FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(東京優駿スペシャル&目黒記念編)

ダービーと有馬記念はすべての馬に触れる


東京優駿


1枠1番
サトノインプレッサ
デビューから3連勝で毎日杯も制して勇躍NHKマイルCに出走したが、17番枠から何もすることができずに13着と大敗。敗因には枠順を挙げていたが新馬戦以外は少頭数を後方からしか競馬をしていないし、自分で競馬を作れない他力本願タイプになるとGIでは厳しくなる典型だったということか。
今回は1番枠と恵まれたが、すぐに後方で包まれる態勢になるだろうから抜け出せるかは心配。
1枠2番
アルジャンナ
ここまで最大でも10頭立ての競馬しか経験したことがなく、その割に上がり勝負のスローでは切れ味負けしてしまうディープインパクト産駒。東スポ杯2歳Sのコントレイルは仕方ないにしても、きさらぎ賞でシンボリクリスエスに上がり最速で交わせないのはさすがに笑えない。
安定感はまずまずだからヒモに押さえたくなる馬ではあるが、パンパンの良馬場で切れ味勝負に応えられるか?と考えると他にも買いたくなる馬が多いだけに。
2枠3番
〇ワーケア
POG指名馬としてディープインパクト記念で権利を取ってくれたのは嬉しかったが、まさかの皐月賞回避でダービーに直行と発表されゲンナリ。藤沢和厩舎の馬をダービーで貶す時の常套文句として「この時期に中山だ東京だと言うような馬ではダービーは勝てない」と言っているが、その通りになってしまうとは。
とは言え勝てないまでも2着なら何度かあるようなローテーションではあるので、左回りに替われば好走してくれるだろうと言う淡い期待を込めて。
2枠4番
レクセランス
JRAは一桁出走頭数のレースを増やしてOP馬を作れば良いとでも考えているのか?6頭立てのOPがリステッド競争とか、馬鹿にしているにもほどがある。
すみれS勝ちからのダービー馬と言えばフサイチコンコルドを思い出すが、そこまでの奇跡がどれだけ起きていないかの可能性を否定するデータでもある。
3枠5番
▲コントレイル
東スポ杯2歳Sを勝ち切るディープインパクト産駒は出世するというジンクス通り、ホープフルS→皐月賞とGIを連勝してここでもダントツ1番人気。皐月賞は内を突こうとしたが外を回してしまい、それが逆に良かったという運の良さまで発揮してのものだからわからないもの。
能力に関しては疑いようのない馬ではあるのだが、騎手が今回こそ内にこだわって包まれるようならキングヘイロー以来の大ポカをやらかす恐ろしさも。
3枠6番
ヴェルトライゼンテ
数少ないドリームジャーニー産駒としてクラシックでも期待されていたが、スプリングSで思わぬ敗戦を喫すると皐月賞でも見せ場なく8着と案外な内容。父も2歳で活躍→3歳で低迷→古馬になって復活という成長曲線を描いていたし、この馬も本格化は来年以降なのかも。
敢えて擁護するなら初めての左回りで新味が出るかもしれないくらいだが、どこまで行ってもステイゴールド系は信用しにくいのが辛いところ。
4枠7番
△ブラックホール
おぉ、シンガリ人気(笑)。そりゃそうか。
POG指名馬として札幌2歳Sを勝ってくれたのも遠い過去のように思えてくる。ゴールドシップ産駒で重賞制覇する馬をリストアップできるのにディープインパクト産駒の当たりはサッパリ選べない変態指名者。
溜めれば斬れる脚は持っているのだが、如何せん最後方からしかその切れ味を使えないのでそんな露骨な前崩れになってくれるだろうか…?ま、愛だよ、愛。
4枠8番
ビターエンダー
ダービートライアルが軒並みクラシック戦線敗退組で決まったのがコントレイル断然人気の要因になってますな。皐月賞14着でプリンシパルS勝たれたら何も言えない。
ここまで東京では崩れない左回り巧者の先行馬だけに侮れないところではあるが、年明けから5戦目で前走でも権利を取るためにビッシリ走った後だろうからどこまでお釣りが残っているか。
5枠9番
ダーリントンホール
札幌や中山で押し切れず、東京での共同通信杯で最後まで抜かせずに押し切ったのは意外だったニューアプローチ産駒。皐月賞では思ったよりも後ろからになってしまい持ち味を活かせなかったが、今回は前に出していくだろうから共同通信杯を評価している人は狙いたくなる馬でしょう。
もちろん自分は何代経ようともサドラーズウェルズ系をダービーで買う気は起きないので、余裕の無印。勝たれてから考える。
5枠10番
コルテジア
エピファネイア産駒がクラシック2冠を達成してボチボチ居場所を取られそうな立場ですが、まだまだ頑張るねぇシンボリクリスエス産駒。デイリー杯2歳Sでの大敗でクラシックでは用無しだと思っていたが、きさらぎ賞勝ちで首の皮1枚繋いで出てくるわけだからしぶとさはやはりロベルト系。
特に強調できる材料もないが、乗れてる松山騎手がここでも見せ場を作れるか注目。
6枠11番
ガロアクリーク
キンシャサノキセキ産駒だしスプリングSはまだしも皐月賞へ距離延長するのは厳しいだろうな、と考えていたら3着に滑り込んで穴を演出した。元々スピードのある馬が勝つと言われてきた皐月賞だから、こういうタイプが走ってもまったく不思議はないんだろうけどダイタクリーヴァに騙されていた自分としては腑に落ちない部分もある。
更に400m延びるダービーで着順を上げるのは苦しいところだが、スローの上がり勝負でロスなく立ち回れてようやくだろうか。
6枠12番
サリオス
朝日杯FSを勝った時は「クラシックにはいかずNHKマイルCが目標」とか言ってたのに、いつの間にか王道路線ですやん。別にNHKマイルC→ダービーのマツクニローテでも面白かったと思うのだが。
ハーツクライ産駒なので東京へ替わるのは歓迎だろうし、皐月賞2着を見ても世代の中でコントレイルと共に抜けているのは間違いないだろうが陣営のマイラー説が本当なら2400は大丈夫か?と言う疑念も。
7枠13番
ディープボンド
ビターエンダーと一緒で皐月賞大敗からトライアルレースを勝利したことで王道路線の価値を高めてしまった1頭。もちろん、この馬がダービーでも走らないわけではないのだろうが。
キズナやロジャーバローズが京都新聞杯をステップにダービーを勝っているので今年も…と行きたいのだろうが、福寿草特別でレクセランスに手も足も出なかった馬がこんなところで勝ち負けするかなぁ…。
7枠14番
マイラプソディ
新馬戦は別としても5頭立てで忖度出走のいた野路菊Sや9頭立ての京都2歳Sがいかに無価値であるか証明するような馬。それにしても共同通信杯であそこまで走れないとかハーツクライ産駒である意味がない。
とうとう武豊に見捨てられて横山典騎手へのスイッチとなったが、どうせノリポツンとかするんだろうな…。
7枠15番
◎サトノフラッグ
POGりんで牡馬エースとして指名する予定でいたらダノンファンタジーに活躍されたせいで泣く泣く移動させた馬だったが、ちゃんとクラシックで活躍してくれて留飲を下げた。まぁ、本命のPOGりんが壊滅的な成績なのは目を瞑るとして。
重馬場のディープインパクト記念でも走っているので評価が難しいところではあるが、本質的には良馬場で上がり勝負に適している馬だろうから大外からビュンビュン飛ばしてくる競馬で通用してくれたら。
8枠16番
マンオブスピリット
距離が延びるほどに成績が向上してくるルーラーシップ産駒はどうしても2歳戦の間は番組がなくて苦労する。とは言え過去の名馬たちも意外と1600や1800に対応していたりするので、要は自分でペースを作れるか否かが出世へのカギになるのだろう。
その意味でもまだ前崩れのズブズブ差し決着でしか勝負できていないし、狙うなら秋の福島や中山になりそう。
8枠17番
ヴァルコス
大魔神佐々木オーナー初のダービー出走。何せ海外競馬ですでに結果を出しているオーナーなので心底意外だった。
ノヴェリスト産駒でダービー出走を叶えるのはさすがの一言だが、セントポーリア賞でのモタモタした感じを見るに17番枠から鮮やかに差し切るようなイメージは湧かない。
8枠18番
ウインカーネリアン
ディープインパクト記念までは逃げてどこまで粘れるかだけの馬だったが、2勝目を番手競馬で挙げると皐月賞でもキメラヴェリテに行かせて番手から4着と粘りこんだ。上位が差し馬ばかりだったことを考えれば着差以上に頑張ったと言えるだろう。
今回もまずは出していくことになるだろうが、何が何でもというタイプがいないだけに思い切ってハナへ…なんて作戦もアリのような気はする。


葵Sまでの成績【4/59 +106,580円】トリガミ1


目黒記念は追記に>胴長熊猫
続きを読む
スポンサーサイト



今日のボックス(葵S編)

6月もか…


緊急事態宣言は解除されつつあって無観客競馬がボチボチ終わるかな?と思ったが、宝塚記念までは継続のようで。
まぁ、北海道開催が始まって小倉と行き来するようになったらファンの移動リスクも高まるだろうから完全に収まるまでは我慢するしかないか。
それこそ騎手の間で蔓延したら開催ごとなくなるだろうから。


葵S
◎ビップウインク
エイシンフラッシュ産駒らしく芝2000でデビューしたが、行きたがる気性が災いして折り合いに問題を抱えてしまっていた。それが芝1200に距離短縮した途端、連勝でOP入りするわけだからどこに才能が隠れているかわからないものだ。
3連勝を賭けて重賞挑戦となるが、揉まれ弱そうなタイプだけに距離損しても大外枠のほうが良さそうなので気分よくスタートできたら。
○エグレムニ
こちらもキズナ産駒だが1200~1400をワンペースに先行して押し切るタイプで、母ビーチアイドルも芝1200で連勝したように母系の強い馬なのだろう。祖母のビーチフラッグも短距離だからかなり我の強さが前面に出ている。
ファルコンSも番手から構えるだけの先行力を見せていたし、1200への距離短縮で我慢が利けば粘りも増すはず。
▲エレナアヴァンティ
新馬戦では後にカンナSを勝ったアルムブラストを下して勝ち上がり、ダリア賞と連勝してOPクラスに上がったが1400以上では長かったか別馬のような敗退ぶり。この馬も短距離馬をやたら出すアドマイヤムーン×1200巧者ドリームカムカムだから、血統の字面通りと言えばそうなのだろう。
今回も1200で逃げる作戦は変わらないだろうから、あとは同型の馬を相手に今までのような競馬を続けられるか。
△ワンスカイ
芝1200のデビュー戦を5馬身ぶっちぎる派手な競馬で勝ち上がったが、ききょうSでプリンスリターンの2着に敗れると何故か不良馬場か雨に祟られる雨馬に変貌した。サクラホクトオーとかレインボーアンバーが母系に入ってたら笑うのに。
今回は久々に晴れの良馬場でスピードを活かせそうだし、スウェプトオーヴァーボード×フジキセキなら平坦小回りでこそ。


優駿牝馬までの成績【4/58 +108,980円】トリガミ1


ワクチン早く来てくれー!>胴長熊猫

05/28のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

知恵を出し切れないから頭数だけ揃えて票数積んでる野党代表らしいお言葉。
05-28 17:13

RT @MetaLogic_3DCG: 困っている国民に資金を投入する事を「ただ額を積んだ」と批判する国民の敵 https://t.co/IpSi0LcYU4
05-28 17:11

05/27のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は浦和で交流重賞・さきたま杯。ブルドッグボスを初め地元勢にも強力なメンバーが揃ったので、どこから入るか難しいところですが◎ウインオスカー。転入2走でだいぶ馬場慣れが見込めるようになってきたし、1200では少し忙しい印象を受けたので距離延長して追走が楽になるなら面白い。
05-27 12:34

05/25のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

掃除や倉庫の整理でごまかしてきた我が社ですが、来月からとうとう出勤調整に。働かずに給料は貰えるが、満額の60%。これは真面目にダービーの馬券を考えなければ。
05-25 17:32

05/24のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

デアリングタクト無印はやり過ぎたと思って苦笑していたが、▲ウインマイティーだったので直線は嫌な汗が酷かった。チ苦笑ー!
05-24 15:51

今日のボックス(優駿牝馬編)

あとはオーラス


今シーズンのPOGも残すところあと2週。
残念ながらPOGりんが終了してしまうので、最後の最後まで見せ場なく終わりそう。
だが、ダービーに別POGながら登録馬もいるので何とか楽しませて欲しいところ。


優駿牝馬
◎アブレイズ
2月の新馬戦を6番人気で勝ち上がると、続くフラワーCでは12番人気の低評価ながら押し切って重賞制覇。派手さはないもののスローで折り合い、ハイペースで粘れる辺りは素質の高さを感じられる。
キズナ×ジャングルポケットのダービー馬配合で東京芝2400は歓迎のクチだろうし、ノーマークの先行から早目に抜け出したら簡単には捕まらないはず。
○ミヤマザクラ
クイーンCからの桜花賞直行便は間隔が取れるから重宝される反面、よほど力が抜けていないと連続好走は難しい舞台設定でもある。まぁ、左回りで関東馬なら本番の輸送も絡んでくるから厳しい条件なのだろうけど。
前走は重馬場に脚を取られて勝負所で下がったのがすべて。パンパンの良馬場でスピードを活かせるようならまだまだ見限れない。
▲ウインマイティー
エルフィンSではデアリングタクトに完敗だったが、1800→2000と距離を延ばした次走を連勝しているように1600は少し短かったのが敗因だろう。ゴールドシップ×カコイーシーズだから力の要る馬場で長く脚を使うのがベストだろうし、良馬場だと仕掛けるタイミングは考える必要がある。
あとはデアリングタクトを逆転するまでの実力があるかだが、GIで一発が怖いのはシンボリクリスエスよりはステイゴールド。
△クラヴァシュドール
阪神JFからの安定勢力だが結局は善戦までで突き抜けられないもどかしさ。このまま行くとこの馬もエタリオウ路線に乗ってしまうかもしれない。
ただ、今回はサウジアラビアRCでサリオスの2着に入った東京に替わるし、ハーツクライ産駒だけに得意の左回りなら反撃も可能なのでは。


平安Sまでの成績【4/57 +111,380円】トリガミ1


デトロイトテソーロやっと勝ち上がり…>胴長熊猫

今日のボックス(平安S編)

コロナ余波


あちこちで緊急事態宣言が解除されて少しずつ日常が戻りつつあるところですが、製品倉庫が在庫で溢れ反ったため我が社は遅ればせながら活動自粛。
とは言え工場ではテレワークのしようがないので掃除と備品整理に明け暮れるしかないのですが、30年以上の堆積した部品の数々は工場長をもってしても判別分別に困るようで…。


平安S
◎スワーヴアラミス
ハーツクライ×サドラーズウェルズと言うバリバリの芝血統だがサッパリ芝では走らず、逆にダートではすべて3着以内に好走しているわからない馬。それで前走では重賞まで勝ってしまうのだから、いよいよこの適性はどこから来たのだろうか。
騎手の兼ね合いで松田騎手へのスイッチとなったが、初勝利を挙げたときのコンビが復活したものだし気にするほどではなさそう。
○ゴールドドリーム
このところGIか地方交流重賞にしか出走していなかったが、中央のGⅢクラスとなると3歳時の武蔵野S以来となる模様。更に京都コースは2勝目を挙げて以来の出走と、どんだけ遠征しかしていないかが窺える。
オメガパフューム共々、帝王賞への叩き台としか考えていないだろうが、前者が59キロに対してこちらは58キロと恵まれただけに仕上がり途上でも勝ち負けには持ち込みたい。
▲マグナレガーロ
デビューは3歳3月とずれ込んだが、首尾よく勝ち上がると半年ぶりを3着と落とした後から3連勝でOP入り。しかし、この文章は世界のナベアツに読ませたいな。
いきなりの重賞で通用するのかが課題になりますが、ノーザンF×シルクの馬をそういう理由で消さして痛い目に遭ってきているのでどうせここも来るんだろ?知ってるんだからね!
△アシャカトブ
新馬戦からユニコーンS以外では武藤騎手が手綱を取っている珍しい若手コンビ継続タイプ。まぁ、重賞で降ろされる辺りは最近らしいが、すぐに戻ってこないことのほうが多いから貴重でしょう。
前走で重賞クラスのペースにも慣れただろうし、ヴェンジェンスが後方からマクる展開を内で我慢して最後に抜け出せたら。


ヴィクトリアマイルまでの成績【4/56 +113,780円】トリガミ1


休業よりはマシか>胴長熊猫

05/17のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

アーモンドアイ、もはや調教ですがな。
05-17 15:50

今日のボックス(ヴィクトリアマイル編)

給付金もか


年明けに「一口馬主を始める」と言う目標を立ててカタログを注文し、まだ満口になっていない馬をピックアップしていたら申請の本人確認にマイナンバーが必要だったりして「あぁ、引っ越しのどさくさでマイナンバー申請書どっかいったな」と。
結局、うやむやにしたままマイナンバーの必要がなかったクラブに入会して一口馬主を始めたのですがまさか10万円のコロナ給付金も必要になるとは。
再申請の面倒臭さに打ち勝てるか心配。


ヴィクトリアマイル
◎サウンドキアラ
昨年のこのレースでは8枠17番で7着に終わったが、今年も8枠18番に入るとは。本来ならもう少し上位人気に推されてもおかしくないが、やはりサトノインプレッサに騙された人たちは敬遠せざるを得ないだろう。
Bコース替わりで京王杯SCでもダノンスマッシュが逃げ切ったことから先行激化は避けられないだろうし、外枠から周りが早目に出していった混雑を3密回避で立ち回れたら。
○ダノンファンタジー
すっかり人馬ともに信用をなくした感じのあるオッズですな。まぁ、あれだけやらかして2番人気になってたらどれだけマゾなんだと思うけども。
前走は馬体重プラス22キロと明らかな叩き台と言う仕上がりだったしノーカウント。前身気勢には衰えは見られないだけに、道中のマークがアーモンドアイのお陰で薄くなればGI馬の地力は見限れない。
▲ノームコア
ディフェンディングチャンピオンとして連覇の懸かるレースではあるが、アーモンドアイの参戦によりさすがに人気面では後塵を拝することになった。高松宮記念での大敗も影響しているだろうが、重馬場苦手のハービンジャーだし気にするほどではないだろう。
あとはレースまでにどれだけ馬場が乾いてくれるかだが、稍重の富士Sを勝てているので現状より悪化しなければ。
△ビーチサンバ
この馬もエタリオウ指数がどんどん上がってきていますな。ただ、まだ2着の回数が少ないだけにこれからの活躍に期待しましょう。
東京芝1600はアルテミスSとクイーンC2着がある走りなれたコースだし、最近1枠を克服しつつある福永騎手が内埒沿いを捌いてくれたら念願の2着まで。


京王杯SCまでの成績【4/55 +116,180円】トリガミ1


10万円はデカいよなぁ…>胴長熊猫

今日のボックス(京王杯SC&京都ハイジャンプ編)

POG本


サラブレ買いにいったら横に赤本から専用ムックまでズラーッとPOG関連の書籍を並べていて、さすがに大手の本屋は売り方をわかってるじゃないかと。
ただ、情報の出所が一緒なのでどれを読んでも言葉尻を微妙に変えただけで内容があまり代わり映えしないのは悲しいところ。


京王杯SC
◎ステルヴィオ
しつこく距離短縮してきたところを狙い続けてきたが、まだまだ印を打ち続けるよ。俺が本命にするから走らない説。
阪急杯は開幕週、高松宮記念は荒れ馬場の1枠に前残りの展開とレースにならなかった感があったし広い東京コースに替わればビュンビュン飛んできてくれるのでは。
○ケイアイノーテック
NHKマイルCを制したのも今や遥か昔の事のように思えてきた。まさかあれから1勝もできていないなんて、あのとき誰が予想しただろう。
ダートを使われたり2000へ距離延長してみたりと試行錯誤してきたが、やはり1600以下で上がりを活かす形が合っているだろうからここも終いに賭ける作戦で勝ち負けまで。
▲グルーヴィット
東京ダート1400で2勝目、ファルコンS2着に中京記念勝ちと左回り巧者ではあるが昨秋以降は精彩を欠いて惨敗が続いた。使い方に首をかしげる部分はあるが、結局はこの馬も走るのは左回り1400以下だと考えたら良いのだろう。
今回は久々にそのベスト条件に合致するタイミングだし、先週GIを勝って勢いを取り戻しつつあるデムーロが暴れだす可能性も。
△ライラックカラー
これまで地味ながら掲示板を外したことのない馬だったが前走で初の13着と大敗を喫した。とは言え関西圏では3着以内に入ったことがないので何でわざわざ遠征した?と聞きたくなるところだろう。
そこから東京開催の芝1400を狙い撃ちしたような使い方をしてきたし、得意舞台に戻ってきたなら見直すのも面白い。


京都ハイジャンプ
◎ラテールプロミーズ
マンハッタンカフェ産駒の長距離型だがダートでも頭打ちになったのかキン○マを取られた挙げ句、障害入りと言う軽量化を計られた。実際、竹柵を飛越するときに擦れたら痛そうな気がするのだがどうなんだろうか。
休み明けでいきなり重賞と乗り越えるハードルは障害の比ではないが、単騎逃げが見込めそうなメンバーだけにポンと先手を取って気分よく行けたら意外と粘れるのでは。
○タガノエスプレッソ
かつては平地でデイリー杯2歳Sを勝つような馬だったが、ダートに転向してダメで障害に転向してきた。同期のブラックタイド産駒キタサンブラックは種牡馬ですってよ。
休み明けからうまく上昇カーブを描いてOPまで出世してきたし、思い出の京都コースなら勢いで重賞でも好走できるのでは。
▲スズカプレスト
2年もの長期休養から帰ってきて2戦目でいきなり4着に頑張ったが、さすがにまだ重賞では厳しかったか阪神スプリングJはブービー。しかし、2年も休んでたのにオジュウチョウサンが未だに王者に君臨していたのを見た彼はさぞ驚いたことだろう。
過去に京都コースでは重賞でも2・3着がある相性の良い舞台だし、思いきって狙うなら人気もない今回が一番か。
△マイネルレオーネ
平地時代は京都芝で2勝を挙げていたが、意外にも障害ではこれが2戦目。しかも初戦では3着に入っているので何故もっと得意条件を使わない?とやっぱり首を捻るばかり。
マクリ脚質が信条だけにスピードの出やすい京都コースは打ってつけだろうし、あとは仕掛けるタイミング一つ。


NHKマイルCまでの成績【3/53 +2460円】トリガミ1


個人牧場は取材も難しいだろうからねぇ>胴長熊猫

05/15のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

サトノインプレッサの敗因を17番枠が…と言った武豊に再び8枠17番。妙なところで繋がるよね。こういうの。
05-15 17:20

05/13のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は川崎で川崎マイラーズ。かしわ記念を回避しました感が物凄いメンバー構成ですが◎クインズサターン。転入2戦は終いを活かす競馬で善戦まででしたが、今回はサルサディオーネを初め何がなんでも逃げたい馬が揃ってハイペース必至。前崩れになればJBC4着の実力なら突き抜ける。
05-13 12:29

05/12のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

お馬さん買っちゃった…!取り敢えず年始からの目標だった「一口馬主を始める」は達成。自分に買われるような馬がデビューしてくれるかなぁ…? https://t.co/4LxqabFdsV
05-12 12:25

今日のボックス(NHKマイルC&新潟大賞典編)

減った?


ゴールデンウィークも終わって昼間の暑さを感じるようになると途端に蚊が出てくるボロアパートですが、今年はやけに姿を見せない。
まだ時期的に早いのかそれともコロナの関係でみんなが消毒しまくるからボウフラもやられてるのか。


NHKマイルC
◎シャインガーネット
デビューから2連勝でOP入りし、フェアリーSでも2番人気に推されたが4着に敗退。しかし、人気を落としたファルコンSでは馬券を買わなかった人間を嘲笑うかのような末脚で突き抜けてオルフェーヴル産駒の難しさを見せ付けた。
今回も前走ファルコンS組が不振なのもあってか人気にはなっていないが、そもそもファルコンSが1400に距離延長されてからそれまでに1600に勝ち鞍があったのがこの馬が初めてと言う例外なので左回りなら実はとんでもなく強い可能性も。
○ルフトシュトローム
こちらはデビューから3連勝でニュージーランドTも制し、更には3戦とも違う騎手が股がりながらすべて上がり最速で纏めると言う器用さ。少頭数のスローも多頭数の乱戦もこなせるのは、さすが大一番以外では信用できるフジキセキ系らしい。
中山芝1600だけで勝ってきたので初めての東京が疑問視されますが、キンシャサノキセキ牡馬産駒が過去3年で1勝しかしてなかった中山芝1600で3連勝できる変異体ならアッサリ対応してきても。
▲レシステンシア
2歳女王として迎えた春のクラシックシーズンだが、チューリップ賞で早くも土が付くと北村友も降ろされて武豊にスイッチされたが桜花賞も2着。とは言え勝ったデアリングタクトが異次元の上がりで追い込んだだけで、それ以外は完封した訳だから責められないところだろう。
今回は更にルメールまで配して勝ちにきた感じがビンビンするが、連勝の止まったダイワメジャー産駒は一気に老け込みやすいので買うなら頭勝負。
△サクセッション
POG馬としていきなり6月の勝ち上がりを見せてくれてアスター賞まで勝ったときには小躍りしたが、デイリー杯2歳S惨敗で目が覚めた。そうだ、俺の指名馬だと。
その後ジュニアC勝ちで賞金を加算してスプリングS3着からここと、何だか使い方に迷いを見せているのが気掛かりですが応援できる期間もあと僅かなので。


新潟大賞典
◎インビジブルレイズ
ここまでの勝ち鞍は広いコースの根幹距離に偏っていて、ハーツクライ産駒らしさが全面に出ている馬。母父サクラバクシンオーはキタサンブラックもそうだったが晩成になりやすいのか?プリンスリーギフト系なのにねぇ。
いかにもクラブ馬の使い分けでここを狙い澄ましてきた感じのローテーションだし、このメンバーの重賞でも戦えるか試金石。
○エアウィンザー
昨年の金鯱賞までは順調に出世してきたが、大阪杯で5着に敗れると歯車が狂いだして長期休養を挟むなど苦労が続いた。半年休養→7ヶ月休養なんてされたら普通は働く気にもならなくなるわ。
久々に加えて57.5キロのトップハンデなのは気の毒なところはあるが、意外と休み明けを苦にしないタイプなので仕上がりさえ万全なら。
▲ブラヴァス
ヴィルシーナの仔としてデビュー前から話題になっていましたが、実際に走らせてみたら…みたいな3歳時。それでも昨秋から前走と連勝して母の面目を保ってみせた。
キングカメハメハ×ディープインパクトの血統の字面からは掛け離れた馬力型だが、雨で力のいる馬場にまで悪化してくれたら良さも活きるのでは。
△プレシャスブルー
近走は札幌や中山でも勝ち鞍を挙げていますが元々は左回り芝2000で好走してきたサウスポー。2400はやや長いのか1800~2000だけがスイートスポットなので使う方も難しくなる。
昨夏からテレンコ気味に来ていて順番通りなら今回は来る番。あとは馬体重の乱高下の激しい馬だけに輸送で大きく減らさなければ。


京都新聞杯までの成績【3/51 +7260円】トリガミ1


去年は3月くらいには居た印象>胴長熊猫

今日のボックス(京都新聞杯編)

あちこちネタ切れ


コロナ自粛でテレビ業界も取材やロケができないからか、過去の映像を垂れ流してお茶を濁す始末。
朝ドラもストックが切れるようで話題になっていますが、無ければ無いで別に困らないのも時勢なんですかね。


京都新聞杯
◎アドマイヤビルゴ
さすがにダントツ1番人気は避けられないか。セレクトセールの段階では「それにしてもここまで出すかねぇ」程度だったが、取り敢えずは勝ち上がれてOPまで出世しているので成功の部類か。
若葉Sはメンバーもショボくて参考にならなかったが、新馬戦で下した相手がフローラS3着のフアナだと考えれば重賞でも勝ち負けする実力はあるだろうから面子を差し引いてもまだ通過点になるか。
○フォルコニア
兄のトーセンカンビーナも3歳春まではモタモタした競馬しかできないでいたが、この馬もデビューしてからは連続2着といかにも勝ち切れない兄弟の繋がりを感じさせた。それでも一つ勝ち上がればポンポンと軌道に乗るのもこの血統なのだろう。
前走は少頭数のスローを嫌って早めに動いた分だけ終いが甘くなってしまっただけに、仕掛け所をどこにするかが勝負の分かれ目になりそう。
▲サペラヴィ
ここまで先行すると惨敗して差しに回ると3着以内なのに何故か先行したがる謎の馬。我慢を覚えれば終いは確実なだけにできれば内枠が欲しかったところ。
それでも今回はホウオウエクレールとプレシオーサが逃げてくれるだろうから多少は離れた位置からの競馬になるだろうし、何とか道中で掛からないようなポケットに入れられたら。
△キングオブドラゴン
デビュー戦では後のニュージーランドT2着馬・シーズンズギフトに敗れたが、返す刀の未勝利を勝ち上がると京成杯でも5着と奮闘した。そこから500万で緩い競馬を続けてしまう辺りはハーツクライ産駒の勿体ない部分だろう。
こういうタイプは格上げ挑戦で厳しい流れを走らせるほうが気合いが入って好走する可能性が高いので、正攻法ではない強気の競馬に活路を見出だしたい。


かしわ記念までの成績【3/50 +9660円】トリガミ1


動画サイトは偉大だ>胴長熊猫

05/07のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

会社でアベノマスクならぬ社長マスクが配布される。社長、是非この勢いで社員全員に10万円の臨時ボーナスもですね… https://t.co/ryp27C60KG
05-07 17:17

05/05のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

少頭数のときは「人気馬のなかで1番頭から買いたくない馬を買えばいい」と言う格言から。昨日のお釣りで買ったほうが当たる。三連単系は真面目に買ってガッツリ外す。 https://t.co/C929BDVWDe
05-05 18:05

今日のボックス(かしわ記念編)

え~…


地方交流重賞は得てして中央馬たちの小銭稼ぎの場に使われているのが常態化していましたが、まさか7頭立てとは。
近くに南関東重賞があって、かしわ記念の掲示板賞金を考えたらそりゃ相手が楽な方に逃げるわなと。
JRAもロードトゥケンタッキーとか銘打つくらいなら拡充してくれよ。


かしわ記念
◎アルクトス
ここまでダート1400~1800を中心に使われていますが、勝ち鞍は1700以下にしかないマイラータイプ。更に左回りに限れば馬券圏内に入れなかったのが久々だった前走フェブラリーSだけと言うサウスポーでもある。
今回もワイドファラオとの先行争いが焦点になりそうですが共倒れにはなりたくないから控えそうだし、番手の内に構えてスローに落ちれば巻き返すチャンスはあるはず。
○ケイティブレイブ
ドバイ遠征の失敗から帰国した初戦の浦和記念を勝って驚いたが、そこからGIを2連敗して人気を落とすとフェブラリーSではシンガリ人気で2着に入る激走っぷり。長岡騎手へのスイッチを諦めに取った人間に結果でやり返したのは痛快だっただろう。
まだ半信半疑なオッズが続いていますが船橋コースは1800以上ながら3着を外したことのない得意舞台だし、長岡騎手でも走るのがバレる前に買えるだけ買ってみたい。
▲ルヴァンスレーヴ
よく戻ってこれたねぇ。正直、このまま種牡馬入りするんじゃないかと思っていたわ。
1年5ヶ月ぶりでいきなりGIを勝てるのかとか痛めた脚部は元に戻っているのかとか不安要素は尽きないが、南部杯でゴールドドリームを子供扱いした脚をまた見たいのでここは圧勝か惨敗かみたいなレースを希望。


天皇賞・春までの成績【3/49 +10260円】トリガミ1


ナンヨーオボロヅキ陣営に5着賞金を渡すべき>胴長熊猫

05/04のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

高知競馬が買えないから腹いせで買ったらコレだよ。こういう時に限って金額がセコい。 https://t.co/R6Y7MD3wiU
05-04 16:30

高知競馬を買おうと思ったら高知だけPAT発売なしかい。福永洋一記念なんだけどな…。
05-04 14:45

05/03のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は高知でクラシック第一弾・黒潮皐月賞。勝ちっぱなしの馬不在で馬場や距離が変わる度に勝ち馬も変わる混沌としたメンバーですが◎スーパーセヴン。夕方も雨で馬場が締まるだろうから時計勝負になりそうだし、掘れる内より硬めの外を回せるほうが脚抜きもよく先行できるはず。一角崩しまで。
05-03 11:46

今日のボックス(天皇賞・春編)

こたつ仕舞い


先週までは朝晩が冷えるのでこたつを付けていましたが5月に入った途端、扇風機が必要な暑さなのでこたつ布団にはお役御免。
初夏と言えば聞こえは良いが、もはやセミ・オープン夏と言わんばかりの処遇にゲンナリ。
このまま外出自粛で夏を迎えたらクーラーの電力は足りるのかね?


天皇賞・春
◎トーセンカンビーナ
2~3歳春までは高額取引馬にありがちな話題優先の成績だったが、負けた相手もクロノジェネシスを始めサトノルークスやカテドナルなど後にGIで勝ち負けした馬だったし意外と頑張っていたとも取れる。実際、一夏を越えてからはオリオンS以外は連対しており才能はあったと言うことだろう。
前走でも勝ち馬のユーキャンスマイルと同じ上がり最速で2着と重賞でも戦える力を付けてきているし、いきなりのGI制覇があっても驚かない素地は持っている。
○キセキ
凱旋門賞遠征から帰ってきてから有馬記念はムーアで出遅れ、阪神大賞典は川田でお笑い騎乗と馬よりも人災と言える内容で連敗。デムーロはシルヴァンシャーじゃなくてこっちに乗ってあげなよ。
意外にも武豊との初コンビになりますが、騎手としての実績は言うまでもなく馬も京都は菊花賞を制した懐かしの舞台だけに復活があるならここか。
▲モズベッロ
この馬もクラシックに乗れそうで乗りきれずトライアルでは大敗を喫してきた馬だったが、年明けの日経新春杯を格上げ挑戦で突き抜けると日経賞でも2着と一気にGIクラスまで飛び込んできた。ディープブリランテ×ハーランズホリデーだが要はディープインパクト×ストームキャットだから成功しやすい配合ではあったわけだ。
あとはGIで通用するかだが、天皇賞・春では度々穴を開ける1枠に今年GIで絶好調の馬主さんキャピタル・システムなので買うなら頭から行ってみたいところ。
△ミッキースワロー
前走で日経賞を勝ったから菊沢には戻らないだろうなぁと思っていたが、やっぱりこうなるわな。横山典騎手が悪いわけではないが、何せ横山典=GI2着と言う固定概念と共に青春時代を過ごしてきただけに。GIでの柴田善と田中勝みたいな。
サンデーサイレンス系×トニービン系も天皇賞・春ではよく来るぞ!みたいな話から人気になっている節はあるが、それこそ2着までが多い話なので久々に伝統芸が炸裂するか。


青葉賞までの成績【3/48 +12660円】トリガミ1


コロナ以外にやられそう>胴長熊猫

今日のボックス(青葉賞編)

GW


昨年は永年勤続賞の旅行券があったので新潟競馬場を始め未到達の地方競馬にも足を伸ばしてきましたが今年は何もないゴールデンウィーク。
だが、よく考えれば例年通りの展開なんだから悲観する必要はまったくないのでは…?


青葉賞
◎オーソリティ
ディープインパクト記念で3着に入り皐月賞へ向かうと思いきやこちらに回ってきたPOG指名馬。NHKマイルCにもサクセッションが登録しているし、今シーズンはみんな頑張ってるなぁ。POGりん指名馬以外。
関東馬なのに今回が初めての左回りなのは引っ掛かる部分があるが、ダービーに1頭でも多く出走馬を出したいので何とか権利まで。
○ダノンセレスタ
今年のエタリオウ枠も熾烈な争いを繰り広げることになりそうだが、ハーツクライ産駒で詰めの甘いタイプならこの馬にもチャンスがありそう。いや、チャンスと言って良いのか悩むところではあるけれど。
ただ、未勝利で負けた2頭がゆきやなぎ賞で1・2着になるなどメンバーに恵まれていたわけではないだけに、先行して粘るタイプの詰め甘ならしぶとく残りそう。
▲フィリオアレグロ
新馬戦をレッドルレーヴとの一騎打ちを制して勝ち上がり、共同通信杯でも人気になったが3着まで。プラス18キロの馬体重に勝負どころで置いていかれる不利はあったが、それでもサドラーズウェルズ系に押し切られるか~?と言うガッカリ感があった。
それでも敗因が馬体重なら巻き返す余地はかなり残っているし、パンパンの良馬場で切れ味勝負をするなら素直に見直し。
△メイショウボサツ
4連対のうち3連対が左回りと言う典型的なサウスポーだが、母ユメノオーラでよくぞ左回りの2000以上で勝てるなと。父エピファネイアと9:1くらいの遺伝比率になっちゃったのだろうか。
今回は更に1ハロン延長なのが気掛かりですがロールオブサンダーが主張してアッサリ隊列が決まればスローの上がり勝負になるだろうし、スタミナさえ問われなければ。


フローラSまでの成績【3/47 +15060円】トリガミ1


ウインズがやってないだけ>胴長熊猫

04/30のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

このアイコン、蕪だと教えられたが聖護院大根じゃないか。フェリシモのyou-moreだとさ。しかし、確認したら事あるごとにあなたへのオススメで野菜のぬいぐるみが表示されて吹く吹く。
04-30 22:01

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク