パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ジャパンダートダービー編)

景気が良いなぁ


最近は不況の煽りで値段も低調だったセレクトセールも今年はディープ産駒を筆頭に億単位の取引が活発に続いていて、サンデーサイレンスバブル時代に負けない盛況ぶり。
走るか走らないかは別にして、こういうニュースが続かないと馬産地も大変だからね。ただ、個人牧場にも目を向けてもらいたいなとも思うテスト。


ジャパンダートダービー


◎クラーベセクレタ
昨年のエーデルワイス賞こそ不覚をとりましたが、南関に移籍してから距離を延ばすごとに安定感を増し、前走もそれまでの逃げ一辺倒から好位差しで押し切る内容。中央勢に強力な逃げ馬が見当たらない今回は3冠もあると思います。
少し気になるとすれば、やはりワイルドラッシュ×タイキシャトルで、早めのスパート合戦になったときに最後まで息が持つか。
○グレープブランデー
ここまで連対率100%の成績は見事ですが、逆を返せば少し詰めが甘いとも言える成績。母父ジャッジアンジェルーチだけに直線勝負よりも逃げ馬を早く捕まえてリードしたまま直線を迎えたいところ。
▲キスミープリンス
羽田盃は柴山だった、東京ダービーはスムーズさを欠いた、と敗因がはっきりしており、的場文も2戦目で特徴を掴んでいるはずなので一発狙ってほしい。GIもレベルは疑問ながら全日本2歳優駿で3着があり、そう力負けするメンバーでもないはず。
△ボレアス
スタートの悪さから思うような競馬ができていない中で着は拾っており、折り合いさえつけば連を争ってもおかしくない。ヤネの武豊も悪い意味でこういうときの汚い乗り方は心得ているはずなので惨敗かレースが終わった頃に追い込んできて2着か。


僕の理想はオペラオー的な活躍馬で>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク