しさからハンカチの端を噛む事態となったが、クラシック2冠はどちらも首を捻る結果に終わり早熟説が出る始末。母系もカロだから確かにそういうイメージを持たれても仕方ないが。
ただ、人気を背負って大事に行きすぎた桜花賞と距離を不安視してどっち付かずの競馬になったオークスと敗因はハッキリしているし、ここで好走して本番で人気を吸うリズムを期待。
▲スイープセレリタス
スイープトウショウも母としてはなかなか結果を出せていなかったが、ようやくクラシック戦線に乗れるような産駒が出てきた。牡馬相手に活躍した牝馬は男勝り故に子育てが下手になりがちらしいが、年取って馴れてきましたかね。
藤沢和厩舎らしく左回りの広いコースばかり使っているので阪神コース替わりが課題だが、これからGIを狙うなら四の五の言ってられないので関西遠征も含めて克服してもらいたい。
△シャドウディーヴァ
フローラS2着からギリギリでクラシックに間に合いオークス出走を果たしたが6着。ここまでの成績を見ても詰めの甘いハーツクライ産駒で、恐らく緩い条件戦より厳しい重賞でこそ本領を発揮するタイプだろう。
母系がダンチヒ×アホヌーラで姉たちは1200~1600に勝ち鞍が集まっているし、1ハロンでも短くなるほうがこの馬にとっても好材料になるのでは。


阪神ジャンプSまでの成績【5/104 ―73150円】トリガミ2取消2


ツインターボ大逃げとか>胴長熊猫

今日のボックス(阪神ジャンプS編)

盛りだくさん


3連休にJRAも3日連続開催に日曜はアイルランドチャンピオンSで月曜は西日本ダービー。
如何に金を持たすかがカギを握るな。


阪神ジャンプS
◎アグリッパーバイオ
障害転入初戦を快勝して小倉サマーJ3着と上々の滑り出しを見せたが、そこから休養を挟むようになり順調に使えなくなった。大敗はしないものの武器が見当たらない競馬が続いていて、正攻法意外に手立てがない感じ。
それが休み明けを一つ叩かれてから小倉で2連対と調子を上げてきたし、阪神は平地時代に3勝中2勝を挙げた得意舞台だけに一発があっても。
○シンキングダンサー
オジュウチョウサンの再度平地挑戦もあって混沌とする障害路線だが、絶対王者不在の中で押し出されるように人気になると今までのような競馬をさせてもらえなくなる典型のような前走だった。中山大障害までにどんな陣容になるかは不明だが、やはり追いかける側が強いのは常だろう。
関西遠征でまだ勝ち鞍がないのと、人気ほどの信頼をまだ置けないが無印にするほど弱くはないだろうと言う難儀なところで無難な対処。
▲メドウラーク
平地力はあるだろうからと言う理由で新潟なら走りやすいだろうと前走でも印を打ったが、番手でずっと突つかれる展開に直線では音を上げてしまった。あそこから突き放すようならGIも見えてくるが、4着に粘っただけ頑張ったと誉めるべきか。
今回は襷コースへの対応が課題になるが、前走よりも前で勝負をしたい馬が揃ったので中団から構えることになりそうだし楽に溜められれば見直しも。
△トゥルーハート
こっそりサトノダイヤモンドが勝利した神戸新聞杯に出走していた馬だが、紆余曲折を経て障害で連勝と相成った。ハーツクライ×ダンチヒなのでダート転向よりは可能性が高いような気はする。
タマ○ンを取られるような気性だけに少頭数や広いコースで折り合いを求められるのは不得手だろうから、襷コースで重賞の厳しい流れになるほうがこの馬には合っているかも。


セントウルSまでの成績【5/103 ―70750円】トリガミ2取消2


負ける前提>胴長熊猫

09/12のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は浦和で交流重賞・オーバルスプリント。3歳馬に中央、地方の古馬に牝馬とバリエーションに富んだメンバー構成だが◎ノボバカラ。ダート1200~1600の中でも1400だと根岸S意外では崩れておらず、今年も栗東Sを勝つなど衰えなし。逃げ馬も多いし差し脚質も活きてくるはず。
09-12 12:35

今日のボックス(京成杯AH&セントウルS編)

赤松選手、引退か…


癌で闘病しながら1軍復帰を目指していたところでしたが、ついに見られないまま引退を表明。
阪神の原口選手も同じように癌を乗り越えて1軍でもホームランをかっ飛ばしていただけに、それに続けないかと思っていたんだがなぁ…。
いや、命あっての物種。これからの人生のほうが長いのだから療養していただきたい。


京成杯AH
◎クリノガウディー
前走は勝ち馬ともども52キロの軽ハンデを活かして2着に飛び込んだが、伊達にGI2着の実績はフロックではないと証明したか。差す展開は新馬戦以来だったが、ひょっとしたら上がりの競馬に対応力は高いのかも。
スクリーンヒーロー×ディアブロなら中山替わりは歓迎だろうし、ハンデ54キロで再び内枠なら連続好走があっても不思議はない。
○プロディガルサン
古馬になってから崩れたのはいずれも東京で、本当にリアルスティールやラヴズオンリーユーの兄弟なのかと疑いたくなる。厩舎の関係で人気にもなりやすいから単勝で痛い目に遭った人数はかなりのものではないだろうか。
今回は昨年のこの開催で久々の勝利を挙げた中山芝1600に替わるし、追い込み脚質だけに外を回していては届かないだろうから内埒一杯をスルスル上がってこれたら。
▲ハーレムライン
未勝利勝ちから3連勝でアネモネSを制してクラシックへ乗り込んでいったが二桁着順の惨敗。血統的に向きそうなオークスに出られなかったのが痛かった。
長らく低迷していたが春の新潟で復調の気配を見せていたし、一つ叩かれて得意の中山芝1600なら牡馬相手でも戦えるのでは。
△ディメンシオン
初勝利は3歳7月と遅れたが、昨夏に3連勝でOP入りするとターコイズSでも5着と重賞への足掛かりを掴んだ。春は一頓挫ありヴィクトリアマイル路線に乗れなかったが、母系もサドラーズウェルズ×ミルリーフだけにこれから伸びる余地は残しているはず。
意識して広いコースを使ってきているので中山コースで走れるかが課題だが、夏から順調に来ているしそろそろ勝ち負けまで突っ込んできても。


セントウルS
◎イベリス
アーリントンCを勝ったことでマイル路線でも自信を付けてNHKマイルCに挑んだが16着。人気を見ても関係者よりファンのほうが距離適性を見抜いてる感じだった。
やはりロードカナロア×ボストンハーバーでベルカントの妹なら芝1200ドンと来いだろうし、52キロで走れるなら開幕週の芝と合わせて逃げ切り警戒。
○ダイメイプリンセス
前走で印を打って見事に激走してくれたお陰でますざぶ大オフ会への旅費を捻出してくれた立役者。頭まで突き抜けてくれるとは思っていなかったので直線は熱かった。
ここまで一つ好走すると連続して結果を出す馬でもあるし、まだ懐疑的な目で見られているようなオッズなら喜んで押さえたい。
▲ミスターメロディ
オーロCで結果が出なかったときはJBCスプリント路線を目指したほうが…なんて思っていたが、高松宮記念で芝GIを持っていくわけだから堪らない。リョーノテソーロをPOG指名していた身としてはGI馬が相手じゃ仕方ないねと諦めも付く。
ここまで休み明けでは2戦2敗と厩舎も含めてヤラズ体質なのは気掛かりだが、ストームキャット系なら休み明けでも走れるだろうし外枠から気分よく先行できれば。
△アンヴァル
すっかり芝1200路線の助演女優賞みたいな立ち位置を確保した感じがあるが、やはりロードカナロアは1200で買ってナンボ。アーモンドアイとサートゥルナーリアはお母さんが優秀ってことにしとこう。
前走は後方からギリギリ追い込んだが、連対したときは真ん中より前で競馬をしたときだけに前半であまり置いていかれなければ。


紫苑Sまでの成績【5/101 ―65950円】トリガミ2取消2


お疲れさまでした>胴長熊猫

今日のボックス(紫苑S編)

うっかり


予想してアップ予告を掛けた気分で仕事してた。
昼休みに戻ってきちゃったよ。


紫苑S
◎カレンブーケドール
オークスでは10番人気の低評価を覆す走りを見せて2着に好走。スイートピーS組だったことで軽視されていたが、クイーンCで僅差の4着だったことを考えればノーマークにするのはおかしかったと言うことだろう。
未勝利勝ちが中山芝1600なのでコースにさほど心配はないが、今回はマークされる側に回るだけにアッサリ先行できるかどうか。
○フィリアプーラ
中山で未勝利→フェアリーSと2連勝を飾りクラシック戦線に挑んでいったが、後方から追い込むだけの競馬で見せ場には至らず。どちらも先行馬が押し切る流れだけに、勝ち負けするにはよほど抜けた力の持ち主でなければ無理だろう。
ほとんどの馬が本番へ向けて賞金が欲しい立場だけに前掛かりの展開が予想されるし、早めに動く馬が出てくれば捌きやすくなって進出も楽になるのでは。
▲パッシングスルー
新馬戦では後のNZT勝ち馬・ワイドファラオを差し切り、シンザン記念→フローラS4着と重賞でも上位の力を見せたがGI出走は叶わなかった。それだけに最後の1冠だけは出走に漕ぎ着けたいだろうからここは仕上げも抜かりないだろう。
前走で新潟ではなく福島芝2000を使ったのもトライアルと本番を見据えてのものだろうし、あとは大外枠を克服できれば。
△レオンドーロ
これまでのレースでは中山と福島はフラワーC以外で1・2着、東京では3着以下。スクリーンヒーローはジャパンC勝ち馬だが、産駒はやっぱりロベルト系なんだなと思わせる。
前走は先行してズルズル後退したが、好走パターンは中団からの差しだけにどれだけ流れに乗っていけるかがカギ。


新潟記念までの成績【5/100 ―63550円】トリガミ2取消2


当たってたら悔しいし>胴長熊猫

09/04のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は川崎で戸塚記念。昨晩の豪雨がどこまで馬場に影響するかで有利不利がありそうですが◎レオズハウライト。黒潮盃勝ち馬・リンノレジェンドを6馬身ぶっちぎり、2着のグリードパルフェもブルーバードCで撃破した実力馬。休み明けを叩いて体勢も整っただろうし、一角崩しまで。
09-04 12:30

今日のボックス(新潟記念&小倉2歳S編)

9月


いよいよ夏競馬も最終週を迎え、世の学生たちも夏休み最後の日を楽しんでいることでしょう。
宿題なんて提出するまでが期限なので、明日までにやってきますと言いながら冬休みまで引き延ばして提出する気持ちで遊ぼうぜ。
その内、遊べなくなるから。


新潟記念
◎フランツ
2歳秋に勝ち上がり2戦目で敗れたが、アルメリア賞を勝って京都新聞杯でのクラシック戦線へ望みを繋いだものの1番人気で大敗。押せ押せローテで疲労が溜まっていたのもあるだろうが、やはり晩成型の一族なのだろう。
長期休養から帰ってくると100%連対でOPまで返り咲いてきたし、本格化の兆しを見せてきた今なら一気に重賞でも。
○カデナ
弥生賞を勝って皐月賞に進んだときはクラシックでの主役にすらなる可能性を見せていたが、ここを派手につまづくと長いスランプに。マイルに挑んだり目先を変えようと苦心してきたが、今年に入ってから急に上向いてきて連続好走と復調してきた。
まだ半信半疑と言った感じのオッズだが、馬体重の乱高下が激しい割に安定しているので下手な人気にならない内がうま味か。
▲アクート
全4勝中3勝が新潟と言う巧者だが、東京ではあまり実績がないことから別にサウスポーなわけではないのか。余程、走りやすいコースなのかはたまた別の理由があるのか。
ステイゴールド産駒らしく少頭数のレースでは詰めの甘さを露呈しやすいので、フルゲートの厳しい流れでこそこの馬の本領を発揮できるのでは。
△センテリュオ
前走は1番人気で4着に敗れたが、初の重賞挑戦でいきなり人気を背負ってしまう状況であったし仕方ないか。安定感は確かに買える要素ではあったが、突き抜けるにはまだまだ力不足だったのだろう。
今回は更にメンバー強化で牡馬相手と条件は厳しくなるが、初めての左回りと遠征になるのでそれが精神的なリフレッシュになってくれたら。


小倉2歳S
◎トリプルエース
ストームキャット×サンデーサイレンスだけど父は仏ダービー馬でこの馬はアイルランド産。血統の字面だけ見たらバリバリのアメリカン配合なのにね。
新馬戦ではスローな流れを中団から差しきる珍しい形で快勝。そこから余裕をもってここへ挑んでいるし、前を見ながら進めて差す競馬なら前走の再現もあるのでは。
○カイルアコナ
デビュー戦は芝1200でよく見るスピードの違いからハナに立って逃げ切る鮮やかなもの。2番手以下がゴチャ付く間にリードを広げたので着差は派手になったが、まともに追ってきていても交わされることはなかっただろう。
こちらも早くからここを照準に合わせてきており、キンシャサノキセキ産駒だけに条件は絶好だろうからここは賞金を上積みしておきたいところだろう。
▲テーオーマルクス
新馬戦の芝1600は先行して終いバテたが、芝1200未勝利では逃げてそのままと早くもスプリンターとしての資質を出している馬。個人的にはロードカナロア産駒の典型的な出世パターンだと思っているので、どこでアーモンドアイの幻想から離れられるかがカギだろう。
さほど厳しい競馬を経験していないので同じタイプが集まる芝1200重賞でも先手を取れるかが焦点だが、昨年も2頭が絡んだロードカナロア産駒だし今年もどうか。
△カリニート
名前の意味は「愛しい人」だそうだが、仮ニート。あれか、求職中くらいか。
ルーラーシップ産駒だが気性で走るスプリンタータイプのようで、下手に溜めるよりはガンガン押していって競り落とす新馬戦のような展開が持ち味になるだろうからここも外枠からなだれ込みたい。


札幌2歳Sまでの成績【5/98 ―58750円】トリガミ2取消2


遊べなくなるから(真顔)>胴長熊猫

08/31のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

POGりん指名馬・ミッキーメテオが新馬勝ち!日刊競馬POG指名馬・ブラックホールが札幌2歳S勝ち!みんな本人が仕事で見れないときに限って好走する!疫病神イエーイ!
08-31 17:17

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク