FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(ステイヤーズS&チャレンジC編)

冷え~


朝晩かなり寒いなぁと思っていたが、とうとう愛車のフロントガラスが凍りだす。
朝露を払おうとワイパー動かしたらガガガガガ…!


ステイヤーズS
◎ヴァントシルム
初勝利を新潟芝2400で挙げたステイヤーで、ジャングルポケット×マンハッタンカフェの字面通り2200~2600を中心に好走を重ねてきた。使い方を見るとジャングルポケットの東京かマンハッタンカフェの中山かで迷っている感じだが、現状はやや東京寄りか。
休み明けからの2戦は札幌芝2600でマクリ切れず2連敗と見所は作れなかったが、サンデーサイレンス×トニービンの配合からはデスペラードが勝っているしこの馬も要注意。
○モンドインテロ
昨年と3年前のこのレースで3着になっているが、それを含めて勝ち鞍は1800か2400か2600しかなく、かなりスイートスポットの狭い馬。調教師としてはローテを組みやすくて良い反面、これだとGIはジャパンCしかレースがないのも難点。
今年も出ているリッジマンやアルバート同様にリピーターが走りやすい特殊な条件だし、上記2頭よりオッズを加味したらこの馬のほうが美味しいのでは。
▲サンシロウ
名前を聞いたらセガ・サターンのCMを思い出す。一度もプレイはしたことないけど。
今年は芝2400前後のレースを使い出してから一度も掲示板を外しておらず、2着ばかりとは言え本格化の兆しが見えてきた。母テンイムホウはラムタラ産駒なのに1200がメインのスプリンターだったのにね。
いきなりの重賞で通用するかが課題だが、能力よりも適性がモノを言うレースだけに思わぬ才能を見せてくれるかも。
△チェスナットコート
過去にはオーストラリア遠征も果たした馬だったが、帰国してからは5着が最高で馬券圏内には入れずにいる。使えてはいるので体調を崩しているわけではなさそうだが、精神面でのダメージが大きかったのだろうか。
ハーツクライ産駒と言うのもあってか中山はまだ2回
しか使われていないが、重賞2着と海外帰り初戦の大敗だけなので意外と合っているのでは。


チャレンジC
◎ブレステイキング
3歳時にはプリンシパルS2着やセントライト記念4着などGI一歩手前の成績を残す中堅クラスだったが、その後は順調さを欠いて飛び飛びにしか使えず出世が遅れた。それでも前走でようやく1600万を卒業してOP入りを果たせたし、やはり素質は重賞レベルだろう。
既にGⅡで掲示板の実績があるので格負けの心配はないだろうし、あとは名前の通りあっと驚かせる走りをしてくれたら。
○ロードマイウェイ
未勝利では後の弥生賞馬・メイショウテンゲンを下して勝ち上がると2000ではヴェロックスらに歯が立たなかったが、1600~1800に狙いを定めてOP入り。シンコウラヴリイの一族でジャスタウェイ産駒だし、本質的にはマイラーの評価が妥当か。
今回は2000への距離延長が気になるところだが、祖母はオークス4着のレディミューズだし開幕週のスピード馬場なら立ち回り次第でこなせるのでは。
▲ギベオン
昨年は中日新聞杯のほうを使って重賞勝ちをしたが、あれから1年まさか勝ち鞍のないまま過ごすことになるとは。そして今年はこちらを使ってくるとは。
毎日杯・鳴尾記念と阪神コースの重賞では安定して走れているし、藤原英厩舎は休み明けから仕上げてこないので叩き2走目のここは前走以上を期待していいのでは。
△テリトーリアル
日本ではサッパリ走らなかったサドラーズウェルズ系も、近年は薄まってきたからか重賞でもチラホラ見られるようになった。まだデインヒル系ほどGIでもと言うわけではないが、3冠をブッコ抜くような大物を見てみたいところ。
ダーレーも短距離では日本制圧を果たしつつあるだけに2000~2400でノーザンFを焦らせるような活躍馬を出せるかどうか。


ジャパンCまでの成績【7/138 ―96200円】トリガミ2取消2


冷凍マグロ>胴長熊猫
スポンサーサイト



11/28のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

@flowertateyama 「冬のボーナス」 胴長熊猫 殿 【支給額】 ¥1#shindanmakerhttps://t.co/IXrzsQEatD勝った(大敗)。
11-28 12:28

本日は浦和で交流重賞・浦和記念。チャンピオンズCと日程が被ることもあり何だかどの馬が中央馬なのかわかりにくいメンバーですが◎オールブラッシュ。ここ3走は差して結果が出ていませんが逃げたときはしぶとさを発揮。アイファーイチオーとの逃げ争いを制すればまだまだ地力は上位。
11-28 12:26

11/27のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は園田で交流重賞・兵庫ジュニアグランプリ。例年より中央馬が芝で頭打ちみたいな馬ではなく、キチンとダート2勝馬ばかりでなかなかレベルが高そうだが◎アザワク。差しの難しい園田1400を内枠からダッシュを決めて先手を奪えれば1ハロン延長でもコーナーワークで誤魔化し押し切れる。
11-27 12:25

今日のボックス(ジャパンC&京阪杯編)

海外馬0


レース前には衝撃が走りましたがある意味、令和時代の国際競争はこんな感じになっていくのかも。
チャンピオンズCだって海外馬が来ないなんてことは毎年のことだし、JRAも低レベルな馬を無理やり引っ張ってくるより高レベルな日本馬に海外GIをジャックさせる形を取るほうが馬券発売も人件費が掛からず儲かると判断したのかも。
個人的には寂しい考えだが。


ジャパンC
◎ユーキャンスマイル
3歳春までは凡庸なキングカメハメハ牡馬で、いつ短距離にシフトするかと見ていたら菊花賞3着。ダイヤモンドSを制するなど、すっかりステイヤーとしての位置を確立しつつある。
それだけに2400への距離延長は歓迎だろうし、勝負どころで置いていかれる癖があるので馬場も少し渋るほうが追走しやすいだろうから周りが脚を取られる間に突き抜けたい。
○レイデオロ
春のドバイ遠征から帰ってきて以降は悪くないが誉められる内容でも着順でもなく宝塚記念→オールカマーと敗退。反応の鈍さが目立つようになり全盛期を過ぎたのではと言う声もチラホラ聞こえ始めた。
ただ、いずれも帰国初戦→休み明けと仕上げにくい状況なのは間違いないし、天皇賞・秋をスキップしてここへ照準を絞ったなら人気落ちしたここが狙い目。
▲スワーヴリチャード
この馬もドバイでは3着と健闘したが帰国してからは宝塚記念3着→天皇賞・秋7着とイマイチ弾け切れないレースぶり。大阪杯を勝ったときが奇襲に近い内容だっただけにガップリ4つの競馬ではあんなものなのだろうか?
それでもダービー2着とアルゼンチン共和国杯勝ちがあって東京2400は得意な部類に入るだろうし、ここらで復活の狼煙を上げてもおかしくはない。
△ムイトオブリガード
この馬にルメールが乗っててエタリオウに横山典が乗っててレイデオロにはビュイックが乗っててややこしや。海外馬は1頭も来ないのに外人騎手は何人おんねん。
昨年まではキタサンブラックやキセキのような有力逃げ馬がいたが、今年はダンビュライトが行くかな?程度しか見当たらないだけにスローの番手から構えられたら前走のような押し切り競馬で台頭できるのでは。


京阪杯
◎カラクレナイ
3連勝でフィリーズレビューを制して以降、長くスランプに陥っていたが夏のバーデンバーデンCで2年ぶりの勝利。いつ繁殖に上げられてもおかしくない状況から、よくぞ戻ってきたと言えるだろう。
ここ2走はいずれも8枠で厳しい展開でのものだっただけに、真ん中の枠に入れた今回は久々に重賞での好走も期待できるのでは。
○アイラブテーラー
これまで母親のオーナーだったタケショウの冠でお馴染みナイト商事が持っていたのに、セール取引に回した途端これだもの。庭先でいくら払っていたかは知らないが、持ってねぇなぁ。
ここまではトーセンラー×ダンスインザダークと言う濃い目のサンデーサイレンスインブリードが吉と出ている感じだが、重賞でも通用する能力を有しているかにも注目したい。
▲ライトオンキュー
休み明けに禁止薬物飼料騒動に巻き込まれて復帰時期が延びたものの、UHB杯2着→キーンランドC4着と好走して存在感をアピール。タワーオブロンドン・ダノンスマッシュと接戦を演じられたのは収穫だっただろう。
賞金の関係でGIには間に合わず来年の高松宮記念が目標になりそうだが、それまでに賞金加算が必須なだけに少しでも稼いでおきたいところ。
△パラダイスガーデン
ダートで初勝利を挙げてからしばらくはダートを中心に使われていたのが、芝を使い出すと急に成績が安定。逆はかなり聞く話ではあるが、よほど適性が違っていたのだろう。
1年以上の休み明けからは低迷していたが春先に帰ってきてからは上がり最速を連発するなど復調気配は感じられるし、ここも内枠からスルスル抜けてきたら侮れない存在になりそう。


京都2歳Sまでの成績【6/136 ―123870円】トリガミ2取消2


名称も変えなきゃならんかもね>胴長熊猫

今日のボックス(京都2歳S編)

送別会


昨晩はお偉い様の見送りで場違いな食事をたらふく頂いて来たのですが、さすがにご来賓の社長様はカニが出ようがとろけるような肉のすき焼きが出ようが関係なく。
昔話を肴に日本酒が呑めたら問題ないみたいで軽く料理をあしらっておいででした。
たぶん、これまでの人生で食べてきたカニの量より多い量を一晩で食べたと思われます。
極太マッキーより太いよ、あのカニ。


京都2歳S
◎マイラプソディ
デビューから2連勝の内容自体は誉められたものではないが、人気でもしっかり勝ち切れるハーツクライ産駒と言うのは評価できる。悪いのは馬ではなく、番組編成をするJRAの木っ端役人ども。
ハーツクライが京都重賞では2着が多いのは周知の事実だが唯一の勝ち馬がこのレースを勝っているグレイルであることを考えると、内回り2000重賞ならハーツクライでも乗り切れる舞台なのだろうか。
○トウカイデュエル
新馬戦では後の萩S勝ち馬ヴェルトライゼンテに水を空けられたが、返す刀の未勝利を勝ち上がると紫菊賞でも3着。ジャスタウェイ産駒だが母系はトウカイテイオー×リアルシャダイでクラシックディスタンスを得意としそうだし、距離は大丈夫だろう。
ただ、暑苦しさは否めない血統なので馬場がもう少し渋って上がりが掛かるようなら切れ味タイプがノメる間に差を詰めたい。
▲ロールオブサンダー
いきなり11番人気の低評価を覆してデビュー戦を勝ち上がると、2戦目も7頭立ての6番人気で2連勝。どれだけの人がこの馬の単勝を転がせたかは知らないが、馬主さんですら応援馬券を持っていたくらいではなかろうか。
前走は押し出されるように前に行っただけで逃げ馬と言うわけではないし、今回も行く馬がいなければスンナリ先手を奪ってアッサリまで。
△ヒシタイザン
こちらもデビュー戦ではコスモス賞勝ちのルーチェデラヴィタに敗れたが、すぐに未勝利を勝ち上がって百日草特別3着。クラシックを意識するなら2戦目で勝ち上がれないとズルズル強行ローテを敢行しないといけないだけに、少しでも早くOPで目処を立てたいところ。
この馬も前走は逃げたものだが祖母がオークス馬のスマイルトゥモローでスタミナは申し分ないだろうから、同じく早めのスパートをして上がり勝負にならない流れにしたいところ。


マイルCSまでの成績【6/135 ―121470円】トリガミ2取消2


節操なし>胴長熊猫

11/22のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

今から13年前、うっかり社会人として働き出す原因となった最初の上司が定年された。そのパーティに呼ばれたはいいが、料亭の周りの席みなさま社長社長社長…。そんな中、一人だけ30代、一人だけヒラ従業員。顔を見るなり「俺が生きてる間に結婚せい!」とはたかれる。会長、お疲れ様。
11-22 21:37

11/21のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は笠松で全国交流・笠松グランプリ。近走好調馬が揃ってオッズほどの実力差を感じられず、どこからでも馬券に入れそうですが◎ストロングハート。休み明けから2戦はイマイチながら前走はほぼJRA勢のなか順位を落とさず完走。叩かれて態勢も戻っただろうし交流重賞でも戦える実力者。
11-21 12:32

11/20のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は川崎で名物重賞の一つロジータ記念。頭数が例年より少なく寂しいメンバー構成だが◎アブソルートクイン。門別時代から1800を使われていた中距離タイプで、関東オークスでも7着と健闘。やや展開頼みの面は否めないが向正面からのマクリ合戦になればスタミナでは一枚上手のはず。
11-20 12:30

11/19のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は川崎で東京2歳優駿牝馬トライアル・ローレル賞。牝馬限定戦だけに波乱も十分考えられますが◎ミナミン。ここ2戦は2→3着と善戦までながら牡馬相手に食い下がり、今回はデビュー勝ちしたときの赤岡騎手と再タッグで良さを引き出してくれたら。あとPOG馬トキノノゾミ頑張れ~。
11-19 12:37

11/17のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

“アドマイヤ”の冠名で知られる近藤利一氏が死去 - https://t.co/XzbBXfNCAB https://t.co/7n2253aa90なんとまぁ…。合掌。
11-17 18:44

今日のボックス(マイルCS編)

まだまだ風邪


熱は引きましたが喉の痛みが継続。
頭痛はマシになったが、ここでウインズに行くことはバイオハザードの原因になりかねないので勇気ある撤退。


マイルCS
◎ダイアトニック
デビュー以来、掲示板を外したことがない安定感が売りのロードカナロア産駒で、アーモンドアイみたいな超例外を除けばこう言うタイプに出るのが普通じゃないかと。あんなレベルを大量生産されたらケイアイFの時代が来るだろう。
まだ芝1600に勝ち鞍がないので懐疑的なオッズになっているが、逆に京都では負けたことがないのでどちらが強く出るか。
○ダノンキングリー
春のクラシックでは人気を背負いながら僅かに届かず皐月賞2着→ダービー3着。距離を延ばして成績が落ちたし、兄のダノングッドもダート短距離型なのでマイラーの一族なのかも。
同じダノン馬でもプレミアムが外枠に入ってしまったし、戸崎騎手の怪我で横山典騎手へスイッチしたことも含めて久々に2着固定とかしたくなる。
▲レイエンダ
うーん…大外枠かぁ…。
兄のレイデオロも3歳秋までは問題なく競馬ができていたのに、古馬になってから急に気難しさが露呈。海外遠征でまったく力を発揮できなかったし、精神面にかなり問題のある一族なんだと認識していた。
それだけに1600への距離短縮は個人的に歓迎していて、ひょっとしたら1200くらい短い方が集中力が続くのではと思ってここも期待していただけに前に壁を作れない外枠だけが心配。
△インディチャンプ
安田記念→マイルCSの連覇は近年でモーリスくらいしか達成できておらず毎日王冠でダノンキングリーに完敗し、春のマイラーズCでも4着だったからもっと人気が落ちると思っていたのに。福永騎手騎乗停止でも池添騎手にスイッチならタイプは違えどあまりダメージもないか。
手頃な枠に入れたのと逃げ馬がグァンチャーレとマイスタイルくらいしか見当たらないメンバーだけに、スンナリ番手から競馬ができたら簡単には捕まえられない。


東スポ杯2歳Sまでの成績【6/134 ―119070円】トリガミ2取消2


杏仁豆腐も最高>胴長熊猫

11/16のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

大人しく寝込んでたら東京1Rチョゴリザテソーロ4着で飛び起きる。ウインズに居たら冗談で複勝か三連複軸1頭とか買っていただろうから、これで3着だと悪化する原因になってた。良かった良かった(良くない)。
11-16 10:11

今日のボックス(東スポ杯2歳S編)

大風邪


木曜から風邪で寝込んでいたら金曜には喉が腫れすぎて水も飲めなくなり点滴で水分補給する羽目に。
ようやく水は飲めるようになったから良かったものの、まだ声が出なくて今なら天龍源一郎の声真似ができそうな状態。


東スポ杯2歳S
◎リグージェ
デビュー戦は中団後ろ寄りから上がり33秒0の末脚勝負に持ち込み、最後は叩き合いのハナ差で勝利をもぎ取った。ああいう形になるとディープインパクト産駒は脆い印象があったが、ブラックタイド産駒だと持ちこたえられるのだろうか。
少頭数ながらさすがにメンバーはそれっぽいところが揃ったが、ロングスパートの叩き合いになればディープインパクト軍団をまとめて競り落とすシーンもあるのでは。
○コントレイル
こちらは番手から逃げ馬を見る形で進めて4角から一気にペースアップ、並ぶ間もなく抜き去ると突き放す競馬でデビュー勝ち。ディープインパクト産駒らしい勝ち上がりで、ここも人気になるのは頷ける。
ディープインパクト×アンブライドルズソングの配合は先週デイリー杯2歳Sを勝ったレッドベルジュールや朝日杯FS勝ちのダノンプラチナなど、2歳戦までは頼りになるのでここでも勝ち負けまで。
▲オーロラフラッシュ
ここまで牝馬の活躍馬が目立つフランケルと言うか、目ぼしいフランケル牡馬は牧場サイドが市場には出さないと言ったほうが適切か。アドマイヤのあの方が社台関係者にキレるあのイメージ。
着順としては前走でようやく勝ち上がった馬だが、上がりは札幌・中山・東京すべて1位を計時しており日本の馬場にも対応。脚の使いどころを合わせられれば牡馬相手にでも勝負できるのでは。
△ゼンノジャスタ
芝1400で勝ち上がりながら1200に距離短縮してフェニックス賞2着→小倉2歳S4着。対応できていない訳ではないが、やや忙しい印象を受けたし現状は1600前後が良さそう。
前走でもモーベットが飛び込んで来る前に決着を付けていたし、Cコース替わり1週目で前が残るようなら早めの仕掛けから勝負を決めたい。


エリザベス女王杯までの成績【6/133 ―116670円】トリガミ2取消2


プリン最高>胴長熊猫

11/13のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井で全日本2歳優駿トライアル・ハイセイコー記念。だいぶ各地方や南関東の2歳馬序列も見えてきた感じですが◎ファンシーアップ。このところ全国で猛威を奮う門別デビュー組で追分F生産の吉田一族馬。人気はブリッグアドーンに譲っても向こうは3ヶ月ぶりだけに付け入る隙はある。
11-13 12:32

11/10のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

デットーリ来日しないとなった途端にスミヨンマジックだもんなぁ。
11-10 16:19

今日のボックス(エリザベス女王杯&福島記念編)

海外馬0頭


前々からなるんじゃないかと囁かれていたジャパンカップへの海外馬無しが現実のものに。
サラブレでも頑張って擁護していたが施行側と使う側の意識に隔たりがあるってことを認識しきれていない木っ端役人どものお役所仕事に過ぎない事実を認めなさい。
アメリカBCだって死亡事故が多発するから路盤からやりかえて尚、今年も予後不良が出たからやり直せと議会レベルで議論されるんだ。


エリザベス女王杯
◎サトノガーネット
秋華賞への出走こそあったものの昨年までは一介のディープインパクト牝馬だったが、休み明けを一つ叩かれてからガラッと馬が良くなったのか連勝でOPクラスへと上がってきた。重賞では結果こそ出ていないが、マクリ型の馬では小回り過ぎる札幌とマクリを打ちにくい東京では競馬をしにくかったのだろう。
今回は京都の下り坂を利用した大マクリをカマせる舞台が整ったし、上がり32秒9を計時したこともある鬼脚が炸裂すればいきなりのGI戴冠も。
○ラヴズオンリーユー
デビューから4連勝で一気にオークスを制し、DMMにいきなりGIタイトルをプレゼントした馬。繁殖入りしたら一口馬主に種付けシーンのDVDとか贈られて来るんだろうか?欲しい。
一頓挫あり秋華賞を回避したのは痛かったが無事にここには間に合ったし、調教後馬体重プラス24キロは懸念材料だが出てくる以上は仕上がっていると信じたい。
▲スカーレットカラー
前走では本格化を期待して本命にしたが、見事な直線だけでごぼう抜きと言う追い込みを見せてくれた。ヴィクトワールピサを社台が売っ払った途端にこれだもんなぁ。
外枠に入ったのは少し気になるところだが内で包まれるよりはまだ動ける分だけマシだろうし、3コーナーから強引にでもマクって勝負に出てくれたら。
△ウラヌスチャーム
京都大賞典では7着だったが、逃げ・先行馬が1・3着に残る開幕週らしい内容だったし差し馬にはノーカウント。牡馬相手に中山ながら芝2200で勝ち鞍もあるし、スタミナ比べの展開になってこその馬だろう。
それだけにスローの上がり勝負では分が悪いので、ゴージャスランチとサラキアがどれだけクロコスミアに絡んでペースを上げてくれるか。


福島記念
◎アロハリリー
ここまで芝1800か芝2000しか使われていない馬だが、勝ったのは2000だけと言う極端すぎる2000巧者。ウイニングポストだったら距離適性1950~2000柔軟性Gくらいを用意しないと追い付かない。
小倉で連勝してきたので小回りに不安はないだろうが、福島は最後に坂があるので先行して残り150から粘れるかどうか。
○ステイフーリッシュ
ステイゴールド産駒にしては道中での緩急に弱く、レース中に誰かが動いて乱戦になると反応が遅れてズルズル下がる傾向がある。隊列が固まり自分が仕掛ける側に回れるかがカギ。
その意味ではメンバーを見てもリリックドラマとウインイクシードが逃げる展開で決着しそうだし、スンナリ番手から進められたらここでも好勝負。
▲ミッキースワロー
七夕賞で待望の初重賞制覇を果たすと秋初戦のオールカマーでも2着に健闘。天皇賞・秋の選択肢もあっただろうが素直にこちらを選んできた。
既に福島で重賞を勝っているので適性に関しては語る必要もないだろうが、58.5キロのトップハンデを背負うだけに突き抜けられるかが課題。
△メートルダール
若い頃は東京や中京などの左回りでしか結果の出ないサウスポーだったが、最近は生ズルくなってきたのかコーナー4つの競馬場を早めに仕掛けないと集中力が続かなくなってきた。母系のシルヴァーホーク×サドラーズウェルズのイメージ通りな馬になったと言うべきか。
前走で和田騎手も脚の使いどころを計れただろうし、仕掛けるタイミングさえ合えばまだまだ重賞でも戦える力はあるはず。


武蔵野Sまでの成績【6/131 ―111870円】トリガミ2取消2


自分達の食い扶持だぞ?>胴長熊猫

今日のボックス(京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S編)

こたつむり


先週、こたつ開きをして部屋の冬支度を完了させました。
しかし、まぁ電気を入れるのはまだ早いだろうとコンセントはそのままにしていましたが、試運転はしておかないとなと点けてみたら温かいのなんの。
朝晩は冷えるせいで出たくない…。


京都ジャンプS
◎ミヤジタイガ
昨年のこのレースで2着に入ったが、それも含めて京都コースでは掲示板を外したことがない得意コース。重賞クラスに上がると京都ハイジャンプとここしかないのでスイートスポットは狭まるが、狙いたいところは襷コースで平坦がベターだろう。
この路線では珍しくハナに行きたい馬が少なく未勝利を勝ち上がったばかりの馬しかいないので、実績を考えたらここで主張して先手を取れば意外にスンナリ逃げ切りも。
○ディライトフル
2度に渡る1年以上の長期休養がありながら障害で安定した成績を残し、前走も半年ぶりながらいきなり勝ち切るなど関係者の執念を感じる馬。セン馬だけに諦めたらそこで馬生終了なので、生き残るためにも勲章が欲しいところ。
ようやく順調に使いながらローテを組めたし、フジキセキ産駒らしい重賞でも格負けしない走りができればいきなりでも。
▲メイショウオトコギ
苦節10年、苦労して辿り着いた初重賞挑戦で5着に好走する男気。この馬もセン馬なので男と呼ぶのは憚れるが、走れるだけ走るしかないしどうにか一花咲かせたいところ。
昨秋には小倉サマージャンプを制したメイショウダッサイを京都コースで破っているし、得意舞台でなら重賞でも更なる前進ができるのでは。
△マイネルフィエスタ
前走は1年ぶりのレースで11着と大敗したが、まずは無事に復帰できたことが収穫だろう。元々、休み明けは走らないタイプで使いながら調子を上げるシンボリクリスエス産駒らしいタイプだし、一つ叩いてどれくらい変わるかだが少なくとも前走よりは仕上がってるだろう。
一昨年のこのレースを勝っていてコース適性はメンバー中でも上位だし、人気が上がる前に押さえてみたい。


武蔵野S
◎エアアルマス
マジェスティックウォリアー産駒にしては珍しく、芝で成績を残しながらダートに路線転向して3連勝。何で最初からダートを使わなかったのか疑問に思うほど清々しい勝ちっぷりだけに、人気でも買いたくなる気分にさせてくれる。
前走で2着に来たヴェンジェンスがみやこSを制していてレベルが高いレースだったし、芝でマイルもこなしているので距離も大丈夫だろう。
○サンライズノヴァ
昨年のこのレースを勝って以降、不振に陥り掲示板外を続けていたが前走では吉原騎手が跨がりGIで復活を果たした。重賞以上になるとなかなか前崩れが起きずに終わるのは追い込み馬の宿命ではあるが、勝つときはアッサリ展開が向いてくれるものだろう。
59キロを背負うのと前哨戦と言うことで前走ほどには仕上げていないだろうが、ユニコーンS勝ちなど相性の良い舞台だし適性条件でもう一丁。
▲デュープロセス
古馬初対戦となった前走では5着に敗れたが、ダイワメジャー×ニューアプローチと言う重戦車のような血統でもあるしOPクラスになったら後方からの差しよりは青竜Sの時のような先行押し切りが理想だろう。距離も1400よりは1600のほうが競馬はしやすいだろうから、条件は好転しているはず。
気になるのは連続好走が途切れたダイワメジャー産駒は不可解なスランプに陥りやすいので、ここを簡単にコケるようなら次走以降も警戒が必要。
△スウィングビート
POGりん用に海外取引馬を洗っていた際に社台が1億で競り落としていて「うわ…」とドン引きしたのを覚えていたが、OPクラスまでちゃんと出世してきましたか。POG的には無視で正解でしたが、一口馬主的にはここからどれだけ稼ぐかが重要でしょう。
デットーリ騎手が騎乗停止で前走から替わらず田辺騎手の継続騎乗が意外とよさそうに気がするし、東京ダート1600でしか勝てない偏りすぎた適性からもここはメイチの仕上がりなのでは。


デイリー杯2歳S
◎レッドベルジュール
お姉さんをPOGりんで期待して指名したらクイーンC5着でアッサリ休養に入られたから弟はガン無視決めて見送ったら、こちらは新馬戦を鮮やかに快勝して重賞に挑戦してきた。
何かハブルバブル指名→ディープブリランテ見送りのデジャヴが蘇ってきてソワソワしてます。
こういう時に限って重賞も簡単に突破されて悶絶するんだろ?知ってるんだからね!
○サクセッション
こちらはPOGりん最終リストに残していたが絞りきれずにリスト外、JRA―VANのPOGでひっそりと指名された馬。だからPOGりんで指名していない馬ばかり活躍するのは何でなんだ!?
前走はOPと言うにはあまりにお粗末なメンバー構成だったが順当に勝ち上がったし、今回こそが真っ当な能力を持っているのかの試金石。
▲アジャストザルート
ジャスタウェイ産駒ながら芝2000でデビューしたが1800に距離短縮して4戦目で勝ち上がり。姉のストロベリームーンはダート1200で活躍していた馬だし、名前の通り路線を調整する必要があるだろう。
それだけに1ハロンでも短い方がこの馬には良いだろうし、キングマンボ×ゴーンウエストの母系なら2歳の早い時期ならいきなり重賞でも走れそう。
△ライティア
母のシンハリーズは日本に輸入されて以来、持ち込み馬だった最初の子供以外はすべて勝ち上がっていると言う堅実派。うち3頭が重賞ウィナーと来ればキャロット会員内では血で血を洗う争奪戦となったことでしょう。
しかし、その3頭はいずれも重賞勝ちは阪神でのものでオークスを勝ったシンハライトだけが東京もと言う一族だけに京都では少し評価を下げたい。


JBCデーまでの成績【6/128 ―104670円】トリガミ2取消2


ぬくぬく>胴長熊猫

11/07のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は門別でフィナーレを飾る道営記念。リンノレジェンドが歴戦の古馬にどれだけやれるかが楽しみだが◎ヒガシウィルウィン。ここまで少頭数の上がり勝負で切れ味負けしていたが、12頭立てでリンノレジェンドが逃げてペースが上がりスタミナを問われる流れになれば今度は抜かせない差し切れる。
11-07 12:30

11/05のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

メルボルンCの発走時刻と午後の始業時刻が一緒なのはおかしいよなぁ!?(後ろ髪を引かれながら)
11-05 12:44

今日のボックス(JBCデー編)

一喜一憂


アルゼンチン共和国杯を的中して小躍りしてたらみやこSでもヴェンジェンスが3コーナーから一気にマクリを決めてウェスタールンドが引っ付いてきたので「あと1頭!」と願うなか飛び込んできたのがキングズガード。
これまで1400前後のレースでは必ず△は打ってきた馬に、よもやこんなところで無印にした結果裏切られるとは…。


JBCレディスクラシック
◎ヤマニンアンプリメ
中央では根岸S7着が最高成績だが地方交流重賞では1200~1600を使われて4着以下なしと言う堅実派。距離も回りも牡馬相手でも関係なく力を出せるのは本格化をしている証拠だろう。
前走は同じコースで逃げ切りを許したが今回はアップトゥユーを始め快速逃げ馬が揃ってハイペース必至なので、改修でマクリやすくなった3コーナーから一気に勝負を決めたい。
○ファッショニスタ
これまで掲示板を外したのは土砂降り不良馬場だった栗東Sだけで、昨年のこのレース3着以降もスパーキングレディCを制するなど安定勢力として君臨している。距離は1400~1800と様々だが、忙しい展開にならないなら中距離もこなす程度か。
外枠に入ったので内を見ながら出られる反面、スタート次第ではずっと外を回らされる状況にもなるのでバラける隊列になってくれたら。
▲サラーブ
初勝利は芝だったがダートに転向すると好走を重ね、勢いに乗って重賞初挑戦となったレディスプレリュードではマクリをカマして行ったが5着と失速した。それでも初めての重賞とナイター競馬で力を出せたのは今後に繋がるだろう。
大外枠に入ったので作戦は前走と同じだろうが、継続騎乗の御神本も脚を計れただろうから今度は差し切るところまで。
△ラーゴブルー
中央未勝利で南関東転入となったが、馬場の適性があったのか船橋マリーンCを勝つなど才能が開花。川崎所属の馬なのに何故か川崎が苦手なのも含めて謎めいた馬でもある。
左回りが苦手なのかと思いきや浦和もティアラCとしらさぎ賞で【1-1-0-0】なので、お出掛けが好きな女の子と言うことかな。


JBCスプリント
◎ミスターメロディ
高松宮記念で芝GIを制覇したが元々はダートで連対率100%だった馬。スキャットダディ×デピュティミニスターだけに本質はダート1200~1600が得意のはず。
休み明けからは仕上げてこない藤原英厩舎だけに逆に言えば使いながら良化させて来ているだろうし、芝で頭打ちだからダートでと言う例年の崩れ馬とは一線を画する馬だけに能力で押し切る。
○ブルドックボス
南関東に移籍してからクラスターCを制して存在感を見せ付けたが、その後は善戦はするものの勝ったのはOPだけと物足りない内容。更に1年の長期休養まで挟むなどなかなか思うような成績を残せないでいた。
ただ、前走ではビシッと絞れて東京盃2着と良い頃の脚が戻りつつあるし、同厩舎2頭出しなら人気薄を買えと言う格言からこちらを上に取る。
▲ノブワイルド
昨年はオーバルスプリントを勝った勢いでJBCに乗り込んで行ったが大差シンガリ負けの屈辱。だが、これまで経験の少なかった1200のペースに戸惑った部分は否めない。
今年は休み明けから1000mのダッシュ戦でペース慣れを目指し、アピアを撃破してオーバルスプリントも連覇と衰えはなし。浦和1400開催の今年なら悲願のGIも。
△サクセスエナジー
今年はすばるSと高知・黒船賞を勝って上々のスタートを切ったと思われたが、フェブラリーS8着にオーバルスプリント5着と信用しきれない競馬が続いた。フジキセキ系らしいと言えばらしいが、ピリッとしてこない辺りまでキンシャサノキセキは受け継がなくても良かろうに。
だいぶ行き脚が付かなくなってきて今回もノブワイルドとコパノキッキングを見ながらの展開だろうが、さきたま杯では差して2着だったし意外とマクリ差しに活路を見出だせる馬なのかも。


JBCクラシック
◎チュウワウィザード
帝王賞は2着に敗れたが追い込み馬が1・3着に入るなかで先行馬として唯一粘れている辺り、かなり力を付けているのがわかる。1番枠からで捌くのに苦労したところからもスンナリの展開なら違ってくるだろう。
今回もハナはシュテルングランツとワークアンドラブの地方2騎が競り合うだろうし、外枠からジワッと追走する形なら今度は抜かせない。
○クインズサターン
冬場に師走S→根岸Sと連続3着に好走して見せ場を作ったが、フェブラリーSでは特に何もできず11着と大敗した。距離は不問だがとにかく前崩れになるペースが好走への最低条件になる。
展開頼みの面は否めないが似たような位置から競馬をする馬がいるだろうし、内枠よりは動きやすい外枠からなら先にレースを動かして波乱を呼びたい。
▲オメガパフューム
昨年の東京大賞典でゴールドドリーム以下を下して新時代の覇者になったかと思いきやフェブラリーSではインティの前に惨敗。しかし59キロを背負った平安Sで3着に巻き返すと帝王賞でチュウワウィザードに雪辱して王座を奪還した。
新馬勝ちをしたり休み明けはさほど苦にしない反面、すぐに馬体重が乱高下するタイプなので当日の馬体重には注意したい。
△センチュリオン
春に南関東へ移籍してきたが人気の割に勝ち切れず6戦して1勝2着4回。相手もそれなりに強くはあるが、2着の回数が10回を超えるのはなかなかに笑える成績。
更にメンバー強化で一筋縄では行かない条件ではあるが、相手なりに走れるような態勢が整っているなら一角崩しがあっても驚かない。


みやこSまでの成績【5/125 ―100480円】トリガミ2取消2


エーピーインディ系が強い!って他人に力説してたんだ…>胴長熊猫

11/03のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

キングズガード抜けは痛いぃぃぃぃ…!
11-03 15:49

近所のコインランドリー前に所謂レトロ自販機が並んでいて、瓶コーラやボンカレーにゴム手袋なんかの自販機がある。それを洗濯を待つ間に次から次へと人が来て写真を撮っていく様を見ながら「珍しいか…?」と思う地元民。
11-03 10:46

今日のボックス(アルゼンチン共和国杯&みやこS編)

こたつ開き


大体この3連休に朝晩の寒さを感じてこたつを出しているのですが、今年もこの時期が来たなと感じ。
そして押し入れを開けた途端に嫌なものを見てしまうので、大掃除&毛布をコインランドリーにぶち込んでくる作業をして汗をかき「こたつ要るか!?」と言う気分になるのも毎年のこと。


アルゼンチン共和国杯
◎タイセイトレイル
デビュー自体は2歳の小倉と早かったが、勝ち上がりは2月の小倉と時間を要した。その後もモタモタするような競馬が続いていたが、今年に入ってからオール馬券圏内とエンジンが温まってきた感じ。
まだ東京芝は1度しか使われていないがハーツクライ産駒でシンコウラヴリイの一族だけに、重賞なら東京が合っていそう。
○ムイトオブリガード
昨年のこのレースで2着に入り重賞クラスへの足掛かりとしたがその後は強敵相手に歯が立たず、GI戦線を諦めたが目黒記念でも5着と今一つ弾け切れない。ここがキングカメハメハと違うルーラーシップの弱点と言えるところか。
秋も天皇賞路線は回避してここからとなったが、この後の番組を考えるとここを落としたらあまり選択肢がないだけに叩き台と考えない方が良さそう。
▲アフリカンゴールド
勝ち上がりには苦労したものの菊花賞までは破竹の快進撃で連勝するなど素質の高さは評価されていたが、やはりデビュー時から懸念されていた気性の問題からとうとうアフリカンのゴールドボールを除去されてしまった。
去勢明け2戦目でしっかり競馬はできているし、ラグビーも南アフリカが優勝したのでアフリカンゴールドと行きたいところ。
△アイスバブル
春の目黒記念では2着と健闘して秋への飛躍を期待されたが小倉記念では7着とやや人気を裏切る形に。上位2頭が差し馬だっただけにもう少し構える形で進めたら掲示板以上もあっただろう。
今回もあまり隊列が長くなるようなメンバーではないだけに位置取りが重要になるが、自然と3列目のインを取れるようなら再び勝負になっても。


みやこS
◎ウェスタールンド
それまで芝を使われていたのが1年以上の長期休養明けにダートを使ってみたところ大変身、一気にチャンピオンズC2着とダート路線の新星として能力を開花させた。その後、脚元の弱さからか順調に使えず、また骨折となかなか波に乗れないでいる。
今回も休み明けになるが逃げ馬が揃ってハイペースが予想できるし、ダートが乾いて時計が掛かるようなら最後に大逆転の目もあるのでは。
○アナザートゥルース
人気になるとコケて少し見放されると好走すると言う困ったちゃんだが、アイルハヴアナザー産駒よりフォーティナイナー系と言われれば納得できる。格上に強く格下に弱いのはこの系統の常。
できれば3歳馬や上がり馬に人気を吸ってほしかったが、無印にしにくいタイプの馬だけに頭で買いたいか買いたくないかだけ。
▲ヴェンジェンス
ダート1200~1400を中心に使われてきて昨冬にはカペラS5着に2走前にはプロキオンS3着と好走したが、前走は距離を延ばして2着と路線を変えてきた。父カジノドライヴも1400~1800をこなしていたし、ペース次第と言ったところか。
あまりスタミナに自信のあるタイプではないだろうから、1枠から内埒沿いをピッタリ回って差し込んで来れば重賞でも。
△スマハマ
3歳時には世代のトップ争いを繰り広げていた馬だったが、休養を挟みながら使われて出世が遅れた。東海Sではインティの前に何もできなかったが、前走では逃げてマクリを受け切る競馬を見せてOPは卒業したと言えるパフォーマンス。いよいよ重賞~GIへの布石は整ったと言えそう。
ただ、今回は同型が揃って前走のようなスローペースは望めそうにないだけに、自分の形に持ち込めなくても競馬ができるかが課題。


ファンタジーSまでの成績【5/123 ―118750円】トリガミ2取消2


何故か掃除スイッチが入るのよね>胴長熊猫

11/02のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

おんなじもの昼に飲みましてね…
11-02 18:49

RT @sunnydaycamel: ヤバい系のドリンクを見つけてしまった。 https://t.co/Q8vZZRN8BQ
11-02 18:47

今日のボックス(京王杯2歳S&ファンタジーS編)

3連休


先月までは週末のたびに雨が降って出掛けるにはイマイチ気が乗らない天候でしたが、この3日は全国的に好天のようで行楽地は混雑が凄そう。
さすがに紅葉を見に行くような風情のある人間ではないが、どこか出掛けてみたくなる日和ではある。


京王杯2歳S
◎カイトレッド
デビュー戦では番手から先行して押し切る競馬で勝ち上がってきたが、4ヶ月ぶりの前走は後方からになってしまい5着まで。久々に加えて関西遠征と厳しい条件が重なっていたし叩き台と考えたい。
牝馬だからアルテミスSや赤松賞などの選択肢があるなかで、牡馬相手にぶつけてくるだけの勝算があると見ているなら先行して粘り込む競馬に賭けたい。
○マイネルグリット
新馬戦では後にアイビーS2着だったクリスティを差し切り、フェニックス賞→小倉2歳Sと連勝して重賞を勝つなど2歳戦に強いマイネル馬らしい活躍を見せた。スクリーンヒーロー産駒だが、母系のロージズインメイ×マイネルラヴで短距離型に出ているか。
今回は1400に距離延長となるが、中京1600で勝ち上がってきているので不安はないだろうしあとは遠征がどうなるか。
▲タイセイビジョン
タートルボウル産駒はここまで掴み所のない成績の馬が多く、使う側もあれこれ試してはいるがやっぱり芝中距離が妥当か。ライバルが多すぎる路線だけに何か得意技を身に付けたいところだ。
阪神芝1400で勝ち上がりながら函館芝1200に短縮したのは首を傾げるところだが、1400に戻すのは好材料だしここは勝ち負けまで。
△ビアンフェ
キズナ産駒の初重賞勝ちをプレゼントした馬だが、先日には北海道2歳優駿でも勝ち馬を出して幸先の良いスタート。勝ち上がりに手間取ると露骨に種付け総数に響くだけに、来春は人気が上がりそう。
スピードはここでもトップだろうが、姉も1200で重賞勝ちをしているだけに1400への距離延長がこちらは不安要素。


ファンタジーS
◎シャレード
POGりん2歳戦のカギを握る馬がさてどうなるか。牝馬エースのトラストワージーは音沙汰なしなので何とかクラシック路線に踏み留まってほしい。
前走は6頭立てで上がりの競馬ではダイワメジャー産駒に厳しかったし、多頭数で先行する消耗戦に持ち込めれば台頭も。
○レジェーロ
新馬戦は評価も低かったが2着に好走すると、連闘で挑んだ未勝利を大差で勝ち上がる派手な内容。芝1200とダート1800の重賞勝ち馬を出すキズナ産駒に乗っていきたい。
休み明けで仕上がりがどうなっているかが課題だが、ここを突破するようなら真面目にキズナ産駒を洗おうかしら。
▲ペコリーノロマーノ
ロードカナロアはディープインパクト牝馬に種付けしやすいメリットがあるが、この配合が爆発するかでこの後の取捨も変わってくる。他の馬に増えてくるだろうサンデーサイレンスのインブリードもどちらに転ぶか注目したい。
新馬戦は番手から上がり上位でしっかり勝ち切るスマートな競馬。ロードカナロア産駒の御用達レースになってくるか。
△モズアーントモー
外国産馬にありがちな日本のキレキレ馬場でサンデーサイレンス系に差し切られる新馬戦だったが、返す刀の未勝利戦では前半4ハロン46秒7のハイペースを番手から押し切る強い内容。カロ×ストームキャットだし今の時期ならスピードにモノを言わせる競馬がしっくり来ているか。
下手に控えるとまた切れ味型の馬にやられるだろうから、捕まったらごめんなさいの競馬でここでも。


天皇賞・秋までの成績【5/121 ―113950円】トリガミ2取消2


紅葉を見に行こうよう>胴長熊猫

10/31のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は門別で交流重賞・北海道2歳優駿。例年、レベルの高い地元勢に少ないダート番組を勝ち上がったJRA勢が対抗する形になりますが◎ヨハネスボーイ。1200ではモタモタしていたのが距離を延ばして安定し、札幌2歳Sでも5着に健闘。戻ってきた前走を一つ叩いて上昇すればここでも。
10-31 12:30

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク