パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(優駿牝馬編)

やっつけやっつけ


ここまでの春GIを鑑みるに、今年のテーマは「それはない」
高松宮記念:連覇はない→キンシャサノキセキが連覇
桜花賞:2月からの直行はない→マルセリーナ、ホエールキャプチャのワンツー
皐月賞:この兄弟は東京不向き→オルフェーヴル圧勝
天皇賞春:4歳4強→5頭目の四天王ヒルノダムール参上
NHKマイルC:バクシンオー産駒に1600は…→問題なくグランプリボス
ヴィクトリアマイル:まだブエナビスタが強いでしょ?→アパパネ世代交代サーセン


優駿牝馬
◎ホエールキャプチャ
クロフネ産駒で2400となれば普段なら考える迄もなくスルー対象。しかしクイーンCの実績があるならマイル要素の強い東京2400という条件はギリギリ範囲内かも。
○エリンコート
父はデュランダルで母系はストームバードにリヴァーマンで、普通に考えたらスプリンター。それが距離延長で成績が良くなるなんてまさに「それはない」。
▲マイネイサベル
これまた父はマイラーのテレグノシス。馬主はラフィアン。しかもフローラS5着ならGIで買う要素は皆無。
しかしながらテレグノシスはトニービン産駒。母はサンデー×マルゼンスキーなら、距離不安と言われているときこそか。
△ハブルバブル
もうPOG馬でなければ喜んで切る人気馬。ディープ産駒はおそらくダービーでも人気になるだろうけど、元々ディープインパクト=ダンシングブレーヴ論を唱えてきたのでPOGでも牝馬を選んだわけで。
ダンシングブレーヴ産駒初GIが桜花賞だったキョウエイマーチもオークスで距離を心配されず大敗したことから、ディープインパクト産駒は意外と距離に限界がある説を推してマルセリーナは消し。


東海Sは無視〉胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク