パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

明日のボックス(朝日杯FS&愛知杯)編

大変だ


とうとう通話ができなくなった携帯を買い換えたものの、うっかり携帯からブログを更新する方法を完全に失念したため更新できなくなってしまった・・・。
うーん、モブログじゃなくてログインの仕方どうだったかなぁ・・・。
仕方ないので実家のPCから先に更新。


朝日杯FS
◎リベルタス
内枠有利の中山1600で先行が出来るなら。
それよりもディープインパクト産駒に重賞ウィナーなんか飛び越してGIウィナーを出してほしいので。
来年に向けて福永騎手あたりがニヤニヤできるような態勢になるのでは。
○グランプリボス
デイリー杯ではレーヴディソールに完敗しましたが、先行した馬達には厳しい流れになったわけだしすぐに次走で巻き返したあたり実力はあるのではないかと。
新馬でもオールアズワンに勝っているし距離を嫌われていれば。
▲リフトザウイングス
東スポ杯2歳Sでは後方一気から2着に滑り込み。
脚質としては中山に向いているとは思えないものの、先行激化して前が潰れるような展開になれば少々後ろからになっても何かあるかも。逆にいえば後方ままの可能性もあり。
△マジカルポケット
函館2歳Sのあと何も使っていないのが気になりますが新馬戦ではロビンフットを完封していて、仕上がりの早さは母父ダンチヒらしさが出ているかなと。


愛知杯
◎イタリアンレッド
小倉4戦4勝はさすがに突出。前走はメンバーも強力だっただけに牝馬限定戦に戻れば重賞でもそれなりに走れるのでは。
○レディアルバローザ
春の桜花賞では歯が立たなかったけれど、ひと夏を超えて秋華賞では15番人気ながら5着に入り前走も少しちぎられたものの2着を確保。やはり牝馬は調子のいい時期に狙いたい。
▲セラフィックロンプ
小倉の芝は極端な前崩れか前残りになっていて、前が残るようならこの馬のスタミナが活きるはず。
走ってもあまり人気にならないので1発ある時はもう少し軽視されてほしい。
△サンレイジャスパー
この馬も小倉巧者で3年前の小倉記念以来、馬券に絡めていませんが今年の小倉記念でも見せ場を作っていたように後ろ有利の展開であれば牝馬限定戦を条件にしてひょっとするかも・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク